好きな音楽グループ
ランキング40位
獲得票なし
嫌いな音楽グループ
ランキング17位
獲得票なし
ザ・フォーク・クルセダーズ


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

ザ・フォーク・クルセダーズは、1960年代後半にデビューした音楽バンドで、フォークルという略称でも呼ばれる。「ザ・フォーク・クルセイダーズ」と表記されることもある。

● 略歴


◎ アマチュア時代
1965年、当時大学生だった加藤和彦が、雑誌「MEN'S CLUB」の読書欄で一緒にフォークをやってくれるメンバーを募集したところ、京都の医大生だった北山修と、浪人生の井村幹夫、芦田雅喜、そして高校3年生だった平沼義男の5人が集まり、アメリカの「ジャズ・クルセイダーズ」から名前を取って、「世界中の民謡を紹介する」というコンセプトの「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成する。その後、受験勉強のため井村と芦田が脱退、3人組となる。その後、大阪外国語大学生となった芦田が復帰、再び4人組で活動するが、芦田が2度目の脱退をし、またも三人組になり、関西アンダーグラウンドシーンで活動していた。 1967年の解散を記念して、製作費23万円で自主制作盤のアルバム『ハレンチ』を制作。300枚しか制作できなかったこのアルバムの中に、自作の『帰って来たヨッパライ』と、アマチュア時代から歌い続けてきた『イムジン河』が含まれていた。三人時代に制作されたものだが、ライブテープを一部使用しているため、芦田の声も聞くことが出来る。最初期に脱退した井村の声は入っていない。同年10月に開催された第1回フォークキャンプコンサートに出演した後に解散する。

◎ プロデビュー
1967年、アルバム『ハレンチ』を音源として、フォークルの歌がラジオでさかんに取り上げられるようになった。京都では『イムジン河』、神戸では『帰って来たヨッパライ』が頻繁にラジオで流されるようになった。やがて、こうした状況を察知した各レコード会社が再結成とプロデビューの話を持ちかける。加藤は反対したが、北山の説得に応じて「それでは一年だけなら」とのことで一年限りのプロ活動を承認し再結成。プロデビューに当たっては、平沼らに代わってはしだのりひこが参加する(北山は声が良くスター性のある杉田二郎を3人目に推薦したが、加藤がプロ活動の条件にはしだの加入を主張したとのこと。また北山が杉田を推薦した理由が「背を揃えるため」というのは後付けであった)。『帰って来たヨッパライ』は1968年に開始されたオリコンで史上初のミリオンヒットになるなど、当時の日本のバンドによるシングル売り上げ一位となる爆発的売れ行きを見せ、一躍メンバーは時の人になった。そして『帰って来たヨッパライ』、『悲しくてやりきれない』などの楽曲を含むアルバム『紀元貮阡年』により、大衆音楽への新たな方向性を切り開いた。 1968年10月17日、大阪でのさよならコンサート(この公演では平沼と芦田も第一幕に参加している。北山は井村が抜けているにもかかわらず、これが初代のメンバーといっている)を開き、同日の『11PM』に出演。約束通りに解散した。『青年は荒野をめざす』(五木寛之作詞)が本グループとして最後のシングル曲になり、1968年12月に発売されている。『週刊平凡』1968年9月19日号によると、累計売上は14億5000万円。同音源は2010年7月10日に京都放送から発売されたCD-BOX『京都フォーク・ディズ~ラジオで聴いた青春の歌』に収録された。

◎ きたやま・坂崎での再始動
2012年、きたやまと坂崎は加藤が遺書の中で拒否した追悼を行う意味で新作アルバムを制作することを計画する。きたやまの自宅で発見された加藤の未発表曲(元々ベッツィ&クリス再結成のために提供される予定だったもの。きたやまは松山などにも加藤の未発表曲がないかを聞いて回ったが見つかったのは結局これだけであったという)をベースにした「若い加藤和彦のように」を制作したほか、加藤のソロ曲や過去のフォークルなどでの北山&加藤コンビの作品をカバー・レコーディング。ザ・フォーク・クルセダーズ名義のアルバム「若い加藤和彦のように」を制作、翌2013年3月30日に発売(選曲のテーマは「これをやれば加藤が怒って戻って来るだろう」というものであり、自死への抗議の意味も込めている)。これに先駆け1月から3月にかけ坂崎の番組や、きたやまのライブステージなどで曲が一部公開された。 2022年9月28日には、イムジン河新録実行委員会により、1968年オリジナルと2022年最新バージョン等を収録した「イムジン河」の集大成となるCD盤が発表された。

● ディスコグラフィ


◎ シングル

 東芝音楽工業・キャピトル
   1967年12月25日    EP    CP-1014  A  帰って来たヨッパライ  フォーク・パロディ・ギャング  加藤和彦  ザ・フォーク・クルセダーズ
 B  ソーラン節    北海道民謡  加藤和彦
   1968年2月21日    EP    CP-1023  A  イムジン河  朴世永 訳詞:松山猛  高宗漢  ありたあきら
 B  ヘビに喰われて死んでゆく男の悲しい悲しい物語  シェル・シルヴァスタイン 訳詞:北山修  シェル・シルヴァスタイン  加藤和彦
   1968年3月21日    EP    CP-1025  A  悲しくてやりきれない  サトウハチロー    加藤和彦  ありたあきら
 B  コブのない駱駝  北山修  ザ・フォーク・クルセダーズ
   1968年11月10日    EP    CP-1034  A  ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎  水木しげる  いずみたく    ザ・フォーク・クルセダーズ
 B  山羊さんゆうびん  まどみちを  團伊玖磨
   1968年11月10日    EP    CP-1035  A  さすらいのヨッパライ  北山修  加藤和彦    ザ・フォーク・クルセダーズ
 B  戦争は知らない  寺山修司  加藤ヒロシ
   1968年11月10日    EP    CP-1036  A  何のために    北山修  端田宣彦    ザ・フォーク・クルセダーズ
 B  花のかおりに  加藤和彦
   1968年12月5日    EP    CP-1037  A  青年は荒野をめざす  五木寛之    加藤和彦  川口真
 B  百まで生きよう  北山修  ありたあきら
   1970年4月5日    EP    CP-1053  A  大蛇の唄  シェル・シルヴァスタイン 訳詞:北山修  シェル・シルヴァスタイン    ザ・フォーク・クルセダーズ
 B  ドラキュラの恋  北山修  加藤和彦
       EP    CPC-4005  A1  フォークル・ハレンチ口上~フォークル節  永六輔  いずみたく    ザ・フォーク・クルセダーズ
 A2  からっぽの世界    早川義夫
 B1  ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎  水木しげる  いずみたく
 B2  戦争は知らない  寺山修司  加藤ヒロシ
 アゲント・コンシピオ
   2002年3月21日    CD    AGCA-1003  1  イムジン河  朴世永 訳詞:松山猛  高宗漢    ありたあきら
 2  悲しくてやりきれない  サトウハチロー  加藤和彦
 ドリーミュージック
   2002年11月27日    CD    MUCD-5025  1  DAIKU~ベートーヴェン交響曲第9番より  きたやま おさむ  Ludwig van Beethoven    加藤和彦・坂崎幸之助
 2  タテツキー行進曲  松山猛  Johann Strauss I
 3  DAIKU~ベートーヴェン交響曲第9番より(カラオケ)     -  Ludwig van Beethoven
 4  タテツキー行進曲(カラオケ)  Johann Strauss I

○ ザ・ズートルビー名義

 東芝音楽工業・EXPRESS
   1968年7月1日    EP    EP-1109  A  水虫の唄  山田進一 補:足柄金太  山田進一 補:河田藤作  ありたあきら
 B  レディー・ジェーンの伝説  足柄金太  河田藤作  ザ・ズートルビー


◎ アルバム

○ オリジナル・アルバム

 1967年10月15日  ハレンチ  自主制作盤  LP  LM-3163
 1968年7月10日    紀元貮阡年  東芝音楽工業  LP  CP-8417
 1968年  東芝音楽工業  CD  CTP-9022
   東芝音楽工業  CD  CTP-72135
 1983年  東芝EMI  CD  ETP-40163
 1991年6月7日  東芝EMI  CD  TOCT-6137
 2000年12月6日  EMIミュージックジャパン  CD  TOCT-10749
 2003年9月10日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-25162
 2005年3月30日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-16019
 2006年9月29日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-25162
 2013年12月18日  ユニバーサル・ミュージック  SHM-CD  TYCN-89001
 2018年9月19日  ユニバーサル・ミュージック  UHQCD  UPCY-40001
 2002年10月30日    戦争と平和    ドリーミュージック  CD  MUCD-1060
 2003年2月19日  SACD  MUGD-1001
 2013年3月30日  若い加藤和彦のように  EMIミュージック・ジャパン  CD  TOCT-29142

○ ライブ・アルバム

 1968年11月1日    はれんちりさいたる 当世今様民謡大温習会  東芝音楽工業  LP  CPC-8001
 1971年  東芝音楽工業  LP  CTP-9031
 1976年  東芝EMI  LP  ETP-72170
 1995年4月19日  東芝EMI  CD  TOCT-25202
 2006年9月29日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-25202
 1969年2月10日    フォークルさよならコンサート  東芝音楽工業  LP  CP-8417
 1969年2月10日  東芝音楽工業  LP  CPC-8003
   東芝音楽工業  LP  CTP-9048
 1991年6月7日  東芝EMI  CD  TOCT-6139
 1995年4月19日  東芝EMI  CD  TOCT-8843
 2008年10月22日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-26700
 2002年12月31日  新結成記念 解散音楽會  ドリーミュージック  CD  MUCD-1065
 2003年3月5日    フェアウェル・コンサート  URC/avex io  CD  
 2009年12月25日  ポニー・キャニオン  HQCD  PCCA-50154
 2020年2月19日  ポニー・キャニオン  CD  PCCA-04912

○ ベスト・アルバム
「イムジン河」と規格品番:CPC-4005に収録されたジャックスのカバー曲「からっぽの世界」が収録されたベスト盤は発売されていない。
 1969年    フォークル大百科事典 A面 帰って来たヨッパライ = I Only Live Twice 女の娘は強い = Man Smarter ひょっこりひょうたん島 = Hyokkori Hyotan Jima こきりこの唄 = Kokiriko No Uta 花のかおりに = Flowers In Lover's Hair 何のために = What For フォークル節 = Folcru Bushi B面 悲しくてやりきれない = Unbearably Sad 風 = Kaze / はしだのりひことシューベルツ ムサシ = Musashi / 北山修 日本の幸福 = This Is My Land / 加藤和彦 水虫の唄 = I'm Happy Just To Be With You / ザ・ズートルビー もう25分で = 25 Minutes To Go 青年は荒野をめざす = Seinen Wa Koya O Mezasu  東芝音楽工業  LP  CPC-8014
 1970年  東芝音楽工業  LP  CTP-9036
   東芝音楽工業  LP  CTP-72136
 1995年4月19日  東芝EMI  CD  TOCT-8844
 1998年3月18日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-10129
     ザ・フォーク・クルセダーズのすべて(デラックス・ダブル・シリーズ) A面 フォークル放談 = Folk-Ru Harenchi Talking 4:59 帰って来たヨッパライ = I Only Live Twice 3:22 女の子は強い = Man Smarter 2:42 ヨルダン河 = Jordan's River 2:18 コキリコの唄 = Kokiriko-No-Uta 2:47 雨は降らせないで = Don't Let The Rain Come Down 3:21 B面 ひょっこりひょうたん島 = Hyokkori Hyotan Jima 1:45 ソーラン節 = Soran Bushi 1:54 ドリンキン・グァード = The Drinkin' Gourd (The Muddy Road To Freedom) 2:22 ディンクの歌 = Dink's Song 2:30 グァンタナメラ = Guantanamera 2:24 ラ・バンバ = La Bamba 1:17 C面 悲しくてやりきれない = Unbearably Sad 3:05 さすらいのヨッパライ = From West With Love 3:03 青年は荒野をめざす = Seinen Wa Koya O Mezasu 3:03 大蛇の唄 = Boa Constrictor 1:45 何のために = What For 3:10 花のかおりに = Flowers In Lover's Hair 3:01 D面 フォークル・ハレンチ口上~フォークル節 = Introducing Harenchi Folk-Ru/Folk Ru Bushi 6:08 メドレー = Medley (9:03)
・ 戦争は知らない = Senso Wa Shiranai
・ 大統領様 = Le Deserteur
・ 雨の糸 = A Thread Of Rain もう25分で = 25 Minutes To Go 3:33 オーブル街 = Rue Auble 2:02 コブのない駱駝 = Magical Mystery Camel 2:52  東芝音楽工業  LP  CPC-8022B
   東芝音楽工業  LP  CTP-7529~30
   東芝音楽工業  LP  CTP-60043~44
   カレッジポップス・オリジナル・ストック1 A面 帰ってきたヨッパライ 悲しくてやりきれない 水虫の唄 / ザ・ズートルビー さすらいのヨッパライ ひょっこりひょうたん島 レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー 何のために B面 青年は荒野をめざす 戦争は知らない コブのない駱駝 オーブル街 花のかおりに 僕のそばにおいでよ こきりこの歌  東芝EMI  LP  ETP-60160
 1987年2月25日  CD BEST NOW ザ・フォーク・クルセダーズ 収録曲は「カレッジポップス・オリジナル・ストック1」と同じ  東芝EMI  CD  CA30-1385
 1989年6月7日  BIG ARTIST best COLLECTION~フォーククルセダーズ 帰って来たヨッパライ 花のかおりに 青年は荒野をめざす 戦争は知らない 悲しくてやりきれない オーブル街 さすらいのヨッパライ ドラキュラの恋 ラ・バンバ グアンタナメラ コブのない駱駝 ひょっこりひょうたん島 レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー 水虫の唄 / ザ・ズートルビー こきりこの歌 / 民謡 (LIVE) 何のために 僕のそばにおいでよ (LIVE)  東芝EMI  CD  CT25-9025
 1991年6月7日  シングル・コレクション 帰って来たヨッパライ ソーラン節 悲しくてやりきれない コブのない駱駝 水虫の唄 / ザ・ズートルビー レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー ゲゲゲの鬼太郎 山羊さんゆうびん さすらいのヨッパライ 戦争は知らない 何のために 花のかおりに 年は荒野をめざす 百まで生きよう 大蛇の唄 ドラキュラの恋  東芝EMI  CD  TOCT-6140
 1994年2月17日  嗚呼、永遠のザ・フォーク・クルセダーズ 帰って来たヨッパライ コブのない駱駝 水虫の唄 / ザ・ズートルビー レディ・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー さすらいのヨッパライ 大蛇の唄 百まで生きよう 紀元弐千年 ひょっこりひょうたん島 フォークル節 こきりこの唄 僕のそばにおいでよ 戦争は知らない 花のかおりに 青年は荒野をめざす オーブル街 何のために 悲しくてやりきれない  東芝EMI  CD  FECL 30298
 2002年9月11日  MEMORIAL FOLK CRUSADERS 帰って来たヨッパライ 悲しくてやりきれない 青年は荒野をめざす 何のために 花のかおりに さすらいのヨッパライ もう25分で コブのない駱駝 戦争は知らない オーブル街 レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー ひょっこりひょうたん島 フォークル節 僕のそばにおいでよ 水虫の唄 / ザ・ズートルビー 大蛇の唄 ドラキュラの恋 山羊さんゆうびん  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-10788
 2004年11月17日    GOLDEN BEST 帰って来たヨッパライ ソーラン節 悲しくてやりきれない コブのない駱駝 水虫の唄 / ザ・ズートルビー レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー ゲゲゲの鬼太郎 山羊さんゆうびん さすらいのヨッパライ 戦争は知らない 何のために 花のかおりに 青年は荒野をめざす 百まで生きよう 大蛇の唄 ドラキュラの恋 紀元弐阡年 オーブル街 女の娘は強い(マン・スマート) ひょっこりひょうたん島  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-10975
 2011年11月23日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TOCT-10975
 2013年11月27日  ユニバーサル・ミュージック  CD  TYCN-60137
 2005年8月24日  NEW BEST 1500 帰って来たヨッパライ / 3:21 さすらいのヨッパライ / 3:03 ソーラン節 / 1:54 水虫の唄 / ザ・ズートルビー / 2:50 大蛇の唄 / 2:14 コブのない駱駝 / 3:17 戦争は知らない / 3:29 何のために / 3:11 青年は荒野をめざす / 3:03 悲しくてやりきれない / 3:07  Capitol  CD  TOCT-11051
 2006年9月15日    スーパーベスト ザ・フォーク・クルセダーズ 帰って来たヨッパライ 悲しくてやりきれない さすらいのヨッパライ コブのない駱駝 青年は荒野をめざす 水虫の唄 / ザ・ズートルビー レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー こきりこの歌 何のために ひょっこりひょうたん島 ドラキュラの恋 紀元貳阡年  Arc  CD  ASB1049
 2010年10月8日  東芝EMI  CD  QIAG 11041
 2010年4月7日  おとなツイン・ベスト ザ・フォーク・クルセダーズ&MORE Disc1 帰って来たヨッパライ さすらいのヨッパライ 何のために 青年は荒野をめざす ドラキュラの恋 コブのない駱駝 山羊さんゆうびん ひょっこりひょうたん島 ゲゲゲの鬼太郎 百まで生きよう 水虫の唄 / ザ・ズートルビー レディー・ジェーンの伝説 / ザ・ズートルビー Disc2 悲しくてやりきれない 戦争は知らない 花のかおりに 大蛇の唄 ソーラン節 あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修 家をつくるなら / 加藤和彦 ぼくのそばにおいでよ / 加藤和彦 風 / はしだのりひことシューベルツ 花嫁 / はしだのりひことクライマックス さらば恋人 / 北山 修 戦争を知らない子供たち / 全日本アマチュア・フォーク・シンガーズ  EMIミュージック・ジャパン  CD  JICS-27


● テレビ番組

・ メイト・7 クルセダーズとともに(毎日放送 1968年)

● 映画

・『帰って来たヨッパライ』(大島渚監督、松竹、1968年)

● 参考
「Crusader(十字軍)」のカタカナ表記は一般的には「クルセイダー」だが、グループ名は『イムジン河』の(当初の)発売(予定時)に際し「クルセダー」に表記を変更した。

● 関連書籍

・ 「永遠のザ・フォーク・クルセダーズ - 若い加藤和彦のように」田家秀樹著、ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス、2015年9月18日、
・ 「『イムジン河』物語 封印された歌の真実」喜多由浩著、アルファベータブックス、2016年8月22日、

「ザ・フォーク・クルセダーズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月15日0時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

音楽グループの無作為ピックアップ

好きな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

好きな音楽グループを お選びください。

現在 66回の投票があります!

嫌いな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

現在 26回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター