好きな恐竜
ランキング10位
5票獲得
嫌いな恐竜
ランキング2位
10票獲得
アレクトロサウルス


  • 33%


  • 67%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

アレクトロサウルス (学名:) は、中生代白亜紀後期の間である約8300万 - 7400万年前に現在の内モンゴル自治区にあたる地域に生息していた、ティラノサウルス上科に分類される獣脚類の恐竜の属。中型の体躯の二足歩行の動物食性動物で、体型は本属よりも遥かに大型のティラノサウルスに類似する。全長は5メートルと推定されている。

● 発見と命名
1923年にウォルター・ウィリス・グレンジャーをチーフとしてアメリカ自然史博物館による第3次アジア調査が行われ、モンゴル国で恐竜化石の発掘が行われた。4月25日に助手古生物学者ジョージ・オルセンがほぼ完全な右の後肢であるホロタイプ標本 AMNH 6554 を発見した。これには大腿骨の遠位端と腓骨および脛骨・距骨・踵骨・3本の中足骨を含む足の骨・前肢の鉤爪・手及び手首・ピュービックブーツとして知られる恥骨の遠位端が含まれる。5月4日には、オルセンが別の標本 AMNH 6368 を最初の標本から30メートル離れた地点で発見した。この標本には右の上腕骨・前肢の完全な2本の指骨・断片的な尾椎およびその他保存状態の悪い骨格要素が含まれる。これらの標本は現在の中華人民共和国の内モンゴル自治区 Iren Dabasu 層で発見された。この層の時代は明確ではないが、約8300万 - 7200万年前である後期白亜紀カンパニアンにあたるとされている。 属名は「一人ぼっちのトカゲ」を意味し、ギリシャ語の alektros と sauros に由来する。種小名のオルセニは初めて標本を発見したジョージ・オルセンへの献名である。属名と種小名はいずれも1933年にチャールズ・ギルモアによって記載・命名された。

◎ 割り当てられた標本
同程度の長さの後肢と頭骨と肩の骨を含む他の骨格もアレクトロサウルスに割り当てられている。この標本は外蒙古のバインシレ層で発見され、この層も時代は特定されていない。バインシレ層はカンパニアン階に含まれる可能性があるが、後の研究によりセノマニアン期からサントニアン期に堆積したことが示唆されている。Iren Dabasu 層とバインシレ層の恐竜相は類似しており、Iren Dabasu 層はカンパニアン - マーストリヒチアンにあたりネメグト層と関連があるため、アレクトロサウルスがネメグト層で発見されても驚くことではないと van Itterbeecka らは主張している。さらに、アレクトサウルスの可能性がある部分的な骨格が内外モンゴルのいずれからも複数発見されている。

● 記載
アレクトロサウルスは中型の体躯の肉食恐竜である。アレクトロサウルスは脛骨と大腿骨の長さが近く、これは脛骨が長いティラノサウルス上科の多数派と対照的である。後ろ足および足首の長さも脛骨の長さに近く、これは足の方が長い大半のティラノサウルス上科と特徴を異とする。

● 分類
1933年にチャールズ・ギルモアは研究に利用できる標本を検査し、両標本に由来する鉤爪が類似しているという観察に基づいて、AMNH 6554 と AMNH 6368 を同一の属のシンタイプと結論付けた。彼はゴルゴサウルスの後肢の標本 AMNH 5664 との共通性に着目し、新属を現在ティラノサウルス科と同義と考えられているデイノドントとして分類した。標本が断片的であるため、他のティラノサウルス上科の恐竜との関係は確定しておらず、多くの系統解析でアレクトロサウルスは省略されている。ある研究では、最大節約法においてティラノサウルス上科のクラドグラムで8等に位置付けられている。 アレクトロサウルスは元々前肢の長い獣脚類として特徴づけられていたが、1989年にマダーとブラッドレイは前肢 AMNH 6368 がアレクトロサウルスの個体でなくセグノサウルス科に属するとした。残る標本 AMNH 6554 は本当のティラノサウルス上科の後肢であるとされ、アレクトロサウルス・オルセニのレクトタイプ標本に指定された。また、マダーとブラッドレイは尾椎 AMNH 21784 をアレクトロサウルスへ割り当てた。彼らは後肢のプロポーションに基づいてアレクトロサウルスがマレエヴォサウルスに近縁であるとした。 アレクトロサウルスをアルバートサウルス属の種とする古生物学者もいる。 バヤンシレ層の化石は本当にアレクトロサウルスであるか不明で、さらなる研究が求められている。ある系統解析によると、2つの標本は他の分類群を排してグループ化していることが示唆されたため、同種ではないとしても少なくともかなり近縁な位置にある。 以下はアレクトロサウルスの系統的位置を示すクラドグラムであり、Loewen らの2013年の研究に基づく。 {{clade  style=font-size:90%
◇ line-height:80%  label1=ティラノサウルス上科  1={{clade  label1=プロケラトサウルス科  1=  2={{clade  1=ディロング  2={{clade  1=エオティラヌス  2={{clade  1=バガラアタン  2={{clade  1=ラプトレックス  2={{clade  1=ドリプトサウルス  2={{clade  1=  2= }} }} }} }} }} }} }} }}

◎ 解剖学的特徴
カールの2005年の研究によると、アレクトロサウルスは以下の特徴に基づいて識別が可能である。
・ 大腿骨の中央関節丘の尾側背側表面から棘状の構造が伸びる
・ 大腿骨の後方表面に楕円形の傷が存在し、正中線に対し横方向である
・ 距骨に対する脛骨の関節面の中央の縁が直線である
・ 浅い筋肉孔が腓骨中央の窪みから後方へ伸びている
・ 脛骨に対する腓骨の関節面の前方の縁の長さに急な拡大が存在する
・ 距骨の腹側側方の控え壁に隣接した腱の窪みが控え壁の中央表面をアンダーカットする
・ 第1中足骨の側方突縁の根本が三角形をなす
・ 第1中足骨が前後方向に狭い
・ 第1中足骨の遠位関節面の頂点が骨の中心線上に位置する
・ 第1中足骨の側面に相並んだ靭帯の窪みが隣接する遠位関節面に向かって前方腹側へ拡張しない
・ 距骨 I-1 の側方関節丘が距骨の背側の面の上に拡張する
・ 距骨 I-1 の腹側関節丘が腹側側方へ拡張する
・ 距骨 I-1 の中央靭帯の窪みが小さく円形である
・ 第2中足骨の背側側方関節丘が茎状構造を持つ
・ 第2中足骨の中央腹側関節丘の中央の縁が軸表面の下へ伸びる
・ 第2中足骨の後方側方の縁から突起が遠位関節表面の上へ伸びる
・ 距骨 II-2 の後方表面の背側の縁が突出する
・ 背側から見たとき、距骨 II-2 の側方背側関節丘が相並ぶ靭帯の窪みの半分の長さに達する
・ 深く狭い窪みにより距骨 II-2 の遠位関節丘が分断される
・ 距骨 II-2 の屈筋の溝の中央が凸状である
・ 足の鉤爪の第2 – 第4の屈筋小結節が肥大し、近位関節面の水準まで達する
・ 足の第2指から第4指の近位関節面が中心線に低い垂直な隆起を持つ
・ 第3中足骨の背側側方関節丘と腹側側方関節丘が茎状の構造を持つ
・ 前方から見たとき、第3中足骨の遠位関節丘の遠位縁が水平に方向づく
・ 第3中足骨の遠位関節面の中央の隆起が軸の縁を超えて伸びる
・ 第3中足骨に関節丘の上の浅い孔が存在する
・ 第3中足骨の遠位関節面が軸の上に向かって突出する
・ 第3中足骨の軸が長い
・ 足の第3指が短い
・ 遠位側から見たとき、趾骨 III-1 の側方関節丘が中央関節丘よりも非常に深い
・ 趾骨 III-1 の遠位関節面が深く凹状をなす
・ 腹側から見たとき、趾骨 III-1 の遠位関節丘の後縁が凹状をなす
・ 遠位側から見たとき、趾骨 III-2 の遠位関節丘が狭く深い
・ 腹側から見たとき、趾骨 III-2の屈筋の溝を限る側方の隆起が卓越する
・ 趾骨 III-3 の靭帯の窪みの上に凹凸が存在しない
・ 背側から見たとき、趾骨 III-3 の軸の広い後方の領域が軸の後方に制限される
・ 中央から見たとき、趾骨 III-3 において、相並んだ靭帯の窪みに対し後方背側の傷が低い
・ 背側から見たとき、足の第3指の鉤爪の背側の縁が中心線に沿わない
・ 中央腹側関節丘を除き、第3中足骨の遠位関節面に茎状の構造が存在する
・ 第4中足骨の側方遠位関節丘が中足骨の腹側表面上に突出する
・ 第4中足骨の関節丘を分断する切れ目が関節面の遠位端へ伸びる
・ 側方から見たとき、趾骨 IV-1 の側方遠位関節丘の遠位縁が平坦化する
・ 前方から見たとき、趾骨 IV-2 が狭い
・ 背側から見たとき、趾骨 II-2 の側方関節丘が腹側側方へ拡張する
・ 背側から見たとき、趾骨 IV-3 の側方遠位関節丘の関節面が後方に拡張する
・ 趾骨 IV-4 の遠位関節丘を狭い切れ目が分断する
・ 趾骨 IV-4 の中央に相並んだ靭帯の窪みが趾骨の背側縁の近くに存在する
・ 趾骨 IV-4 の腹側表面の遠位に縦の溝が走る
・ 第4中足骨に対する第3中足骨の関節面の背側半分が前方に拡張している

● 古生物学
Bruce Rothschild らが行った2001年の研究では、アレクトロサウルスに割り当てられた23個の足の骨で疲労骨折の痕跡が探されたが、全く発見されなかった。

「アレクトロサウルス」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年8月18日3時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな恐竜は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな恐竜を お選びください。

嫌いな恐竜は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな恐竜を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな恐竜は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな恐竜を お選びください。

嫌いな恐竜は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな恐竜を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな恐竜は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな恐竜を お選びください。

嫌いな恐竜は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな恐竜を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな恐竜は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな恐竜を お選びください。

嫌いな恐竜は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな恐竜を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな恐竜は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな恐竜を お選びください。

嫌いな恐竜は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな恐竜を お選びください。

恐竜の無作為ピックアップ

好きな恐竜は どっち?

投票すると恐竜ランキングが閲覧できます!


VS

好きな恐竜を お選びください。

現在 196回の投票があります!

嫌いな恐竜は どっち?

投票すると恐竜ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな恐竜を お選びください。

現在 74回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター