好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
石間秀機


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

石間 秀機(いしま ひでき、1944年3月21日 -)は、日本のロックギタリスト。インド音階を駆使したラーガ奏法のシタール奏者。北海道札幌市出身。以前は、「石間秀樹」や「石間ヒデキ」の芸名で活動していた。

● 来歴
高校卒業後に本格的にギターを始め、札幌で「ジャローズ」というバンドを結成。その後上京し、1966年にGSグループ「ジ・アウトロウズ」(後にザ・ビーバーズと改名)を結成。1967年シングル「初恋の丘」でデビューしたが、1969年解散。 同年、内田裕也に誘われ、ロックバンド「フラワーズ」にリード・ギタリストとして参加する。同バンドはメンバー・チェンジを経て「フラワー・トラベリン・バンド」(通称:FTB)となり、翌年アルバム『anywhere』でデビュー。アルバムほぼ全曲の作曲を担当するなど、ボーカルのジョー山中とともに中心メンバーとして活躍した。 1973年、「フラワー・トラベリン・バンド」解散。解散後はソロアルバム『ONE DAY』(石間ヒデキ名義)の製作・杉田二郎とのコラボレーションを行う。 1974年、チト河内・篠原信彦・後藤次利らとともにトランザムを結成。アルバム『トランザム』などを製作したが、翌年脱退。以後はソロのミュージシャンとして、ジョー山中などのアルバムに参加。 1980年、GS時代からの盟友・萩原健一と「ドンジュアンR&Rバンド」 を結成。精力的なライヴ活動を行う一方、『DONJUAN』(80)、『デランジェ』(82)などのアルバムを製作。 1983年、神代辰巳監督の映画『もどり川』の音楽を担当。1985年には、沢田研二とバンド「CO-CóLO」を結成。88年までにアルバムを3枚製作し、ツアーも積極的に行った。 1995年ごろにインドに渡る。 1998年インド・ビシュヌプール派最高峰のシタール奏者・パンディット・モニラグ・ナグと出会い、彼に師事。その後、シタールとギターを融合させたオリジナル楽器・シターラを開発し、シターラ・シタールによる本格的活動を開始。 2000年、篠原信彦とユニット「Pythagoras Party」を結成。屋敷豪太などを共演者に迎え、アルバム『MORE-ish』をリリース。
・ 頭脳警察のパンタとは40年来の親交がある。英語詞が主体であったフラワー・トラベリン・バンドと、日本語ロックを標榜した頭脳警察とは、音楽的には対立する部分もあったが、ともに実力は認め合っており、石間は1972年の頭脳警察のアルバム『頭脳警察3』に楽曲参加している。
・ 高崎晃、ROLLY、スウェーデンのプログレッシブ・メタルバンド・「オーペス」のリーダーのミカエル・オーカーフェルト は、自身が影響を受けたギタリストの一人に、石間の名前を挙げている

● ディスコグラフィー
「ザ・ビーバーズ」、「フラワーズ」、「フラワー・トラベリン・バンド」、「トランザム」、「CO-CóLO」のメンバーとしての活動は、当該項目を参照

◎ アルバム

・ ONE DAY (1973年)- 「石間ヒデキ」名義、唯一のソロアルバム

◎ 参加作品

・切狂言(1970年)- クニ河内とかれのともだち(クニ河内、ジョー山中、石間秀樹)名義
・瀬川洋 『ピエロ』 1972年
・ 頭脳警察 『頭脳警察3』 12「光り輝く少女よ」 1972年
・ 杉田二郎 『夢袋』 1974年
・ 中山ラビ 『ラビ 女です』 1975年
・ ジョー山中 『新しい世界へ』 1977年
・ クニ河内 『愛はまだ氷りついたまま』 1977年
・ 佐々木久美 『長唄』 1978年
・ ジョー山中 『武道館ライブ』 1978年
・宇宙循環 (1978年、篠原信彦とのユニット「BAND AIDE」名義)
・ ジョー山中 『GOIN' HOME 』 1979年
・ 萩原健一と「ドンジュアンR&Rバンド 『DONJUAN』 1980年
・ 萩原健一と「ドンジュアンR&Rバンド 『デランジェ』 1982年
・ 根津甚八 『火男』 1982年
・ 伊藤詳 『心気・japanesque - やすらぎの道』 1984年
・ ジョー山中 『REGGAE VIBRATION Ⅲ』 1984年
・ 山崎ハコ 『光る夢』 1984年
・ 佐藤隆 『日々の泡』 1986年
・ ふきのとう 『星空のページェント』 1986年
・MORE-ish (2000年、篠原信彦、屋敷豪太、クマ原田とのプロジェクト「Pythagoras Party」名義)
・ クニ河内 『クニさんのまど まどさんのクニ』 2002年
・ PANTA 『波紋の上の球体』 2002年
・ PANTA 『2002 NAKED TOUR』 2003年
・ 丸尾めぐみ 『VIBRA STAR~恒星奏振器』 12「サイレント」 2004年
・ Damo Suzuki's Network 『Damo Suzuki's Network /11-06-10』 2011年

◎ サウンドトラック

・ 書を捨てよ町へ出よう (寺山修司監督、ATG、一部楽曲参加、1971年)
・ 人妻集団暴行致死事件 (田中登監督、にっかつ、篠原信彦と共同担当、1978年)
・ もどり川 (神代辰巳監督、東宝東和、同上、1983年)
・ 美加マドカ 指を濡らす女 (神代辰巳監督、にっかつ、同上、1984年)

◎ 舞台音楽

・ ブラブラ男爵 (劇団天井桟敷、1970年) ※石間が当作品のために書き下ろした「親父なんか大嫌いだのロック」などの楽曲は、天井桟敷が参加した映画「書を捨てよ町へ出よう」(前出)でも使用された

● 参考

・『ミュージック・ライフ』1977年6月号
・『YOUNG GUITAR』2004年10月号
・ 難波弘之・井上貴子編『証言!日本のロック70's vol.2 ニュー・ミュージック~パンク・ロック編』2009年、アルテスパブリッシング

「石間秀機」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月24日18時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター