好きな俳優
ランキング219位
獲得票なし
嫌いな俳優
ランキング109位
獲得票なし
遠藤一彦


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

遠藤 一彦(えんどう かずひこ、1955年4月19日 -)は、福島県西白河郡西郷村出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、解説者、野球評論家。現役時代は横浜大洋ホエールズのエースとして活躍した。元プロ野球選手の遠藤政隆とは従弟にあたる。マネジメント会社は株式会社レガシージャパン。

● 経歴


◎ プロ入り前
学法石川高校では、2年生時に中堅手、控え投手として夏の甲子園予選東北大会決勝に進出。東北高と対戦し6回からリリーフに立つが3-6で敗退。翌にはエース、四番打者として県予選決勝に進むが双葉高に1-2で惜敗、甲子園には届かなかった。 卒業後は東海大学工学部に進学。原辰徳は野球部の後輩にあたり、在学中は共にプレーしている。首都大学野球リーグでは5回優勝。の全日本大学野球選手権大会では、吉田恭之投手(松下電器)との二本柱で勝ち進み、決勝では後に大洋でチームメイトになる斉藤明雄投手を擁する大商大を2-1で降し優勝を飾った。翌の全日本大学野球選手権大会では、決勝で駒沢大に延長10回の熱戦の末に敗れ、準優勝に終わる。リーグ通算47試合登板、28勝5敗、防御率1.11、200奪三振。最高殊勲選手1回、最優秀投手2回、ベストナイン1回受賞。大学同期に石井昭男外野手、林良孝投手(本田技研鈴鹿)がいる。1977年のドラフト会議で横浜大洋ホエールズから3位指名を受け入団。なお大学時代は機械工学を学んでおり、エンジニアになるのが夢だったという。そのためドラフト指名された当初は社会人野球に内定していたこともあり固くプロ入りを拒否していた。しかし地元福島へ帰る電車の中でスカウトが粘り強く説得した結果、入団にこぎつけた。

◎ プロ入り後
シーズン終盤に一軍に昇格しプロ初勝利を挙げるが、監督の別当薫の育成方針によりほとんど二軍生活だった。別当からは春先に下手投げへの変更命令が出ていたが、二軍投手コーチだった堀本律雄から上で投げるようにと進言されでベストナイン、最多勝、最多奪三振、最多完投、沢村賞を獲得。 も17勝17敗、208奪三振の成績で2年連続の最多勝、最多奪三振を記録するものの打線の援護に恵まれず敗戦もリーグワーストを記録した。勝率がジャスト5割での最多勝獲得はセ・リーグではこの年の遠藤のみである。17勝目を挙げた10月13日の対ヤクルト戦では9回2アウトまで抑えた所でこの年限りでの現役引退を表明していた平松政次にマウンドを譲り、右翼手の守備に就いた。 にも最多奪三振を記録。 10月3日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(後楽園球場)の5回表に三塁への走塁中に右足アキレス腱を断裂。 に手術・リハビリを経て一軍復帰するが、急に開幕に間に合わせたことが災いして投球バランスを崩してスタミナも不足し、5勝12敗で防御率4.76と復調せず、連続二桁勝利が途切れた。 に10年ぶりにクローザーへ転向し、6勝6敗21Sの成績を挙げ、カムバック賞を受賞した。 シーズン終盤に球団に呼ばれ来年契約はしないと戦力外を告げられ、この年限りで現役を引退。引退試合となった10月7日の巨人戦(横浜スタジアム)は「横浜大洋ホエールズ」として最後の試合でもあり、消化試合ではあったが最後の勇姿を見ようと詰め掛けたファンで横浜スタジアムは満員となった。2回を無失点、140km/hを超えるストレートとフォークで有終の美を飾った。引退セレモニーではチームのほとんどの選手が涙で引退を惜しみ、ホエールズを長きにわたり一緒に支え続けた斉藤明夫(明雄より改名)とは、共に号泣して抱き合った。

◎ 引退後
引退後はTBSテレビ・ラジオ野球解説者(-)を経て、古巣・横浜で二軍投手コーチ(-)→一軍投手コーチ(-)を務めた。2003年はチーム防御率4.80(リーグ最下位)、2桁勝利0人と投手陣の成績が低迷していた。横浜退団後のからはTBSラジオ(まで)・TBSニュースバード・テレビ神奈川の野球解説者、からは東京スポーツの野球評論家を務めている。 6月1日付で神奈川県鎌倉市観光協会専務理事に就任し6年間務めた。2014年1月20日、学生野球資格を回復。現在は野球解説者をやりながら一般企業の営業職に非常勤で勤務し、横浜スタジアム室内練習場で開催しているジャパンアスレチックアカデミー「JAA」で小中学生への野球指導を行っている。

● 選手としての特徴
オーバースロー。ただし、プロ入り後は140km/h台後半の球速を幾度も記録している。持ち球も入団直後はカーブしかなかったが、入団2年目に最大の武器となるフォークを習得したと断言している。 投手の職業病として野球人の中ではよく知られる股関節の負担は大きかったようであり、引退後に加齢によって股関節の調子が悪化している。2018年9月の記事によると、遠藤は川口和久に「俺、もう動かないんだよ。いいケアがあったら教えてくれ」と弱音を吐いていたという。

● 詳細情報


◎ 年度別投手成績

      大洋  11  2  1  0  1  1  0  0 
-  1.000  96  23.2  20  2  6  1  1  18  0  0  13  12  4.50  1.10
    47  24  8  1  0  12  12  8 
-  .500  840  203.1  198  29  54  3  1  165  2  0  89  86  3.81  1.24
    54  2  0  0  0  5  5  16 
-  .500  435  105.0  92  15  31  8  0  108  0  1  41  37  3.17  1.17
    35  17  5  0  1  8  11  2 
-  .421  586  135.1  144  15  51  5  2  96  3  0  62  59  3.93  1.44
    38  34  12  4  1  14  17  1 
-  .452  1018  243.2  229  27  71  7  2  177  3  0  98  83  3.06  1.23
    36  28  16  3  1  18  9  3 
-  .667  959  238.1  219  31  42  7  5  186  2  2  81  76  2.87  1.10
    38  37  18  2  3  17  17  0 
-  .500  1138  276.2  255  39  60  3  2  208  1  1  132  113  3.68  1.14
    28  28  16  2  3  14  7  0 
-  .667  869  214.1  188  25  51  1  1  154  2  0  82  75  3.15  1.12
    31  31  16  1  7  13  13  0 
-  .500  967  233.0  242  29  31  4  1  185  4  0  92  78  3.01  1.17
    23  23  15  1  6  14  7  0 
-  .667  729  181.1  172  21  25  5  2  107  0  0  62  58  2.88  1.09
    23  21  1  0  0  5  12  0 
-  .294  465  109.2  123  17  22  1  1  67  0  0  63  58  4.76  1.32
    19  16  1  0  0  2  8  0 
-  .200  384  89.0  113  22  14  1  2  69  2  0  61  61  6.17  1.43
    45  0  0  0  0  6  6  21 
-  .500  281  70.2  51  7  18  7  1  55  0  0  21  17  2.17  0.98
    19  0  0  0  0  2  2  7 
-  .500  108  25.0  26  5  9  3  0  18  2  0  16  16  5.76  1.40
    13  13  0  0  0  3  2  0 
-  .600  253  59.1  65  7  13  0  0  41  1  0  28  27  4.10  1.31
 通算:15年  460  276  109  14  23  134  128  58 
-  .511  9128  2208.1  2137  291  498  56  21  1654  22  4  941  856  3.49  1.19

・ 各年度の太字はリーグ最高

◎ タイトル

・ 最多勝利:2回 (1983年、1984年)※2年連続はセ・リーグ最長タイ記録(他は金田正一、権藤博、村山実、平松政次、江川卓、斎藤雅樹、山本昌、セス・グライシンガー、内海哲也、菅野智之、青柳晃洋)
・ 最多奪三振(当時連盟表彰なし):3回 (1983年、1984年、1986年) ※セントラル・リーグでは、1991年より表彰

◎ 表彰

・ 沢村栄治賞:1回 (1983年)
・ ベストナイン:1回 (1983年)
・ 最優秀投手:1回 (1983年)
・ 月間MVP:2回 (1983年9月、1985年6月)
・ カムバック賞:1回 (1990年)

◎ 記録

◇ 初記録
・ 初登板:1978年8月15日、対中日ドラゴンズ18回戦(横浜スタジアム)、5回表2死に4番手で救援登板、1回1/3を無失点
・ 初奪三振:同上、5回表に高木守道から
・ 初先発:1978年8月21日、対ヤクルトスワローズ22回戦(明治神宮野球場)、2回1/3を4失点
・ 初勝利・初完投勝利:1978年9月10日、対中日ドラゴンズ25回戦(横浜スタジアム)、9回2失点
・ 初セーブ:1979年5月16日、対読売ジャイアンツ7回戦(石川県立野球場)、8回裏無死に2番手で救援登板・完了、1回無失点
・ 初完封勝利:1979年6月2日、対広島東洋カープ7回戦(札幌市円山球場)
◇ 節目の記録
・ 1000投球回数:1984年5月6日、対中日ドラゴンズ6回戦(横浜スタジアム)、7回表3死目に達成
・ 1000奪三振:1985年5月16日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に真弓明信から ※史上70人目
・ 1500投球回数:1986年5月22日、対読売ジャイアンツ9回戦(横浜スタジアム)、6回表2死目に達成
・ 100勝:1986年8月30日、対ヤクルトスワローズ19回戦(鳥屋野運動公園野球場)、9回1失点完投勝利(自責点0) ※史上93人目
・ 1500奪三振:1989年8月20日、対中日ドラゴンズ21回戦(草薙球場)、1回表に川又米利から ※史上30人目
・ 2000投球回数:同上、1回表3死目に達成
◇ その他の記録
・ オールスターゲーム出場:5回 (1979年、1984年 - 1986年、1990年)

◎ 背番号

・ 38 (1978年)
・ 24 (1979年 - 1992年)
・ 83 (1997年 - 2003年)

● 関連情報


◎ 著書

・ 『江川は小次郎、俺が武蔵だ』(ロングセラーズ:1986年3月)

◎ 歌

・ 『ビクトリー』(1984年4月1日発売、メインボーカルは細川たかし) 原辰徳・岡田彰布・高橋慶彦・宇野勝・荒木大輔と共にコーラス参加。

◎ ドラマ出演

・ 『半熟卵』(1994年・フジテレビ系) - 大場昌彦役
・ 『愛とは決して後悔しないこと』(1996年・TBS系) - 桶川文人役

◎ CM出演

・ メガネスーパー
・ 横浜ランドマークタワー
・ サントリーウーロン茶(「焼肉甲子園」解説者役(声のみの出演))

「遠藤一彦」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月18日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな俳優は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな俳優は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな俳優は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな俳優は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな俳優は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな俳優を お選びください。

嫌いな俳優は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな俳優を お選びください。

俳優の無作為ピックアップ

好きな俳優は どっち?

投票すると俳優ランキングが閲覧できます!


VS

好きな俳優を お選びください。

現在 427回の投票があります!

嫌いな俳優は どっち?

投票すると俳優ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな俳優を お選びください。

現在 381回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター