好きな国宝建造物
ランキング12位
獲得票なし
嫌いな国宝建造物
ランキング1位
獲得票なし
輪王寺


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

輪王寺(りんのうじ)は、栃木県日光市にある寺院で、天台宗の門跡寺院である。明治初年の神仏分離令以後、東照宮、二荒山神社とあわせて「二社一寺」と称される。近世まではこれらを総称して「日光山」と呼ばれていた。現在、「日光山」は輪王寺の山号とされている。また、「輪王寺」は日光山中にある寺院群の総称でもある。 輪王寺の境内は東照宮、二荒山神社の境内とともに「日光山内」として国の史跡に指定され、「日光の社寺」として世界遺産に登録されている。

● 概要
創建は奈良時代にさかのぼり、近世には徳川家の庇護を受けて繁栄を極めた。国宝、重要文化財など多数の文化財を所有し、徳川家光を祀った大猷院霊廟や本堂である三仏堂などの古建築も多い。 日光山内の社寺は、東照宮、二荒山神社、輪王寺があり、これらを総称して「二社一寺」と呼ばれている。東照宮は徳川家康を「東照大権現」という「神」として祀る神社である。一方、二荒山神社と輪王寺は奈良時代に山岳信仰の社寺として創建されたもので、東照宮よりはるかに長い歴史をもっている。ただし、「二社一寺」がこのように明確に分離するのは明治初年の神仏分離令以後のことであり、近世以前には、山内の仏堂、神社、霊廟等をすべて含めて「日光山」あるいは「日光三所権現」と称し、神仏習合の信仰が行われていた。現在、輪王寺に属する建物が1箇所にまとまっておらず、日光山内の各所に点在しているのは、このような事情による。「経蔵」「薬師堂(本地堂)」など、一部の建物については現在も、東照宮と輪王寺のいずれに帰属する建物であるか決着を見ていない。 上述のとおり各所に点在する堂塔の状況を記すと、東照宮の南方の境内には本堂の三仏堂や寺務所があり、ここには本坊表門、護法天堂、相輪橖(そうりんとう)などがある。二荒山神社西側には大猷院霊廟の建築群があり、その南側には常行堂と法華堂、そこから長い石段を上った先には中興の祖・天海を祀る慈眼堂がある。勝道を祀る開山堂は東照宮北方、滝尾神社への参道の途中にある。このほか、神橋近くの二荒山神社本宮に隣接した四本龍寺の旧地には、観音堂と三重塔があり、少し離れて児玉堂がある。中禅寺湖畔の中禅寺(立木観音)も輪王寺に所属している。 開山1250年を記念して、2016年7月31日から2017年11月30日まで輪王寺に伝わる秘仏「吉祥天」の一般公開が中禅寺立木観音で行われた。

● 本堂
本堂の三仏堂は東日本最大の木造建築である。現在の建物は徳川家光の寄進により正保2年(1645年)竣工した。日光三山の本地仏として三体の本尊が祀られている。三仏、三山、三所権現、祭神(垂迹神)及び寸法は以下の通りである。
・千手観音(男体山)=新宮権現=大己貴命(おおなむちのみこと) - 総高703.6cm(本尊335.4cm)、阿弥陀如来、馬頭観音)を安置するのは、このような信仰形態によるものである。 なお、三仏堂には、9年に一度開帳される「鎮将夜叉尊(ちんじょうやしゃそん)」が、秘仏として祀られている。

● 歴史


◎ 創建
輪王寺は、下野国出身の奈良時代の僧・勝道上人により開創されたと伝承されているが、当時の歴史書にそのような記録は見られない。輪王寺の寺伝によれば、当寺の開創の様子は以下のとおりである。 天平神護2年(766年)、勝道と弟子の一行は、霊山である日光山の麓にたどりついたが、大谷川(だいやがわ)の激流が彼らの行く手をはばみ、向こう岸へ渡ることができずに困っていた。そこへ、首から髑髏(どくろ)を下げた、異様な姿の神が現われ「我は深沙大王(じんじゃだいおう)である」と名乗った。深沙大王は2匹の大蛇を出現させると、それらの蛇はこちら岸と向こう岸を結ぶ橋となり、勝道ら一行は無事対岸へ渡ることができたという。現在、日光観光のシンボルでもある「神橋」(しんきょう)は「山菅蛇橋」(やますげのじゃばし)とも呼ばれ、その伝承の場所に架かっている。深沙大王は「深沙大将」とも呼ばれ、唐の玄奘三蔵が仏法を求めて天竺(インド)を旅した際に危機を救った神であるとされ、神橋の北岸には今も深沙大王の祠が建っている。「2匹の大蛇」の話は実話ではなく伝説であるが、この伝説が日光山が古くから山岳信仰の聖地であったこと、日光山が近付きがたい場所であったことを投影しているものと推察される。 勝道は、大谷川の対岸に聖地を見付け、千手観音を安置する一寺を建てた。紫の雲たなびく土地であったので、「紫雲立寺」(しうんりゅうじ)と言ったが、後に「四本龍寺」(しほんりゅうじ)と改めたという。この四本龍寺が現在の輪王寺だが、当初は現在の本堂(三仏堂)がある場所から1km以上離れた、稲荷川(大谷川支流)の近く(滝尾神社付近)にあったとされる際に、本堂は、現在日光二荒山神社の社務所がある付近に移された。工事施工は大林組。

● 大猷院


● 文化財
※以下の一覧中の「重要文化財」は、文化財保護法第3章に基づき日本国(文部科学大臣)が指定した重要文化財(「国の重要文化財」を指す)。

◎ 史跡

・日光山内

◎ 建造物(輪王寺)
重要文化財(17棟)
・本堂(三仏堂)
 ・(附 銅燈籠2基)
・護法天堂
・相輪橖(銅製)
・本坊表門
・開山堂
 ・(附 石燈籠1基)
・常行堂(附 棟札) - 1145年創建の修行道場。
・法華堂(附 棟札)
・常行堂法華堂渡廊
・慈眼堂廟塔(石造五輪塔)(附 石柵、石造六天像、石几、石華瓶)
・慈眼堂拝殿(附 棟札)
・慈眼堂経蔵
・慈眼堂鐘楼(附 銅鐘)
・慈眼堂阿弥陀堂
 ・(慈眼堂の附 石燈籠15基、石多宝塔1基)
・観音堂(旧四本龍寺所在) ※貞享2年(1685年)建造
・三重塔(旧四本龍寺所在)
・児玉堂(飛地境内所在)
 ・(附 石燈籠1基)
・大猷院霊廟別当所竜光院(附 玄関) 栃木県指定有形文化財(建造物)
・観音堂(香車堂) ※正徳3年(1713年)建造
・行者堂
・釈迦堂
・釈迦堂表門

◎ 建造物(大猷院霊廟)
国宝
・大猷院霊廟本殿・相の間・拝殿(合1棟)(附 厨子1基、銅箱入供養具9箇、棟札1枚) 重要文化財(20棟)
・唐門
・瑞垣
・掖門
・御供所
・御供所渡廊
・夜叉門(附 左右袖塀)
・夜叉門左右回廊 2棟(附 潜門)
・鐘楼(附 銅鐘)
・鼓楼
・二天門(附 左右袖塀)
・西浄
・水屋
・宝庫
・仁王門(附 左右袖塀)
・皇嘉門(附 左右袖塀)
・銅包宝蔵
・奥院宝塔(銅製)(附 銅製華瓶・燭台・香炉、石玉垣)
・奥院鋳抜門(銅製)
・奥院拝殿 (以下は大猷院霊廟の「附」(つけたり)指定物件)
・参道(仁王門以内)
・石柵(仁王門前、二天門前、二天門夜叉門間両側、奥院参道脇、奥院宝塔・拝殿周囲)
・銅燈籠66基
・石燈籠249基 (指定年月日)
・大正6年(1917年)4月5日 - 本堂が当時の古社寺保存法に基づき特別保護建造物(文化財保護法における重要文化財に相当)となる。
・大正6年(1917年)8月13日 - 相輪橖が特別保護建造物となる。
・昭和19年(1944年)9月5日 - 11棟が追加指定(本坊表門、開山堂、常行堂、法華堂、常行堂法華堂渡廊、慈眼堂5棟、児玉堂)。指定棟数は計13棟となる。燈籠等の「附」指定物件もこの日追加指定。
・昭和48年(1973年)6月2日 - 護法天堂、観音堂、三重塔、竜光院の4棟が上記13棟とは別件で重要文化財に指定。 (指定年月日 大猷院霊廟)
・明治41年(1908年)8月1日 - 16棟が特別保護建造物となる。
・昭和19年(1944年)9月5日 - 5棟が追加指定(掖門、御供所、御供所渡廊、西浄、銅包宝蔵)。指定棟数は計21棟となる。塀、燈籠等の「附」指定物件もこの日追加指定(ただし、二天門左右袖塀は明治41年指定)。
・昭和27年(1952年)11月22日(官報掲載は昭和28年3月11日)上記21棟のうち「本殿、相の間及び拝殿(1棟)」が文化財保護法に基づき国宝に指定。

◎ 美術工芸品

◇国宝
・大般涅槃経集解(だいはつねはんきょうしゅうげ)59巻
◇重要文化財 (絵画)
・紙本著色東照権現像 8幅(附蒔絵箱入守袋 7箇)
・板絵著色勝道上人像 2面(文保二年銘、正中二年銘)
・板絵著色日光三所権現像 6面(うち5面に正和二年、正和五年、正中二年、嘉暦二年、延文二年の銘)(附:絹本著色日光三所権現像 1幅)
・板絵著色役行者八大童子像 2面(うち1面元徳三年銘) (彫刻)
・木造千手観音立像(立木観音堂安置)
・木造阿弥陀如来及四菩薩坐像(常行堂安置、五智宝冠阿弥陀如来)通称:「クジャクに乗った仏様」2017年修復。現在、頂戴人には地元政財界の有力者がなることが多い。 強飯式は中世の修験者の儀礼が変容したものとされているが、近世の権力者に対する饗応儀礼である埦飯(おうはん)を演出化して成立したとする指摘もある。日光責めは大和金春座で狂言台本にされるなど、古くから知名度が高かった。近世には責めに素麺が使われたといい、さくら市氏家には日光責めで殺された若者を哀れんだ地蔵が青年僧に変化し、素麺を食い尽くして悪僧を戒めたといわれる「素麺地蔵」がある。
・ 大河ドラマ『どうする家康』の放映を記念して、2023年3月から2024年3月の予定で秘宝「徳川家康公座像」が初公開される。

「輪王寺」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月26日0時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな国宝建造物は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな国宝建造物を お選びください。

嫌いな国宝建造物は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな国宝建造物を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな国宝建造物は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな国宝建造物を お選びください。

嫌いな国宝建造物は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな国宝建造物を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな国宝建造物は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな国宝建造物を お選びください。

嫌いな国宝建造物は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな国宝建造物を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな国宝建造物は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな国宝建造物を お選びください。

嫌いな国宝建造物は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな国宝建造物を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな国宝建造物は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな国宝建造物を お選びください。

嫌いな国宝建造物は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな国宝建造物を お選びください。

国宝建造物の無作為ピックアップ

好きな国宝建造物は どっち?

投票すると国宝建造物ランキングが閲覧できます!


VS

好きな国宝建造物を お選びください。

現在 15回の投票があります!

嫌いな国宝建造物は どっち?

投票すると国宝建造物ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな国宝建造物を お選びください。

現在 0回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター