好きな食べ物
ランキング23位
1票獲得
嫌いな食べ物
ランキング6位
1票獲得
パン


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

パン(麺麭)とは、典型的には小麦粉やライ麦粉といった穀物粉に水、酵母、塩などを加えて作った生地を発酵により膨張させた後、焼く事でできあがる膨化食品で、世界の広い地域で主食となっている。肉類や野菜類などを挟んで食べることも盛んに行われている。甘いおやつ用のパン(菓子パン)もある。

● 概要


◎ 製造工程・分類
パンの典型的な製法は、小麦粉やライ麦粉などの穀物粉に水などを混ぜてパン生地にし、酵母かパン種をパン生地に混ぜ込んで生地を発酵させる事で(発酵の際に生じる二酸化炭素により)パン生地を膨らませ、さらにそれを加熱するというものである。 酵母とは微生物(菌類)の一種で、パンの製造にはこれを糖蜜 などで培養したものを用い、これによりパンはアルコール発酵する。一方パン種とは穀物や果実などに付着している酵母その他複数の微生物を利用して作られた液状ないし生地状のものである。パン種に入っている微生物としては例えば乳酸菌 や麹
 揚げる(発酵後)  イーストドーナツ
 パン種で発酵させる  オーブンなどで中まで加熱  サワーブレッド
  膨張剤と加熱
(速成パン)  オーブンなどで中まで加熱  ソーダブレッド、スコーン、マフィン
 平たくして加熱  ホットケーキ
 蒸す  蒸しパン、ボストンブラウンブレッド
 揚げる  ケーキドーナツ
 高圧の二酸化炭素を減圧する    Aerated Bread
  膨らませない
(種無しパン、無発酵パン)  平たくして加熱  トルティーヤ、ロティ
 揚げる  プーリー
パン生地には味付けのために塩、砂糖、レーズン、ナッツなどを練り込んだり、別の食材を生地で包んだり生地に乗せたりするものもある。また焼き上げた後さらに加工したパンもある(焼いた後に揚げる揚げパンなど)。

● 原料の詳細


◎ 穀物粉
一般的に生地に用いられる穀物粉は次のようなものがある。
・ 小麦粉
・ ライ麦粉
・ オオムギ粉
・ 麦芽粉
・ トウモロコシ粉
・ エンバク粉
・ ソルガム粉 これらのうち、最も一般的なパン製造の材料は小麦粉である。これは、小麦粉の中にはグルテンが含まれるため、水を加えてこねることで粘りが出るうえ、酵母を使って発酵させると生地が膨らみ、柔らかく美味なパンが作れるからである。これに対しライムギの場合、ライムギはグルテンを構成するうちのグリアジンしか持っていないため酵母で膨らませられず、乳酸菌主体のサワードウによって膨らませるが、小麦粉に比べて膨らみは悪く重いパンとなる。オオムギはグルテン類をまったく持っておらず、パンは膨らまない。このほか、インドのチャパティなどのフラットブレッドの材料としてソルガム粉を用いたり、メキシコのトルティーヤのようにトウモロコシ粉を用いる他、ブラジルのポン・デ・ケイジョのキャッサバ粉、エチオピアのインジェラに用いるテフの粉など、世界各地では様々な独自の材料を用いている。 小麦粉には様々な種類があるが、パン作りに主に使用されるものは強力粉である。これは、強力粉にはグルテンが多く含まれるためよく膨らみ、ふっくらとしたパンを作ることができるためである。これに対し、あまり膨らませる必要がなくどっしりとしたフランスパンなどを作る際には、強力粉より1%ほどタンパク質の少ない準強力粉(フランス粉)が使用される。また、おもに穀物粉の違いにより、白パン(おもに精製後の小麦粉)、黒パン(ライ麦粉)、茶色パン(全粒粉など)などの呼び名もある。 なお、世界ではあまり一般的ではないが、近年、日本においては、米農家の農業団体などからの宣伝や働きかけにより、じわじわと米粉から作られる米粉パンも増えてきている。

◎ 酵母
出芽酵母(イースト)は、小麦による発酵パンを作る際には必須の材料である。パン作りに使用される酵母は大きく分けて、工業生産された酵母と自家採捕した酵母(天然酵母)とに分けられる。工業生産されたイーストは、生イースト、ドライイースト、インスタントドライイーストの3種からなる。生イーストは一週間ほどで使用期限が過ぎてしまうため、乾燥させて長期保存が可能なドライイーストが作られた。さらに予備発酵過程が不要で直接粉に混ぜ込めるインスタントドライイーストが開発された。ライ麦の場合には上記のように、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種である自家酵母種のサワードウが使われる。自家酵母種にはほかにもアンパンなどに使われるコメと麹で作る酒種や、ホップ種、ヨーグルト種、レーズン種、ビールパンに用いられるビール酵母など、様々な酵母種が存在する。なお、パン生地の発酵過程においては環境中の常在(人為添加されていない)乳酸菌は食味を改善する重要な働きをしている。


  予備発酵   発酵後   後にProofing
なお、膨張剤に酵母を使う以外に、ベーキングパウダーなどの化学的な膨張剤で発酵させる速成パン、サワードウを使うサワードウパン、自然発酵に近い種無しパン(フラットブレッドなど)がある。

◎ パン種


◎ その他
上記の生地材料に、必要に応じて各種材料を加える。主材料4種(穀物粉、酵母、水、食塩)のみで作られたもの、またはほかの副材料の配合が少ないものは「リーン」なパンと呼ばれ、余計な雑味が少なく穀物本来の味が生かされるために主に食事用のパンに用いられる。水は硬水よりも軟水のほうがパンが膨らみやすく良いとされる。塩には味を調えるほか、酵母の活動を遅らせたり、雑菌の活動を抑えたり、グルテンを強固にするなどの作用がある。 このほかの材料はパン作りに必須ではないが、パンの味や仕上がりに大きな影響を及ぼすため副材料としてよく使用される。砂糖、鶏卵、牛乳、バター、オリーブオイル、ラード、ショートニングなどが主に使われる副材料である。こうした副材料を多く配合したパンは「リッチ」なパンと呼ばれ、甘くふっくらと仕上がるため菓子パンなどに多く使用される。また、大規模工場での製造によくつかわれる添加物として上記の他に炭酸水素ナトリウム、ソルビット、乳化剤、イーストフード、臭素酸カリウム、アスコルビン酸(ビタミンC)、グリシン、タンパク質(サケ白子由来、大豆由来、小麦由来など)、着色料、増粘多糖類などがある。 生地以外に、ナッツ類、ドライフルーツ、ジャム、肉類、チーズ、生クリーム、豆類、野菜類、各種調味料などを用いる場合もある。これらは主にパンにトッピングしたり具として中に入れたりして使用する。

◎ 天然酵母表示問題
「天然酵母」との言葉に対する統一的な定義は無く、現在の日本では野生酵母を使用して製作した物品に対して使用されている事が多い。背景には、日本のパン業界では「製パン用酵母」の呼称として、英語の「イースト」が慣用的に使用され、原料表示している、人為添加していない乳酸菌の作用 が使用されているが、この内容を正しく理解している一般消費者は少ない。

◎ 発酵パンの作り方
酵母で発酵させるパンの製法の一例は、下記の通りである: 強力小麦粉、酵母、砂糖、塩、ぬるま湯を入れて混ぜたパン生地を作る。 生地がしまり、キメが細かくなるまでパン生地をこねる。この過程でバターをパン生地に加える。 暖かいところで30〜40分放置する事で発酵させる(一次発酵) 生地をパン1つ分のサイズに分ける。この作業で堅くなった生地を再びやわらかくする為、5分間ほど待つ(ベンチタイム) ガス抜きや成形を行った後生地が1.5倍程度に膨らむまで発酵させる(二次発酵)。一次発酵よりも温度や湿度の制約が厳しいため、オーブンの発酵機能を使ってもよい。 200℃のオーブンで、12分程度焼く

◎ 製造工程の図解
パンのできるまでの一つの例を以下に図示する。

◎ 製造と供給
パンの市場規模は巨大なものであり、世界のかなりの国において製パン産業が成立している。大手食品企業による工業生産されたパンが大量に供給される一方、地域に密着した中小パン製造業者や、個人経営のベーカリーなど様々な種類の業者が存在する。

◎ 日本での傾向
日本においては、主食の地位には米飯があったため、パンは主食としてよりもむしろ惣菜や菓子として主に発達した。主食として使用される食パンにおいても、日本人は米飯というきわめて柔らかい主食に慣れていたため、米飯に似せて水分を多くしたやわらかなパンが好まれる傾向にある。

● 表記・語源
日本では、古くは「蒸餅」「麦餅」「麦麺」「焙菱餅」、「麺麭」とも表記したが、現代日本語ではポルトガル語のパン(pão)に由来する「パン」という語を用い、片仮名表記するのが一般的である。フランス語(pain)やスペイン語(pan)でもパンと言い、イタリア語(pane)でパネという。これらはラテン語のパン、食料を意味する「panis:パニス」 を語源とした単語である。日本統治時代に日本語を経由する形で、台湾、台湾語、客家語でもパンと呼ばれ、韓国でも、韓国語でパン(빵)と呼んでいる。 英語では“Bread”と呼び、いわゆる外来語としてのパンは知られていない。パンは日本では英語と誤解されることもあるが、実際は前述の通りポルトガル語由来の言葉である。英語で bread pan(パン焼き鍋) や pan cake(パンケーキ) があるが、両方ともpanは片手鍋を意味する言葉であり、食品としては通じない。カタカナ語でのブレッドも日本で使われる場合もある。 中国語圏での漢字表記は「麵包」など。

● 歴史
人類は農耕・農業を始めるより早く、狩猟採集時代から既に、野生の大麦や小麦やカラスムギ(オーツ麦)などを採取・粉砕してパンを焼いていたと推測される。ヨルダンでは約1万4400年前の暖炉跡から、ピタのようなパンの屑の堆積物が発掘されている。 テル・アブ・フレイラ遺跡で最古の小麦とライ麦が発見されている。麦は外皮が固いため炒ったり、石で挽いて粉状にしたりしたものに水を加えて煮て粥状にして食べ始めたと発掘物から推定される。また、チャタル・ヒュユク遺跡の後期において、パン小麦(寒暖に強いため広範囲で栽培でき、グルテンが多いため膨らますことができる)が発見されている。なお、パン小麦の親が二粒小麦(野生種同士の一粒小麦とクサビ小麦の子)と野生種のタルホ小麦であることを発見したのは木原均である。 トゥワン遺跡(スイス)の下層(紀元前3830-3760)からは「人為的に発酵させた粥」が発見され、中層(紀元前3700-3600)からは「灰の下で焼いたパン」と「パン窯状設備で焼いたパン」が発見されている。粥状のものを数日放置すると、自然の出芽酵母菌や乳酸菌がとりつき、自然発酵をはじめ、サワードウができる。当初これは腐ったものとして捨てられていたが、捨てずに焼いたものが食べられるだけでなく、軟らかくなることに気付いたことから、現代につながる発酵パンの製法が発見されたと考えられている。 パンは当初、大麦から作られることが多かったが、しだいに小麦でつくられることのほうが多くなった。古代エジプトではパンが盛んに作られており、給料や税金もパンによって支払われていた。発酵パンが誕生したのもこの時代のエジプトである。古代ローマ時代になると、パン屋や菓子パンも出現した。ポンペイから、当時のパン屋が発掘されている。すでに石でできた大型の碾臼(ひきうす)が使われていた。ポンペイで出土したパンとほぼ同一の製法・形のパンは現代でも近隣地方でつくられている。この時代から中世までは、パンの製法等には大きな変化はなかった。 ヨーロッパ中世においては小麦のパンが最上級のパンとされたが、特に農民や都市下層住民は小麦に混ぜ物をしたパンやライ麦パンを食べることが多かった。飢饉の際にはさらに混ぜ物の量は多くなった。また、当時は大きな丸いパンを薄く切ったものをトランショワールと称して皿の代わりに使用していたことや、穀物以外の栄養源が不足していたこともあり、15世紀のフランス・オーヴェルニュの貴族はひとりあたり500kgのパンを年間に消費していた。このころにはすでに都市にはパン屋が成立していたが、都市の当局は住民の生活のためにパンの価格を一定に抑えるよう規制を敷いており、このため小麦など原料の価格が高くなると、価格は一定の代わりにパンの重さは軽くなっていったり混ぜ物が多くなったりした。しかし、都市の当局は一般にパンの質に対しても厳しい規制を敷くのが常であった。パンは人々の生活に欠かせないものであり、パン屋のツンフトは肉屋とともに半ば公的な地位を持ち、大きな力を持つことが多かった。この場合のパン屋とは自ら粉を練りパンを焼き上げるまでを一貫して行うもののことで、市民が練った粉を持ち込んで、手間賃をもらってパンを焼くものとの間には明確な格差があった。農村においては領主の設置したパン焼き窯を領民は利用せねばならないという使用強制権が設定されていたが、のちには農村でもパン屋によってパンが焼かれるようになっていった。 18世紀頃からヨーロッパでは徐々に市民の生活が向上し、また農法の改善や生産地の拡大によって小麦生産が拡大するとともに小麦が食生活の中心となっていき、量の面でもライムギにかわって小麦が中心となっていった。その後、大型のオーブンの発明や製粉技術の発達により、大規模なパン製造業者が出現した。19世紀に入って微生物学の発達により酵母の存在が突き止められ、これを産業化して野生の出芽酵母を選抜し製パンに適した菌株を単一培養したイーストを使うことができるようになった。また、酵母の代わりに重曹やベーキングパウダーで膨らませたパンも作られるようになったほか、現代では一連の冷凍→解凍→発酵までの生地の発酵管理に自動温度管理を行う発酵室を用いるなど発酵の技術の向上もみられる。

◎ 日本
安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって西洋のパンが日本へ伝来した。天文12年(1543年)に種子島に漂着したポルトガル船により鉄砲の伝来と共にパンが伝わり、最初のパン屋は肥前国 松浦郡 平戸でイタリア人が開いたといわれる。その後キリシタン禁教令によりパンの製造も禁止され、出島で細々と伝承された。江戸時代に日本人が主食として食べたという記録はほとんど無い。一説にはキリスト教と密着していたために製造が忌避されたともいわれ、また、当時の人々の口には合わなかったと思われる。江戸時代の料理書にパンの製法が著されているが、これは現在の中国におけるマントウに近い製法であった。徳川幕府を訪れたオランダからの使節団にもこの種のパンが提供されたとされる。 1718年発行の『御前菓子秘伝抄』には、酵母菌を使ったパンの製法が記載されている。酵母菌の種として甘酒を使うという本格的なものであるが、実際に製造されたという記録はない。最初にパン(堅パン)を焼いた日本人は江戸時代の末の江川英龍とされる。兵学に長けていた韮山の代官の江川は、戦場で飯を炊けば煙りが上がり敵に気付かれると考え、兵糧としてのパンの有用性に着目し、長崎の料理人を韮山に招き、1842年4月12日に伊豆の韮山町の自宅でパン焼きかまどを作成し、パンの製造を開始した。1855年に柴田方奄が長崎でパン、ビスケットの製法を習得して水戸藩に報告。1865年には横浜製鉄所、横須賀造船所等の起工に伴って、フランス人技術者が多数来日しフランス式パン、ケーキが伝えられる。そんな中でも1869年には東京京橋の風月堂がパンの販売を始めた。 この状況が変化するのは、1874年に木村屋總本店の木村安兵衛があんパンを発明してからである。これは好評を博し、以後これに倣って次々と菓子パンが開発され、さらにその流れで惣菜パンも発達した。次いで、テオドール・ホフマンが桂弥一(軍人)にパン食を勧めて脚気が治り評判となり、脚気防止のためにパン食導入の流れができた。日本海軍では1890年(明治23年)2月12日の「海軍糧食条例」の公布によっていち早くパン食が奨励されていた(日本の脚気史 参照)。1901年には中村屋が創業、1905年に考案したクリームパンで成功する。また、1915年、田辺玄平がドライイーストを開発。生イーストの管理が不要となり、パン屋の数が飛躍的に増加する契機となった(詳細は丸十製パンを参照)。 第二次世界大戦中、戦後のパンは配給制であった。購入には、前月の15日までに配給所に米穀通帳を持参した上でパン購入券、登録券を受け取る必要があり、その場で買えるものではなかった。 戦後、学校給食が多くの学校で実施されるようになると、アメリカ合衆国からの援助物資の小麦粉を使ってパンと脱脂粉乳の学校給食が開始され、これが日本におけるパンの大量流通のきっかけとなった。これにより、1955年以降、日本でのパン消費量は急増していった。 現在、日本において、主に西日本がパン食の割合が特に高く、総務省統計局の家計調査によると、地方別の購入量では近畿地方、都道府県庁所在地と政令指定都市別の購入量では岡山市、購入金額では神戸市がそれぞれ日本一となっている。日本におけるパンの年間生産量は、2005年には食パンが601552t、菓子パンが371629t、そのほかのパンが223344tとなっており、約半分を食パンが占めている。同年の1世帯当たりの年間パン購入量は食パン19216g、そのほかのパンが20725gである。日本のパンの生産量は平成3年に119万3000t、平成23年に121万5000tと、年度ごとにやや増減があるものの総体としてはこの20年ほぼ横ばいが続いている。しかし、主食であるコメの消費量が減少を続けていることから相対的にパンの比重が増加し、2011年度の総務省家計調査においては1世帯当たりのパンの購入金額が史上初めてコメを上回った。

● 種類(地域別)


◎ フランス
フランス
・ パン (Le pain, 400 g のパン、バゲットとともに最も一般的)
・ バゲット (La baguette, パンより細くて、250 g)
・ プティ・パン(プチパン)(petits pains, 12cmぐらいのミニバゲット)
・ デュ・リーヴル(deux livres, 2リーブル)
・ フリュート(La flûte, 楽器のフルート)
・ ブール (La boule, 玉の形)
・ フィセル (La ficelle, 紐)
・ バタール (Le bâtard, バゲットと同じ重さで、パンと同じ太さ)
・ エピ (L'épi, 麦の穂)
・ パン・クーペ (Pain coupé)
・ パン・コンプレ (Pain complet, 全粒粉パン)
・ パン・ド・ミー (Pain de mie, 食パン)
・ パン・ド・カンパーニュ (Pain de campagne)、ミーシュ(Miche)。
・ パン・ド・セーグル (Pain de seigle)
・ パリジャン (Le Parisien)
・ ファンデュ (Le fendu)
・ リュスティク (Pain rustique)
・ パン・オー・ルヴァン (Pain au levain)
・ パン・オ・ヌワ (Pain aux noix, くるみパン)
・ フーガス (Fougasse, プロヴァンス地方のパン)
・ ピサラディエール (Pissaladière, プロヴァンス地方のピザ風のパン)
・ パン・ブリエ (Pain brié, ノルマンディー地方のパン)
・ ヴィエノワズリ (Les viennoiseries, 菓子パン)
 ・ クロワッサン (Le croissant)
 ・ ベニェ (Le beignet)
 ・ ショーソン・オ・ポム (Le chausson aux pommes, りんごのショソン)
 ・ パン・オ・レ (Pain au lait)
 ・ パン・オ・ショコラ (Pain au chocolat)
 ・ ブリオッシュ (La brioche)
 ・ パン・オ・レザン (Le pain aux raisins)
 ・ ガレット・デ・ロワ (La galette des rois)
 ・ サヴァラン (Le savarin)
 ・ ババ (baba)
 ・ クイニーアマン (kouign amann)

◎ ドイツ
ドイツ Brot
・ ロッゲンブロート (Roggenbrot) - ライムギを主原料としたパン
・ ヴァイツェンブロート (Weizenbrot) - コムギを主原料としたパン
・ ミッシュブロート (Mischbrot) - 主にコムギとライムギを混合したパン
・ ブレートヒェン/ゼメル (Brötchen/Semmel) - ハードタイプの小型パン
・ カイザーゼンメル (Kaisersemmel) - ブレートヒェンに似た小型パン
・ ゾンタークスブロート (Sonntagsbrot)
・ ラントブロート (Landbrot) - 田舎風のブロート
・ バウアンブロート (Bauernbrot) - 農家風のブロート
・ プンパーニッケル (Pumpernickel)
・ カルトッフェルブロート (Kartoffelbrot) - パンの素材のうち、小麦粉の一部ないし全部をジャガイモで置き換えたもの。
・ ツォプフ (Zopf, ツォプ) - 細長く伸ばした生地を編み上げて成形したコムギパン
・ キプフェル (Kipfel, Kipferl)
・ ブレーツェル (Brezel, プレッツェル)
・ ホルン/ヘルンヒェン (Horn, Hörnchen) - 三日月状に成形されたパン。名前は動物の角を意味する。
・ 乾パン (Hartkeks)
・ ツヴィーバック
・ キューヘレ (Küchle) – 小麦粉・塩・バター・酵母を混ぜ平らにし一晩寝かせ低温で揚げシナモン・粉砂糖をかけ完成となるバイエルン料理。
・ シュトレン (Stollen)
・ クランスキーソーセージ・パン

◎ イタリア
イタリア
・ グリッシーニ (Grissini)
・ パネットーネ (Panettone)
・ フォカッチャ (Foccaccia)
・ ロゼッタ (Rosetta)、ミケッタ(Michetta)
・ ピザ (Pizza)
・ パーネ・カラザウ (Pane Carasau)
・ パンドーロ (Pandoro)
・ スフォリアテッレ (Sfogliatelle)
・ チャバッタ (Ciabatta)

◎ その他のヨーロッパ地域
EU。
◇北欧
・ セムラ(スウェーデン)
・ シナモンロール(スウェーデン語で kanelbulle。スウェーデン発祥とされ、北欧諸国に広がり、世界各国に広がった)
・ デニッシュ(デンマーク)
・ クリングル(デンマーク、Kringle)
・ クリスプ・ブレッド(北ヨーロッパ) :
◇西ヨーロッパ
・ クック・ド・ディナン(ベルギー - 小麦粉と蜂蜜が原料の壁紙に使われる長期保存用のパン)
・ ソーダブレッド(アイルランド、EU圏内)) :
◇南欧、東欧付近
・ エンパナーダ(スペイン)
・ ピサラディエール(モナコのパンで、モナコはフランスとほぼ一体化している場所)–薄いパンに、ペースト状に炒めたたまねぎを乗せ、更にその上にアンチョビとブラックオリーブを乗せる)
・ ツレキ(ギリシャ - ブリオッシュに似た生地で作る復活祭用のパン) :
◇中央ヨーロッパ及びバルカン半島周辺
・ キフリ - 三日月型のロールパン :

◎ イギリス(非EU国)
イギリス (Bread)
・ パン・ロウフ (食パン, 白パン)
・ スコーン (Scone)
 ・ グリドルスコーン (Griddle scone)
 ・ ポテトスコーン (Potato scone)
・ イングリッシュ・マフィン (English muffin)
・ ホットクロスバン (Hot cross bun)
・ 茶色のパン(Brown bread)
・ クランペット (Crumpet) - ウェールズ発祥とされ、小型のパンケーキに似た生地をオーブンではなく鉄板で焼いたもの
・ バノック (スコットランド、Bannock)
・ コテージローフ (Cottage loaf)
・ コックルブレッド (Cockle bread)
・ ロールパン
 ・ バタリー (Buttery)
 ・ スカッファラー (Scuffler)
 ・ マンシェット (Manchet)
 ・ サリー・ラン (Sally Lunn bun)
 ・ ストッティケーキ (Stottie cake)
 ・ バームケーキ (Barm cake)
 ・ ラーディケーキ (Lardy cake)
・ ミルクロール (Milk roll)
・ ファール (Farl)
・ バラブリス (Bara brith)
・ コルストンパン (Colston bun)
・ サフランパン (Saffron bun)
・ チェルシーパン (Chelsea bun)
・ ロンドンパン (London bun)
・ アイスパン (Iced bun)
・ バスパン (Bath bun)
・ ウェルシュケーキ (Welsh cake)
・ オートケーキ (Oatcake)
・ ドリッピングケーキ (Dripping cake)

◎ アフリカ大陸
アフリカ大陸
・ アエーシ (エジプトで主食として食べられているパン)
・ インジェラ Injera(エチオピア、エリトリア)
・ ラホーハ Lahoh(ソマリア、ジブチ)
・ Kisra(チャド、スーダン、南スーダン)

◎ 西洋と東洋の境界域
トルコのように「西洋文化と東洋文化が混じり合う国」と言われる国や、中近東、中央アジア、またしばしば「ヨーロッパではない」と言われ、国土が極東まで広がっているロシアなど。 宗教文化も交錯する地域であり、正教会の宗教文化の文脈で食べられるパンと、ユダヤ教の文化の文脈で食べられるパンと、イスラームやアラブの文化の文脈で食べられるパンがある。
○ トルコ

・ チョレキ çörek(トルコ - ブリオッシュに似た生地で作る復活祭用のパン)
○ 中近東
中近東
・ ナーネ・サンギャク(イラン - 小石の上で焼成するため表面に凹凸がある)
・ ピタパン Pita(中近東)
・ ホブズ Khubz(中近東)
・ ラヴァシュ (中近東)
・ シミット (中近東)
・ ムタッバク Mutabbaq(サウジアラビア、イエメン)
・ ラホーハ Lahoh, Laxoox(イエメン、イスラエル)
・ ハッラー Challah(イスラエル)
・ マッツァー Matzah(イスラエル)
○ ロシアやその周辺の中央アジア諸国

・ (ロシア、Хлеб)
・ 黒パン
・ ババ(ロシア、ウクライナ、ポーランド)
・ ピロシキ(ウクライナ、ベラルーシ、ロシア)
・ チェブレキ(クリミア)
・ コールジュ(ウクライナ)
・ レピョーシカ(ロシア、Лепёшка)
・ (ロシア,Калач) これら諸国では「パンと塩」(Bread and salt)を用いて、お客さんの正式歓迎をする。

◎ 中央アジア

・ナン
・ Obi Non (ウズベキスタン)
・ ラチラ Lochira (ウズベキスタン)
・ ジリシュ・ナン Jirish non (ウズベキスタン)
・ シルマ・ナン shirma non (ウズベキスタンで作られるアビ・ナンは種類があり、これはその一種で厚みがあって小さい。)
・ シェルペク Шелпек:shelpek (カザフスタン)
・ バウルサク бауырсақ (カザフスタン)
・ マンティ Мәнті (カザフスタン)
・ タンディール・ナン Тандыр-нан (カザフスタン)
・ ファティール・ラフハニー фатир равғанӣ (タジキスタン)
・ ベリャシ беляши (タジキスタン)
・ エクメク ekmek (トルクメニスタン)
・ キュルチェ külçe (トルクメニスタン)
・ カトゥラマ katlama (トルクメニスタン)
・ çörek (トルクメニスタン)
・ イャグルィ・チョリョク Ýagly çörek (トルクメニスタン)
・ ヤーリ・チョリョク etli çörek (トルクメニスタン)
・ タンドュル=ペティル・チョリョク Tamdyr petir çörek (トルクメニスタン)
・ プイシメ Pishme (トルクメニスタン)
・ ポスク possuk (トルクメニスタン)
・ マトナカーシュ մատնաքաշ(アルメニア)
・ choreg(アルメニア - ブリオッシュに似た生地で作る復活祭用のパン)
・ チョレク çörek(アゼルバイジャン - 平たく伸ばして焼くパンで、ナーンに若干似通った製法が特徴)

◎ インド・パキスタン
インド
・ ナーン Naan(インド、イラン、中央アジア)
・ チャパティ Chapati(インド、パキスタン、アフガニスタン)
・ プーリー Puri(インド、パキスタン)
・ パラーター Paratha(インド、パキスタン)
・ ロティ Roti(インド)

◎ 東南アジア

・ バインミー(ベトナム)
・ ムルタバッ Murtabak (マレーシア、インドネシア、タイ王国、シンガポール、ブルネイ)
・ ロティ Roti (マレーシア、シンガポール、タイ王国)
・ ロティ・ビリス Roti bilis (マレーシアの「イカン・ビリス」(サンバル風味の雑魚)入りパン)
・ カヤ・ジャムパン Roti kaya (マレーシア、シンガポール、インドネシア)

◎ モンゴル

・ バウルサク (中近東からモンゴルまで食べられている揚げパン)

◎ 中国
中国
・ 饅頭(マントウ)、饃饃(モーモー)
・ 焼餅(シャオビン)
・ 油条(ヨウティアオ)
・ 饢 (ウイグルのナン)、ポシュカル(ウイグル料理の揚げパン)
・ 大列巴 (中国東北部のロシア風パン) 香港
・ パイナップルパン(ポーローパーウ)

◎ 朝鮮

◇北朝鮮
◇韓国
・ ホットク

◎ 台湾
台湾の文化はさまざまな起源のものが同居したり混じり合っていることが大きな特徴であり、台湾の食文化も多様で、パンもさまざまなルーツのものがある。
・ 太陽餅(タイヤンピン) (台中起源)
・ 鳳梨酥(パイナップルケーキ) (台中起源)
・ 胡椒餅(フージャオピン) (福州起源)
・ 黑糖糕(澎湖起源)
・ 牛舌餅(鹿港・宜蘭起源) 台湾のパン職人は、パンづくりの世界的なコンテスト「モンディアル・デュ・パン」で優勝したり上位入賞しており、おいしいパンづくりのノウハウを持っている職人も多くて、台湾の街中にはおいしいパンを提供している店も多い。

◎ 日本

・ 菓子パン
 ・ あんパン
 ・ ジャムパン
 ・ メロンパン
 ・ クリームパン
 ・ チョコレートパン
 ・ レーズンパン
 ・ 味噌パン
 ・ 蒸しパン
 ・ コロネ
 ・ かにぱん
 ・ 甘食
 ・ ぼうしパン
 ・ ウグイスパン
・ おやき
・ コッペパン
・ バターロール
・ 食パン
・ 米粉パン
・ 乾パン
・ 保存パン
・ 堅パン
・牛乳パン
・ 揚げパン
 ・ カレーパン

◎ オセアニア
オーストラリア
・ ダンパー Damper

◎ 北アメリカ
北アメリカ大陸は、1492年にコロンブスが到来して以来、次第に植民(侵略)で移住したり、移民した人々ばかりが極端に増えた地域。 移民たちやその子孫たちは、それぞれのルーツの文化圏のパンに寄りたがる傾向がそれなりにあるが、かまわず他の文化も吸収して多様なパンを食べる人々も多い。
◇カナダとアメリカ合衆国
・ ベーグル (bagel, 中東・中欧起源)
・ ハッラー (challah, 中東・中欧起源)
・ バブカ (Babka, 中東・中欧起源)
・ ビアリ (bialy, 中欧起源)
・ マッツォ (matzo, 中欧起源)
・ シナモンロール (Cinnamon Roll, 北欧・中欧起源)
・ ビスケット (biscuit, 英国起源)
・ スコーン (scone, 英国起源)
・ ピザ (pizza, イタリア起源)
・ コーンブレッド (cornbread)
・ トルティーヤ (tortilla)
・ エンパナーダ(メキシコ)
・ フライブレッド (frybread)
・ マフィン (Muffin, 英国起源)
・ ロールパン アメリカ合衆国とカナダでは、イーストの代わりに重曹とベーキングパウダーで膨らませた、発酵いらずのパン(速成パン/クイックブレッド)の種類が豊富である。加工パンやサンドイッチの一種のホットドックやハンバーガーが大量に消費されていて、アメリカの象徴と見なされることもある。
◇メキシコ メキシコのパンは、フランスパンなどヨーロッパ各国のパンの影響や、それに加えてアメリカ合衆国のパンの影響を受けていて、非常に多様である。 その結果、わざわざ独立した記事までいくつもの言語版で立てられて説明されている。下記を参照のこと。 :

◎ カリブ諸国・中米・南米

◇カリブ海諸国
・ ロティ Roti (トリニダード・トバゴ)
・ シリアン・ブレッド Syrian Bread (ジャマイカ)
◇中央アメリカ
・ バナナパン(Pao de banano。バナナを入れたパン。グアテマラ)
・ ホット・チョコレート・パン(グアテマラ)。
・ 職業分野
 ・ 製パン(製パン業者一覧を含む)
・ 注意事項
 ・ 食物アレルギー
・ 資格
 ・ パン製造技能士
 ・ 職業訓練指導員 (パン・菓子科)
 ・ パンシェルジュ検定
・ その他
 ・ ケーキ
 ・ 饅頭
 ・ 洋菓子
 ・アルタムーラ - 「パンの街」として知られ、イタリアで唯一D.O.P.に認定されたパン、:it:Pane di Altamuraが知られる。

「パン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2023年2月4日18時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな食べ物は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな食べ物を お選びください。

嫌いな食べ物は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな食べ物を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな食べ物は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな食べ物を お選びください。

嫌いな食べ物は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな食べ物を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな食べ物は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな食べ物を お選びください。

嫌いな食べ物は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな食べ物を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな食べ物は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな食べ物を お選びください。

嫌いな食べ物は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな食べ物を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな食べ物は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな食べ物を お選びください。

嫌いな食べ物は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな食べ物を お選びください。

食べ物の無作為ピックアップ

好きな食べ物は どっち?

投票すると食べ物ランキングが閲覧できます!


VS

好きな食べ物を お選びください。

現在 88回の投票があります!

嫌いな食べ物は どっち?

投票すると食べ物ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな食べ物を お選びください。

現在 24回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター