好きな歌手
ランキング87位
獲得票なし
嫌いな歌手
ランキング13位
1票獲得
相川七瀬


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

相川 七瀬(あいかわ ななせ、1975年〈昭和50年〉2月16日 -)は、日本の女性歌手。大阪府大阪市東淀川区上新庄出身。國學院大學神道文化学部卒業。2024年4月からは同大学大学院へ進学している。

● 略歴
中学1年生の時に「中学3年生まで(歌手になる)オーディションを受けさせて」と母に頼み込み、最後の挑戦とした1990年(平成2年)に中学3年生(15歳の頃)でCBS・ソニーグループ主催のオーディションを受ける が結果は不合格。芸能界入りを諦め大阪府立北淀高等学校に進学するが 約1年後、オーディション審査員の織田哲郎(後のプロデューサー)から直接電話を受ける。 相川としては、芸能界入りを諦めており、一旦は断るが、この時に織田から自宅の電話番号を伝えられ、約1年後に改めて織田に連絡、上京。歌手デビューのためにボイス・トレーニングを開始する。芸名「相川七瀬」はプロデューサーである織田哲郎が命名した。 プロデューサーの織田は当初、契約をしていたビーイングでデビューさせることを考えていたが、ビーイングから相川を自レーベルでデビューさせる気はないと言われ、ビーイングに他社でデビューさせることの了承を得て、エイベックスのmotorodレーベルに所属するになった。1995年11月、織田のプロデュースによるシングル『夢見る少女じゃいられない』で歌手デビュー。相川をトータルプロデュースするにあたり、織田はそれまでの「前向きなガール・ポップ」に対して「前向きじゃないダークなロック」を全面に打ち出した。 1996年7月、ファーストアルバム『Red』リリース。オリコンのアルバムチャート初登場1位、現在までに245万枚を超すダブル・ミリオン大ヒットを記録。同年10月発売の5thシングル『恋心』はミリオンセラーを記録し、自身最大のヒット曲となり年末に「第47回NHK紅白歌合戦」に初出場。「夢見る少女じゃいられない」を披露。 1997年、7月に2作目のアルバム『paradox』発売、オリコン初登場1位獲得、現在までに143万枚を売上。自身初の全国コンサートツアー“Live Emotion '97” 20公演を敢行、チケットは発売後1時間でソールドアウト、6万5千人を動員。最終の9月9日・10日は日本武道館で公演。デビューからわずか1年10か月での日本武道館ライブであった。同年も紅白出場が有力視されたが、アルバムジャケットの海外撮影と日程が重なったことから見送られた。 1998年、7月に3作目のアルバム『crimson』(オリコン初登場1位)を発表後、全国で40公演の“Live Emotion '98 crimson”コンサートを敢行。10月、最終の大阪城ホール公演終了後、髪の毛をばっさりと切り、一人で約2か月、ドイツに旅行。 1999年、トレードマークだった赤いロングヘアーを金髪のショートヘアに変え、“第2期相川七瀬”と銘打ちベスト・アルバム『ID』をリリース。同アルバムは第12回日本ゴールドディスク大賞「ベスト・ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。4作目のアルバム『FOXTROT』を制作中、年末年始にかけて雑誌取材のためカナダ渡航。 2000年にプロデューサーを布袋寅泰に迎え、それまでとは異なる曲調のロックを歌う。2月から5月にかけ全国ツアーライブ“Live Emotion 2000 "FOXTROT"”(32公演、ラストは沖縄)。8月12日には台北市の西門町で予告無しのゲリラライブを敢行、雨天にもかかわらず3000人を集めた(MTVのイベントに参加した際のエピソード)。 2001年、シングル2枚同時発売。2月に一般男性と結婚。その後もスタジオ作業は継続し、出産直前まで制作に携わり、各方面で活躍するミュージシャンとのコラボレーションによる初のバラードミニアルバム『The Last Quarter』発表。9月6日、第一子となる男児を出産。この頃から音楽雑誌の他に、主婦・子育てをする母親を対象とする育児雑誌にも活動の場を広げ、インタビューが掲載されるようになる。 2008年5月、2年ぶりの新曲「PRISM」が限定配信リリースされた。 2009年2月、4年ぶりのアルバム『REBORN』をリリース。その後、自身初のクラブ・ツアー「AIKAWA NANASE CLUB TOUR '09 REBORN -STYLE-」を2月16日から3月3日まで、全国7か所で行なう。8月25日、パチンコ台「CR相川七瀬〜時空の翼〜(藤商事)」が発表。9月に小説「ダリア」(書籍)発売。11月、久々に織田提供作品のシングル『tAttoo』発売。 2010年、2月16日に渋谷の「duo music exchange」にてバースデイライブを行なう。同日にデビュー15周年ベスト・アルバム『ROCK or DIE』を発売。9月29日、アルバム『稲垣潤一 / 男と女3-TWO HEARTS TWO VOICES-』でデュエット「愛がとまらない」を発表。11月3日にライブDVD『AIKAWA NANASE Live Emotion 999』をリリース。12月8日にガールズバンド「Rockstar Steady」としてDVDシングル「Fine Fine Day」を発売。 2010年、2月16日に昨年同様、渋谷の「duo music exchange」にてバースデイライブを行なった。同日、「Rockstar Steady」としてアルバム『Gossip』を発売。 2012年9月18日、難産ながらも第3子となる女児を出産。 2015年、1月13日、茨城県鹿嶋市「かしま大使」に就任した。夫が県内出身ということもあり、20代後半からこれまでに30回以上、鹿島神宮を訪れている。11月8日、EX THEATER ROPPONGIで「NANASE AIKAWA 20th Anniversary GIG」を豪華なゲスト(浅岡雄也、工藤静香、中村あゆみ、杏子、寺田恵子、藍井エイル、他)を多数迎え開催した。 2016年、留学していた長男が日本の高卒認定を取得することとなり、自分も高卒認定試験を受けるための受験勉強を開始した。同時に、國學院大學の科目履修生となった。 2018年、43歳を迎え、約2年の猛勉強の末に高卒認定試験に合格。5月3日、自由が丘スイーツフェスタ2018に出演し、ライブを行うとともに任命式にて「自由が丘アンバサダー」、および「自由が丘スイーツ大使」に就任した。 2019年、5月15日、横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で自身初となる始球式に臨んだ。ベイファンになったのは息子の小学校の友達がベイファンで横浜スタジアムに連れて行ったのがきっかけである。 デビュー25周年を迎えた2020年、祖父が地元の神社の熱心な氏子であった影響で、幼少期より民俗学的事象に関心を持っていたこと、祭りを通じ「地域活性に携りたい」思いから以前から科目履修生として通学していた國學院大學神道文化学部を改めて受験し合格。大学入学直後にコロナによる緊急事態宣言が発出され、授業はすべてオンラインとなる。9月28日、Nusing Now公式ソングとして、つんく♂プロデュースによる新曲「元気の歌」を配信リリースした。 2021年、大学の対面授業が再開し、キャンパスに通学できるようになる。7月28日、25周年を記念して、ハローキティーと愛猫チャッピーのコラボレーションが実現しグッズをお披露目した。11月7日、25th Anniversary Final Party 〜ROCK NEVERLAND〜 にて25年間を彩った楽曲を提供してきたギタリストとして織田哲郎、布袋寅泰、柴崎浩、室姫深をゲストに迎えて共演。布袋とはステージ初共演であった。 2023年、大学4年生となり、お神輿サークルに入部した。11月8日には、カバーアルバム『ROCK MONSTER』を発売。アルバムのリードトラックである「POISON」(布袋寅泰のカバー)のミュージック・ビデオも制作され、自身のYouTubeチャンネルで公開された。また発売当日には、デビュー & アルバムリリースダブル記念ライブ「LIVE ROCK MONSTER」を東京・ニューピアホールにて開催。アルバム収録曲や自身の代表曲を披露し、アンコールでは息子のRIOがドラムとして参加した。 2023年12月26日、國學院大學大学院への進学と「一般社団法人Culture Plus」の設立を発表。 同年4月16日には栃木県文化財オフィサーに就任した。

● 人物
芸名の「相川」は地元近くにある阪急京都本線の相川駅に由来とよく言われるが、これについては本人が「都市伝説です」ときっぱり否定している。 大阪出身の相川だが、上京後に東京都目黒区自由が丘に住み始め、夫と結婚後も同所に住み続けているため自由が丘を「第2の地元」としている。 次男が横浜DeNAベイスターズのファンであることから、そこから同球団との交流が始まってDeNA主催試合で何度か始球式を務め、三浦大輔とは家族ぐるみの付き合いがある。 2011年に音楽イベントで長崎県対馬市を訪れた際、偶然見かけた神事に欠かせない古代米「赤米」の美しさに魅了された。その際に存続が危ぶまれている継承活動のことを知り、翌年6月に同市の赤米諮問大使に就任。同様に古代の赤米を伝承している岡山県総社市と鹿児島県南種子町の親善大使となる。2014年には3市町が地域間交流を深め、赤米文化を未来の世代へ継承することを目的にした「赤米伝統文化交流協定」締結にも尽力した。2024年4月、対馬市の「未来共創フェロー」(文化政策担当)に任命された   CTCR-40145   10位
  22nd   2003年2月13日 Shock of Love   AVCD-32004   39位
  23rd   2003年11月27日 R-指定   AVCD-32019   37位
  24th   2004年1月21日 愛ノ詩 -マジェンタレイン-   AVCD-32022   55位
  25th   2004年2月18日 Round ZERO〜BLADE BRAVE   AVCA-14925   11位
  26th   2004年9月29日 万華鏡/UNLIMITED   AVCD-32034   49位
  27th   2005年1月19日 限りある響き   12cm CD   AVCD-32044   62位
    28th     2006年2月15日   EVERYBODY GOES   12cm CD+DVD   AVCD-32059B     78位
  12cm CD   AVCD-32060
  29th   2009年11月11日 tAttoo     12cm CD+DVD   AVCD-32129B   56位
  30th   2014年3月5日 桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo   AVCD-32233   72位
  31st   2015年8月26日 満月にSHOUT   AVCD-32244B   62位
    32nd     2016年7月6日   ACROSS   AVCD-32257B     63位
  12cm CD   AVCD-32258


◎ 配信シングル

発売日 タイトル 規格
  2008年5月24日 PRISM     デジタル・ダウンロード
  2020年9月29日 元気の歌
  2022年12月21日 むすんでひらいて



◎ 配信EP

発売日 タイトル 備考
  2021年1月22日 Bye Bye Boy 2564   活動25周年記念リミックスEP。



◎ アルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
  1st   1996年07月03日 Red     CD   CTCR-18001     1位
  2nd   1997年07月02日 paradox   CTCR-18002
  3rd   1998年07月08日 crimson   CTCR-18008
  4th   2000年02月16日 FOXTROT   CD+ミニCD(初回限定盤)   CTCR-18015   3位
  5th   2001年02月21日 Purānā   CD   CTCR-18023   7位
  6th   2001年9月27日 The Last Quarter   CD+詩集ブックレット(初回限定盤)   CTCR-18026   15位
    7th     2004年2月18日   7 seven   CCCD+DVD(初回限定盤)   AVCD-32027B     33位
  CCCD   AVCD-32028
  8th   2005年2月16日 THE FIRST QUARTER     CD   AVCD-32040   85位
  9th   2005年11月09日 R.U.O.K?   AVCD-32057   75位
    10th     2009年2月18日   REBORN   CD+DVD   AVCD-32118B     45位
    CD   AVCD-32119
  11th   2013年2月6日 今事記   AVCD-32214  
    12th     2016年10月26日   NOW OR NEVER   CD+DVD   AVCD-32263
   
   CD  AVCD-32264
  13th   2018年6月20日 ROCK GOES ON   AVCD-32289  
  14th   2023年1月25日 中今   AVCD-32301  



◎ ベスト・アルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
  1st   1999年5月19日 ID   CD   CTCR-18012   1位
    2nd     2003年3月26日   ID:2   CCCD(初回限定盤)   AVCD-32007     29位
  CCCD(通常盤)   AVCD-32010
  3rd   2007年4月13日 COMPLETE BEST 相川七瀬   CD   AQC1-50250   -
    4th     2010年02月16日   NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE"   CD+DVD   AVCD-32156B     34位
  CD   AVCD-32157


◎ カバーアルバム

  発売日 タイトル 規格 最高順位
  1st   2015年10月28日 Treasure Box -Tetsuro Oda Songs-   CD   62位
  2nd   2023年11月8日 ROCK MONSTER   CD  



◎ アナログ12インチ

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
  1st   1998年1月28日 BAD GIRLS/バイバイ。     Vinyl   RR12-88047  
  2nd   2001年8月31日 OFFICIAL BOOTLEG MIX"7"   RR12-88309  


◎ 映像作品

  タイトル 発売日 規格 規格品番 最高順位
    MV集   Reflex   1997年2月19日   VHS   CTVR-98000  
  2000年3月29日   DVD   CTBR-92001  
    ライブ映像   Live Emotion Concert Tour '97   1997年10月29日   VHS   CTVR-98001  
  2000年3月29日   DVD   CTBR-92002  
  2012年12月19日   Blu-ray Disc   AVXD-32217  
    MV集   radioactive   1999年3月3日   VHS   CTVR-98003  
  2000年3月29日   DVD   CTBR-92003  
    ライブ映像   Live Emotion 2000“FOXTROT”     2000年9月20日   VHS   CTVR-98008  
  DVD   CTBR-92007  
  2004年12月8日   DVD
(初回限定特別価格版)   AVBD-32046  
  2012年12月19日   Blu-ray Disc   AVXD-32218  
  chain reaction     2001年3月7日   VHS   CTVR-98014  
    DVD   CTBR-92014  
    MV集 "Reflex"+"radioactive"   2002年3月13日   CTBR-92021  
BEST CLIPS   2002年12月11日   AVBD-91129  
    ライブ映像 Live Emotion 2004 7 seven   2004年9月29日   AVBD-32036  
7.7.7   2006年1月1日   DVD+2CD   AVBD-32058B  
NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE"   2010年2月16日   2DVD+2CD+Tシャツ
(初回生産限定盤)   AVBD-32154B   29
  AIKAWA NANASE Live Emotion 999   2010年11月3日   DVD   AVBD-32168   102
  2012年12月19日   Blu-ray Disc   AVXD-32220  
  ROCK KINGDOM     2022年7月7日   DVD(3枚組)   AVBD-32295/7  
  Blu-ray Disc(3枚組)   AVXD-32298/300  



◎ 別名義、本人参加作品

・ LOVE TERRORIST(2005年9月7日)(『MUSIC FROM AND INSPIRED BY THE GAME HEAVY METAL THUNDER -THE RECORDINGS-』収録、相川七瀬 with Marty Friedman名義)
・ Circle of Life(2008年8月6日)(「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」主題歌、Crimson-FANG名義)
・ Paya Paya(2009年2月18日)(『うちの3姉妹のおんがくかい』収録、ライオネル45%名義)
・ 希望の鐘,REALIZE, Return To ZERO(2011年10月5日)(期間限定ユニットDaybreakers ストーリーコンセプトアルバム『Return To ZERO』収録)
・ Rock Love(2015年9月30日)(SHOW-YAのアルバム『PROGRESS』収録。コーラスとして参加。)
・ W(2019年6月26日)- 中村あゆみとのプロジェクト『ANNA』名義のミニ・アルバム。

◎ その他
J-POPハリケーン 〜相川七瀬だけ60分本気MIX〜 / MIX-J(2011年3月23日) Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜(2017年9月6日)(『サイレントノイズ』収録、Plastic Treeのトリビュートアルバム) 平成仮面ライダー20作品記念ベスト(2019年5月1日、avex trax)(『Round ZERO〜BLADE BRAVE』収録)

◎ 作詞提供

・ Risky Melody「いたいいたいあい」※ヴォーカル・ディレクションにも参加。

● 出版物


◎ 書籍

・ 「相川七瀬のトナカイ倶楽部 -炎のLOVE2バイブル編-」2000年、朝日出版社(ISBN 4255000158)
・ 「RED」(相川七瀬写真集)2002年、株式会社セレブラ

「相川七瀬」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月16日3時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌手を お選びください。

嫌いな歌手は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌手を お選びください。

歌手の無作為ピックアップ

好きな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌手を お選びください。

現在 241回の投票があります!

嫌いな歌手は どっち?

投票すると歌手ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌手を お選びください。

現在 89回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター