好きな国
ランキング20位
獲得票なし
嫌いな国
ランキング13位
獲得票なし
オマーン国


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

オマーン国(オマーンこく、アラビア語:سلطنة عمان)、通称オマーンは、中東・西アジアに位置する絶対君主制国家。首都はマスカット。語源は、古アラビア語で「滞在地」の意味や人名が地名化した説がある。 正則アラビア語に従ったカタカナ表記では「ウマーン」だが現地の口語・方言では「オマーン」に近い発音になる。国民・形容詞の英語表記はOmani。

● 歴史

・ 紀元前3千年紀 にあるバット遺跡の銅がシュメールに輸出されていた。
・ 紀元前2世紀ごろ アラブ人が移動・定住。
・ 7世紀 イスラームに改宗し、当時影響力を及ぼしていたペルシア人勢力を追放。
・ 1509年 ポルトガル人が渡来。16世紀初頭にポルトガルの支配下に入る。
・ 1650年 ヤアーリバ朝がポルトガルからマスカットを奪回し、オマーン全土を回復。この後、19世紀末までオマーンの商船はインド洋全域を商圏とし、東アフリカ海岸部を勢力下に置いた(オマーン海洋帝国)。
・ その後、ヨーロッパ列強が東洋進出への拠点として利用した。イギリスとフランスの争奪戦が起こり、18世紀の末、イギリスがオマーンと同盟条約を結んだ。
・ 1741年 現ブーサイード朝(アラビア語:)による支配が始まる。
・ 1798年 グワーダル(現在のパキスタン南西部)がオマーンの飛地となる。
・ 1804年 サイイド・サイード(サイード大王)第5代スルタンに即位。
・ 1820年 オマーン帝国成立(Persian Gulf campaignの休戦協定をトルーシャル首長国と締結)。
・ 1832年 東アフリカ沿岸の奴隷・象牙・香辛料貿易の拠点でもあったザンジバルに遷都。オマーン、全盛期を迎える。
・ 1856年 サイード大王、死去。国土はオマーンとザンジバルに分割される。帆船(ダウ船など)から蒸気船の時代となり、オマーンは急速に衰退する。
・ 1891年 イギリスの保護国となる。
・ 1954年 で(1954年-1959年)が始まる。
・ 1963年12月10日 ザンジバル王国が成立。
・ 1964年1月12日 ザンジバル革命でザンジバル人民共和国(後にアフリカ大陸本土側のタンザニアと統合)が成立。
・ 1965年 南部のドファール地方でドファール解放戦線(Dhofar Liberation Front)による(1962年-1976年)が激化。
・ 1967年 石油輸出を開始。
・ 1970年 皇太子カーブースがクーデターを起こし、父王サイードを追放、自身は国王に即位。また、国名をマスカット・オマーンから現国名「オマーン」に改める。
・ 1971年 イギリス保護領より独立し、国際連合に加盟。
・ 1972年7月19日 オマーン解放人民戦線によるミルバートの戦いが勃発。
・ 1991年 立法権のない諮問議会の設置。
・ 1997年 立法権のない国家評議会の設置。
・ 2000年 世界貿易機関(WTO)に加盟。
・ 2011年 アラブの春に触発された。
・ 2020年 ハイサム・ビン・ターリク・アル=サイードが国王即位(1月11日)、サウジアラビアなどによる対カタール断交にも参加しなかった(2017年カタール外交危機)。 一方で2018年10月には、イランや多くのイスラム教徒が敵視するイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の公式訪問を受け入れた。

◎ 日本との関係
前国王(スルタン)カーブース・ビン・サイードの祖父に当たる先々代国王タイムール・ビン・ファイサルは退位後の船旅で1935年に訪れた神戸で出会った日本人の大山清子と結婚しており、二人の間の子がブサイナ・ビント・タイムール王女である(前国王カーブースにとっては叔母にあたる)。 マスカットでは「オマーン・日本友好協会」が日本語教育などの活動を続けている。2001年には、マスカット近郊のナシーブ・マスカット公園の敷地にオマーン平安日本庭園が開園した。GCC諸国では最初の日本庭園である。 2011年(平成23年)3月に東日本大震災が日本で発生した際には、オマーンの王族系の企業から迅速な支援のために福島県南相馬市の落合工機に26億円の発注がされて話題となった。また、同年9月には日本人女性書道家・矢部澄翔がオマーンを訪問、18の学校や機関で書道の指導やパフォーマンスを行った。 駐日オマーン大使館は東京都渋谷区広尾四丁目にあり、広尾ガーデンヒルズと外苑西通りに挟まれた場所に位置している。駐日オマーン大使館は2009年(平成21年)5月まで、「お万(おまん)榎」で知られる、千駄ヶ谷・榎坂に所在していた。 2012年に、オマーン・日本外交関係樹立40周年を迎えた。外交樹立40周年記念特別企画として、茨城県つくば市にある地質標本館にて特別展「砂漠を歩いてマントルへ -中東オマーンの地質探訪-」が2011年4月〜7月に開催された。

● 国家安全保障
陸海空三軍からなる。前述のとおりイランとの関係は比較的良好だが、歴史的にペルシア(現在のイラン)に幾度も支配された経緯もあり、海軍はイランと接するホルムズ海峡に主力を置いている。植民地であった関係からイギリス軍と関係が深い。イラク戦争やアメリカのアフガニスタン侵攻ではアメリカ軍に協力している。

● 地方行政区分


◎ 主要都市


● 地理
国土面積は約30万9500平方キロメートル。海水淡水化プラント自体はオマーン国内に3つほどしかなく、雨水も多用している。

● 経済
国際通貨基金(IMF)の統計によると、2019年のオマーンの国内総生産(GDP)は793億ドルであり、日本の岡山県とほぼ同じ経済規模である。同年の一人当たりGDPは1万8970ドルである。 紀元前4千年前から利用されてきた乳香は現在でも自生・栽培しており、イスラム圏で広く使用される。

● 交通


◎ 鉄道
現在、オマーン国内に鉄道は通っていない。

◎ 空港

・マスカット国際空港
・サラーラ国際空港

・ハサブ空港

● 国民
2020年時点の人口は約448万人(オマーン国立情報・統計センター)。教育は博士課程まで無償である。2000年に国際クリケット評議会に加盟し、2014年に準会員に昇格した。オマーン代表は大きな進歩を遂げ、2016年と2021年に2大会連続でICC T20ワールドカップに出場した。2016年大会ではアイルランド代表に勝利し、最大の番狂わせの一つを引き起こした。2021年大会はアラブ首長国連邦との共催での開催国となった。2019年にはODIステータスを獲得するなど中東を代表する国の一つとなった。オマーンの外国人労働者の大半がクリケットが非常に盛んなインドを中心とした南アジア出身者で占めていることもクリケット人気の要因の一つに挙げられる。

● 著名な出身者

「オマーン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月20日12時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな国は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな国を お選びください。

嫌いな国は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな国を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな国は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな国を お選びください。

嫌いな国は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな国を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな国は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな国を お選びください。

嫌いな国は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな国を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな国は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな国を お選びください。

嫌いな国は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな国を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな国は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな国を お選びください。

嫌いな国は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな国を お選びください。

国の無作為ピックアップ

好きな国は どっち?

投票すると国ランキングが閲覧できます!


VS

好きな国を お選びください。

現在 36回の投票があります!

嫌いな国は どっち?

投票すると国ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな国を お選びください。

現在 24回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター