好きな歌
ランキング17位
獲得票なし
嫌いな歌
ランキング6位
獲得票なし
春の小川


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

「春の小川」(はるのおがわ、:en:Spring_creek)は、1912年に発表された文部省唱歌である。作詞は高野辰之、作曲は岡野貞一 。1942年には林柳波により歌詞が口語体へ一部改められた。歌詞は七七調、楽曲は二部形式で構成されている。なお、『尋常小學唱歌 第四學年用』には作詞者、作曲者の表記が無く、「著作權者 文部省」との表記のみであった。 ※著作権消滅済 { \set Staff.midiInstrument = "voice oohs" \relative c' { e( g) a g   e g c c   a a g e   c d e r   e( g) a g   e g c c   a a g e   d e c r   d( e) d g   a a g a   c c b a   g g e r   e( g) a g   e g c c   a a g e   d e c r \bar " ." } \addlyrics { は -- る の お が わ は さ ら さ ら な が る き -- し の す み れ や れ ん げ の は な に に -- お い め で た く い ろ う つ く し く さ -- け よ さ け よ と さ さ や く ご と く } }

● 歌詞の変更
この曲の歌詞は2回改変された。このために世代によって覚えている歌詞が違うという問題ができた。文学者の金田一春彦は「明仁天皇と皇后美智子と同席した折に、天皇は1912年版、皇后は1942年版で覚えていた」とのエピソードを記している

◎ 1942年版の歌詞
1942年、それまで4年生に教えられていた本曲が3年生向けの『初等科音樂 一』に掲載されることになった際、文語体は難しく好ましくないとして、文部省が林柳波に命じて、一部歌詞が口語体に改められた。具体的には「さらさら流る。」→「さらさら行くよ。」、「咲けよ咲けよと さゝやく如く」→「咲いてゐるねと、ささやきながら。」など。また1912年版にあった3番が除去された。なお、『初等科音樂 一』には作詞者、作曲者、改詞者の表記は無く、「著作權所有 著作兼發行者 文部省」との表記のみであった。

◎ 1947年版の歌詞
1947年、『三年生の音楽』では再び歌詞が改められた。具体的には、1942年に変更された「咲いてゐるねと、」が、1912年版と同様の「さけよさけよと、」に戻された。なお、『三年生の音楽』には楽譜に「作詞 作曲 不詳」との表記、奥書は「著作權所有 著作兼發行者 文部省」との表記であった。

◎ 現在小学校で教えられている歌詞
1947年版の歌詞を教えるところもあり、また、新仮名遣いに改められた1942年版の歌詞を教えるところもあり、地域、教科書、学校によってまちまちである。また、合唱用としてオリジナルの歌詞を教える場合もある。

● 歌詞の由来
作詞をしたとされる高野の自筆原稿は発見されておらず、歌のモデルの川については決定的な資料もない。 作詞当時、高野は東京府豊多摩郡代々幡村の一角(現在の東京都渋谷区代々木3丁目)に居を構えていた。当時の一帯は一面の田園地帯であり、宇田川の支流のひとつである河骨川と呼ばれる小川(河骨が多かったのが名の由来と言われる)が、田圃を潤し、周辺にはスミレやレンゲが生え、メダカが生息していた。高野は家族ともどもこの川に親しみ、それを歌ったのが本作であるという説がある。高野の娘は、1975年放送のNHK番組で「小さい頃、父と代々木近辺をよく散歩した。田園が広がるなか、小川には小魚が泳ぎ、春には花が咲いていた。『春の小川』はこのあたりを歌ったものと聞いている。」との趣旨を語っている。 河骨川は1964年(昭和39年)に東京オリンピック開催による区画整理で暗渠化されたが。 なお、一番の歌詞に歌われている「れんげ」は、水生植物であるハスの花の「蓮華」ではなく、野草の「レンゲソウ」を指している。

● 評価
1989年(平成元年)に「『日本のうた・ふるさとのうた』全国実行委員会」がNHKを通じて全国アンケートにより実施した「あなたが選ぶ日本のうた・ふるさとのうた」で、本曲が第9位を獲得した。2007年には文化庁と日本PTA全国協議会により「親子で歌いつごう 日本の歌百選」に選ばれた

● 替え歌での使用例
2008年(平成20年)にMEGが出演するモスバーガー「テリヤキバーガー」のCMソングとして、この歌の替え歌が使用された。 2018年(平成30年)に小池栄子が出演するユニチャーム「チャームナップ」のCMソングとして、この歌の替え歌が使用された。 フジテレビの子供向け番組『じゃじゃじゃじゃ〜ン』で、町あかりが「歌のお姉さん」として替え歌「大好物だよ 春の小川」を歌い、2019年発売のアルバム『あかりおねえさんのニコニコへんなうた』に収録された。

「春の小川」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年3月2日19時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌を お選びください。

歌の無作為ピックアップ

好きな歌は どっち?

投票すると歌ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌を お選びください。

現在 22回の投票があります!

嫌いな歌は どっち?

投票すると歌ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌を お選びください。

現在 6回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター