好きな歌
ランキング15位
獲得票なし
嫌いな歌
ランキング5位
獲得票なし
ないしょ話


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

『ないしょのつぼみ』は、やぶうち優による少女向け性教育漫画作品、およびそれを原作としたOVAである。通称「ないつぼ」。

● 概要
やぶうちが2003年(平成15年)の秋に、『小学五年生』(小学館)編集部から「性教育をテーマにして、かわいい女の子が主人公で、ファンタジーを盛り込んだ新しい連載漫画を立ち上げてみませんか?」という提案を受け、それに応える形で、主に『小学四年生』および『小学五年生』にて2004年(平成16年)度から連載が始まった。以降、年度ごと、掲載誌ごとに登場人物と物語を一新する形で継続。シリーズ毎に“○期”または“第○期”と呼ばれる。 日常に入り込んで来た「すこし・不思議」な要素と恋愛話を軸に、主人公たちの心と身体の成長が描かれている。 単行本は2012年(平成24年)4月現在、ちゃおコミックスより、1期 - 8期が1巻 - 8巻、0期が『ないしょのつぼみ-めばえ-』として刊行されている。0期を除き、同じタイトルに巻数が付く形式になっている。なお、雑誌掲載時のタイトルはいずれも“ないしょのつぼみ”で、副題や期数表記などは一切付いていない。 登場人物と作品世界が明確に同一の1巻と「-めばえ-」を除けば、それぞれの巻に連続性はなく、共通点はテーマと、主人公の名前がつぼみである事のみである。 ただし、期をまたいでの共通点がいくつか存在する箇所もあり、同じ世界・同じ学校が舞台ではないか、という説もある。具体的には、「2期のつぼみの担任と同じ顔の教師が0期に登場している」「3期に出てくるある品に"6-1 河原"という記載があり、名字が2期の結花と一致する」「1期の葉の姉と同一と思しき人物が4期・5期・6期・8期にも登場する」「5期のありすと思しき人物が8期にも登場する」などである。この見方については「ないしょのつぼみファンBOOK」でも触れられているが、現状では飽くまでも推測の域を出ない。 主人公は共通して、ツーサイドアップという髪の結び方をしている。 2005年(平成17年)4月、単行本第1巻発売時にAmazonやセブンアンドワイなどのネット通販などで特に男性層に爆発的に売れ、一般週刊誌などでも話題となった。 2007年(平成19年)12月現在での累計発行部数は55万部 と、学年誌に掲載された女子向け漫画の単行本としては異例な売上げを見せている。2009年(平成21年)1月20日、第54回(平成20年度)小学館漫画賞児童向け部門を受賞。 少女向け性教育漫画のため、少年の体の変化はあまり詳しく描かれていない。1期と4期で勃起・精通・夢精等を取り上げ、3期では「男女の体つきの違い」というテーマでのみ軽く触れられている程度で、基本的には少女向けの内容が大半を占める。しかし例外的に6期は、男女のお互いの人格が入れ替わるという基本設定上、ほぼ半々の割合で少年の体の変化について積極的に描かれている。 連載時には性教育にまつわるコラム記事が連動しており本編最終ページの次ページに掲載される事が多い。ただし、2・7・8期は記事と連続したページになっておらず、0期には連動記事自体が無かった。 2010年(平成22年)2月の『小学五年生』休刊を受け、7期と8期は掲載誌が0期と同様の『小学四年生』に変更された。しかし、2012年(平成24年)2月の2012年3月号の8期終了とともに『小学四年生』も休刊、8年間の連載に幕を閉じた。 2014年(平成26年)10月15日に1期を原作とした小説版が『ないしょのつぼみ 〜さよならのプレゼント〜』、2015年(平成27年)3月25日に6期を原作とした小説版が『ないしょのつぼみ 〜あたしのカラダ・あいつのココロ〜』として小学館ジュニア文庫からそれぞれ発売された。

● 1期
『小学四年生』の2004年(平成16年)3月号、および『小学五年生』の2004年4月号から2005年(平成17年)3月号にかけて連載された。全13話。 番外編として『やぶうち優ファンBOOK やぶうち優の♀♂(おんなのこおとこのこ)なお話』と『ないしょのつぼみファンBOOK 女の子の初めてのお話』への収録のために書き下ろされた作品がある。両作とも初出時にはサブタイトルは無く、第7巻に再録された際にそれぞれ、「さきっぽ」と「アソコ」という題名が付けられた。

◎ 1期のあらすじ
とある家庭の一人っ子として育った女の子立花つぼみは、ある時、母からお腹の中に赤ちゃんができた事を知らされる。ずっと前から弟妹を欲しがっていたつぼみは心から嬉しがり、友達の山吹八重と加藤麗愛にその事を話すものの、「つぼみの両親がエッチな事をした証拠」と麗愛から言われ、硬直してしまう。 「エッチな事ってどんな事だろう」と考えてしまったつぼみ。その時、いつの間にかつぼみのクラスにいた謎の少女遠藤沙耶がつぼみの目の前に現れ、声をかけてきた。つぼみはとっさに考え事を沙耶に話し、頼りがいのある言葉を沙耶からもらった。その後、つぼみと沙耶は深い絆で結ばれた友達になっていく。 弟妹が出来る事を嬉しがる間に、つぼみの体は知らない内に大人へ一歩ずつ近づいていった。初潮、体の悩み、男女の違い、そして恋を通して、つぼみは友達と共に成長していく。

◎ 1期の登場人物
人名には草や木、花の名前が入っている。
◇ 立花つぼみ(たちばな つぼみ) : 声 - 名塚佳織 : 本作の主人公で小学5年生。1組所属。誕生日は2月3日。血液型はO型。 :好きなものはプールとピンク色。髪型はボブカット。 : 少し内気で落とし物もしやすいが心優しい頑張り屋。 : クラスメイトの大胆な発言・行動や身体の変化、大樹への想いに戸惑う多感な日々を送りながらも沙耶との友情もあり、成長していき、妹・沙耶が生まれたクリスマスの日に大樹に告白し、3学期から交際を始める。 : 単行本第1刷裏表紙では11歳とされているが、小学5年生になった時点での年齢は10歳でつぼみの誕生日は2月、物語は3学期に入った直後に終わっているので作中で11歳だった期間はない。作者曰く「初版の段で間違いだとは判っていたが、語呂が良いので2版以降も直していない」との事。後に修正され、現在の刷では10歳と記述されている。
◇ 遠藤沙耶(えんどう さや) : 声 - 小清水亜美 : つぼみのクラスメイトの少女。誕生日は12月24日。 :心身ともに大人びているためかクラスメイトからは一目置かれているものの近寄りがたいと言われる事もしばしば。髪型は黒髪のストレートロングヘア。 : つぼみと親しくなって以降、頼れるお姉さんのような友達となり、助言したりする。 : 私生活は謎に包まれており、美咲が体調を崩した直後、貧血に陥り、3日間休学。その間、つぼみは「川で溺れている沙耶からのSOSを受けて、沙耶を川から救い出す」という夢を見て、つぼみの母が切迫流産から回復した翌日に元気な姿を見せた沙耶もつぼみと同じ夢を見たことを伝える。 : つぼみの妹の沙耶が産まれる直前、つぼみに別れを告げ、何処かに去り、つぼみ、八重、麗愛、大樹、太、葉の6人(アニメ版では、つぼみのみ)以外、彼女に関する記憶は消えていき、写真からも消えていった。 : やぶうち曰く「私の理想の女の子像」。
◇ 山吹八重(やまぶき やえ) : 声 - 小林沙苗 : つぼみのクラスメイトで親友。誕生日は5月28日。血液型はA型。両親と弟との4人家族でペットに猫がいる。 :長身で少々やせ気味。髪型はショートカット。通称・八重ちん。 : しっかり者だが外見が男の子っぽく、男女(おとこおんな)と言われる事があり、胸がない事を気にしている。周りには内緒で葉と付き合っている。 : 両親と一緒に寝ている猫を寝室に連れて行った際、両親の性行為を目撃したこともあるが両親は子供たちの前でもキスするほどに仲が良いために特に驚かなかったという。
◇ 加藤麗愛(かとう れあ) : 声 - 神田朱未 : つぼみのクラスメイトで親友。誕生日は4月10日。血液型はB型。家族は両親と兄の存在が語られており、母親は第0期で登場。 :髪型はツインテールで結んだ髪の先が丸まっている。通称・麗愛ぴ(れあぴ) : かなりの耳年増で性や恋愛に関してはクラスでも情報通。ただし、その情報はあまり正しくない。性教育の授業の際に目を輝かせるなど、性知識に関してはとてつもなく貪欲であり、周りの目を恐れない大胆な発言でつぼみや八重を困らせている。背が小さく、ぽっちゃりとして太い体格が悩みの種。食いしん坊でもあり、スパゲッティが好物。ピアノを習っている。
◇ 根本大樹(ねもと だいき) : 声 - 白石涼子 : つぼみたちのクラスの男子。誕生日は12月11日。血液型はB型。 : ぶっきらぼうだが正義感が強く、クラスの男子たちの中心人物。つぼみの事が気になっていて、落ち込んでいるつぼみに食玩の鳥のマスコットをあげたり、探し物をしているつぼみの手助けをしたりする。その性格からか小学6年生の女の子からの告白を受け、太から年上キラーと呼ばれた事がある。 :鍵が閉まった視聴覚室の窓からつぼみと一緒に抜け出した際、つぼみに異性を感じ、その翌日の朝に夢精をしてしまい、自己嫌悪な状態となってしまうが、3学期につぼみと結ばれた。
◇ 久木太(くき ふとし) : 声 - 宮田幸季 : つぼみたちのクラスの男子。誕生日は8月8日。血液型はO型。 : スケベな性格でおちゃらけているが、本当は心優しい。麗愛とは幼少時からケンカ友だちで、かなり前から彼女のことが好きだった。 : 苗字の読みは「くき」だが連載時に苗字がはじめて出た第3話で「ひさぎ」とルビが振られていた。単行本では直っている。
◇ 三枝葉(さえぐさ よう) : 声 - 斎賀みつき : つぼみたちのクラスの男子。誕生日は10月8日。血液型はAB型。家族は姉が登場。 : ルックスNo.1でクールな性格。周りには内緒で八重と付き合っている。スケベな行動をしている太に蹴りを入れる事もしばしば。
◇ 立花美咲(たちばな みさき) : 声 - 中山さら : つぼみの母親で専業主婦。 : 髪型はつぼみとほぼ同じ。旧姓は遠藤。 :つぼみが小学5年生に進級する少し前に第2子の妊娠が分かり、一時は流産の危機に直面した事もあったが、危機を乗り越えた後は順調な妊娠生活を送り、クリスマス・イブに女の赤ちゃんを出産した。 : 名前はOVAにて明らかにされたもので、漫画では名前の表記はない。
◇ 立花幹生(たちばな みきお) : 声 - 金光祥浩 : つぼみの父親でサラリーマン。名前はOVAにて明らかにされたもので漫画では名前の表記はない。 : 美咲の入院や出産などといった作中の要所に登場する。OVAでは美咲が入院したときにつぼみの祖母(幹生の実母)に助けを求めようとしたがつぼみの「足が悪い祖母に心配をかけたくない」という気持ちに心を打たれ、つぼみと乗り切ろうと決心した。
◇ 山吹蒼(やまぶき そう) : 八重の弟。 :ガサツな性格。
◇ 三枝緑(さえぐさ みどり) : 声 - 金月真美 : 葉の姉で女性向け下着売り場の店員。名前はOVAにて、明らかにされたもので漫画では名前の表記はない。 : スタイルは良いが彼氏はいない。 :ブラジャーを買うか買わないか悩んでいる八重にアドバイスを送り、自宅がつぼみたちのクリスマスパーティー会場になった際には手作りの料理を振舞う。沙耶が一瞬だけ鏡に映らなかったことに驚いた。 :第4期以降、第7期を除いて、主人公が初めてのブラジャーを購入するエピソードに登場しており、第5期では服を脱がさなくてもブラジャーのサイズが分かる特技を身につけ、披露している。
◇ 渋谷の男性 : つぼみが渋谷に買い物に来た際に出会った青年。 : 友人たちとハグれたつぼみに優しくするが本当の目的はつぼみに如何わしいことをすることであり、どこからか現れた沙耶に睨みつけられ、退散していった。
◇ 立花 沙耶 (たちばな さや) : つぼみの妹。クリスマス・イブに生まれた赤ちゃん。 : 小説版エピローグでは10歳になった彼女が主人公を務めている。10歳の誕生日に友人のさっちゃんが好きな6年生に男子に告白されながらも断るがさっちゃんたちに誤解されて嫌われてしまう。帰宅後、つぼみに励まされる。
◇ さっちゃん、小春(こはる)、美優(みゆ) : 沙耶の小学校での友人たち。小説版エピローグに登場。 : さっちゃんは同じ学校の6年生のとある男子生徒に憧れていたことから、その男子に告白された沙耶を裏切り者と誤解し、沙耶を避けるようになり、小春と美優も同調してしまう。

● 2期
『小学四年生』の2005年(平成17年)2月号から3月号、および『小学五年生』の2005年4月号から2006年(平成18年)2月号にかけて連載された。全13話。

◎ 2期のあらすじ
小学5年生の草壁つぼみは背が高く、運動神経が良いクラスから頼りにされる快活な女の子。 そんな彼女にもある一つの悩み事があった。その悩み事のわきどころは幼馴染の押井怜麻で怜麻はつぼみのスカートをめくったりするなどのちょっかいを頻繁にし、つぼみの悩みの種になっていた。つぼみは怜麻と仲良くけんかしながら毎日を過ごす日々を送っていた。 そんなある日の事、つぼみと怜麻が部屋で遊んでいると、部屋の天井から不思議な穴が空き、そこから少年の格好をした異星人が現れた。 草壁つぼみを初めとした人間と、異星人クロウ・ゼット(地球での名前は草壁 縁)の交流、交流の傍らで心体ともに成長し、恋に芽生えていく草壁つぼみの姿が描かれる。

◎ 2期の登場人物
人名は家や家具に関する物から付けられている)、
・ 2006年6月5日第1刷発行(4月28日発売)、
・ 2007年7月4日第1刷発行(6月29日発売)、
・ 2008年5月3日第1刷発行(4月28日発売)、
・ 2009年5月3日第1刷発行(4月28日発売)、
・ 2010年5月3日第1刷発行(4月28日発売)、
・ 2011年5月3日第1刷発行(4月28日発売)、
・ 2012年5月2日第1刷発行(4月27日発売)、
 ・ 第7巻には『やぶうち優ファンBOOK やぶうち優の♀♂(おんなのこおとこのこ)なお話』と『ないしょのつぼみファンBOOK 女の子の初めてのお話』にそれぞれ書き下ろしで収録された1期の番外編2作が併録されている。
・ やぶうち優『ないしょのつぼみ-めばえ-』 小学館〈ちゃおコミックス〉、2007年8月2日第1刷発行(7月28日発売)、
 ・ 『わんデー・ハプニンぐ』(※・の箇所には犬の足跡が付く)、『少年少女』、『LOVE・LIKE・COMIC』、『もう逢うことのない君に』の短編作品4作が併録。 初版に付いていた帯をはじめとして、単行本表紙には性教育を前面に出した売り文句が多用されている。また、その文面は漫画としての内容にあまり合致していない部分が見受けられる。例えば第2巻の帯では、性徴に関する疑問に答える本である旨を、草壁縁に台詞として言わせているが、彼は本編では教える側では無く教わる立場である。なお、第3巻以降の帯は各巻のあらすじに合わせた売り文句とプレゼント等の告知が内容のメインになっている。

◎ 関連書籍

・ やぶうち優『やぶうち優ファンBOOK やぶうち優の♀♂(おんなのこおとこのこ)なお話』 小学館〈ちゃおコミックススペシャル〉、2006年5月5日第1刷発行(3月31日発売)、
 ・ やぶうち優作品を、性教育マンガという区割りで特集した本。「ないしょのつぼみ」1期・2期のキャラ紹介、1期の番外編などを掲載。番外編は第5話と第6話の間にあたる話で、つぼみが5年生になって初めてのプール学習での出来事が描かれている。
・ やぶうち優×ないしょのつぼみ製作委員会『ないしょのつぼみファンBOOK 女の子の初めてのお話』 小学館〈小学館プラスワン・コミック〉、2008年7月2日第1刷発行(6月27日発売)、
 ・ ファンブック第2弾となる特集本。1期 - 5期のキャラ紹介、あらすじのまとめなどと、1期の番外編を収録。番外編は最終回より後の話で、つぼみの妹の沙耶が産まれた後である。付録として表紙と番外編中でつぼみが付けているものと同じデザインのヘアーゴム、ビニール製の巾着状バッグ、P&Gの生理用ナプキン『ウィスパー さらふわスリム 座るときガード』2個セットが同梱されている。

◎ 小説

・ 著:相馬来良、原作・イラスト:やぶうち優『ないしょのつぼみ 〜さよならのプレゼント〜』 小学館〈小学館ジュニア文庫〉、2014年10月20日第1刷発行(10月15日発売)、
 ・ 1期のストーリーを元としたノベライズ作品。巻末に10年後を舞台にしたエピソードが追加されている。
・ 著:相馬来良、原作・イラスト:やぶうち優『ないしょのつぼみ〜あたしのカラダ・あいつのココロ〜』 小学館〈小学館ジュニア文庫〉、2015年3月30日第1刷発行(3月25日発売)、
 ・ 6期のストーリーを元としたノベライズ作品。小説版オリジナルキャラクターが登場し、ストーリー展開の一部が変更されている。

● OVA
0期の初版帯で、アニメ化の企画が2008年(平成20年)の春を目指して進行中であることが明かされ、2008年4月から6月に1期を元にしたOVAが発売された。DVDで巻数は全3巻。各巻とも通常版・限定版の2バージョンがある。 内容は原作にほぼ忠実だが、中盤のエピソードの多くが省略された他、ラストが若干異なっている。キャラクターデザインは原作と比べ、柔らか味を増したデザインとなった。『ないしょのつぼみ』のコンセプトの1つである性教育はOVAでも受け継がれ、DVDの副音声機能を使用した、作中のシーンと連動する心と体の不思議についての解説が全3巻とも収録されている。解説を担当するのは日本家族計画協会クリニック所長の北村邦夫。 限定版は各巻とも、原画集、チャーム、バッグなどのキャラクターグッズが同梱されている。第3巻のみオリジナルエピソードが収録されたドラマCDも付く。ドラマCDはトールケース入りで、ジャケットも限定版DVD各巻とほぼ同じ仕様になっている。 『水色時代』のDVD-BOXと同様に、小学館の雑誌に原作が掲載されたアニメとしては珍しく、DVDには『小学館ビデオ』の文字は一切入っていない。 2008年10月から11月にかけて、CS放送局であるパワープラッツの103chにてPPV形式で早朝時間帯に放送された。2018年5月14日から28日にかけて、有料CS放送AT-Xにて月曜日午前3時半に放映。

◎ スタッフ

・ 監督 - しぎのあきら
・ シリーズ構成・脚本 - 荒川稔久
・ 演出 - 中村圭三
・ キャラクターデザイン・総作画監督 - 武内啓
・ 作画監督 - 宇都木勇
・ 美術監督 - 井上一宏
・ 色彩設定 - 斉藤恵
・ 色指定 - 近藤直登
・ 撮影監督 - 西村徹也
・ 編集 - 坂本雅紀(森田編集室)
・ 音響監督 - 町田薫
・ 音楽 - UbiQuinta
・ 音響効果 - 今野康之(スワラ・プロ)
・ 音響制作 - 青二プロダクション
・ 協力 - 小学館『小学五年生』編集部
・ アニメーション制作 - スタジオ旗艦
・ 制作協力 - スタジオエル
・ 制作担当 - 斎藤剛広
・ プロデューサー - 楠原真理子、小池正則
・ 製作 - ないしょのつぼみ製作委員会
・ 発売・販売 - ハピネット

◎ 各巻リスト

巻数サブタイトル発売日パワープラッツ放送日
 1  『赤ちゃんはないしょ』  2008年4月25日  2008年10月18日 - 24日
 2  『男の子♂女の子♀』  2008年5月30日  2008年10月25日 - 31日
 3  『恋する理由』  2008年6月27日  2008年11月1日 - 7日

「ないしょのつぼみ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年8月8日16時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな歌は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな歌は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな歌は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな歌は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな歌を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな歌は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな歌を お選びください。

嫌いな歌は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな歌を お選びください。

歌の無作為ピックアップ

好きな歌は どっち?

投票すると歌ランキングが閲覧できます!


VS

好きな歌を お選びください。

現在 20回の投票があります!

嫌いな歌は どっち?

投票すると歌ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな歌を お選びください。

現在 4回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター