好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
金子マリ


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

金子 マリ(かねこ マリ、本名:金子眞利 (かねこ まり) 、1954年12月1日 -)は、日本の歌手、ミュージシャン。東京都世田谷区下北沢出身。 “下北のジャニス”なる異名をもつ。 元夫はドラマーのジョニー吉長(1999年離婚。離婚まで吉長が金子姓を名乗っていた)。2人の間の息子は、RIZEのドラマー金子ノブアキとベーシストのKenKen(金子賢輔)である。2007年放送のNHK「食彩浪漫」に出演、料理レシピを公開、2人の息子の子育てについても語った。歌手活動の他、家業の葬儀屋を継ぎ、1993年より三代目代表に就任した。

● 経歴

・1972年 - キャロルのライブでCharと出会い、バンド「スモーキー・メディスン」を結成。1974年解散。
・1974年 - 難波弘之らとバンド「金子マリ&バックスバニー」を結成。 :オリジナルメンバーは金子マリ(Vo)、永井充男(g)、鳴瀬喜博(b)、難波弘之(key)、橋本英晴(ドラムス)
・1975年 - 上田正樹と有山淳司『ぼちぼちいこか』で、"下北沢のマリちゃん"としてバックコーラスを務める。
・1977年 - 金子マリ&バックスバニー名義で『ライヴ』を発表。マーヴィン・ゲイやジャニス・ジョプリンのカヴァーも収録。
・1978年 - 有山淳司のアルバム『ありのままじゅんじ』で、"小田急小梅"としてバックコーラスを亀渕友香と共に務める。
・1979年 - 桑名正博のシングル「セクシャルバイオレットNo.1」でバックコーラスを亀渕友香と共に務める。
・1981年 - バンド「Voice&Rhythm」を結成。
・1981年 - 加川良のシングル「ゴスペル -嘘でもいいから-」(井上憲一プロデュース)でバックコーラスを亀淵友香とともに務める。
・1983年 - Charと佐藤準をプロデューサーに迎え、初のソロアルバム『MARI FIRST』をリリース。
・1987年 -米米CLUBのシングル「sure dance」にコーラスとして参加。
・1988年 - RCサクセションのアルバム『COVERS』にゲスト参加。RCサクセションのツアーにも帯同。
・1991年 - 米米CLUBのツアー「ANTI SHARISHARISM 右脳と左脳の恋物語」に数カ所でコーラスとして参加(ライブビデオでもその時の様子が収録されている)。また、同年発表のアルバム『K2C』、シングル「ひとすじになれない」にもコーラスで参加。
・1992年 - バンド「MAMA」を結成。 :金子マリ(Vo、A.G.、Cho.)、井上憲一(G、Cho.。ex?サンディー&ザ・サンセッツ。)、藤井裕(B、Cho.。ex-上田正樹とサウス・トゥ・サウス。)、松本照夫(D、Cho.。ex-ウエスト・ロード・ブルース・バンド。)、ロケット・マツ(Key.、Cho.)
・1993年 - 吉田建をプロデューサーに迎え、2ndソロアルバム『JUST LOVE』をリリース。
・1994年 - MAMAのデビュー・アルバム『Wie Pie』をリリース。
・1995年 - 有賀啓雄をプロデューサーに迎え、3rdソロアルバム『River of Life』をリリース。
・2005年 - バンド:金子マリpresents 「5th Element will」を結成 :岩田浩史(g)、森園勝敏(g、四人囃子)、大西真(b)、石井為人(key)、松本照夫(dr)
・2006年 - 忌野清志郎、有山じゅんじ、高野寛、向井秀徳、佐野元春、浜崎貴司、木村充揮、矢野顕子、さだまさし、山路敦、Char、KenKen、金子ノブアキら豪華ゲストを迎え4thソロアルバム『B-ethics』をリリース。
・2008年 - 2月にカバーアルバム『金子な理由』、12月に金子マリ渋谷毅名義で「MARI SINGS ALONG WITH SHIBUYA-SAN」をリリース。
・2009年 - フラワーカンパニーズのコンピレーション・アルバム『深夜高速 -生きててよかったの集い-』に参加。
・2014年 - 1月に『Mari Kaneko Presents 5th Element Will Featuring Kyoichi Kita』(5th Element Will+北京一〈きたきょういち〉)をリリース。
・2015年 - DVD『MARI KANEKO 60th BIRTHDAY LIVE 金子な理由』をリリース。
・2020年 - 野村義男のソロアルバム『440Hz with〈LIFE OF JOY〉』12曲目収録「レッツ・ラ・ゴォー!」にボーカルで参加。 現在:金子マリpresents「5th Element will」で活躍 :なお、「スモーキー・メディスン」や「金子マリ&バックスバニー」はイベントなどで再結成されている。

● ディスコグラフィ


◎ 金子マリ&バックスバニー名義

○ シングル

 CBSソニー
   1976年  A  あるとき  金子眞利 谷口康清    鳴瀬喜博    EP    06SH4
 B  夕焼けの詩(西岸良平に捧ぐ)  金子眞利

○ アルバム

・ MARI & Bux Bunny(1976年)
・ ライブ We Got To(1977年)
・ Shoot the moon(1978年)
・ The Super-natural(1979年)
・ アルバム・コンプリート・ボックス(CD 4枚組限定品)(2017年)
 ・ 「MARI & BUX BUNY」「The Super Natural」は初のCD化

◎ 金子マリ名義

○ アルバム

・ MARI FIRST(1983年9月、バップレコード、30121-28)- 2004年にデジタル・リマスター盤・紙ジャケット仕様で再発。
・ JUST LOVE(1993年)
・ River of Life(1995年)
・ B-ethics(2006年)
・ 金子な理由(2008年)
・ MARI SINGS ALONG WITH SHIBUYA SAN(2008年)
・ Mari Kaneko Presents 5th Element Will Featuring Kyoichi Kita(2014年)

◎ The Voice & Rhythm名義

○ アルバム

・ ボイスればリズムる(1983年)

◎ MAMA名義

○ アルバム

・ Wie Pie(1994年6月、江戸屋レコード、EDCR-709)

◎ 映像作品

・ MARI KANEKO 60th BIRTHDAY LIVE 金子な理由(2015年)
・ 金子マリ & BUX BUNNY 2017.3.16『アルバムコンプリート・ボックス』発売記念LIVE~そして長い旅~ オンデマンド(DVD-R) (2017年) :下北沢GARDENにて開催された発売記念ライブをDVD化 :オリジナルメンバー、”SPECIAL GUEST DRUMMER”古田たかし、金子ノブアキ(RIZE)が参加。 ノーカットMCを含む139分収録

「金子マリ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月29日18時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター