好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング28位
獲得票なし
有山淳司


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

有山 じゅんじ(ありやま じゅんじ、本名:有山 淳司、1953年1月4日 -)は、日本の歌手、ギタリスト。

● 略歴


◎ 音楽が楽しい
大阪府出身。小学生のころから笛が好きで、アマリリスは得意中の得意、鼓笛隊にも参加。洋楽では、姉の影響でドミニクを聞き、「これがおれ(の体の芯(引用者加筆、以下同様))に今もずっと通っているみたい。ずっと、おれ(ギター)弾いてたら『ドミニク、ニク、ニク~』、そんなみたい(な弾き方)になんねん」。そして、中学の頃、学校の先生に笛以外の楽器もやれっと言われ、ギターを弾きだしたきっかけがマイク真木の「バラが咲いた」。 1967年(中二の終わり)頃から近所の西岡たかし宅に出入りするようになり、1968年には「五つの赤い風船」に参加、テレビ番組『ヤング720』に出演するなど、しばらく中川イサトとも活動を共にしていた。しかし、当時はまだ中学生だったため、高校受験を機に脱退。本人談によると、母がリーダーであった西岡たかしに、「頼むからやめさせてくれ」と訴えたとのこと。 同志社香里高等学校入学後様々な音楽を聴きながら過ごしているとき、心斎橋ヤマハのアマチュアサークル「ダックス・バンド・クラブ」等で石田長生や上田正樹と知り合う。また、現在まで多大な影響を受けているブラインド・ブレイクを知ったのは、この頃の友達に「こんな雑音ばっかりのレコード聴けへんから、やるわ」と言われて貰った戦前ブルースのコンピレーション・アルバムだった。 そうして同志社大学に進学する。1971年、武部行正とデュオ「ぼく」を組み第3回全日本フォークジャンボリーに出演。翌年に武部が『ゆふすげびとのうた』を発表したが、そのレコーディングに有山も参加し数曲でギターやフルートを演奏。 当時の周りの状況としては、同志社大学軽音楽同好会には「ウエストロード」が居り、龍谷大学に進学した石田長生は同志社の軽音楽部でギターを弾いていた。 有山は、ブルースやラグタイムだけではなく、「フェアポート・コンヴェンション」や「ペンタングル」等のブリティッシュフォークや当時のシンガーソングライターなども好んで聴いていた。大阪市西成区に住んでいた頃、本人曰く「岸里のジェームス・テイラーと呼ばれていた。」

◎ ウイ・アー・サウス・トゥ・サウス
そして、上田正樹に誘われる。当時の状況を上田は、「有山との出会いはね、・・・何かのイベントで一緒になったの。ジェイムス・テイラーみたいな感じでやってた。フォークギターを弾いてる人って、リズムのいいかげんなケースが多いんだけど、有山はリズムがすごく良かった。・・・そのとき有山は、まだ同志社大学の学生で」大阪府の職員になる考えもあったが、「(上田が)口説いていっしょにやることになった。「サウス」が、かたちになるかならないかの時期」であった、という。 こうして、1973年頃から新バンド結成に向けて動き出していた上田正樹と、1974年「サウス・トゥ・サウス」結成。当時のライブ・スタイルは、前半が戦前のカントリー・ブルースやジャグバンド、ホウカムナンバー、ラグタイム風のアコースティック・セット、後半がバンドによるファンクやリズム・アンド・ブルース、ソウルミュージックに影響を受けたファンキーなセットの、2部構成のセットリストで行われた。 その結成当時の状況について藤井裕は、「(MZAやバッド・クラブ・バンド等サウス以前のバンドを)解散して僕(藤井)はキーボーと一緒に居て、キーボーは、有山じゅんじ(ママ)と一緒にやりたがってて、キーボーが『有山と一緒にせえへんか』ってことになって、僕は『ええよ』って。で僕と有山とキーボーでバンドつくったんです。それがサウスの始まりなんです。その時はラグタイムブルースってのを中心にやったんです。・・・で、キーボーが『R&Bもしたいな』って言い出してね。自分もそう思ってるところがあって、じゃ、メンバーもうちょっと集めるかって事になって、それからメンバー集め出したの。」と述べている。 また山岸は、「上田正樹となかまたち」が毎日の文化ホールでコンサートを行ったときに、上田から「有山ちゅうヤツが居って、・・・、(そいつと)いわゆるカントリー・ブルースで、ホット・ツナみたいな、ライ・クーダーとかな、そういうヤツをやんねん」と聞かされ、有山がギター、「(後の)ツイスト」の松浦がスライドを弾いていたのを見たのが有山との初めての出会いであった、と述べる。「イヤイヤ、ああいうスタイルをやるヤツ(バンド)は見たことなかった、おれ。本格的なさぁラグタイムのスタイルやんのさぁ。「憂歌団」は、そのもっと、シカゴ・ブルースのアコースティック版みたいな感じやったからなぁ。」 当時の関東でのブルースに関して、有山は「やっぱり、かっこよかったやん、なあ。おれなんか、逆に憧れたけどねえ。「夕焼け楽団」のケンちゃんのスタイルもそやし、内海さん、「キャロル」の。内海さんのブルースも好きやし。東京は、ああいうブルース」と話し、うち、井上ケン一に関しては「(その)ギターに惚れこんで、彼の実家まで押しかけて泊まり込みの勉強をしてきたのはつい最近」とされる。 1975年6月「上田正樹と有山淳司」名義でアルバム『ぼちぼちいこか』、1976年1月「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」名義でアルバム『この熱い魂を伝えたいんや』発表。前者ではライブにおけるアコースティック・セットをスタジオで再現。同年発表される「憂歌団」の1stアルバム、「ウエスト・ロード・ブルース・バンド」1stアルバムに先駆けて発表された関西ブルース、ひいてはジャパニーズ・ブルースを代表する作品。後者はバンドスタイルのライブ盤である。当初、メンバーは2枚組での発表を考えていた様だが、レコード会社の意向で半年ずらしての発表となったそうである。2枚のアルバムを残し、1976年7月17日解散。 当時の状況、そして自身の演奏スタイルについて、有山は「「サウス・トゥ・サウス」をやる前は黒人の音楽はブルースしか聞いたことがなかった。だけど、やっぱり裕ちゃんやキー坊とかの影響でソウルばっかり聞き出した。そういう意味では「サウス・トゥ・サウス」に入って良かったと思う。・・・「コモドアーズ」も「アベレージ・ホワイト・バンド」も知らんかった。それで、聞いてて面白いから自分でもやりたなる。で、エレキは気持ちエエしな。音が大きいから。」と、サウスの途中からエレキ・ギターも持ちだしたと話す。「今でも、アコースティックでも音が大きいのは多分キー坊と一緒にやってたからやと思う。・・・。キー坊が声をガーと出すと負けそうで腹が立つから、生ギターでも大きな音を出さなあかんのや。」と述べている。 『ぼちぼち』でのギターは、'69年のマーチンO-18にバーカスベリーのピックアップをガムみたいな糊で固定して使っていた。「・・・梅田からナンバまではガットに鉄弦張って・・・。(他は)家内の持ってたギター(O-18)をそのまま借りた。(その)ままね、結婚に至りましたけど。」

◎ 友とともに
1977年、中川イサトの『1310』で、不演唱 (ぶるーす)、オレンジを共演。 1978年 初のソロアルバム『ありのままじゅんじ』発表。ブルースやラグタイムに拘らない多彩なスタイルを、自身のアコースティック・ギターの弾き語りを中心に気の置けない友人と一緒に展開。B-1、2のライブ演奏ディディ ワァ ディディ(作: Arthur Blake)、行くあてなし(作: 尾関真)は、1977年5月2日天王寺野外音楽堂、春一番コンサートでのもの。尾関隆(Dobro)、西依一実(Mandolin)とのトリオ編成で行われた。 その後はライブ演奏を中心に活動。1979年頃からは、内田勘太郎とのユニット「有勘」でも活動しだした。 1980年10月26日、日比谷野外音楽堂で『SWEET SOUL SHOW』開催。当日の模様はNHK-FMで同年12月30日に、「'80フォーク・ライブ」の一環として放送された。桂文珍が司会「RCサクセション」が対バンを務めた、『上田正樹とサウス・トゥ・サウス再結成ライブ』である。残念ながら「RC」とのセッションはなかった。一部、二部ときっちり別れた構成ではなく、有山は途中可愛い女と呼ばれたいからドブロを持って登場してサムピックで弾き、そしてジャガーをかき鳴らした。 コンサート直前の10月15日には、恵比寿の「NEVERLAND」において、上田正樹、有山淳司、内田勘太郎、正木五郎、中西康晴の面々で、『ぼちぼちいこか』や「有勘」でのナンバーが演奏されている。 1981年4月封切りの『劇場版 じゃりン子チエ』で星勝が音楽を担当しているが、その劇伴には関西のミュージシャンが多く登用され、有山は、アニメ・ミュージック・カプセル・シリーズ『じゃりン子チエ』のℳ-24「おもしろ遊園地」で聞こえるギターを弾いている、と思われる。 同年 「憂歌団」の『夢・憂歌』では、「有勘」でのレパートリー、ヘビー・スモーカー(作詞/作曲: 尾関真)、けだるい二人(日本語詞: 有山淳司、作曲: Hoagy Carmichael)、スティーリン(日本語詞: 有山淳司/内田勘太郎、作曲: Gus Cannon)、GOOD NIGHT SWEET HART(作詞: 有山淳司、作曲: 内田勘太郎)が、有山編曲として発表されている。 1988年 中川イサトと有山じゅんじとしての競演盤『アフター・アワーズ』発表。 1990年 13年ぶりにソロ・アルバム『聞こえる 聞こえる』を発表。 その経緯を、有山は「音楽はやってたんやで。ソロも・・・バンドもやってた。バイトしながらな。9時から5時まで発掘調査のバイトして、7時から『磔磔』でライヴ、みたいな感じ。バイトがない時は地方をツアーしてな。僕はそれでいいと思ってた。・・・でも、家内は苦労したやろうね。口では言わんけど。そんな頃、僕が37歳やったと思うけど、・・・サウス・トゥ・サウス時代のマネージャーの藤井淳・・・が言うわけや。『なんでバイトなんかしてるんだ。お前は音楽で行けるんだから、バイトなんか辞めてしまえ、俺がCD出すから』ってな。嬉しかったな。」と述べている。 1991年「サウス・トゥ・サウス」再々結成(その後'95にも再々々結成)。 同年7月21日京都大学西部講堂でのライブはWOWOWで、『バビロン オブ ロック - 西部講堂伝説 もっとかー』と題して生中継された。放送内容は、まず「泉谷しげるとルーザー」の演奏、そして北京一のパフォーマンス(講堂前で足場を組みロープを垂らして行われた)で前座が務められ、講堂脇のテント(楽屋)での会話も映し出されている。ライブでのアンコールにより後の番組が中止された。その後、2枚組ライブ盤CDやLD、DVD『シンパイスナ・アンシンスナ』が発表された。 また、同年ソロアルバム『MAKE A JOYFUL NOISE』を発表。古くからのレパートリー、なんだ坂 こんな坂(作: 有山淳司)も音源化された。 1992年(平成4年)4月10日24時20分から、毎日放送で石田長生プロデュース『放送禁止06ライブ』という、パロディドラマ仕立ての音楽バラエティが放送された。有山も役名をもらい、また石田、木村充揮とともに「平成トリオ」として「あたしは不幸をよぶ女」、けだるい二人を演奏。 同年 サルサバンド、「ロス・ルンベロス」との競演盤『Hurry Hurry Hurry』を発表。自身の過去の楽曲を新たな解釈で再演する。 1993年 京都『磔磔』で内田勘太郎、ゴンザレス三上をギタリストに迎え、藤井裕らとライブレコーディングされた『レア・ソングス』を発表。 1996年 「加川良 with TE-CHILI」に参加。アルバム『R.O.C.K』発表。ちなみに「TE-CHILI」の名は当時有山も好んで聴いていた「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」の愛称「レッチリ」にちなんだもの。その名のとおり、加川の代表作を爆音のロックサウンドで演奏している。 1998年 『あした元気になれ』発表。続いて1999年には木村充揮とのユニット「木村くんと有山くん」として同名タイトルのアルバムを発表。同時期にデビューした二人だが、内田と違いこれまで余り交流はなかったそうである。 2004年、ソロアルバムとしては6年ぶりとなる『Thinkin' of You』発表。 2008年7月8日、道頓堀の「くいだおれ」閉店。当日シークレット・ライブが開催され、向かって右の上田と左の有山の間に、正木はスネア(小太鼓)で参加。当時、「有山と上田は、前年より東京・下北沢の「風知空知」というお店で、定期的にリユニオン・ライブを始めて」おり、この偶然が『ぼちぼちいこか '08』、『ぼちぼちいこか ザ・ムービー』の制作につながる。 2014年10月16日藤井裕、2015年7月18日石田長生が次のステージへ旅立つ。藤井への弔辞は石田が、石田への弔辞は有山が行った。三人は「サウス」結成前後、近所の「文化」に住み互いに行き来していた。 2019年 木村充揮の『ザ・ライブ』でキムチはできるだけ辛い方がいい(作詞/作曲: 上田正樹、有山淳司)を共演し、キムチが初めて陽の目を見た。

● ディスコグラフィー(映像含む)

○ ぼく

・ Various Artists『1971フォーク・ジャンボリーVol.1』(1998年、TOCT-10382-3、東芝EMI。再発: 2003年、IOCI-41018-9、avex-io) : Disc-2: 03. 深い木立に(A.G.)/04. あたたかい木曜日の午後のこと(有山ソロ、Vocal、A.G.)/05. 春の歌(Flute、A.G.) : 1971年8月8日、中津川。サブステージ(ロック)で、中川イサトの前に出演。
○ サポート

・ 武部行正『ゆふすげびとのうた』(1972年、SF-1029、Victor。再発CD: 1998年、PCD-1590、Pヴァイン。2003年、VICL62204、ビクターエンタテイメント) : A面: 02. 風景(A.G.)/03. 円か(マドカ)(A.G.)/B面: 01. 春の歌(A.G.、Classic Guitar、Flute) : 西岡たかしプロデュース

◎ サウス・トゥ・サウスとして

・ 『ぼちぼちいこか』(1975年6月、BMC-3003、徳間音楽工業。『ぼちぼちいこか+6Tracks』として再発: 2007年、TKCA-73243、徳間ジャパンコミュニケーションズ) : A面: 大阪へ出て来てから/可愛い女と呼ばれたい/あこがれの北新地/Come on おばはん/みんなの願いはただひとつ/雨の降る夜に。B面: 梅田からナンバまで/とったらあかん/俺の借金全部でなんぼや/俺の家には朝がない/買物にでも行きまへんか/なつかしの道頓堀 : 「上田正樹と有山淳司」名義。 : 仲野仁太(テキサスフィドル)、井上茂(ウッドブロック、ファンキースティック)、金子マリ(唄)、妹尾隆一郎(ウイーピング・ハープ)等がサポート。
・ 「始発電車/やせた口笛で」(1976年5月、DRQ 1002、Kitty Record) : サウス解散前に発売されたシングル盤。 : 上田正樹『ゴールデン☆ベスト 上田正樹 Kitty Years & More』(2008年、UPCY-6488、USMジャパン)、Disc-1: 01、02で聞くことが出来る。
○ ライブパフォーマンス(演奏日順)

・ 『8・8 ROCK DAYの軌跡 ~ソウル・R&B篇~』(1989年、25JC-422、徳間ジャパン) : バッド・ジャンキー・ブルース/ほんとにいやになるぜ/負けると知りつつバクチをしたよ(以上1部)/Get you when I want you/Licking Stick/Funky Broadway(以上2部) : 1974年8月2-3日、びわ湖バレイで開催。 : 1部: 上田正樹、有山淳司、藤井裕 Elec. Bass、上場正俊 Drums、ゲスト・プレイヤー: セノオ Weeping Harp。 : これらは、『ぼちぼちいこか+6Tracks』のボーナストラックとして聞くことが出来る。
・ 『上田正樹とサウス・トゥ・サウス - 1974ワンステップ・フェスティバル』(2019年、R-18B1086MT、One Step Festival 実行委員会/アイドルジャパンレコード) : タバコが苦い/バッドジャンキーブルース/負けると知りつつバクチをしたよ(以上1部として、上田正樹&有山淳司)/Opening/The Funky Penguin/Ooo Poo Pah Doo/Walking The Dog/Get You When I Want You/Member's Introduction/Licking Stick/Funky Broadway/I Can't Turn You Loose/Try A Little Tenderness/Shake(以上2部) : 1974年8月9日、郡山開成山で開催。 : 上田正樹&有山淳司、クレジットはないが、おそらく藤井裕 B、宮内良和 Kbd(「バッドジャンキーブルース」のみ)、上場正俊 ファンキースティック?(「負けると知りつつバクチをしたよ」のみ)。
・ 『今よみがえる 郡山 - ワンステップ・フェスティバル 1974』(2005年、JRDF-0012、DEAD FLOWER/IDOL JAPAN RECORDS。DVD) : Can't Turn You Loose : 上記、ワンステップでの映像。シンクロしていない。
・ 『夕焼け祭り』(2004年、JRDF-0005、DEAD FLOWER/アイドル・ジャパン・レコード。DVD) : バッドジャンキーブルース/王・メイコの唄/Come On おばはん : 第2回「夕焼け祭り」Vol.2、1975年8月23-24日、山中温泉水無山スキー場で開催。 : ラグタイムセットでも「サウス」全員で演奏。一部界隈で有名な上田正樹の浴衣衣装が見られるが、画質はかなりマニア向け。
・ 『この熱い魂を伝えたいんや』(1976年1月、BMC-7001、徳間音楽工業。再発: 2007年、TKCA-73244、徳間ジャパンコミュニケーションズ) : A面: オープニング(サウス・トゥ・サウス)/ウ・プ・パ・ドゥ/最終電車/こわれたコーヒー・カップ/ラブ・ミー・テンダー。B面: ブレイク・ダウン/むかでの錦三/わが心のジョージア/お前を離さない : 1975年9月28日、芦屋ルナ・ホールでの実況録音。
※ 再々結成ライブ

・ 『シンパイスナ・アンシンスナ - サウス トゥ サウス '91ライブ』(再発版、2015年9月、AZRC-1006/07、amazon records。CD) : Disc-1: OPENING/OPENING~SOUTH TO SOUTH/THE FUNKY PENGUIN/Love Me Tender/あこがれの北新地/とったらあかん/梅田からナンバまで/Come On おばはん/大阪へ出て来てから。Disc-2: 大阪一番 "\en" Power/Walking The Dog/Ooo Poo Pah Doo/むかでの錦三/お前を救けに行く/Route66/TRY A LITTLE TENDERNESS/I CAN'T TURN YOU LOOSE : 1991年7月21日、京大西部講堂。上記『バビロン オブ ロック』の編集版。
・ 『シンパイスナ・アンシンスナ - サウス トゥ サウス '91ライブ』(2015年9月(発売年等記載なし)、AZRD-1004、amazon records。DVD) : OPENING/OPENING~SOUTH TO SOUTH/Love Me Tender/あこがれの北新地/梅田からナンバまで/大阪へ出て来てから/大阪一番 "\en" POWER/Ooo Poo Pah Doo/お前を救けに行く/I CAN'T TURN YOU LOOSE : 1991年7月21日、京大西部講堂。上記『バビロン オブ ロック』の編集版。
○ 上田正樹と有山淳司、リユニオン

・ 有山じゅんじと上田正樹『『ぼちぼちいこか '08』フューチャリング くいだおれ太郎』(2008年10月、FUCHI-001、UK.PROJECT/風知空知レコード。CD) : 俺の借金全部でなんぼや/梅田からナンバまで/あこがれの北新地/買い物にでも行きまへんか/なつかしの道頓堀/ぼちぼちいこか : 「ぼちぼちいこか」は有山(2008年)の書き下ろし。Drums/正木五郎、Woodbass/黒川修(from Ban Ban Bazar)、Chorus/金子マリ
・ 有山じゅんじと上田正樹『ライブ アット 道頓堀くいだおれ ぼちぼちいこか ザ・ムービー』(2009年、FUCHI-002DV、UK.PROJECT/風知空知レコード。DVD) : Disc-1(2008.10.22 Live at 道頓堀くいだおれ): 大阪へ出て来てから/あこがれの北新地/可愛い女と呼ばれたい/俺の家には朝がない/50歳/悲しい色やね/HARD TO HUNDLE/むかでの錦三/買い物にでも行きまへんか/俺の借金全部でなんぼや/梅田からナンバまで/おまえを救いにゆく/なつかしの道頓堀/ぼちぼちいこか。Disc-2: 梅田からナンバまで(2008.10.28 Live at 下北沢 風知空知)/(以降、Promortion Video)なつかしの道頓堀/俺の借金全部でなんぼや/ぼちぼちいこか
○ サポート(バッキング)

・ 桂三枝「三枝のムラムラ日記」(1975年12月、BS-1983、キングレコード) : 「とったらあかん」の桂三枝バージョン。 : Various Artists『SHOW WA ハレンチ・パラダイス』の3曲目、その他のオムニバス盤で聞くことが出来る。
・ 泉谷しげる『家族』(1976年4月、FLL-4003、フォーライフ・レコード) : 特に『ぼちぼちいこか』の雰囲気を漂わせているのが、A-3の「街角」。

◎ ソロ(ライブ含む)

・ 『ありのままじゅんじ』(1978年3月、MKF-1028、Kitty Record。再発CD: 2005年、UKRR-6027、Rice Records) : A面: 今日も元気に/Baby もうすぐ帰るよ/僕ムシャクシャクシャ/ほら あんなに月までブルームーン/めざすは夢の宝島。B面: ディディ ワァ ディディ/行くあてなし/Baby お前が好きだよ/今夜はカキ色の月が/果てしなく : 有山は、ボーカル、アコースティック・ギター、スライド・ギター、バンジョー、ドブロ・ギター、リコーダー。 : サポート、石田長生、藤井裕、国府輝幸、正木五郎、中川イサト、中西康晴、西依一実、尾関隆、西山速水、松田幸一、金森幸介、小田急小梅、亀淵友香、増本博人、等々。
・ Various Artists『限りなく透明に近いブルー オリジナルサウンドトラック』(1979年、MKF-1044、Kitty Record。再発CD: 1989年、H25K-20153、Kitty Record) : B面: 02. DAYDREAM : 原作の舞台設定時期に流行っていた洋楽、その心象風景を飾る音楽を、レーベルを越えて各ミュージシャンがカバーしたサントラ盤。
・ Various Artists『春一番ライブ '79』(再発CD: 2004年、BZCS-9029~30、Bellwood Record) : Disc-1: 06. Baby お前が好きだよ : 中西康晴: Piano。1979年5月3日-6日、天王寺野外音楽堂。
・ 『聞こえる 聞こえる』(1990年、UK-J001、UK.PROJECT) : Be All Right/あつい夏/ウーララ/月の唄が聞こえる/Gooday 今日はSunshine/気持ち/おまえとならうまくやれる/なんでもない なんでもない/鯖、ジン
・ 『MAKE A JOYFUL NOISE』(1991年、UKRR-6001、UK.PROJECT) : 抱きしめよう/ぐちぐちぐち/今日もこつこつ/満月の夜/明日考える/RAILROAD JUNJI/MAKE A JOYFUL NOISE/けだるい2人/そんなにガミガミ/物語を聞かせて/なんだ坂こんな坂
・ 『レア・ソングス』(1993年、UKRR-6009、UK.PROJECT) : 大阪も雨に沈んでいるかい/よいしょ、よっこらしょ/星に願いを/ゴーイング・マイ・ウェイ/まちがえる/時代遅れのバースディプレゼント/冷たい風/ぐるぐるぐる/クリスマス・イン・マイ・ハート/うそじゃない うそじゃない/Baby おまえが好きだよ/ここにいるよ : ゴンザレス三上: g、内田勘太郎: g、藤井裕: b、原ボビー隆: key、松井宏: harp。1993年7月5-6日、京都・磔磔
・ 『あした元気になれ』(1998年、UKRR-6016、UK.PROJECT) : あした元気になれ/パチンコはやめた/Guitar Chime/眠れぬ夜/狼男の唄/ウォーキン'ダウン・ザ・ストリート/Baby/もえてる/イライラしてる/君に逢いたい/唄は悲しみに勝つ
・ 『Thinkin' of You』(2004年、UKRR-6022、UK.PROJECT) : Ain't Nobody's Business/光る雪/Think of You/ドレミファ、ソッと暮らしてる/It's Only A Paper Moon/Wabash Rag/いつかあの娘が戻ってきたら/碧い夜/ありやまな夜だ/Over The Rainbow/50歳/光る雪(Reprise)
・ 『アリ・ヤ・マニア』(2013年、FUCHI-005、006、UK.PROJECT) : Disc-1: 梅田からナンバまで(上田正樹と有山淳司)/Baby お前が好きだよ/ディディ ワァ ディディ/今夜はカキ色の月が/時代遅れのバースディプレゼント(未発表ライブ)/気持ち(ニュー・ミックス)/あつい夏(ニュー・ミックス)/ウーララ(ニュー・ミックス)/なんだ坂こんな坂/そんなにガミガミ/抱きしめよう/今夜はカキ色の月が(ロス・ルンベロス)/C'mon 買いもん(ロス・ルンベロス)/クリスマス・イン・マイ・ハート/時代遅れのバースディプレゼント。Disc-2: Saba-Gin(ロス・ルンベロス)/時代遅れのバースディプレゼント(未発表)/あした元気になれ/唄は悲しみに勝つ/陽よ 昇れ Let's it shine on(木村くんと有山くん)/Ain't Nobody's Business/Think of You/ありやまな夜だ/ぐるぐるぐる(未発表。with FUJI・MASA)/Woo...(未発表。with FUJI・MASA)/光の中から笑顔が見えるよ(未発表)/くそっ、Blues(未発表)/残しとこう(有山岸)/元気をだそう(新録音)/胸があついよ(新曲)/のんき(新録音)/ぼちぼちいこか(新録音、有山ソロ) : 2枚組ベストアルバム。
・ 『ありやまなチンチン電車の旅 阪堺電車一周ライブ』(2017年、AND071、アルファノート。DVD) : 阪堺電車を貸し切り、走る列車内でのライブDVD。

◎ 共演、競演、ユニット、サポート etc.

○ 中川イサト

・ 『1310』(1977年、25AH-186、CBS・ソニー。再発: 1991年、SRCL 2048、SONY RECORDS) : A-4: 不演唱(ぶるーす)/B-6: オレンジ
○ 中川イサト・有山じゅんじ

・ 『AFTER HOURS』(1988年、NR-5、ナニワ・レコード。再発: 2000年、SEAL-010、SEALS RECORDS) : A面: 01. Perugino/03. 不演唱2/04. C-Rag/05. 夕焼け雲。B面: 01. Chott Tropical/02. Rouler Sa Bosse/04. After Hours/05. 月の唄が聞こえる : A-4、B-5 by 有山じゅんじ。B-1 by 中川イサト and 有山じゅんじ。金森幸介 Chorus on "夕焼け雲"and"月の唄が聞こえる"
○ 中川五郎

・ 『また恋をしてしまったぼく』(1978年、OFL-48、キングレコード。再発DC: 2004年、BZCS-9047、Bellwood Record。2012年、KICS-2591、Bellwood Record) : 曲ごとのクレジットはないが、A面: 02. 「夜盗のように(Run Like a Thief)」やB面: 03. 「三十歳の子供」で、おそらく有山のギターが聞こえる。藤井裕も参加。 : 中川イサトプロデュース。
○ 大原治三

・ 『根無し草』(1979年、NAO-0001、Nao Records) : A面: 04. 「独り暮らし」で、おそらく有山のギターが聞こえる。 : 中川イサトプロデュースの自主製作盤。
○ いとうたかお

・ Various Artists『春一番ライブ '79』(上記) : Disc-2: 02. その際に立ち : 有山淳司: Kalimba。
○ 中村よお

・ 『中村よお』(1988年、HLP-0001、HEFFALUMP RECORDS。再発、2000年、SEAL-013、Seals Records他) : A面: 01. LAST-SONG : 有山じゅんじ: electric guitar。自主製作盤
○ 下田逸郎

・ 『ひとひら』(1992年、UKRR-6005、RICE RECORDS/UK.PROJECT。下田通信所再発、廃盤) : 04. 不思議な気分/07. トビウオ飛んだ/10. 今夜? : 有山じゅんじ: ギター、ボビー原: オルガン、山田晴三: ベース・カリンバ、土居正和: ドラムス。07のみ、朴在干: パーカッション。
・ 『ワルツの時間』(2000年、不明、下田通信所、廃盤)
○ ロス・ルンベロス

・ FEATURING 有山じゅんじ『Hurry Hurry Hurry』(1992年、UKRR-6007、UK.PROJECT) : Hurry Hurry Hurry/C'mon 買いもん/Piano Interlude/今夜はカキ色の月が/月の唄が聞こえる/Funny Guy/I'm Insane/La Cita/Gooday 今日はSunshine/SABA-GIN
○ 加川良

・ 『2 [túː』(1993年、TKCA-70097、Japan Records) : ONE/胸にあふれるこの想い/丘の上/ASIA(夢のおまつり)/オーマイ ダーリン/りんごのひとりごと/本当のこと/たぬきのロクさん/ONE(別バージョン) : エレクトリック&アコースティックギター、バッキング ボーカル 有山じゅんじ(ONE別バージョンは加川弾き語り)
○ RYO KAGAWA WITH TE-CHILI

・ 『R・O・C・K』(1996年、UKRR-6015、UK.PROJECT) : 戦争しましょう/教訓Ⅰ/下宿屋/親愛なるQに捧ぐ/アイ&アイ/伝道/冬の星座/女の証し/コスモス : Ryo Kagawa: vocal、You Fujii: bass、Roger: drums、Junji Ariyama: guitar
○ 三代目魚武濱田成夫

・ 『続・三代目濱田成夫』(1997年、PCCA-0111、PONY CANYON) : 01. ファイト/07. 舟唄 : TE-CHILIとしてバッキング
○ 木村充揮

・ 『YOU-TONE』(1995年、TOCT-9107、東芝EMI) : 08: 君とのランデブー/09: オールライト・サン : Dr: 正木五郎、G: 有山じゅんじ、B: 藤井裕、他。別の曲で中西康晴も参加。
○ 木村くんと有山くん

・ 『木村くんと有山くん』(1998年、UKDL-001、DANDY LION/UK.PROJECT) : あなたも私もブルースが好き/陽よ昇れ(Let's it Shine On)/オッチロリン/秋の空/君の瞳/La-Cana/ビビッテ・バビッテ・ブー/過ぎたるは及ばざるが如し
○ CUM' CUM'

・ 『CUM' CUM'』(2000年、PSCR-5922、POLYSTAR) : 05. 胸の中(Whistle) : 木村充揮、河内博、渡辺けんぞう、正木五郎によるバンド。有山は他に、Backing Vocaleでも参加。
○ 木村充揮

・ 『ザ・ライブ』(2019年、EDCE-1031、江戸屋/SPACE SHOWER NETWORKS) : Disc-2: 07. あなたも私もブルースが好き/08. 陽よ昇れ/09. キムチはできるだけ辛い方がいい/10. けだるい二人(Two Sleepy People)/11. いい感じ/12. シカゴバウンド/13. 嫌んなった : 2018年4月14日、「風知空知」での録音。
○ 有山じゅんじ&ゴンチチ

・ Various Artists『KUROちゃんをうたう』(1998年、MDCL-1335、ミディ。) : Disc-2: 13. La-Cana : アコースティック・ギター、フルート、ボーカル。 : KUROトリビュート・アルバム。R.I.P
○ ISOICHI

・ 『WILDERNESS』(1999年、BSR-051、BlueSky Records) : 03. Chicken/07. 灯り : アコースティック・ギター、コーラス。
○ 坂庭省悟

・ 『Hobo's Lullaby』(2002年、SYJY-005、PALM STRINGS RECORDS) : 01. 500miles/09. 二月のうた-The New Land : フルート(木田高介の遺品)。
・ Various Artists『やくそく』(2006年、SYJY-008、PALM STRINGS RECORDS) : 12. ぼく : 有山じゅんじ(Vocal&Gutar)&虎ちゃん : 坂庭省悟トリビュート・アルバム。R.I.P
○ 三宅伸治

・ 三宅伸治プロジェクト2『Guitars' talk』(2002年、ENCM-2013、mind box/ENSEMBLE) : 01. It's All Right(有山じゅんじ: Vocal、Clap、Flute)/03. さよならだけが人生さ(町から町へ)(有山じゅんじ: Vocal&A.Guitar)
・ 三宅伸治トリビュートアルバム『ソングライター』(2017年、TKCA-74606、徳間ジャパン) : Disc-2: 10. 平気
・ 三宅伸治&Santa Clauses『Rainbow Christmas』(2020年、PCD-18879、Pヴァイン) : 12. レインボー クリスマス
・ 三宅伸治&Santa Clauses『Rainbow Christmas LIVE』(2022年、PCD-18896、Pヴァイン) : 11. ハイボール クリスマス/12. レインボー クリスマス : 2021年12月4日に横浜ベイホールで開催されたイベント「Rainbow Christmas 2021」のライブ・アルバム
○ 金森幸介

・ 『金森幸介』(2002年、MDCL-1428、MIDI INC.) : 04. 大阪も雨に沈んでいるかい(guitar on 有山じゅんじ)/07. ふたりは(vocals and guitar on 有山じゅんじ) : rec. at ルーテル教会(能勢)、'02.04.24-25。05.09。
○ シカゴロッカーズ

・ 『ナニワジャングル明日はなし』(2006年、XQBA-1001、SILVER BIRCH RECORDS) : 09. 上を向いて歩こう(AG。国府テルユキ: ピアニカ) : 他、EGでの参加曲は不明。
○ 金子マリ

・ 『B-ethics』(2006年、IOCD-20192、AVEX) : 02. GIVE, GET PEACE(Words music & Arrangement、Acoustic Guitar & Flute)/12. GIVE, GET PEACE -A- Chance
・ 『金子な理由』(2008年、HW-016、HOME WORK RECORDS) : 12. 悲しい色やね(有山じゅんじ: guitar)
・ 『MARI KANEKO 60th BIRTHDAY LIVE 金子な理由』(2015年、TBRD-1201、たっぷり金子な実行委員会/JAPAN MUSIC SYSTEM。DVD) : 03. Give get peace(with 5th element will/有山じゅんじ)/04. 抱きしめよう(with 有山じゅんじ)/05. みんなの願いはただひとつ(with Ban Ban Bazar/有山じゅんじ) : December 1st, 2014. 「下北沢ガーデン」。
○ Ban Ban Bazar

・ 『One Day, One Month, One Year』(2007年、HW-013、HOME WORK RECORDS) : 12. スルメのように生きている
○ 藤井裕

・ 『フジーユー』(2007年、JIYU-001、JIYU RECORDS) : 10. 心の中のカード
○ 有山岸

・ 『そろそろおこか -CARELESS LOVE-』(2010年6月、DDCB-14012、バウンディ) : Disc-1: そろそろおいとこ、Careless Love/Tipitina/皆既日食/よいしょよっこらしょ/Young Boy Blues/ろっかまいばいべいびい/Jamaica Song/Monday Night In New Orleans/Sukiyaki Blues(上を向いて歩こう)/残しとこう : 細野晴臣(Bass&Vocal on 6、Bass on 8) : Disc-2: 皆既日食/Tipitina/しょぼくれあかんたれ/Monday Might In New Orleans/ろっかまいばいべいびい/よいしょよっこらしょ/残しとこう/梅田からナンバまで/よいしょよっこらしょ : Disc-2はDVD。Making Of Album, and more
・ 『そろそろおこか TOUR 2011』(2011年、DDBB-14005、バウンディ。DVD) : 2010年ツアー
・ feat.上田正樹『Bitter Sweet Soul』(2014年9月、PECF-3098、SPACE SHOWER NETWORKS) : I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter/Let's Go Get Stoned/The Dock Of The Bay/Hook Me Up/Brickyard Blues/Take These Chains From My Heart/Baby Don't Push Me/Love T.K.O./もうしんどい from Busted/River Side Blues
○ 上田正樹

・ 『俺たちの歌』(2011年、DQC-563、スリーエーミュージック) : 01. Bluseと暮らしてる/02. 俺の四季 : Vocal、Guitar
・ 『Soul to Soul』(2019年、UICZ-4465、UNIVERSAL MUSIC LLC) : 01. 心配スナ 安心スナ/04. Hey Brother/05. First Base/07. R&B聞こえてくるよ/08. The Light in Your Eyes/09. Name of The Game/10. Soul to Soul/12. 46憶ページの一枚の物語/13. あなたを感じていたい/14. 心配スナ 安心スナ(Reprise) : 有山じゅんじ: Guitar、正木五郎: Drums、藤井裕: Bass(M7。R.I.P藤井裕)、他
○ リクオ

・ 『HOBO CONNECTION vol.1』(2012年、HW024AV、HOME WORK RECORDS。2CD+1DVD) : CD-2: 07. 気持ち/08. 梅田からナンバまで。DVD: 18. 梅田からナンバまで/19: 気持ち : with Ban Ban Bazar/有山じゅんじ。 2010年11月「下北沢ガーデン」
○ 石田長生

・ Various Artists『SONGS OF Ishiyan』(2019年、EDCE-1035、江戸屋/スペースシャワーネットワーク) : Disc-2: 01. Boat Club Road : 石田長生トリビュート・アルバム。R.I.P

● 教則アイテム、その他


◎ CD

・ オムニバス『アコギでクラプトン』(2007年、GNCL-1103、ジェネオンエンタテイメント) : 12. TEARS IN HEAVEN : ギター、フルート、ハミング。 : リットーミュージック刊行「季刊アコースティック・ギター・マガジン」プロデュースによるアコギカヴァー企画アルバム。

◎ 雑誌

・ 「ギター・マガジン 第28巻6号」(2007年6月、リットーミュージック) : 付属CDのTrack 29-37に、本誌pp.213-223、「名手直伝 誌上スペシャル・セミナー2「有山じゅんじのラグタイムってなんだろう? ~親指をブン・チャッ♪~」」掲載TAB譜に連動した、親指をブン・チャッ♪/ありやまなブン・チャッ♪のテーマ/ラグ・ラ・グラ・グラ/ブン・チャッ♪なブギ/ウキ・ウキ・ブン・チャッ♪/憂鬱な夏のブン・チャッ♪/ウロ・ウロ・ラグ/ラグタイムってなんだろう?/地球があぶないっ、各楽曲が録音されている。
・ 「季刊アコースティック・ギター・マガジン VOL40」(2009年5月、リットーミュージック・ムック第45号) : 付属CDのTrack 01に、「誌上スペシャル・セッション」(pp.24-48)で紹介されている、おおはた雄一との書き下ろし楽曲「くそっ、Blues」が録音され、当該TAB譜が本誌pp.35-40に掲載されている。

◎ DVD

・ 『有山じゅんじ ラグタイムの流儀 ~弦で紡ぐありやまな音楽~』(2016年、AND066、アルファノート) : 50歳/梅田からナンバまで/陽よ昇れ/親指でブン・チャ♪/Ain't Nobody's Business/買い物にでも行きまへんか/俺の借金全部でなんぼや、各TAB譜付属。 : 『ありやまなチンチン電車の旅 阪堺線一周の旅 LIVE2016』の一部や「ぶんちゃっ(難波)」、「リズム&串カツ アガッタ(東心斎橋)」等飲食店での歓談も。

「有山じゅんじ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2023年12月4日15時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター