好きな音楽グループ
ランキング10位
1票獲得
嫌いな音楽グループ
ランキング17位
獲得票なし
ゴダイゴ


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

ゴダイゴは、1975年に結成された日本のプログレッシブ・ロック・バンドの草分け的存在。1970年代後半から1980年代前半にかけてヒット曲を連発し、日本の音楽界に多大なる影響を与えた。1985年に解散するが、その後も幾度かの再結成を行い、2006年に恒久的な再始動を宣言。ハブ・マーシー所属。

● 来歴
1975年、ミッキー吉野とスティーヴ・フォックスが在籍していたバンド「ミッキー吉野グループ」がタケカワユキヒデのアルバムの録音に参加したことをきっかけに、他のバンドで活動していた浅野孝已と原田裕臣を誘い「ゴダイゴ」を結成。このアルバムは当初タケカワユキヒデのソロアルバムとして制作が進んでいたが、「ゴダイゴ」結成に伴いバンドのファーストアルバムに変更された。 1976年、アルバム『GODIEGO (組曲:新創世紀)』でデビュー。同年、NHKのテレビドラマ『男たちの旅路』の音楽を担当。 1977年、アルバム『DEAD END』を発表。NHKのテレビドラマ『男たちの旅路』第二部第二話「冬の樹」に、熱狂的なファンがいるロックバンド「ゴダイゴ」として出演・演奏。 1978年にはテレビ番組『西遊記』のエンディングテーマ「ガンダーラ」、および同オープニングテーマ「モンキー・マジック」を発表。「ガンダーラ」と「モンキー・マジック」は7週間にわたり2曲同時にトップ10にランクインし、「ガンダーラ」はとりわけ低年齢層に支持された。 1979年にはユニセフ国際児童年協賛曲である「ビューティフル・ネーム」、同名映画『銀河鉄道999』の主題歌「銀河鉄道999」、そして『西遊記II』のエンディングテーマ「ホーリー・アンド・ブライト」を発表。「ビューティフル・ネーム」と「銀河鉄道999」に加え、「ハピネス」(タケカワのソロ名義)「はるかな旅へ」の4曲が同時にトップ20にランクインするなど大ヒットを連発し、所属した日本コロムビアの経常利益は、前年のほぼ倍増の約47億円に上った。担当楽器はギターとベース。2006年のゴダイゴ再始動後もゲスト出演することはあったが、正式メンバーとして復帰するのはゴダイゴが活動休止となった1985年以来である。 2015年11月1日に中野サンプラザで行った『新制!ゴダイゴ プレミアムコンサート2015』では、初代ドラマーの浅野良治が背広姿でステージに登場した。タケカワユキヒデは「(浅野良治を含めて)7(ナナ)ダイゴ」と紹介した。

● メンバー


◎ 現メンバー

 ミッキー吉野  吉野光義  キーボード、サックス、ボーカル、作詞、作曲、編曲    神奈川県横浜市  1976年 -
 タケカワユキヒデ  武川行秀  ボーカル、ピアノ、メロトロン、作詞、作曲、編曲    埼玉県さいたま市浦和区  1976年 -
 スティーヴ・フォックス  スティーヴ・ヘンリー・フォックス  ベース、ボーカル、作詞、作曲    宮城県仙台市  1976年 - 1980年、1999年 -
 トミー・スナイダー  トミー・チャーター・スナイダー  ドラムス、フルート、ボーカル、作詞、作曲、編曲    アメリカ合衆国マサチューセッツ州  1977年 -
 吉澤洋治  吉澤洋治  ギター、ベース、ボーカル    東京都  1980年 -
 浅野孝已  浅野孝已  ギター、ギターシンセサイザー、ボーカル、作詞、作曲、編曲   -  東京都豊島区  1976年 - 2020年


◎ 元メンバー

 原田裕臣  原田裕臣  ドラムス    神奈川県川崎市  1975年
 浅野良治  浅野良治  ドラムス    東京都豊島区  1976年 - 1977年


● メンバーの変遷
以下の表はゴダイゴおよびその前身にあたるミッキー吉野グループにおけるメンバーの変遷を記したものである。
グループ名 時期 キーボード ヴォーカル ギター ベース ドラム
  ミッキー吉野グループ 1971年 -    ミッキー吉野   デイヴ平尾   成毛滋   寺川正興   田畑貞一
1974年8月 -      エドワード・リー   藤井真一   アイ高野
1974年11月 -      スティーヴ・フォックス   市原康
1975年3月 -   エドワード・リー     原田裕臣
1975年5月 -    浅野孝已
1975年12月 -  
  ゴダイゴ 1976年1月 -    タケカワユキヒデ
(武川行秀)   浅野良治
1977年1月16日 -  
1977年3月14日 -    トミー・スナイダー
1980年3月30日 -  
1980年7月29日 -   吉澤洋治
1999年6月 -    スティーヴ・フォックス
  2014年4月 -   浅野孝已
   吉澤洋治


● グループ名の由来
グループ名の由来の一つに後醍醐天皇がある。ミッキー吉野は自分の姓「吉野」から吉野朝廷→後醍醐天皇と連想でき、子供のころから好きだったからと語っている。 英語表記では“GODIEGO”となる。「DAI」ではなく「DIE」という表記を思い付いたのはスティーブ・フォックスである。「GO」「DIE」「GO」と分けると、「生きて、死んで、生きる」という意味になる。

● CMソンググラフティ
ゴダイゴはCMに楽曲を多数提供しており、代表的なものとしては、1976年にカネボウ化粧品のCMに使用された「僕のサラダガール」、1977年のミラージュボウル(同年12月11日開催)のテーマ曲である「ミラージュのテーマ」、1979年のサントリービールのCMに使われた「ハピネス」やアリナミン製薬・ベンザエースのCM曲「マジック・カプセル」などがある。
・「僕のサラダガール」はゴダイゴのデビュー曲である。作詞を依頼するにあたり、この曲のイメージを奈良橋陽子に伝えたところ、外国生活の長かった彼女は「頭がサラダになっている女の子」を想像してしまったという。
・「ミラージュのテーマ」はNCAAのアメリカンフットボール大会、「ミラージュボウル」のテーマソングである。本大会のスポンサーであった三菱自動車は、1977年大会での「三菱・ミラージュ」のプレキャンペーンが終了してからも、1980年まで同曲をCMで使用していた。そのため、この曲は三菱・ミラージュのために作られたものであると誤解されることもある。『ミラージュボウル』という名称自体は『三菱・ミラージュ』から採られたものである。
・「ハピネス」は、タケカワのデビューアルバム「走り去るロマン」に収録されていた「ぼくらのしあわせ」をミッキーが編曲し、ゴダイゴによる演奏で再録されたものである。ゴダイゴのブレイクを受けて再々発売された「走り去るロマン」に収録されている。
・「マジック・カプセル」は、1979年、同名のライブ・アルバム『マジック・カプセル/ゴダイゴ・ライヴ』で発表された曲である。当時劇場公開されたゴダイゴの活動を追ったドキュメンタリータッチの映画『マジック・カプセル』では、この曲の制作過程を見ることができる。

● ゴダイゴ ホーンズ
ゴダイゴはホーン(管楽器)セクション「ゴダイゴ・ホーンズ」を伴いライブ活動をしていた時期がある。最も多用していたのは1979年 - 1981年にかけてである。 実際にホーン・セクションが登場したのは、1978年11月の「芸術祭コンサート」で「組曲:威風堂々」を演奏した時である。メンバーはしばしば変更され、その組み合わせは、1979年春以降、第一次から第五次までを数えている。 ツアーにホーン・セクションを帯同させるのは負担が大きかったため、1981年秋以降はホーン・セクションなしで活動することとなる。1985年のファイナルツアーの際には、ホーン・セクションも復活した。ゴダイゴ解散後、ホーンズメンバーは、ミッキーのアルバムにしばしば参加している。 1999年 - 2000年の期間限定再結成時と2006年以降のライヴにも、ゴダイゴ・ホーンズは登場しているが、当初のメンバーとは異なる。
 岸本博    トランペット  1979年 - 1981年、1985年
 永井真  1979年
 外山昭彦  1999年 - 2000年
 奥村晶  2006年 -
 井口秀夫    トロンボーン  1979年 - 1981年
 佐藤春樹  1999年 - 2000年
 池田雅明  2006年 -
 松風鉱一    サックス、フルート  1979年 - 1981年、1985年
 吉田治  1999年 - 2000年、2006年 -


● 作品


◎ 日本版シングル

1st  1976年4月1日  僕のサラダガール   7インチシングル盤  YK-57  37位  新創世紀
2nd  1976年10月1日  いろはの"い"  YK-65   圏外  「いろはの"い"」オリジナル・サウンドトラック
3rd  1977年5月1日  シンフォニカ  YK-84  CMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ
4th  1977年6月1日  ハウスのふたり  YK-87   「ハウス」オリジナル・サウンドトラック
5th  1977年9月1日  君は恋のチェリー  YK-91
6th  1977年12月10日  ミラージュのテーマ  YK-98  CMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ
7th  1978年10月1日  ガンダーラ  YK-503   2位   西遊記
8th  1978年12月25日  モンキー・マジック  YK-506
9th  1979年4月1日  ビューティフル・ネーム  YK-509  GODIEGO HIT SPECIAL
10th  1979年6月1日  はるかな旅へ  YK-515  15位  OUR DECADE
11th  1979年7月1日  銀河鉄道999  CK-537  2位   GODIEGO HIT SPECIAL
12th  1979年10月1日  ホーリー&ブライト  YK-525   17位
13th  1980年2月10日  リターン・トゥ・アフリカ  YK-530
14th  1980年5月1日  ポートピア  AK-615  23位
15th  1980年9月1日  カトマンズ  AK-709  29位  KATHMANDU
16th  1980年10月10日  アフター・ザ・レイン  AK-729  圏外  「遥かなる走路」オリジナル・サウンドトラック
17th  1981年1月1日  ナマステ  AH-10  86位  KATHMANDU
18th  1981年10月1日  愛の3イヤーズ  AH-106  99位  M.O.R.
19th  1982年1月1日  ザ・サンライズ  AH-167  圏外   GODIEGO SINGLE COLLECTION
20th  1982年2月1日  魔法のあかり  AH-169  74位
21st  1983年9月1日  キャリー・ラヴ  AH-373  圏外  FLOWER
22nd  1999年11月5日  JAVA WA JAVA  8cm CD  CODA-1791  89位  WHAT A BEAUTIFUL NAME

23rd  2006年5月17日  MONKEY MAGIC 2006   12cm CD  UPCH-5394  60位   Godiego The Best
24th  2006年10月25日  ONE FOR EVERYONE  UPCH-5429  151位

25th  2007年10月24日  BIG MAMA   12cm CD  UPCH-80044  138位   Godiego The Best
26th  2011年2月9日  Walking On  UPCH-80218  圏外

27th  2015年10月7日  きみはミラクル  12cm CD  UPCY-5011  167位  Godiego The Best


◎ 海外版シングル

販売国 発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番
 イギリス  1977年9月16日   The Water Margin   BBC Records   7インチシングル盤  RESL-50
 西ドイツ  1977年  LC-1385
 スペイン  1978年  SATRIL/ZAFIRO-SA  P-65
 イギリス   1978年   If You Are Passing By That Way  SATRIL  SAT-128
 ポルトガル  SATRIL/LEEDS MUSIC LTD  RSAT-1128
  イギリス   1980年  Gandhara   BBC Records  RESL-66
 Monkey  RESL-81
 オーストラリア  1984年  Monkey Magic  ABCレコード  K9487


◎ オリジナル・アルバム

 1st  1976年7月25日   新創世紀  LP盤  YX-7177   88位
 1976年11月25日  コンパクトカセット  CCK-5001
 1989年11月21日   CD  CA-4060
 1993年11月21日  COCA-11130
 2008年3月19日  COCP-51086
 2nd  1977年11月1日   DEAD END  LP盤  YX-7192   64位
 1977年11月25日  コンパクトカセット  CCK-5011
 1989年11月21日   CD  CA-4061
 1994年7月21日  COCA-11876
 2008年3月19日  COCP-51087
 3rd   1978年10月25日   西遊記  LP盤  YX-5004   1位
 コンパクトカセット  CCK-5027
 1989年11月21日   CD  CA-4063
 1993年10月21日  COCA-11090
 2008年3月19日  COCP-51089
 2021年11月24日  2UHQCD+DVD  COZP-1847
 4th   1979年6月25日   OUR DECADE  LP盤  YX-5010   3位
 コンパクトカセット  CCK-5040
 1989年11月21日   CD  CA-4064
 1994年7月21日  COCA-11877
 2008年3月19日  COCP-51090
 5th   1980年10月1日   KATHMANDU  LP盤  AF-7001   9位
 コンパクトカセット  CTK-7030
 1994年7月21日  CD  COCA-11879
 2001年10月21日  CD-R  COR-11879
 2008年3月19日  CD  COCP-51093
 6th   1981年9月1日   M.O.R.  LP盤  AF-7076   19位
 コンパクトカセット  CTK-7059
 1995年2月21日   CD  COCA-12372
 2008年3月19日  COCP-51095
 7th   1984年1月21日   FLOWER  LP盤  AF-7222   36位
 コンパクトカセット  CAR-1231
 1995年2月21日   CD  COCA-12373
 2008年3月19日  COCP-51097
 8th   1984年11月21日   ONE DIMENSION MAN  LP盤  AF-7329   50位
 コンパクトカセット  CAR-1334
 1995年2月21日  CD  COCA-12375
 2001年10月21日  CD-R  COR-12375
 2008年3月19日  CD  COCP-51099
9th  1999年10月21日  WHAT A BEAUTIFUL NAME  CD  COCP-30687  25位



◎ サウンドトラック

1st  1976年11月25日  「いろはの"い"」オリジナル・サウンドトラック   LP盤  YX-7140   圏外
2nd  1977年6月25日  「ハウス」オリジナル・サウンドトラック  YX-7177
3rd  1978年7月10日  「キタキツネ物語」オリジナル・サウンドトラック  YX-5003  34位
4th  1978年7月25日  「男たちの旅路」オリジナル・サウンドトラック  YX-5002-N   圏外
5th  1980年10月25日  「遥かなる走路」オリジナル・サウンドトラック  AF-7003


6th  2009年6月24日  「キタキツネ物語」ALTERNATE SOUND TRACKS + タケカワユキヒデ ホームレコーディングデモin1978  2CD  GMT-015   圏外
7th  2010年11月24日  「青春の殺人者」オリジナル・サウンドトラック  CD  GMT-025



◎ コンピレーション・アルバム

 1st  1978年1月15日   CMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ  LP盤  YX-7196   4位
 1989年11月21日   CD  CA-4062
 1993年10月21日  COCA-11091
 2008年3月19日  COCP-51088
 2nd  1982年6月1日   CMソング・グラフィティ VOL.2  LP盤  AF-7122   29位
 1989年11月21日   CD  CA-4065
 1993年11月21日  COCA-11131
 2008年3月19日  COCP-51096



◎ ライブ・アルバム

 1st  1979年10月25日   MAGIC CAPSULE  2LP盤  YZ-5001/2   1位
 1989年11月21日   2CD  CA-4066/7
 1995年2月21日  COCA-12370/1
 2008年3月19日  COCP-51091/2
 2nd  1980年12月25日   中国 后醍醐  LP盤  AF-7026   77位
 1994年7月21日   CD  COCA-11878
 2008年3月19日  COCP-51094
 3rd  1984年9月21日   平和組曲  LP盤  AF-7312   48位
 1995年2月21日   CD  COCA-12374
 2008年3月19日  COCP-51098
 4th  1985年6月1日   INTERMISSION/GODIEGO FINAL LIVE+2  2LP盤  AB-7129/30   72位
 1995年2月21日  CD  COCA-12376
 2008年3月19日  2CD  COCP-51100/1



◎ ベスト・アルバム

1st  1980年10月21日  GODIEGO HIT SPECIAL  コンパクトカセット  CBY-8004   圏外
2nd  1986年2月21日  ベストコレクション  CD  33C31-7852
3rd  1987年6月1日  Wデラックス  2CD  50CA-1605/6
4th  1988年11月21日  GODIEGO  CD  28CA-2707
5th  1990年10月21日  スーパーツインDX/GODIEGO  2CD  COCA-6971/2
6th  1992年10月21日  ゴダイゴ・ベスト・アルバム   CD  COCA-10349  32位
 7th  1994年5月21日   GODIEGO GREAT BEST Vol.1〜Japanese Version  COCA-11601   71位
 2009年3月18日  HQCD  COCP-35510
 8th  1994年5月21日   GODIEGO GREAT BEST Vol.2〜English Version  CD  COCA-11602   98位
 2009年3月18日  HQCD  COCP-35511
9th  1994年9月21日  RETURN OF GODIEGO〜MICKEY YOSHINO'S BEST SELECTION〜  CD  COCA-11951   圏外
10th  1994年11月21日  GODIEGO SINGLE COLLECTION   2CD  COCA-12123/4
11th  1995年6月21日  GODIEGO SINGLE COLLECTION Vol.2  COCA-12643/4
12th  1999年12月18日  GOLD/GODIEGO NOW & THEN  CD  COCP-30769  48位
13th  2009年2月18日  ゴールデン⭐︎ベスト ゴダイゴ  2CD  COCP-35441/2  圏外

14th  2016年11月2日  Godiego The Best  CD  UPCY-7196  222位



◎ ボックス・セット

1st  1991年4月1日  15TH ANNIVERSARY GODIEGO BOX  10CD  COCA-7331/40
2nd  2008年3月19日  GODIEGO BOX  16CD  XT-2533/48

3rd  2011年11月6日  Godiego Collectors’ DVD BOX  8DVD  UPBH-20091

4th  2016年4月20日  ゴダイゴ DVD BOX 2 ~アーカイブスセレクション~   3DVD  UPBY-5041/3
5th  2017年3月29日  Godiego 40th Anniversary Live DVD BOX  UPBY-5057/9



◎ 配信限定アルバム

1st   2011年11月16日  GODIEGO SINGLES VOL.1 -SIDE A SELECTION-   デジタル・ダウンロード  COKM-31144
2nd  GODIEGO SINGLES VOL.2 -SIDE B SELECTION-  COKM-31145
3rd  GODIEGO 35TH ANNIVERSARY SELECTION  COKM-31146



◎ 映像作品

 1st  1980年1月   MAGIC CAPSULE  VHS・ベータ  COCV-4321
 1994年1月21日  VHS  COVA-4321
2nd   1981年10月9日  ゴダイゴ・オン・シルクロード(トルコ&イラン)   LD  MP006-22TE
3rd  ゴダイゴ・オン・シルクロード(インド&ネパール)  MP007-22TE
 4th   1985年6月21日   インターミッション ゴダイゴ・ファイナル・ライヴ  VHS  98C61-9222
 ベータ  C-61-9722
 1985年7月21日  LD  C-51-6094
 1990年12月21日   VHS  COVA-4007
5th  2000年4月1日  復活 ゴダイゴ・ジャパンツアー・1999  COVA-6379

 6th  2006年9月27日  ゴダイゴ in 東大寺   2DVD  UPBH-1195〜96
 2007年11月21日  GODIEGO in 東大寺  UPBH-29006〜07

7th  2007年10月24日  GODIEGO 2007 TOKYO 新創世記  2DVD  UPBH-20007〜08


8th  2023年10月18日  Godiego TBS Dream Time Box  4DVD  POBD-25918〜21



◎ その他、収録音源

◇『交響詩 銀河鉄道999』(1979年7月21日) :東映動画のアニメーション「劇場版 銀河鉄道999」のオリジナル・サウンドトラック。オリコン・チャートで1位を記録。 :「銀河鉄道999」と「テイキング・オフ」の2曲が収録されているが、ともに「間奏のない」ヴァージョンである。 『NTVM AFTER 10 YEARS』(1979年10月) :日本テレビ音楽の発足10周年を記念して製作された非売品2枚組アルバム。 :全16曲中、ゴダイゴ単独で「太陽にほえろ」「ルパン三世」「ウォンテッド」の3曲、そして大野雄二とゴダイゴで「ペッパー警部」「魅せられし魂」の2曲を演奏している。「魅せられし魂」では、トミーがリード・ボーカルを担当している。 :ゴダイゴとクレジットされているが、タケカワは参加していない。 :ちなみに20周年記念盤『NTVM AFTER 20 YEARS』という2枚組CDも存在しているが、こちらは日本テレビのドラマなどで使用された楽曲のオムニバスである。「ガンダーラ」だけが収録されている。
◇『OUR FAVOURITE SONGS』(1979年10月1日) :『NTVM AFTER 10 YEARS』の中の12曲が収録されている。
◇『手塚治虫ワールドBest of Best 24時間テレビ〜愛は地球を救う&ユニコ オリジナル・サウンドトラック』(1999年8月21日) :24時間テレビで放映された作品およびユニコシリーズのサントラ盤。 :ゴダイゴは、新室内楽協会ととも、「どこから来たのユニコ」「大空のユニコ」「そして今日も」「どんどん」の4曲を演奏している。 :4曲とも作詞:伊藤アキラ/奈良橋陽子、作曲:タケカワユキヒデ、編曲:ミッキー吉野、歌:加橋かつみである。
◇『劇場版 銀河鉄道999』(韓国盤DVD)(2001年7月20日) :韓国語音声を選択すると「銀河鉄道999」と「テイキング・オフ」の英語版が再生される。「銀河鉄道999」のボーカルは別テイクである。2010年時点では、ゴダイゴの英語版「テイキング・オフ」が存在することを確認でき、なおかつ実際に聴くことができたのは、このDVDだけだった。2011年11月に結成35周年を記念して配信限定でリリースされた「35TH ANNIVERSARY SELECTION」で、初めて単曲で公式リリースされた。
◇『銀河鉄道999 ETERNAL EDITION Series File No.7&8 「銀河鉄道999 SONGS & Others」』(2001年8月18日) :銀河鉄道999の完全版CDシリーズ、第4弾。「銀河鉄道999」の日本語版、英語版、カラオケ(演奏ゴダイゴ)と、「テイキング・オフ」の日本語版、カラオケ(演奏ゴダイゴ)が収録されている。
◇『SPECIAL BONUS DISC for GODIEGO BOX』(2008年3月19日) :『GODIEGO BOX』がリリースされた際、ディスク・ユニオンでの購入特典として添付された非売品CD。 :「LOVE YOU TILL THE DAY I DIE」 (アルバム『フラワー』のアウトテイク、トミーのボーカル)、「I CAN'T LET GO」 (ラジオ番組用に録音された吉澤洋治ボーカル版)、「LONGWAY FROM HOME」 (1984年のドラマ「若き血に燃ゆる」で使用されたオリジナル・ヴァージョン、トミーのボーカル)の3曲が収録されている。
◇『disc UNION SPECIAL BONUS DISC』(2008年4月11日) :『ハウス』『男たちの旅路』『遙かなる走路』の復刻CDリリース時にディスク・ユニオンでの3枚同時購入特典として添付された非売品CD。 :「ハウス」アルバム未収録トラック「1」、同「2」、「男たちの旅路」アルバム未収録トラック「1」、同「2」、同「3」、同「4」 の6曲が収録されている。

◎ 参加アルバム

◇『比叡山フリーコンサート』沢田研二(1975年10月21日) :ライヴ前半にミッキー吉野グループ(ミッキー、スティーヴ、浅野、原田裕臣)が参加している。沢田は、タケカワの1stアルバム『走り去るロマン』に収録されている「夜の都会」をカヴァーしている。
◇『いくつかの場面』沢田研二(1975年12月21日) :沢田研二の7枚目のソロアルバム。A面最後の曲「U.F.O.」は、ミッキー吉野作・編曲によるもの。演奏は、ミッキー、スティーヴ、浅野、原田裕臣。
◇『ペイパー・ムーン』大橋純子(1976年5月25日) :大橋純子の2ndアルバム。羽田健太郎、深町純、村上秀一、後藤次利らとともに、ミッキーとスティーヴ、原田裕臣が参加している。また収録曲の「ひとり」をミッキーが作・編曲している。
◇『ききょう』山内てつ(1976年8月25日) :イギリスのロックバンド・フェイセズのベーシストでもあった山内てつのアルバム。浅野、ミッキー、スティーヴ、原田裕臣が参加している。
◇『ベイサイド・スゥィンガー』エディ藩(1976年9月25日) :ゴダイゴ(タケカワ除く。ミッキー、スティーヴ、浅野孝巳、浅野良治)が、スーパー・セッション・バンドという名で全面参加している。2006年、紙ジャケCDで復刻した。
◇『スタートへの出発』あおい輝彦(1976年10月25日) :ミッキー、スティーヴ、浅野孝巳、浅野良治が参加している。 :タケカワ作曲の「サヨナラ・マイ・ラヴ」は、後に「SOMEWHERE ALONG THE WAY(あの頃)」として初期ゴダイゴのコンサートで披露されていた。1980年には、タケカワのソロアルバム「Lyenaに収録された。 :ミッキー作曲の「この素晴らしい世界」は、後に「It's Nice to Have You -Play Your Song Now」のタイトルで、ミッキーがセルフ・カヴァーした。
◇『レインボー・チェイサー』茶木みやこ(1977年8月10日) :元ピンク・ピクルスの茶木みやこが1977年にリリースしたアルバム。MBS-TV横溝正史シリーズ第一弾テーマソング「まぼろしの人」を含む全11曲で、ゴダイゴ(タケカワ除く)がメインで演奏している。 :ミッキー吉野による編曲が9曲、浅野孝巳による編曲が2曲あるが、作詞・作曲には携わっていない。 :ハーベストレコードレーベルより発売されたが、ゴダイゴブレイク後の1979年6月にブルボンレコードレーベルからジャケットを変更して再発された。1995年に1977年ジャケ盤が初CD化。2009年11月25日にはSHOWBOATレーベルから、1977年盤が紙ジャケ仕様・リマスター盤で復刻した。
◇『北欧組曲』三木敏悟&東京ユニオン(1977年9月30日) :ミッキーがシンセサイザで参加している。
◇『コミュニケーション』アイ高野&ロックンロール・フレンズ(1977年11月25日) :ミッキーが参加している。
◇『あまぐも』ちあきなおみ(1978年1月25日) :A面は全曲河島英五の作詞・作曲。B面は全曲友川かずきの作詞・作曲。演奏はタケカワを除くゴダイゴ。5曲をミッキーが、そして残りの6曲を岸本博(後にゴダイゴ・ホーンズのリーダーとなる)が編曲している。発売から2年ほどで廃盤となったが、2000年に紙ジャケCDとして復刻した。

◇『KALEIDOSCOPE』(1978年5月21日)
◇:FMラジオ番組での渡辺香津美とのセッション盤。
◇:ミッキー、トミー、スティーヴが参加。
◇:2004年に初CD化。
◇『KAORI TWO』桃井かおり(1978年7月5日) :演奏陣のファーストメンバーとして、トミー、スティーヴ、浅野、ミッキーが参加している。また3曲をミッキーが編曲している。
◇『THRILL』Char(1978年7月10日) :当時ゴダイゴは、Charのバックバンドを務めていた。本アルバムには、ミッキー、スティーヴ、トミーが参加。3曲をトミーが作曲している。
◇『夜から朝への流れの中で』絵夢(1978年8月21日) :絵夢の3rdアルバム。MORNING SIDEと名付けられたB面の5曲を演奏しているのが、ゴダイゴ(タケカワ除く)である。そのうち3曲をタケカワが作曲している。ミッキーが3曲、浅野が2曲を編曲している。
◇『ミスティ・モーニング・フライト』竹田和夫(1978年8月25日) :クリエイションのギタリストである竹田和夫のソロ・アルバム。ミッキーがシンセサイザで参加している。
◇『AGNES IN WONDERLAND』アグネス・チャン(1979年4月25日) :全曲、タケカワが作曲し、ミッキーが編曲した。インストゥルメンタル2曲を除く12曲の作詞は奈良橋陽子、日本語詞は山上路夫である。演奏はタケカワを除くゴダイゴ。 :ボーカルがタケカワであれば、ゴダイゴのアルバムと言っても過言ではない作品である。 :「鏡の中の私 c.w. I'm lost」が3月に先行シングルカットされ、7月には「100万人のジャバ・ウォーキー」が日本語詞でシングルカットされた。 :2009年8月7日には『アグネス・チャン/不思議の国のアグネス + タケカワユキヒデ/AGNES IN WONDERLAND-HOME RECORDING DEMO IN 1979』として、GEAR-maticsシリーズからCDとして復刻した。 :「HOME RECORDING DEMO IN 1979」は、タケカワがピアノの弾き語りで制作したデモ音源をCD化したもの(全曲英語詞)である。ディスクユニオンは、本CD発売時に「A Mad Tea Party」の別バージョンを特典CDとして制作した。
◇『NEON CITY』エディ藩(1982年10月) :トミー、吉澤洋治、岸本博が参加している。岸本が5曲の編曲を担当。ミッキーが作曲した「HIDE AWAY」は、1983年1月のゴダイゴのライヴで、吉澤のボーカルで披露されている。

◎ 非売品音源

◇『ちょっと気になるこの日本』(1980年頃、作詞・伊藤アキラ、作曲・梅垣達志) :1975年 - 1980年にかけて、東名阪ラジオ局11社主催・キリンビール協賛、環境庁・総理府・建設省後援で行われた環境美化キャンペーンのテーマソング。 :A面にはハイ・ファイ・セット(編曲・小野崎孝輔。キャンペーン開始時に制作、このバージョンのカラオケとカップリングのシングルもあり)、B面にはゴダイゴのバージョンが収録されている。 :編曲はタケカワ、ミッキー吉野以外は演奏に参加していないが、ゴダイゴ名義である。

● タイアップ一覧

 僕のサラダガール  カネボウ化粧品CMソング  シングル「僕のサラダガール」
 いろはの"い"  日本テレビ系ドラマ「いろはの"い"」オープニングテーマ  シングル「いろはの"い"」
 警察のテーマ  日本テレビ系ドラマ「いろはの"い"」オープニングテーマ  シングル「いろはの"い"」
 シンフォニカ  テレビ朝日系「地球は音楽だ」テーマ  シングル「シンフォニカ」
 ナウ・ユア・デイズ  日立マクセルCMソング  シングル「シンフォニカ」
 ナウ・ユア・デイズ  日本石油CMソング  シングル「シンフォニカ」
 ハウスのふたり〜ハウス・愛のテーマ〜  大林宣彦監督作品「ハウス」主題歌  シングル「ハウスのふたり〜ハウス・愛のテーマ〜」
 ハウスのテーマ  大林宣彦監督作品「ハウス」テーマ曲  シングル「ハウスのふたり〜ハウス・愛のテーマ〜」
 君は恋のチェリー  大林宣彦監督作品「ハウス」挿入歌  シングル「君は恋のチェリー」
 ミラージュのテーマ  「ミラージュボウル」テーマ  シングル「ミラージュのテーマ」
 ミラージュのテーマ  三菱・ミラージュCMソング  シングル「ミラージュのテーマ」
 水滸伝のテーマ  日本テレビ・国際放映制作・イギリスBBC放映「水滸伝」テーマソング  シングル「水滸伝のテーマ」
 ガンダーラ  日本テレビ系ドラマ「西遊記」エンディングテーマ  シングル「ガンダーラ」
 セレブレーション  日本テレビ系ドラマ「西遊記」挿入歌  シングル「ガンダーラ」
 モンキー・マジック  日本テレビ系ドラマ「西遊記」オープニングテーマ  シングル「モンキー・マジック」
 モンキー・マジック  天才てれびくん (MTK, AT7) テーマ曲  シングル「モンキー・マジック」
 モンキー・マジック  天才てれびくん (MTK, AT7) 挿入歌  シングル「モンキー・マジック」
 モンキー・マジック  北海道テレビ放送「おにぎりあたためますか」オープニングテーマ  シングル「モンキー・マジック」
 ビューティフル・ネーム  国際児童年協賛歌  シングル「ビューティフル・ネーム」
 ビューティフル・ネーム  NHK「みんなのうた」  シングル「ビューティフル・ネーム」
 はるかな旅へ  洋画「アバランチ・エクスプレス」イメージソング  シングル「はるかな旅へ」
 トライ・トゥ・ウェイク・アップ・トゥ・ア・モーニング  「24時間テレビ・愛は地球を救う2」テーマソング  シングル「はるかな旅へ」
 銀河鉄道999  東映映画「銀河鉄道999」主題歌  シングル「銀河鉄道999」
 テイキング・オフ  東映映画「銀河鉄道999」挿入歌  シングル「銀河鉄道999」
 ホーリー&ブライト  日本テレビ系ドラマ「西遊記II」エンディングテーマ  シングル「ホーリー&ブライト」
 リターン・トゥ・アフリカ  朝日放送系番組「アフリカの黒い太陽」テーマ  シングル「リターン・トゥ・アフリカ」
 ポートピア  ポートピア'81のイメージソング  シングル「ポートピア」
 (カミング・トゥゲザー・イン)カトマンズ  アリナミン製薬「ベンザ・エース」CMソング  シングル「(カミング・トゥゲザー・イン)カトマンズ」
 アフター・ザ・レイン  松竹映画「遙かなる走路」主題歌  シングル「アフター・ザ・レイン」
 ニューヨーク・ニューヨーク  松竹映画「遙かなる走路」挿入歌  シングル「アフター・ザ・レイン」
 愛の3イヤーズ  ニッポン放送「とびきりポップ愛の1・2・3」テーマソング  シングル「愛の3イヤーズ」
 ザ・サンライズ  朝日放送「世界の初日の出」テーマソング  シングル「愛の3イヤーズ」
 魔法のあかり  東映動画「アラジンと魔法のランプ」テーマソング  シングル「魔法のあかり」
 アラジンのランプ  東映動画「アラジンと魔法のランプ」挿入歌  シングル「魔法のあかり」
 キャリー・ラヴ  AGFブレンディCMソング  シングル「キャリー・ラヴ」
 JAVA WA JAVA in the book of Godiego  TBS系「噂の東京マガジン」エンディング・テーマ  シングル「JAVA WA JAVA in the book of Godiego」
 MONKEY MAGIC 2006  日本テレビ系「汐留イベント部」5月エンディング・テーマ  シングル「MONKEY MAGIC 2006」
 ONE FOR EVERYONE  NHK BS2 アニメーション「シルクロード少年ユート」オープニング・テーマ  シングル「ONE FOR EVERYONE」
 Big MAMA  TBS系「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」10 - 12月エンディング・テーマ  シングル「Big MAMA」
 WALKING ON  日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』第24代テーマ曲  シングル「WALKING ON」
 きみはミラクル  NHK みんなのうた 2015年10月 - 11月期 新曲  シングル「きみはミラクル」


● ライブ
第1期ではホールクラスの会場を中核市や中枢中核都市圏に至る各所を敢行するコンサートツアーが主に対し、第2期ではホールクラスに加えライブハウスを含み政令指定都市での単発公演が主になっている。
width="180" 日程 width="180" 種別 width="300" タイトル width="500" 会場・備考
  1976年4月26日 - 6月9日   国内コンサートツアー  ザ・ツアー   13会場15公演 04/26 福島市公会堂 (福島県)
04/27 仙台電力ホール (宮城県)
04/28 青森市民会館 (青森県)
04/29 札幌市道新ホール (北海道)
04/30 札幌市道新ホール (北海道)
05/27 静岡市公会堂 (静岡県)
05/28 名古屋市公会堂 (愛知県)
05/29 倉敷千秋座 (岡山県)
05/30 京都産業会館・シルクホール (京都府)
05/31 大阪御堂会館 (大阪府)
06/01 奈良県文化会館 (奈良県)
06/03 広島郵便貯金会館 (広島県)
06/04 佐世保市民会館 (長崎県)
06/08 福岡少年文化会館 (福岡県)
06/09 福岡少年文化会館 (福岡県) サンハウスや浜田良美とスペシャルリザーブなどと共に当時所属していた芸能事務所・MCAが主催したジョイント形式による、全国のホールで敢行された初のツアー。
  1977年1月16日   国内単発公演  タイトル不明  会場 - 01/16 蕨市民会館 (埼玉県) ジョイント形式で開催され、この公演を最後に浅野良治が脱退した。
  1978年3月27日   国内単発公演  ゴダイゴ・ライヴ'78  会場 - 03/27 九段会館 (東京都) 初のワンマンライブ。
  1978年5月19日   国内単発公演  ライヴゴダイゴ  会場 - 05/19 中野公会堂 (東京都)
  1978年6月29日   国内単発公演  男だけのコンサート  会場 - 06/29 渋谷東横ホール (東京都) Charと共に開催したジョイント形式によるライブ。
  1978年7月21日 - 8月28日   国内コンサートツアー  Char Super Concert with GODIEGO in Summer   22会場24公演 07/21 愛知県勤労会館 (愛知県)
07/22 愛知県勤労会館 (愛知県)
07/26 上田市民会館 (長野県)
07/27 新潟県民会館 (新潟県)
07/28 秋田県民会館 (秋田県)
07/29 青森市民会館 (青森県)
08/01 清水市民会館 (静岡県)
08/02 岐阜市民会館 (岐阜県)
08/03 島根県民会館 (島根県)
08/04 福山市民会館 (広島県)
08/05 京都会館・第一ホール (京都府)
08/07 高崎市民会館・音楽センター (群馬県)
08/08 茨城県立県民文化センター (茨城県)
08/12 高知市民会館 (高知県)
08/13 岡山市民会館 (岡山県)
08/14 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
08/15 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
08/17 富山県民会館 (富山県)
08/18 福井市文化会館 (福井県)
08/19 金沢市観光会館 (石川県)
08/21 熊本市民会館 (熊本県)
08/22 大分文化会館 (大分県)
08/23 小倉市民会館 (福岡県)
08/28 日本武道館 (東京都) Charと共に敢行したジョイント形式によるホールツアー。
  1978年10月14日 - 11月26日   国内学園祭ツアー  学園祭ツアー   4会場4公演 10/14 文京女子短期大学 (東京都)
10/31 明治大学 (東京都)
11/04 跡見学園女子大学 (東京都)
11/26 目黒女子短期大学 (東京都) 初の学園祭ツアー。
  1978年10月27日   国内単発公演  ファンタスティック・ゴダイゴ  会場 - 10/27 鶴見会館 (神奈川県)
  1979年1月17日   国内単発公演  ゴダイゴ・ファッション・コンサート  会場 - 01/17 銀座ブロッサム中央会館 (東京都)
  1979年2月19日   国内単発公演  タイトル不明  会場 - 02/19 京都ホール (京都府)
  1979年3月21日 - 6月29日   国内コンサートツアー  セレブレイション・ツアー   44会場44公演 03/21 横須賀市文化会館 (神奈川県)
04/02 八幡市民会館 (福岡県)
04/03 大分文化会館 (大分県)
04/04 宮崎市民会館 (宮崎県)
04/05 福岡市民会館 (福岡県)
04/06 久留米市民会館 (福岡県)
04/08 日比谷野外大音楽堂 (東京都)
04/10 帯広市民会館 (北海道)
04/11 深川市民会館 (北海道)
04/12 旭川市民文化会館 (北海道)
04/13 室蘭市文化センター (北海道)
04/14 函館市民会館 (北海道)
04/15 北海道厚生年金会館 (北海道)
04/18 神戸国際会館・こくさいホール (兵庫県)
04/19 毎日大阪会館・毎日ホール (大阪府)
04/20 広島市公会堂 (広島県)
04/21 岡山市民会館 (岡山県)
04/22 愛知県勤労会館 (愛知県)
04/25 栃木会館 (栃木県)
04/26 群馬県民会館 (群馬県)
04/27 小田原市民会館 (神奈川県)
05/01 静岡市民文化会館 (静岡県)
05/02 浜松市民会館 (静岡県)
05/03 愛知県豊橋勤労福祉会館 (愛知県)
05/11 平市民会館 (福島県)
05/12 山形県県民会館 (山形県)
05/14 秋田産業会館 (秋田県)
05/15 青森市民会館 (青森県)
05/16 岩手県民会館 (岩手県)
05/17 仙台電力ホール (宮城県)
05/23 茨城県立県民文化センター (茨城県)
05/26 郡山市民会館 (福島県)
05/30 山梨県民会館 (山梨県)
06/01 埼玉会館 (埼玉県)
06/02 一橋大学 (東京都)
06/05 長岡市厚生会館 (新潟県)
06/06 新潟県民会館 (新潟県)
06/07 長野市民会館 (長野県)
06/08 高岡市民会館 (富山県)
06/09 石川厚生年金会館 (石川県)
06/22 松戸市民会館 (千葉県)
06/23 千葉県文化会館 (千葉県)
06/27 立川市市民会館 (東京都)
06/29 熊谷市民会館 (埼玉県) 3rdアルバム『西遊記』を引っ提げて、主にホールクラスの会場で敢行された初のワンマンツアー。タイトルは『西遊記』の収録曲「セレブレイション」に由来している。
  1979年7月19日 - 8月24日   国内コンサートツアー  サマー・ツアー   16会場16公演 07/19 高知県立県民文化ホール (高知県)
07/20 徳島市立文化センター (徳島県)
07/21 丸亀市民会館 (香川県)
07/23 和歌山県民文化会館 (和歌山県)
07/24 愛知県勤労会館 (愛知県)
07/27 大宮市民会館 (埼玉県)
07/29 霧降高原 (栃木県)
08/08 福岡スポーツセンター (福岡県)
08/09 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
08/10 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
08/11 明石市立市民会館 (兵庫県)
08/12 京都会館・第一ホール (京都府)
08/17 姫路市文化センター (兵庫県)
08/18 広島郵便貯金会館 (広島県)
08/20 岡山市民会館 (岡山県)
08/24 東京国際貿易センター (東京都) 4thアルバム『OUR DECADE』を引っ提げて敢行されたホールツアー。
  1979年9月25日 - 11月8日   国内コンサートツアー  秋のツアー   16会場16公演 09/25 下関市民会館 (山口県)
09/26 別府国際観光会館 (大分県)
09/27 熊本市民会館 (熊本県)
09/28 武雄市文化会館 (佐賀県)
09/29 長崎市公会堂 (長崎県)
10/05 高崎市民会館・音楽センター (群馬県)
10/06 川越市市民会館 (埼玉県)
10/09 相模原市民会館 (神奈川県)
10/10 国営武蔵丘陵森林公園 (埼玉県)
10/11 清水市民会館 (静岡県)
10/26 川崎市民会館 (神奈川県)
10/30 富山県民会館 (富山県)
10/31 福井市民福祉会館 (福井県)
11/01 大津市民会館 (滋賀県)
11/07 藤沢市民会館 (神奈川県)
11/08 八王子市民会館 (東京都) ホールツアー。埼玉公演のみ野外にて料金不要のフリーライブで開催された。
  1979年11月20日 - 12月6日   国内コンサートツアー  冬のツアー   10会場10公演 11/20 岡崎市民会館 (愛知県)
11/21 伊勢市観光文化会館 (三重県)
11/23 横浜文化体育館 (神奈川県)
11/27 福山市民会館 (広島県)
11/28 防府市公会堂 (山口県)
11/29 高槻市民会館 (大阪府)
11/30 奈良県文化会館 (奈良県)
12/04 上田市民会館 (長野県)
12/05 足利市民会館 (栃木県)
12/06 群馬音楽センター (群馬県)
12/19 日本武道館 (東京都) ホールツアー。最終日はワンマン形式では初の日本武道館で開催された。
  1980年2月1日 - 2月25日   ワールドツアー  第一次新しい体験と再発見の旅  ネパールのバグマティ州カトマンズ、インドの西ベンガル州コルカタ、タンザニアのアルーシャ州アルーシャ、マニャラ州にあるマニャラ湖とババティ、ギリシャのアッティカアテネを敢行した初のワールドツアー。ババティでは皆既日食を鑑賞した他、カトマンズではカトマンズ王立競技場にてワンマンライブが開催された。
  1980年3月21日 - 4月1日   ワールドツアー  第ニ次新しい体験と再発見の旅  インドのデリーニューデリー、ウッタル・プラデーシュ州ヴァーラーナシー、トルコのイスタンブール県イスタンブール、アメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨークを敢行した2度目のワールドツアー。
  1980年4月15日 - 10月18日   国内コンサートツアー  GODIEGO'80 NEW BEGINNINGS   30会場31公演 04/15 倉敷市民会館 (岡山県)
04/16 下関市民会館 (山口県)
04/17 広島郵便貯金会館 (広島県)
04/18 島根県民会館 (島根県)
04/25 富山県民会館 (富山県)
04/26 石川厚生年金会館 (石川県)
04/28 福井市文化会館 (福井県)
04/29 大阪フェスティバルホール (大阪府)
04/30 和歌山県民文化会館 (和歌山県)
05/10 NHKホール (東京都)
05/24 旭川市民文化会館 (北海道)
05/25 北海道厚生年金会館 (北海道)
05/26 北海道厚生年金会館 (北海道)
07/13 千葉県文化会館 (千葉県)
07/24 日置市伊集院文化会館 (鹿児島県)
07/25 市村記念体育館 (佐賀県)
07/26 防府市公会堂 (山口県)
07/27 別府国際観光会館 (大分県)
07/28 福岡市九電記念体育館 (福岡県)
07/29 ポートアイランド北公園 (兵庫県)
08/10 長岡市立劇場 (新潟県)
08/11 柏崎市民会館 (新潟県)
08/15 京都会館・第一ホール (京都府)
09/02 平市民会館 (福島県)
09/03 郡山市民会館 (福島県)
09/04 山形県県民会館 (山形県)
10/13 岐阜市民会館 (岐阜県)
10/14 刈谷市民会館 (愛知県)
10/15 名古屋市公会堂 (愛知県)
10/16 愛知県豊橋勤労福祉会館 (愛知県)
10/17 御殿場市民会館 (静岡県)
10/18 静岡市民文化会館 (静岡県) ホールツアー。スティーヴ・フォックス脱退に伴い、ベースにはサポートメンバーとして富倉安生が担当しており、8月の新潟公演を皮切りに新たに加入した吉澤洋治と交替している。なお、岐阜公演は台風19号の影響で中止となった。
  1980年6月9日 - 6月18日   ワールドツアー  第三次新しい体験と再発見の旅  イランのテヘラン州テヘラン、エスファハーン州エスファハーン、マルキャズィー州アラークを敢行した3度目のワールドツアー。前述の『GODIEGO'80 NEW BEGINNINGS』の合間に行われた。なお、このツアーには反米のためトミー・スナイダーは不参加である。
  1980年10月6日 - 10月13日   ワールドツアー  第四次新しい体験と再発見の旅  アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスに滞在した4度目のワールドツアー。第三次同様、前述の『GODIEGO'80 NEW BEGINNINGS』の合間に行われた。10月11日にはシビック・センターにて開催された市制200周年記念イベント『第3回ストリート・シーン』に出演した。
  1980年10月19日 - 10月28日   ワールドツアー  第五次新しい体験と再発見の旅  中華人民共和国の天津市に滞在した5度目のワールドツアー。10月23日と24日には天津第一工人文化宮にて開催されたライブイベント『第一回中日友好音楽祭』に出演した。
  1980年11月1日 - 12月24日   国内コンサートツアー  秋のツアー   14会場14公演 11/01 大阪フェスティバルホール (大阪府)
11/07 越谷市民会館 (埼玉県)
11/09 きびの郷ワンダーランド (岡山県)
11/18 宇都宮市文化会館 (栃木県)
12/02 佐世保市民会館 (長崎県)
12/03 大牟田市民会館 (福岡県)
12/04 徳山市民会館 (山口県)
12/05 岩国市民会館 (山口県)
12/06 久留米市民会館 (福岡県)
12/08 神奈川県民ホール (神奈川県)
12/10 岩手県民会館 (岩手県)
12/11 八戸市公会堂 (青森県)
12/23 埼玉会館 (埼玉県)
ゴダイゴ・イン・クリスマス
12/24 国立代々木競技場・第二体育館 (東京都) 5thアルバム『KATHMANDU』を引っ提げて敢行されたホールツアー前半。
  1981年1月21日 - 8月27日   国内コンサートツアー  '81ニュー・イヤーコンサート   43会場44公演 01/21 渋谷公会堂 (東京都)
01/22 中野サンプラザホール (東京都)
02/07 京都会館・第一ホール (京都府)
02/18 岐阜市民会館 (岐阜県)
02/23 岡崎市民会館 (愛知県)
02/24 岐阜市民会館 (岐阜県)
02/25 名古屋市民会館 (愛知県)
02/26 愛知県豊橋勤労福祉会館 (愛知県)
02/26 四日市市民会館 (三重県)
03/22 和歌山県民文化会館 (和歌山県)
03/23 堺市民会館 (大阪府)
03/24 大津市民会館 (滋賀県)
03/25 奈良県文化会館 (奈良県)
04/02 千葉県文化会館 (千葉県)
04/03 銚子青少年文化会館 (千葉県)
04/04 山梨県民会館 (山梨県)
04/05 静岡市民文化会館 (静岡県)
04/06 桐生市産業文化会館 (群馬県)
04/08 小田原市民会館 (神奈川県)
04/09 相模原市民会館 (神奈川県)
04/10 横須賀市文化会館 (神奈川県)
04/19 釧路市民文化会館 (北海道)
04/20 帯広市民会館 (北海道)
04/21 旭川市民文化会館 (北海道)
04/22 北海道厚生年金会館 (北海道)
04/23 留萌市文化センター (北海道)
05/04 倉敷市民会館 (岡山県)
05/05 山口市民会館 (山口県)
05/16 広島郵便貯金会館 (広島県)
05/17 大阪フェスティバルホール (大阪府)
05/18 神戸国際会館・こくさいホール (兵庫県)
06/25 松本市民会館 (長野県)
06/26 群馬県民会館 (群馬県)
06/27 八王子市民会館 (東京都)
07/19 近江八幡市文化会館 (滋賀県)
07/20 高崎市民会館 (群馬県)
07/21 豊田市民文化会館 (愛知県)
07/24 福岡サンパレスホール (福岡県)
08/08 飯坂野球場 (福島県)
08/13 熊本市民会館 (熊本県)
08/15 宮崎フェニックス野球場 (宮崎県)
08/25 京都会館・第一ホール (京都府)
08/26 ポートアイランド (兵庫県)
08/27 富士五湖文化センターふじさんホール (山梨県) 5thアルバム『KATHMANDU』を引っ提げて敢行されたホールツアー後半。
  1981年9月19日 - 12月18日   国内コンサートツアー  M.O.R.コンサート・ツアー   15会場16公演 09/19 日比谷野外大音楽堂 (東京都)
11/20 東京厚生年金会館 (東京都)
11/22 大阪フェスティバルホール (大阪府)
11/24 東京厚生年金会館 (東京都)
11/25 福井市文化会館 (福井県)
11/26 富山県民会館 (富山県)
11/27 川崎市産業文化会館 (神奈川県)
11/28 新宿文化センター (東京都)
12/08 米子市公会堂 (鳥取県)
12/10 新潟県民会館 (新潟県)
12/11 金沢市観光会館 (石川県)
12/14 鹿児島県文化センター (鹿児島県)
12/15 熊本市民会館 (熊本県)
12/16 小倉市民会館 (福岡県)
12/17 佐賀市民会館 (佐賀県)
12/18 飯塚市文化会館 (福岡県) 6thアルバム『M.O.R.』を引っ提げて敢行されたホールツアー前半戦。
  1982年1月21日   国内単発公演  タイトル不明  会場 - 01/21 神奈川県民ホール (神奈川県) ファンクラブ会員を対象にしたアンケートから上位20曲を披露したワンマンライブ。
  1982年3月30日 - 6月17日   国内コンサートツアー  春のツアー   11会場11公演 03/30 京都勤労会館 (京都府)
04/06 上越文化会館 (新潟県)
04/07 新潟県民会館 (新潟県)
04/13 帯広市民会館 (北海道)
04/14 小樽市民会館 (北海道)
04/15 北海道厚生年金会館 (北海道)
04/16 函館市民会館 (北海道)
04/19 東京厚生年金会館 (東京都)
04/30 東京郵便貯金会館 (東京都)
06/06 大阪フェスティバルホール (大阪府)
06/17 松戸市民会館 (千葉県) 6thアルバム『M.O.R.』を引っ提げて敢行されたホールツアー後半戦。
  1982年11月26日 - 12月18日   国内コンサートツアー  ゴダイゴ・ライブ   4会場4公演 11/26 釧路市民文化会館 (北海道)
11/29 室蘭市文化センター (北海道)
12/04 福生市民会館 (東京都)
12/18 川崎市産業文化会館 (神奈川県) 視聴覚教育の一環として行ったツアー。
  1982年12月15日 - 12月24日   ディナーショー  ゴダイゴ・ディナーショー   4会場5公演 12/15 八戸グランドホテル (青森県)
12/16 八戸グランドホテル (青森県)
12/19 新・都ホテル (京都府)
12/23 大阪ホテルプラザ (大阪府)
12/24 名古屋国際ホテル (愛知県) 初のディナーショー。
  1983年1月7日 - 9月22日   国内コンサートツアー  '83ニュー・イヤーコンサート   9会場12公演 01/07 大阪厚生年金会館・中ホール (大阪府)
01/08 大阪厚生年金会館・中ホール (大阪府)
04/08 松山市民会館 (愛媛県)
04/23 神奈川県立音楽堂 (神奈川県)
04/27 仙台市民会館 (宮城県)
04/29 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
04/30 京都勤労会館 (京都府)
05/01 東京競馬場 (東京都)
05/22 神奈川県立青少年センター (神奈川県)
05/23 中野サンプラザホール (東京都)
06/18 岡山市民会館 (岡山県)
09/22 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府) ホールツアー。
  1983年12月6日 - 12月27日   国内コンサートツアー  キャリー・ラヴ・コンサート   5会場5公演 12/06 東京郵便貯金会館 (東京都)
12/13 愛知県勤労会館 (愛知県)
12/22 札幌市民会館 (北海道)
12/26 福岡郵便貯金会館 (福岡県)
12/27 毎日ホール (大阪府) 21stシングル「キャリー・ラヴ」を引っ提げて敢行されたホールツアー。
  1985年4月12日 - 4月20日   国内コンサートツアー  ファイナル・ツアー   4会場4公演 04/12 東京厚生年金会館 (東京都)
04/16 愛知県勤労会館 (愛知県)
04/18 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
04/20 京都会館・第一ホール (京都府) インターミッションと称した活動休止発表後に敢行されたホールツアー。
  1999年11月19日 - 12月15日   国内コンサートツアー  GODIEGO JAPAN TOUR '99
~New Beat~   12会場13公演 11/19 神奈川県民ホール・大ホール (神奈川県)
11/20 大宮ソニックシティ・大ホール (埼玉県)
11/22 大阪厚生年金会館・大ホール (大阪府)
11/24 福岡サンパレスホール (福岡県)
11/26 新潟県民会館・大ホール (新潟県)
11/29 東京簡易保険会館ゆうぽうとホール (東京都)
11/30 東京簡易保険会館ゆうぽうとホール (東京都)
12/02 宮城県民会館・大ホール (宮城県)
12/03 愛知厚生年金会館・大ホール (愛知県)
12/07 神戸文化ホール・大ホール (兵庫県)
12/08 石西県民文化会館・大ホール (島根県)
12/10 ふくやま芸術文化ホールリーデンローズ・大ホール (広島県)
12/15 東京厚生年金会館 (東京都) 9thアルバム『WHAT A BEAUTIFUL NAME』を引っ提げて敢行された、期間限定再始動に伴うホールツアー。
  2000年7月17日 - 7月22日   国内コンサートツアー  GODIEGO JAPAN TOUR 2000   5会場5公演 07/17 大分県立総合文化センター・グランシアタ (大分県)
07/18 鹿児島市民文化ホール・第1ホール (鹿児島県)
07/20 岡山シンフォニーホール (岡山県)
07/21 広島郵便貯金ホール (広島県)
07/22 大牟田市民会館 (福岡県) 前年に廻れなかった西日本エリアを敢行したホールツアー。
  2006年5月4日   国内単発公演  ゴダイゴ特別コンサート「轟き」
in 東大寺  会場 - 05/04 東大寺・大仏殿前 (奈良県) 結成30周年を記念して恒久の再結成と、日本ユネスコ国内委員会による国際連合教育科学文化機関創立60周年を記念したイベント「世界遺産劇場」の一環で開催された。
  2006年10月26日 - 11月6日   国内コンサートツアー  GODIEGO 30th Anniversary Premium Concert
“ONE FOR EVERYONE”   3会場5公演 10/26 品川ステラボール (東京都)
10/30 なんばHatch (大阪府)
10/31 なんばHatch (大阪府)
11/01 Zepp Nagoya (愛知県)
11/06 品川ステラボール (東京都)
24thシングル「ONE FOR EVERYONE」を引っ提げて敢行された、初のライブハウスツアー。
  2006年12月14日 - 12月24日   ディナーショー  GODIEGO Christmas Dinner Show   3会場3公演 12/14 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル (千葉県)
12/18 ホテルオークラ福岡 (福岡県)
12/24 ウェスティンホテル大阪 (大阪府) 2度目のディナーショー。
  2007年3月16日   国内単発公演  GODIEGO 2007 TOKYO 新創世紀  会場 - 03/16 東京芸術劇場・大ホール (東京都) 1stアルバム『新創世紀』のB面に収録されている「組曲:新創世紀」をモチーフに開催された公演。
  2007年10月26日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT TOUR 2007
〜COLORFUL〜  会場 - 10/26 渋谷C.C.Lemonホール (東京都) 25thシングル「BIG MAMA」を引っ提げて開催されたホールライブ。コンサートツアーと銘打っているが実際に開催されたのは東京公演のみである。
  2007年12月25日   ディナーショー  GODIEGO Christmas Dinner Show 2007  会場 - 12/25 ザ・プリンス パークタワー東京 (東京都) 3度目のディナーショー。
  2008年3月8日   国内単発公演  GODIEGO 2008 TOKYO 新創世紀 第二章 R+EVOLUTION  会場 - 03/08 東京芸術劇場・大ホール (東京都) 2ndアルバム『DEAD END』をモチーフに開催された公演。
  2009年3月24日   国内単発公演  GODIEGO 2008 TOKYO 新創世紀 第三章 `ゴダイゴ号の冒険  会場 - 03/24 東京芸術劇場・大ホール (東京都)
  2009年11月21日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2009  会場 - 11/21 渋谷C.C.Lemonホール (東京都)
  2010年11月6日 - 11月20日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2010   2会場2公演 11/06 神戸国際会館・こくさいホール (兵庫県)
11/20 渋谷C.C.Lemonホール (東京都)
  2011年5月28日   国内単発公演  Godiego 35th Anniversary Special Concert  会場 - 05/28 服部緑地野外音楽堂 (大阪府) 結成35周年を記念して開催された。
  2011年11月19日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2011  会場 - 11/19 渋谷公会堂 (東京都)
  2012年11月15日 - 11月17日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2012   2会場2公演 11/15 渋谷公会堂 (東京都)
11/17 座間市立市民文化会館ハーモニーホール座間・大ホール (神奈川県)
  2013年10月3日 - 10月5日   国内単発公演  GODIEGO Billboard Live   1会場6公演 10/03 Billboard Live OSAKA (大阪府)
10/04 Billboard Live OSAKA (大阪府)
10/05 Billboard Live OSAKA (大阪府) 初のビルボードライブ。3日間同会場昼夜2公演形式で開催された。
  2013年10月12日 - 12月15日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2013   2会場2公演 10/12 日比谷野外大音楽堂 (東京都)
12/15 森町文化会館ミキホール・大ホール (静岡県)
  2013年12月24日   ディナーショー  GODIEGO Christmas Dinner Show 2013  会場 - 12/24 東京ベイ舞浜ホテル (千葉県) 4度目のディナーショー。
  2014年2月2日 - 6月7日   国内コンサートツアー  GODIEGO CONCERT 2014   4会場10公演 02/02 北とぴあ・さくらホール (東京都)
03/01 大阪新歌舞伎座 (大阪府)
05/24 名古屋ブルーノート (愛知県)
05/25 名古屋ブルーノート (愛知県)
06/06 モーションブルー横浜 (神奈川県)
06/07 モーションブルー横浜 (神奈川県) 愛知公演と神奈川公演は両日とも夕夜2部形式で開催された。
  2014年4月22日 - 4月23日   国内単発公演  伝説のバンド・ゴダイゴ健在
ゴダイゴコンサート2014
~「ビューティフル・ネーム」から35年   1会場4公演 04/22 Billboard Live TOKYO (東京都)
04/23 Billboard Live TOKYO (東京都) 全日とも夕夜2部形式で開催された。
  2014年10月1日 - 10月5日   国内単発公演  GODIEGO PREMIUN LIVE 2014   2会場7公演 10/01 Billboard Live OSAKA (大阪府)
10/02 Billboard Live OSAKA (大阪府)
10/03 Billboard Live OSAKA (大阪府)
GODIEGO PREMIUN CONCERT 2014
10/05 日比谷野外大音楽堂 (東京都) 大阪公演は全日とも夕夜2部形式で開催された。
  2014年12月23日   国内単発公演  GODIEGO Christmas Concert 2014  会場 - 12/23 神奈川県民ホール・大ホール (神奈川県)
  2015年4月11日 - 4月12日   国内単発公演  GODIEGO -Premium Live 2015-   1会場4公演 04/11 ブルーノート東京 (東京都)
04/12 ブルーノート東京 (東京都) 両日とも夕夜2部形式で開催された。
  2015年4月29日 - 5月10日   国内単発公演  〜ジャパニーズロックのレジェンド〜
ゴダイゴ コンサート2015   2会場5公演 04/29 大阪新歌舞伎座 (大阪府)
05/09 名古屋ブルーノート (愛知県)
05/10 名古屋ブルーノート (愛知県) 愛知公演は両日とも夕夜2部形式で開催された。
  2015年10月10日 - 10月11日   国内単発公演  GODIEGO LIVE 2015   1会場4公演 10/10 Billboard Live OSAKA (大阪府)
10/11 Billboard Live OSAKA (大阪府) 両日とも夕夜2部形式で開催された。
  2015年11月1日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2015  会場 - 11/01 中野サンプラザホール (東京都)
  2016年2月7日 - 4月23日   国内単発公演  GODIEGO with billboard classics
premium strings 2016   2会場3公演 02/07 大阪フェスティバルホール (大阪府)
04/22 東京文化会館・大ホール (東京都)
04/23 東京文化会館・大ホール (東京都) ストリングスを率いて開催された。
  2016年2月14日   国内単発公演  ファイナルプロジェクト「G」
新生ゴダイゴ バレンタインプレミアムコンサート  会場 - 02/14 大村市民会館・本館ホール (長崎県)
  2016年9月11日 - 11月12日   国内コンサートツアー  GODIEGO CONCERT TOUR 2016   5会場5公演 09/11 Zepp Sapporo (北海道)
09/22 Zepp Nagoya (愛知県)
09/24 さいたま市文化センター・大ホール (埼玉県)
11/03 Zepp Namba (大阪府)
11/12 中野サンプラザホール (東京都)
  2017年7月5日 - 8月16日   国内単発公演  GODIEGO LIVE 2017   2会場8公演 07/05 Billboard Live TOKYO (東京都)
07/06 Billboard Live TOKYO (東京都)
08/15 Billboard Live OSAKA (大阪府)
08/16 Billboard Live OSAKA (大阪府) 全公演夕夜2部形式で開催された。
  2017年11月19日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2017
〜DEAD ENDから40年〜  会場 - 11/19 中野サンプラザホール (東京都) 2ndアルバム『DEAD END』発売40周年を記念して開催、当作の収録曲を収録順に披露された。
  2018年1月27日 - 4月22日   国内単発公演  billboard classics
GODIEGO with premium strings&choir
-THE GREAT JOURNEY 2018-   2会場2公演 01/27 ザ・シンフォニーホール (大阪府)
04/22 東京文化会館・大ホール (東京都) 2016年の『GODIEGO with billboard classics premium strings 2016』以来のスペシャルライブで、前回のストリングスに加えクワイヤを率いて開催された。
  2018年11月4日 - 12月4日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2018   2会場2公演 11/04 中野サンプラザホール (東京都)
12/04 大阪新歌舞伎座 (大阪府)
  2019年3月31日 - 4月14日   国内単発公演  インドア・フェス「Q」   2会場2公演 03/31 ワールド記念ホール (兵庫県)
04/14 両国国技館 (東京都)
  2019年5月3日 - 5月11日   国内単発公演  GODIEGO LIVE 2019   2会場8公演 05/03 Billboard Live TOKYO (東京都)
05/04 Billboard Live TOKYO (東京都)
05/10 Billboard Live OSAKA (大阪府)
05/11 Billboard Live OSAKA (大阪府)
全公演夕夜2部形式で開催された。
  2019年11月16日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2019  会場 - 11/16 中野サンプラザホール (東京都)
  2022年5月12日   国内単発公演  GODIEGO LIVE
~ひさしぶりマイ・フレンド  会場 - 05/12 ブルーノート東京 (東京都) 浅野孝已の三回忌に夕夜2部形式で開催された。
  2022年9月18日   国内単発公演  GODIEGO CONCERT 2022  会場 - 09/18 大阪新歌舞伎座 (大阪府)
  2023年2月4日   国内単発公演  GODIEGO meets 新日本フィルハーモニー交響楽団  会場 - 02/04 すみだトリフォニーホール (東京都) 当会場の開館25周年を記念して、新日本フィルハーモニー交響楽団を率いて開催された。
  2023年10月22日 - 11月12日   国内単発公演  Godiego Live 2023   2会場2公演 10/22 クアーズテック秦野カルチャーホール・大ホール (神奈川県)
11/12 神戸国際会館・こくさいホール (兵庫県)


● 出演イベント

width="180" 公演年 width="300" タイトル width="500" 公演日・会場
 1976年   ハッピーバースデー アメリカン ミュージック フェスティバル  07/24 東京サマーランド (東京都)
 07/25 東京サマーランド (東京都)
 1977年  Hot Summer 10Days Rock Carnival  07/23 俳優座劇場 (東京都)
  A Rock Tour  07/31 久保記念講堂 (東京都)
 08/05 市原市市民会館 (千葉県)
 08/06 北志賀高原 (長野県)
 08/08 栃木会館 (栃木県)
 08/11 松本市社会文化会館 (長野県)
 08/13 名古屋市公会堂 (愛知県)
 08/20 札幌市民会館 (北海道)
 08/22 函館市民会館 (北海道)
 08/28 福岡青少年福祉センター (福岡県)
 09/03 毎日ホール (大阪府)
 11/12 新潟県民会館 (新潟県)
 1978年  ジャパン・ロック・フェス  05/03 日比谷野外大音楽堂 (東京都)
 '78ミュージックフェスティバル「芸術祭奨励コンサート」  11/03 NHKホール (東京都)
1979年  ポートピア500日前記念式典  11/03 神戸市立中央体育館 (兵庫県)
 1980年  ポートピア1年前記念式典  03/19 神戸文化ホール (兵庫県)
 函館まつり  08/02 千代台公園陸上競技場 (北海道)
 第3回ストリート・シーン  10/11 シビック・センター (アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス)
  第一回中日友好音楽祭  10/23 第一請工人文化宮劇場 (中華人民共和国・天津市)
 10/24 第一請工人文化宮劇場 (中華人民共和国・天津市)
 1981年  ”ポープ・イン・ホープ” ヤングの集い~ローマ法王を武道館に迎えて  02/24 日本武道館 (東京都)
 ポートピア'81 開幕コンサート  03/20 ポートピア国際広場 (兵庫県)
 1982年  公園通り音楽祭  04/25 代々木公園 (東京都)
 中野祭り  10/02 中野サンプラザホール (東京都)
1984年  ロイヤル・メルボルン・ショー  09/18 - 9/28 メルボルン・ショウグラウンズ (オーストラリア・ビクトリア州メルボルン)
2006年  第10回熱血オヤジバトル  12/08 福岡サンパレスホール (福岡県)
2010年  COUNTDOWN JAPAN 10/11・EARTH STAGE  12/29 幕張メッセ・国際展示場展示ホール1〜8 (福岡県)
 2014年  OBSミュージックフェスティバル  01/25 iichiko総合文化センター・グランシアタ (大分県)
 LEGEND IN CONCERT  03/29 山口きらら博記念公園多目的ドーム (山口県)
 ARABAKI ROCK FEST.14・磐越  04/26 国営みちのく杜の湖畔公園・エコキャンプみちのく (宮城県)
2015年  地球劇場フェス2015~100年後の君に聴かせたい歌~  08/08 横浜赤レンガ倉庫・赤レンガパーク野外特設ステージ (神奈川県)
2018年  FM COCOLO「オーディナリー・ナイト」presents [オーディナリー・ナイト スペシャルライブ  08/03 大阪フェスティバルホール (大阪府)
2019年  JOIN ALIVE 2019・ROSE STAGE  07/14 いわみざわ公園野外音楽堂 (北海道)
2021年  第16回徹子の部屋コンサート  11/24 東京国際フォーラム・ホールA (東京都)
 2022年   第17回徹子の部屋コンサート  11/23 東京国際フォーラム・ホールA (東京都)
 11/27 大阪フェスティバルホール (大阪府)


● 出演メディア


◎ NHK紅白歌合戦出場歴

 1979年(昭和54年)/第30回  初  ビューティフル・ネーム
 1980年(昭和55年)/第31回  2  ポートピア
 1999年(平成11年)/第50回  3  ビューティフル・ネーム

◇注意点 :
・ 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。 :
・ 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

◎ ラジオ

・ 独占サウンドヒーロー ゴダイゴ・アブラカダブラ(ニッポン放送)
・ アイドルスタースペシャル とびきりPOP 愛の1・2・3(ニッポン放送)

◎ 映画

・ブラック・ジャック/瞳の中の訪問者(1977年)特別出演。
・HOUSE(大林宣彦監督)(1977年)東京駅にいたバンドマン役として友情出演。同作では小林亜星と共に音楽も担当。

● 書籍

・ 『Godiego PART1』(1979年4月15日、すばる書房)
 ・ アルバム(メンバーのミニ写真集)
 ・ メンバー紹介
 ・ ミニヒストリー
 ・ サウンド&ステージ
 ・ 著名人(堺正章、福田一郎、渡辺岳夫、はらたいら、砂田重民)からのゴダイゴへのメッセージ
 ・ 奈良橋陽子作品集
 ・ ガンダーラ、モンキーマジックの歌詞と楽譜掲載
・ 『GODIEGO jumbo'79(平凡編集臨時増刊)』(1979年9月5日、平凡社)- 大型写真集。
 ・ オール楽譜付きヒット全曲集
 ・ ゴダイゴの歴史がひと目でバッチリ
 ・ ファンの質問にメンバーがズバリ答える
 ・ 完全一ひとりずつファッショナブルポートレート
 ・ 別冊付録 超ワイド全員ホットポスター
 ・ 別冊付録 リフレッシュ・ゴダイゴ・カレンダー
・ 『ゴダイゴ 永遠のオデュッセイア』(1980年7月31日、徳間書店)
 ・ ゴダイゴへの道
 ・ ゴダイゴの仕掛け人ジョニー
 ・ ゴダイゴ、「ゴダイゴ」を語る
 ・ ゴダイゴのユートピア
・ 『45 Godiego 1976-2021』(2021年6月30日、株式会社KADOKAWA)
 ・ SpecialTalk ~ EXILE HIRO、亀田誠治、サカナクション ~ゴダイゴと語り合う
 ・ Perfect History 結成前から現在まで。ゴダイゴ45年の歴史を21章でたどる
 ・ メンバープロフィール ミッキー吉野/タケカワユキヒデ/浅野孝已/スティーヴ・フォックス/トミー・スナイダー/吉澤洋治
 ・ ゴダイゴ・楽曲ガイド(オリジナルアルバム、サウンドトラック、ベストアルバム、ソロ、海外販売)
 ・ ゴダイゴが関わった楽曲ガイド
 ・ ゴダイゴを語る~奈良橋陽子、Char、難波弘之 他
 ・ 追悼・浅野孝已、ジョニー野村 

「ゴダイゴ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月15日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

音楽グループの無作為ピックアップ

好きな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

好きな音楽グループを お選びください。

現在 66回の投票があります!

嫌いな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

現在 26回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター