好きな犬
ランキング24位
獲得票なし
嫌いな犬
ランキング13位
獲得票なし
スキッパーキ


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

スキッパーキ(フラマン語: Schipperke)はベルギー原産の小型の番犬用の犬種である。黒い被毛を持つ、スピッツ・タイプの犬で、もとは牧羊犬の系統である。なお、犬種名を英語やオランダ語(フラマン語)の発音(
◇)に準拠して表記すると「スキッパーキ」となるが、日本語では「シッパーキ」(シッパーキー)と表記されることもある。ジャパンケネルクラブの登録名は「スキッパーキ」である。

● 歴史
ベルギーで、17世紀から存在が確認される。主要な説によれば、ルーベナール(ルーヴェンの犬)と呼ばれた、黒毛で中型の牧羊犬種を祖先とするが、異論もある。 1690年ごろには、ブリュッセル、とりわけサン・ゲリー地区の労働者や靴の修繕屋に人気のある犬だったという。彼らは、複雑な作りの真鍮製の首輪を見せびらかすために、本種の犬にその首輪をつけて競技を行っていたとされる。このころから、尾は完全に断尾されていたが、その慣習は15世紀にすでに見られたともいう。そのころ本種は、ネズミやモグラなどの害獣をよく捕えることでも知られていた。 本種が初めてドッグショーに出陳されたのは、1882年、スパでのことであったというが、1885年、ブリュッセルのドッグ・ショーに出陳されたことをきっかけとして人気犬種となったともいう。その後、マリー=アンリエット王妃が好んだことから流行し、1887年にはイギリスやアメリカにも紹介され、広まっていった。 最初のスタンダードは1888年、その年設立されたばかりのベルギー最古のブリード・クラブによって作成された。何年にもわたって多大な努力を払うことによって、タイプの統一がなされた。当時の本種にはバラエティーがあり、「アンベルス系」「ルーバン系」「ブリュッセル系」といったように呼び分けられていたという。 日本へは、昭和40年代の中ごろから輸入されている。

◎ 名前の由来
「スキッパーキ」の犬種名は、1888年の犬種標準制定時に公式に採用された。「スキッパーキ」の名が公式に採用される以前は、本種は "Spitzke" の名でも知られていた。犬種名変更は、本種をジャーマン・スピッツとはっきり区別するために行われたものであると考えられる。 この名は、本種が伝統的に、船の番犬をすることが多かったため、ドイツ語で「小さな船長」を意味する言葉から名づけられたものである、と考えられてきた。しかし、1920年ごろから、ベルギーでは、この名が実際にはフランデレン地方の方言で「小さな羊飼い(牧用犬)」を表す “Shapocke” または “Scheperke” という語に由来するという説が一般化した。「小さな船長」説は、本種をオランダのはしけ犬と混同したイングランド人たちによって、誤って広められたものであると考えられている。

● 特徴
毛色は犬種標準では黒のみが認められるが、クリームおよびフォーンの個体も生まれる。ジャパンケネルクラブではクリームやフォーンの個体でも血統証明書は発行されるが、繁殖には配慮が必要とされる。 首のまわりには、ケープ状の長い毛がはえている。尾は生まれたときに断尾をしていたが、しないことが、動物愛護の観点から多くなっている。もともとは生まれつき尾のないスキッパーキも産まれていましたが、現在では尾がある状態で生まれてくる犬が多くなっている。尾がある場合は断尾をして臀部を丸くするのが一般的だが、近年は動物愛護の観点から世界では尾を残す習慣が主流となってきている。 スキッパーキの断尾の習慣は近所に住む犬の積み重なる盗みに腹を立てたある靴屋がその犬の尾を切ってしまったことが発端でその変わった外観が注目され今日の断尾習慣に至ったという説もある。[2] 非常に注意深く、静かな足取りで歩く。そのことから、ベルギーでは老人の散歩の友として、たいへん人気があるという。犬のなかで長寿な犬種の一つとされる。 性格と行動 生まれつき好奇心旺盛でエネルギッシュな犬であり、多くの運動を必要とします。彼らは時々非常に活動的で、非常に速く走り、素早く機敏です。ただし、同じスキッパーキも何時間も休むことができます。そのため、ジャック ラッセル テリアとは対照的に、常に活動しているわけではありません。スキッパーキは、頑固でいたずら好きで頭が強い気質で知られており、小動物を追いかけることがあります。スキッパーキは、「小さな黒いキツネ」または「小さな黒い悪魔」と呼ばれることもあります。オーストラリアでは「タスマニアの黒い悪魔」と呼ばれることもあります。スキッパーキは知的で独立しています。彼らは時々所有者の話を聞くことについて議論し、代わりに彼らに最も利益をもたらすことを選択し、初心者の所有者にとって必ずしも最高の犬ではありません.スキッパーキには、トレーニングと、走るためのフェンスで囲まれた安全なスペースが必要です。彼らはひもでつながれている必要があります。さもないと、飼い主を気にせずにそり犬のようにひもを引っ張ってしまいます。これは、正の強化トレーニング方法を使用して簡単に修正できます。スキッパーキは逃げやすいので、常にリードまたはフェンスが必要です.

「スキッパーキ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月24日17時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな犬は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな犬を お選びください。

嫌いな犬は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな犬を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな犬は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな犬を お選びください。

嫌いな犬は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな犬を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな犬は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな犬を お選びください。

嫌いな犬は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな犬を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな犬は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな犬を お選びください。

嫌いな犬は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな犬を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな犬は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな犬を お選びください。

嫌いな犬は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな犬を お選びください。

犬の無作為ピックアップ

好きな犬は どっち?

投票すると犬ランキングが閲覧できます!


VS

好きな犬を お選びください。

現在 145回の投票があります!

嫌いな犬は どっち?

投票すると犬ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな犬を お選びください。

現在 47回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター