好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
安藤正容


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

安藤 正容(あんどう まさひろ、1954年9月16日 -)は、愛知県名古屋市千種区出身の、日本のジャズギタリスト。愛知県立瑞陵高等学校第25回生。1977年明治大学卒業。血液型A型。フュージョングループ・T-SQUAREの初代リーダーで、作曲家・音楽プロデューサーとしても活動している。

● 来歴
実家は名古屋市千種区の覚王山日泰寺近く。(1999年中京テレビで放送されたライブ・インタビューより) 幼少の頃はプラモデルやサッカーに熱中する少年であった。小学生の頃にクラシックギターを手にするが、途中でつのだじろうの漫画などに傾倒してしまい、Fのコードが押さえられるようになったのは中学3年生になってからであった。 人生最初のバンド「NASSI」を組む。「名前がない」という意味。「NASSI」のメンバーであった同級生のベーシスト山本一昭とドラムとで、名古屋に存在したジャズ喫茶「MusicClub COCO」へ通うようになる。この時、「MusicClub COCO」(現在は閉店)、現:「JazzSpot Swing」オーナーであるギタリストの和田直と出会う。和田との出会いは、後のバンド人生へ多大な影響を与える。当時、「MusicClub COCO」で演奏させてもらう傍ら、和田直に師事。ギターや音楽論、奏法などをこの時に学ぶ。大学進学にともない、和田からジャズギタリストの高柳昌行を紹介される。THE SQUAREの3枚目のアルバムである『Make Me A Star』の収録曲、「Mr. Coco's One」は、尊敬する和田直に捧げた曲である。 マイルス・デイヴィスのレコードを聴いてジャズに関心を持ち、大学入学後は明治大学モダンジャズ研究会メランコリー・キャッツで演奏活動する一方、ジャズギタリストの高柳昌行に師事した。 明治大学在学中の1976年11月に安藤と同じくメランコリー・キャッツのメンバーだったドラマーの原田俊一(現:原田俊太郎) とフュージョンバンドTHE SQUAREを結成すると、瞬く間に日本のフュージョン・シーンを代表する存在になっていった。 1980年発表のアルバム『Rockoon』から2007年発表の『33』までは表記を安藤まさひろとしていたが、デビュー30周年となる2008年発表のアルバム『Wonderful Days』以降、本名の表記に戻している。 2021年2月1日、同年春にリリースされたアルバム『FLY FLY FLY』の参加およびライブツアー終了を以てT-SQUAREから脱退した。 2022年、T-SQUAREの元メンバーである則竹裕之、須藤満とアカサカトリオを結成。

● 使用ギター(主にエレクトリック・ギター)

・ デビュー - 『MAGIC』
 ・ ギブソン・レスポール・スタンダード
 ・ シェクター・カスタムショップST
・ 『脚線美の誘惑』 - 『Stars and the Moon』
 ・ Moon Custom ST (EMG SA-SA-81)
・ 『R・E・S・O・R・T』 - 『TRUTH』
 ・ Moon ST-MA238(赤)
 ・ (アルダーボディ、ローズonメイプルネック、Bartolini 1C-3S-1C HSH、フロイド・ローズトレモロ)
・ 『YES, NO.』 - 『WAVE』、『NATURAL』 - 『B.C. A.D. 〜Before Christ & Anno Domini〜』
 ・ Aircraft AC-5(白)
 ・ (アルダーボディ、エボニーonメイプルネック、EMG SA-SA-Dimarzio FRED SSH、フロイドローズトレモロ)
 ・ ヴァレーアーツ・ラリーカールトンモデル
・ 『BLUE IN RED』 - 『GRAVITY』、『T-SQUARE』
 ・ Aircraft AC-5(黒)
 ・ (アルダーボディ、メイプル指板、ESP PU、Wilkinsonブリッジ)
 ・ Suhr(ミントグリーン)
 ・ ギブソン・レスポール・ゴールドトップ (P-90 PU)
・ 『GROOVE GLOBE』 - 『33』
 ・ ポール・リード・スミス Private Stock502
 ・ ポール・リード・スミス Custom24
・ 『Wonderful Days』 - 『FLY FLY FLY』
 ・ フェンダー・ストラトキャスター 1961(サンバースト)
 ・ フェンダー・ストラトキャスター 1960(ホワイト)
 ・ フェンダー・カスタムショップ・ストラトキャスター マイケル・ランドウ・シグネイチャー1963、同1957
・ T-SQUARE脱退後。
 ・ ポール・リード・スミス Silver Sky(ジョン・メイヤー シグネイチャー)
 ・ ギブソン・ES-335 1962 アンプは初期がMarshall、伊東たけし前期がメサ・ブギー (Mesa/Boogie)・300TOPとフェンダー・コンサートをそれぞれ2台ずつステレオで使用。『IMPRESSIVE』辺りからCUSTOM AUDIO ELECTRONICS社製の3+プリアンプとVHTのパワーアンプが基本となる。2014年後半からFRACTAL AUDIO SYSTEMS社製Axe-FX(サウンドプロセッサー)にMatrix社製パワーアンプを組み合わせたものに変更し、2020年からはKemper Profiling Amplifierをメインとして使用。また、ANDY'sなどソロ活動ではCUSTOM AUDIO ELECTRONICS社製OD-100とコンパクトボード(マイケル・ランドウに影響)、あるいはCarrやMagnatoneなどのブティックアンプも使用する。

● 作品


◎ ソロ

align=left タイトルwidth=100 発売年注釈  
align=center  align=left MELODY BOOK  1986  align=left CBSソニー → ヴィレッジ・レコード  
align=center  align=left Melody go round  1990  align=left CBSソニー → ヴィレッジ・レコード  
align=center  align=left ANDY'S  1996  align=left ソニー・レコード → ヴィレッジ・レコード  
align=center  align=left Water Colors with みくりや裕二  1997  align=left ヴィレッジ・レコード  
align=center  align=left 文學道中〜旅ノススメ〜 オリジナル・サウンドトラック  2005  align=left ヴィレッジ・エー  
align=center  align=left WINTER SONGS  2010  align=left ヴィレッジ・レコード  
align=center  align=left 安藤正容GAMEWORKS  2018  align=left Orange Lady  


◎ T-SQUAREの代表曲(安藤正容〈安藤まさひろ〉作曲のもの)

・ TEXAS KID(アルバム『Make Me A Star』に収録)
・ TOMORROWS AFFAIR(アルバム『Rockoon』に収録)
・ IT'S MAGIC(アルバム『MAGIC』に収録)
・ LITTLE MERMAID(アルバム『MAGIC』に収録)
・ ハワイへ行きたい(アルバム『脚線美の誘惑』に収録)
・ 脚線美の誘惑(アルバム『脚線美の誘惑』に収録)
・ 君はハリケーン(アルバム『うち水にRainbow』に収録)
・ ALL ABOUT YOU(アルバム『ADVENTURES』に収録)
・ DESTINATION(アルバム『Stars and the Moon』に収録)
・ OVERNIGHT SENSATION(アルバム『Stars and the Moon』に収録)
・ LOVE IS IN MY SIGHT(アルバム『S・P・O・R・T・S』に収録)
・ CELEBRATION(アルバム『TRUTH』に収録)
・ TRUTH(アルバム『TRUTH』に収録)
・ BECAUSE(アルバム『TRUTH』に収録)
・ GO FOR IT(アルバム『YES, NO.』に収録)
・ YOUR CHRISTMAS(アルバム『WAVE』に収録)
・ BIG CITY(アルバム『WAVE』に収録)
・ DAISY FIELD(アルバム『NATURAL』に収録)
・ ROMANTIC CITY(アルバム『NEW-S』に収録)
・ FACES(アルバム『IMPRESSIVE』に収録)
・ RISE(アルバム『IMPRESSIVE』に収録)
・ 明日への扉(アルバム『HUMAN』に収録)
・ PLAY FOR YOU(アルバム『HUMAN』に収録)
・ 夜明けのビーナス(アルバム『夏の惑星』に収録)
・ COPACABANA(アルバム『夏の惑星』に収録)
・ VICTORY(アルバム『B.C. A.D. 〜Before Christ & Anno Domini〜』に収録)
・ MOON OVER THE CASTLE
 ・ レーシングゲーム『グランツーリスモ』のテーマ曲。コンサドーレ札幌ホームゲーム入場曲としても使用されている(ANDY'S名義、1997年 -)
・ KNIGHT'S SONG(アルバム『BLUE IN RED』に収録)
 ・ 「MOON OVER THE CASTLE」のスクェアバージョン。
・ SAILING THE OCEAN(アルバム『GRAVITY』に収録)
・ Japanese Soul Brothers (アルバム『GRAVITY』に収録)
・ FRIENDSHIP(アルバム『FRIENDSHIP』に収録)
・ 風の少年(アルバム『Spirits』に収録)

◎ ゲーム作品

・ 1995年 - アークザラッド
・ 1996年 - アークザラッドII
・ 1998年 - グランツーリスモ
・ 1999年 - グランツーリスモ2
・ 2000年 - アークザラッドIII
・ 2001年 - グランツーリスモ3 A-spec
・ 2004年 - グランツーリスモ4
・ 2010年 - グランツーリスモ5
・ 2013年 - グランツーリスモ6
・ 2018年 - アークザラッド R
・ 2022年 - グランツーリスモ7

◎ CM

・ 1991年 - Tonight's the night(アルバム『Melody go round』に収録)ダイハツ・アプローズθCM曲

◎ 楽曲提供

・ バラードで泣かせて - 郷ひろみ 作曲(作詞:売野雅勇/編曲:大村雅朗)
・ 雨降り午後 - タモリ 作曲(作詞:タモリ/編曲:久米大作)
・ 惑星流し - タモリ 作曲(作詞:タモリ/編曲:久米大作)
・ 風のアフロディテ - 畠田理恵 作曲(作詞:田口俊/編曲:中村哲)
・ プラス・マイナス・ゼロ - 畠田理恵 作曲(作詞:許瑛子/編曲:椎名和夫)
・ マグネティック トワイライト - 畠田理恵 作曲(作詞:森田由美/編曲:椎名和夫)
・ Kiss - 早見優 作曲(作詞:有川正沙子/編曲:川上了)
・ COOL MAN - 早見優 作曲(作詞:松本一起/編曲:川上了)
・ 螢の草原 - 松田聖子 作曲(作詞:松本隆/編曲:武部聡志)

◎ プロデュース

・ 『矩形波倶楽部』 矩形波倶楽部 (1990)

「安藤正容」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月14日23時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター