好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
THE COLLECTORS


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

THE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)は、日本のロックバンド。 ブリィティッシュ・ロックに影響を受けた加藤ひさしが中心となって結成。以来、モッズのスタイルを変えずに活動をしている。ネオモッズ、ネオGS、はたまたビート系バンドの元祖などと様々な冠を付けられている。 オフィシャル・ファンクラブの名称は『コレクトロン』。 ポッドキャストは『池袋交差点24時』。

● 概要
1979年、加藤ひさしが高校時代の同級生と、バンド「THE BIKE(元エキセントリック・ジャム)」を結成。当時はパンキッシュな楽曲が多かった。またザ・コレクターズ結成後にも演奏する楽曲が多数あり、例として「がんばれG.I.Joe」や「TOO MUCH ROMANTIC」などは、この頃から存在する楽曲である。 1985年にメンバーが増え、バンド名をTHE BIKESに改め活動するも、同年に解散。 代表曲として、「世界を止めて」「いいことあるさ」「愛ある世界」「僕はコレクター」「悪の天使と正義の悪魔」「NICK NICK NICK」などが挙げられる。また「CHEWING GUM」(WRIGLEY'S CHEWING GUM)の演奏に合わせて、オーディエンスがステージにチューインガムを投げるライブ・パフォーマンスも知られている。 バンド名は、テレンス・スタンプ主演の映画『コレクター』に由来する。

● メンバー

・加藤ひさし :(かとう ひさし、本名:加藤 弥) :生まれ :リーダー、ボーカル担当。 :矢沢永吉の多くの楽曲の作詞も手がけるなど、作詞家・作曲家としても活動している。 :血液型はA型。
・古市コータロー :(ふるいち コータロー、本名:古市 耕太郎) :生まれ :ギター担当。 :現在までに5枚のソロアルバムを発表している。ザ・コレクターズのバンドTシャツのデザインを数多く制作している。 :血液型はO型。
・山森 JEFF 正之 :(やまもり ジェフ まさゆき、本名:山森 正之) :生まれ :ベース担当。 :ザ・シャムロックの元メンバー。現在はオレンジズ(The Oranges)やザ・ピノキオズ(The Pinocchios)、ジューシィ・フルーツ、瞳みのる&二十二世紀バンドでも活動している。 :2014年4月にサポートメンバーとして参加し、同年11月22日のライブ中に正式メンバーとして加入することを発表した。阪神タイガースファンであり、音楽家になる前は阪神の選手になることが夢だったという。血液型はA型。
・古沢 'cozi' 岳之 :(ふるさわ コーヂ たかゆき、本名:古沢 岳之) :生まれ :ドラムス担当。 :元FURS、Raspberry Circusのメンバーであり、CHANGE ENERGY'Sでも活動するドラマー。 :2016年6月にサポートメンバーとして参加し、翌年1月7日に正式メンバーになったことが発表された。血液型はO型。

● 旧メンバー

◇阿部耕作 :生まれ :ドラムス担当。 :愛称は、別名である「阿部“Q”耕作」から「Qちゃん」。 :NEW BOOTS & PANTIES、チリヌルヲワカの元メンバー。1991年のメンバー・チェンジの際、オーディションを経てバンドに参加した。“謎の宇宙人3人組”バンドLOVE JETSでは忌野清志郎、太田要と共に『天才てれびくん』(NHK教育TV/NHKワールド・プレミアム)のオープニングテーマを担当した。現在はqps、TAIJI at THE BONNET、the castanetsなどのメンバーとしても活動する。 :2016年6月まで在籍。血液型はA型。
◇小里誠 :生まれ :ベース担当。 :ORIGINAL LOVE(元THE RED CURTAIN)、ピッキーピクニックの元メンバー。ピッキーピクニックでは「飛鳥優司」という名義で活動していた。 :女性ボーカルのマサミとのユニット「Francis」の名義でソロアルバムを1枚発表している。2015年にソロ活動を再開した。 :2014年3月まで在籍。血液型はA型。
◇リンゴ田巻 :生まれ :ドラムス担当。 :2006年に、かつて加藤ひさしと共に在籍していたバンド「THE BIKE」の楽曲である『僕はひどいパラノイア』を、加藤とリンゴ、古市の3人でスタジオ・レコーディングする。詳細は下記の来歴を参照。 :1991年1月まで在籍。
◇チョーキーとしはる :生まれ :ベース担当。 :2014年5月10日、古市コータロー誕生日記念ライブ「KOTARO 50th BIRTHDAY LIVE "SWEET ROAD TO YOUTH"」にて久しぶりに公に姿を現し、メンバーと共にベースで「TOO MUCH ROMANTIC」を演奏した。 :1991年1月まで在籍。血液型はA型。
◇大名 :生まれ :ギター担当。 :POWのメンバー。レコーディングには参加していない。 :1986年9月まで在籍。血液型はO型。
◇勝本幸浩 :ベース担当。 :愛称は「カッちゃん」。レコーディングには参加していない。 :1986年9月まで在籍。

◎ 旧サポートメンバー

◇鈴木淳 :生まれ :ベース担当。 :愛称は「じゅん」。 :THE CHEWINGGUM WEEKENDの元メンバー。現在はカミナリグモのサポートベースを担当している。 :2014年のライブツアー「THE COLLECTORS TOUR 2014 "DA DA DA"」の全26公演中6公演でベースを担当した。

● 来歴


◎ 1980年代

・ 1986年
 ・ 2月、東京モッズシーンの中核をなしていたバンド「THE BIKE」で活動していた加藤ひさしとリンゴ田巻他2人で、ザ・コレクターズを結成。初のライブ出演は渋谷の屋根裏 (現在は閉業)で行われた。2人のメンバー脱退に伴い同年9月、THE FACEなどで活動していた古市コータロー、チョーキーとしはるの2人が加入。
 ・ 11月3日、新宿JAMで初のワンマンライブを行う。
・ 1987年
 ・ 7月17日、インディーズ・レーベルのMINT SOUND RECORDSから、インディーズ盤アルバム『ようこそお花畑とマッシュルーム王国へ』をリリース。ザ・コレクターズがデビュー前に作成した唯一のフルアルバムである。
 ・ 11月21日、テイチクエンタテインメントのレーベル「BAIDIS」より『僕はコレクター』でアルバムデビュー。
 ・ 11月26日、メジャーデビュー記念ライブを渋谷Live inn (現在は閉業)で行う。
・ 1988年
 ・ 3月、初の全国ツアーを実施。
 ・ 6月21日、アルバム『虹色サーカス団』をリリース。
・1989年
 ・ 4月21日、アルバム『ぼくを苦悩させるさまざまな怪物たち』をリリース
 ・ 10月、全国ツアーを実施。ツアー中のライブ入場者全員にオリジナル・ソノ・シート「恋はヒートウェーヴ」を配布。ゲスト・ミュージシャンに桑村達人。奥平イラがジャケットのデザインをした。

◎ 1990年代

・ 1990年
 ・ 4月21日、アルバム『PICTURESQUE COLLECTORS' LAND 〜幻想王国のコレクターズ〜』をリリース。
 ・ 5月18日、日本青年館ホールライブ「PEEPING THE COLLECTORS HALL」を行う。
 ・ 8月2日、9日、16日、日清パワーステーション(現在は閉業)でライブ「ザ・コレクターズの木曜の夜はスペシャル」を行う。3週連続入場者にオリジナル・ソノ・シート「明治通りをよこぎって」を配布。オリジナルのすごろくゲーム付き。
・ 1991年
 ・ 1月、リンゴ田巻、チョーキーとしはるが脱退。後に、小里誠と阿部耕作が加入する。
 ・ 2月、レーベルをテイチクエンタテインメントのBAIDISレーベルから、日本コロムビアのレーベル「TRIAD」に移籍。
 ・ 3月9日、メンバーチェンジ後、初のライブ「NEW COLLECTORS OPENING LIVE “WANT YOU”」を、日清パワーステーションにて行う。
 ・ 7月に、ピチカート・ファイヴの小西康陽のプロデュースによるアルバム『COLLECTOR NUMBER.5』をリリース。
・ 1993年
 ・ 1月21日、アルバム『UFO CLUV』と、シングル「世界を止めて」を同時発売。
 ・ 2月、楽曲「世界を止めて」がFM802のヘヴィーローテーションになったのをきっかけにスマッシュヒットとなる。当時この曲のミュージック・ビデオが無かったので、ヒット後に急いで作ったという。
 ・ 古市コータローの交渉もあって、渋谷CLUB QUATTROが率先して日程を組み、7月25日、8月29日、9月26日、渋谷CLUB QUATTROでライブを行う。その後のライブ公演のサポートベースを山森 JEFF 正之と鈴木淳が担当した。
 ・ 5月24日より公開の映画『キカイダー REBOOT』の主題歌を担当した。
 ・ 7月23日、アルバム『鳴り止まないラブソング』をリリース。小里誠の脱退に伴い、山森 JEFF 正之が全収録曲のサポートベースを務めた。
 ・ 7月30日、加藤ひさしと松本素生(GOING UNDER GROUND)によるインターネット生配信番組「加藤ひさしのコロムビア大行進」が放送開始。
 ・ 11月22日、山森 JEFF 正之が正式加入。その後のサポートドラムを、バンドと関わりが深くCHANGE ENERGY'S、元FURSのメンバーである古沢 'cozi' 岳之が務める。
 ・ 12月7日、アルバム『Roll Up The Collectors』をリリース。
・2017年
 ・ 1月7日、古沢 'cozi' 岳之が正式加入。
 ・ 3月1日、初の日本武道館ワンマンライブを行う。
・2018年
 ・ 11月7日、アルバム『YOUNG MAN ROCK』をリリース。
 ・ 11月22日から4日間、初のギャラリー展「THE COLLECTORS EXHIBITION 2018″THIS IS MODS GEAR.”」が行われる。
 ・ 11月23日、ドキュメンタリー映画「The Collectors〜さらば青春の新宿Jam」が公開される。監督は川口潤。

◎ 2020年代

・ 2020年
 ・ 11月18日、アルバム『別世界旅行〜A Trip in Any Other World〜』をリリース。
・ 2021年
 ・ 1月5日、加藤ひさしと古市コータローによる「池袋交差点24時 ラジオ版」が全国のコミュニティFM局で放送開始。
 ・ 6月26日、大阪城音楽堂で結成35周年ライブを行う。
・ 2022年
 ・ 3月13日、2度目の日本武道館ワンマンライブを行う。
 ・ 11月23日、アルバム『ジューシーマーマレード』をリリース。

● 関連人物


◎ ザ・コレクターズと交友のある主なアーティスト

・ the pillows
 ・ the pillowsが主催のライブ・ツアー『Born in The '60s Tour』にて共演。影響を与えたアーティストの一つともいえる。また、ボーカルである山中さわおは、ザ・コレクターズの前身バンドであるTHE BIKEのファンでもある。
・ 怒髪天
 ・ 上記と同じく、『Born in The '60s Tour』にて共演している。また、彼らのシングル『歩きつづけるかぎり』のミュージック・ビデオに、加藤が出演している。
・ TOMOVSKY
 ・ 上記と同じく、『Born in The '60s Tour』にて共演している。ザ・コレクターズが与えた影響は大きい。彼が学生の頃、学園祭のライブにてザ・コレクターズの楽曲をカバーしたという。
・ The ピーズ
 ・ 上記と同じく、『Born in The '60s Tour』にて共演している。ギターの安孫子義一は、古市を称賛している。
・ スピッツ
 ・ スピッツが主催のライブ・イベント「新木場サンセット」に、ザ・コレクターズが出演している。また、加藤と古市によるポッドキャスト「池袋交差点24時」にて、ボーカルの草野マサムネとベーシストの田村明浩が出演した。
・ ROLLY
 ・ 大のコレクターズマニアで有名であり、好きな曲は「あの娘は電気磁石」。かつて彼と加藤ひさし、吉田仁で、バンド「21st Century Stars」を結成しており、シングル『21世紀のラヴァーズ』をリリースしている。
・ GOING UNDER GROUND
 ・ 音楽プロジェクト「ロックの学園」のライブにて共演。ザ・コレクターズの楽曲「世界を止めて」を披露した。またロックの学園の加藤の講義に、ボーカルの松本素生が同席することも多い。
・ THE BLUE HEARTS
 ・ 加藤ひさしがザ・コレクターズを結成する以前、彼らが加藤にベーシストになるよう誘っていた。2010年に発売された彼らのトリビュート・アルバム『THE BLUE HEARTS "25th Anniversary" TRIBUTE』にて、彼らの楽曲「リンダリンダ」をカバーしている。
・ 奥田民生
 ・ アルバム『ロック教室〜THE ROCK'N ROLL CULTURE SCHOOL〜』にて共演。トリビュート・アルバム『奥田民生・カバーズ』では、彼の楽曲「花になる」をカバーしている。2015年4月26日にARABAKI ROCK FEST.15で行われたザ・コレクターズのトリビュート・イベント「THE COLLECTORS SUPER TRIBUTE -愛ある世界-」にも出演し、「たよれる男」を歌った。
・ ピチカート・ファイヴ
・ オレンジズ
・ 加山雄三
・ ヒックスヴィル

◎ ザ・コレクターズのプロデューサーとして関わった人物

・ 吉田仁
 ・ SALON MUSICのメンバー。ザ・コレクターズの数多くの楽曲、アルバムのプロデュースを手がけた他、加藤とバンド「21st Century Stars」を結成するなど交流が深い。加藤は、吉田仁がいなかったら『SUPERSONIC SUNRISE』が今のサウンドで完成しなかったと語っている。
  2012年   未来地図   フジテレビ系『生田くん、ハイ』11月度エンディングテーマ
  2013年   プロポーズソング   フジテレビ系『魁音楽番付 Eight』2013年1月〜3月度エンディングテーマ
    2014年   DaDaDa   NHK Eテレ アニメ『おじゃる丸』エンディングテーマ(第17シリーズ)
  ゴーゴー・キカイダー REBOOT2014   東映配給映画『キカイダー REBOOT』主題歌
  2016年   悪の天使と正義の悪魔   フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』エンディングテーマ(第73話 - 第83話)
  2018年   明治通りをよこぎって (リミックス・バージョン)   映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』主題歌


● ヘビーローテーション/パワープレイ


◎ ラジオ

  1993年   世界を止めて   FM802 1993年2月度ヘビーローテーション
  1995年   Good-bye   NORTH WAVE 1995年4月度POWER PLAY
  1996年   涙のレインボーアイズ   ABCラジオ『ABCミュージックパラダイス』1996年6月度ミューパライチ押しナンバー
  1997年   GIFT   FM NACK5『JAPANESE DREAM』1997年9月度 歴代JDグランプリ受賞曲


● 関連書籍

・ ザ・コレクターズ大頭鑑 (2008年10月16日 音楽出版社)
・ THE COLLECTORS PHOTOGRAPHS 2002-2010 (2010年4月25日 株式会社ワンダーガール)
・ 池袋交差点24時 (2012年9月7日 Pヴァイン・ブックス)
・ DONUTザ・コレクターズ・ツアーブック2014 (2014年7月21日 有限会社スタジオ・エム・オー・ジー)
・ The Collectors ANTHOLOGY 30th Anniversary Book(2017年2月25日 シンコーミュージック)
・ 愛蔵版 THE COLLECTORS Gear Book(2017年2月28日 株式会社プレイヤー・コーポレーション)

● メディア出演


◎ 映画

・ THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM(2018年11月23日公開)監督:川口潤

「ザ・コレクターズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月22日6時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター