好きなクリスマスソング
ランキング21位
獲得票なし
嫌いなクリスマスソング
ランキング3位
獲得票なし
オレンジ


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

オレンジ(甜橙、orange)は、柑橘類に属するミカン科ミカン属の常緑小高木やその果実。特に日本では、原産地インドからヨーロッパを経由して明治時代に日本に導入されたものを「オレンジ」と呼んでいる。

● 概要
日本では、オレンジといえば主に和名アマダイダイ(甘橙、甘代々 学名:Citrus sinensis)を指し。スイートオレンジの品種は接ぎ木による無性生殖で殖やしていく。これらの変種は突然変異を介して生じる。 オレンジは、ブンタンとマンダリンの交雑種である。葉緑体のゲノムすなわち母系はブンタンのものである。スイートオレンジは全ゲノム配列解析済みである、同果物に関する最初期の言及が紀元前314年の中国文学に見られた。オレンジの木は、その甘い果実のため熱帯と亜熱帯の気候で広く栽培されている。オレンジの果実は生のまま食べたりもするし、ジュースに加工されたり香りづけで果皮(オレンジピール)が加工されたりもする。 2012年時点で、スイートオレンジが柑橘類生産量の約70%を占めている。 2019年には、7,900万トンのオレンジが世界中で栽培され、全体の22%をブラジルが生産し、中国とインドがこれに続いている。柑橘類の果実はミカン状果であり、子房の発達に起因する厚い外果皮の中に、柔らかい海綿質の中果皮と、薄い袋状の内果皮をもつ。 様々な変種に異なる名前がつけられており、オレンジは主に和名アマダイダイ(Citrus sinensis)の品種に適用される。スイートオレンジは様々な大きさに成長し、形状も球形から細長い形まで多彩である。内部および皮についている多孔質の白色組織は、中果皮またはアルベドと呼ばれる。オレンジには、内部に房状の内果皮が多数あり、通常は約10個が膜で区切られ、瓤嚢(じょうのう)には多くの砂瓤(さじょう)が詰まっている。またオレンジには、種が幾つか入っているのが通例である熟す前の果実は緑色である。熟した果実の不規則にが並ぶ外果皮は、明るいオレンジ色から黄色がかったオレンジの色だが、しばしば緑とのまだら模様だったり、気候条件や収穫時期によっては完全に緑色のままという場合もある。他の柑橘系果実と同じく、スイートオレンジは追熟しない。オレンジの品種群は、普通オレンジ、ブラッドオレンジ(血みかん)、ネーブルオレンジ、無酸オレンジの4種に分類できる。 オレンジとも通称される他の柑橘類群は次のとおり。
・ベルガモットオレンジ(Citrus bergamia Risso) - 外皮を目的に主にイタリアで栽培され、香料の主成分が製造され、紅茶のアールグレイの風味にも使われる。ブンタンとレモンの交雑種である。
・ダイダイ(Citrus aurantium) - 英名が「ビターオレンジ」で、セビリアオレンジやサワーオレンジ(特にスイートオレンジを接ぎ木する際の台木として使用される)、ビガラードオレンジ(料理のソース用)、マーマレードオレンジとも。スイートオレンジと同様にブンタンとマンダリンの交雑種だが、異なる雑種形成事案によって生じた
・マンダリンオレンジ(Citrus reticulata) - ミカン属の原種であり、普通オレンジの先祖。日本のミカン類生産も、これの「タンジェリン」として統計分類される。
・カラタチ(Poncirus trifoliata) - 英名が「トリフォリアーテオレンジ」で、単独の属(カラタチ属)に分類されたりもする。スイートオレンジや他のミカン属栽培品種を接ぎ木する際の台木として使われることが多い。 膨大な数の栽培品種は、スイートオレンジと同じく、ブンタンとマンダリン祖先の混成である。一部の栽培種は、スイートオレンジと同じ親から生じたマンダリン-ザボンの交雑種である(例:タンゴールやポンカンなど)。 他の栽培種は、スイートオレンジとマンダリンの交雑種である(例:クレメンティン)。マンダリンの形質は一般的に、小ぶりで扁球体、果皮が剥きやすく、酸味が少ないことなどである。ブンタンの形質には、房と密着した厚い白色の内果皮(アルベド)などがある。

● 語源
「オレンジ」という言葉は、サンスクリット語でオレンジの木を意味する「ナーランガ(नारङ्ग)」に由来し、これを更にさかのぼるとドラヴィダ語で「香り高い」を意味する「ナル(naru)」から来たものである。このサンスクリット語は、ペルシャ語「ナーラング(نارنگ)」やアラビア語「ナーランジュ(نارنج)」を介して欧州言語に入ってきた。 このアラビア語がフランスの古プロヴァンス語に入ると、果実の色からラテン語で「黄金」を意味する"au-"が付されて「オーランジャ(auranja)」となり、フランス語では「金」を意味する"ou-"に置き換えられて「オルンジュ(orenge)」に変化した。 オレンジ色はこの果物にちなんで名付けられた。

● 歴史
スイートオレンジは野生の果実ではなく。ゲノム解析に基づくスイートオレンジ先祖品種の相対的な割合は、ブンタン約42%とマンダリン約58%である。スイートオレンジの全品種はこの最初の掛合わせから派生したもので、農業繁殖中に選抜された突然変異によってのみ違いが生じる。柑橘類の果実は、9世紀のイスラーム統治期にシチリア島に導入されたが、イタリアとポルトガルの商人が地中海地域にオレンジの木を持ち込んだ15世紀後半か16世紀初頭まで、スイートオレンジは知られていなかったでオレンジを栽培した。1646年までに、スイートオレンジは欧州全域でよく知れ渡った。ヴェルサイユでは、銀無垢の桶に植えられたオレンジの木が宮殿の部屋じゅうに置かれ、オランジェリーは一年中この果物を栽培して王宮に供給できるようにしていた。 スペイン人渡航者がアメリカ大陸にスイートオレンジを導入した。1500年代半ばに南米とメキシコ、そして1565年にはフロリダ州にスイートオレンジがもたらされた。オレンジはビタミンCが豊富であり簡単には腐らないので、大航海時代にポルトガル・スペイン・オランダの船員が壊血病を防ぐために貿易ルートに沿ってミカン属の果樹を植えていった。 日本に関しては、江戸時代の鎖国体制のため幕末まで欧米との交易は確立されず、古代から中国経由で導入されていたオレンジの近縁種ミカンが先に栽培され、国内流通していた。欧米からオレンジが導入されるのは明治時代に入ってからの事である ただし原産地はスペインのバレンシア州ではない。アゾレス諸島(ポルトガル領)から1870年頃に米国に持ち込まれ、フロリダ州でその果樹が売却されたのが発端である。
○ チェリーオレンジ
日本だと「紀州ミカン」または「小ミカン」と呼ばれている品種である。江戸時代から明治時代中頃までは日本における食用ミカンの代表種だったが、ヨーロッパでは「チェリーオレンジ」のブランド名で売られている。
○ その他

・ハムリン:1879年に米国フロリダ州で発見された栽培品種。高収量で耐寒性があり、10月から12月に良質の実が成る。食用果実だが商業利用には小さすぎる。フロリダ州では最も人気のあるジュース用オレンジの1つ。
・バリ:インドネシアのバリ島で栽培。他のオレンジよりも大きい
・ビオンド・コムーネ:地中海盆地の、特に北アフリカ・エジプト・ギリシャ・イタリア・スペインで広く栽培され、「ベレディ」「ノストラーレ」とも呼ばれる。
・ガードナー:フロリダで生育している中生品種で、2月初旬頃に熟す。果実は比較的固い。交雑種ではなく珠心胚実生の品種で、2006年以降は一般名バレンシアで売られている。
・マセテラ:スペインで栽培、独特な風味で知られる
・マルターゼ・ブロンド:北アフリカで栽培
・マルターゼ・オーバル:南アフリカとカリフォルニアで栽培、「ギャレイズ」「カリフォルニア地中海スイート」といった名前でも知られる
・マース:テキサス州、カリフォルニア州、イランで栽培され、酸味が比較的低い
・ミッドスウィート:フロリダで栽培され、ハムリン品種に似た新しい穂木、果実は硬くて晩生。果物の生産と品質はハムリンのと同様ですが、果汁の色がより濃いに成熟する。外皮と果汁の色が貧弱で、果汁の品質も同様である。 1917年のアメリカ合衆国農務省による研究によると、ブラジルのバイーア州に植えられたセレクタオレンジの枝変わりで、恐らく1810-1820年の間に最初のネーブルオレンジが生まれたとされている。ネーブルオレンジは1824年にオーストラリアへ、1835年にフロリダ州へと導入された。1873年、 カリフォルニア州に原木の株が2つ植えられ、そこでの果実が「ワシントン」ネーブルとして知られていった。この栽培品種は非常に成功し、急速に他国へと広まった。 現在、ネーブルオレンジは挿し木と接ぎ木による伝播が続けている。これは一般的な育成選択の手法が使えないためで、全てのネーブルオレンジは単一の約200年前の木から生じた果物だと見なすことができる。原木と全く同じ遺伝的構成を有しており、クローンである。これは、一般的な黄色の種なしキャベンディッシュ (バナナ)やグラニースミス (リンゴ)の場合と同様である。滅多には起きないが、更なる突然変異が新たな品種をもらたらすことがある。
○ カラカラ
カラカラ・ネーブルオレンジ(ルビーブラッドネーブルやピンクネーブルとも呼ばれる)は、主にベネズエラ・南アフリカ・米カリフォルニア州で栽培されているネーブルオレンジの一種。甘くて酸味は比較的少なく、他のネーブルに似て鮮やかなオレンジ色の外皮だが、果肉は独特にピンクがかった赤である、1976年にベネズエラのカラカラ農園で発見されたことからその名が付いた。15世紀にシチリア島で初めてブラッドオレンジが発見され、栽培された。以来、世界中に広まっていくが、特にスペインとイタリアで栽培されている。ブラッドオレンジには独特の色と風味があり、一般的にはジュース向きと考えられている。ごく狭い用途だが、セビリアの伝統的なマーマレードに入れる材料としても使われている。
○ 主な品種
ブラッドオレンジでよく知られている品種を幾つか挙げる。
・マルチーズブラッド:小ぶりながら色の濃い品種で、イタリアで突然変異として誕生したと一般的に考えられており、何世紀にもわたって栽培されている。また、スペイン南部とマルタで広範囲に育成されている。豊かなワインレッドのためシャーベットや他のデザートに使われている。
・モロ:シチリア島が発祥でありイタリア全土で一般的な品種。この中型の果実は、12月から4月までと収穫時期が比較的長い。
・サンギネリ:ドブルフィーナの突然変異体で、1929年にスペインのカステリョン県で発見された。シチリア島で栽培されている。
・タロッコ:イタリアで開発された比較的新しい品種。1月下旬に熟し始める

◎ 無酸オレンジ
無酸オレンジは、酸味の非常に低い早生果実である。米国ではこれも「スイート」オレンジと呼ばれ、諸外国でも似たような名称が付いている。北アフリカや近東では「メスキ」の名で非常に普及している。 腐敗から果汁を保護してくれる酸味が欠けているので、一般的にジュース製造向きではなく、主に生食用である。この品種は現地消費において利益を生んでいるが腐敗の足が早いため、人口が沢山いるヨーロッパ・アジア・米国の中核地への輸出には適していないやマーコットなどが含まれる。 より複雑な掛合わせも行われている。いわゆるアンバースイートオレンジは、実際には(オーランドタンジェロとクレメンティンの)交配種とスイートオレンジとを掛け合わせた複雑な交雑種であり、米国ではこれを合法的にオレンジジュースに使用できるようスイートオレンジに指定した。シトレンジは、一般的なスイートオレンジとカラタチとの属間交雑種である。

● 属性


◎ 風味の要因
オレンジの味は主に糖分と酸味の相対比率によって決定され、オレンジの香りは揮発性有機化合物に由来する。リモニンなど苦みのあるリモノイド化合物は(実の)発達中に徐々に減少し、揮発性芳香化合物は中後期の発達で最高潮になる傾向がある。味質は収穫後に改善する傾向があり、その場合は苦味が少なく糖分や酸味が高くなる-4.0の範囲である。 こうした風味は、遺伝的背景、生育中の環境条件、収穫時の熟度、収穫後の状態、および貯蔵期間によって変動するを含む多様なフィトケミカルが含まれているほか、アルデヒド・エステル・テルペン・アルコール・ケトンといったオレンジの香りを生み出す多数の揮発性有機化合物も含んでいる。 オレンジの果汁は、ライム果汁やレモン果汁に比べてクエン酸が5分の1程度(約47g/ l)に過ぎない。

◎ 格付け
米国農務省(USDA)は、フロリダオレンジの格付けを実施しており、これは主に生食用果物として販売されているオレンジに適用される。具体的には、US Fancy, US No. 1 Bright, US No. 1, US No. 1 Golden, US No. 1 Bronze, US No. 1 Russet, US No. 2 Bright, US No. 2, US No. 2 RussetUS No. 3のグレードがある 。 一般的な格付けの特徴は、色(色相と均一性)、ハリ、成熟度、品種特性、質感、形状である。最高グレードのファンシーは、最高級の色でキズ等が一切ないことが必要とされる。ブライト、ゴールデン、ブロンズ、ラセットの用語は単に色のくすみに関するものである。等級は、消費者の安全に影響を与えない見た目の悪い果皮のキズの量とハリによって決定される。米国農務省は瑕疵を3部門(全般的な瑕疵、部分的な傷、その他の損傷)に分類している。もう一つの手法は、木の間に置かれた燻し壺で燃料油を燃やすことである。この装置は大量の粒子を放出しながら燃焼するため、煤粒子上で起こる水蒸気の凝縮が植物の凝縮を防ぎ、気温をわずかに上昇させる。燻し壺は、1913年1月に南カリフォルニアで悲惨な凍害が作物全体を破壊した後、初めて開発された。

◎ 伝播
種子から直接オレンジの木を育てることもできるが、発芽能力が無かったり親とは異なる果実が成る場合もある。市販のオレンジの種が育つためには、湿潤状態を常に保つ必要がある。1つのやり方は、発芽するまで種子を湿ったペーパータオルで挟んで置き、それから発芽した苗を植えることだが、種子を土壌にただ埋めているだけの栽培者も多い。 商業的に栽培されたオレンジの果樹は、成熟した栽培品種を実生りに適切な台木に接ぎ木することによって無性生殖で繁殖され、同じ収穫量や果実特性そして長年に及ぶ(成果の)病気耐性を確保している。伝播には 2 つの段階がある。まず、台木は種から育てる。そして約1歳になると、葉の上が切り取られ、特定の若枝品種から芽が取られ、その幹に接ぎ木される。若枝はオレンジの品種を決定し、台木は害虫や病気に耐性を木に持たせ、特定の土壌や気候条件に適応できるようにする。そのため、台木は成長速度に影響を与え、果実の収量と品質に影響を与える。 台木は、穂木の品種と互換性がなければならない。そうでないと、樹木が痩せたり生産性が低下したり、枯れてしまう場合もある、穂木の最も優れた属性を台木の属性と組み合わせられる点である。

● 収穫
フロリダでは振動式の収穫機械を使用してオレンジを収穫することが増えてきている。現在の振動収穫機は、長さ180-210cm(6-7フィート)の櫛歯を束ねて使い、比較的一定の振れ幅と周波数で果樹の林冠を振っていく。 通常、オレンジは淡いオレンジ色がついたところで摘果される。

◎ 催色
オレンジは収穫時に成熟している必要がある。米国のテキサス州・アリゾナ州・カリフォルニア州・フロリダ州には、人間の消費向けに未熟果実を収穫することを禁じる法律がある。ただし熟したオレンジでも、しばしば皮に緑色や黄緑色が見られる。そこでエチレンガスが緑の皮をオレンジ色に発色するために使われる。この工程は「催色」として知られている。 オレンジは追熟しない果物のため、エチレンガスに反応して収穫後の熟成を内部で行うことはできないが、外部では緑色が消えていく。

◎ 貯蔵
商業的には、最大で収穫後12週間、気圧管理された部屋で冷凍によりオレンジを貯蔵可能である。貯蔵の寿命は結局のところ品種、成熟度合い、収穫前条件、取り扱いでまちまちである。ただし店舗や市場では、オレンジが非冷凍の棚に陳列されることになる。 家庭におけるオレンジの賞味期限は約1ヶ月である。オレンジは、口の開いたまたは穴開きのビニール袋でゆるく保管しておくのが、最適な方法である。2009年以降、ブラジルの主要なオレンジ栽培地域(サンパウロ州とミナスジェライス州)にある果樹の0.87%がこの症状を呈し、2008年に比べ49%増加した。 この病気は、主に2種のキジラミ昆虫によって蔓延する。その一つがこの病気の効率的な病原媒介虫のミカンキジラミ(Diaphorina citri Kuwayama)である。各種テントウムシやアミメカゲロウ目などの広食性捕食者が、ミカンキジラミの死亡率(80-100%)に大きく貢献している。対照的に、ミカンキジラミの種特異的寄生虫Tamarixia radiataによる寄生は、フロリダ南西部だと変動的で一般的に低く、2006年には5-9月に12%未満、11月に50%未満の減少だった。 2007年、葉面殺虫剤を使うことでキジラミの個体数を短期間減らしたが、捕食テントウムシの個体数も抑制してしまった。アルジカルブの土壌適用はミカンキジラミの抑制が限定的だが、若木へのイミダクロプリド塗布は2ヶ月以上効果があった。 この病害の管理は困難で、きれいな株の使用、自発的および規制手段による接種の排除、柑橘類作物中の病原媒介キジラミを制御する農薬の使用、非作物用貯水池における病原媒介キジラミの生物学的制御を含む、統合的なアプローチが必要である。カンキツグリーニング病は抑制管理に完全に成功した訳ではないによって引き起こされる黄斑病(greasy spot)は、葉の斑点と早期落葉を生じさせ、木の活力と収量を減少させる。糸状菌の子嚢胞子は、落葉を分解する際に子嚢果で作られる。成熟すると、子嚢果が吐出されて気流によって分散されていく。 日本では、これと酷似するカンキツにせ黄斑病(pseudo greasy spot)が1960年代より屋久島のポンカンから流行し、ハウス栽培のミカン農園に全国的な被害を与えている。

● 生産

  国   生産 (百万トン)
     17.1
     10.4
     9.5
     4.8
     4.7
     3.2
     3.2
  世界    78.7 <

「オレンジ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年8月18日4時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きなクリスマスソングは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きなクリスマスソングを お選びください。

嫌いなクリスマスソングは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いなクリスマスソングを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きなクリスマスソングは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きなクリスマスソングを お選びください。

嫌いなクリスマスソングは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いなクリスマスソングを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きなクリスマスソングは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きなクリスマスソングを お選びください。

嫌いなクリスマスソングは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いなクリスマスソングを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きなクリスマスソングは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きなクリスマスソングを お選びください。

嫌いなクリスマスソングは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いなクリスマスソングを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きなクリスマスソングは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きなクリスマスソングを お選びください。

嫌いなクリスマスソングは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いなクリスマスソングを お選びください。

クリスマスソングの無作為ピックアップ

好きなクリスマスソングは どっち?

投票するとクリスマスソングランキングが閲覧できます!


VS

好きなクリスマスソングを お選びください。

現在 33回の投票があります!

嫌いなクリスマスソングは どっち?

投票するとクリスマスソングランキングが閲覧できます!


VS

嫌いなクリスマスソングを お選びください。

現在 2回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター