好きな映画監督
ランキング57位
獲得票なし
嫌いな映画監督
ランキング5位
3票獲得
鈴木清順


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

(゚⊿゚)ツマンネから

鈴木 清順(すずき せいじゅん、1923年〈大正12年〉5月24日)は、日本の映画監督・俳優。本名:鈴木 清太郎(すずき せいたろう)。また晩年メガホンを取った『ピストルオペラ』『オペレッタ狸御殿』でのアバンギャルドな作風は、世界中の監督達に強い影響を与えている。

● 来歴


◎ 生い立ち
1923年(大正12年)、東京日本橋の呉服屋の長男として生まれる。関東大震災に被災後、本所亀沢町(現:墨田区)に移る。1941年(昭和16年)東京府立第三商業学校卒業後、旧制弘前高等学校(現弘前大学)に進む。柔道部に入部した。そのときに寮の同室の学生に北一輝の『支那革命外史』 を読むように勧められた。1943年(昭和18年)学徒出陣で応召。陸軍二等兵として入隊。フィリピン、台湾を転戦し、陸軍少尉で終戦を迎える。1946年(昭和21年)復員して弘前高校に復学し、1948年(昭和23年)に卒業の後、東京大学経済学部を受験するが失敗する。同じく東大受験に失敗した仲間に誘われる形で、鎌倉アカデミアの映画科に入るが、同年友人の誘いで松竹大船撮影所の戦後第一回助監督試験を受け、合格を果たす。合格者は1500人中8人だったという。鈴木の成績は23番目だった。その後、岩沢康徳、佐々木康、中村登らについたのを経て、1951年(昭和26年)からメロドラマを得意とした岩間鶴夫のもとで専属助監督を務めた。

◎ 日活
1954年(昭和29年)西河克己の勧めで日活に移籍してからは、主に野口博志に師事し、1956年(昭和31年)中川順夫・浦山桐郎共同脚本による「勝利をわが手に」を本名の鈴木清太郎名義で初監督。 1958年(昭和33年)の「暗黒街の美女」で鈴木清順と名を改め、以後、1959年(昭和34年)赤木圭一郎のデビュー作「素ッ裸の年令」、1963年(昭和38年)小林旭主演の「関東無宿」、1964年(昭和39年)野川由美子主演の「肉体の門」、1966年(昭和41年)渡哲也主演の「東京流れ者」、高橋英樹主演の「けんかえれじい」などの作品を発表。モダンで新鮮な色彩感覚と映像リズムによる独自の世界観を作り出し、『清順美学』と称されるほど一部に熱狂的なファンを獲得。この間、映画製作の仲間の曽根中生、大和屋竺、木村威夫らと脚本家グループ「具流八郎」を結成。 1967年(昭和42年)には宍戸錠主演の「殺しの烙印」を発表するが、日活社長・堀久作の逆鱗に触れ、翌年同社を追われた。これに抗議したファンや映画関係者は「鈴木清順問題共闘会議」を結成、デモを行うなど、一時は社会問題に発展した。

◎ 鈴木清順問題共闘会議
1968年、シネクラブが企画していた「鈴木清順作品三十七本連続上映会」へのフィルム貸出を日活が拒否したことに端を発し、鈴木は日活から解雇された。これが当時の日活社長堀久作の「わからない映画ばかり作られては困る」の発言による鈴木清順解雇事件である。裁判事件となり、川喜多和子などが「鈴木清順問題共闘会議」を結成して鈴木を支援し。この間鈴木は映画を製作しなかった、東映の幹部が岡田茂東映社長に企画を上げるまでに全部潰し、東映での初主演をオファーされていた岡田裕介が脚本を読み。

◎ 活動再開以後
1977年(昭和52年)松竹で「悲愁物語」でカムバックを果たす。 1980年(昭和55年)には内田百閒の「サラサーテの盤」を原作とした「ツィゴイネルワイゼン」を完成させ、プロデューサー荒戸源次郎の試みで巨大なテントを会場とした上映方式で興行した。十年間の鬱屈を全て晴らすように、一切妥協しないという創作態度で挑んだこの作品は、キネマ旬報ベストワン(これが初のベストテン入賞でもある)、芸術選奨文部大臣賞、日本アカデミー賞最優秀賞作品賞及び監督賞を獲得。ベルリン国際映画祭に出品されるや、国外の映画関係者に激賞され、スペシャル・メンションを受賞する快挙を成し遂げ、国内外で高く評価された。またこの受賞を機に清順が世界的に知られるきっかけとなった。続く翌年の「陽炎座」もキネマ旬報ベストテン3位に入賞するが、以降、作品発表間隔が大きく開くようになり、この両年に大きく盛り上がった再評価ブームは維持できなかった。 1984年(昭和59年)、「カポネ大いに泣く」で一般劇場映画に復帰。また、1985年(昭和60年)に公開された ルパンシリーズの劇場映画第3作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』では監督を務めた。その後、しばらく監督業から遠ざかるが、2001年(平成13年)に十数年ぶりに再びメガホンを取った「ピストルオペラ」は第58回ヴェネツィア国際映画祭で「偉大なる巨匠に捧げるオマージュの盾」受賞を始め、スペイン/ヒホン国際映画祭等世界各国の映画賞を受賞し、過去の清順作品もリバイバル上映されるなど話題を呼んだ。この時期以降十数年間、ピストルオペラ/プロデューサー小椋悟が代表を務める小椋事務所が清順のエージェントを務めた。2004年ごろ、48歳年下の女性と再婚。2010年、山路ふみ子文化財団特別賞を受賞。 2017年(平成29年)2月13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため都内の病院で死去。。2005年の『オペレッタ狸御殿』が遺作となった。次作として室生犀星の小説『蜜のあわれ』の映画化の準備が水面下で進んでいたが、叶わなかった。 『キネマ旬報』2017年4月下旬号(No.1744)で追悼特集が組まれた。他に『ユリイカ 詩と批評 特集 追悼・鈴木清順』(青土社、2017年5月号)がある。 墓は台東区根岸の西蔵院にある。戒名は龍泉院櫻雲清順居士。

● 人物

・ 松竹入社後、ダンディで名高い松竹トップクラス監督の木下惠介が、「あんな汚らしい男をうちの助監督につけるな」と発言。現に一度も木下惠介の助監督はやっていない。一方で松竹から日活へ移る鈴木に唯一木下だけが頑張れと励ましの声を掛けてくれた。
・ 松竹助監督時代はどちらかと言うと、日陰の存在の監督(岩間鶴夫)や「大船三天皇」と呼ばれた奇人の助監督などと共に仕事をしていた。よくいっしょに仕事をしていたのは篠田正浩。
・ 「日活は松竹の3倍の給料が出るよ」と西河克己に誘われて日活移籍を決意。
・ 1984年のテレビアニメ『ルパン三世 PARTIII』第13話「悪のり変装曲」では脚本を執筆しており、一風違ったミステリアスな作品に仕上がっている。
・ 生前は馬好きで知られた。
・ 大森一樹が『暗くなるまで待てない!』(1975年)『ヒポクラテスたち』(1980年)と続けて清順を「特別出演」させて以降、彼をリスペクトする若手監督たちの間で「鈴木清順のカメオ出演」が流行のようになり、大量の映画やテレビドラマに出演することとなった。
・ 1985年〜1986年に放送された『笑って許して』で、当時NHKの花形アナウンサーだった鈴木健二を「あれはうちの弟」と発言した際、観客席はおろか共演していた回答者や司会者までもが驚くというエピソードがあった。兄弟だったということをあまり話す機会がなかった故に起こったことであった。

● 監督作品


◎ 映画

・ (1956年)
・ 海の純情(1956年)
・ 悪魔の街(1956年)
・ 浮草の宿(1957年)
・ 8時間の恐怖(1957年、日活)- 出演・金子信雄、利根はる恵、柳谷寛、二谷英明ほか
・ (1957年)
・ (1958年)
・ 踏みはずした春(1958年)
・ (1958年)
・ 影なき声(1958年)
・ らぶれたあ(1959年)
・ 暗黒の旅券(1959年)
・ 素ッ裸の年令(1959年)
・ (1960年)
・ けものの眠り(1960年)
・ 密航0ライン(1960年)
・ (1960年)
・ (1960年)
・ 東京騎士隊(1961年)
・ 無鉄砲大将(1961年)
・ 散弾銃の男(1961年)
・ 峠を渡る若い風(1961年)
・ 海峡、血に染めて(1961年)
・ 百万弗を叩き出せ(1961年)
・ ハイティーンやくざ(1962年)
・ 俺に賭けた奴ら(1962年)
・ 探偵事務所23 くたばれ悪党ども(1963年)
・ 野獣の青春(1963年)
・ 悪太郎(1963年)
・ 関東無宿(1963年)
・ 花と怒涛(1964年)
・ 肉体の門(1964年)
・ 俺たちの血が許さない(1964年)
・ 春婦傳(1965年)
・ (1965年)
・ 刺青一代(1965年)
・ 河内カルメン(1966年)
・ 東京流れ者(1966年)
・ けんかえれじい(1966年)
・ 殺しの烙印(1967年)
・ 悲愁物語(1977年)
・ ツィゴイネルワイゼン(1980年)
・ 陽炎座(1981年)
・ カポネ大いに泣く(1985年)
・ ルパン三世 バビロンの黄金伝説(1985年)
・ 夢二(1991年)
・ 結婚(陣内・原田御両家篇)(1993年) ※オムニバス映画
・ ピストルオペラ(2001年)
・ オペレッタ狸御殿(2005年)

◎ テレビ

・ 愛妻くんこんばんは「ある決闘」(1968年、TBS)
・ 黒部の太陽 第5話「男の中には鳥がいる」(1969年、日本テレビ※未放映)
・ 恐怖劇場アンバランス 第1話「木乃伊の恋」(1973年、フジテレビ・円谷プロ)
・ ルパン三世
 ・ 第2シリーズ (1977年 - 1980年) 監修 (52話〜155話)
 ・ 第3シリーズ 第13話「悪のり変装曲」(1984年)
・ 日曜恐怖シリーズ「穴の牙」(1979年、フジテレビ)
・ 傑作推理劇場「陳舜臣の神獣の爪」(1980年、テレビ朝日)
・ 大江戸捜査網「花吹雪炎に舞う一番纏」(1981年、テレビ東京)
・ 火曜サスペンス劇場(日本テレビ)
 ・ 「家族の選択」(1983年)
 ・ 「眠れぬ夜の悪魔」(1986年)
・ PRE★STAGE「鈴木清順のミステリー劇場」全2話(1992年、テレビ朝日)

◎ オリジナルビデオ

・ 春桜 ジャパネスク(1983年)
・ 舞衣夢 (1983年)
・ 弘高青春物語(1992年 2003年劇場公開)

● 出演作品


◎ 映画

・ 暗くなるまで待てない!(1975年)
・ ヒポクラテスたち(1980年)
・マリリンに逢いたい(1988年)
・ 無能の人(1991年)
・ コールド・フィーバー(1995年)
・ 必殺 主水死す(1996年) - 葛飾北斎 役
・ 不夜城 SLEEPLESS TOWN(1998年) - 葉暁丹 役
・ 月(2000年) - 老医師 役
・ 幸福の鐘(2003年) - 横井長介 役
・ (2007年)
・ ミロクローゼ(2012年) - 蛾禅 役
・ あなたにゐてほしい Soar(2015年)
・ 鎌倉アカデミア 青の時代(2017年)

◎ オリジナルビデオ

・ ブラック・ジャック2 ピノコ愛してる(1996年) - 馮二斉(刀鍛冶) 役

◎ テレビ

・ ムー(1977年、TBS)
・ ムー一族(1978年、TBS)
・ 終りに見た街(1982年、朝日放送)
・ みちしるべ(1983年3月12日、NHK) - 宮口清太郎 役 脚本・井沢満、演出・望月良雄、プラハ国際テレビ祭グランプリ受賞。
・ 赤川次郎のおやすみ、テディ・ベア (1983年8月9日、TBS系)
・ セーラー服通り(1986年、TBS) - 校長 役
・ 火曜サスペンス劇場「眠れぬ夜の悪魔」(1986年、日本テレビ)
・ 結婚する手続き(1988年、NHK)
・ 連続テレビ小説(NHK)
 ・ 青春家族(1989年)
 ・ 君の名は(1991年) - 住職 役
 ・ ひまわり(1996年) - 寺崎弥市 役
・ 美少女仮面ポワトリン(1990年、フジテレビ) - 神様 役
・ 世にも奇妙な物語『死後の苦労』(1990年、フジテレビ) - 神様 役
・ 土曜ドラマ(NHK)
 ・ 私が愛したウルトラセブン(1993年) - 円谷英二 役
・ 積木くずし-崩壊(1994年、テレビ東京)
・ グッドモーニング(1994年、フジテレビ)
・ クリスマスキス〜イブに逢いましょう(1995年、テレビ東京)
・ 音効さん(1993年10月-1994年3月 フジテレビ)
・ さむらい探偵事件簿 第4話 「モデルにされた迷探偵」(1996年、日本テレビ / ユニオン映画)
・ FiVE(1997年、日本テレビ)
・ ドラマ新銀河(NHK)
 ・ 父さんは森に隠れる(1997年) - 鹿田辰五郎 役
・ 素晴らしき家族旅行(1998年、テレビ東京) - 菊地高一郎 役
・ 新・俺たちの旅 Ver.1999(1999年、日本テレビ)
・ 笑ゥせぇるすまん(1999年、テレビ朝日) - 鑑定士 役
・ 税務調査官・窓際太郎の事件簿3(1999年、TBS) - 政界のドン 役
・ 踊るレジェンドドラマスペシャル弁護士 灰島秀樹(2006年10月28日)
・ 笑って許して(1985年10月 - 1986年9月、日本テレビ)
・ 今夜は最高(日本テレビ)

◎ ゲーム

・ おまかせ!退魔業(1996年) - 謎の風水師 役(特別出演)

◎ ミュージックビデオ

・ 関口和之 「砂金~絵の中のクレーア」 (1986年)

◎ CM

・ 原酒造「越の誉」(語り)
・ 資生堂「ベネフィークグレイシィ」(1981年)、「ヘアカラー」(1983年)
・ TOTO「ウォシュレット」(1988年、教育編。戸川純と共演)
・ 東邦ガス「全自動ガス給湯器」(1980年代)
・ DDIポケット「ポケット電話」(1995年)
・ カネテツデリカフーズ「石臼伝説」(1996年)
・ au「簡単ケータイS」(2005年)

● 著書

・ 『けんかえれじい』 三一書房 1970、新版1991/新装版:日本図書センター「人間の記録」2003
・ 『花地獄』 北冬書房 1972、新版1996
・ 『暴力探しにまちへ出る』 北冬書房 1973※限定800部
・ 『夢と祈祷師』 北冬書房 1975、新版1991
・ 『まちづくし』 北冬書房 1982
・ 『孤愁』 北冬書房 1981
・ 『シネアストは語る 1 名古屋シネマテーク』 1990(名古屋シネマテーク叢書:no.1)
・ 『つくりつたえるメッセージ : 情報達人たちの世界』 鈴木清順 [ほか述 社会経済国民会議情報化対策国民会議 1992
・ 『すっころび仙人の人生論』 講談社 1995
・ 『清/順/映/画』 鈴木清順 述/磯田勉・轟夕起夫編、ワイズ出版 2006
・ 『鈴木清順エッセイ・コレクション』四方田犬彦編、筑摩書房〈ちくま文庫〉 2010

「鈴木清順」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月20日14時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな映画監督は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな映画監督を お選びください。

嫌いな映画監督は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな映画監督を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな映画監督は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな映画監督を お選びください。

嫌いな映画監督は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな映画監督を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな映画監督は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな映画監督を お選びください。

嫌いな映画監督は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな映画監督を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな映画監督は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな映画監督を お選びください。

嫌いな映画監督は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな映画監督を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな映画監督は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな映画監督を お選びください。

嫌いな映画監督は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな映画監督を お選びください。

映画監督の無作為ピックアップ

好きな映画監督は どっち?

投票すると映画監督ランキングが閲覧できます!


VS

好きな映画監督を お選びください。

現在 105回の投票があります!

嫌いな映画監督は どっち?

投票すると映画監督ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな映画監督を お選びください。

現在 84回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター