好きな歌手
ランキング31位
1票獲得
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
鎌田雅人


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

いい曲作る

鎌田 雅人(かまた まさと、1971年2月7日 -)は、日本の作曲家、編曲家、キーボーディスト、音楽プロデューサー。茨城県ひたちなか市出身。日本音楽著作権協会正会員。シーランド公国男爵。

● 来歴
1971年2月7日、茨城県勝田市(現・ひたちなか市)に生まれる。 1989年、専門学校東京コンセルヴァトアール尚美(現在の尚美ミュージックカレッジ専門学校)作曲科に入学。塩川眞市に師事。作曲家・宮崎尚志に認められ、映像音楽の仕事を手伝うようになる。 1992年、専門学校東京コンセルヴァトアール尚美在学中、日本国民音楽振興財団「笹川賞」(吹奏楽曲)など、作曲賞を数々受賞する。首席卒業。 1993年、専門学校東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコースに進学。現代音楽を学ぶ。作曲法を西村朗、松平頼暁に師事。在学中、映像音楽・劇伴・オーケストラアレンジや吹奏楽曲の委嘱作品を書く仕事をする。同コース中退。 1995年、ジャニーズ事務所のバックバンドオーディションに合格、赤坂晃のツアーでキーボードを担当。ソニー・ミュージックSD制作部において、デビュー前の新人アーティストのデモレコーディングの音楽プロデューサーとして、ライブサポートメンバーとしての仕事を始める。water結成。近藤真彦のツアーキーボードを担当。 1997年、株式会社キューブとマネジメント契約。 1998年、江沼学、宮永治郎、吉田太郎らと、ロックバンドwaterのキーボーディストとして東芝EMIからメジャー・デビュー。2001年解散、2006年再結成。 2000年、hitomiに提供した「LOVE 2000」が大ヒット。FU JI KOのキーボーディストとしても活動。メンバーは、TAMAMIZU、恩田快人など。和服姿で激しく立弾きするキャラクターであった。2007年に解散。 2006年から、日本テレビ系『歌スタ』に「ウタイビトハンター」として出演。番組内で発掘した、中学教諭の能塚勝裕、主婦の寅谷利恵子をチョイモテデュエットとして「艶男艶女のLOVEバラード」、主婦の初田悦子を「きみのママより」で、SME Recordsよりメジャー・デビューさせた。 2012年9月20日、茨城県と茨城放送が主催する「先輩からのメッセージ」の一環として、母校である茨城県立水戸桜ノ牧高等学校で、講演をした。 2013年8月31日、water再結成。 2014年6月より、吉本興業所属の芸人による即興コントショーTHE EMPTY STAGEの音楽監督として、即興演奏をしている。 2019年7月より、ADKホールディングス内の、ADK WONDER RECORDSと提携。

● 人物・エピソード
キーボード以外にも、弦楽器類を演奏するマルチプレイヤーである。 シタールを買うためにインドを放浪し、特訓の末、多数のレコーディングにも参加。 趣味は登山。特技はルービックキューブ。愛猫家。ペンネームとして「月夜野さゆり」がある。 初田悦子に描き下ろした『きみのママより』リリースと同時期に『ウタイビトハンター』として出演していた歌スタにて、同じくウタイビトハンターとして出演していた多胡邦夫が木山裕策をスカウトし、自分の娘を想い作り上げた「home」が父が子を思う歌として大ヒット。その為『きみのママより』は、母が子を想い歌う歌として「home」同様ヒットとなり(実際に初田自らが、自分の子を想い作詞)同曲は令和になった今でも、母が子に贈る曲として歌い継がれている。

● 作品


◎ ソロアルバム

・ 「宇宙船の中のミュージックショー」(2001年)

◎ サウンドプロデュース・編曲

・藍井エイル
・アデオス×アデージョ
・THE ALFEE
・芦田愛菜
・伊礼彼方
・インザーギ(メガマソ)
・いきものがかり
・ウイリアム
・浦井健治
・大塚利恵
・岡田浩暉
・金子麻美
・加山雄三
・The Kanlekeez
・岸谷香
・研ナオコ
・小寺可南子&墨谷美輝
・咲妃みゆ
・James Jirayu
・鈴木雅之
・sona(ユンソナ)
・高見沢俊彦
・谷村新司
・たんこぶちん
・つるの剛士
・寺田恵子
・天然デンネンズ
・寅谷利恵子
・落合祐里香
・DEL
・初田悦子
・広瀬倫子
・ボブとモヒカン
・BSどーもくんワールドソングズ
・浜谷真理子
・林部智史
・半田健人
・藤木直人
・マシコタツロウ
・松原健之
・三浦祐太朗
・幹てつや
・観月ありさ
・水谷千重子
・水戸ご当地アイドル(仮)
・山田タマル
・矢井田瞳
・八代亜紀
・わたなべゆう

◎ 作品提供
曲名の右側に記述の無いものは作曲
・相沢巧弥子 - 「day by day」
・アデオス×アデージョ - 「艶男艶女のLOVEバラード」
・宇都宮隆 - 「Ordinary Day」
・大塚利恵「パステルパラシュート」
・オニツカサリー - 「誰もがヒーロー」
・金子麻美 - 「笑わなくちゃ」(作詞・作曲)他
・KinKi Kids - 「コ・ハ・ル・ビ・ヨ・リ」
・岸谷香
・小寺可南子&墨谷美輝
・THE CONVOY
・たんこぶちん
・TVアニメちはやふる
・寺田恵子
・DEL - 「紅葉坂」
・寅谷利恵子 - 「堕恋」「Love is gone〜旅立ちの空」
・中山美穂 - 「キミがいるから」
・落合祐里香(現:長谷優里奈)
・初田悦子 - 「きみのママより」(作詞共作+作曲)「忘れてね」(作詞共作+作曲)「KISSのうた」(作詞・作曲)「mother」「パパにラブレター」「光」「星のピカリ☆」「僕らのラララ」「空へ」他
・藤原美穂 - 「Flower」
・水戸ご当地アイドル(仮) - 「NEBAPPE☆MITOPPO」(作曲)「いばらき おいしい パラダイス」
・八桜はづき - 「Future Eyes」「キミのツバサ」
・hitomi - 「LOVE2000」(作曲)「LOVE2020」「Destiny」
・peachy - 「ユメミルチカラ」
・sona(ユンソナ) - 「はちみついろ」「ハッピー・ドライブ」「Silent Blue」

◎ CM音楽

・ノンカロリーコカコーラ
・リゲイン
・ファブリーズ
・ヒルズ サイエンスダイエット
・イオンショッピングセンター
・キリン青汁
・ヤマサ青じそぽん酢
・東芝エレベータ
・第一製薬システィナC
・花王「ピュオーラアクア」
 ・アクア誕生篇・ネバつくお口に篇
・DHC
 ・「Pアップジェル」誕生篇
 ・「アスタキサンチンローション&ジェル」DHCの赤篇
 ・「アスタキサンチン コラーゲン オールインワンジェル」DHCの赤篇
・DMM「ポイント10倍キャンペーン」
・アイリスオーヤマ「トイレのモコモコ泡スプレー」(歌唱のみ)

◎ 舞台音楽

◇2001年
・ 劇団ダンダンブエノ 瓶出し公演「持ち上げる人」(脚本:林邦應&ダンダンブエノ、演出:林邦應・近藤芳正、新宿シアタートップス、1月24日~31日)
◇2003年
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「イカロスの翼」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月)
◇2004年
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「オリンピア」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月)
◇2005年
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「ラ・メール(原作/小中陽太郎「ラメール母」)」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月)
◇2006年
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「エリザベート・21世紀への手紙」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月)
◇2007年
・ 「研修医魂(けんだま)」(脚本・演出:岡本貴也、ル・テアトル銀座、1月16日~21日)
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「プレヴェールにささぐ」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月)
・ 「アダルトな女たち」(ワハハ本舗 セクシー寄席)(赤坂レッドシアター、8月1日~5日)
・ 「スイッチを押すとき」10月公演 新国立劇場小劇場(新国立劇場 小劇場、10月24日~11月4日)
◇2008年
・ 「青春ミステリ ロストデイズ」(脚本:米山和仁・千葉美鈴、演出:毛利亘宏、赤坂レッドシアター、5月9日~25日)
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「上海夜想曲」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月4日)
・「台風14号 もんしろ」(脚本・演出:岡本貴也、東京芸術劇場小ホール1、7月18日~27日、心斎橋そごう劇場、7月31日~8月3日、出演:大河元気、桐山漣、佐藤美貴、渋谷亜希、清水順二(30-DELUX)、ジャスミン、タイソン大屋(劇団☆新感線)、滝口幸広、中井出健、中川真吾、森若香織
・ 江頭美智留劇団 旗揚げ公演 クロックガールズ「結婚の条件」(脚本・演出:江頭美智留、スペース107、9月3日~8日)
◇2009年
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「不思議なシャンソンの国の彼女」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月3日)
◇2010年
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「イーハトーヴ2010」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月2日)
◇2014年
・ セカンド・シティデモンストレーションライブ(原宿クロコダイル、6月16日、18日、23日、30日)
・ 碧川るり子シャンソンミュージカル「太陽のレシピ」(脚本:碧川るり子、演出:松本美彦、草月ホール、7月4日)
・ THE EMPTY STAGE 2014(Palazzo Ducale Azabu、12月1日〜14日)
◇2015年
・「 惡 」(脚本・演出:岡本貴也、紀伊國屋ホール、出演:高岡奏輔、陳内将、西丸優子、川上ジュリア、青柳累斗、羽場裕一)
・ セカンド・シティEXPERIMENT LIVE~Road To THE EMPTY STAGE~
 ・ (代官山晴れたら空に豆まいて、3月4日)
 ・ (六本木Bee Hive、3月5日)
 ・ (六本木Club Edge、3月10日)
 ・ (六本木Bee Hive、3月11日)
・THE EMPTY STAGE 2015 summer(Palazzo Ducale Azabu、8月9日〜23日)
◇2016年
・THE EMPTY STAGE 2016 in Ginza(BENOA銀座、2月7日〜20日)
・THE EMPTY STAGE SEVEN colors(BENOA銀座、5月4日〜5日)
・THE EMPTY STAGE 2016 summer(BENOA銀座、8月1日〜14日)
・若様組まいる(天王洲銀河劇場、8月7日 - 14日、原作:畠中恵、脚本・演出:岡本貴也、出演:入江甚儀、 宮﨑香蓮、久保田秀敏、染谷俊之、秋元龍太朗、安川純平、佐伯大地、木戸邑弥、鎌苅健太、尾関陸、杉江大志、和合真一、板倉武志(犬と串)、岩井拳士朗、青木珠菜、根本正勝、中村誠治郎)
・シェイクスピア物語〜真実の愛〜(12月、KAAT神奈川芸術劇場)出演:上川隆也、観月ありさ
◇2017年
・シェイクスピア物語〜真実の愛〜(主演:上川隆也、観月ありさ、1月、KAAT神奈川芸術劇場・梅田芸術劇場メインホール・中日劇場)
・THE EMPTY STAGE JAPAN TOUR 2017
・ミュージカル「花・虞美人」(主演:凰稀かなめ、3月〜4月、赤坂ACTシアター・愛知県芸術劇場・森ノ宮ピロティホール)
・音楽喜劇「のど自慢」〜上を向いて歩こう〜(主演:森昌子、6月〜8月、東京国際フォーラム ホールC・新神戸オリエンタル劇場・中日劇場)
・THE EMPTY STAGE 2017 summer(BENOA銀座、8月14日〜27日)
・座・ALISA リーディングコンサート「天国と地獄」(主演:観月ありさ、12月、天王洲銀河劇場・サンケイホールブリーゼ)
◇2018年
・THE EMPTY STAGE 2018 winter(BENOA銀座、2月9日〜25日)
・雲のむこう、約束の場所(4月〜5月、東京国際フォーラム ホールC・NHK大阪ホール)
・THE EMPTY STAGE 2018 summer(BENOA銀座、8月6日〜19日)
・座・ALISA リーディングコンサート「キセキのうた」(主演:観月ありさ、春野寿美礼、湖月わたる、8月26日〜9月30日、セルリアンタワー能楽堂・サンケイホールブリーゼ・ウインク愛知)
・タイヨウのうた(9月5日〜10月14日、なかのZERO・NHK大阪ホール)
・音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード ~青空篇~」(作・演出:岡本貴也、有楽町よみうりホール、松方ホール、10月10日〜21日)
・愛と青春キップ(主演:Snow Man、演出:藤林美沙、オルタナティブシアター、京都劇場、10月〜11月)
◇2019年
・舞台「悪魔と天使」(主演:観月ありさ、1月、KAAT神奈川芸術劇場・梅田芸術劇場メインホール・御園座)
・THE EMPTY STAGE 2019 winter(BENOA銀座、COOL JAPAN OSAKA SSホール、2月9日〜3月17日)
・舞台「赤と黒 サムライ魂」(主演:里見浩太朗、5月〜6月、東京国際フォーラム ホールC・COOL JAPAN OSAKA TTホール・東海市芸術劇場)
・THE EMPTY STAGE 2019 Grand(新宿FACE、8月17日〜25日)
・かなめのカタチ(主演:凰稀かなめ、紀尾井小ホール、9月10日〜17日)
・我らが挑む「台本のない新喜劇」(ルミネtheよしもと、11月28日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、12月4日)
・THE EMPTY STAGE Musical Night & Countdown(BENOA銀座、2019年12月31日〜2020年1月1日)
◇2020年
・罪のない嘘(主演:佐藤B作、ヒューリックホール東京、クールジャパンパーク大阪WWホール、JMSアステールプラザ 大ホール、福岡市民会館、北九州芸術劇場 大ホール、ウインクあいち、1月〜3月)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、1月17日)
・市原悦子さんを偲んで追悼朗読会「まんが日本昔ばなし」(セルリアンタワー能楽堂、1月26日)
・THE EMPTY STAGE 2020 Grand(新宿FACE、2月3日〜8日)
・THE EMPTY STAGE WEST(YESシアター、2月23日)
・レインボー1日ライブ『虹色学園』in幕張 特別公演『レインボーだけの即興ミュージカル』(幕張吉本劇場、2月24日)
・東日本大震災復興支援朗読会「まんが日本昔ばなし」(セルリアンタワー能楽堂、3月11日)
・グッバイ・チャーリー(主演:凰稀かなめ、演出:樫田正剛、博品館劇場、3月19日〜22日)
・THE EMPTY STAGE at Home(SHOWROOM配信、5月22日)
・THE EMPTY STAGE at Home(SHOWROOM配信、6月21日〜28日)
・音楽劇『モンテ・クリスト伯ー黒き将軍とカトリーヌー』(主演:凰稀かなめ、明治座、8月16日~23日)
・舞台『LOCKDOWN』(作・演出:岡本貴也、新宿村LIVE、8月22日~30日)
・浪漫舞台『走れメロス』〜文豪たちの青春〜(主演:内博貴、ヒューリックホール東京、名古屋市公会堂、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、9月)
・THE EMPTY STAGE LINK(よしもと∞ドーム、10月23日)
・グッバイ・チャーリー(主演:凰稀かなめ、演出:樫田正剛、六行会ホール、11月4日〜8日)
・THE EMPTY STAGE 脳破壊(よしもと∞ドーム、11月27日)
・THE EMPTY STAGE GRAND(よしもと有楽町シアター、12月)
・THE GREATEST ATTENDANTMAN(主演:凰稀かなめ、赤坂RED theater、12月)
◇2021年
・ドクターブルー(主演:内博貴、KAAT神奈川芸術劇場、NHK大阪ホール、御園座、1月-2月)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、3月26日)
・舞台『WELL』~井戸の底から見た景色~(主演、藤原祐規、上西恵、演出:岡本貴也、新宿村LIVE、4月6日~11日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、4月27日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、6月5日)
・ミュージカル「MONOCHROME MAN」(演出:藤林美沙、すみだパークシアター倉、7月7日~11日)
・ATTENDANT X(主演:凰稀かなめ、博品館劇場、10月)
・「朗読活劇 信長を殺した男 2021」(演出:岡本貴也、神田明神ホール、11月24日~26日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、12月4日)
◇2022年
・THE EMPTY STAGE (よしもと∞ドーム、1月22日)
・THE EMPTY STAGE (よしもと有楽町シアター、1月26日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、2月19日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、2月26日)
・いばらき民話ミュージカル「ダイダラボウ」「四ひきのキツネ」(ザ・ヒロサワ・シティ会館、3月12日)
・浪漫舞台『走れメロス』〜文豪たちの青春〜(主演:内博貴、自由劇場、森ノ宮ピロティホール、3月)
・劇団4ドル50セント オリジナル公演『Take Off』(演出:岡本貴也、シアターグリーン BOX in BOX THEATER 3月17日~22日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、3月18日)
・シェイクスピア物語〜真実の愛〜(4月15日 - 24日、KAAT 神奈川芸術劇場ホール / 5月20日 - 22日ま、森ノ宮ピロティホール)
・舞台「無人島に生きる16人」(こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ 4月15日〜24日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、4月29日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと神保町漫才劇場、5月4日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、5月23日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、6月2日)
・劇団4ドル50セント オリジナル公演『Take Off』(演出:岡本貴也、シアターグリーン BOX in BOX THEATER 6月16日~19日)
・リプシンカ 〜ヒールをはいた男?たち〜(6月17日 - 19日、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール / 6月22日 - 26日、博品館劇場)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、6月25日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、7月18日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと神保町漫才劇場、7月27日)
・THE EMPTY STAGE THE NEWS SHOW(よしもと有楽町シアター、8月8日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、8月17日)
・シス×ブロ「ひざ小僧の戯れ The Musical」(ウッディシアター中目黒、11月9日〜13日)
・ココロ踊ル「ダンスピアの消失」(六行会ホール、11月9日〜13日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、11月19日)
・舞台「歌って走って笑って踊ってキャラバンバン」(高知県南国市MIARE、11月26日〜27日)
・Revive~by Beginning~(主演:凰稀かなめ、博品館劇場、12月2日〜4日)
・THE EMPTY STAGE(よしもと∞ドーム、12月17日)
◇2023年
・音楽劇「李香蘭-花と華-」(主演:西内まりや、新宿サザンシアター、1月13日〜22日)
・いばらき民話ミュージカル(ザ・ヒロサワ・シティ会館、1月14日)
・「朗読活劇 信長を殺した男 2023」(演出:岡本貴也、東京芸術劇場シアターウエスト、4月27日~30日)
・THE EMPTY STAGE「THE YOUSICAL SHOW」(よしもと∞ドーム、5月28日)演奏、企画演出
・「舞台『まんが日本昔ばなし』伝説・桃太郎~鬼の絆~」(主演:和田優希(SpeciaL/ジャニーズJr.)、ヒューリックホール東京、6月7日~11日)
・THE EMPTY STAGE Grand 2023 summer(グレースバリ銀座店 グレースバリ~グランデ~、8月5日〜18日)
・ミュージカル「Neo Doll」(演出:児玉明子、脚本:中井由梨子、総合演出・振付:良知真次、主演:平井桃伽、浜浦彩乃、生田輝、涼邑芹、林鼓子、矢島美音、川崎愛香里、佐當友莉亜、下野由貴、北原侑奈、傳谷英里香、明音亜弥、牧浦乙葵、晴音アキ、飛龍つかさ、天寿光希、斎賀みつき(声の出演)、シアターサンモール、8月18日~27日)
・舞台劇「ぼくと14人のボクの夏休み」(2023年8月23日〜27日、アトリエファンファーレ東新宿 脚本:佐藤正宏 演出:ポケ) 

◇2024年

・THE EMPTY STAGE(よしもと神保町漫才劇場、1月8日)

・ポケットミュージカルス(ルミネtheよしもと、1月25日)

・劇団ミュ ミュージカル「Liebe シューマンの愛したひと」(2024年1月27日〜2月5日、シアター711 脚本演出:岡本貴也) 

◎ DVD音楽
矢島舞美 「わたしの季節」(2016年9月28日、zetima)

◎ 映画音楽

・ 『DAZE』(浅井健監督、1995年)
・ 『セルロイド・プラネット』(近藤勇一監督、1998年)
・ 『さゞなみ』(長尾直樹監督、2002年)
・ 『寄り添う二人』主演・根本正勝、やまだまいこ (原田光規監督、2008年)
・ 『ストロボ』(A・T監督、2014年)いばらきショートフィルム大賞受賞。
・ 『キモチラボの解法』(A・T監督、2017年)
・ 『IMC』(ArK監督、2018年)いばらきショートフィルム大賞受賞。
・『王子様のハンカチ』(岡本貴也監督、2019年)さぬき映画祭2019・7位受賞。
・『YELLOW』(岡本貴也監督、2019年)
・『ドブ殺しは愛のきらめき』(合田雄太監督、2021年)

◎ ドラマ音楽

・ 『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム、2016年)
・『私は誰ですか?〜太郎に何が起こったか〜』(YouTube、ドリームプラスチャンネル、2020年、脚本:江頭美智留、演出:岡本貴也、出演:秋元龍太朗、中村守里、高木勝也、キンタロー。、門田宗大、折井あゆみ、萩原護、大澤有紗)
・『私は誰ですか?〜花子に何が起こったか〜』(YouTube、ドリームプラスチャンネル、2020年、脚本:江頭美智留、演出:岡本貴也、出演:福田沙紀、古屋呂敏、時任勇気、富山えり子、小西はる、小板橋みすず、合田雅吏、島田勇矢) 
・『ステイ・ホーマー』(YouTube、ドリームプラスチャンネル、2020年、脚本:李正姫、演出:岡本貴也、出演:辰巳琢郎、柳ゆり菜、中村誠治郎、伴アンリ) 
・『食わざるもの、DON’T WORK』(ニッポン放送×吉本興業 ラジオドラマを初共同製作Podcastドラマ)2021年。音楽監督
・『あなたはだんだん欲しくなる』(2022年7月7日 - BS-TBS)

◎ その他

・ 埼玉県小川町伝統工芸館・館内VTR音楽(1990)
・ 茨城県北茨城市新しい童謡・作曲(2008)

● キーボードサポート歴(ツアー、コンサート、レコーディング)

・THE ALFEE
・赤坂晃
・麻倉未稀
・朝澄けい
・アップル&ペアーズ
・彩乃かなみ
・いきものがかり
・石井一孝
・石井里佳
・井上希美
・今泉りえ
・岩崎宏美
・稲垣潤一
・ウイリアム
・梅田彩佳
・浦井健治
・大黒摩季
・大塚千弘
・大塚利恵
・大友康平
・岡田浩暉
・落合祐里香(現:長谷優里奈)
・海宝直人
・梶原秀剛
・金子麻美
・カン・テウル
・CASPEL
・岸谷香
・GUNECO
・久野綾希子
・研ナオコ
・今拓哉
・小寺可南子
・近藤真彦
・THE CONVOY
・坂元健児
・咲妃みゆ
・早霧せいな
・紫吹淳
・城田優
・鈴木勝吾
・鈴里真帆
・speena
・sona
・染谷洸太
・ソンモ
・貴城けい
・高田志麻
・高橋由美子
・田口理恵
・田代万里生
・谷村新司
・田原俊彦
・Chage
・剣幸
・DEPAPEPE
・デブパレード
・DEL
・天然デンネンズ
・戸井勝海
・中村雅俊
・夏川りみ
・新妻聖子
・新納慎也
・二宮愛
・沼尾みゆき
・猫沢エミ
・野島直人
・Birthday Suit
・初田悦子
・浜谷真理子
・原田優一
・半田健人
・樋口麻美
・平原綾香
・Peachy
・平方元基
・ピンボール・ドライブ
・藤岡正明
・鳳翔大
・増田有華
・松下洸平
・水夏希
・碧川るり子
・三浦祐太朗
・観月ありさ
・水谷千重子
・宮原理子
・美弥るりか
・諸星和己
・八代亜紀
・山田タマル
・吉田このみ
・Lunakate
・ミュージカルRENT
・渡瀬マキ

● テレビCM (本人出演)

・ UCCコーヒースーパーアロマ(2001年)

● テレビCM (ナレーション)

・ リゲイン(テニス編)(2003年)

● テレビ

・ 歌スタ(日本テレビ)
・ 音燃え(日本テレビ)
・ 千原兄弟プレゼンツ ザ・タイコバン(BSフジ)

● ラジオ

・ 鎌田雅人のなるはやでよろしく 隔週水曜日18:30頃~(FMひたち)※終了

● 使用機材

◇ シンセサイザー
・ ROLAND FANTOM G8
・ ROLAND RD2000
・ ROLAND VP550
・ YAMAHA MOTIF XS6
・YAMAHA MOXF 8
・ KAWAI MP9000
・ Ensoniq TS12
・ YAMAHA DX7
・ KORG MS2000
・ KORG TRINITY
・NUMA COMPACT2
◇ オルガン
・ HAMMOND PORTA-B
・ HAMMOND XK3
・YAMAHA Reface YC
◇ アコーディオン
・ PAURO SOPLANI
◇ 鍵盤ハーモニカ
・ SUZUKI PRO-37 V2

● 賞

・ 日本音楽振興財団笹川作曲賞 吹奏楽曲部門第二位(1992年)
・ ミスターワトソン作曲賞 グランプリ(1993年)
・ 第42回日本レコード大賞 優秀作品作曲賞(2001年)

「鎌田雅人」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月24日17時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター