好きな歌手
ランキング31位
1票獲得
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
竹内まりや


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

竹内 まりや(たけうち まりや、1955年〈昭和30年〉3月20日 -)は、日本のシンガーソングライター・作詞家・作曲家・ミュージシャン・音楽プロデューサー。出生名も竹内まりや。結婚後の本名は山下まりや。島根県簸川郡大社町杵築南(現・島根県出雲市大社町杵築南。竹内は2男4女の6人兄弟の三女・第4子として、1955年3月20日に生まれた。 1961年、地元の大社町立大社小学校(現・出雲市立大社小学校)に入学した。 1967年、大社町立大社中学校(現・出雲市立大社中学校)へ入学した。

◎ 高校時代
1970年、島根県立大社高等学校 へ進学した。高校時代はテニスに熱中」(プラスティック・ラヴ)がアップロードされ、作品リリースの無い海外でも視聴され始めた。同年11月22日には『REQUEST』の30周年記念盤をリリースしている。 2018年、デビュー40周年を迎えた。この年、上述した「PLASTIC LOVE」の動画再生回数が2400万回以上という驚異的な伸びを見せ、大きな話題となった。2010年代初頭に始まったヴェイパーウェイヴが数多くサンプリングしたことで、かつて日本で大流行しながら欧米に輸出されなかったために国際的にはほぼ無名であったシティーポップなる音楽ジャンルが“少しずつ”海外に知られることとなり、加えて、知ったからにはと世界中どこからでもボーダーレスで簡単にアクセスできる動画共有サービスを使って熱心に掘り起こされる過去作の中から「PLASTIC LOVE」と竹内が見出され、一躍脚光を浴びることになった。それがこのブームの本流の動きであった。往時の竹内はシティーポップの第一人者というわけではなかったが、2017年発のブームの下では係る音楽ジャンルを代表する楽曲および人物と捉えられるまでになった。火付け役となったYouTubeには数多くのシティーポップ集がアップロードされるが、「PLASTIC LOVE」と竹内まりやはその種のコンピレーションでは定番中の定番となった。 同年10月17日には、デビュー40周年を記念してシングル「小さな願い/今を生きよう」をリリースし、11月18日には初のファンミーティングを開催した。11月21日からはデビューアルバム『BEGINNING』の40周年記念リマスター盤が発売されたことを皮切りに、RCA/RVC時代のカタログが最新リマスターとボーナストラック付きで順次発売された。11月23日からデビュー40周年を記念して製作されたライブ・ドキュメンタリー映画『souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live』が、期間限定で全国ロードショー(後述)。 2019年3月、芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞。同月、デビュー40周年記念特番「竹内まりやMusic&Life〜40年をめぐる旅」がNHK総合で放送された。39年ぶりにNHKスタジオにて歌唱。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ映画『ダンボ』(ティム・バートン監督)にて日本版エンディングソング『ベイビー・マイン』を歌唱。同年5月、「関ジャム完全燃SHOW(テレビ朝日系列)にて竹内まりや特集がオンエア。前年公開された映画『souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live』がアンコール上映される。同2019年9月、40周年記念アルバム『Turntable』をリリース。オリコンチャート1位を記録し、これにより「昭和・平成・令和3時代で1位を獲得した初の女性アーティスト」となると同時に、「女性最年長1位獲得アーティスト」(64歳6か月)となった。10月、映画「最高の人生の見つけ方」(犬童一心監督・吉永小百合・天海祐希共演)主題歌「旅のつづき」を書き下ろし、シングル・リリースする。11月、『第61回輝く日本レコード大賞』にて「特別賞」を受賞。12月31日にはNHK紅白歌合戦の特別企画・竹内まりや×第70回紅白「未来へつなぐいのちのメッセージ」に出演し、「いのちの歌」を歌唱した。

◎ 2020年代
2020年1月1日発売の「いのちの歌」(スペシャル・エディション)が13日付オリコン週間シングルランキングで第1位獲得。64歳10か月での1位獲得は歴代最年長記録となった。これにより、「カムフラージュ」以来21年1か月ぶりの1位インターバル記録を樹立した。11月18日、初の映像作品「souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live (special edition)~」をDVD、Blu-rayで発売。《Disc 1》には、デビュー40周年を記念して2018年11月に劇場公開され大ヒットしたライヴ・ドキュメンタリー映画『souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜』を、《Disc 2》には、これまでに制作されたほとんどのミュージック・ビデオと、映画では未公開だったライヴ映像を4曲収録。さらには、山下達郎とのスペシャル対談やライヴ写真を掲載した80ページのブックレットが封入されている。「オリコン週間DVDランキング」、「オリコン週間Blu-ray Disc(以下BD)ランキング」で、ともに初登場1位を獲得。音楽作品のDVDとBDを合計した「ミュージックDVD・BDランキング」でも、合計売上6.2万枚で初登場1位を獲得し、3部門同時1位となった。 初めての音楽映像作品でオリコンチャート3部門1位は史上4組目である。 2021年1月22日、前年11月に7年ぶりの全国アリーナツアー『ケンタッキーフライドチキン presents 「souvenir2021」』を2021年4月~5月に全国6都市で計13公演開催する事を発表したが、新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言の再発令を受け、中止を発表。 2月、アルバム『Turntable』とシングル「旅の続き」の応募抽選特典として、2019年4月に計画されていたZepp Tokyoでのライブが新型コロナ感染の影響で11月に延期となったが、感染状況が収束の兆しを見せないことから、無観客での配信ライブ『LIVE Turntable』として、当選者約2000人を対象にMUSIC/SLASHにて配信された。 5月29日、2月に応募特典として配信された『LIVE Turntable』のネット上での反響と全国アリーナツアーの中止を受け、初の有料ライブ動画配信『LIVE Turntable Plus』を実施した。2月に配信した限定ライブ映像に2010~2014年のライブ映像を加え、動画配信20分前には『サンデー・ソングブック出張編』として音声配信「夫婦放談Plus」も実施され、音声とともに収録の様子の静止画が流された。プラットフォームはMUSIC/SLASH。6月11日〜13日にアンコール配信が実施された。 2021年11月3日に杏里とのユニット「Peach&Apricot」で「Watching Over You」(作詞:竹内まりや、 作・編曲:林哲司)の配信をスタート。林とのタッグはシングル「イチゴの誘惑」以来40年ぶり。旧知の仲である杏里との初コラボ作品。

● コンサート
2000年に『TOKYO-FM&fm-osaka開局30周年記念イベント』が、日本武道館(7月11日・12日)と大阪城ホール(7月31日)にて開催され、cannaとSING LIKE TALKINGとともに竹内本人も出演し、約18年ぶりに本格的なコンサートを開催した。公演は3番目のトリとして出演。約1時間半の公演時間で14曲を歌唱した。山下達郎もバックメンバーとして参加し、最後には二人のデュエット曲「LET IT BE ME」も披露している。この模様は『Souvenir〜Mariya Takeuchi Live』としてアルバム化された。 これ以降も、2007年10月13日に開催された、コブクロなどが出演した野外ライブ『風に吹かれて』で、シークレットゲストとしてサプライズ登場し、「元気を出して」を、松たか子などの出演者とともに披露し、また、長年の音楽仲間であるセンチメンタル・シティ・ロマンスのコンサートのサプライズゲストで持ち歌を披露するなど、必ずしもライブに否定的ではなく、竹内本人も2009年以降のライブ活動に対して意欲を見せていた。また、同2008年12月5日に厚木市民文化会館で行われた夫・山下達郎のコンサートで、「まりやのコンサートもこのメンバーでやる」との山下の発言があり、ライブへの本格復帰が期待されていたが、その年に実現することは無かった。その後、2010年8月29日にゲスト出演したラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』と公式サイトにおいて、12月3日・4日の日本武道館と12月21日・22日の大阪城ホールで、10年ぶりの本格的ライブである『souvenir again』を行うと発表した。このコンサートのライブ音源の一部は前述した番組の2011年2月27日放送回で「夫婦放談番外編」として披露されている。2014年には、11月22日から12月21日にかけて、33年ぶりとなる全国ツアー『souvenir 2014』を全国6都市で9公演を行った。 2018年には、デビュー40周年を記念して過去3度に亘って開催されたコンサートの模様を『souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~』と題し、東映の配給により全国8か所の映画館にて上映された。2018年11月23日公開。上映時間 94分。好評を博したことにより、2019年5月17日から2週間、全国8都市・8劇場でアンコール上映された。加えて、同作品は内容などが評価され、平成30年度(第69回)芸術選奨 文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞した。また、アンコール上映の際は、2012年に公開されて話題を呼んだ山下達郎の『山下達郎シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012』も同時アンコール上映された。

◎ コンサート一覧

  1979年  単独  ファースト・コンサート "WE WANT MARIYA"  1か所、1公演  6月9日 日本青年館  
 単独  竹内まりやコンサート  2か所、2公演  10月5日 大阪厚生年金会館
10月12日 目黒公会堂  
 単独  ファースト・アニバーサリー・コンサート  1か所、1公演  12月14日 芝郵便貯金会館  
  1980年  ジョイントライブ  竹内まりや VS ダニー飯田&パラダイスキング  1か所、1公演  3月1日 サンシャイン劇場  
 単独  Love you Picnic tour  21か所、22公演  4月25日 浜松市民会館
4月27日 宮城県民会館
4月28日 岩手県民会館
5月7日 長崎市公会堂
5月8日 福岡市民会館
5月9日 熊本市民会館
5月11日 名古屋市民会館
5月12日 新宮市民会館
5月21日 藤沢市民会館
5月22日 厚木市民会館
5月27日 神戸文化ホール
5月29日、30日 中野サンプラザ
6月12日 神奈川県民ホール
6月14日 埼玉会館
6月17日 日立市民会館
6月18日 群馬県民会館
6月26日 島根県民会館
6月27日 大阪厚生年金会館
6月30日 福井市文化会館
7月1日 京都会館第一ホール
7月4日 太田市民会館  
  1981年  単独  ”Miss M”Concert    1月13日 フェスティバルホール
3月1日 渋谷公会堂 等  
 単独  MARIYA POPPING TOUR    8月25日 中野サンプラザ 等  
 単独  Portrait Concert      
 単独  SO LONG LIVE    12月22日 厚生年金ホール  
 2000年  ジョイントライブ  TOKYO FM/fm osaka 開局30周年記念コンサート  2か所、3公演  7月11日 日本武道館
7月12日 日本武道館
7月31日 大阪城ホール  結婚前のコンサート以来、約20年ぶりのステージとなった。バンドマスターは夫である山下達郎が務めた。本公演の模様は、ライブアルバム「souvenir mariya takeuchi live」として発売された。
 2007年  フェスティバル  朝日新聞21 LIVE in EXPO'70 『風に吹かれて2007』」  1か所、1公演  10月13日 万博公園もみじ川芝生広場  
 2008年  ゲスト出演  作曲家35周年記念 林哲司スペシャルサンクスコンサート ~Hit Song File  1か所、1公演  10月23日 東京国際フォーラム ホールA  
 2008年
-
2009年  ゲスト出演  山下達郎 PERFORMANCE 2008-2009  2か所、2公演  2008年12月28日 フェスティバルホール
2009年5月11日 中野サンプラザ  
  2010年  ジョイントライブ  WARNER MUSIC JAPAN 40th.Anniversary 〜100年 MUSIC FESTIVAL〜  1か所、2公演  10月30日・31日 日本武道館  
 単独  ケンタッキーフライドチキン Presents TOKYO-FM/FM OSAKA 開局40周年記念スペシャル
『souvenir again』 竹内まりや LIVE 2010  2か所、4公演  12月3日 日本武道館
12月4日 日本武道館
12月21日 大阪城ホール
12月22日 大阪城ホール  2000年の日本武道館及び大阪城ホールでのステージ以来、10年ぶりの本格的なコンサートとなった。
 2012年  ゲスト出演  SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012  1か所、1公演  8月30日 山中湖交流プラザきらら  
 2013年  ゲスト出演  山下達郎 PERFORMANCE 2013  1か所、1公演  12月24日 中野サンプラザ  
  2014年  ゲスト出演  SPACE SHOWER TV 25TH ANNIVERSARY SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014  1か所、1公演  8月30日 山中湖交流プラザきらら  
 単独  ケンタッキーフライドチキン Presents 『souvenir 2014』 竹内まりや LIVE
supported by JAPAN FM NETWORK  6か所、9公演  11月22日 広島グリーンアリーナ
11月23日 広島グリーンアリーナ
11月29日 ゼビオアリーナ仙台
12月4日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
12月9日 マリンメッセ福岡
12月13日 大阪城ホール
12月14日 大阪城ホール
12月20日 日本武道館
12月21日 日本武道館  33年ぶりの全国ツアーと銘打たれたアリーナツアーである。
 2018年  ファンミーティング  MARIYA TAKEUCHI ファンミーティング(プレミアム・ミニライブ&トーク)  2か所、3公演   11月16日 NHK大阪ホール
11月18日 品川ステラボール  
 2020年  単独ライブ  LIVE Turntable  2か所、2公演  4月18日 → 11月27日 品川ステラボール
4月24日 → 11月20日 NHK大阪ホール 11月23日 Zepp Tokyo(無観客ライブ収録)  
  2021年  単独ライブ  ケンタッキーフライドチキン Presents 『souvenir 2021』 竹内まりや LIVE
supported by JAPAN FM NETWORK  1か所、1公演  11月16日 新国立劇場 中劇場  


● 人物


◎ 名義
出生名は竹内 まりや(1955)。プロの音楽家としての名義は、ごく一部の例外を除き、出生名と同じである。結婚後の本名は山下 まりや(1982 -)であるが、公言されることはほとんど無い。公言した例として挙げられるのは、TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』の2013年7月10日放送回にゲスト出演した際のやり取りで、家庭での様子を尋ねられる場面で、安住紳一郎から「食事は、竹内まりやさんから?」と話を持ち掛けられ、「(家族といるときは)山下まりやです」と答えている。 アマチュア時代の名義は竹内 マリヤであった(? - 1978)。当時の音源は1978年に作品化されており、そこでは当時の名義が用いられている。 しらさやえみ(白鞘慧海)のセカンドシングル「君のそばに~song for Lucky」(1997年11月21日発売)では MAKO 名義で作詞している。この曲は別の歌手に提供するために作曲を担当した杉真理と共作したもので、しかし使われることなくお蔵入りしていたのを、白鞘が気に入ってシングル化したという経緯がある。Mako という名前は留学していたアメリカの公立高校でのニックネームと同じである(cf. 留学)。 NHK連続テレビ小説『だんだん』の劇中歌「いのちの歌」(2008年9月29日放映開始)は、放映開始時点で無かった歌詞が途中回から付くようになった。その作詞はこの番組の主題歌とナレーションを担当していた竹内まりやが Miyabi 名義で書いたものであった。この事実は2010年12月4日のライブで明かされている (cf. Miyabi2008, Miyabi2010)。

◎ 曲作り
2014年におけるワーナーミュージック・ジャパンの「竹内まりや スペシャルサイト」では、作曲の際はピアノまたはキーボードを使う と言っている。しかし、実際のところ、ピアノはめったに使わないらしい ようになったのは、夫の山下達郎がそのように名付けたからで、主婦業をこなしつつ在宅のまま音楽活動を続けていたことによる。しかし竹内自身は「シンガーソング“兼業主婦”でしょ?」と笑って反論する。人生で最も大きな影響を受けたのはビートルズである。1984年発売のアルバム『VARIETY』(ヴァラエティ)の収録曲でシングルカットもされた「マージービートで唄わせて」は、彼らへの想いを表したオマージュソングになっており、少女だったあの頃は話している言葉も分からないのに夢中で追いかけていたと謳っている。また、大学時代には、ジェームズ・テイラーなどのシンガーソングライター、ウェストコーストロック、ザ・バンド、ニール・ヤングなどを好んで聴いていた。リンダ・ロンシュタットの『Living in the USA』のアルバムジャケットと同じような恰好をしたことがあり、"日本のリンダ・ロンシュタット"と称えられたこともあったが。 実際、子育てが落ち着いた2000年以降には、「souvenir」(2000年、@東京・大阪)、「souvenir again」(2010年、@東京・大阪)、「souvenir 2014」(2014年、@東京・大阪・札幌・仙台・広島・福岡)と銘打ったライブを行っている。しかし、チケットについては争奪戦が激しく、毎回プラチナチケットになっている。

◎ アイドル的活動
1979年10月2日放送のフジテレビ系特別番組(スポーツバラエティ番組)『第17回 オールスター紅白大運動会』にRCAレーベルの代表の一人として駆り出された時は、出るからには精いっぱい頑張って走り高跳びで第2位になったものの、帰宅して冷静になってからVTRで振り返っていると、「一日何も歌わせてもらえずに私は何をしていたんだろう」と酷く悲しい気持ちになったという。既に双方の親に報告していたし、隠す必要も無かったので、「(噂どおり、山下達郎さんと)お付き合いしています」と答え、交際宣言をした。結婚に際して山下からのプロポーズの言葉は「結婚しようか」の一言くらいで、特別なことは無かったという。 竹内は夫のことを表立っては「達郎」と呼んでいる  MOON-711
10SD-30
WPDV-10010:再発盤  20位  16週   VARIETY
   マージービートで唄わせて  MOON-13002  86位  2週
   恋の嵐  MOON-745
10SD-34  43位  9週
   AFTER YEARS/駅  MOON-753
10SD-5  55位  12週  Quiet Life (1) REQUEST (2)
   元気を出して  MOON-770
10SD-17  70位  7週  REQUEST
   シングル・アゲイン  MOON-779
10SD-29  2位  32週   Quiet Life
   告白  AMDM-6018  3位  27週
   マンハッタン・キス  AMDM-6055  11位  18週
   家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)  AMDM-6066  18位  11週
   幸せの探し方  AMDM-6095  42位  3週
   明日の私  AMDM-6109  19位  9週   Impressions
   純愛ラプソディ  AMDM-6110  5位  22週
   本気でオンリー・ユー/Forever Friends  AMDM-6122:再発盤  48位  4週
   今夜はHearty Party  AMDM-6155  3位  14週   Bon Appetit
   ロンリー・ウーマン/Tell me, tell me  AMDM-6175  13位  9週
   カムフラージュ/Winter Lovers  WPDV-7180  1位  14週
   天使のため息/ソウルメイトを探して  WPDV-10030  6位  10週
   真夜中のナイチンゲール  WPCV-10081  7位  8週
   毎日がスペシャル  WPCV-10083  40位  2週
   ノスタルジア  WPCV-10084  30位  4週
   返信/シンクロニシティ(素敵な偶然)  WPCL-10336  8位  9週   Denim
   スロー・ラヴ  WPCL-10377  30位  7週
   明日のない恋  WPCL-10394  19位  9週
   チャンスの前髪/人生の扉  WPCL-10433  23位  24週  Expressions (1) Denim (2)
   幸せのものさし/うれしくてさみしい日 (Your Wedding Day)  WPCL-10475  6位  11週  Expressions
   縁の糸  WPCL-10627  12位  12週   TRAD
   ウイスキーが、お好きでしょ  WPCL-10876  18位  8週
   いのちの歌  WPCL-11024:初回限定盤
WPCL-11025:通常盤  10位  20週
   たそがれダイアリー  WPCL-11362  15位  5週
   Dear Angie 〜あなたは負けない/それぞれの夜  WPZL-30637/8:初回限定盤
WPCL-11523:通常盤  7位  6週
   Your Eyes    配信限定     -
   アロハ式恋愛指南
   静かな伝説(レジェンド)  WPZL-30894/5:初回盤
WPCL-11929:通常盤  10位  9週
   Let It Be Me / 山下達郎&竹内まりや    配信限定     -  Expressions
   今日の想い   
   小さな願い/今を生きよう (Seize the Day)  WPCL-12937  6位  11週
   旅のつづき  WPZL-31681/2:初回限定盤
WPCL-13106:通常盤  3位  10週
   いのちの歌(スペシャル・エディション)  WPZL-31724/5:完全限定盤  1位  18週  TRAD
   君の居場所 (Have a Good Time Here)  WPCL-13527  9位  1週  


● アルバム


◎ オリジナルアルバム

1st  1978年11月25日  BEGINNING  17位  29週
2nd  1979年5月21日  UNIVERSITY STREET  7位  46週
3rd  1980年3月5日  LOVE SONGS  1位  20週
4th  1980年12月5日  Miss M  14位  15週
5th  1981年10月21日  PORTRAIT  14位  23週
6th  1984年4月25日  VARIETY  1位  30週
7th  1987年8月12日
1992年10月22日(再発)  REQUEST  1位
50位  173週
5週
8th  1992年10月22日  Quiet Life  1位  32週
9th  2001年8月22日  Bon Appetit  1位  23週
10th  2007年5月23日  Denim  1位  59週
11th  2014年9月10日  TRAD  1位  42週


◎ ベストアルバム

  1    1982年6月5日    VIVA MARIYA    32位    7週
  2    1994年7月25日
1999年6月2日(再発)    Impressions    1位
58位    66週
41週
  3    2008年10月1日    Expressions    1位    292週
  4    2019年9月4日    Turntable    1位    62週


◎ ライブアルバム

  1    2000年11月22日    Souvenir〜Mariya Takeuchi Live    3位    11週


◎ コンピレーションアルバム

  1    2013年12月4日    Mariya's Songbook    3位    11週
  2    2019年10月16日    岡田有希子 Mariya's Songbook    13位    7週


◎ カバーアルバム

  1    2003年10月29日    Longtime Favorites    1位    17週


◎ その他のアルバム

 非公式ベスト  1984年8月5日  RE-COLLECTION  31位  11週
 非公式ベスト  1985年3月5日  RE-COLLECTION Ⅱ  55位  2週
 非公式ベスト  1985年7月21日  RE-COLLECTION Ⅲ    (圏外)
 非公式ベスト  1986年11月15日  Best Pack    (圏外)


◎ 映像作品

 2020年11月18日  souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜 (Special Edition)  DVD:WPBL-90558〜9
Blu-ray:WPXL-90242〜3  1位  10週


◎ 参加作品

収録された作品
  1978年3月  ハリウッド・カフェ(作詞:大貫妙子/作曲:竹内マリヤ/編曲:岡田徹)
 Various Artists「ロフト・セッションズ VOL.1~フィーチャーリング・フィメール・ヴォーカリスツ」
  1978年3月  8分音符の詩(作詞:松本隆/作曲:鈴木茂/編曲:細井豊)。


● タイアップ

 戻っておいで・私の時間  伊勢丹CMソング
 ドリーム・オブ・ユー
〜レモンライムの青い風〜  キリンビバレッジ『キリンレモン』CMソング
 不思議なピーチパイ  資生堂'80春キャンペーンCMソング
 CRYING ALL NIGHT LONG  花王『リーゼ』CMソング(本人出演)
 NATALIE  花王『リーゼ』CMソング(本人出演)
 アップル・パップル・プリンセス  NHK『みんなのうた』
ぷえ   もう一度  TBS系『くれない族の反乱』主題歌
 日産自動車『セフィーロ』CMソング
 ユーシーカードCMソング
 アサヒビール『ファーストレディシルキー』CMソング
 フジテレビ系『3時ヨこい』テーマ曲
 NHK BSプレミアム プレミアムドラマ『定年女子』主題歌
  本気でオンリーユー
(Let's Get Married)  カゴメ『リベラ』CMソング
 日産自動車『セフィーロ』CMソング
 恋の嵐  TBS系『となりの女』主題歌
 時空の旅人  東宝配給アニメ映画『時空の旅人』主題歌
 夢の続き  東宝配給映画『ハワイアン・ドリーム』主題歌
 AFTER YEARS  テレビ朝日系『素敵にドキュメント』テーマソング
 駅  松竹配給映画『グッバイ・ママ』主題歌
  元気を出して  SEIKO『ドルチェ&エクセリーヌ』CMソング
 東京ビューティーセンターCMソング
 アサヒビール『アサヒ生ビール』CMソング
 シングル・アゲイン  日本テレビ系『火曜サスペンス劇場』主題歌
 告白  日本テレビ系『火曜サスペンス劇場』主題歌
 マンハッタン・キス  松竹配給映画『マンハッタン・キス』主題歌
  家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)  東京ビューティーセンターCMソング
 TBS系『木曜日の食卓』主題歌
 日産自動車『セフィーロ』CMソング
 大阪ガス『エコウィル』CMソング
 三菱地所レジデンスCMソング
  幸せの探し方  AGF『コーヒーギフト』CMソング
 P&G『パンテーン』CMソング
 映画『いつか、いつも……いつまでも。』主題歌
 FOREVER FRIENDS  本田技研工業『トゥデイ』CMソング
  明日の私  東京ビューティーセンターCMソング
 ポッカサッポロフード&ビバレッジCMソング
  純愛ラプソディ  日本テレビ系ドラマ『出逢った頃の君でいて』主題歌
 日産自動車『セフィーロ』CMソング
 今夜はHearty Party  ケンタッキーフライドチキンCMソング
  ロンリー・ウーマン  TBS系ドラマ『義務と演技』主題歌
 日本道路公団『紀勢自動車道』テーマソング
 TELL ME, TELL ME  TBS系ドラマ『義務と演技』挿入歌
 カムフラージュ  フジテレビ系ドラマ『眠れる森』主題歌
 Winter Lovers  明治製菓『Melty kiss』CMソング
 天使のため息  東宝配給映画『秘密』主題歌
 ソウルメイトを探して  三菱自動車工業『ミラージュディンゴ』CMソング
 真夜中のナイチンゲール  TBS系ドラマ『白い影』主題歌
  毎日がスペシャル  フジテレビ系『めざましテレビ』テーマソング
 ソニー『ハンディカム』CMソング
 秋田テレビ『とくテレッ8ちゃんねる』テーマソング
 キリンビール『ワインスプリッツァ』CMソング
 心はいつでも17才 (seventeen)  日本テレビ系ドラマ『ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜』主題歌
 ノスタルジア  テレビ朝日系ドラマ『はみだし刑事情熱系』エンディングテーマ
 Dream Seeker  NHKドラマ家族模様『晴れ着ここ一番』主題歌
 すてきなホリデイ  ケンタッキーフライドチキンCMソング
 返信  松竹配給映画『出口のない海』主題歌
 シンクロニシティ(素敵な偶然)  明治製菓『アーモンドチョコ』CMソング
 スロー・ラヴ  フジテレビ系ドラマ『役者魂』挿入歌
 明日のない恋  日本テレビ系『火曜ドラマゴールド』主題歌
 君住む街角
(On The Street Where You Live)  TBS系『ブロードキャスター』テーマソング
 クリスマスは一緒に  日本テレビ系『Happy X'mas Show '06』テーマソング
 人生の扉  協和発酵CMソング
 チャンスの前髪  TBS系ドラマ『肩ごしの恋人』主題歌
 幸せのものさし  TBS系ドラマ『Around40〜注文の多いオンナたち〜』主題歌
 うれしくてさみしい日
(Your Wedding Day)  P&G『パンテーン×ゼクシィ』CMソング
 最後のタンゴ  NHKラジオ『ラジオ深夜便』深夜便のうた(2008年7月 - 9月)
 縁(えにし)の糸  NHK連続テレビ小説『だんだん』主題歌
 ウイスキーが、お好きでしょ  サントリー『角瓶』CMソング
 戻っておいで・私の時間(2011バージョン)  伊勢丹創業125周年記念テーマソング
  いのちの歌  NHKドキュメンタリードラマ『開拓者たち』主題歌
 映画『嫌な女』主題歌
 映画『ピース・ニッポン』劇中歌
 それぞれの夜  TBS系『NEWS23クロス』エンディングテーマ(2012年度)
 輝く女性(ひと)よ  コーセー『グランデーヌ ルクサージュ』CMソング
 たそがれダイアリー  テレビ朝日系ドラマ『おトメさん』主題歌
 Dear Angie〜あなたは負けない  TBS系『NEWS23』エンディングテーマ(2013年度 -)
 Your Eyes  TBS系ドラマ『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』主題歌
 静かな伝説(レジェンド)  フジテレビ系『ワンダフルライフ』エンディングテーマ
 アロハ式恋愛指南  映画『わたしのハワイの歩きかた』主題歌
 PLASTIC LOVE  LaLa TV開局15周年記念特別ドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』主題歌
 Let It Be Me  フジテレビ系ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』劇中歌
 今日の想い  テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト(WBS)』エンディングテーマ
 小さな願い  映画『あいあい傘』主題歌
 今を生きよう (Seize the Day)  NHK土曜時代ドラマ『ぬけまいる〜女三人伊勢参り』主題歌
 旅のつづき  映画『最高の人生の見つけ方』主題歌
 Brighten up your day  テレビ朝日「大下容子ワイドスクランブル」メインテーマ
 君の居場所(Have a GoodTime Here)  Netflixシリーズ『ポケモンコンシェルジュ』主題歌


● 受賞歴

・ 1979年 - 銀座音楽祭”グランプリ”、新宿音楽祭”金賞”、日本歌謡大賞”新人賞”、日本レコード大賞”新人賞”
・ 1990年 - 第32回日本レコード大賞”最優秀ポップス・ボーカル賞” ”作詩賞”(『告白』日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」主題歌)
・ 1993年 - 第35回日本レコード大賞”アルバム大賞” ”ベストアルバム賞”(アルバム「Quiet Life」)
・ 1998年 - 第19回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主題歌賞(『カムフラージュ』、ドラマ『眠れる森』主題歌)
・ 2007年 - 第24回ベストジーニスト賞”特別賞”
・ 2014年 - 第56回日本レコード大賞”最優秀アルバム賞”(アルバム「TRAD」)
・ 2015年
 ・ 第7回CDショップ大賞「マエストロ賞」
 ・ 特別功労者として出雲市より表彰
 ・ 第6回岩谷時子賞
・ 2019年
 ・ 第69回芸術選奨 文部科学大臣賞(大衆芸能部門)
 ・ 第61回日本レコード大賞”特別賞”

● 楽曲提供
太字は、竹内まりや本人によるセルフカバーが発表されている楽曲を指す。
・ 芦田愛菜「みんなのハッピーバースデイ」
・ 嵐「復活LOVE」(作詞のみ)
・ アンジュネッツ「LOVE GAME」
・ アン・ルイス「リンダ」「GOOD-BYE BOY」(作曲のみ)「DON'T SMILE FOR ME」(作曲のみ)
・ 伊藤つかさ「パジャマ・パーティ」
・ 伊藤美紀・篠原恵美・富沢美智恵「うわさのSUPER GIRL」(作詞のみ)
・ 伊東ゆかり「恋人たち」
・ 愛しきわが出雲市民合唱団、岩谷ホタル『愛しきわが出雲』
・ 岩崎宏美「My Darling」(作曲のみ)
・ 岡田有希子「ファースト・デイト」「リトルプリンセス」「さよなら・夏休み」「憧れ」「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」「気まぐれ Teenage Love」「哀しい予感」「恋人たちのカレンダー」「ロンサム・シーズン」「ペナルティ」(作詞のみ)「二人のブルー・トレイン」(作詞のみ)
・ 河合奈保子「アプローチ」「けんかをやめて」「Invitation」「追跡」「ダブル・デイト」(作詞のみ)「砂の傷あと」(作詞のみ)
・ KinKi Kids「Midnight Rain」(作詞・作曲)
・ KINYA「涙のデイト」「夏の記憶」
・ 桑名将大「Sweet Rain」「Heart Beat」
・ 近藤真彦「イブの告白」(作詞のみ)
・ 佐橋佳幸「Time Passes On」(日本語詞)
・ 沢田研二「目抜き通りの6月」(作詞のみ)
・ サンデーズ「打ちあけ話」
・ JIVE「Smile Again」(作曲のみ)
・ 杉真理「僕らの日々」(作詞のみ)
・ 鈴木雅之「Guilty」(作詞のみ)「Misty Mauve」(作詞のみ)
・ SMAP「友だちへ〜Say What You Will〜」(日本語詞)
・ 多岐川裕美「今夜だけナルシスト」(作詞のみ)
・ タッキー&翼「You&I」(作詞のみ)
・ 中森明菜「駅」「OH NO, OH YES」「約束」「赤のエナメル」「ミック・ジャガーに微笑みを」
・ 中山美穂「色・ホワイトブレンド」「ときめきの季節(シーズン)」
・ Nelson Super Project「浮気なルナ」
・ 早見沙織「夢の果てまで」「新しい朝」
・ 平尾昌晃&木の実ナナ「星空デート」(作詞のみ)「恋ふたたび」(作詞のみ)
・ 広末涼子「MajiでKoiする5秒前」「とまどい」「恋のカウンセル」「言い出せなくて」「キミの笑顔」
・ 福永恵規「心もJUMPして 夏のイントロ」
・ 堀ちえみ「待ちぼうけ」「公園通りの日曜日」「遥か1000マイルの彼方」(作詞のみ)
・ 牧瀬里穂「Miracle Love」
・ 増田けい子「らせん階段」「55ページの悲しみ」
・ 松たか子「みんなひとり」「リユニオン」
・ 松浦亜弥「Subject: さようなら」
・ 松田聖子「特別な恋人」「声だけ聞かせて」
・ 茉奈 佳奈「いのちの歌」(作詞のみ、Miyabi名義)
・ 水野きみこ「5月生まれ」「AFTER SCHOOL」
・ みつき「夏のモンタージュ」
・ 村田和人「Whisky Boy」(作詞のみ)「想いは風に」(補作詞)「幻影(イリュージョン)」(作詞のみ)「ニコニコ・ワイン」(作詞のみ)「SEE YOU AGAIN」(作詞のみ)
・ 森光子「月夜のタンゴ」(作詞のみ)「残り香」(作詞のみ)
・ 森下恵理「Hey Baby」「真冬のデイト」
・ 薬師丸ひろ子「元気を出して」「トライアングル」「過去からの手紙」(作詞のみ)「Welcome Back To My Heart」(作詞のみ)「アフタヌーン・ティー」「終楽章」
・ 山下達郎「寒い夏」(作詞のみ)「Mighty Smile(魔法の微笑み)」(作詞のみ)「忘れないで」(作詞のみ)

● メディア出演
デビュー直後は数多くの音楽番組やその他様々なジャンルの番組に出演していたが、1981年に活動を一時休止した後はメディア露出が非常に少なくなった。ただ、夫・山下達郎と異なり、テレビ番組やミュージック・ビデオでは顔を見せている。

◎ ラジオ

・ 『JAM JAM 11』(ラジオ大阪:1979年)水曜深夜23:00 - 25:00を担当
・ 『アンアン サウンドジャーナル』(FM東京:1979年6月~)土曜11:00 - 11:55
・ 『Pom Pop White Pop』(文化放送:1980年)
・ 『竹内まりやのおしゃれフロック』(文化放送:1981年まで約1年間)平日深夜24時代に帯番組で放送。
・ 『山下達郎のサンデー・ソングブック』(TOKYO FM・JFN系列):毎年8月・12月の後半に2週連続で出演。「夫婦放談」と称し、夫婦ならではの喋りを披露している。現時点で唯一のレギュラー出演番組といえる。
・ 『楽天カード presents FM FESTIVAL 2020 MUSIC CHRONICLE ~ 竹内まりやと辿る音楽の50年』(同上・2020年11月3日放送) - 司会進行:坂上みき
・ 『FM FESTIVAL 2021『竹内まりや RADIO Turntable』presented by 楽天カード』(同上・2021年11月3日放送) - 司会進行:住吉美紀

◎ テレビ

・ 『夜のヒットスタジオ』(1979年1月15日・9月3日、1980年1月28日・3月3日・7月28日・9月1日・12月8日、フジテレビ)
・ 『紅白歌のベストテン』(1979年1月22日、日本テレビ)
・ 『花のステージ』(1979年2月22日、1979年9月6日・11月29日、1980年3月27日、NHK総合)
・ 『レッツゴーヤング』(1979年6月17日・11月11日、1980年3月9日、NHK総合)
・ 『ぎんざNOW』(1979年9月3日、TBS)
・ 『'79ニューミュージックスペシャル』(1979年9月25日、テレビ朝日)
・ 『銀座音楽祭』(1979年10月8日)
・ 『新宿音楽祭』(1979年10月11日)
・ 『横浜音楽祭』(1979年10月24日)
・ 『第10回日本歌謡大賞』(1979年11月23日、テレビ東京)
・ 『スター千一夜』(1979年11月29日、フジテレビ)
・ 『第8回FNS歌謡祭』(1979年12月18日、フジテレビ)
・ 『ひるのプレゼント』(1979年12月26日、NHK総合)
・ 『第21回日本レコード大賞』(1979年12月31日、TBS)
・ 『スーパージャム'79-'80』(1979年12月31日、フジテレビ)
・ 『レコード8社対抗'80新春オールスター大運動会』(1980年1月2日、TBS)
・ 『ザ・ベストテン』(1980年3月20日 - 5月15日、1989年9月28日〈電話の声のみ出演〉、TBS)
・ 『なつかしのヒットポップス』(1980年6月7日、NHK総合)
・ 『アップルハウス』(1980年10月4日 - 1981年3月27日、フジテレビ) - 加藤和彦と司会を担当。
・ 『ミュージックフェア』(1980年6月17日・9月16日、1981年2月17日・10月15日、2019年8月17日、フジテレビ) - 中尾ミエ・森山良子・サーカス・ゴダイゴ・西城秀樹と共演。
・ 『ばらえてい テレビファソラシド』(1981年4月2日、NHK総合)
・ 『サムシングNOW』(1981年9月26日、TBS)
・ 『第35回日本レコード大賞』(1993年12月31日(電話の声のみ出演。同時にアルバム『Quiet Life』がこの年のベストアルバム賞を受賞し、この日のために制作された「家に帰ろう (マイ・スイート・ホーム)」の歌唱シーンをフルサイズで収録したビデオクリップが放送された。このビデオクリップがフルサイズで放送されたのは、この時ただ一度だけである。)
・ 『SONGS』第1回・第42回(2007年4月11日・2008年4月2日、NHK総合)
・ 『Around40〜注文の多いオンナたち〜』(2008年6月20日、TBS) - 最終回ゲスト
・ 連続テレビ小説『だんだん』(2008年9月29日 - 2009年3月28日、NHK総合) - ナレーション
・ 『関ジャム 完全燃SHOW』 (2019年5月12日、テレビ朝日) - スチール写真のみ出演。(番組独占インタビューを行い、インタビュー時のスチール写真に合わせて、テレビ朝日アナウンサーの山本雪乃がインタビュー内容を話すという形で出演した。)
・ 『竹内まりや Music&Life 〜40年をめぐる旅〜』(2019年9月7日、NHK総合)
・ 『スッキリ』(2022年6月24日、日本テレビ) - 「クイズッス」のコーナーで天の声ゴールド(竹内まりやの親友)として声のみの出演。

◎ NHK紅白歌合戦出場歴

 2019年  第70回  特別企画(初)  いのちの歌  竹内まりや×第70回紅白 「未来へつなぐ命のメッセージ」特別企画。
東京都渋谷区・NHK放送センターCT-102スタジオからの中継。


● 自著

・ 、。
・ ISBN 4-947599-30-8、ISBN 978-4-947599-30-8。。

「竹内まりや」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年4月19日2時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター