好きな歌手
ランキング86位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング27位
獲得票なし
関口和之


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

関口 和之(せきぐち かずゆき、1955年〈昭和30年〉12月21日 -)は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター、ウクレリアン。ロックバンドであるサザンオールスターズのメンバーで、ベースを担当。新潟県出身。愛称は、ムクちゃん。

● 概要
1978年にサザンオールスターズのベーシストとしてメジャーデビューを果たし、1986年にアルバム『砂金』でソロ活動を開始した。1991年にハーブ・オオタと出逢ったことをきっかけにウクレレの活動を始め、ハワイでウクレレのイベントを開催している。また桃太郎電鉄シリーズなどのゲーム音楽の作曲を手掛けている。青学時代にフェンダーのベースを購入したことについて「物を手に入れてあれほどうれしかったことはない」と述べている。 桑田佳祐は関口のことを「ユニークな発想をする」「アーティスティック」「サザンの要」と評し、また関口のベースの演奏を「センスのいい関口和之のベース」「知的でカッコいい」「彼はやはり天才なのである」と認めている。さらに「あいつのベース、攻めてるんだよな」とも評し、「セイシェル 〜海の聖者〜」(2005年)のBメロのベースラインは「彼じゃないと絶対に発想できないし、弾けないラインだ」と語っている。関口は攻めているといった評価について「自分としては、そんなに攻めたつもりはないんですけどね。そんなに自由に弾いてるつもりもないし、自分なりの決め事があって、その目標に到達出来るように弾いてただけなんですけどね」としている。 サザンの無期限活動休止が終わりバンドが活動を再開した2013年からほぼ5年ぶりにベースに触れたところ「ベースでやり残していること、結構あるな」と気づき、「それはつまりサザンでやり残したこと」であった旨も語っている。作品には多数のウクレレの演奏者が参加している。2009年から2012年のサザンの無期限活動休止期間中はウクレレの活動に集中していた。 サザンの楽曲「DOLL」(2004年)でウクレレを弾いているのは関口である。また、桑田は関口からウクレレを借りたことがあり、桑田ソロの楽曲「悲しみよこんにちは」(2011年)のレコーディングでそれを演奏している。 関口はウクレレは心をゆるめる作用があると感じている。

◎ その他
サザンとしての活動でもボーカルを担当している楽曲は存在しているが、ソロでの作品では関口自身で作詞・作曲・ボーカル・プロデュース、さらにはジャケットも手掛けている。 さくまあきらから『桃太郎伝説』の音楽制作を依頼された際に、個人的な友人関係であることを理由としてテレビゲームをやったことがないにもかかわらず引き受けた。このころの関口はインストゥルメンタルを作曲した経験がなかったため少し躊躇していたという。当時のファミコンは使える音が制限されていたため、作曲する際にはキャラクターや場面をメロディーで表現しようと心がけたといい、自身の音楽性にも影響を与えたことを語っている。長きに渡り自身の楽曲をゲーム音楽に起用し続けているさくまに対しては「感謝してもしきれない」とコメントしている。

● 人物
関口は桑田にとってサザンのメンバーの中でアマチュア時代の最も古くから面識のある人物である。 既婚者であり、妻は『PoePoe』や『ウクレレ・ピクニック』の経営にも関与している。帽子と口ヒゲがトレードマークになっている。「勝手にシンドバッド」のジャケット写真ではつけヒゲを着用していた。あだ名は以前飼っていた犬の「ムク」が関口に良く似ていたこと、および“温泉あんまももひきバンド”時代の髪型が胸まである長髪でむく犬のようだったことからムクちゃんとなった。このあだ名は青学時代にはすでについていた。 青学時代に教職試験に合格しており、卒業後の進路として教師の職に就くことも選択肢としてあったが、周囲の反対を押し切ってサザンのメンバーになった旨を関口自身や桑田が証言している。関口は「その後の僕の人生は幸せです」とコメントしている。また、青学時代に留年を経験している。これは本人が意図的に1単位減らしたことによるものと桑田が語っている。 漫画やイラストを得意としており、原由子のソロデビューアルバム『はらゆうこが語るひととき』、爆風スランプのデビューアルバム「よい」のジャケットは関口が描いたものである。関口は「小学校のころから、僕はマンガ大好き少年であった。マンガ家になりたいと本気で思っていた」と語っており、暇さえあれば絵を描いている。1984年には週刊少年サンデー増刊号に4コママンガの連載を持った。さくまあきらと知り合ったことで、鳥山明、いしかわじゅん、江口寿史、高橋留美子、高野文子らとの交流ができた。得意なものまねレパートリーとして森本レオを挙げている。 サザンを漢字一文字で表すと重ねた思い出やベースの重さから"重"だと語った。

● 来歴


◎ 生い立ち・学生時代
1955年12月21日に新潟県北蒲原郡水原町(現:阿賀野市)にて生誕。また、部活動では設立したばかりだったサッカー同好会に所属していた。同大学のフォークソング・サークルで桑田佳祐と知り合い、「温泉あんまももひきバンド」を結成した。後にこのバンドは「ピストン桑田とシリンダーズ」に改名。同バンドの解散以降はしばらくの間桑田のバンドから離れた。桑田のバンドはその後幾度かバンド名が変わり、最終的に「サザンオールスターズ」に落ち着いた。 1983年にエッセイ集『突然ですがキリギリス』を執筆し、集英社から発売された。1986年からサザンが活動休止に入ったことで、関口は2月にアルバム『砂金』でソロデビューを果たした。1991年に上記で述べた通り、ハーブ・オオタと出逢ったことをきっかけにウクレレ愛好家となった。1993年のサザンのシングル曲のジャケットに登場しなかったり、レコーディング・ライブで美久月千晴や根岸孝旨が代役を務める状態がしばらく続いた。一方で「日常生活には支障はない」との判断により当初から「お目にかかる機会もあると思います」といったアナウンスもなされており。1994年4月からはレギュラーラジオ番組「OPTY MUKUTY」が開始(1996年3月まで放送された)。 1994年12月に日本武道館で開催されたAct Against AIDSイベントにサザンが出演しベーシストとして参加。 1996年には東京都目黒区の祐天寺駅近くに、念願だったウクレレとテディベアを取り揃えたショップ『のほほんベアーズ』を開店。本店舗はウクレレやフラダンスなどの教室も兼ねている。1997年にウクレレをコンセプトとした2枚目アルバム『UKULELE CALENDAR』が発売された。 2000年に入り、8月に逗子マリーナガーデンプールにてウクレレミュージシャンを集めて『ウクレレ・ピクニック・イン逗子マリーナ』を開催。このイベントは2007年まで各年の8月に開催された。11月には俳優の竹中直人を迎え、関口和之 featuring 竹中直人の名義で3枚目のアルバム『口笛とウクレレ』を発売した。2002年にはハワイアンミュージックを取り入れた2枚目シングル「私の青空~MY BLUE HEAVEN~」を発売した。 2022年8月にアルバム『FREE-UKES』が発売された。タイトルは、「FREE=自由」と「UKES=ウクレレ」の複数形(アメリカでの呼称)によって組み合わされている。高木ブーと関口らによって結成している「1933ウクレレオールスターズ」の新曲4曲と関口が今まで発売した楽曲を収録している。

● 作品


◎ シングル

1   2001年10月24日 HOTEL PACIFIC   関口和之 featuring 玲葉奈   EP   VIJL-60096   World Hits? of Southern All Stars
2   2002年7月17日 私の青空 〜MY BLUE HEAVEN〜   関口和之 featuring KONISHIKI   12cmCD   VICL-35417  


◎ アルバム

1   1986年2月5日 砂金   関口和之     CD   VICL-18102   絵の中のクレーア LE MARCHE(マルシェ) 砂金 フトンへようこそ エスケイプ アンクル・ピーターの羽 付録:人気なんかラララ(We're the 二次会)
  2     1997年6月25日   UKULELE CALENDAR     CAPTAIN MOOK & THE ALA MOANA STRINGS   VICL-60047     (July) ウクレレブラザー (August) WALK DON'T RUN (September) スターダスト音頭〜STARDUST(メドレー) (October) ひき潮 (EBB TIDE) (November) モスクワ郊外の夕べ (December) ウクレレ クリスマス (January) ウクレレ春の海(短編) (February) ウクレレ バレンタイン (March) SAYONARA (April) さっちゃんのおつかい (May) フニクリ フニクラ (June) 悲しき雨音 (Rhythm Of The RAIN) (おまけ) 前略ウクレレ
  EP   VIZL-26
3   2000年11月22日 口笛とウクレレ   関口和之 featuring 竹中直人     CD   VICL-60662   BITTERSWEET SAMBA 雨にぬれても MOON RIVER LOVE 私の青空 慕情
4   2001年10月24日 World Hits? of Southern All Stars   関口和之 & 砂山オールスターズ   VICL-60796  
5   2008年4月23日 口笛とウクレレ2   関口和之 featuring 竹中直人・分山貴美子   VICL-62805   アズ・ティアーズ・ゴー・バイ ヴィーナス 幸せの黄色いリボン 夏の日の恋 ぼくの伯父さん 蘇州夜曲 カーマはきまぐれ アズ・ティアーズ・ゴー・バイ La Mer
6   2012年10月24日 UKULELE CARAVAN     関口和之   VICL-63910   TAHITI ウクレレキャラバンのうた 夏のBaby〜迷子に御用心〜 ウクレレ踏んじゃった ほのか 口笛吹きと仔馬 5963ロックンロール 天国行きのバス 風待つ林に あたたかな春の日に
  7     2022年8月10日   FREE-UKES   CD+DVD   VIZL-2087(初回限定盤)    
  CD   VICL-65720(通常盤)
出典:
  2020年5月2日  外出自粛の夜に〜ウクレレでリレー音楽会     NHK BS1   -  
  2020年6月7日   世界とつながる夜〜ウクレレでリレー音楽会第二弾   -  


◎ テレビドラマ

 1990年  いつも誰かに恋してるッ  フジテレビ  饗庭恭介  
 1996年  リョーコ  WOWOW  ?  


◎ アニメ映画(声優として出演)

  1993年  ぼのぼの  シマリスくんのおとうさん 役


◎ ラジオ

  1981年1月 - 1981年9月  桑田クンと関口クン  ニッポン放送  桑田佳祐と共にパーソナリティを担当。    
  2014年7月5日 - 2019年6月30日  NO-FO-FON TIME   InterFM897   -  
  2021年4月4日 -  波のまにまにあ  横浜エフエム放送   -  


◎ 構成

  1988年10月 - 1990年9月  冗談画報II     フジテレビ   -    
  1990年 - 1992年  ウッチャンナンチャンのやるならやらねば  構成協力

「関口和之」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2023年6月4日2時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 236回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 88回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター