好きな音楽グループ
ランキング40位
獲得票なし
嫌いな音楽グループ
ランキング17位
獲得票なし
nobodyknows+


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

nobodyknows+(ノーバディーノウズ)は、日本の男性5人組ヒップホップグループ。1999年結成。所属レコード会社兼レーベルは$TAX RECORDS。

● 概要
2007年3月まで、5MCに1DJという珍しい編成だったが、現在は4MCに1DJの編成である。 2000年、DJ MITSUが主宰するレーベル『$TAX Records』より、"nobodyknows"、2001年に"nobodyknows 2"を発表。当初のメンバーはg-ton、Crystal Boy、DJ MITSU。また同レーベルはシーモネーター(現・SEAMO)やDJ TAKI-SHITを始めとする、様々な名古屋在住のアーティストの作品を次々と全国流通させ、それまで東京中心であったHipHopカルチャーへのカウンター的レーベルとして。 2002年 SONY MUSICと契約。大ヒットとなる"ココロオドル"を含む1stアルバム『Do You Know?』(2004年)がオリコンアルバムランキング1位を達成。前代未聞となる『所属事務所無し』でのNHK紅白歌合戦出場、同年の有線大賞新人賞を始めとする様々な賞を獲得。 2006年、国内HipHopグループとしては初となる『全国47都道府県ツアー』を開催。 その後『エル・ミラドール~展望台の唄~』(『モード学園』CF曲)や『シアワセナラテヲタタコウ』(映画『カンフーハッスル』日本版イメージソング)、『Hero's Come Back』(アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』OPテーマ)を始めとするヒットを連発させるが、オリジナルメンバーでもあるg-tonの脱退や、それぞれの活動が多岐に渡り、そのほとんどが名古屋を中心とする事などから、ベストアルバムを最後にSONY MUSICとの契約を終了させる。 また結成から現在に至るまで地元が名古屋という関係から、近年は中日ドラゴンズとの関係が深い。2010年にはドラゴンズのチアリーディングチームであるチアドラゴンズのダンス曲「Winds of Wins」を提供し、浅尾拓也投手に登場曲「1-9(theme from No.41)」を提供した。チアドラゴンズに2011年「Fly High」、2012年「JOIN US」、2013年「Let's Dance」を提供しているほか、ナゴヤドームでの中日戦の場内演出などを現在に至るまでDJ MITSUが総合プロデュースしている。 2011年、DJ MITSUの呼びかけで、nobodyknows+とともに名古屋を拠点に活躍し交流のあるHOME MADE 家族やSEAMOのコラボレーションで東日本大震災のチャリティーソング「HOLD MY HAND」を作成。期間限定リリースながら、iTunes HipHopチャートで1位を記録。収益金の全てを名古屋市に寄付する。 唯一の主催イベントとなる年末の恒例ワンマンライブ『出張ネバーランド・大忘年会スペシャル』には、名古屋ゆかりのアーティストや著名人、格闘家やプロ野球選手などがゲストとして登場している。 2012年より地元愛知県公認の「あいち音楽大使」を委嘱。 2019年、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』に書き下ろし楽曲『Bad Ass Temple Funky Sounds』を提供。同楽曲を収録したアルバムはオリコンシングルチャートで週間1位を獲得した。 2022年にはYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で歌った代表曲の「ココロオドル」が、公開2週間で1000万回再生を突破した、2018年10月19日にレスラー最後の試合を行ってプロレスラーとしての活動を引退した。 : 2018年時点では、愛知県長久手市のTaskファームで農場長を務める傍ら、ジャパンラグビートップリーグ・三重ホンダヒートのスタジアムMCも務めている。その後拠点を岐阜県可児市に移し、2022年時点では主にハーブ類とさつまいもの栽培を手掛けている。

● 元メンバー

・g-ton :(ジートン) - 本名:後藤 和幸 : B型。愛知県出身。 : 「nobody knows」時代からのメンバー。ドレッドヘアーがトレードマークだったが現在は坊主にしている。 : 2007年、音楽の方向性に違いが出てきた為、脱退。以降、ソロ活動を行う。 : 2010年頃にニューヨーク・ブルックリン区に移住し、以後ずっとブルックリン在住。

● 来歴

・ 1999年10月1日 - 愛知県名古屋市で結成(当時のユニット名は「nobody knows」、メンバーはg-ton、DJ MITSU、crystal boyの3人)。
・ 2000年8月29日 - はじめてインディーズでCD「nobody knows」をリリース。地元名古屋HMVで4位にチャートインする。
・ 2001年5月5日 - 「nodody knows2」をリリース。 オリコンインディーチャートで19位にランクインする。
・ 2002年2月1日 - SMEと契約。
・ 7月1日 - 「わかば塾」というマスクマンユニットをDJ MITSUのプロデュースの元に結成。この時既にnobodyknowsでDJ MITSU名義を使用していたので「BLACK TIGER」と名乗る。そしてインディー1st EP CD「お前は平田だろ?」をリリース。このわかば塾の3名こそ、ヤス一番?、HIDDEN FISH、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスである。名古屋の老舗クラブ「LUSH」の最上階にあるDJ MITSUが経営する「SIGMA SOUNDS STUDIO」で活動していた。
・ 2003年2月19日 - 『nobody knows3』をリリースし、メジャーデビューを果たす。
・ 6月1日 - メジャーとの契約上、「わかば塾」への曲の提供が難しくなったため、ヤス一番?、HIDDEN FISH、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスの3人を加え「nobodyknows+」を結成する。
・ 8月27日 - 「nobodyknows+」として初めてのシングル「以来絶頂」をリリース。
・ 11月3日 - FMフェスティバル03の愛知代表に選ばれる。
・ 11月19日 - ミニアルバムとして『ススミダス→』をリリース。
・ 2004年2月25日 - シングル「ポロン2」リリース。
・ 5月9日 - 「Sony Music Fes.2004」に出演。
・ 5月26日 - シングル「ココロオドル」リリース。
・ 6月3日 - ファーストアルバム『Do You Know?』リリース。70万枚の大ヒットを記録し、nobodyknows+が全国区のアーティストとなった事を象徴するようだった。
・ 12月31日 - NHK紅白歌合戦初出場。
・ 2005年1月13日 - 「シアワセナラテヲタタコウ/T.R.U.E」をリリース。
・ 4月27日 - 「メバエ」をリリース。
・ 7月6日 - 「エル・ミラドール~展望台の唄~」をリリース。
・ 10月19日 - 「どうよ?」をリリース。TVCMでは同名のお笑い芸人「どーよ」を起用する。
・ 2007年3月24日 - アメリカ・ロサンゼルスにてTokyo Night2007にメインアーティストとして出演。
・ 4月1日 - 公式サイトにてg-tonの脱退を発表。
・ 4月25日 - 「Hero's Come Back」をリリース。
・ 8月22日 - サードアルバム『vulgarhythm』をリリース。
・ 2008年4月9日 - 「アンダーレイン」をリリース。
・ 7月30日 -「Villain's Pain (Hero's Come Back~Other Side~)/イマイケサンバ」をリリース。
・ 2009年2月11日 - 「Fallin'」をリリース。
・ 2009年3月11日 - 初のベストアルバム『best of nobody knows+』をリリース。
・ 2010年 - DJ MITSUが設立したレーベル、ドルタックスレコーズが復活。ソニーとの契約を解除し、同レーベルへ移籍。
・ 6月24日 - 中日ドラゴンズのチアドラゴンズ公式テーマソング「Winds of Wins」を限定流通シングルとしてリリース。この年から、4年連続で同球団チアドラゴンズにテーマソングを提供している。
・ 2013年9月25日 - 約6年ぶりにオリジナルアルバム『nobodyknows+ is dead?』をリリース。
・ 2014年5月7日 -2004年にリリースされた「ココロオドル」が10年ぶりにiTunes HipHopチャート3週連続で1位を記録。
・ 2014年6月28日 - ロシア第3の都市 ノボシビルスク市より招聘を受け、同市のフェスにメインアーティストとして出演。
・ 2015年9月16日 - 約2年ぶりにレゲエシンガーmachacoとフィーチャリングをした『あの夏の日 feat.machaco』を含めた4曲入りミニアルバム『PLATINUM 4』をリリース。
・ 2017年12月6日 - 約4年ぶりにオリジナルアルバム『THE FIVE WAYS』をリリース。
・ 2020年8月 - 「CDTVライブライブ」(TBS系)にて、約13年ぶりにg-tonを含めた6人で「ココロオドル」を披露。
・ 2022年6月 - 「THE FIRST TAKE」にg-tonを含めた6人で参加。「ココロオドル」を歌唱した。
・ 8月22日 - HIKAKINとのコラボレーション動画を投稿。
・ 11月30日 - 2枚目となるベストアルバム『ALL TIME BEST』をリリース。同日からSony MusicのYouTubeチャンネルより複数に分けて過去のミュージックビデオが投稿された。
・ 12月 - 日本武道館で開催されるライブイベント『ももいろ歌合戦』(BS日テレ・ニッポン放送・ABEMAなどが生中継)への初出場が決定。

● ディスコグラフィ


◎ シングル

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
 1st  2003年08月27日 以来絶頂  AICL-1425:CCCD
AICL-1558:CCCD
AICL-1678:CD
AIJL-5184:LP   intro 以来絶頂 太陽と少年 featuring ダンカン Theme from nobody knows pt.5~ヨロメキ~  オリコン圏外
 2nd  2004年02月25日 ポロン2  AICL-1511:CCCD
AICL-1684:CD
AIJL-5214:LP   ポロン2 さくら Spring Field version(CRYSTAL BOYのソロ) ポロン2 -instrumental- さくら Spring Field version-instrumental-  オリコン最高25位、登場回数21回
 3rd  2004年05月26日 ココロオドル  AICL-1539-40:初回生産限定盤 CCCD
AICL-1541:通常盤 CCCD
AICL-1689:CD
AIJL-5220:LP    オリコン最高5位、登場回数46回
 4th  2005年01月13日 シアワセナラテヲタタコウ/T.R.U.E.  AICL-1601:CD
AIJL-5243:LP    オリコン最高3位、登場回数10回
 5th  2005年04月27日 メバエ  AICL-1613:CD
AIJL-5255:LP
   オリコン最高9位、登場回数7回
 6th  2005年07月06日 エル・ミラドール〜展望台の唄〜  AICL-1627:CD
AIJL-5261:LP    オリコン最高6位、登場回数13回
 7th  2005年10月19日 どうよ?  AICL-1657:CD
SYUM-0301:LP    オリコン最高10位、登場回数5回
 8th  2007年04月25日 Hero's Come Back  AICL-1822-3:初回生産限定盤 CCCD
AICL-1824:通常盤 CCCD
AIJL-5308:LP    オリコン最高17位、登場回数9回
 9th  2008年04月09日 アンダーレイン  AICL-1910   アンダーレイン feat.プリメラ きになるき 好きだぜ、マリー。 -春version- アンダーレイン feat.プリメラ -instrumental-  オリコン最高41位
 10th  2008年07月30日 Villain's Pain(Hero's Come Back~Other Side~)/イマイケサンバ  AICL-1947   Intro Villain's Pain(Hero's Come Back~Other Side~) interlude イマイケサンバ Villain's Pain(Hero's Come Back~Other Side~) -instrumental- イマイケサンバ -instrumental-  オリコン最高72位
 11th  2009年02月11日 Fallin' feat.シゲルBROWN  AICL-1990   Fallin' feat.シゲルBROWN フォーリンLive at 今池オープンハウス in 1988) /シゲルBROWN&The Spice Stars Fallin' feat.シゲルBROWN -instrumental-  オリコン最高129位
 12th  2010年6月24日 Winds of Wins  TNK-019   Winds of Wins 1-9(theme from No.41) Winds of Wins [Inst 1-9(theme from No.41) [Inst  限定流通
 13th  2011年4月12日 Fly High  TNK-022   Fly High FOREVER Fly High [Inst FOREVER [Inst  限定流通
 14th  2011年8月31日 HOLD MY HAND  デジタルシングル   HOLD MY HAND
HOME MADE 家族、SEAMOとのコラボチャリティーシングル  限定流通
 15th  2012年6月8日 Join Us  TNK-027   Join Us MUST BE TRUE Join Us [Inst MUST BE TRUE [Inst  限定流通
 16th  2013年3月29日 Let's Dance  TNK-028   Let's Dance Join Us(Remix) feat.SEAMO、KOOKAI、NAL、SAMON、with Yonesaki Junior High School Let's Dance(inst) Join Us(Remix inst)  限定流通
 17th  2013年7月10日 愛のテーマ feat.中村耕一  デジタルシングル   愛のテーマ feat.中村耕一  配信
 18th  2019年12月24日 ココロオドル REMIX  HR7S167   ココロオドル Remix ココロオドル Remix (Instrumental)  
 19th  2022年7月20日 ココロオドル / Hero's Come Back  MHKL 67   ココロオドル Hero's Come Back  


◎ ミニアルバム

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
 1st  2000年08月29日 nobody knows  TNK-005:LP
TNK-006:CD   Theme from nobodyknows pt.1 正義と微笑 Understan'? さくら  「nobody knows」名義(自主制作)
 2nd  2001年04月28日 nobody knows2  TNK-010:CD
TNK-013:LP   Theme from nobodyknows pt.2 続・スピーカーから 朝 二十一世紀旗手 feat シーモネーター、ガリガリ亡者、ヤス一番?  「nobody knows」名義(自主制作)
 3rd  2002年07月27日 おまえは平田だろ?  TNK-17   intro Nunber One エル・サムライ Real Man ...(Bounus Track)  「わかば塾」名義
 4th  2003年02月19日 nobody knows3  AICL-1401:CCCD
AICL-1556:CCCD
AICL-1669:CD
AIJL-5172:LP   二十一世紀旗手(Reprise) 家々~撰ばれてあることの恍惚と不安とふたつ我にあり~ Theme from nobody knows pt.4 NEXT BATTER'S CIRCLE センチメンタル バス  「nobody knows」名義
オリコン最高176位
 5th  2003年11月19日 ススミダス→  AICL-1502:CD
AIJL-5209:LP   ススミダス→(PlayStation 2用ソフト「みんなのGOLF4」‘次のコースへ篇’CMソング) innocent word Rash feat.coba Theme from nobodyknows+ pt.6 狗尾草~coba_strumental~  オリコン最高69位、登場回数27回
 6th  2015年09月16日 PLATINUM4  TNK-034   New World Let to be あの夏の日 feat.machaco いい歳こいて(kawa-chang remix)  


◎ アルバム

  発売日 タイトル 規格品番 備考
 1st  2004年06月30日
2004年07月07日
2005年07月27日 Do You Know?  AICL-1548:CCCD
AICL-1638:CD
AIJL-5227:LP  オリコン最高1位、登場回数46回
 2nd  2005年11月02日
2005年11月11日 5MC&1DJ  AICL-1665:CD
SYUM-0302:LP  オリコン最高8位、登場回数11回
 3rd  2007年08月22日
2007年09月26日 vulgarhythm  AICL-1853:CD
AIJL-5309:LP  オリコン最高32位、登場回数4回
 Best  2009年03月11日 best of nobodyknows+  AICL-1997-8:初回生産限定盤
AICL-1999:通常盤  オリコン最高48位、登場回数2回
 4th  2013年09月25日 nobodyknows+ is dead?  TNK-029  オリコン最高197位、登場回数1回
 5th  2017年12月06日 THE FIVE WAYS  TNK-042  
 Best  2022年11月30日 ALL TIME BEST  MHCL-30770  オリコン最高92位


◎ 映像作品

  発売日 タイトル 規格品番 備考
 1st  2004年07月07日 出張ネバーランド@名古屋  AIBL-9094:DVD  オリコン最高37位、登場回数7回
 2nd  2005年04月27日 Do You Know? tour 2004  AIBL-9109:DVD
AIUL-10004:UMD  オリコン最高73位
 3rd  2005年05月25日 メバエ  AIBL-9110:DVD
AIUL-10003:UMD  
 4th  2006年11月22日 nobodyknows+ tour 2006 "5MC & 1DJ" 〜くりぼうの面食い道中膝栗毛〜  AIXL-3:BD
AIBL-9148:DVD  オリコン最高140位


◎ 参加作品

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
 1997年04月21日 ACO「NUDE」  HSCV 7  3.DROP (ラッパーはG-TON)
 1998年 ガリガリ亡者 「花/リベンジ」  TNK-001  1.花 (カリオストロ城ミックス) (作曲はDJ MITSU) 2. 花 (カリオストゥルメンタル) (作曲はDJ MITSU)
 2001年04月28日 シーモネーター & DJ TAKI-SHIT 「OH SEAMO」  TNK-011 SFCD-0003  4.女子大通り feat.CRYSTAL BOY(NOBODY KNOWS) 5.快楽の海 feat.CRYSTAL BOY(NOBODY KNOWS)
 2001年10月01日 オムニバス 「名古屋場所」  SFCD-0002  10.家々~撰ばれてあることの恍惚と不安とふたつ我にあり-プロトタイプ- (NOBODY KNOWS) 11.THEME FROM NOBODY KNOWS Pt.3 (DJ MITSU)
 2002年03月03日 シーモネーター & DJ TAKI-SHIT 「モストデンジャラスボーイ」  HIZPC-2001  4.ロマンティックは止められない with シーCB [シーモネーター & CRYSTAL BOY
 2002年05月09日 CHEMISTRY 「君をさがしてた 〜New Jersey United〜」  DFCL 1069  3.君をさがしてた シーモネーター & DJ TAKI-SHIT Remix feat. CRYSTAL BOY(NOBODY KNOWS)
 2002年10月28日 mimmai 「In those days」  RRCD-85323  1. ささやきかけて (ラッパーはHIDDEN FISH,作曲はDJ MITSU)
 2002年11月01日 オムニバス 「男塾伝説」  SRCL-5451  6.正義と微笑 ~純情派~ (CRYSTAL BOY) 12.Let's 男Sing (シーCB) 15.祭りの後にさすらいの日々を (DJ MITSU)
 2003年04月02日 Sunaga t Experience 「DOUBLE STANDARD」  RMCA-1010  9.Strobe/Fruit (ラッパーはG-TON)
 2003年06月23日 CHEMISTRY 「Between the Lines」  DFCL 1101  11.君をさがしてた シーモネーター & DJ TAKI-SHIT Remix feat. CRYSTAL BOY(nobody knows)
 2004年07月28日 i-dep「MEETING POINT」  AZT-001  9.amore feat.g-ton from nobodyknows+(special bonus track)
 2005年06月22日 Kaleidoscopio「tem que valer」  PTCG-3005  13.Tem Que Valer(g-ton from nobodyknows+ & i-dep rmx)/テン・キ・ヴァレール(g-ton from nobodyknows+ & i-dep rmx)
 2005年10月26日 SEAMO「Get Back On Stage」  BVCR-17059  10.BET OR ALIVE featuring CRYSTAL BOY(nobodyknows+)
 2006年06月28日 オムニバス 「Peace from Central Japan」  BVCR-14030  4.Pride (AK-69xヤス一番?(from nobodyknows+) 12.Pocketful of Peace (CRYSTAL BOY(from nobodyknows+)xMr.OZ
 2006年11月08日 MASH 「情熱のばか」  WS-70001  7.イエローヌバッカ feat. ヤス一番?(nobodyknows+)
 2007年07月18日 "E"qual 「KING & QUEEN」  COCP-51043  10.Everybody Get Up feat. DJ MITSU, ノリ・ダ・ファンキーシビレサス, ヤス一番?, プリメラ
 2008年04月30日 ANTY the 紅乃壱 「くろふらみんご」  MDCT-1001  8.アップ&ダウン feat. CRYSTAL BOY
 2008年06月04日 倉橋ヨエコ – 解体ピアノ  VICB-60028  6.友達のうた (ラッパーはHIDDEN FISH,作曲はDJ MITSU)
 2008年11月26日 SEAMO「SCRAP & BUILD」  BVCR-14046  8.Girl Is Mine feat. CRYSTAL BOY
 2008年11月26日 SEAMO「コラボ伝説」  BVCL-247〜248  DISC1-14.Girl Is Mine feat. CRYSTAL BOY(nobodyknows+)
 2010年04月28日 ANTY the 紅乃壱 「スキヤキGIRL」  HIZPC-2010  2.シラカベーゼ (作曲はDJ MITSU) 6.Ting A Ring (作曲はDJ MITSU)
 2011年01月12日 miCKun 「D.N.A」  UPCH-1822  6.O-Z-3 feat. Crystal Boy
 2011年06月20日 Tak-Z 「Lifetime Memory」  TKCA-73668  13.Just One Future (作曲はDJ MITSU)
 2013年12月18日 SEAMO「TO THE FUTURE」  UPCH-1950  10.未来への種 / SEAMO, nobodyknows+, HOME MADE 家族, Ms.OOJA
 2014年05月07日 BUDDY 「名古屋アンドロイド」  HNMFB-001  7.人生ゲーム -classic club mix- (作曲はDJ MITSU) 8.ファンタスティック・バディ (作曲はDJ MITSU)
 2015年1月14日 HOME MADE 家族「横恋慕」  KSCL-2512  4.N.A.M.A. Remix feat. ノリ・ダ・ファンキーシビレサス&ヤス一番? from nobodyknows+
 2017年6月7日 SEAMO「ON&恩&音」  デジタルEP  1.ON&恩 / SEAMOxCrystalBoyxKUROxSOCKS
 2017年11月19日 SEAMO「続・ON&恩&音」  デジタルEP  1.続・ON&恩 / SEAMO×CrystalBoy×KURO×SOCKS
 2017年12月20日 ONE☆DRAFT「ENDRUN」  TKACA-74589  10.傾奇炎Ⅱ feat. KLUTCH(ET-KING),コブラJP(FANTAGROUP), ヤス一番?(nobodyknows+), GooF(SOFFet), SEAMO, YOPPY(エイジアエンジニア)
 2018年02月14日 SEAMO 「Moshi Moseamo?」  OTCD-6360  2.On&恩 / SEAMO×Crystal Boy×KURO×SOCKS 3.続・On&恩 / SEAMO×Crystal Boy×KURO×SOCKS
 2019年2月20日 SEAMO「Glory」  OTCD-6688X
OTCD-6688  2.Glory / SEAMO×CrystalBoy×KURO×SOCKS×Ms.OOJA
 2019年10月9日 SEAMO「Wave My Flag」  BVCL-1003~1004
BVCL-1005  2.Wave Your Flag / SEAMO×CrystalBoy×KURO×SOCKS
 2021年3月6日 SEAMO「NORA」  デジタルアルバム
会場限定アルバム  2.みなさんのおかげです / SEAMO×CrystalBoy×KURO×SOCKS


◎ 収録作品・カバー

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
 2004年09月29日 DJ KAORI'S "RIDE" into the PARTY  VICP-62823  8.ポロン2
 2004年12月01日 SDガンダムフォース オリジナル・サウンドトラック+  SRCL-5849  45.ココロオドル -SD GUNDAM FORCE EDIT-
 2005年01月26日 カンフーハッスル  SICP-685  32.シアワセナラテヲタタコウ([ボーナス・トラック日本版テーマソング)
 2006年01月25日 HIT STYLE  MHCL-777  DISC2-2.ココロオドル
 2008年02月20日 シュウカツ  MHCL-1288  7.ココロオドル
 2008年03月12日 sakura songs 2  UPCH-1591  9.さくら(Spring Field Version)
 2008年07月09日 スプラッシュ  MHCL-1360  3.ココロオドル
 2008年07月23日 NARUTO SUPER HITS 2006-2008  SVWC-7561  6.Hero's Come Back
 2010年06月30日 SUMMER SUNSHINE  MHCL-1776  12.ココロオドル
 2012年10月31日 パーティーのうた  MHCL-2169  3.ココロオドル



◎ 楽曲提供

  年   アーティス

「Nobodyknows+」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年5月30日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

音楽グループの無作為ピックアップ

好きな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

好きな音楽グループを お選びください。

現在 66回の投票があります!

嫌いな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

現在 26回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター