好きな音楽グループ
ランキング40位
獲得票なし
嫌いな音楽グループ
ランキング17位
獲得票なし
ZYYG


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

ZYYG(ジーグ)は、日本のロックバンド。所属事務所はZAIN ARTISTS。レーベルはB-Gram RECORDS。公式ファンクラブは「TROUBLE BEATS」。 1993年結成。メンバーチェンジと解散を経て、2019年に再結成。

● 概要
1993年にボーカル・高山征輝と、出口雅之のソロユニットとなって活動する事になったREVに加入するのを辞退した初代ベース・栗林誠一郎により結成。1994年にギター・後藤康二、ドラム・藤本健一が加入し、栗林が脱退すると2代目ベース・加藤直樹が加入する。栗林脱退を契機として、サウンド面を含めて大きく変貌を遂げたことから、栗林在籍時を「第1期」、加藤加入以後を「第2期」と呼び表す習慣があり、B ZONEも公式に認めている。 なお、このバンド名もプロデューサー・長戸大幸のアイデアによるものである 第2期
   高山征輝
(たかやま せいき)  
福岡県久留米市   ボーカル
作詞     ●     ●  解散後は、BON-BON BLANCOのアルバム『BEAT GOES ON』の収録曲「LIVE」にて、作曲家デビュー。
2003年に本名の「三好裕」名義で、飯島拓也(Gt)と大場鷹(Dr)と「aiZia」を結成し、活動していた。
   栗林誠一郎
(くりばやし せいいちろう)  
東京都   ベース
キーボード
コーラス
作曲・編曲     ●      
   後藤康二
(ごとう こうじ)   12月18日生
兵庫県神戸市   ギター
コーラス
作曲・編曲     ●     ●  高山と並ぶソングライターとして、バラードからパンキッシュなナンバーまで幅広く手掛ける。
解散後は、岸本早未、竹井詩織里、三枝夕夏 IN db、SKE48、乃木坂46などの作曲・編曲を手掛けている。
また、「ck510」名義でソロ活動も行っている。
   藤本健一
(ふじもと けんいち)  
三重県鈴鹿市   ドラム
編曲     ●。

● 来歴
1993年5月、シングル『君が欲しくてたまらない』でデビュー。この頃はまだメンバーが正式に決まっておらず、サポートメンバーと共にレコーディングを行なっていた。 1994年4月、4thシングル『NO RETURN LOVE』リリース。このシングルで後藤康二、藤本健一が正式に加入した。 同年7月、1stアルバム『GO-WILD』リリース。この後栗林誠一郎が脱退し、シークレットライブをきっかけに、加藤直樹がベーシストとして新たに加入した。このメンバーチェンジにより、バンドは一つの転機を迎え、バンドの立て直しを図り始める。 1995年6月、5thシングル『ぜったいに 誰も』リリース。前回のリリースから1年、模索していくうちに、サウンドもビジュアルも含めて行き着いたのが1980年代のビートロックの流れを汲むバンド感あるものであった。これは約1年振りのリリースとなる「ぜったいに 誰も」含め、1995年~1996年のリリース作品を見ると明確である。 同年11月、6thシングル『JULIA』リリース。派手めなメイクにソリッドなビートロックというわかりやすいコンセプトのもとに作られた。 1996年2月、2ndアルバム『Noizy Beat』リリース。「ぜったいに 誰も」から2ndアルバム『Noizy Beat』の間までで、ある種のビジュアルスタイルが確立された。この期間はメンバーそれぞれがアマチュア時代に影響を受けていたルーツをそのまま作品として表現していた様な、ビートロックという一種のアマチュアイズムがある。この頃の楽曲はZYYGの曲の中でも人気が高く、個性を打ち出すことができた作品となった。 同年3月〜4月、アルバムリリース後、初のライブツアー「LIVE ROCKIN' HIGH Vol.01"Noizy Beat"」を開催し、これまで漠然としていたバンドとしての存在感が明らかになりつつあった。ライブではアルバム『Noizy Beat』の収録曲を中心に、高山が影響を受けたというバンド・ARBのカバー曲などが演奏された。またオフィシャルファンクラブ「TROUBLE BEATS」が発足した時期でもある。 同年7月、7thシングル『GYPSY DOLL/BLOOD ON BLOOD/微笑みだけをくれないか』リリース。今までにはないシンセ音も導入した、企画もののMAXI SINGLEならではの実験的なサウンドになった。 同年8月、「LIVE ROCKIN' HIGH Vol.02"Trouble Beats"」を開催。TROUBLE BEATS発足後、初のライブツアーということもあり、メンバーがツアータイトルにファンクラブの名前を付けた。 同年11月、8thシングル『Something』リリース。ジャケットの印象もサウンドの方も前回のMAXI SINGLEとはうって変わってシンプルなものになっている。サウンドはシンセを省き、骨太な感じがする楽曲となった。 1997年3月、9thシングル『LULLABY』リリース。この作品はARBやモッズといったバンドが連想される様な、どこか懐かしく、暖かみのある楽曲となった。 同年5月、10thシングル『この情熱のそばで』リリース。シングルとしては初のミディアムバラードとなった。 同年6月、ライブツアー「LIVE ROCKIN' HIGH Vol.03"Crash Beat"」開催。初の東京を含む全国主要都市を回るツアーとなった。 同年8月、3rdアルバム『SWEET PUNKS』リリース。今までのどのアルバムよりも高山の音楽的なルーツや詞の世界観、バンド感が浮き彫りになった。飾らずストレートなロックアルバムで、バラエティに富んだ内容になっている。 同年9月~10月、ライブツアー「LIVE BURST CITY Vol.01"SWEET PUNKS"」開催。アルバム『SWEET PUNKS』を引っ提げ、地方都市を中心とした全国ライブハウスツアーに出る。ツアータイトルも"BURST CITY"(爆裂都市)と、彼等の意気込みが伝わる。「全国各地の今まで行ったことのない土地を回り、ファンに触れ、バンドとしての結束を更に固めたい」というメンバーの意向もあり、リリース、ライブとも活発な活動を行った。 同年12月、ライブツアー「LIVE BURST CITY Vol.01"SWEET PUNKS~extension"」開催。このツアーは夏に行ったライブハウスツアーの延長で主要都市を中心にしたものである。東京は初のON AIR WESTで行い、今までのツアーの集大成的な内容となった。 1998年、制作活動に入ったため、表立った活動がなくなるが、精力的にデモテープ作り、リハーサルなどを繰り返していた。なお、B-Gram RECORDSの電話24時間テープ案内で、テレビ東京系アニメ『発明BOYカニパン』の後期エンディングテーマに決定したとアナウンスされるも発売中止となった。 1999年、9月~10月にバンド内で音楽性のずれが生じ始め、話し合いを重ねた結果、個々の感性を無理に1つのバンドに収めないほうがよい、という結論に達した。12月に最後のファンクラブ会報(今号)発行し、これをもってZYYGは活動を終了する。なお、ベスト・アルバム等のリリースやライブの開催はされなかった。 2005年12月、解散時に行われなかったラストライブを開催することが発表される。 2006年2月、大阪hills パン工場にて、「LIVE ROCKIN' HIGH Final“ONE AND ONLY MEMORIES” 」開催。 2019年4月、後藤の呼びかけにより、20年振りに第2期メンバーで再始動。 同年7月、再始動後初のライブ「LIVE ROCKIN' HIGH 2019 ~Dreamers〜」開催。 同年12月、25th Anniversary Yearの締めくくりとして、初のファンミーティング「Trouble Beats Meeting Party vol.01」開催。 同年12月、2020年2月に東京・下北沢レッグ、3月に大阪・Hillsパン工場にて、再始動後2度目のライブ「ZYYG LIVE ROCKIN’ HIGH 2020 ~ALIVE~」の開催を発表。東京公演は予定通り開催されたが、大阪公演は新型コロナウイルス感染拡大のため、無期延期となった後、中止となった。 2020年3月7日、当初の大阪公演予定日に、未発表曲「ALIVE」のリリックトレーラーをYouTube上で発表。 2021年4月、初の配信ライブ「ZYYG~Trouble Beats Meeting Party Online vol.01~」開催。 同年、初となるドキュメント映像『PAST,NOW…and FUTURE』を5月22日に前編を、7月29日の高山の誕生日に後編をYouTube上で発表。 2022年10月10日、TBS系『CDTVライブ!ライブ!』に出演。初の生放送での演奏で、デビュー曲「君が欲しくてたまらない」を披露した。 2023年5月〜6月、30周年記念ライブ「ZYYG 〜30th Anniversary〜 LIVE ROCKIN’ HIGH 2023 『RE:』」を開催。 同年11月、2度目となるファンミーティング「Trouble Beats Meeting Party vol.02」を開催。

● ディスコグラフィ


◎ シングル

発売日 タイトル 楽曲制作 カップリング曲 規格 規格品番 最高位 初収録アルバム ラインアップ
 B-Gram RECORDS
1st  1993年5月19日  君が欲しくてたまらない  作詞:上杉昇
作曲:織田哲郎
編曲:栗林誠一郎  愛しさを抱きしめたまま    8cm CD  BGDH-1003  3位    GO-WILD  第1期
2nd  1993年11月10日  風にまぶしい  作詞:高山征輝
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎  愛したけど…  BGDH-1015  6位
3rd  1994年3月4日  壊したい現実  作詞:高山征輝
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎  思い出にはできなくて  BGDH-1034  24位
4th  1994年4月23日  NO RETURN LOVE  作詞:高山征輝
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎  OVER THE BLACK FENCE  BGDH-1037  20位
5th  1995年6月26日  ぜったいに 誰も  作詞:高山征輝
作曲:織田哲郎
編曲:ZYYG  最初で最後のLOVE SONG  JBDJ-1005  3位    Noizy Beat  第2期
6th  1995年11月13日  JULIA  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  Only Memories  JBDJ-1008  35位
7th  1996年7月22日  GYPSY DOLL/BLOOD ON BLOOD/微笑みだけをくれないか  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG    CD  JBCJ-1010  90位  BEST OF BEST 1000 ZYYG
8th  1996年11月18日  Something  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  CRYING MOON    8cm CD  JBDJ-1021  83位    SWEET PUNKS
9th  1997年3月5日  LULLABY  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  雨に隠れた涙  JBDJ-1025  100位
10th  1997年5月21日  この情熱のそばで  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  SO WHAT?  JBDJ-1027  圏外
11th  2023年11月5日  蒼きNostalgia  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG    CD      


◎ コラボレーション・シングル

発売日 タイトル 楽曲制作 カップリング曲 アーティスト レーベル 規格 規格品番 最高位 初収録アルバム
 1993年6月9日  果てしない夢を  作詞:上杉昇、坂井泉水
作曲:出口雅之
編曲:明石昌夫  雨に濡れて  ZYYG, REV, ZARD & WANDS featuring 長嶋茂雄  ZAIN RECORDS  8cm CD  ZADL-1007  2位  ZARD『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』


◎ アルバム

○ オリジナル・アルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 ラインアップ
 B-Gram RECORDS
1st  1994年7月13日  GO-WILD    CD  BGCH-1015  13位 第1期
2nd  1996年2月26日  Noizy Beat  JBCJ-1005  24位  第2期
3rd  1997年8月20日  SWEET PUNKS  JBCJ-1015  圏外

○ ベスト・アルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
 B-Gram RECORDS
1st  2007年12月12日  BEST OF BEST 1000 ZYYG  CD  JBCS-1005  246位


◎ 映像作品

 2012年8月8日  LEGEND of 90's J-ROCK「LIVE BEST & CLIPS」  B-Gram RECORDS  2DVD  JBBS-5005/6  14位  オムニバス

○ PAST,NOW・・・ and FUTURE
2021年5月22日に前編、同年7月29日に後編がYouTubeチャンネル・B ZONE GROUP OFFICIAL YOUTUBE CHANNELで公表された映像。再始動以後を振り返るメンバーのインタビューとスタジオセッションを収めたドキュメント。

◎ 参加作品
※◆は「ZYYG」名義のCDには未収録の楽曲。
 1994年3月26日  Various Artists『愛と疑惑のサスペンス エンディングテーマ曲集』  SMILE AGAIN
 1995年7月24日  Various Artists『SLAM DUNK オリジナルサウンドトラック3 ['95 SUMMER』  ぜったいに 誰も(TVサイズ) ◆
 1996年3月20日  Various Artists『スラムダンク テーマソング集』  ぜったいに 誰も
 2003年4月25日  Various Artists『vocal compilation 90's hits Vol.1 〜male〜 at the BEING studio』  君が欲しくてたまらない
ぜったいに 誰も
 2003年7月21日  Various Artists『THE BEST OF TV ANIMATION SLAM DUNK 〜Single Collection〜』  ぜったいに 誰も
 2005年11月  Various Artists『COUNTDOWN BEING』  君が欲しくてたまらない
 2006年3月1日  Various Artists『FUN 〜Greatest Hits of 90's〜』  君が欲しくてたまらない
ぜったいに 誰も
 2009年12月-  Various Artists『BEST HIT BEING』  ぜったいに 誰も
 2012年10月17日  Various Artists『MILLION 〜BEST OF 90's J-POP〜 RED』  君が欲しくてたまらない
 2014年12月17日  Various Artists『THE BEST OF TV ANIMATION SLAM DUNK 〜Single Collection〜 HIGH SPEC EDITION』  ぜったいに 誰も
 2020年4月8日  Various Artists『キミが好きだと叫びたい 〜Love & Yell〜 mixed by DJ和』  君が欲しくてたまらない


◎ 未リリース曲

   ALIVE    作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  2020年3月7日    B ZONE 公式YouTube      未発表曲。
2006年2月11日の解散ライブ、2020年以降のライブで演奏されている。
 2021年5月22日  
 2021年7月29日  
 TINY DESTINY  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  2020年12月13日  高山征輝 公式YouTube    未発表曲。
2006年2月11日の解散ライブ、2020年以降のライブで演奏されている。
   Dreamer 〜Re-Recording Ver.〜    作詞:高山征輝
作曲:後藤康二
編曲:ZYYG  2020年12月26日  高山征輝 公式YouTube      2nd アルバム『Noizy Beat』収録曲の新録。
 2023年3月11日  B ZONE 公式YouTube  
 君に届け  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  2021年7月29日  B ZONE 公式YouTube    新曲。
2020年以降のライブで演奏されている。
 ぜったいに 誰も 〜30th Anniversary ver〜  作詞:高山征輝
作曲:織田哲郎
編曲:ZYYG  2022年12月24日  B ZONE 公式YouTube    5th シングル『ぜったいに 誰も』の新録。
   Only Only You    作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG    2023年6月8日  高山征輝 公式YouTube      未発表曲。
2006年2月11日の解散ライブ、2020年以降のライブで演奏されている。
 B ZONE 公式YouTube  
 MAD CITY GANG (ReRecording)  作詞:高山征輝
作曲:高山征輝
編曲:ZYYG  2023年12月24日  高山征輝 公式X    3rd アルバム『SWEET PUNKS』収録曲の新録。


● タイアップ一覧

    1993年   君が欲しくてたまらない   サントリー生ビール「ダイナミック」CMソング
  果てしない夢を   日本テレビ系『劇空間プロ野球93』テーマソング
  雨に濡れて   日本テレビ系『ハートにジャストミート』エンディングテーマ
  風にまぶしい   Victoria CFイメージソング
    1994年   壊したい現実   TBS系『日立 世界・ふしぎ発見』エンディングテーマ
  NO RETURN LOVE   グンゼ「YG」CMソング
  SMILE AGAIN   関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『愛と疑惑のサスペンス』エンディングテーマ
    1995年     ぜったいに 誰も   テレビ朝日系アニメ『SLAM DUNK』第2期オープニングテーマ
  東映配給アニメ映画『スラムダンク 吠えろバスケットマン魂 花道と流川の熱き夏』オープニングテーマ
  JULIA   テレビ朝日系『音楽ニュース・HO』エンディングテーマ
    1996年   BLOOD ON BLOOD   テレビ朝日系『パワーレンジャー』エンディングテーマ
  微笑みだけをくれないか   U局系『J-ROCK ARTIST BEST 50』エンディングテーマ
  Something   テレビ朝日系『NBA FAST BREAK』オープニングテーマ
    1997年   LULLABY   テレビ朝日系『超次元タイムボンバー』エンディングテーマ
  この情熱のそばで   テレビ朝日系『龍ノ福耳』エンディングテーマ



● ライブ

日程 ライブタイトル 開催場所 備考
 1995年  (シークレットライブ)  福岡県久留米市  詳細は不明
サポートを務めた加藤が後に正式に加入する
 1996年3月26日 - 4月13日  LIVE ROCKIN' HIGH Vol.01“Noizy Beat”  3月26日 - 福岡DRUM Be-1
4月4日 - 横浜CLUB 24
6日 - 市川CLUB GIO
13日 - 前橋club FLEEZ  
 1996年7月29日  ROCK OF AGE  大阪厚生年金会館大ホール  対バン形式のイベント
 1996年8月1日 - 5日  LIVE ROCKIN' HIGH Vol.02“Trouble Beats”  1日 - 市川CLUB GIO
4日 - 前橋club FLEEZ
5日 - 横浜CLUB 24  
 1996年10月26日  (学園祭)  大阪・大阪明浄女子短期大学  
 1996年11月9日  (学園祭)  岡山・吉備国際大学  
 1997年6月22日 - 28日  LIVE ROCKIN' HIGH Vol.03“Crash Beat”  22日 - 福岡DRUM Be-1
24日 - 大阪MUSE HALL
25日 - 名古屋HeartLand STUDIO
28日 - 渋谷NEST  
 1997年9月12日 - 10月24日  LIVE BURST CITY Vol.01“SWEET PUNKS”  9月12日 - 横浜CLUB 24
18日 - 鹿児島CROSSホール
19日 - 熊本ジャンゴ
21日 - 大分TOPS
23日 - 松山サロンキティ
24日 - 広島ネオポリスホール
26日 - 米子ファンフェルナンデス
27日 - 岡山ペパーランド
29日 - 京都MUSE HALL
30日 - 岡崎CAM HALL
10月4日 - 熊谷VOGUE
9日 - 秋田サウンドサプライ
10日 - 青森1/3
12日 - 福島アウトライン
13日 - 仙台MA.CA.NA
15日 - 金沢VAN VAN V4
16日 - 長野J
18日 - 新潟ジャンクボックス
19日 - 前橋club FLEEZ
24日 - 市川CLUB GIO  
 1997年11月16日  (学園祭)  東京・日体荏原高等学校  
 1997年12月22日 - 27日  LIVE BURST CITY Vol.01“SWEET PUNKS-extension”  22日 - 福岡DRUM Be-1
24日 - 名古屋HeartLand STUDIO
25日 - 大阪MUSE HALL
27日 - 東京ON AIR WEST  
 2006年2月11日  LIVE ROCKIN' HIGH Final“ONE AND ONLY MEMORIES”  大阪hills パン工場  
 2019年7月14日 - 21日  LIVE ROCKIN' HIGH 2019 ~Dreamers~  14日 - 下北沢ReG
21日 - 大阪hills パン工場  
 2019年12月7日  Trouble Beats Meeting Party vol.01  渋谷 ASTRO LAB.(2公演)  ファンクラブイベント
 2020年2月22日  LIVE ROCKIN' HIGH 2020 ~ALIVE~  22日 - 下北沢ReG
大阪hills パン工場(中止)  
 2021年4月27日  ZYYG~Trouble Beats Meeting Party Online vol.01~    配信ライブ
 2023年5月20日 - 6月18日  ZYYG 〜30th Anniversary〜 LIVE ROCKIN’ HIGH 2023『RE:』  5月20日 - 大阪hills パン工場
6月18日 - 下北沢ReG  
 2023年11月5日  Trouble Beats Meeting Party vol.02  Live & Dining Bar 音楽室DX(2公演)  ファンクラブイベント

「ZYYG」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月21日23時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

音楽グループの無作為ピックアップ

好きな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

好きな音楽グループを お選びください。

現在 66回の投票があります!

嫌いな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

現在 26回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター