嫌いなペットランキング

ベスト10

嫌いなペットランキング1位

爬虫類

6票

かわいい

キモい

爬虫類(爬蟲類、はちゅうるい、英ːReptile)は、爬虫綱(英ːReptilia)に属する動物であり、広義には鳥類を含むすべての竜弓有羊膜類からなる単系統群であると定義されている。現生爬虫類は、カメ、ワニ、恐竜(鳥類を含む)、有鱗目(トカゲ、ヘビ)、ムカシトカゲ目(ムカシトカゲ)である。伝統的なリンネの分類体系では、鳥類は爬虫類と別の区分とされている。しかし、ワニは他の現生爬虫類よりも鳥類に近縁であるため、現代の分岐分類体系では鳥類を爬虫類内に含め、分岐群と再定義している。また、爬虫類という用語を完全に捨て、哺乳類よりも現代の爬虫類に近いすべての動物を指す竜弓類という分岐群を採用する定義もある。伝統的な爬虫類目の研究は、歴史的に現代の両生類の研究と組み合わせて、爬虫両棲類学と呼ばれている。鳥類を含むすべての爬虫類を研究する学問は、両生類を除く爬虫両棲類学と鳥類学を組み合わせたものである。 最古の原始爬虫類は約3億1200万年前の石炭紀に誕生し、乾いた土地での生活に適応してきた高度な爬形類の四足動物から進化した。最古の真正爬虫類(eureptile)は、表面的にはトカゲに似た小型のヒロノムスである。遺伝子や化石のデータが、爬虫類の2大系統である主竜様類(ワニ、鳥類とその仲間)と鱗竜形類(トカゲとその仲間)はペルム紀の終わり頃に分岐したと主張する。 現存の爬虫類に加えて、現在絶滅した多様なグループが多く、中には大量絶滅のイベントによって絶滅したグループもある。特に白亜紀と古第三紀の間の大量絶滅では、翼竜、プレシオサウルス、すべての非鳥類恐竜が、多くのワニ型類(Crocodyliformes)や有鱗目(モササウルスなど)と共に絶滅した。現代の鳥類以外の爬虫類は、南極大陸を除くすべての大陸に生息している。 爬虫類は四肢脊椎動物で、4本の手足を持つか、ヘビのように4本の手足を持つ祖先の子孫である生物である。両生類とは異なり、幼生期に水棲することはない。ほとんどの爬虫類は卵生であるが、有鱗目のいくつかの種は胎生であり、絶滅した水生生物群もそうであった。爬虫類の卵は、保護と輸送のために膜に囲まれており、乾いた土地での繁殖に適応している。胎生の種の多くは、哺乳類に類似した様々な形態の胎盤を通して胎児に栄養を与え、中には孵化したての子の初期の世話をするものもある。現存する爬虫類の大きさは、17mmの小さなヤモリから、体長6m、体重1,000kgを超えるイリエワニまで様々である。

「爬虫類」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年7月5日1時(日本時間)現在での最新版を取得。

嫌いなペットランキング
2位

4票

嫌いなペットランキング
3位

ミニブタ

2票

嫌いなペットランキング
3位

ロボット

2票

嫌いなペットランキング
3位

エビ

2票

嫌いなペットランキング
3位

リス

2票


3位

2票

8位

1票

8位

両生類

1票

10位

昆虫

0票


嫌いなペットランキング

ベスト10圏外

10位

植物

0票

10位

熱帯魚

0票

10位

スカンク

0票

10位

ウサギ

0票

10位

0票

10位

金魚

0票

10位

0票

10位

0票

10位

フェレット

0票

10位

ハムスター

0票

10位

モルモット

0票


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター