好きな俳優
ランキング219位
獲得票なし
嫌いな俳優
ランキング109位
獲得票なし
大杉漣


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

大杉 漣(おおすぎ れん、1951年〈昭和26年〉9月27日 - 2018年〈平成30年〉2月21日)は、日本の俳優、タレント。本名︰大杉 孝(おおすぎ たかし)。徳島県小松島市出身。明治大学中退。

● 生涯


◎ 生誕
1951年9月27日、徳島県小松島市にて、教育者の家庭で育つ。4人兄弟の末っ子。母は京都の銀閣寺の傍らにあった下宿屋の娘で、父より3歳年上の姉さん女房だった。父は京都大学に在学中に、その下宿屋で生活しており、その際に仲良くなり結ばれた。父は38歳で小松島市立小松島中学校の校長に抜擢され、徳島県立小松島西高等学校、徳島県立富岡東高等学校、徳島県立城東高等学校の校長を歴任した。12歳の時に父が徳島県立富岡東高校に転任し、同じ敷地の茶道部と女子寄宿舎の間にあった校長官舎に引っ越す。4年間そこで暮らした。

◎ 劇団活動との出会い
1970年代に人気を呼んでいた蜷川幸雄、寺山修司、唐十郎らの演劇に通い、1973年、雑誌『新劇』に掲載されていた太田省吾の記事に感銘を受け、太田の劇団員募集広告に応募し研修生として採用される。台詞なしに静かに舞台を歩んで演じる「沈黙劇」を原点として。

◎ 下積時代
1980年に新東宝映画のピンク映画『緊縛いけにえ』で映画俳優としてデビュー。日活ロマンポルノや新東宝映画などのピンク映画に積極的に出演するようになった。 1983年、滝田洋二郎監督の『連続暴姦』では演技力が評価され、同年の「ZOOM-UP映画祭」・ピンクリボン賞主演男優賞を受賞した。とはいえ当初与えられたのは単なるやくざ事務所の電話番という、台本に台詞のない端役だったが、たけしの「全部アドリブでやって」という指示に対し、大杉が演じたヤミ金の取り立ての演技にたけしが「うめえな、この人」と感心、脚本を書き換えて役を大きくしたところ、「最後までうまくやっちゃった」という。この作品での演技が転機となり、映画界において演技派の一人として知名度を得ていく。SABU監督の『弾丸ランナー』出演の翌1997年には、同監督の『ポストマン・ブルース』でおおさか映画祭・報知映画賞を受賞。1998年には北野武監督の『HANA-BI』で、下半身不随の元刑事役という難役を演じた。作品はヴェネツィア国際映画祭でグランプリにあたる金獅子賞を受賞し、自身もブルーリボン賞をはじめとする1999年度の国内各映画賞の助演男優賞を多数受賞。映画以外にもテレビドラマへの主役・主要キャストとしての出演が増加すると、その名は広く一般に認知されるようになった。 その後は、偉人群像から社会の底辺に生きる人物、公安刑事から体制破壊主義者、堅実なサラリーマンからホームレス、学校長からヤクザ、好人物から偏狭な人物、誠実な父親・夫から退廃的な不良中年、精神異常を思わせるサイコ色の強い異常人格から変態」「カメレオン」などの異名を得る。以後は、高橋伴明、中村幻児、周防正行、滝田洋二郎、黒沢清、井筒和幸、廣木隆一等のピンク映画系出身の諸監督から、北野武、SABU、鈴木俊之、磯村一路、小松隆志、三池崇史、落合正幸など、日本映画界の多くの監督作品に出演した。 若い映画製作者への協力もしていた。当時は新潟の一高校生にすぎなかった田卷源太監督による企画提案を受け、アマチュア自主製作短編映画『黒いカナリア』の主役として少ない報酬で出演したり、早稲田大学と慶應義塾大学の学生が中心となった自主制作映画『Mogera Wogura』へも出演。 映画からNHK大河ドラマ、NHK連続テレビ小説、2時間ドラマ、Vシネマ、インディーズ、ドキュメンタリーのナレーション、バラエティー番組をはじめ、アジア圏の外国映画や内外合作映画にまで、各ジャンルに出演。その本数も多く、バイプレイヤーの代表格として極めて精力的な活動を行っていた。 2013年4月13日より、BSフジにて自身初の冠番組となる旅番組『大杉漣の漣ぽっ』が放送開始。第1回は大杉の地元である徳島県を散策した回を放送、以後2018年に急逝するまで、約5年、60回(地上波で放送されたスペシャル版1回を含む)に亘って放送された。 2017年1月2日に日本テレビ系で放送された『新春ぐるナイゴチ新メンバー超大物2名発表SP』にて、人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります18」にレギュラー出演することが発表され、地上波バラエティ番組における初レギュラーが決定した。2017年8月24日放送回では自身初 のピタリ賞100万円を獲得し、同年9月7日放送分でもピタリ賞で1位。ゴチ史上初の2週連続ピタリ賞獲得の偉業を成し遂げた。「ゴチ」メンバーに同時加入した渡辺直美からは「れんれん」と呼ばれた。

◎ 死去
2018年2月20日深夜、主演ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』のロケのために滞在していた千葉県富津市内のホテルで腹痛を訴え、番組関係者に付き添われてタクシーで千葉市内の救急病院へ搬送される。病院到着時にはすでに重体となっており、総合病院への搬送も検討されたが、「治療が間に合わない」という病院側の判断で集中治療が継続された。しかしその後容態が急変し、翌2月21日午前3時53分に急性心不全のため死去した。(享年67)。病院に駆け付けた家族やドラマ関係者、事務所関係者、ドラマで共演中だった遠藤憲一・田口トモロヲ・光石研・松重豊が最期を看取った。 当日の20日は終日撮影や取材を行ったが、体調に変化などはなく順調に進行し、終了後は共演者らでともに食事をしていた。 葬儀・告別式は大杉本人の生前の意思によって家族・近親者のみで執り行われ、4月14日にお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が開かれた(詳細は後述)。 戒名は
・ 撮影中であった『バイプレイヤーズ』は、共演の遠藤憲一・田口トモロヲ・光石研・松重豊が「自分たちのスケジュールはどうにかするから何とか最終回までやらせてほしい」とスタッフに直談判し、撮影を続行。その後、大杉の出演シーンの撮り残しの部分の脚本を修正するなどして、3月7日の最終回放送まで当初予定通りのスケジュールで乗り切った。
・ 2月22日 - テレビ朝日系『徹子の部屋』にて、当初の放送予定を変更し追悼特集として、大杉がゲスト出演した回(2000年、2005年)を再編集して放送した。
・ 2月22日 - レギュラー出演していた日本テレビ系『ぐるナイ』の「ゴチ19」第3戦(2月12日収録)を放送。番組内では冒頭と終盤で追悼メッセージが流れ、終了時にはゴチ19出演時の顔写真も流れた。
・ 2月23日 - テレビ東京系列『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』にゲスト出演。番組の終盤に顔写真と追悼メッセージが流れた。
・ 2月24日 - BS朝日にて、13:30 - 14:00に『徹子の部屋』の追悼放送(22日に地上波で放送されたものと同じ回)を放送)。続けて14:00 - 15:00に『ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜』の大杉出演回を2年ぶり2回目の放送をした(2016年3月19日放送、インタビュアー:舘野晴彦)。
・ 2月25日 - テレビ大阪にて、大杉が出演した『夜あそびTKO〜大人の異業種交流会〜』(関西ローカル、2017年7月30日)を再放送。加えて、大杉がナレーションを務めた『天空の教室〜中国・四川省・標高3000mの希望〜』(2009年12月31日、テレビ東京系列)を再放送した。
・ 2月25日 - BSフジにて冠レギュラーの『大杉漣の漣ぽっ 〜2018年は鎌倉を歩いて運気を上げよう〜』(2017年12月8日収録、2018年1月3日にフジテレビで放送)を放送。当初3月3日放送予定であったものを急遽繰り上げた。同番組でも冒頭と終盤で追悼メッセージが流れた。また3月31日には、第1回放送の「徳島県を散策」の回が四国放送(JRT、日本テレビ系列)で放送された。
・ 2月25日 - 関西テレビでは16:55 - 17:25に『さんまのまんま』の大杉出演回を再放送した 。
・ 2月25日 - テレビ東京にて、出演映画『HANA-BI』の特別編集版が放送された。
・ 3月2日 - 日本テレビ系『アナザースカイ』ゲスト出演回放送。死去1か月前に韓国・釜山を訪れた際に、「申し訳ないけど、もうちょっと生きたいなって思ってます。っていうか、僕はもうちょっとやりたいこともあるので。 66歳でも希望はいっぱいありますよ。」などと、俳優としての人生の他、自らの死についても語っていた。スタジオトークの収録前に大杉が死去したため、番組冒頭で司会の今田耕司とアシスタント(当時)の中条あやみがそろって喪服姿で登場、今田が放送決定の経緯を説明した後、全編にわたってドキュメント映像で構成する形となった。続く翌13日(12日深夜)には放送中の『名古屋行き最終列車2018』において、大杉のシリーズ最終出演話となる第9話が放送された。また、同ドラマに協力している名古屋鉄道も3月6日から13日まで、名鉄6000系電車6036編成にて大杉追悼の系統板を掲出した(小牧線および瀬戸線を除く。
・ 3月14日 - 準レギュラー(衣笠藤治役)のテレビ朝日系列の『相棒 season16』最終回放送。同回出演予定で、一部の撮影を終えていたが、杉本哲太を代役として撮り直しを行った 。
・ 4月8日から4月22日までの3週に亘り、BSフジで『大杉漣の漣ぽっ』のスペシャル番組として『ありがとう大杉漣さん「大杉漣の漣ぽっ」』が放送された。9月27日にDVD-BOXとして発売された。
・ 突然の訃報に番組共演者や芸能界からも悼む声が多く寄せられた。
・ 大杉の地元のサッカークラブであるJ2リーグの徳島ヴォルティスが公式サイトで大杉への追悼メッセージを発し、2月25日の2018年度J2リーグホーム開幕戦となる対ファジアーノ岡山戦(徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)(別名鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)においてスタジアムに記帳台を設置し、キックオフ前にスタジアムで大杉に対する黙祷を行い、徳島ヴォルティスの選手・関係者が喪章を着用して試合に臨んだ。
・ 大杉がCMの出演およびナレーションを担当していた各企業(スズキ、大東建託、不室屋。
・ 10月6日には最後の主演作となった映画『教誨師』(佐向大監督)、10月20日 には遺作となった映画『恋のしずく』(瀬木直貴監督) が公開された。『教誨師』での演技が評価され、2019年4月8日に第28回日本映画プロフェッショナル大賞の主演男優賞に選出されている。
・ 2018年11月30日をもって所属事務所・ザッコはマネージメント業務を終了し、2019年2月20日にウェブサイト『大杉漣記念館』がオープンした。2023年2月21日に同ウェブサイトは閉じられたが、同年9月1日より国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)にて公開されることとなった。なお、ザッコに所属していた大杉以外の俳優の半数ほどは、同社のマネージャーが新規に開設した事務所・空に移籍した。
○ お別れの会「さらばゴンタクレ」
4月14日には、お別れの会「さらばゴンタクレ」が東京都青山葬儀所にて開かれ、約1700人が参列した。 最期を看取った『バイプレイヤーズ』共演の4人も揃って参列、田口トモロヲが代表して弔辞を読み、大杉と5人で過ごした時間を振り返った。田口の弔辞の一部は次の通り。 『僕シリーズ3部作』(関西テレビ制作ドラマ)や『嘘の戦争』(同)など自身の主演作で多数の共演歴がある草彅剛も弔辞でと声を震わせ別れを惜しんだ。 また、祭壇には「REN」の名前が入った徳島ヴォルティスの背番号10ユニフォームがメンバーズカード付きで飾られた ほか、ファンブースには「ゴチ」で着用した制服がトップ通過およびピタリ賞の回数分のバッジ付きで展示された。

● 代役・後任
大杉の死後、持ち役等を引き継いだ者は以下の通り。
・ 杉本哲太 - テレビドラマ『相棒 season16』最終話 :衣笠藤治
・ 神農直隆 - 舞台『1984』:オブライエン
・ 田中圭 - バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』:『グルメチキンレース・ゴチになります』メンバー
・ 佐野史郎 - 映画『おかあさんの被爆ピアノ』(2020年公開):ピアノ調律師・加川を演ずる予定だった

● 受賞歴
1984年
・ 第5回 ズームアップ映画祭 主演男優賞 1998年
・ 第23回 おおさか映画祭 助演男優賞
・ 第23回 報知映画賞 助演男優賞(『HANA-BI』『犬、走る DOG RACE』) 1999年
・ 第11回 日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞(『HANA-BI』ほか)
・ 第20回 ヨコハマ映画祭 助演男優賞(『CURE』『がんばっていきまっしょい』『愚か者 傷だらけの天使』『HANA-BI』『犬、走る DOG RACE』)
・ 第13回 高崎映画祭 助演男優賞(『犬、走る DOG RACE』)
・ 第23回 おおさか映画祭 助演男優賞
・ 第72回 キネマ旬報ベスト・テン 優秀助演男優賞(『HANA-BI』『犬、走る DOG RACE』)
・ 第53回 毎日映画コンクール 男優助演賞 (『HANA-BI』『犬、走る DOG RACE』など)
・ 第8回 東京スポーツ映画大賞 助演男優賞
・ 第22回 日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『HANA-BI』)
・ 第41回 ブルーリボン賞 助演男優賞(『HANA-BI』) 2010年
・ 第11回 ベストフォーマリスト賞 2018年
・ 第26回 橋田賞 特別賞
・ 徳島県表彰「特別功労賞」

● 人物
笠智衆の著書『あるがままに』(1992年、世界文化社)に感銘を受けたことから と「見る前に飛べ」。 芸名「漣」の由来は、吉祥寺フォークの重鎮高田渡の長男でスティールギター奏者である高田漣の名から拝借したものである。 ペットが大好きで、公式ブログのタイトルもスコティッシュフォールドの「寅子(トラコ)」とチワワの「風(ふう)」からとられている。 また、50歳代に映画『Life on the Longboard』で「定年退職後サーフィンを始めた男」を演ずることになり、役作りとして種子島でサーフィンの猛特訓を行った経験から、サーフィンも趣味のひとつとなった、音楽鑑賞に留まらず、40歳代には田口トモロヲに誘われて器楽の練習を始め、自ら組んだ「大杉漣バンド」や田口トモロヲとのユニット「Har'G KAITELS(ハージー・カイテルズ)」(「恥をかいている者たち」の意)においてギターやブルースハープを手にとり70年代のフォークソングを演奏したり、KAZ BANDと共演している。 :映画『ROCKERS』では弾き語りを披露している。徳島では、「徳島ラーメン食べたいな」、「あるがままに」などのオリジナルソングも歌っていた。
◇サッカー :高校時代にはサッカー部に在籍し、下積み時代には目の前にサッカー場があるという理由だけで川崎のアパートに引っ越したこともあるほどサッカー好きである。自称「釜本・杉山黄金コンビの時代の第一次サッカーブームの申し子」。 :自己の出身地徳島県をホームタウンとするJリーグ・徳島ヴォルティスの熱狂的なファンで、チームがプロ組織化する前身の大塚FC時代から熱心に応援していた。ヴォルティスがJ1昇格プレーオフ決勝を戦った2013年12月8日。ヴォルティスは2014年に再びJ2に降格し、大杉はJ1復帰を見ることなく2018年に世を去ったが、2020年12月16日の大宮アルディージャ戦で7年ぶりのJ1昇格を決めた際と12月20日のアビスパ福岡戦で初のJ2優勝を決めた際にはヴォルティスの選手が試合後に大杉の名前が入ったユニフォームを掲げるなど、死後なお両者の関係は深い。 :また、プロデューサーや映画監督・大物俳優等100名を越えるメンバーを擁するプライベートサッカーチーム「鰯クラブ」に発起人として参加し。 :2010年には、高校サッカー部の9期後輩で当時FC東京の監督だった城福浩との対談を行い、『FC東京ファンブック2010』の巻頭を飾った。

● 出演


◎ 舞台

・ 転形劇場 (1978年 - 1988年)
 ・ 老花夜想(ノクターン)
 ・ 喜劇役者(コメディアン)
 ・ 風枕
 ・ 水の駅
 ・ 日本黒社会 LEY LINES (大映 / 三池崇史監督)
 ・ 催眠 (東宝 / 落合正幸監督) - 刑事・牟田悦司 役
 ・ きみのためにできること (日活 / 篠原哲雄監督)
 ・ お受験 (松竹 / 滝田洋二郎監督) - 古本監督 役
 ・ 新極道伝説 三匹の竜 (東映ビデオ / 水谷俊之監督)
 ・ 天使に見捨てられた夜(日活 / 廣木隆一監督) - 友部秋彦 役
 ・ 秘密 (TBS・東宝 / 滝田洋二郎監督)
 ・ DEAD OR ALIVE 犯罪者 (大映 / 三池崇史監督)
○ 映画 2000年代

・ 2000年
 ・ 極道(やくざ)血風録 無頼の紋章 (大映 / 伊藤秀裕監督)
 ・ うずまき (東映 / Higuchingky監督) - 斎藤敏夫 役
 ・ 暴き屋 保険調査裏仕事人 (V) (ミュージアム / 伊藤秀裕監督) - 主演・嶋田哲 (オリジナルビデオ初主演作品)
 ・ 発狂する唇 (オメガ・プロジェクト / 佐々木浩久監督) - 大佐 役
 ・ カリスマ(日活・東京テアトル / 黒沢清監督) - 中曾根敏 役
 ・ オーディション (アートポート / 三池崇史監督) - 芝田 役
 ・ スペーストラベラーズ (東映 / 本広克行監督) - コスモ銀行支店長・常田宣一 役
 ・ MONDAY (シネカノン / SABU監督) - 村井良夫 役
 ・ 捜査四課対広域暴力団(V) (東映ビデオ / 早川喜貴監督)
 ・ 仮面学園 (東映 / 小松隆志監督) - 城之内雄一郎 役
 ・ 不貞の季節★ (YFC・スローラーナー / 廣木隆一監督) - 主演・黒崎悌造 役
 ・ SWEET SWEET GHOST (日活 / 芳田秀明監督) - 剛の父・山村誠治 役
 ・ 雪山 世にも奇妙な物語 映画の特別編 (東宝 / 落合正幸監督) - 山内義明 役
 ・ 弱虫(チンピラ) (グルーヴコーポレーション / 望月六郎監督) - 藤堂 役
 ・ 漂流街 THE HAZARD CITY (東宝 / 三池崇史監督) - 飯田 役
 ・ 黒いカナリア★ (in out(アマチュア自主制作) / 田卷源太監督) - 主演・男役
 ・ 三文役者 (近代映画協会・東京テアトル / 新藤兼人監督) - ハージーカイテルズ 役
 ・ DEAD OR ALIVE 2 逃亡者 (大映 / 三池崇史監督) - 画家 役
 ・ PARTY7 (東北新社 / 石井克人監督)
 ・ 鞠智城物語 防人たちの唄 (熊本県立装飾古墳館 / 三池崇史監督)
・ 2001年
 ・ BROTHER (オフィス北野・松竹 / 北野武監督) - 原田組組長・原田 役
 ・ 降霊 (スローラーナー / 黒沢清監督) - ファミリーレストランのサラリーマン客 役
 ・ SF Stereo Future (東北新社 / 中野裕之監督) - テレビ局編成部長・黒岩 役
 ・ RUSH (スローラーナー / 瀬々敬久監督) - 成瀬 役
 ・ 釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇 (松竹 / 本木克英監督) - 渡辺 役
 ・ 首相官邸の女(V) (ミュージアム / 若松孝二監督)
 ・ 순애보(スネボ / 純愛譜) (シネマサービス・松竹 / 監督) - 彩の父 役
 ・ GO (東映 / 行定勲監督) - タクシー運転手 役
 ・ 光の雨 (シネカノン / 高橋伴明監督) - 映画監督・樽見省吾 役
・ 2002年
 ・ 化粧師 KEWAISHI (東映 / 田中光敏監督) - 森山五郎 役
 ・ とらばいゆ (ザナドゥー・アミューズピクチャーズ / 大谷健太郎監督) - 棋士・村岡九段 役
 ・ うつつ (日活 / 当摩寿史監督) - 長田勤 役
 ・ MPD-PSYCO/FAKE (物語環境開発 / 菊崎亮編集) - 笹山徹 役
 ・ ピカレスク 人間失格 (ジーピー・ミュージアム、ドラゴン・フィルム / 伊藤秀裕監督)
 ・ 今昔伝奇・剣地獄 (グルーヴコーポレーション / 佐藤敏宏監督) - 千鳥足の浪人 役
 ・ DRIVE (日本ヘラルド / SABU監督) - 西五郎 役
 ・ SABU 〜さぶ〜 (キネマ旬報社 / 三池崇史監督) - 平蔵 役
 ・ 旅の途中で・FARDA (日活 / 中山節夫監督) - 立山功一 役
 ・ Dolls(ドールズ) (オフィス北野・松竹 / 北野武監督) - 春奈のマネージャー 役
 ・ たそがれ清兵衛 (松竹 / 山田洋次監督) - 甲田豊太郎 役
 ・ ラストシーン(オズ・オムロンピクチャーズ / 中田秀夫監督) - 俳優部長 役
 ・ 刑務所の中 (ザナドゥー / 崔洋一監督) - ティッシュマン高橋 役
・ 2003年
 ・ 13階段 (東宝 / 長澤雅彦監督) - 『ホテル陽光』オーナー・安藤紀夫 役
 ・ 船を降りたら彼女の島 (東宝 / 磯村一路監督) - 久里子の父・河野周三 役
 ・ 新刑事まつり一発逆転 窯岡刑事 Comeing Out Cop (コムテッグ / 田中要次監督)
 ・ 恋愛寫眞 Collage of Our Life (松竹 / 堤幸彦監督) - 社長 役
 ・ ロッカーズ 'Rockers (ギャガ・コミュニケーションズ / 陣内孝則監督) - マスター 役
 ・ 監督感染 KENE-NN (ギャガ・コミュニケーションズ / 鈴木一真監督)
 ・ アイデン&ティティ (東北新社 / 田口トモロヲ監督) - 編集者 役
・ 2004年
 ・ 赤い月 (東宝 / 降旗康男監督) - 鄒琳祥 役
 ・ 伝説のワニ ジェイク (スローラーナー / 犬童一心監督) - 『ジェイク』の目撃者 役
 ・ この世の外へ クラブ進駐軍 (松竹 / 阪本順治監督)
 ・ ゼブラーマン (東映 / 三池崇史監督) - 教頭・目黒国治 役
 ・ eiko (日本シムコ・東京テアトル / 加門幾生監督) - 平井 役
 ・ 村の写真集 (東宝 / 三原光尋監督) - 植田進 役
 ・ レディ・ジョーカー (東映 / 平山秀幸監督) - 布川淳一 役
 ・ NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE (鈴木雅之監督)
 ・ 風の残響 (幸修司監督)
・ 2005年
 ・ L'amant ラマン (スローラーナー / 廣木隆一監督) - C 役
 ・ 有限会社ひきもどし (畑泰介監督)
 ・ Jam Films S 「ブラウス」 (石川均監督)
 ・ about love アバウト・ラブ/関於愛 (下山天監督)
 ・ 樹の海 (瀧本智行監督)
 ・ 鞄・KABAN (初山恭洋監督)
 ・ LOFT ロフト (黒沢清監督)
 ・ 疾走 (SABU監督)
 ・ Life on the long board (喜多一郎監督) - 米倉一雄 役
 ・ 電車男 (東宝 / 村上正典監督) - 酔っ払い 役
 ・ 容疑者 室井慎次 (東宝 / 君塚良一監督) - 横山邦一 役
 ・ TAKESHIS' (松竹 / 北野武監督) - ビートたけしのマネージャー / タクシー運転手 役(2役)
 ・ 銀色の髪のアギト (杉山慶一監督)
・ 2006年
 ・ 棚の隅★ (小池和洋自主制作 / 門井肇監督) - 玩具店主・宮田康雄 役
 ・ 色即ぜねれいしょん - 恭子の父 役
 ・ MOGERA WOGURA
 ・ 沈まぬ太陽 - 和光雅継 役
○ 映画 2010年代

・ 2010年
 ・ 交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦(2月11日) - 高林静雄 役
 ・ ランニング・オン・エンプティ(2月11日) - コンビニ店長 役
 ・ 矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜(4月29日、松竹) - サム 役
 ・ BOX 袴田事件 命とは(5月29日、スローラーナー) - 検察官・吉川 役
 ・ パーフェクト・ブルー(9月18日) - 幸田俊朗(三友製薬社長) 役
 ・ おにいちゃんのハナビ(9月25日、国本雅広監督) - 須藤邦昌 役
 ・ 七瀬ふたたび (10月2日、小中和哉監督)
 ・ 雷桜(10月22日、廣木隆一監督、東宝) - 高山仙之介(幕府大老) 役
 ・ さらば愛しの大統領(11月6日) - ボム緒方 役
・ 2011年
 ・ 僕と妻の1778の物語(1月15日) - 松下照夫 役
 ・ ジーン・ワルツ(2月5日) - 荒木隆 役
 ・ ケータイ刑事 THE MOVIE3 モーニング娘。救出大作戦〜パンドラの箱の秘密(2月5日)
 ・ 津軽百年食堂(4月2日) - 浅尾大介 役
 ・ 阪急電車 片道15分の奇跡(4月29日) - 披露宴の会場係 役
 ・ 百合子、ダスヴィダーニヤ (6月18日)☆ - 荒木茂 役
 ・ 一枚のハガキ(8月6日) - 泉屋吉五郎 役
 ・ ツレがうつになりまして。(10月8日) - 栗田保男 役
 ・ スマグラー -おまえの未来を運べ-(10月22日、石井克人監督) - 警官 役
 ・ サラリーマンNEO 劇場版(笑)(11月3日) - 布袋社長 役
 ・ シェアハウス(11月12日、喜多一郎監督)
・ 2012年
 ・ おかえり、はやぶさ(3月10日、本木克英監督) - 江本智彦 役
 ・ 明日に架ける愛(3月31日、香月秀之監督) - 浮田智弘(週刊芸能誌編集長)役
 ・ 道〜白磁の人〜 (6月9日、高橋伴明監督、日韓共同制作) - 野平 役
 ・ 武蔵野S町物語 (6月16日、金澤克次監督)
 ・ からっぽ(6月16日、草野翔吾監督) - 高田素夫 役
 ・ ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳(8月4日、長谷川三郎監督) - ナレーター
 ・ 映画 ひみつのアッコちゃん(9月1日、川村泰祐監督) - 中村前社長 役
 ・ 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(9月7日、本広克行監督) - 横山邦一 警察行政人事院・情報技術執行官 役
 ・ 人生、いろどり(9月15日、御法川修監督) - 針木 役
・ 2013年
 ・ はじまりのみち(6月1日、原恵一監督) - 城戸四郎 役
 ・ 極道の妻たち Neo(6月8日) - 西京連合会長補佐 金子道彦 役
 ・ 箱入り息子の恋(6月8日、市井昌秀監督、キノフィルムズ) - 今井晃 役
 ・ 100回泣くこと(6月22日、廣木隆一監督) - 沢村康彦 役
 ・ 赤々煉恋(12月21日、小中和哉監督) - 虫男(声)
・ 2014年
 ・ 土竜の唄 潜入捜査官REIJI (2月15日、三池崇史監督)
 ・ サクラサク(4月5日、田中光敏監督)
 ・ 聖闘士星矢 Legend of Sanctuary(6月21日、さとうけいいち監督) - 城戸光政 役(声の出演)
 ・ 小川町セレナーデ(10月4日、原桂之介監督)
 ・ ぶどうのなみだ(10月11日、三島有紀子監督) - アオとロクの父親 役
 ・ 25 NIJYU-GO(11月1日) - 西池袋警察署署長 高見沢彰
・ 2015年
 ・ サムライフ(2月28日、森谷雄監督)
 ・ おかあさんの木(6月6日、磯村一路監督) - 校長 役
 ・ 天の茶助(6月27日、SABU監督) - 種田潤一 役
 ・ かぐらめ(7 - 8月、奥秋泰男監督) - 菊池恭次郎 役
 ・ レインツリーの国(11月21日、三宅喜重監督) - 向坂豊 役
 ・ 風のたより(12月19日、向井宗敏監督) - 健 役
・ 2016年
 ・ 仮面ライダー1号(3月26日、金田治監督) - 地獄大使 役
 ・ シン・ゴジラ(7月29日、庵野秀明総監督・樋口真嗣監督) - 大河内清次 役
 ・ U-31(8月27日、谷健二監督) - 竹岡誠一 役
 ・ 闇金ウシジマくん Part3(9月22日、山口雅俊監督) - 真司の父 役
 ・ 隻眼の虎(10月1日、パク・フンジョン監督) - 前園 役
 ・ ボクの妻と結婚してください。(11月5日、三宅喜重監督) - 荒城伊知郎 役
・ 2017年
 ・ グッバイエレジー(3月25日、三村順一監督) - 深山晄 役
 ・ 米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー(8月12日、佐古忠彦監督) - ナレーション
 ・ アウトレイジ 最終章(10月7日、北野武監督) - 野村和夫 役
・ 2018年(以後、没後の出演作品)
 ・ 返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す(2018年6月30日、柳川強監督) - 植田啓三 役
 ・ 神楽鈴の鳴るとき(8月18日、増山修監督) - 御山吾平 役
 ・ 教誨師★(10月6日、佐向大監督) - 主演・佐伯保 役
 ・ 恋のしずく(10月13日広島県先行公開 / 10月20日全国公開、瀬木直貴監督、ブロードメディア・スタジオ) - 乃神輝義 役
・ 2019年
 ・ 世界一と言われた映画館(山形国際ドキュメンタリー映画祭2017上映作品 / 2018年4月20日山形県先行公開 / 2019年1月5日全国公開、佐藤広一監督) - 語り
 ・ BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-(2月8日、原桂之介監督) - 居酒屋の亭主 役(友情出演)
 ・ 梅子(2009年イベント上映 / 2019年3月2日より「吾郎の新世界」と同時上映、内藤隆嗣監督) - 太郎 役
○ 映画 2020年代

・ 2021年
 ・ モルエラニの霧の中(2月6日、坪川拓史監督)

◎ テレビドラマ

○ 世にも奇妙な物語シリーズ(フジテレビ)

・ 顔(1992年)
・ サムライが斬る(1992年)
・ 1994年冬の特別編 言葉の戦争(1994年) - 公安・警部 役
・ 1994年秋の特別編 君だけに愛を(1994年) - 高畑警部 役
・ 1995年冬の特別編 最後の喫煙者(1995年)
・ 1996年春の特別編 怪我(1996年) - 赤瀬川刑事 役
・ 1997年春の特別編 史上最強の転校生 (1997年) - 小林校長 役
・ 1997年秋の特別編 女は死んでいない(1997年) - 目黒勇 役
・ 1998年春の特別編 5分後の女(1998年)
・ 1998年秋の特別編 中学教師(1998年) - 宮本 役
・ 1999年秋の特別編 私は、女優(1999年)
・ 2001年SMAPの特別編 13番目の客(2001年) - 楢崎清一 役
・ 2002年春の特別編 夜汽車の男(2002年) - 男 役
・ 2003年春の特別編 影の国(2003年) - 男 役
・ 2003年秋の特別編 影が重なる時(2003年) - 鷲田源三 役
○ 金曜エンタテイメント(フジテレビ)

・ 松本清張スペシャル・Dの複合(1993年9月10日) - 海野竜夫 役
・ テロリストのパラソル(1996年11月) - 浅井次郎 役
・ 星に願いを〜七畳間で生まれた410万の星〜 (2005年8月26日) - 山崎信也 役
・ 白線流し・最終章 〜夢見る頃を過ぎても(2005年10月7日) - 小川天文台職員 役
・ スチュワーデス刑事10final(2006年1月13日) - テレビ局 JBCドラマプロデューサー 軽部孝也 役
・ 鬼平犯科帳スペシャル 兇賊 (2006年2月17日) - 網切の甚五郎 役
・ 松本清張スペシャル・蒼い描点(2006年9月8日) - 田倉義三 役
○ 金曜プレステージ(フジテレビ)

・ 奇跡の動物園2008〜旭山動物園物語〜(2008年5月16日) - 泉仙造 役
・ 宮部みゆきスペシャル 魔術はささやく(2011年9月9日) - 浅野大造 役
・ 悪党(2012年11月30日) - 佐伯順一郎 役
・ 命ある限り戦え、そして生き抜くんだ(2014年8月15日) - 黒崎哲夫 役
○ 火曜サスペンス劇場(日本テレビ)

・ 吉備路殺人事件(1989年、近代映画協会) - 神谷 役
・ 弁護士朝日岳之助1・真実の合奏(1989年、国際放映)
・ 下弦の月 -鬼熊事件-(1990年、近代映画協会) - 新聞記者 役
・ 不在証明(1991年、近代映画協会) - 刑事 役
・ 九門法律相談所7・自白(1997年) - 坂木 役
・ 月のかたち(1998年5月) - 谷刑事 役
・ 苦い夜(1999年6月) - 茂木剛 役
・ 禁じられた二人(2000年8月22日) - 木内成明 役
・ 震える手(2003年9月30日) - 田山誠一 役
○ 月曜ドラマスペシャル→月曜ミステリー劇場→月曜ゴールデン(TBS)

・ 湯けむり仲居純情日記7(1997年1月13日、スタープロジェクト) - 平沼 役
・ 森村誠一サスペンス「迷路」(1997年12月8日、ザ・ワークス) - 吉岡俊介 役
・ 十津川警部シリーズ16・寝台急行銀河殺人事件(1999年) - 井崎勉 役
・ ざこ検事 潮貞志の事件簿2(2004年) - 星野検事(次席)
・ 女タクシードライバーの事件日誌3(2005年2月28日) - 仁科武雄 役
・ ヤメ刑探偵 加賀美塔子(2011年6月6日) - 宗方巌 役
・ おふくろ先生の診療日記4(2012年3月12日、毎日放送) - 浜田克利 役
・ 山岳刑事 - 道原伝吉 役
 ・ 日本百名山殺人事件(2012年8月20日)
 ・ 魔の山 連続遭難殺人(2013年10月28日)
・ 遺品整理人 谷崎藍子3(2012年11月5日、毎日放送) - 片山忠雄 役
・ SP 八剱貴志(2015年8月31日) - 本郷毅 役
○ 土曜ワイド劇場(テレビ朝日・朝日放送)
※は朝日放送制作。
・ ハラハラ刑事〜危険な二人の犯罪捜査〜1(2004年※) - 大河原賢作 役
・ 逆転弁護(2006年、朝日放送) - 神田川大二郎 役
・ 刑事殺し〜完結編〜(2009年8月22日) - 原宗次 役
・ 広域警察(2010年5月8日) - 高村順一郎 役
・ スペシャリスト(2013年5月18日) - 高倉紀一郎 役
 ・ スペシャリスト2(2014年3月8日) - 高倉紀一郎 役
 ・ スペシャリスト3(2015年2月28日) - 高倉紀一郎 役
○ 土曜プライム(テレビ朝日・朝日放送)
※は朝日放送制作。
・ 終着駅シリーズ30「殺人の債権」(2016年6月25日) - 五十嵐俊文 役
・ 弁護士 倉沢由法の事件ファイル(2017年1月21日※) - 佐伯和志 役
○ 水曜ミステリー9(テレビ東京)

・ 松本清張特別企画・聞かなかった場所(2011年11月16日) - 高橋千代吉 役
・ 松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜(2012年12月12日) - 六条幹男 役
・ 罪火(2014年12月10日) - 折橋完 役
・ 負け組法律事務所〜沈黙する証人〜(2015年1月28日) - 松月真志 役
・ さすらい署長 風間昭平12(2015年11月11日) - 森信吾 役 <「水曜エンタ」枠>
○ ドラマ 1980年、1990年代

・ セーラー服反逆同盟 第19話「白い制服を着たミホ同盟加入」(1987年2月23日、日本テレビ) - 岩清水 役
・ 銭形平次(日本テレビ)
 ・ 第17話「あぶない親子」(1987年6月2日) - 砂蔵 役
 ・ 第30話「鬼心、女心」(1987年11月3日) - 月太郎 役
・ 銀河テレビ小説「まんが道」(1987年7月27日 - 8月14日、NHK) - 仁科記者 役
・ 魔法少女ちゅうかなぱいぱい(1989年1月15日 - 7月9日、フジテレビ) - パイカル 役
・ 月曜・女のサスペンス 傑作推理受賞作シリーズ「大いなる幻影」(1989年4月3日、テレビ東京)
・ 夏の嵐(1989年7月3日 - 10月6日、東海テレビ) - 中原 役
・ 美少女仮面ポワトリン(1990年、フジテレビ) - ダイジョーブ博士 役
・ 大河ドラマ(NHK)
 ・ 太平記(1991年) - 武将役
 ・ 秀吉(1996年) - 荒木村重 役
・ 幕府お耳役檜十三郎 第4話「生まれたままの悪女」(1991年4月28日、テレビ東京 / 松竹)
・ 俺たちルーキーコップ(1992年4月14日 - 7月14日、TBS / セントラル・アーツ) - 中浜署刑事 役
・ 豆腐屋直次郎の裏の顔 第3話「老人ホームを救え強盗大作戦」(1992年7月21日、朝日放送 / アズバーズ) - 尾崎耕一 役
・ スキャンダル(1993年6月29日 - 8月6日、フジテレビ系) - ブルセラショップ店主 役
・ ひとつ屋根の下(1993年4月12日 - 6月28日、フジテレビ系)
・ いつも心に太陽を(1994年1月7日 - 3月18日、TBS) - 刑事 役
・ 陽の当たる場所(1994年1月13日 - 3月24日、フジテレビ) - 刑事 役
・ 幕末高校生(1994年1月15日 - 2月12日、フジテレビ) - 近藤勇 役
・ 忍者戦隊カクレンジャー 第21話「サルマネ必殺技」(1994年7月8日、テレビ朝日) - 霞大五郎(妖怪サルガミ人間態) 役
・ いつかまた逢える 第8話(1995年8月21日、フジテレビ)
・ 照柿(1995年、NHK BS2) - 有澤三郎 役
・ Alice 6 (アリス・シックス) CHAPTER 6(1995年、テレビ静岡) - 大嶋武市(礼子の父) 役
・ 鬼平犯科帳 第7シリーズ 第2話「男のまごころ」(1996年、フジテレビ / 松竹) - 密偵・源助 役
・ 刑事追う(1996年4月8日 - 9月23日、テレビ東京系) - 捜査一課係長 役
・ 流れ板七人(1997年1月16日 - 3月20日、テレビ朝日) - 桜井京四郎 役
・はみだし刑事情熱系(1998年) - 日向義人警視正 役
・ 新選組血風録(1998年10月8日 - 12月30日、テレビ朝日) - 山崎烝 役
・ 水の中の八月(1998年、NHK) - 国村潤一郎 役
・ プリズンホテル(1999年4月17日 - 6月19日、テレビ朝日) - 黒田旭 役
・ ナニワ金融道 パート4(1999年4月30日、フジテレビ) - 金箔 為吉 役
・ 独身生活(1999年7月9日 - 9月17日、TBS) - 吉川史郎 役
・ TEAM(1999年10月13日 - 1999年12月22日、フジテレビ) - 神代一課長 役
○ ドラマ 2000年代

・ 2000年
 ・ 太陽は沈まない(4月 - 6月、フジテレビ) - 伊瀬谷慶蔵
 ・ Friends(7月 - 9月、TBS) - 小林省一 役
 ・ 真夏のメリークリスマス(10月 - 12月、TBS) - 大橋晃 役
 ・ 奇跡の大逆転「罪は罪を呼ぶ」(TBS)
 ・ 多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還(WOWOW) - 笹山徹 役
・ 2001年
 ・ カバチタレ(1月 - 3月、フジテレビ) - 知的な浮浪者 役
 ・ 女子アナ。(1月 - 3月、フジテレビ) - 平松裕介 役
 ・ ウソコイ(7月 - 9月、関西テレビ) - 森村ミチオ 役
 ・ 科捜研の女4(9月) - 大神都市開発社長・大神一輝 役
 ・ さよなら、小津先生(10月 - 12月、フジテレビ) - 島谷 役
 ・ 女と愛とミステリー「夏樹静子サスペンス Wの悲劇」(5月、テレビ東京) - 堤検事 役
 ・ 女と愛とミステリー「黄金の犬」(10月、テレビ東京) - 島明彦 役
 ・ トトの世界 〜最後の野生児〜(10月 - 11月、NHK) - 羽生田辰起 役
 ・ 忠臣蔵1/47(12月28日、フジテレビ) - 柳沢吉保 役
・ 2002年
 ・ ロング・ラブレター〜漂流教室〜(1月 - 3月、フジテレビ) - 三崎重雄 役
 ・ 眠れぬ夜を抱いて(4月 - 6月、テレビ朝日) - 熱田永輔 役
 ・ SABU 〜さぶ〜 (5月、名古屋テレビ) - 平蔵役
 ・ 電池が切れるまで(4月 - 6月、テレビ朝日) - 相馬収治 役
 ・ 人間の証明(7月 - 9月、フジテレビ) - 横渡篤 役
 ・ 火消し屋小町(7月 - 8月、NHK) - 南冬吉 役
 ・ なつのひかり。(日本テレビ) - 木田武司 役
 ・ 西部警察 SPECIAL(テレビ朝日) - 日下憲吾 役
 ・ 弟(テレビ朝日) - 小林正彦 役
・ 2005年
 ・ 離婚弁護士新春スペシャル(1月6日、フジテレビ系) - 黒木和也 役
 ・ 大化改新(1月、NHK) - 中臣国子 役
 ・ 大河ドラマ 義経(NHK) - 源行家 役
 ・ 不機嫌なジーン(1月 - 3月、フジテレビ系) - 早川徹 役
 ・ みんな昔は子供だった(1月 - 3月、関西テレビ) - 佐上欣也 役
 ・ 巷説百物語 狐者異(WOWOW) - 事触れの治平 役
 ・ がんばっていきまっしょい(7月 - 9月、関西テレビ) - 篠村幸雄 役
 ・ 大奥〜華の乱〜(10月 - 12月、フジテレビ) - 徳川光圀 役
 ・ 名探偵赤冨士鷹(12月、NHK) - 吉村幸造 役
・ 2006年
 ・ おかしなふたり(1月3日・4日、フジテレビ) - 笹山守雄 役
 ・ 神はサイコロを振らない(1月 - 3月、日本テレビ) - 加藤久彦 役
 ・ 愛と死をみつめて(3月、テレビ朝日) - 大島茂樹 役
 ・ ディロン〜運命の犬(5月 - 7月、NHK) - 里中耕平 役
 ・ スペシャルドラマ 恋愛小説「十八の夏」(7月、TBS)
 ・ マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(7月 - 9月、日本テレビ) - 黒井照之 役
 ・ 僕の歩く道(10月 - 12月、関西テレビ) - 久保良介 役
・ 2007年
 ・ 松本清張・最終章 わるいやつら(1月 - 3月、朝日放送・テレビ朝日) - 井上警部補 役
 ・ ハゲタカ(2月 - 3月、NHK BSハイビジョン および NHK総合) - 塚本邦彦 役
 ・ ホテリアー (4月 - 6月、テレビ朝日) - 北野幸治郎 役
 ・ 連続テレビ小説 どんど晴れ (4月 - 9月、NHK) - 浅倉啓吾 役
 ・ 翼の折れた天使たち 第2話「サクラ」 (フジテレビ) - 斉藤真治 役
 ・ 牛に願いを Love&Farm(7月 - 9月、関西テレビ) - 高清水弘志 役
 ・ 菊次郎とさき(7月 - 9月、テレビ朝日) - 万城目定吉 役
・ 2008年
 ・ 正月時代劇 雪之丞変化(1月3日、NHK) - 松浦屋清右衛門 役
 ・ 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(1月 - 3月、テレビ朝日) - 高林警視庁捜査一課長 役
 ・ 新・京都迷宮案内5 第10シリーズ 第4話(2月7日、テレビ朝日)
 ・ エジソンの母(1月 - 3月 TBS系) - 加賀見博 役
 ・ ホカベン(4月 - 6月、日本テレビ) - 森岡哲夫 役
 ・ ROOKIES(4月 - 7月、TBS) - 校長・藤村輝弘 役
 ・ ハチワンダイバー(5月 - 、フジテレビ) - 神野神太郎 役
 ・ ディロン〜運命の犬ふたたび(9月15日、NHK) - 里中耕平 役
 ・ ありがとう、オカン(10月7日、関西テレビ) - 長谷川照雄 役
 ・ 小児救命(10月 - 12月、テレビ朝日) - 青山冬悟 役
 ・ あの戦争は何だったのか 日米開戦と東條英機(12月24日、TBS) - 鈴木貞一 役
・ 2009年
 ・ トライアングル(1月 - 3月、関西テレビ)
 ・ 土曜プレミアム「誰も守れない」(1月24日、フジテレビ)
 ・ 必殺仕事人2009 第16話ゲスト(5月15日、テレビ朝日・朝日放送) - 悪徳医師・道玄 役
 ・ 土曜プレミアム 裁判員制度ドラマスペシャル「サマヨイザクラ」(5月30日、フジテレビ) - 裁判長・鷹尾二三生 役
 ・ ハンチョウ〜神南署安積班〜 第8話(6月1日、TBS) - 刑事・三国 役
 ・ テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」(6月20、21日、テレビ朝日) - 尾藤捜査一課長代理 役
 ・ 臨場 最終話(6月24日、テレビ朝日) - 大瀬健太郎 役
 ・ 任侠ヘルパー(7月 - 9月、フジテレビ) - 国崎康弘 役
 ・ となりの芝生(7月 - 9月、TBS) - 殿村洋平 役
 ・ 借王〈シャッキング〉-銭の達人-(10月10日 - 11月28日、WOWOW) - 磯村健一 役
 ・ FLOWER SHOP DIARY 第2話・第3話(11月、レコチョク・music.jp・dwango.jp、ユニバーサルJFilm) - 正行 役
 ・ 坂の上の雲(11月29日 - 2011年、NHK) - 陸奥宗光 役
○ ドラマ 2010年代

・ 2010年
 ・ 湯けむりスナイパーお正月SP(1月2日、テレビ東京) - 坂田 役
 ・ ヤマトナデシコ七変化(1月 - 3月、TBS) - 喫茶店マスター・真一 役
 ・ ドラマWパーフェクト・ブルー(2月7日、WOWOW)幸田俊朗 役
 ・ 連続テレビ小説 ゲゲゲの女房(3月29日 - 9月25日、NHK) - 飯田源兵衛 役
 ・ トラブルマン(5月21日、テレビ東京) - 殺し屋ジョー 役
 ・ ドラマSP・警視庁取調官 落としの金七事件簿(5月29日、テレビ朝日) - 寺西捜査一課長 役
 ・ 崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話(7月 - 9月、テレビ朝日・朝日放送) - 梅本編集長 役
 ・ ジョーカー 許されざる捜査官 (7月 - 9月、フジテレビ) - 三上国治 役
 ・ 新・ミナミの帝王(9月21日、フジテレビ・関西テレビ) - マスター 役
 ・ モリのアサガオ(10月 - 12月、テレビ東京) - 及川正道 役
 ・ TBS開局60周年記念ドラマ 「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」(11月7日、TBS) - 菊池医師 役
・ 2011年
 ・ YBSドラマスペシャル 事故専務(2月5日、山梨放送) - 主演 岡山順蔵 役
 ・ 元泥棒・助川六郎のご町内防犯パトロール(2月19日 フジテレビ) - 主演・助川六郎 役 ※2005年に制作され、「金曜エンタテイメント」枠で放送される予定だった作品。
 ・ 遺留捜査(4月 - 6月、テレビ朝日) - 加賀見享(警視庁捜査一課長) 役
 ・ 生まれる。(4月 - 6月、TBS) - 近藤卓巳 役
 ・ 家族法廷(6月22日、BS朝日) - 岩田あきらの夫 役
 ・ IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜(7月 - 9月、テレビ東京) - 伊吹宗一 役
 ・ NHKスペシャル 未解決事件 file.01「グリコ・森永事件」(7月29、30日、NHK) - 鈴木刑事部長(大阪府警本部) 役
 ・ 土曜プレミアム「最後の絆 沖縄・引き裂かれた兄弟 〜鉄血勤皇隊と日系アメリカ兵の真相〜」(8月13日、フジテレビ) - 東江盛長 役
 ・ 松本清張ドラマスペシャル 砂の器(9月10日・11日、テレビ朝日) - 黒崎捜査一係長 役
 ・ オリンパスドラマスペシャル「光る壁画」(10月1日、テレビ朝日) - 坂上貞三 役
 ・ 俺の空〜刑事編〜(10月 - 12月、テレビ朝日) - 安田清十郎 役
 ・ レッスンズ(11月27日、関西テレビ) - 水島亘 役
・ 2012年
 ・ ハングリー(1月 - 3月、関西テレビ) - 山手太朗 役
 ・ クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編(4月 - 6月、毎日放送・TBS) - 鶴見正 役
 ・ スペシャルドラマ「灰色の虹」(5月19日、テレビ朝日) - 石嶺亮三 役
 ・ 連続ドラマW マグマ(6月 - 7月、WOWOW) - 宇田川光彦 役
 ・ 京都地検の女 第8シリーズ(7月 - 9月、テレビ朝日) - 井森幸三郎 役
 ・ 遺留捜査(7月12日、テレビ朝日) - 加賀見享(定年退職) 役
 ・ 東野圭吾ミステリーズ 第3話「エンドレス・ナイト」(7月19日、フジテレビ) - 番場十三刑事 役
 ・ みをつくし料理帖(9月22日、テレビ朝日) - 種市 役
・ 2013年
 ・ GTO お正月スペシャル(1月2日、関西テレビ) - 堂本照昌 役
 ・ 火怨・北の英雄 アテルイ伝(1月 - 2月、NHK BSプレミアム) - 呰麻呂 役
 ・ テレビ朝日開局55周年記念「黒澤明ドラマスペシャル 野良犬」(1月19日、テレビ朝日) - 佐藤正賢 役
 ・ 開局55周年記念ドラマスペシャル「上意討ち 拝領妻始末」(2月9日、テレビ朝日) - 松平正容 役
 ・ So long 第1話(2月11日、日本テレビ) - 鈴木照男 役
 ・ ミエリーノ柏木 第9話・10話(3月8日・15日、テレビ朝日) - 大杉 役
 ・ 読売テレビ開局55周年記念ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」(3月25日 - 27日、読売テレビ) - 三好賢悟 役
 ・ WONDA×AKB48 ショートストーリー「フォーチュンクッキー」 (7月7日、フジテレビ) - 相川部長 役
 ・ 京都地検の女 第9シリーズ(7月 - 9月、テレビ朝日) - 井森幸三郎 役
 ・ 名もなき毒(8月 - 9月、TBS) - 北見一郎 役
 ・ 短編ドラマシリーズ「あなたに似た誰か」(8月、NHK BSプレミアム) - 第1話「カハタレバナ」、武藤崇 役 短編ドラマシリーズ「あなたに似た誰か」   NHKドラマ
 ・ 孤独のグルメ Season3 第8話(8月28日、テレビ東京) - 長沼 役
 ・ ドラマスペシャル「いねむり先生」(9月15日、テレビ朝日) - 寿司屋の大将 役
 ・ SPEC〜零〜(10月23日、TBS) - ディアブロ 役
 ・ テレビ朝日開局55周年記念番組「オリンピックの身代金」(11月30日・12月1日、テレビ朝日) - 田中正治 役
・ 2014年
 ・ 緊急取調室(1月 - 3月、テレビ朝日) - 中田善次郎 役
 ・ 夜のせんせい(2月 - 3月、TBS) - 仙波剛三 役
 ・ 牙狼-GARO- -魔戒ノ花-(4月 - 、テレビ東京) - 四道 役
 ・ 花咲舞が黙ってない 第1シリーズ(4月 16日 - 6月18日、日本テレビ) - 花咲幸三 役
 ・ フジテレビ開局55周年特別番組「松本清張ドラマスペシャル・死の発送」(5月30日、フジテレビ) - 立山寅平 役
 ・ おやじの背中 第3話(7月27日、TBS) - 南寛 役
 ・ ラスト・ドクター〜監察医アキタの検死報告〜 第6話(8月22日、テレビ東京) - 阿部幸四郎 役
 ・ 24時間テレビスペシャルドラマ「はなちゃんのみそ汁」(8月30日、日本テレビ) - 長谷川和臣 役
 ・ ぼんくら(10月 - 、NHK) - 政五郎 役
 ・ 金曜ロードSHOW特別ドラマ「Dr.ナースエイド」(11月7日、日本テレビ) - 倉木大将 役
 ・ ダークスーツ(11月 - 12月、NHK) - 井岡哲郎 役
・ 2015年
 ・ 銭の戦争(1月 - 3月、関西テレビ) - 紺野洋 役
 ・ ドラマスペシャル「最後の証人」(1月24日、テレビ朝日) - 島津邦明 役
 ・ 名古屋行き最終列車 第3弾 第3夜(2月4日、名古屋テレビ) - 今村武雄 役
 ・ 迷宮捜査 (5月、テレビ朝日) - 真壁繁樹 役
 ・ 婚活刑事(7月 - 9月、読売テレビ・日本テレビ) - 佐伯信二郎 役
 ・ 花咲舞が黙ってない 第2シリーズ(7月8日 - 9月16日、日本テレビ) - 花咲幸三 役
 ・ ドラマスペシャル 緊急取調室〜女ともだち〜(9月27日、テレビ朝日) - 中田善次郎 役
 ・ サイレーン 刑事×彼女×完全悪女(10月 - 12月、フジテレビ) - 猪熊文一 役
 ・ イマジカBS開局20周年記念ドラマ「いつも まぢかに」(10月1日、イマジカBS) - 須藤医師 役
・ 2016年
 ・ 警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜(1月 - 3月 、テレビ東京) - 亀山良夫 役
 ・ 名古屋行き最終列車 第4弾 第3夜(2月3日、名古屋テレビ) - 今村武雄 役
 ・ 日本のヴァイオリン王〜名古屋が生んだ世界のマエストロ 鈴木政吉物語〜(2月14日、東海テレビ) - 白井練一 役
 ・ 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「松本清張ドラマスペシャル・地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理」(3月12日、テレビ朝日) - 本間精次郎 役
 ・ BSジャパン開局15周年特別企画ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 「神田川」(3月12日、BSジャパン) - 根岸和雄 役
 ・ NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」(3月13日、NHK) - 吉田昌郎所長(福島第一原子力発電所)役 ※再現ドラマ
 ・ お迎えデス。(2016年4月 - 6月、日本テレビ) - 堤郁夫 役
 ・ スペシャルドラマ「老人ホーム「ハッピー・ロード」愉快な仲間たちの事件簿」(9月11日、テレビ東京) - 徳川正義 役
 ・ ドラマスペシャル 瀬戸内少年野球団(9月17日、テレビ朝日) - 中井銀造 役
 ・ 相棒 season15(10月12日 - 2017年3月22日、テレビ朝日) - 衣笠藤治 役
 ・ レンタル救世主(日本テレビ) - 社長の黒宇寛太 役
・ 2017年
 ・ バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜(1月 - 3月、テレビ東京) - 主演・大杉漣(本人) 役
 ・ 嘘の戦争(1月 - 3月、関西テレビ) - 三瓶守 役
 ・ 名古屋行き最終列車 第5弾 第1夜(2月7日、名古屋テレビ) - 今村武雄 役
 ・ 冬芽の人(4月5日、テレビ東京) - 奥畑圭介 役
 ・ ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(4月 - 5月、毎日放送) - 稲葉博太郎 役
 ・ 名駅1丁目1番1号 〜人と、幸せを、つなぐ場所。〜(年5月13日、中京テレビ) - 沢田賢次 役
 ・ 居酒屋ふじ 第2話(7月15日、テレビ東京) - 大杉漣(本人) 役
 ・ 警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 SECOND SEASON(7月 - 9月 、テレビ東京) - 亀山良夫 役
 ・ スペシャルドラマ「返還交渉人 ―いつか、沖縄を取り戻す―」」(8月12日、NHK BSプレミアム) - 植田啓三 役
 ・ 月曜名作劇場 「オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿」 - 青木宣之 役
 ・ FNS27時間テレビ にほんのれきし『僕の金ヶ崎』(9月10日、フジテレビ) - 主演・織田信長 役
 ・ 予兆 散歩する侵略者(9月19日 - 10月17日、WOWOW) - 西崎 役
 ・ 相棒 season16 第1 - 13話(10月18日 - 2018年1月24日、テレビ朝日) - 衣笠藤治 役
 ・ 今野敏サスペンス 確証〜警視庁捜査三課(11月6日、TBS) - 猪野勝也 役
 ・ オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 第4話(12月23日、東海テレビ) - 宇賀神 役
・ 2018年
 ・ 命売ります 第1話(1月13日、BSジャパン) - 李正道 役
 ・ バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜(2月7日 - 3月7日、テレビ東京) - 大杉漣(本人)役 ※連続ドラマ最後の作品(遺作)
 ・ 大杉漣さん追悼 メ〜テレドラマ 名古屋行き最終列車〜あるラーメン屋の主人の物語〜(3月12日、名古屋テレビ) - 今村武雄 役
 ・ 名古屋行き最終列車 第6弾 第9話放送(3月12日、名古屋テレビ) - 今村武雄 役
 ・ 雨の首ふり坂(7月21日、CS時代劇専門チャンネル) - 藪塚の半蔵 役
・ 2019年(死後)
 ・ BACK STREET GIRLS ゴクドルズ(2019年2月 - 3月、MBS・TBS) - 友情出演

◎ バラエティー 他

・ 厄災仔寵 死神たちの罠(1997年、オリジナルビデオ)
・ 小悪魔ドクショ 〜文学で恋をつかまえる方法〜(2010年1月7日、日本テレビ) - 与謝野鉄幹 役
・ 完全ガイド『リング』ワールドの歩き方(WOWOW) - 大杉教授 役(ナビゲーター)
・ 大杉漣の「漣☆写でGO」(フジテレビ、見参楽(みさんが)・毎週木曜日更新)
・ 大杉漣の漣ぽっ(2013年4月13日 - 2018年4月22日、BSフジ / 2018年1月3日(新春SP)、フジテレビ)
・ 100分de名著・ブッダ「最期のことば」(2015年4月度、Eテレ) - シッダルダ(ブッダ) 役 ※朗読解説
・ Eテレ・ジャッジ(2015年6 - 7月、Eテレ)
・ ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ - 「ゴチになります18・19」 レギュラー出演(2017年1月2日 - 2018年2月22日)
・ 古舘トーキングヒストリー 〜戦国最大のミステリー 本能寺の変、完全実況〜(2018年1月6日、テレビ朝日) - 明智光秀 役

◎ 吹き替え

・ ダメージ2(NHK BS2) - ダニエル・パーセル 役(ウィリアム・ハート)
・ わが心の友 愛犬デヴォン(NHK BSプレミアム) - ジョン・キャッツ 役(ジェフ・ブリッジス)

◎ ドキュメンタリー番組

◇ NHK :
・ 世界・わが心の旅 :
・ 村上龍<失われた10年>を問う :
・ 天空散華 いけばな作家中川幸夫の挑戦 :
・ てれび絵本「おじさんのかさ」 :
・ 課外授業ようこそ先輩 :
 ・ 「〜鷹から学ぶ生きる術〜」 :
 ・ 「勇気を持って 一歩踏み出せ〜元プロ野球選手〜 赤星憲広」 :
・ 新日曜美術館「生きてる総てが花である・生花作家・中川幸夫」 :
・ 小津安二郎生誕百年・小津百科 :
・ スポーツドキュメント スポーツ大陸 :
 ・ 「執念をゴールに叩(たた)きこめ〜ガンバ大阪・播戸竜二〜」 :
 ・ 「すべてはW杯のために〜本田圭佑〜」 :
・ 不屈の者たちへ(2009年8月、11月) :
 ・ 「奇跡のストッパー 人生のマウンドに立つ」 :
 ・ 「倒産社長 再起へのハンドル」 :
・ BSプレミアム 黄金の扉(2011年4月 - 、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター :
・ 旅のチカラ「60歳のフラメンコ 俳優・大杉漣 スペイン・セビリア」(2011年4月9日、BSプレミアム) - ナビゲーター :
・ アスリートの魂「勝利の合言葉を胸に 柏レイソル ネルシーニョ監督とイレブン」(2011年12月12日) :
・ NHK徳島開局80周年記念番組 阿波スペシャル「大杉漣×住友紀人 ただいま、とくしま」(2013年11月29日、NHK徳島放送局) :
◇ 日本テレビ系列 :
・ 私的道案内(中京テレビ) :
・ アナザースカイ(2018年3月2日) :
◇ WOWOW :
・ 海外スポーツドキュメンタリー特集(2015年7月4日) - ナビゲーター
 ・ 失踪の夏(1996年1月27日)
 ・ あなた(1998年8月8日)
 ・ 父への旅(2005年7月23日)
 ・ すばらしい日々(2014年10月4日)
・ SOUNDS OF STORY〜ASADA JIRO LIBRARY〜 「月のしずく」(2014年10月11日、J-WAVE)

◎ CM

◇ テレビCM :
・ 公共広告機構(現:ACジャパン)(2000年 - 2001年5月) 「アンディ・フグ」・ナレーション :
・ 全日本空輸(2001年1月 -) :
・ セガ「SOCCER」(2001年11月 -) :
・ ロッテ「トッポ」(2002年2月 -) :
・ ネスレ「Nテイストコード」(2002年2月 -) :
・ 野村證券 イメージ広告(2002年8月 -) :
・ 日清食品「GooTa」(2002年12月 -) :
・ 黄桜「辛口一献」(2004年3月 -) :
・ 日産自動車 「MURANO」(2004年8月 -) :
・ ユニクロ「ジーンズ」(2005年2月 -) :
・ みずほ銀行 イメージ広告(2005年11月 -) :
・ ポニーキャニオン「aiko」(2006年8月 -) :
・ HOYA「HOYALUX」(2007年6月 -) :
・ サントリー「BOSS」(2008年8月 -) :
・ 江崎グリコ「メンズポッキー」(2009年12月 -) :
・ ドクターシーラボ「スーパーモイストゲル」(2010年10月 -) :
・ ミツカン「追いがつおつゆ」(2011年4月 -) :
・ 富士重工業(2011年10月 -) :
・ NTTドコモ(2011年12月 -) :
・ トヨタレンタカー(2012年4月 -) :
・ アサヒ飲料「WONDA」(2013年2月 -) :
・ totoBIG 「6億円BIGマンシリーズ」(2013年9月 -) :
・ トヨタ自動車(2013年10月 -) :
・ 大塚製薬 :
 ・ 「経口補水液OS-1」(2014年5月 -) :
 ・ 「オロナミンC」(2015年12月 -)「ハツラツタワーのある街」シリーズ」・小林清治 役 :
・ イトーヨーカドー「Graceful Days」(2014年11月 -) :
・ ソニー・インタラクティブエンタテインメント「PlayStation 4」(2016年12月 -) :
・ 大東建託企業CM(2017年3月 - 2018年2月) :
・ ワークスモバイルジャパン「LINE WORKS」(2017年4月 -) :
・ スクウェア・エニックス「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(2017年5月 -) :
・ スズキ「スペーシア」(2017年12月 -)「家族のワクワク」・じいじ 役 :
・ 加賀麩不室屋「宝の麩」 ナレーション
・ Not yet「世界の風を僕らは受けて」(2014年)
・ SILENT SIREN「AKANE」(2017年)

● 連載

・ 月刊誌『音楽と人』「ハモニカの味」(2001年6月号 - 2001年11月号)
・ 月刊誌『音楽と人』「ゴンタクレが行く」(2002年4月号 - 2010年)

● 著作

・ 現場者(げんばもん)300の顔をもつ男(2001年10月 マガジンハウス / 2018年9月 文春文庫) - 初の書き下ろし自伝エッセイ。没後に発売された文庫版には、大杉の死後に発見された“未発表ノート”をもとに書いた妻の特別寄稿も収録されている。
・ ゴンタクレが行く(2003年10月 シンコーミュージック) - 雑誌『音楽と人』に連載中(発売当時)のエッセイ「ゴンタクレが行く」をまとめたもの。

「大杉漣」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月21日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな俳優は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな俳優は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな俳優は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな俳優は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな俳優は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

俳優の無作為ピックアップ

好きな俳優は どっち?

投票すると俳優ランキングが閲覧できます!


VS

好きな俳優を お選びください。

現在 427回の投票があります!

嫌いな俳優は どっち?

投票すると俳優ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな俳優を お選びください。

現在 381回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター