好きな方言
ランキング26位
獲得票なし
嫌いな方言
ランキング13位
獲得票なし
岡山弁


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

岡山弁(おかやまべん)は、岡山県で話されている日本語の方言である。

● 概要
岡山弁は、山陽方言の範囲の南東端に当たり、広島県東部(旧備後国)の備後弁と共に「東山陽方言」に属する。基本的なアクセントは内輪東京式。断定の助動詞(コピュラ)は「じゃ」が主で、理由の接続助詞に「けえ」「けん」が使われる。連母音の融合が盛んである。 県内の方言は令制国(旧国)ごとに備前(東南部)、備中(西部)、美作(東北部)に分類されるが、これらの間に明確な境界を引くことはできない。また、備中地方でも井原市・笠岡市(井笠地方)など備後福山藩であった地域では広島県側と共通の備後弁(福山弁)が話される。その他に兵庫県との境界部(近畿方言)、古くから海上交易の拠点となった真鍋島(真鍋式アクセント)など一般的な岡山弁とは異なる地方がある。 岡山弁のアクセントは、東京式アクセントの体系を持っており共通語と同一。兵庫県境(船坂峠など)を東へ越えると、近畿方言の播州弁の地域となり、アクセントも京阪式に変化する(ただし播州西部は主流京阪式ではなく垂井式アクセント)。また、南の瀬戸内海の香川県境を越えると四国方言の讃岐弁の地域となり、アクセントも東京式から讃岐式(京阪式の変種)に変化する。

◎ 分類

・ 中国方言
 ・ 山陽方言
  ・ 東山陽方言(吉備方言)
   ・ 岡山弁
   ・
・ 備前方言
   ・
・ 備中方言
   ・
・ 美作方言(作州弁)
   ・ 備後弁
   ・
・ 福山弁

● 音声・音韻・アクセント
岡山弁では母音の無声化はほとんど起こらない。 東京のアクセントでは、三拍形容詞は平板型になるもの(あ)と中高型になるもの(しい)の2種類がある。岡山県でも高齢層にはこの区別があるが、南西部(岡山市、笠岡市、旧勝山町・落合町を結ぶ三角形の内側)と兵庫県に接する南東部では、若年層においてどちらも中高型(あい)になっている。東京式アクセントでは第一類の語(赤い、軽い、暗い、など)は平板型、第二類の語(白い、高い、近い、など)は中高型になる地域がほとんどであるが、名古屋・岐阜県・兵庫県北部などではすべて中高型に統一されている。一方、岡山県でも美作では若年層にも区別がある。地域によって使用する・しないものがある。

◎ 動詞

・おらぶ - 大声を出す。大声で呼ぶ。古語に由来する。美作地方では使われない。
・もげる - 壊れる、調子が悪くなる。高音域にチャレンジしたが、ハイトーンが出なかったときにも使われる。
・いらう - 触る、弄る
・めぐ/めがす(他動詞) 、めげる(自動詞) - 壊す(他動詞)、壊れる(自動詞)。(例)「この時計、めげとる。(この時計が壊れている)」「誰がめいだんなら?/誰がめがした?(どちらも「誰が壊したの?」)」「めぐな(こわすな)」。播州弁や他の中国方言にも同様の表現がある。稀に、転じて「両替する」の意。
・いらいめぐ - いらう+めぐを合わせた言葉で、直そうとして前以上に物を悪くした場合に使われる。美作地方では使われない。
・いごいごする - (小さい子などが)うろちょろとする、手悪さなどする。美作地方では使用されない。(例)「いごいごせんで、じっとせられえ」(うろちょろしないで、じっとしなさい)。
・ちばける - ふざける。「ちゃーける」とも言う(美作地方では言わない)。
・ごうがわく - 腹が立つ。出雲弁、播州弁にも同様の表現がある。美作地方では使われない。
・けなりがる - 羨む、妬む。美作地方では使われない。
・いがる - 大声を出す。
・にがる - お腹等首から下がとんでもなく痛い状態を指す動詞。(例)「今日は腹がにがっておえん」
・まくばる - (均等になるように)配る、分ける。播州弁にも同様の表現がある。美作地方では使われない。
・とらげる - 1.しまう、片付ける、元の位置に戻す。 2.(人から物などを)取り上げる。美作地方では使われない。
・かる - 借りる。古語形が保存されている例であり、共通語と同じ「借りる」も使われるが、注意すべきは「借りた」を「かった」などと言うことである。
・ぞぞけがたつ - 鳥肌が立つ。悪寒がする。播州弁にも同様の表現がある。美作地方では使われない。
・いごく - 動く。
・うがす、うげる - 剥がす、剥げる。美作地方では使われない。 (例)「その紙うがさにゃーおえん」(その紙を剥がさないといけない)
・ぶりゅー(ぶりを)つける - 勢いをつける。美作地方では使われない。 (例)「かなりぶりゅーつけにゃあその川飛び越えれんで」
・かやる、けーる、かえる - 倒れる。ひっくり返る。美作地方では使われない。
・けっぱんづく - つまづく。蹴つまづく。美作地方では使われない。(例)「石段とこでけっぱんじーてひざーすりむいて(すりみーて)しもーた」
・あましをくう - 勢いあまる。美作地方では使われない。
・はずむ - 尿意・便意を催す。糞尿がいまにも漏れそうである。美作地方では使われない。(例)「こかー便所ねーんか? さっきからはずんでどうもならんわ」
・やいとおを据える - お灸を据える。転じて、お仕置きをする。美作地方では「
・やいとを据える」という。
・頬玉(ほおだま)を張り回す - 頬を引っぱたく。顔面を張る(顔面を殴るの意味で使うことも)。転じて、お灸を据える、お仕置きをする。美作地方では使われない
・てごーする - 手伝う。
・駆ける - 「疾走」というより単純に「走る」と同じように使う。美作地方では使われない。(例)「そんなにかけたら転ぶで(そんなに走ったら転ぶよ)」
・まける - こぼれる(自動詞)。(例)水がまけた (他動詞)では
・まいた‐こぼした。(例)「味噌汁まいたんは、誰なら?(味噌汁をこぼしたのは誰?)」
・みてる - 無くなる、分量があるものが尽きる。美作地方では使われない。(例)砂糖がみてた(砂糖がなくなった)
・うだる - 何かがちょっと端から零れる、垂れる、もれるというようなニュアンスで。美作地方では使われない。(例)「醤油のフタがゆるくて口からうだっとる(フタがゆるくて挿し口から醤油が出てきている状態)」
・くぎる - 焦げる。美作地方では使われない。
・頭を切る - 髪の毛を切る。美作地方では「頭をかる」。
・ほとびる、ほとびさす‐ふやける、ふやけさせる。美作地方では使われない。
・びる、びった - (ギャンブルに負けて)すった。(特に)パチンコで負けてスッカラカンになる。(ただ普通に負けたときも言う)。美作地方では使われない。
・あずる ‐ 寝ている時に動き回る(子供の時など)。美作地方では布団とセットでしか使わず「布団をあずる」=動いて布団をめくる意味でしか使わない。また大人に対しても使う。
・さばる - (子供が親に)しがみつく。強調形は「ひっさばる」。美作地方では使われない。笠岡などではひっぱるの意。
・はしる - (冷感があり)ヒリヒリする。
・よかる - (壁などに背中を当てて)寄りかかる、もたれる。

◎ 形容詞・形容動詞・副詞

・でーれー - すごい。「どえらい」の転。
・でーろー - すごく、とっても。「どえらく」。「でーれー」の末尾の「ぇ」が「ぉ」に変化した連用形(副詞)。「でーろー言うたった」というふうに動詞を修飾する。連用形で連体形を修飾できるので「でーろーでーれー」という表現も可能。美作地方では使われない。
・ぼっけー - すごい、ものすごい、大きい(「おっきぃ」の転ではないかと推測される)。主には量や程度を現す言葉。備前地方で使われる。(例)「ぼっけー腫れもの」
・ぼっこー - すごく、ものすごく、大きく。「ぼっけー」の末尾の「ぇ」が「ぉ」に変化した連用形(副詞)。(例)「はちー刺されてぼっこー腫れた」(蜂に刺されて大きく腫れた)
・もんげー - ものすごい、とんでもない、常識を超えた。「ものすごい」の転。(「ものすごい」→「ものすげー」→「もんげー」)「ものげー」とも。備前ではあまり使われないが、美作地方で使用されている。
・もんごー - ものすごく、とんでもなく、常識を超えて。「もんげー」の末尾の「ぇ」が「ぉ」に変化した連用形(副詞)。
・ぶち - とっても。主に備後域で使用され「でーれー」とほぼ同等か少し弱めの表現。広島、山口では凄いという意味で使われるが、備前地方ではぶちくらわす、ぶちめぐ、ぶちまわすなど乱暴な言葉に付けて使うことが多い。
・風がわりー - 格好が悪い、見栄えが悪い、体裁が悪い。転じて、恥ずかしい。「風変わり」とは意味が違い、HHHHFであり、アクセントの違いで区別できる。
・みてる/みける - 無くなる、空になる。他の地方の人は、「満ちる」と勘違いしがち。美作地方では使用されない。(例)「あねーようさんあった桃がはーみてたんか」
・頭がわりー - 頭が痛いこと。備前地方で使われる。(例)「今日は頭がわりーので休ませてください」
・えらい(えれー) - (1)疲れた状態、(身体的に)つらい様子、 (2)凄い/凄く (3)偉いの二重母音変化。
・胸糞が悪りー - 腹が立つ
・仰山 - たくさん。おおむね関西周辺で使用される。
・ちーと - 少なく、少し、ちょっと
・ちょびっと/ちょぼっと/ちょー - 少し、少々。「ちょー」は「ちょっと」の転訛。「ちょびっと/ちょぼっと」は、物理的な量の意味に限定して用いる。現在でも日常的な表現。播州弁とも共通。 「ちょー」は流行語の「超」と同音であるが意味は正反対となっている。両者は微妙にアクセントが異なり、それに加えて文脈のニュアンスで区別・判断する。(例)「ちょー待てー」(ちょっと待って)
・きょーてー - 恐い。恐ろしい。古語(畏れ多いの意)が変化したもの。
・きょーとい - 意味は「きょーてー」と同じ。美作地方ではこちらの方が良く使われる。
・すわろーしー - 良くない。共通語の「すばらしい」の逆の意。(例)「すわろーしー顔」(元気のない顔)。美作地方では使われない。
・おえん、おえりゃーせん - いけない、だめ。「もうお終いだ」の意の「畢へる」「竟へる」が変化したという説と、「手に負えない」の「負えない」が変化したものとの説がある。(例)「そねーなことーしちゃー、おえん」(そんなことをしてはいけません)、「あいつはおえん奴じゃ」(あいつはダメな奴だ)、「あの会社はもうおえりゃーせんで」(あの会社はもうだめだ)
・なんぼーにも - どうにも。(例)「なんぼーにも、おえりゃーせん」(どうにも、手に負えない)
・~やこー - ~など、~なんて、~なんか。(例)「桃やこー、岡山じゃ安う買えるで」
・わや、わやくそ - 無茶苦茶。さらにひどい状況時などには「わやくそ」とも。(例)「わやなことゆーたら、おえんで(無茶なことを言っては、だめ)」 美作地方では更に、物や状態がだめになった時も使う。(例)「こりゃ、わやじゃ・・(これは駄目だ)」
・ごじゃ、ござ - 無茶苦茶。「わや」とほぼ同じ意味。「ごじゃくそ」「ござくそ」と表現する場合もある。美作地方では使用されない。
・あねーな、こねーな、そねーな - 順に「あんな、こんな、そんな」の意。関西弁の「あないな、こないな、そないな」に近い。
・あげーな、こげーな、そげーな - 上記同様、順に「あんな、こんな、そんな」の意。雲伯方言の「あげな、こげな、そげな」に近い。
・しわい(しうぇー/しえー) - 食べ物がすっきり噛み切れないこと。肉、スルメ、湿気た煎餅など。転じて、物事がなかなか上手くいかない様、扱いにくい人。美作地方では後者の用法では使われない。
・しぶい しびー- 物事がなかなか上手くいかない様。大変な様。(例)「しぶいことになっとるのー(大変なことになってるね)」
・どーならん - どうにもならない。手に負えない。「どーなん」とも言う。美作地方では使用されない。
・どねーもならん -「どーならん」と同じ意味。美作地方ではこちらを使用する。
・たいぎい、たいぎな - 面倒くさい。転じて、疲れたときも用いる。古語の「大儀」が転じたもの。(例)「明日の運動会、たいぎーのー(明日の運動会、面倒くさい)」「あー、たいぎ(あー、疲れた!)」。また連母音融合でてーげという場合もある。
・ひょんな - おかしな、変わった。美作地方では使用されない。(例)「ひょんなげなカッコじゃのー」
・あらつかな - 荒い。美作地方では使用されない。
・にーな(新な) - 新しい。美作地方では使用されない。
・よー 〜せん - 「とても~できない」。「せん」は、サ変動詞「する」の未然形+打ち消しの助動詞「ん」。古語の「え~ず」の表現に相当。おおむね西日本一帯で使用される。美作地方では使用されない。
・やっちもねー、やっち糞もねー - くだらない、つまらない、しょうもない、ろくでもない。美作地方では使用されない。(例)「何ゆーとんじゃ。やちもねー」「やっちもねーこと言うとらんと、早ようしねー」
・くつろぐ - 寛ぐという意味の他、(相手に何かをしてもらった時など)助かった、楽になったという意味でも使う。美作地方では使用されない。(例)「てごしてもろうてくつれえだわ(手伝いをしてもらって助かったわ)」
・なんぼ - 値段を尋ねる時の意味。共通語の「いくら」。「いくら何でも」と共通語で使うように「なんぼ何でも」とも使う。
・ちゃんこ、おっちゃんこ - 「座った状態」の意味。基本的に幼児言葉である。「ちゃんこする」という風に動詞としても使用される。美作地方では使用されない。
・てんでに - バラバラに、それぞれ、各自に等の意。(例)「でんでに取って食べんさい(各自で取って食べなさい)」「てんでに置いとくな(バラバラに置いとくよ)」
・さら - 新しい。岡山弁に限らず、関西以西では広い地域で使われている。この場合、アクセントは皿(さら)とさらになる。

◎ 名詞

・あんごう - あほ、ばか、たわけもの、ろくでなしの意。元来は公家などが使用していたもの。三重県でも使用。(例)「このおおあんごうが!」
・いら、いらち - せっかちの意。おおむね関西周辺で使用される。
・いら - 毛虫(イラガ様の有毒毛虫)。
・ぶと - 蚋。
・なんば - とうもろこし。滋賀県湖東地方などでもいう。南蛮黍の略。美作地方では使用されない。
・ねき - 近所、近く。美作地方では使用されない。
・べべ - 「服」という意味の幼児言葉。元々は晴れ着、着物、一張羅を意味していたが、現在は服全般を指す場合が多い。
・べべちゃんこ - 上記同様の幼児言葉であるが、特に「正座」の意味で使用される。美作地方では使用されない。
・ふう - 風体、体裁。(例)「ふうが悪りーのー」
・ほんま - 本当。
・ぶに - 分(ぶん)。分け与えられたもの、わけまえ、わりあて。主に備中南部で使用される。(例)「この皿のケーキは、わしが食べるぶにじゃ」
・かしわ - 老鶏の肉。特に排卵を終えた雌鶏などの肉。
・うったて - 書道で一画を起筆・送筆・収筆にわけた際の「起筆」に当たる、最初に筆を下ろす部分(打立・討立)。美作地方では使用されない。
・どんづまり/どんつき - どんづまり=行き止まり、どんつき=突き当たり
・はとおじ - カメムシ。ハットウジとも呼ばれる。美作地方では使用されない。
・ガイダ - カメムシ。美作地方で使われることが多い。
・はみ - マムシ。美作地方では使用されない。
・はみ子  - 仲間はずれにされた人のこと。
・ちゃら字 - 見た目が汚い字。美作地方では使用されない。
・ちゃら書き - 走り書き、殴り書きのように適当に書かれることを指す。
・とーちか ‐ アメリカザリガニ。美作地方では使用されない。

◎ 助詞・副助詞

・じゃ - 「その通り」の意で「そうじゃ」が短縮されたものと思われる。主に備中・美作地方で耳にする。(例)「じゃあじゃあ!(そうそう!※激しい同意で重ねて使う)」
・ばー - ばかり。(例)「そねーに菓子ばー食よーっちゃー、しまいにゃー太るでー?(そんなに菓子ばかり食べてると、しまいには太るよ?)」
・(ん)なら? - 「のか?」大抵は相手に対する強い非難や疑念、怒りや苛立ちの意をこめる時に使われる。(例)「なにょおぐずぐずしょーんなら? はよー支度せにゃーバスに間に合わんで(何をぐずぐずしてるのか?早く支度しないとバスに間に合わないよ)」「何を言いよるんなら?(何を言ってるのか?「言いよるんなら」は「言いよんなら?/よおるんなら?/よんなら?」でも可)。但し「なんしょんなら?(何をしてるの?)」のように、親しい相手との挨拶で使われることも多い。

◎ 疑問詞

・~なん - 標準語の「~なの?」という意味。「何なの?」は「なんなん?」となる。テレビ朝日系で土曜日の22時25分から放送している「ノブナカなんなん?」はこれに由来していると思われる。

◎ その他

・われ/わりゃ - おまえ。感情的になった時に良く使われる。(例)「わりゃ、なにしょんなら?!(おまえ、何やってんだ?!)」
・おどれ/おどりゃー - 「われ/わりゃ」を、ガラを悪くした言い方。かなり感情的になった時によく使われる。(例)「おどりゃー、もっぺんゆーてみーやー?!(おまえ、もう一度言ってみろ?!)」
○ 井笠地方固有の語彙
県西部の井笠地方は歴史的に備後地域(福山弁)との結びつきが大きく特に語彙の面では岡山弁との差異がある。以下の語彙は広島県を中心に広がるもので井笠地方が頻出地域の東端となり、岡山県内では井笠地方周辺のみで見られるものである。
・にゃー - 無い
・ほぼろ - 畚。本来はワラや竹製の農作業用カゴだが現在はプラスチック製も含む。現在ではほぼろ自体が若年層に使われないので高齢者にかぎる。
・はぶてる - むっとして怒る。
・いなげな - 変な、状態の良くない。「彼はいなげな服を着ている。」、「この桃はいなげになった」
・いたしい - 難しい
・えっと、えっとこと - たくさん。
・たちまち - すぐにではなく、とりあえずの意。
・ぼちぼち、ぼとぼと - ゆっくり。
・~チャッタ。 - 標準語の自分に迷惑をかけると言う非難めいた意味ではなく、尊敬語である。「先生がきちゃった」(先生がおいでになった)。テジャ+尊敬表現から派生したテジャ敬語と呼ばれ中国地方西部に広がっている。
・~テ(疑問) - 標準語の命令表現ではなくやや尊敬を込めた疑問文(丁寧)である。「明日行って?」(明日行きますか?)
・ノー - 標準語の「ね」に当たる。「キノーノー、ワタシガノー、イッテノー」(昨日ね、私がね、行ってね)。これに派生し、相手に同意を求める標準語の「ですね」に当たる「ノーヤ」も見られる。備中以東では主に「ナー」のみが見られるが笠岡では「ナー」「ノー」が拮抗する。
・しんせえ - してください。

● 岡山弁に関連した人物・作品など

◇ 人物
・ MEGUMI - 倉敷市出身のタレント、女優。トーク番組でネタとして岡山弁を使用することがある。
・ 千鳥 - 笠岡市・井原市出身のお笑いコンビ。岡山弁を多用した漫才を展開。特に大悟は漫才以外でも多用することがある。
・ 甲本雅裕 - 岡山市出身の俳優。時折ドラマで、岡山弁丸出しの役を演じることがある。
・ 稲葉浩志 - 津山市出身の歌手で、ロックユニット・B'zのメンバー。歌詞に岡山弁の特徴の一つである「ら抜き」「れ足す」が多く見られる。「O.NO.RE」では歌詞に岡山弁を活かしている。
・ 甲本ヒロト - 岡山市出身の歌手。ライブ時のMCや、インタビュー等で岡山訛りがかなり見受けられる。自身のプロフィールにも特徴として「岡山訛り」を書いていた時期もある。
・ 長門勇 - 倉敷市出身の俳優。映画やドラマで「なんぼーにも、おえりゃーせんのー」などの岡山弁を多用した。金田一シリーズに出演したときも岡山弁を多用する役を務めた。
・ 桜井日奈子 - 岡山市出身の女優。バラエティー番組で「あんたのことがでえれぇ好きじゃけぇ」と岡山弁で話している。
・ 藤井風 - 里庄町出身の歌手。普段の喋りで岡山弁を多用している(YouTube配信やライブMC、本人のTwitterでよく見られる)ほか、自身の楽曲でも岡山弁を用いて作詞することが多い。
・ 掛橋沙耶香 - 井原市出身のアイドル。乃木坂46のメンバー。ノギザカスキッツで「ちばけとったらおえんで」という岡山弁を多用したコントをする。
◇作品
・ 重松清作品
・ つらつらわらじ
・ 47都道府犬 - 声優バラエティー SAYYOUSAYME内で放映された短編アニメ。郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。岡山県は桃がモチーフの岡山犬として登場し、「こんな大きな桃、直感的に拾うがじゃ」などと話す。声優は、岡山県出身の金元寿子が担当している。
・ よみがえる空-RESCUE WINGS- - 主人公とその彼女が岡山出身という設定で、普段は標準語だが二人で会う時や帰省時など時折岡山弁が出る。「おえん」をネタに主人公が同僚にからかわれたこともある。
・ 妖怪ウォッチ - 作中で「もんげー」などがよく使われる。
・ ぼっけえ、きょうてえ(岩井志麻子著)
・ でーれーガールズ(原田マハ著)
・ ひるね姫 - 倉敷市児島下津井を舞台にした映画。「なんでこんな1日中眠てんじゃろ?」などと岡山弁を多用している。正しくは「眠とんじゃろ」。
・ KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- - メインキャラクターである高田馬場ジョージと、その幼なじみの津山ミヨが岡山県出身という設定であり、特にミヨは岡山弁を多用する。ミヨの声を岡山県出身の佐藤あずさが、少年時代のジョージの声を倉敷市出身の大本眞基子が演じている。

「岡山弁」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年5月20日22時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな方言は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな方言を お選びください。

嫌いな方言は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな方言を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな方言は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな方言を お選びください。

嫌いな方言は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな方言を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな方言は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな方言を お選びください。

嫌いな方言は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな方言を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな方言は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな方言を お選びください。

嫌いな方言は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな方言を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな方言は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな方言を お選びください。

嫌いな方言は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな方言を お選びください。

方言の無作為ピックアップ

好きな方言は どっち?

投票すると方言ランキングが閲覧できます!


VS

好きな方言を お選びください。

現在 56回の投票があります!

嫌いな方言は どっち?

投票すると方言ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな方言を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター