好きな猫
ランキング8位
獲得票なし
嫌いな猫
ランキング2位
獲得票なし
チャウシー


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

チャウダー(Chowder)は、アメリカ合衆国のテレビアニメ。アメリカ合衆国では現地のカートゥーン ネットワークで2007年11月2日から、日本では2010年1月24日から放送開始。 プライムタイム・エミー賞にノミネートされたこのアニメは、『スポンジボブ』や『ビリー&マンディ』に参加した脚本家CH・グリーンブラットがこの番組を制作している。この作品はセル・ストップモーション・あやつり人形の組み合わせとなっている。シュニッツェルは1990年代後半から行ってきた、こうしたキャラクターデザインの練習から生まれたものである。 グリーンブラットがカートゥーン ネットワークにアイデアを持ってきて採用されるのに2年かかり、パイロット版制作から放送までにまた1年かかっている。アメリカ合衆国のiTunes store や米カートゥーン ネットワークのVODサイトでは、エピソードの購入ができる。この番組で使用されているユニークな技法のひとつに、キャラクターの服や皮膚の模様に関するものがある。これらの模様は、フルスクリーンの画像として作られ、プロダクション・ハウスに送られた後、キャラクターの模様を上からかぶせるための修正が行われる。この技法を用いることにより、キャラクターが動いてもその模様が動かず固定された背景のように見える。この技法は『さよなら絶望先生』や『巌窟王』といった日本のアニメでも用いられている。 と記述した。 後にグリーンブラットは他の多くのスタッフとともにディズニーと契約を結び、彼自身も『スイチュー フレンズ』のある回で監督を務めることとなった。 なお、『チャウダー』自体は2012年4月20日からCartoon Planetという再放送枠で放送されている。

● 設定
チャウダーの舞台となる架空の都市マジパンシティの建物はモロッコとインドの建築様式が元になっている、劇中で登場する食べ物は"grubble gum", "thrice cream"、 "blutter"といったようにもじられている。 第四の壁がよく破られるのもこの番組のユーモアの一つである。たとえば、『ガスパチョのお笑いライブデビュー』(原題:"Gazpacho Stands Up")という回においてチャウダーが字を習う場面があり、画面上にいろいろ書きだす。それをガスパッチョは消すが、画面右上に出ているカートゥーンネットワークのロゴだけを残す。チャウダーがたずねると、ガスパッチョは消そうとしたができなかったことを伝える。

● 評価
本放送後、新聞やインターネット上のアニメ評価サイトでは、この番組について様々な感想が飛び交った。好意的な感想を寄せられた一方、「番組のユーモアがその場しのぎで下品である」「ネタを使いまわしている」といった意見も2つあった。 ハリウッド・レポーターのバリー・ギャリソンはエキゾチックなビジュアル、ユニークな設定、キャラクターの面白さで、子供も大人も楽しめると評した。
◇ チャウダー(Chowder) : 声:ニッキー・ジョーンズ/武田華 : 本作の主人公。料理人ムーング・ダールの弟子。クマとウサギを合わせたような生き物。料理の腕は超一流で、自分がとてもモテると思いこんでいる。チャウダーに翻弄されているが、実際は彼の事を可愛がっており、恋愛についてアドバイスもしている。ミス・エンダイブとは犬猿の仲で、顔を合わせる度にしかめっ面で「エンダーイブ…!」と呟くのがお決まりとなっている。はっきりとした年齢は不明だが、 386年間シェフをやってきたという発言をしている場面もある。 また、マジパンシティのフードフェスティバルには411回参加しているらしく、トリュフと結婚して450年経っている。トリュフを心から愛しているが、一方で女好きのような一面も見られ、ナンパをしてはトリュフに制裁を受けている。20年後の未来では、料理人を引退し、トリュフとフロリダへ旅立った。 : 名前のネタ元はインド料理であるリョクトウ(ムーング)のダールで、話し言葉もインドなまりになるはずだったが、他の登場人物達はシュニッツェルの言葉をしっかりと理解出来ている(トリュフ以外)。またエピソードによっては、普通に話した事もある。 : ムーングの雑用やチャウダーの起こしたトラブルの後始末を担う。また、怪力を誇る為、荷物運びを任されることもある。 : 興奮しやすい人物に突っ込みを入れる役回り(straight man)になることが多いが、本人も怒りやすい性格である。チャウダーの悪ふざけに腹を立てることが多いが、チャウダーに弱く、永遠に消えたと思いこんだ時は泣いたこともあった。もう大人であると思われるが、クニシュマスの時期には子供の様に人一倍はしゃいでいる。20年後の未来では、ミス・エンダイブと結婚している。 : シュニッツェルの初登場回である『チャウダーのシェフ修行』(原題:"The Froggy Apple Crumple Thumpkin")では、ケビン・マイケル・リチャードソンが声を当てたが、リチャードソンは多忙でこの番組を降板したため、ジョン・ディマジオが代役を務めた。
◇ ガスパチョ(Gazpacho) : 声:ダナ・スナイダー/最上嗣生 : マンモスのような姿をした果物売り。独身で、ことあるごとに母親のことを話題に出すマザコンである。 : チャウダーとは仲が良く、色々な相談に乗っているが、大抵は滅茶苦茶な解決策で事態を余計にややこしくしてしまうトラブルメーカーである。 : ガスパチョの店は商店街ではかなり上の立場にある様で、彼の一声であらゆる店を出入り禁止にする事が出来る。 : またガスパチョの母親については一度姿が映った事もあるが、エピソードによってはガスパチョが母親の姿をして自分と母親を演じるという、ガスパチョの多重人格を示唆する様な場面もある。 : 20年後の未来では、自らの夢を実現させた。
◇ パニーニ(Panini) : 声:リリアナ・マミー/新井里美 : ミス・エンダイブの弟子であるウサギとネコの少女。かなり積極的な性格。チャウダーに一目惚れして以来、一方的なアプローチを仕掛けているが、彼に迷惑がられている。料理の腕はチャウダーより上な様で、エンダイブから許可を得て露店を開いた事もある。耳がかなり柔軟に動き、物を掴んで投げたり、プロペラの様に回して飛行する事も可能。本気で怒ると黒猫の様な姿になる事もある。20年後は、アンブロシアという弟子を取りマフィンの店を開く。チャウダーが大人にならなかった為精神を病み、アンブロシアを赤ちゃん扱いしていたが、遂に大人になったチャウダーと結婚。50人もの子供をもうけた。
◇ ミス・エンダイブ(Ms. Endive) : 声:ミンディ・スターリング/よのひかり : パニーニの上司。ムーングとは犬猿の仲。『やめないで シュニッツェル』でムーングたちにこき使われて腹を立てたシュニッツェルが自分の店で働いて以来、シュニッツェルを気に入っているようである。20年後の未来では、シュニッツェルと結婚している。 : 製作者たちは、ウンパ・ルンパカラーのマーサ・スチュワートとして描いている。また、グリーンブラットは 彼女の名前のキャラクター造形は、エンダイブが独特の苦みを持つのにベルジアン・エンダイブ(Belgian endive)は高級品とされていることから、無情だが上品な人物にしたと話している。 第2シーズンは20話分作ってあり、2008年11月6日にアメリカ合衆国で放送されたシーズンスタート"Panini for President/Chowder's Babysitter"(邦題: 『パニーニの選挙戦/ベビーシッター大騒動』)は、番組史上初の長編エピソードとなっている。第3シーズンは2009年10月15日からアメリカ合衆国で放送がスタートされ、シーズンスタートエピソードは"Hands on a Big Mixer"(邦題: 『巨大ミキサーを手に入れろ』)である。ファイナルシーズンまで製作されており、30分エピソードが9つある。オープニングのオーブンに入っているものは37種類(複数登場もあり)。

◎ 第1シーズン(2007年 - 2008年)
大好きダイスクリームマン(The Thrice Cream Man)/トリュフのダイエット大作戦(The Flibber-Flabber Diet) チャウダーのシェフ修行(The Froggy Apple Crumble Thumpkin)/チャウダーはパニーニの彼氏?(Chowder's Girlfriend) 食べたいゆでまぜタマゴ(Majhongg Night)/奇跡の恋はクサイ?(Stinky Love) フライセンスを手に入れろ(Certifrycation Class)/だれもが心にうたう豆(The Sing Beans) おそるべしバンノウガム(Grubble Gum)/さびしがりのシナミニモンスター(The Cinnamini Monster) 迷走デリバリー?シェフの直感(The Wrong Address)/キケンなお客にご用心(The Wrong Customer) バープルナープルを奪え(Burple Nurples)/シュニッツェルの長い一日(Shnitzel Makes a Deposit) ガスパチョのお笑いライブデビュー(Gazpacho Stands Up)/対決フード・フェスティバル(A Taste of Marzipan) 脱出せよスッパーベリーの王国(The Puckerberry Overlords)/トリュフのガールズ・トーク(The Elemelons) 初挑戦ハナクソ野球(Sniffleball)/結婚記念日の危機(Mung on the Rocks) 眠れるムーングを追いかけろ(The Heavy Sleeper)/キョーフのカビカビ・パニック(The Moldy Touch) ゴキゲン・フルーツのためならば(At Your Service)/ミスター・フグのグルメツアー(Chowder and Mr. Fugu)※ジョージ・タケイのゲスト出演回 チャウダーのトイレ大ピンチ(The Vacation)/夜食モンスターあらわる(The Sleep Eater) 世界一のパパ?チャウダー(The Bruised Bluenana)/シュニッツェルのモーレツ特訓(Shnitzel and the Lead Farfel) 急げ日没までのデリバリー(The Thousand Pound Cake)/お店の危機キョーフのサンドイッチ(The Rat Sandwich) 帽子を取りかえせ大作戦(Chowder Loses His Hat)/禁断のレシピアタマヨクナーレ(Brain Grub) 勝ちとれ栄光の金メダル(The Apprentice Games)※北京オリンピックスペシャル、30分スペシャル チャウダーのお使いはタイヘン(Broken Part)/命がけの完熟ミーチパイ作り(The Meach Harvest) やめないでシュニッツェル(Shnitzel Quits)※30分スペシャル ガスパチョの店、出入り禁止(Banned From the Stand)/チャウダーだってお役に立ちたい(Creme Puff Hands)

◎ 第2シーズン(2008年 - 2009年)
大迷惑アルボリアン一族(The Arborians)/涙のガレージセール騒動(The Garage Sale) キケン激辛チャウダー(The Fire Breather)/コケモモサーカス入団(The Flying Flinger Lingons) パニーニの選挙戦(Panini for President)/ベビーシッター大騒動(Chowder's Babysitter) チャウダーのケータリング開業?(Chowder's Catering Company)/料理人対決:キメゼリフを言え(The Catch Phrase) みんな、ハッピークニシュマス(Hey, Hey It's Knishmas)※クリスマススペシャル、30分スペシャル 初デートに急げホーギー巡査(The Hot Date)/買い物三昧で大ピンチ(Shopping Spree) 真の男と船上パーティー(The Party Cruise)/ワンタン爆弾とムーングの過去(Won-Ton Bombs) 偉大なる帽子婦人会(The Big Hat Biddies)/命がけの迷路(The Deadly Maze) 見習いシェフ、合格?(The B.L.T.'s)/トリュフの魅惑ボイス(The Trouble With Truffles) ハチャメチャディナー・シアター(The Dinner Theater)※30分スペシャル シュニッツェル、子供になる?(Kid Shnitzel)/ガスパチョの反撃(Gazpacho Fights Back) ビッグ・ボールで対決(Big Ball)/チャウダー、凍る(The Brain Freeze) かたつむりカー競争(The Snail Car)/キャンディー狂想曲(The Lollistops) エンダイブの恥ずかしい秘密(Endive's Dirty Secret)/幻のビッグ・フード(Big Food) 夢のチャウダーランド(Paint the Town)/停電とオナラ(The Blackout) ムーングのサイコロ自転車(The Dice Cycle)/不幸のレシピ(The Chain Recipe) 師匠はどっち?(The Garden)/エンダイブの彼氏(Sheboodles) ガスパチョのお泊まり(Gazpacho Moves In)/くさーい結婚式(My Big Fat Stinky Wedding) 最高の見習い感謝デー(Apprentice Appreciation Day)/ブドウ虫と心の声(The Grape Worm) パニーニに恋のライバル?(A Faire to Remember)/シュニッツェルの謎の過去(Tofu-Town Showdown)

◎ 第3シーズン(2009年 - 2010年)
巨大ミキサーを手に入れろ(Hands on the Big Mixer)/危険なドライブ(The Blast Raz) ガスパチョと見習いスカウトバッジ(The Apprentice Scouts)/泣き虫ベリーパイとコワイヌ(The Belgian Waffle Slobber-Barker) 幽霊屋敷からの注文(The Spookiest House in Marzapan)/トリ憑かれたチャウダー(The Poultry Geist) あべこべスパイスで大混乱(A Little Bit of Pizzazz)/ミスター・フグのパーティー・ルール(The Birthday Suits) ムーング・ファイブと砂糖サファイア(The Heist)/ミス・エンダイブのイタズラの結末(The Prank) 赤ちゃんVS老年木(Old Man Thyme)/チャウダー・マガジンの表紙(Chowder's Magazine) シュニッツェルのひとめぼれ(Weekend at Shnitzel's)/チャウダーの味見トレーニング(Taste Buds) ガスパチョの母さんはどこ?(Gazpacho)/チャウダー、歌手デビュー(The Toots) チャウダー大人になる(Chowder Grows Up)※30分スペシャル、最終回

● 受賞歴

年 賞 部門 ノミネートまたは受賞した回 結果
 2008  アニー賞   最優秀子供向けテレビアニメ部門
脚本賞TV部門  C・H・グリーンブラットと William Reiss("Burple Nurples"(邦題:『バープルナープルを奪え』)担当)  ノミネート
 2008  プライムタイム・エミー賞   スペシャルクラス番組賞・短編形式アニメ番組部門   "Burple Nurples"(邦題:『バープルナープルを奪え』)  ノミネート
 2009  アニー賞  最優秀子供向けテレビアニメ部門   Dan Krall ("The Heavy Sleeper"(邦題:『眠れるムーングを追いかけろ』)担当)  ノミネート
 2009  アニー賞   声優賞TV部門  ジョー・ビンゲーリ  受賞
 2010  アニー賞  声優賞TV部門  ドワイト・シュルツ、ニッキー・ジョーンズ  ノミネート

「チャウダー (アニメ)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2023年2月4日18時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな猫は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな猫を お選びください。

嫌いな猫は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな猫を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな猫は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな猫を お選びください。

嫌いな猫は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな猫を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな猫は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな猫を お選びください。

嫌いな猫は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな猫を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな猫は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな猫を お選びください。

嫌いな猫は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな猫を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな猫は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな猫を お選びください。

嫌いな猫は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな猫を お選びください。

猫の無作為ピックアップ

好きな猫は どっち?

投票すると猫ランキングが閲覧できます!


VS

好きな猫を お選びください。

現在 11回の投票があります!

嫌いな猫は どっち?

投票すると猫ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな猫を お選びください。

現在 1回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター