好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
杏里


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

杏里(あんり、1961年8月31日 -)は、日本の歌手、シンガーソングライター、作曲家、作詞家。作詞作曲時およびフォーライフ・レコード所属時のアーティスト名、ANRI(アンリ)。本名は川島 栄子(かわしま えいこ)。 神奈川県出身。アメリカ・ロサンゼルス在住。所属レーベルはIVY Records。身長168cm。幼少時からピアノを習い、長兄の影響でドライブの時によく聴いていたポール・モーリアをよくコピーしたり、フォーク、ニューミュージックが盛んな時代に、松任谷由実(当時は荒井由実)、尾崎亜美、風、かぐや姫、吉田拓郎、井上陽水などの邦楽、また洋楽などあらゆるジャンルの楽曲を聴いて育った。 杏里の歌手名は、当時の所属事務所ボンド企画の社長で高杉敬二の娘である河村和奈へ出生時に名づけるつもりだった。 夏休みにロサンゼルスでレコーディング。1978年、17歳(高校2年生、神奈川県立希望ヶ丘高等学校定時制)の時、後にスタンダードナンバーになった「オリビアを聴きながら」でデビュー。その後も積極的に海外レコーディングを行い、海外のアーティストやミュージシャンとのコラボレーションが多い。特に、ピーボ・ブライソン、フィリップ・ベイリー(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)、ジョニー・ギル(ニュー・エディション、LSG)、マイケル・フランクスなど、アメリカの偉大なアーティストとのデュエットが多く、外国人バックダンサーを日本で初めて起用するなど、常にグローバルで革新的なスタイルを切り拓いてきた。現在も日本と海外のミュージシャンによるグローバルバンドでのライブ活動を行っている。(外国人バックダンサーに関しては浅野ゆう子が1976年に起用しているが、ジャンルは歌謡曲でありシティポップではない。) デビュー後、歌唱力が評価されたものの数年間はセールスが伸び悩み、80年代アイドルの曲調に寄せた「コットン気分」、ヨーロピアンサウンドに寄せた『哀しみの孔雀』など曲調を転々とさせてリリースを続けるもののヒットに結びつかなかった。本人にとっても「一番苦しかった時期」だったという。 1982年に当時のバックバンド『スプリット・ココナッツ』のメンバーでもあった小林武史が作曲して花王のCMで使われたシングル盤『思いきりアメリカン』と同シングル曲を収録したベスト・アルバム『思いきりアメリカン 〜I Love Poping World,Anri〜』がヒット、全盛期の杏里の代名詞とも言える「夏」「海」のイメージが固まった。7月には初のエッセイ集『思いきりアメリカン』を発売。 長渕剛やB'zなどを手がけた舞台監督であるトゥエンティワンクリエイトの市川社長の協力のもと、人をひきつけるステージ、アーティスト杏里を創り上げるべく新しい試みに取り組む。角松敏生や小林の他に、ブレッド&バターが作品提供して、杏里が作詞作曲したタイトル曲を含む4枚目のオリジナルアルバム『Heaven Beach』を発表して話題になり当時の若者の心をつかんだ。

◎ ブレイクとハワイ公演
1983年には当時まだ無名で同事務所所属であった角松に5枚目のアルバム『Bi・Ki・Ni』のA面5曲プロデュースを任せて、洗練された音楽のイメージ、アーティスト杏里を誕生させた。6月に発表した『Bi・Ki・Ni』は自己最高のオリコンアルバムチャート27位を記録した。8月には日本テレビから依頼を受けアニメ『キャッツ♥アイ』の主題歌「CAT'S EYE」のシングルを発売した。アニメの歌ということで本人も初めは戸惑いがあったが、楽曲の良さから自分を変えるきっかけになるかもという予感がしたそうで、結果的に大ヒットし、自身初のオリコン1位に輝き、杏里の代表曲の一つとなった。その直後に発売したシングル「悲しみがとまらない」(角松敏生によるプロデュース)も連続大ヒットし、2曲そろってベスト10入りを果たした。12月にはこれら2大ヒットシングルを収録した角松フルプロデュースのアルバム『Timely』を発表してこちらもオリコン1位の大ヒットとなり、年末の第34回NHK紅白歌合戦に初出場して杏里は不動の位置を得ることになる。 1984年には日清食品のカップ焼きそば日清焼そばU.F.O.のCMソングに使われて、自身もCM出演したシングル「気ままにREFLECTION」がヒットし、同曲のアルバムバージョンを収録したロサンゼルスレコーディングのアルバム『COOOL』を発表後にマーマレードから独立して、個人事務所であるコロニーサーフを立ち上げる。1985年、ポカリスエットのCMソング、「DEJA-VU(デジャヴー)」が起用されるが、レコード化やCD化されることはなかった。独立後に、当時としては珍しかった外国人ダンサーやコーラスを自身のツアーメンバーに迎えて今まで以上にダンサブルで魅せるステージ活動を行いつつ、シンセサイザーを多用して制作された『WAVE』を発表、角松や小林などが参加したアルバムはこれが集大成となった。 1986年にはアジアンテイストな楽曲を多数収録した『MYSTIQUE』を発表。本作以降は吉元由美が収録曲の多くで作詞を担当、世界観が固まり全盛期を迎えてゆく。同年には井上鑑をサウンドプロデューサーに迎えロンドンレコーディングした意欲作『TROUBLE IN PARADISE』を発表した(ちなみに、元イエスのドラマー、ビル・ブルーフォードや、後にTOTOのドラマーとなるサイモン・フィリップスも参加している。) 1987年には、ハワイ出身のバンド、カラパナのサポートで、日本のポップスでは初めてのハワイ公演を成功させ、現地のメディアでも取り上げられる。以後、計7回のハワイ公演を行っている。

◎ セルフプロデュースと第二次全盛期
1987年発売のアルバム『SUMMER FAREWELLS』以降、杏里本人によるセルフプロデュースが始まり、引き続き作詞を担当する吉元由美に加え、編曲に小倉泰治を迎えて共同で楽曲制作したり、その後本格的に杏里自身で全楽曲の作曲に取りかかり、アーティストとしてさらにその名を上げていった。夏によく合うダンサブルな曲やバラード曲が多いのが特徴であった。1988年にはアルバム『BOOGIE WOOGIE MAINLAND』、ベストアルバム『MY FAVORITE SONGS』、シングル『SUMMER CANDLES』、『スノーフレイクの街角』などが連続大ヒットした。この頃には松田聖子、中山美穂、観月ありさなどへの楽曲提供も始める。 売上げの最大のピークは1989年発売のアルバム『CIRCUIT of RAINBOW』(第31回日本レコード大賞・アルバム大賞受賞)から1991年の『NEUTRAL』にかけての3作品。『CIRCUIT OF RAINBOW』は『Timely』以来のオリコン1位を獲得。中でも『NEUTRAL』は、自身唯一のミリオン出荷を達成しており、1989年から1992年頃まで安定してどのアルバムも50万枚前後のアルバムセールスを達成していた。この時期にはカナダドライジンジャーエール、東芝ビデオデッキ「ARENA」、カネボウ「テスティモルージュ」のCMに出演(CMソングも担当)。 1990年には、最初で最後の全国アリーナツアーを敢行。1993年にはシングル「ドルフィン・リング」が大ヒットする。 1994年にはセルフカバーを中心としたベスト盤『16th Summer Breeze』がオリコンで2週連続1位、50万枚近い売り上げを記録。同年には1998年開催の長野オリンピック公式テーマソング「SHARE 瞳の中のヒーロー」を発表。長野オリンピック閉会式では「故郷」を歌った。 1990年代後半になると、所属するフォーライフ・レコードの経営が傾いていった。井上陽水らとともにフォーライフの稼ぎ頭となっていた杏里であったが、同社の経営は悪化の一途をたどり、2000年に日本クラウンへと移籍した。フォーライフはその翌年に倒産している。

◎ 2000年代以降
2005年にコロムビアミュージックエンタテインメントに移籍してアルバム『Sol』を発表するが、2007年にユニバーサルJに再度移籍。 2007年10月1日より月 - 金フジテレビ系、お昼前の情報バラエティ番組『ハピふる』のテーマソング「もう悲しくない〜ハピふる〜」を担当。3月3日より「もう悲しくない〜ハピふる〜」着うたの先行配信開始。4月9日より「もう悲しくない〜ハピふる〜」デビュー30周年アニヴァーサリーエディションとしてCD+DVDの限定盤、および通常盤CDがリリースされた(ユニバーサル・ミュージック)。 2010年10月、JTのルーツのCMソング「根の歌」を歌うユニットコーラスジャパンに参加。 2011年4月、今度はユニバーサルミュージックからワーナーミュージックジャパンへ移籍することが発表され、7月には移籍第1弾としてこれまでのヒット曲や、尾崎亜美が杏里のため30年ぶりに製作した新曲や日本航空のテーマ曲「I Will Be There with You ~あふれる想い」(作曲:デイヴィッド・フォスター)を含むベストアルバム『Heart to Heart 〜with you〜』がリリースされた。 2013年にはアイビーレコードへ移籍して、7月10日には、80年代のオリジナルアルバムから選曲した楽曲を全曲新録音の35周年記念アルバム『Surf City -Coool Breeze-』をリリースした。その後も毎年リリースを続け、2019年には世界的な名ドラマーであるスティーヴ・ガッド率いる、スティーヴ・ガッド・バンドとロサンぜルスでレコーディングした新曲「Duke‘s Anthem ~星空のどこかで~」「忘れられない贈りもの」「Crescent Moon」をリリース。 2016年頃から、欧米を中心とした海外でのジャパニーズ・シティポップ・ブームによって、杏里はシティポップのクイーンと讃えられている。 2021年、竹内まりやとユニットを組んで「Peach & Apricot」として「Watching Over You」を発表。 2023年、アメリカのニュースチャンネルCNNのニューイヤーズ・イヴ特番の中で取り上げられ、これまでのバイオグラフィや昨今のシティポップ・ブームでの注目などが扱われた。

● 人物
ファーストアルバムのレコーディングで訪れたロサンゼルスをデビュー当時からとても気に入っていて、いつかはLAで生活したいと当時から考えており、2000年に移住してからは、LAを拠点に国内外で音楽活動をしている。 そのライフスタイルやセンスのあるスタイリングから、ファッションアイコンとしても幅広い世代の女性から支持されている。 「オリビアを聴きながら」がヒット中、ブレッド&バターがはじめたカフェ「ブレッド&バター」に毎晩のように通い、2人とセッションをして作曲能力を身につける。いわば、師匠である。 1983年、長野県更埴市(現千曲市)より、あんずの里の観光振興に寄与したとして名誉市民の称号が与えられ、授与式の模様がテレビ番組『ザ・ベストテン』(TBSテレビ制作)の中で全国に放映された。 1998年にニュージーランドの観光大使を務め、マヌカハニーやワイン「Cloudy Bay(クラウディー・ベイ)」を日本に紹介、広めた。 2008年7月、藤沢市より初代ふじさわ観光親善大使に選ばれる(2代目(2010年~)はかつて杏里の前座も務めたことのあるTUBE)。

● ディスコグラフィ


◎ シングル

 フォーライフ・レコード
 1st  1978年11月5日   オリビアを聴きながら    EP  FLS-1036   65位
 1984年6月21日  7K-151
2nd  1979年4月21日  地中海ドリーム  FLS-1042  86位
3rd  1979年8月21日  涙を海に返したい  FLS-1054  
4th  1979年12月21日  インスピレーション  FLS-1062  
5th  1980年4月5日  風のジェラシー  FLS-1070  
6th  1980年9月5日  可愛いポーリン  FLS-1081  
7th  1981年4月21日  コットン気分  7K-19  
8th  1981年9月21日  異国の出来事  7K-36  
9th  1982年2月5日  エスプレッソで眠れない  7K-51  
10th  1982年4月21日  思いきりアメリカン  7K-59  74位
11th  1982年11月21日  Fly By Day  7K-80  
12th  1983年6月5日  Lady Sunshine  7K-100  
13th  1983年8月5日  CAT'S EYE  7K-114  1位
 14th  1983年11月5日   悲しみがとまらない  7K-126   4位
 1988年5月21日  8cmCD  10KD-21
15th  1984年4月21日  気ままにREFLECTION    EP  7K-139  7位
16th  1985年4月21日  16(Sixteen)BEAT  7K-175  31位
17th  1986年2月21日  オリエンタル・ローズ  7K-210  39位
18th  1986年6月5日  モーニング スコール  7K-226  51位
19th  1986年12月5日  TROUBLE IN PARADISE  12inch  12K-246  
20th  1987年3月21日  HAPPYENDでふられたい    EP  7K-255  17位
21st  1987年7月22日  SURF & TEARS  7K-267  27位
 22nd   1988年7月13日   SUMMER CANDLES  7K-307   16位
 8cmCD  10KD-34
 23rd   1988年12月14日   スノーフレイクの街角  EP  7K-325   12位
   8cmCD  10KD-54
24th  1991年2月14日  Sweet Emotion  FLDF-09133  13位
25th  1991年6月21日  Back to the BASIC  FLDF-09138  43位
26th  1991年8月21日  嘘ならやさしく  FLDF-09146  14位
27th  1991年11月21日  ラスト ラブ  FLDF-09154  14位
28th  1992年6月3日  LANI -Heavenly Garden-  FLDF-10211  18位
29th  1993年4月7日  ドルフィン・リング  FLDF-10235  9位
30th  1994年6月17日  ALL OF YOU  FLDF-1513  27位
 31st  1994年11月18日  SHARE 瞳の中のヒーロー  FLDF-1538   47位
 1998年1月7日  SHARE 瞳の中のヒーロー (New Vesion)  FLDF-1648
32nd  1995年8月19日  Legend of Love  FLDF-1579  67位
33rd  1996年7月19日  あの夏に戻りたい  FLDF-1607  50位
34th  1996年8月21日  もうひとつのBirthday  FLDF-1608  
35th  1997年8月21日  CAT'S EYE -2000-  FLDF-1636  47位
36th  1997年11月21日  Future For You  FLDF-1646  
37th  1998年4月8日  Eternity  FLDF-1659  85位
38th  1998年6月10日  夏の月  FLDF-1655  22位
39th  1999年5月21日  逢えないせつなさと  FLDF-1690  
 日本クラウン / ドルフィンハーツ
40th  2001年8月22日  Sunset Beach Hotel    CD  CRCP-10017  100位
41st  2001年10月24日  Tears in Crystal  CRCP-10023  
 コロムビアミュージックエンタテインメント
42nd  2004年7月21日  Return To The Silence    CD  COCA-15694  
43rd  2005年9月28日  Field of Lights  COCA-15767  
 ユニバーサルJ
 44th   2008年4月9日   もう悲しくない〜anri 30th anniversary edition〜    CD  UPCH-9423   99位
 UPCH-5535


◎ デュエットシングル

 cutting edge
織田哲郎 & ANRI  2002年12月4日  CANDLE LIGHT  CD  CTCR-40153
 インディーズレーベル
杏里 with 天野ひろゆき  2003年11月5日  天使は瞳を閉じて  CD  DLP-3001
 ソニー・ミュージックレコーズ
 石井竜也 feat.ANRI  2010年7月21日  THE WAVE OF LOVE feat.ANRI  CD  SRCL-7323
 ワーナーミュージックジャパン
Peach & Apricot  2021年11月4日  Watching Over You  配信限定  


◎ オリジナル・アルバム

 フォーライフ・レコード
 1st  1978年11月21日    杏里 -apricot jam-  LP  FLL-5026    51位
 1984年6月21日  LP  28K-71
 1990年3月21日  CD  FLCF-29038
 2nd  1979年6月21日    Feelin'  LP  FLL-5030    71位
 1984年6月21日  LP  28K-72
 1990年3月21日  CD  FLCF-29039
 3rd  1981年9月21日   哀しみの孔雀  LP  28K-27    
 1990年3月21日  CD  FLCF-29040
 4th  1982年11月21日   Heaven Beach  LP  28K-43    89位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29042
 5th  1983年6月5日   Bi・Ki・Ni  LP  28K-48    27位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29043
 6th  1983年12月5日   Timely  LP  28K-63    1位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29044
 7th  1984年6月21日   COOOL  LP  28K-70    5位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29045
 8th  1985年6月21日   WAVE  LP  28K-91    5位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29046
 9th  1986年6月5日   MYSTIQUE  LP  28K-105    6位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29047
 10th  1986年11月21日   TROUBLE IN PARADISE  LP  28K-123    9位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29049
 11th  1987年5月2日   SUMMER FAREWELLS  LP  28K-130    4位
 1990年3月21日  CD  FLCF-29050
 12th   1988年5月21日   BOOGIE WOOGIE MAINLAND  LP  28K-150    2位
   CD  33KD-128
13th  1989年5月27日  CIRCUIT of RAINBOW  FLC-4005  1位
14th  1990年6月23日  MIND CRUISIN'  FLCF-31074  1位
15th  1991年6月1日  NEUTRAL  FLCF-30101  2位
16th  1992年6月24日  MOANA LANI  FLCF-30133  3位
17th  1993年8月25日  1/2&1/2  FLCF-30215  1位
18th  1996年7月29日  Angel Whisper  FLCF-3644  4位
19th  1997年10月8日  TWIN SOUL  FLCF-3699  9位
20th  1998年7月15日  MOONLIT SUMMER TALES  FLCF-3717  5位
21st  1999年6月23日  EVER BLUE  FLCF-3755  24位
22nd  2000年7月19日  The Beach House  FLCF-3799  20位
 日本クラウン / ドルフィンハーツ
23rd  2001年10月24日  My Music  CD  CRCP-40008  48位
 コロムビアミュージックエンタテインメント
24th  2005年11月2日  Sol
 CAT’S EYE 2023  アニメ『ルパン三世VSキャッツ・アイ』主題歌


◎ 提供楽曲

 おかわりシスターズ  シーサイドメモリー  シングル「シーサイドメモリー」  1984  ANRI    ANRI
 神田正輝  恋をもう一度  アルバム『サンセット物語』    1985  神田ヒロミ
 小幡洋子  コバルトの絵葉書  アルバム『PEARL ISLAND』  佐藤ありす
 香坂みゆき  ラストショウ  アルバム『ヌーヴェルアドレッセ』    1987    吉元由美
 石田ひかり  ロマンチックでいこう  アルバム『HIKARI-Legend』
  仁藤優子  灼熱SEASON  シングル「おこりんぼの人魚」   入江純
 星のフィナーレ  アルバム『SUMMER STREAM』
 仙道敦子  クラスメイトでなくなる日  アルバム『La Fillette』    吉元由美
 松田聖子  Angel Tears  シングル「旅立ちはフリージア」    1988
  芳本美代子  Boy's Lie Girl's Lie   アルバム『Miss Lonely Hearts』
 十月のさざ波
 MIDNIGHT LABYRINTH
 FOREVER MY DREAM
  中山美穂  Virgin Eyes   シングル「Virgin Eyes」    1989
 サンクチュアリ〜Sanctuary〜
 Stardust Lovers  アルバム『Hide'n' Seek』
 田中律子  恋人たちのイリュージョン  シングル「恋人たちのイリュージョン」
 マリーン  FORTUNE TELLER  アルバム『marlene』  1990  Marlene
  観月ありさ  WILD・ERS -ワイルダーズ-  アルバム『ARISAII SHAKE YOUR BODY FOR ME』  1992   吉元由美
 さよならの贈りもの  アルバム『ARISAIII LOOK』  1994
 リュ・シウォン  夏の夢  シングル「夏の夢/好きです、好きです」  2006  田中はなの
 加賀美セイラ  カレイドスコープ  シングル「カレイドスコープ」  2007  吉元由美・seira


● 出演


◎ テレビ

○ NHK紅白歌合戦出場歴

 1983年(昭和58年)/ 第34回  初  CAT'S EYE  13/21  新沼謙治
 1989年(平成元年)/ 第40回  2  Groove A・Go・Go  12/20  聖飢魔II
 1996年(平成8年)/ 第47回  3  オリビアを聴きながら  15/25  南こうせつ

◇注意点
・ 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

◎ ラジオ

・ 杏里の全日空サウンドフライト(ニッポン放送)
・ 杏里の思いきりアメリカン
・ パイオニア・アミューズメント・クラブ(FM東京))

「杏里」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月18日19時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター