好きな音楽グループ
ランキング40位
獲得票なし
嫌いな音楽グループ
ランキング17位
獲得票なし
GOING UNDER GROUND


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

GOING UNDER GROUND(ゴーイング・アンダー・グラウンド)は、日本のロックバンド。略称は「ゴーイング」、「GUG」など。

● プロフィール
埼玉県桶川市出身の3人組。桶川市立加納中学校1年生だった松本が中澤・石原・伊藤ら同級生を誘い結成し、その後何度かのメンバーチェンジを経てデビュー当時の5人体制となる。2度のメンバー脱退があったが、サポートメンバーを迎えながら継続的に活動。バンド名はイギリスのロックバンドTHE JAMのに由来する。 1998年頃より下北沢のライブハウスを中心にライブ活動を開始。 1998年12月12日、ミニアルバム『cello』でインディーズデビュー。 2001年6月21日、シングル『グラフティー』でビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。 2003年に「ハートビート」がボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)の、2005年に「STAND BY ME」が三ツ矢サイダーのテレビCMに起用される。 2005年2月にリリースしたアルバム『h.o.p.s.』が自己最高のオリコン初登場10位を記録。同タイトルの全国ツアーにて、7月に日比谷野外大音楽堂公演を行った。同年「トゥモロウズ ソング」をNHK『みんなのうた』に提供。 2006年7月、日本武道館でワンマンライブを開催。 2007年1月13日にはバンドの楽曲「ハミングライフ」が原案となった映画『ハミングライフ』が公開。 2009年4月18日の日比谷野外大音楽堂でのライブをもって伊藤洋一が脱退。 2010年、ポニーキャニオンへ移籍。ヒダカトオルをプロデューサーに迎え、同年5月に新体制として初のシングル『LISTEN TO THE STEREO』をリリース。同年にはメンバーの地元である桶川市民ホールにて初の凱旋ワンマンライブを開催した。 2015年1月31日の渋谷公会堂でのライブをもって河野丈洋が脱退。6月、個人事務所アクアミュージックプロダクツから離籍や、シングル 、アルバム、2枚組ベストアルバムをリリースした。 2020年、プロデューサーに曽我部恵一を迎えて完全フルリモート制作した楽曲「望郷東京2020」などの配信リリースや、観客定員を25名に限定し、1人1曲ずつのリクエスト曲のみでセットリストを構成したオールリクエストライブの実施と生配信などの試みを行った。 2022年、再び事務所を離れ、バンド運営をメンバーのみで行っていることを発表し、2020年から2021年にかけてリモート制作した楽曲等で構成したアルバム『あたらしいともだち』をライブ会場と通販・一部店舗での販売のみで発売した。

● メンバー

・ 松本素生(まつもと そう、1978年12月22日 -) - ボーカル・ギター担当 : 埼玉県桶川市出身。血液型A型。 : リード・ボーカリストであり、大半の楽曲の作詞・作曲を手掛けている。 : 他ミュージシャンへの楽曲提供等も行っているほか、「SxOxU」「松本素生」名義でソロ活動を行っている。 : 主な使用楽器(ギター) :
・ Trafzck Guitar Services オーダーメイド :
・ Epiphone エピフォン・カジノ 下倉楽器オーダー :
・ Gibson ES-335TD 1978年製・1974年製 :
・ ヤイリギター K.Yairi アコースティックギター、2015年には浦和レッズオフィシャルfacebookで公開された動画の音楽制作を担当した。 : 中学1年生の時に松本とバンドを始めるまでは漫画家を志していた。現在でもグッズ製作等で自作の漫画やイラストを公開している。公式ファンクラブ「TEAM GOING」(2015年閉鎖)が会員向けに発行していた会報誌「ヒダマリ画報」では編集長を務めていた。 : 元BEAT CRUSADERSのカトウタロウとのツインギターユニット「ナカザタロウ」名義で活動を行っているほか、友人である橋口靖正のトリビュートバンド「HGYM」にも中心メンバーとして参加している。 : 主な使用機材 :
・ ギター :
 ・ Epiphone Japan レスポール・スペシャル 1996年製 :
 ・ Fujigen NCTL-10M (テレキャスタータイプ) :
 ・ Fujigen NCLS-20R :
 ・ Gibson レスポール・ゴールドトップ :
 ・ Rickenbacker 330 :
・ エフェクター :
 ・ BOSS DD-20、OC-3、BD-2、TU-3 :
 ・ ZOOM MS-50G :
 ・ XOTIC BB Preamp :
 ・ HOTONE SOUL PRESS :
・アンプ :
 ・ Roland JC-120 Jazz Chorus Guitar Amplifier
・ 石原聡(いしはら さとし、1978年8月14日 -) - ベース担当 :埼玉県桶川市出身。血液型A型。 :通称「いっさん」。2009年夏よりバンドのマネージャー業務も担当していたが、2016年時点でマネジメント兼務は終了している。2015年の河野脱退の際に松本と中澤はバンドの解散を提案したが、石原1人がバンドの存続を主張したため、改めて話し合いを持ち、活動を続けることになった。「同じ月を見てた」のPVで主演しているほか、映画『ハミングライフ』にも出演している。 :椎名林檎の楽曲「自由へ道連れ」にベースで参加している。 : 主な使用楽器(ベース) :
・ Fender Custom Shop ジャズベース(複数) :
・ モデル名不明(ジャズベースタイプ)

◎ 元メンバー

・ 伊藤洋一(いとう よういち、1978年7月2日 -)- キーボード担当 :通称「よういっさん」。 :初期の前身バンドでドラムスを担当していたが脱退。後に再加入を希望した際にはドラムス担当として既に河野が加入していたため、鍵盤楽器に触れたことがなかったにもかかわらずキーボードとして加入した。 :伊藤がメンバーに黙ってレコード会社や音楽事務所などにデモテープを送っていたことがバンドのデビューのきっかけとなった。 :2009年4月18日の日比谷野外大音楽堂でのライブを最後に育児に専念するためにバンドを脱退し、音楽活動から引退した。

● ディスコグラフィー


◎ シングル

発売日 タイトル 規格品番 レーベル 順位
indies 1st  2000年4月21日  桜が咲いたら  amps-0001   aqua music products     -
indies 2nd  2000年9月3日  ロマンチック街道  amps-0002
indies 3rd  2001年3月10日  アロー  amps-0003
1st  2001年6月21日  グラフティー  VICL-35265   ビクターエンタテインメント  72位
2nd  2001年9月19日  センチメント・エキスプレス  VICL-35298  48位
3rd  2002年4月17日  ミラージュ  VICL-35379  30位
4th  2002年7月10日  ランブル  VICL-35405  49位
 5th  2003年5月7日   ダイアリー  VICL-35485(初回限定盤)/VICL-35494(通常盤)  37位
 2007年12月19日  VICL-36381   -
6th  2003年9月24日  トワイライト  VICL-35571(初回限定盤)/VICL-35585(通常盤)  20位
 7th  2004年1月21日   ハートビート  VICL-35619  57位
 2007年12月19日  VICL-36382   -
8th  2004年9月22日  サンキュー  VICL-35704  24位
9th  2004年12月8日  同じ月を見てた  VICL-35734  34位
10th  2005年2月9日  アゲハ  VICL-30561(完全限定生産)  37位
11th  2005年5月18日  STAND BY ME  VICL-35820  17位
12th  2005年8月17日  きらり/トゥモロウズ ソング  VICL-35873  32位
13th  2006年2月1日  Happy Birthday  VICL-35925(初回限定盤)/VICL-35926(通常盤)  36位
14th  2006年5月3日  VISTA/ハミングライフ  VICL-36072(初回限定盤)/VICL-36073(通常盤)  19位
15th  2007年3月21日  胸いっぱい  VICL-36225(初回限定盤)/VICL-36226(通常盤)  37位
16th  2007年6月13日  TWISTER  VICL-36292(初回限定盤)/VICL-36293(通常盤)  33位
17th  2007年10月17日  さかさまワールド  VICL-36344(初回限定盤)/VICL-36345(通常盤)  31位
18th  2008年3月19日  初恋  VICL-36425  21位
19th  2009年1月21日  いっしょに帰ろう  VICL-36468  35位
20th  2010年5月19日  LISTEN TO THE STEREO  PCCA-70282/PCCA-70283   ポニーキャニオン  19位
21st  2010年11月23日  LONG WAY TO GO  PCCA-03304  90位
22nd  2011年11月2日  愛なんて  PCCA-03479  87位
23rd  2013年11月9日  ならば青春の光  amps-0004  aqua music products   -
24th  2015年9月18日  もう夢は見ないことにした/Soul train  gugs-001  自主レーベル   -
25th  2016年5月11日  the band  XQLG−1020   Youth Records  69位
26th  2017年5月24日  超新星/よそもの  XQLG-1021  128位
27th  2018年6月6日  スウィートテンプテーション  YRNF-0009  96位


○ 配信シングル

 2009年11月11日  PaPaPa  iTunes Store   収録曲 PaPaPa(作詞:白井裕紀・平塚友次郎、作曲:松本素生)
信州大学繊維学部の「ハナサカ軍手ィプロジェクト」テーマソングとして書き下ろし。
 2020年4月16日  momotaro  Booth   収録曲 momotaro 昼呑み(仮)。   aqua music products
 2012年5月10日  GOING CLASSICS live at HOKUTOPIA  ampa-004  2012年1月21日に開催されたファンクラブイベント「TAMARIBA」でのポップ・クラシックバンドeverlyとのジョイントライブを収録。いずれもライブ会場及び公式サイト通販にて販売。   Youth Records
 2018年2月28日  ホーム 2018〜midnightblue〜  YR0006
 2018年3月31日  ハートビート 2018〜emotionalred〜  YR0007
 2018年4月7日  emotionalred ep  HR7S086  『ハートビート 2018〜emotionalred〜』から「トワイライト」「ダイアリー」を収録した7インチアナログ。



◎ 映像作品
いずれもDVDでの発売。
 2004年3月24日  every breath  VIBL-165  「ダイアリー」「トワイライト」「ハートビート」のMVと、2004年1月17日の渋谷公会堂ワンマンライブの映像を7曲収録。   ビクターエンタテインメント
 2006年10月25日  GOING UNDER GROUND TOUR TUTTI at BUDOKAN  VIBL-350  2006年7月6日に行われた初の武道館公演のノーカット映像及び当日のドキュメンタリー映像を収録。
 2009年9月1日  tour 2008-2009 “LUCKY STAR” FINAL LIVE at 日比谷野音  ampd-1  2009年4月18日に行われた伊藤洋一脱退ライブを収録。作詞・作曲:クボケンジ、松本素生。
 2013年5月8日  カモメトゥモロー/世界を変えるピアノが歌う  GOING UNDER GROUND
×末光篤(a.k.a.SUEMITSU & THE SUEMITH)  TRJC-1017  タワーレコード限定販売。


○ カバー

 2002年2月21日  『KINKY BOOT 〜 TRIBUTE TO THE KINKS』  VICL-60847  9.VICTORIA
 2002年10月17日  『一期一会 Sweets for my SPITZ』  MUCT-1003  12.Y
 2002年10月23日  『BEAT OFFENDERS 〜 A TRIBUTE TO THE COLLECTORS』  AMCT-10009  9.Giulietta
 2004年9月16日  the pillows『SYNCHRONIZED ROCKERS』  KICS-1103  7.LITTLE BUSTERS
 2007年10月24日  『奥田民生・カバーズ』  SECL563〜564  5.イージュー★ライダー  SKOOL-005  9.「BABY BABY」に伊藤がキーボードで参加。
 2006年5月31日  YELL FROM NIPPON『友情のエール』  VICL-36061  1.「友情のエール」に松本と中澤がボーカルで参加。
 2008年10月8日  藤井フミヤ『F's KITCHEN』  AICL-1960  4.「ケモノ マイハート」を松本が作詞・作曲。編曲・演奏にバンドとして参加。
 2008年12月3日  Blue Smith『ORGAN LOVE』  CCRK-0001  3.「ONE feat.松本素生&河野丈洋 from GOING UNDER GROUND」に松本が作詞・ボーカル、河野がドラムで参加。
 2011年7月13日  ミドリカワ書房『愛にのぼせろ』  TKCA-73654  5.「魔法にかけて!」、9.「また明日」を松本が作曲。その他10曲中6曲の制作・演奏にバンドとして参加。
 2012年5月16日  椎名林檎「自由へ道連れ」  CRESC-006  9.「世界を変えるピアノが歌う feat.松本素生」に松本がボーカルで参加、14.「Smile feat.GOING UNDER GROUND」にバンドがプロデュース・演奏・コーラスで参加。
 2021年11月10日  RISA COOPER『RISA LAND』  HYCA-8027  5.「だいじなじかん」に中澤がギターで参加。



◎ 未リリース作品
音源が存在するが公式にリリースされていない楽曲を記載。
・ 「屋根の上のSSW」「風になって」 2015年発売のDVD「GOING UNDER GROUND TOUR 『OReTABI 2014〜15』 LIVE at 渋谷公会堂『河野、バンドやめるってよ』」購入者特典として配布されたCD-R2種に収録されていた。「屋根の上のSSW」は2014年の桶川市民ホール公演のライブ動画が公式YouTubeチャンネルで公開されている。
・ 「shugar」「武蔵野」「ダンボールギフト」 2019年にグッズとして販売されたカセットテープ「Private lessons vol.1」、同「vol.2」に収録。

◎ 電子書籍

・ 「GOING UNDER GROUND〜終われなかった男たちの肖像〜」(2011年 著者:兼田達矢、出版社:アクアミュージック)インタビュー集。当初アプリとして発売され、その後電子書籍として配信されている。

● メディア出演


◎ テレビ

・ ゴゴイチ 〜SPACE SHOWER CHART SHOW〜、スペースシャワーTV)
 ・ 松本がビデオメッセージコーナー「ソウイチ」に出演していた他、2005年1月にはマンスリーアーティストとして石原主演のドラマ「2分40秒」(「24 -TWENTY FOUR-」のパロディ)を制作した。
・ Oxala(スペースシャワーTV、2006年4月5日 - 2007年3月末 毎週水曜日 18:30-20:00)
 ・ 松本が10-FEETのTAKUMAと共にVJとして出演。
・ オンガク開放区(テレビ神奈川、2011 - 2013年)
 ・松本がメインMCとして出演。

◎ ラジオ

・ PLATOn(J-WAVE、2008 - 2010年) - 松本が名越康文とともに定期的に出演していた。
・ FM ROCK KIDS PART 1(AIR-G' 2006年7月1日 - 2006年9月)
・ TR2(J-WAVE、2005年4月5日 - 2005年9月27日) - 火曜日パーソナリティを松本が担当。番組終了後2007年初頭まではポッドキャスティングを利用して「松本素生の元TR2」が配信されていたが、2010年現在は更新が停止している。
・ MUSIC9(岐阜FM、2005年1月6日 - 3月31日(木)・4月1日 - 6月24日(金)) - 2005年1月〜3月は毎週木曜、4月〜6月は毎週金曜に中澤と伊藤がパーソナリティを務めていた。
・ MUSIC FREAKS(FM802、2002年10月 - 2003年9月) - 松本が175RのSHOGOと隔週でパーソナリティを務めていた。
・ GOING UNDER GROUND の 8 o'clock JUMP(CROSS FM、2002年4月1日 - 終了) - 毎週月曜日20:30 - 21:00放送。河野がパーソナリティを務めていた。

◎ 雑誌

・ 芸術新潮 - 河野のエッセイ「もう一杯だけ呑んで帰ろう。」(角田光代との共作)連載(2014年5月号 - 2017年5月号)。2017年11月に新潮社より書籍化。
・ 音楽と人 - 河野のコラム「羊が鳴く理由」連載(2005 - 2015年3月号)。
・ 東海ウォーカー - 石原のエッセイ「バンめし」連載(フジファブリック金澤ダイスケと隔号リレー形式で掲載)(2010年)。
・ BRIDGE ・ROCKIN'ON JAPAN - 松本のコラム「コモン駒沢グラフティー」不定期連載(2001年 - 2004年5月号)。
・ FLYING POSTMAN PRESS(フリーペーパー) - 中澤のコラム連載(東京版のみ)(2003年)。
・ CDでーた - 石原のコラム「GOING UNDER GROUND石原聡の座敷あらし」連載(2002年)。
・ BADGE - 中澤のコラム「GOING UNDER GROUND中澤寛規の裏BADGE」連載(2002年)。

● タイアップ

 1998年  ROMANCE  映画『RAINBOW』(熊澤尚人監督・1999年7月10日公開)挿入歌
  2001年  アロー  NHK-FM放送『ミュージックスクエア 』エンディング曲(2001年2月 - 3月)
 かよわきエナジー  BS-i『アイノウタ』エンディングテーマ(2002年4月7日 2002年9月29日)
 俺たちの旅  ニッポン放送『オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR』エンディング曲(2008年10月3日 - 2009年3月20日)
 2002年  ランブル  テレビ東京系列『その「おこだわり」、私にもくれよ』第5話エンディング曲(2016年5月7日)
  2003年  ダイアリー  テレビ埼玉『REDS TV GGR』エンディングテーマ
丸大食品テレビCMアテネ五輪応援ソング(2003年)
 トワイライト  NHK教育『あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑』主題歌(2004年4月5日 - 2012年3月29日)
テレビ東京系『元祖でぶや』初代エンディングテーマ
映画『銀のエンゼル』(鈴井貴之監督・2004年12月18日公開)挿入歌
 ハートビート  ボーダフォン日本法人「V601N」テレビCM(2003年11月末)
映画『茜色に焼かれる』(石井裕也監督・2021年5月21日公開)主題歌
 さえないブルー  映画『銀のエンゼル』主題歌
 2004年  サンキュー  TBS系『Pooh』2004年9月度エンディングテーマ
映画『彩恋 SAI-REN』(飯塚健監督・2007年8月4日公開)挿入歌
TBS『恋するハニカミ』限定花王ソフィーナ「AUBE」60秒テレビCM(2004年)
  2005年  STAND BY ME  アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」テレビCM(2005年3月12日 -)
テレビ埼玉『V-Clips』2015年1月度オープニング曲
 きらり  music.jp「夏うた 夏メロ キャンペーン」使用曲(2005年)
NHK松江放送局『先生の秘密』主題曲(2007年7月27日)
 トゥモロウズ ソング  NHK『みんなのうた』(2005年8月 - 9月)
  2006年  南十字  NTTドコモ東海テレビCM(2006年2月11日 -) ※東海地方のみ
 VISTA  アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」テレビCM(2006年3月18日 -)
ニンテンドーDS『燃えろ熱血リズム魂 押忍闘え応援団2』使用曲
 ハミングライフ  J-WAVE春のキャンペーン「THiNKTOMORROW」キャンペーンソング(2006年春)
映画『ハミングライフ』(窪田崇監督・2007年1月13日公開)エンディングテーマ
  2007年  胸いっぱい  テレビ東京系『世界卓球2007』テーマ曲
 ion  映画『ハミングライフ』オープニングテーマ
 さかさまワールド  映画『タクミくんシリーズ そして春風にささやいて』(横山一洋監督・2007年12月22日公開)主題歌
 PLANET  東京海上日動あんしん生命テレビCM(2007年9月2日 -)
 Title  日本フットサルリーグ(F.LEAGUE)2007年度オフィシャルテーマソング
  2008年  初恋(村下孝蔵のカバー)  サントリー「白いなっちゃん」テレビCM(2008年1月 -)
 My Treasure  テレビ朝日系『アドレなガレッジ』エンディングテーマ(2008年4月 - 6月)
  2009年  run boyz run  日本フットサルリーグ(F.LEAGUE)2008年度オフィシャルテーマソング
 すべての音楽が鳴りやんだあとに  西日本シティ銀行テレビCM(2009年6月 - 1年間)
 トーキョー・キャンバス  東京新聞テレビCM(2009年3月12日 - 1年間)
 PaPaPa  信州大学繊維学部「ハナサカ軍手ィプロジェクト」テーマソング(2009年 -)
 2010年  LISTEN TO THE STEREO  テレビ東京系『家庭教師ヒットマンREBORN』オープニングテーマ(2010年4月 - 9月)
CBCラジオ『宮部和裕のドラゴンズEXPRESS』番組テーマ曲(2010年10月5日 - 2011年4月1日/2011年10月19日 - 2012年3月29日)
  2011年  RAW LIFE  映画『行け男子高校演劇部』(英勉監督・池田鉄洋脚本・2011年8月6日公開)主題歌
 さよなら僕のハックルベリー  洋服の青山テレビCM「フレッシャーズ」編(2011年2月14日 -)
テレビ神奈川『音楽缶』2011年4月度テーマソング
 愛なんて  映画『ハラがコレなんで』(石井裕也監督・2011年11月5日公開)主題歌
  2012年  Shining  JR東海「トーキョーブックマーク」テレビCM(2012年春)
 Breakthrough  テレビ東京系『FAIRY TAIL』オープニングテーマ(2012年10月 - 2013年1月)
  2014年  ALONE AGAIN  壺溪塾テレビCM(2014年4月 -) ※熊本のみ
 Tangerine Orange  テレビ神奈川『ハマナビ』エンディングテーマ(2014年春)
 2016年  Teenage Last  テレビ神奈川『MUTOMA』2016年8月度テーマ曲
 2018年  Winding Road  進研ゼミ中学講座「合格への基礎力UPマラソン」応援ソング(2010年 -)



◎ ヘビーローテーション

 2001年  センチメント・エキスプレス  関西AMラジオ局合同「Monthly A Music」2001年9月度ヘビーローテーション
  2002年  ミラージュ  スペースシャワーTV 2002年4月度POWER PUSH
 ランブル  FM802 2002年7月度ヘビーローテーション
e-radio「e-radio HotStuff」2002年7月度ヘビーローテーション



● ミュージック・ビデオ

年 曲名 監督
 1998年  「涙がこぼれそう」  
 1999年  「思春期のブルース」  
  2000年  「ロマンチック街道」   熊澤尚人
 「桜が咲いたら」
  2001年  「アロー」  黒川静香
 「グラフティー」  本田義信
 「センチメント・エキスプレス」  川村ケンスケ
 「かよわきエナジー〜Take Me Home, Country Roads.」  本田義信
  2002年  「ミラージュ」  川村ケンスケ・岩神拓郎
 「ランブル」  川村ケンスケ
  2003年  「ダイアリー」  熊澤尚人
 「トワイライト」  中野達仁
 「ハートビート」  熊澤尚人
  2004年  「サンキュー」   中野達仁
 「同じ月を見てた」
  2005年  「アゲハ alternate version "アゲハとトカゲ"」  本田義信
 「STAND BY ME」  
 「きらり」  
  2006年  「Happy Birthday」  川村ケンスケ
 「VISTA」  土屋隆俊
 「ハミングライフ」  河野丈洋
  2007年  「胸いっぱい」
・2002年 - hocus pocus
・2002年 - 秋
・2002年 - kodama
・2003年 - いろは
・2003年 - every breath
・2004年 - every place
・2004年 - THANKS GIVING
・2005年 - h.o.p.s.
・2005年 - orion
・2006年 - TUTTI
・2006年 - going on parade
・2007年 - TWISTER
・2007年 - さかさまワールドツアー/さかさまワールドツアーダブルス
・2008年 - 目を閉じて君を想う時は
・2008年 - LUCKY STAR
・2010年 - 聡です!ひろき心で気分JOEJOE!はりきっていきまSOU!
・2011年 - 10th Anniversary Tour Rollin' Rollin'
・2012年 - strangers in the night
・2012年 - WHEEL of FORTUNE
・2012年 - emotional song session
・2012年 - Roots&Routes
・2013年 - ならば青春の光
・2014年 - ひとりぼっちになる日のために
・2014年 - OReTABI 2014~15
・2015年 - Teenage last
・2015年 - 武蔵野コーリング
・2015年 - soul train
・2015年 - hello sunset club
・2016年 - Out Of Blue
・2017年 - SUPERNOVA
・2017年 - 真夏の目撃者
・2018年 - 20th Anniversary PREMIUM LIVE
・2018年 - 20th Anniversary ICE CREAM TOUR
・2018年 - 20th Anniversary RETURN OF THE ICE CREAM
・2019年 - ALL TIME BEST TOUR 〜20th STORY+LOVE+SONG〜
○ 企画イベント
ふるさとライブ 特に記載のないものは桶川市民ホールでの開催。
・2010年11月03日 - ふるさとライブ 荒川わたれ
・2012年12月08日 - 淀川わたれ(大阪・御堂会館)
・2013年12月01日 - 淀川わたれ vol.2(大阪・御堂会館)
・2018年05月05日 - 20th Anniversary PREMIUM LIVE 荒川わたれ 2018
・2021年07月11日 - 荒川わたれ 2021 in 熊谷(埼玉・八木橋百貨店 カトレアホール)
・2023年04月30日 - 荒川わたれ 2023〜桶川発鶴ヶ島経由熊谷行き(埼玉・八木橋百貨店 カトレアホール) 全方位全肯定
・2016年12月21日 - 全方位全肯定 vol.1
・2017年01月24日 - 全方位全肯定 vol.2
・2017年02月25日 - 全方位全肯定 vol.3
・2017年04月08日 - 全方位全肯定 vol.4 大阪編
・2018年08月04日 - 全方位全肯定 vol.9
・2018年12月12日 - 全方位全肯定 vol.10 SOU FES
・2012年07月07日 - SOU FES(ゲスト:フラワーカンパニーズ/初恋の嵐/andymori)(日比谷野外大音楽堂)
・2013年05月06日 - SOU FES(ゲスト:ORANGE RANGE/People In The Box)(日比谷野外大音楽堂)
・2014年06月28日 - SOU FES(ゲスト:THE COLLECTORS/HARCO/ナカザタロウ/メレンゲ)(TSUTAYA O-EAST) 週末Diner
・2009年09月19日 - 週末Diner vol.1 名古屋
・2009年09月21日 - 週末Diner vol.1 新潟
・2009年10月02日 - 週末Diner vol.1 仙台
・2009年10月10日 - 週末Diner vol.1 東京
・2010年10月16日 - 週末Diner vol.2
・2010年11月20日 - 週末Diner vol.2 大阪
・2011年06月11日 - 週末Diner vol.3 名古屋
・2011年06月18日 - 週末Diner vol.3 長野
・2011年09月22日 - 週末Diner vol.3
・2012年12月22日 - 週末Diner vol.4 仙台
・2012年09月29日 - 週末Diner vol.4 長野
・2015年11月22日 - 週末Diner
・2017年10月21日 - 週末ダイナー 〜福岡久々編〜

◎ 出演イベント
フェス・大型イベント・サーキットライブを記載。 1999 - 2005年
・1999年08月02日 - ロックロックこんにちは(大阪)
・2000年08月10日 - ロックロックこんにちは(大阪)
・2000年08月23日 - ロックロックこんにちは(仙台)
・2000年10月 - MINAMI WHEEL 2000
・2010年09月12日 - RADIO BERRY ベリテンライブ
・2010年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 2011 - 2015年
・2011年03月20日 - MUSIC CUBE
・2011年03月21日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM
・2011年04月16日 - SKULLSHIT presents THE LIVE
・2011年07月16日 - 夏びらき MUSIC FESTIVAL
・2011年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL
・2011年09月17日 - 勝手にウッドストック
・2011年09月25日 - 長田大行進曲
・2012年02月18日 - YATSUI FESTIVAL
・2012年03月18日 - HAPPY JACK
・2012年08月26日 - MONSTER baSH
・2012年09月09日 - RADIO BERRY ベリテンライブ
・2012年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN
・2013年03月16日 - HAPPY JACK
・2013年03月17日 - MUSIC CUBE
・2013年03月20日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM
・2013年06月22日 - YATSUI FESTIVAL
・2013年07月12日 - RADIO BERRY ベリテンライブ
・2013年08月17日 - ライジング・サン・ロックフェスティバル
・2013年08月24日 - MONSTER baSH
・2014年03月16日 - HAPPY JACK
・2014年04月29日 - COMIN'KOBE
・2014年06月21日 - YATSUI FESTIVAL
・2014年08月23日 - FREEDOM NAGOYA
・2014年09月02日 - 小岩井ロックフェスティバル ロックのほそ道
・2015年06月21日 - YATSUI FESTIVAL 2016年 -
・2016年06月04日 - 百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜
・2016年06月18日 - YATSUI FESTIVAL
・2016年08月13日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL
・2016年08月20日 - PEANUTS CAMP
・2016年09月18日 - いしがきミュージックフェスティバル
・2016年10月01日 - AGEOまちフェス
・2016年10月09日 - MINAMI WHEEL 2016
・2016年12月04日 - SKULLSHIT 骸骨祭り
・2017年03月19日 - Negi Rock
・2017年06月18日 - YATSUI FESTIVAL
・2017年08月26日 - ONE MUSIC CAMP
・2017年09月30日 - AGEOまちフェス
・2018年05月26日 - hoshioto
・2018年06月16日 - YATSUI FESTIVAL
・2018年08月18日 - MONSTER baSH
・2018年10月07日 - WAKE UP FES
・2019年06月16日 - YATSUI FESTIVAL
・2019年08月12日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL
・2019年08月23日 - ロックロックこんにちは(大阪)
・2019年08月25日 - ONE MUSIC CAMP
・2019年12月27日 - RADIO CRAZY
・2020年06月20日 - YATSUI FESTIVAL
・2020年12月07日 - ハンバーグフェス
・2021年06月19日 - YATSUI FESTIVAL
・2021年07月18日 - GFB(つくばロックフェス)
・2022年07月16日 - GFB(つくばロックフェス)
・2023年06月17日 - YATSUI FESTIVAL
・2023年10月08日 - MINAMI WHEEL 2023

「GOING UNDER GROUND」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月15日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

音楽グループの無作為ピックアップ

好きな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

好きな音楽グループを お選びください。

現在 66回の投票があります!

嫌いな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

現在 26回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター