好きなペット
ランキング4位
2票獲得
嫌いなペット
ランキング10位
獲得票なし
金魚


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

キンギョ(金魚、学名:)は、フナの突然変異を人為的に選択し、観賞用に交配を重ねた結果生まれた観賞魚。飼育が容易であるため、世界中で親しまれている。 原産地は中国。中国のフナ(鯽、チイ)の突然変異種であるヒブナを改良したものである。初めて学名をつけたスウェーデンの生物学者カール・フォン・リンネは、キンギョをフナではなくコイの仲間とみなし、 と命名している(auratusはラテン語で「金色の」という意味)。近年、DNA分析の結果ギベリオブナ が直接の先祖にあたることが判明した。そのため、本来記載年の古いが先取権の原理によりギベリオブナの学名になるはずだが、Opinion 2027によりギベリオブナの学名はのままとなった。 淡水性で主に藻や水草を食べる。卵生で水中の植物に産卵する。通常30センチメートル程度まで成長する。寿命は10年-15年(ギネス記録は43年、非公式で45年)。品種改良により、様々な色・形態の金魚が作り出されている。

● 品種
金魚はその祖先であるフナと同じく、染色体が倍化した四倍体性であるため、遺伝的変異を起こしやすい。この特徴を利用して人為的に様々な品種が作りだされてきた。比較的フナの体型に近い和金、ずんぐりした体に長いひれを持つ琉金、眼球が左右に飛び出した出目金などは、日本では明治時代までに輸入された移入種であり、古くから親しまれてきたものである。これらを品種改良して、黒い斑点のある東錦、背びれがなく頭部に瘤をもつ蘭鋳、短い体に長いひれ、頭に瘤があるオランダ獅子頭などが様々な品種がつくられた。愛知県産の地金、高知県産の土佐金、島根県産の出雲南金などは各県の指定天然記念物となっている。2015年時点、日本観賞魚振興事業協同組合が認定している日本産の品種だけでも33種あり、認定の可能性のある品種を含めると50種類にもなる。これらにさらに明治以降に中国から輸入された水泡眼、アメリカから輸入されたコメットなどが加わる。品種改良された金魚は自然の中での生存競争に向かず、フナの色や形に先祖返りしてしまう傾向があるため、品種を保つには意識的な維持・管理が不可欠となる。なお原産地の中国では、草種金魚(フナに近いもの)、文種金魚(尾が開いたもの)、蛋種金魚(背びれがなくなったもの)といった呼称はあるものの、日本のように品種といった明確なくくりはなく、品種よりも個体ごとの変異や特徴を楽しむ傾向がある。

● 体色・模様
体色は白、オレンジ(金色)、赤、黒、茶など様々である。孵化してからしばらくの間はフナと同じく黒色をしており、ここから徐々に赤い色などに変化していく(これを褪色現象という)。色は成長とともに変化することもあり、クロデメキンなど黒い色をしたキンギョでは数年経過してから褪色が始まり、金色になってしまうこともある。キンギョの体色には、以下のような呼び名がついていることがある。
◇ 猩々 : 赤のみ。
◇ 素赤 : 体は赤く、各ヒレの先端が白い。
◇ 更紗 : 代表的なのは赤と白の模様であるが、他には白と黒、赤と黒のものもある。赤の比率の多いものを赤更紗、白の比率の多いものを白更紗と呼ぶこともある。白と黒はパンダ、赤と黒はレッサー、サビリュウと呼ばれている。
◇ キャリコ : 赤、黒、白などによる複雑なまだら模様。
◇ 丹頂 : 頭頂部のみ赤で、他は全て白のもの。
◇ 背赤 : 背中のみが赤で、他は全て白のもの。
◇ 両奴 : 頭部が白く、両方のエラ蓋が赤いもの。
◇ 六鱗 : 口、エラ蓋、ひれのみが赤で、他は全て白のもの。

● 尾の形
キンギョの特徴の一つは、その独特な尾の形である。フナ尾、吹き流し尾、三つ尾、四つ尾、そり尾、さくら尾、クジャク尾などといった種類がある。特に、三つ尾、四つ尾など、尾ひれの背面側が癒合して腹面に向けて左右に分かれた形は、他の観賞魚の変異にも似たものが見あたらない。
◇ 鮒尾 : 一本尾ともいう。ワキン型の品種に多く見られる。ブリストル朱文金などのハート型に見える大きなフナ尾は、ハート尾と呼ばれ好まれる。コメットや朱文金などに見られる長いフナ尾は、吹き流し尾と呼ばれ、その特徴となっている。
◇ 三つ尾 : 平付尾ともいう。二枚のフナ尾が上向きになってくっつき、2つの谷と3つの山ができた形。
◇ 四つ尾 : 三つ尾の真ん中の山に切れ込みが入って、3つの谷と4つの山ができた形。
◇ 桜尾 : 三つ尾の真ん中の山に少しだけ切れ込みが入った形、もしくは四つ尾の真ん中の山の切れ込みが浅い形。
◇ 孔雀(クジャク)尾 : 四つ尾が上向き(水平)ではなく垂直になっている形。地金(ジキン)特有の尾。
◇ 平付け反転尾(反り尾) : 三つ尾や桜尾の尾葉が体軸に対し並行に大きく広がり先端が反り返っている形。土佐錦魚(トサキン)特有の尾。
◇ 蝶尾 : 四つ尾の谷が小さくなって山が大きく広がった形。

● 飼育
水槽や池、水、砂利またはろ過機が必要である。金魚鉢と呼ばれる小型の飼育容器もあるが、水槽はなるべく大きなものがよい。キンギョは、水温の変化に合わせて体温も変化する変温動物であり、水温が高くなれば体温が上がり、活発に行動し、食欲も旺盛となるが、逆に水温が下がると体温も下がり、動きが鈍くなってエサを食べても消化が衰える。キンギョの適応可能水温は1℃以上35℃未満であるが、これはあくまで適応可能な範囲であり、およそ15℃から28℃までの範囲が快適水温である。一般的にキンギョは、5℃以下では冬眠状態であり、15℃以上では元気に動いてエサを食べる。また、新しい環境に慣れるまでの3日くらいはエサを与えない方がよいとされている。明代に入ると品種も増えている。中国の金魚は長らく皇帝・皇族や貴族、士大夫、郷紳らによって飼育・愛玩されてきた奢侈品であった。このため景徳鎮の陶磁器などとともに、中華人民共和国成立後の文化大革命(文革)においては「旧文化」として非難・攻撃・破壊の対象となり、生産・流通・飼育とも壊滅状態に陥った。生産者や関係者、更にその家族まで帝国主義者として吊るし上げられ、浙江省の養魚場も破壊された。金魚も大量に殺され、中でも貴重な系統の親魚が多く失われたことから金魚生産は回復不能なほどの大打撃を受け、その歴史は断絶。生産手段や技術もほとんど失われたため、金魚生産で生計を立てていた人々が多かった地域では文革終結後も経済的に非常に苦しい状態が続いた。1978年(昭和53年)8月に日中平和友好条約が調印され民間の日中交流が拡大すると、日本の金魚生産者が浙江省などに出向いて親魚の提供や技術移転を行って復興に協力し、間もなく日本のような大量生産も始まった。庶民に流通するようになったのは改革開放政策実施後のことである。現在は中国伝統の特産物の一つとされるのみならず、日本や欧米への輸出品として、生産者は政府の支援を受けるに至っている。現在、中国のキンギョは大都市の花鳥魚虫市場で販売されている。 化政文化期には現在の三大養殖地で大量生産・流通体制が確立し、金魚の価格も下がったことから本格的な金魚飼育が庶民に普及する。品評会が催されるようになったほか、水槽や水草が販売され始めるなど飼育用具の充実も見られた。このころには歌川国芳の戯画「金魚づくし」(天保年間)をはじめ、当時の浮世絵や日本画の画題としても広く取り上げられている。幕末には金魚飼育ブームが起こり、開国後日本にやってきた外国人の手記には、庶民の長屋の軒先に置かれた水槽で金魚が飼育されているといった話や金魚の絵などが多く見られる。 明治維新後、ヨーロッパの「愛玩動物(ペット)」の概念が持ち込まれ、犬や猫とともに家庭において愛玩用に飼育される典型的な動物の一つとなった。学校の池などでの飼育も始まり、また明治時代から大正時代にかけて庶民の生活が次第に豊かになると、キンギョの需要も多様化し、中国からの移入や新品種の作出なども盛んになった。太平洋戦争中は「金魚を飼っている家には爆弾が落ちない」という流言が東京中に拡がり、人々は争って金魚を求めた。しかし戦争中であり、生きた金魚の入手は不可能に近く、陶器で作られた金魚のおもちゃが飛ぶように売れたという。一般に流通する品種も増え、第二次世界大戦後は理科の教材として取り上げられ更に普及した。現在も縁日や夜店の金魚すくいなどを通じて日本人には馴染み深い。 現代では各地に金魚の養殖産地がある。愛知県の弥富市(弥富金魚)、奈良県の大和郡山市、東京都の江戸川下流域が三大養殖地として知られており、他にも山形県、熊本県玉名郡長洲町などが有名である。三大養殖地のうち江戸川下流域は近年、埼玉県北部及び茨城県南部へ養魚池を移す業者が増えている。東京都東側のベッドタウンとして宅地開発が進んだためで、江戸川区の金魚養殖業者は2018年時点で2軒を残すのみである。このほか各地に美しい魚体の保存・鑑賞を目的とした、愛好会・保存会が多数存在する。奈良県では2012年にアユやアマゴと合わせて「県のさかな」に指定された。 2010年からは金魚やその水槽専門の芸術展「アートアクアリウム」が開催。全国各地で展示会が開催された後、2020年8月28日に日本橋に常設展示施設「アートアクアリウム美術館」を開館した。その後、2021年9月26日に閉館。2022年5月4日に銀座三越新館にリニューアル移転を行った。

◎ アジア
中国本土のほか、香港やマカオ、台湾、ベトナム、韓国などアジア各国・地域では、日本と同様に金魚の生産・飼育の歴史がある。これに関しては宮廷ドラマの時代に遡り、親善大使的な意味で贈られていた事はを忘れてはならない。大半の国・地域では環境に適応する事ができずに死なせた例が多く、適応した国・地域、後に繁殖目的で持ち込まれた国での飼育が主となっている。 特に香港では住宅事情などから日本などに比べ犬や猫の飼育に困難が伴うため、ペットとしての観賞魚飼育が古くから盛んである。金魚の生産量・輸出量も多く、郊外の農村部には養魚場も点在する。また日本や東南アジアから多様な品種が輸入され流通しており、人口規模に比して観賞魚市場は大きいと言われる。風水では観賞魚は幸運を呼ぶ生物とされており、香港を代表する繁華街である旺角の「通菜街」と称する通りには、「水族店」と呼ばれるアクアショップが100軒以上集まっている一角があり、「金魚街」と呼ばれている。この「水族店」では現在も主力商品として金魚が多く流通しており、金魚があらかじめビニール袋に梱包され店先に大量にぶら下げられている光景を見ることが出来る。 小動物を愛玩する習慣が元々あまりない朝鮮半島では、韓国の都市部でインテリアの一つとして熱帯魚水槽が設置されてはいるものの、観賞魚飼育自体に人気がなく、金魚の流通も小規模である。 タイやインドネシアなどの東南アジア諸国では近年の経済成長とともに観賞魚飼育も広まりつつあり、香港と同様の売り方をするアクアショップもある。また東南アジアでは主に日本向けの輸出品として熱帯魚とともに金魚が生産されており、熱帯地域特有の気候を生かし日本や中国では見られない新品種の作出も行われている。

◎ その他
金魚は18世紀に中国からヨーロッパに渡り、ペットとして飼育されるようになった。またアメリカには幕末の日本から移入され goldfish という名で販売されている。ヨーロッパやアメリカで作出された品種も存在する。 一方、飼育放棄者による放流などが原因で、北米など世界各地で侵略的外来種となっている。金魚は繁殖力が旺盛であり、オタマジャクシなどを食い尽くすことがあると言われる。また寄生虫やコイヘルペスウイルスの宿主としても問題視されている。

◎ 宇宙実験
1994年(平成6年)7月には宇宙酔いなどの研究のため、弥富金魚6匹がスペースシャトル・コロンビアに乗せられて実験動物となった。

● 食用・薬用
食用・薬用の習慣は中国の書物「本草綱目」や江戸中期の書物「本朝食鑑」で確認できる。ただし、日本では「煮ても焼いても食えない」とされて敬遠されてきた。

● キンギョを題材にした作品


◎ 音楽

・ 『金魚』(作詞:北原白秋、作曲:成田為三)
・ 『金魚』(歌・作詞・作曲:中島みゆき、編曲:井上堯之 アルバム「予感」所収)
・ 『金魚』(歌・作詞・作曲:BONNIE PINK)
・ 『金魚すくい』(歌・作詞:一青窈、作曲:富田素弘)
・ 『金魚のひるね』(作詞:鹿島鳴秋、作曲:弘田龍太郎)
・ 『金魚花火』(歌:大塚愛、作詞・作曲:愛)
・ 『酒場の金魚』(歌:香田晋、作詞:阿久悠、作曲:三木たかし)
・ 『らんちう』(歌:たま、作詞・作曲:知久寿焼)
・ 『蘭鋳』(歌:ムック、作詞:逹瑯、作曲:ミヤ)
・ 『近所の金魚は弥富のきんちゃん』(歌:近藤久美子、作詞・作曲:小島勇司)
・ 『金魚の箱』(歌:東京事変、作詞・作曲:伊澤一葉)
・ 『夢を見ていた金魚』(歌:矢野真紀、作詞・作曲 矢野真紀/編曲 亀田誠治)
・ 『赤い蝋燭と金魚』(歌:ALI PROJECT、作詞 :宝野アリカ、作曲:片倉三起也)
・ 『金魚の歌』(歌:BANZAI JAPAN、作詞・作曲:百萌/すがわらあや、編曲:Renn Saito)

◎ 文学

○ 小説など

・ 『西遊記』(霊感大王という金魚の怪物が登場する)
・ 『賭博師』(福永令三) - 第87回読売短編小説賞
・ 『蜜のあはれ』(室生犀星)(老作家と金魚の姿を持つ少女との触れ合いを描いている)
・ 『火の魚』(室生犀星)
・ 『闇の金魚』(陳舜臣)
・ 『金魚撩乱』(岡本かの子)
・ 『金魚姫』(荻原浩)
○ 俳句

・ 「生涯の今の心や金魚見る」(高浜虚子)
・ 「八文字ふむや金魚のおよぎぶり」(永井荷風)

◎ 映画

・ 『金魚鉢の中の金魚』(1895年、フランス) - リュミエール兄弟の作品。
・ 『金魚釣り』(1895年、フランス) - 同上。

◎ 落語

・ 猫と金魚

◎ 日本の切手

・ 1946年(昭和21年)11月15日発売 5円普通切手
・ 1952年(昭和27年)5月10日発売 35円普通切手
・ 1966年(昭和41年)7月1日発売 7円普通切手
・ 1967年(昭和42年)8月1日発売 7円普通切手 色検知用に刷色変更

◎ 漫画・アニメ・ゲーム

・ 『おとぎストーリー 天使のしっぽ』(テレビアニメ。金魚をモチーフにしたキャラクターが登場する)
・ 『きんぎょ注意報』(原作:猫部ねこ)
・ 『ぎょっとパラダイス 』(原作:ひな。)
・ 『崖の上のポニョ』(監督:宮崎駿。主人公のポニョは金魚がモチーフである)
・ 『金魚ガールズ』(原作:ごとう隼平。電子書籍のみで刊行)
・ 『金魚王国の崩壊』(漫画同人グループの模造クリスタルで公開されているWEB漫画。)
・ 『すくってごらん』(原作:大谷紀子、2021年に実写映画化)
・ 『渋谷金魚』(原作:蒼伊宏海。ガンガンJOKERで連載されていた、空中を浮遊する巨大な人食い金魚が渋谷の街を襲うパニックホラー漫画。2021年に完結)

◎ 置物・キャラクターグッズ等

・ 「ちょきんぎょ」シリーズ(JAバンクのマスコットキャラクター)
・ 「金魚ねぷた」青森県特産の郷土玩具。
・ 「金魚台輪」新潟県新発田市特産の郷土玩具。

◎ 和菓子

・ 『金魚』(松彌:京都市中京区)
・ 『金魚鉢』(幸楽屋:京都市北区鞍馬口)
・ 『若葉蔭』(虎屋:東京都港区赤坂)
・ 『金魚』(宗家 源吉兆庵:東京都中央区銀座)

「キンギョ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2023年2月6日13時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きなペットは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きなペットを お選びください。

嫌いなペットは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いなペットを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きなペットは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きなペットを お選びください。

嫌いなペットは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いなペットを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きなペットは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きなペットを お選びください。

嫌いなペットは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いなペットを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きなペットは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きなペットを お選びください。

嫌いなペットは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いなペットを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きなペットは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きなペットを お選びください。

嫌いなペットは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いなペットを お選びください。

ペットの無作為ピックアップ

好きなペットは どっち?

投票するとペットランキングが閲覧できます!


VS

好きなペットを お選びください。

現在 38回の投票があります!

嫌いなペットは どっち?

投票するとペットランキングが閲覧できます!


VS

嫌いなペットを お選びください。

現在 22回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター