好きな音楽グループ
ランキング1位
7票獲得
嫌いな音楽グループ
ランキング17位
獲得票なし
Perfume


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

3人の息がピッタリ

音楽と振り付けが絶妙!

Perfume(パフューム)は、日本の音楽ユニット。中田ヤスタカが楽曲プロデュースする広島県出身の3人組テクノポップユニットである。 女性アイドルグループとしては相当に長い下積みを経て、2007年から2008年にかけてブレイク。以降も長く人気を保つ女性アイドルグループである。独特の音楽性やダンス、舞台演出等に特徴がある。 アミューズ所属。レコードレーベルはPerfume Records。公式ファンクラブは「P.T.A.」。

● メンバー

名前 愛称 生年月日(年齢) 髪型 基本衣装
  樫野 有香
(かしの ゆか)    かしゆか       前髪ぱっつん(または右寄せ)のロングストレートヘア    ミニスカート
  西脇 綾香
(にしわき あやか)    あ〜ちゃん       セミロングパーマまたはポニーテール    ワンピース    ショートパンツ。3人の髪型は上京後にのっちが「三人が並んだ写真を見たときにちょっと重すぎるかな」と感じて、何となく決まった。それから「みんなでビッグになって覚えてもらうまで髪型は変えん」と決めた。また髪を染めたことは一度もない。3人は同じ学年であるがあ〜ちゃんのみ平成生まれである。 自己紹介は「かしゆかですあ〜ちゃんですのっちです(のっち)3人合わせて…(全員)Perfumeです」。 全員が広島県出身。3人が出会った当初、かしゆかとのっちはあ〜ちゃんから大きな影響を受け、それ以来、あ〜ちゃんのことを「長」と位置づけている。しかしあ〜ちゃんがリーダーというわけではなく、他の2人も含めてPerfumeにリーダーは存在しない。かしゆかはこれを「Perfumeとは、終わりのないジャンケンである」と例えている。 立ち位置やダンスの際にセンターポジションは固定されず、1曲の間にも3人の立ち位置は変わる。したがって、3人のことを立ち位置で識別することはできない。メンバーはデビュー以来、特にステージ上でそれぞれの特徴を覚えてもらうために髪型と服装を大きく変化させないよう心がけている。

◎ 元メンバー

名前 愛称 生年月日(年齢)
  河島 佑香
(かわしま ゆか)   かわゆか  

・ 学業に専念するため2001年の初夏に脱退。
・ 脱退後、吉本興業に一般社員として入社し、よしもとクリエイティブ・エージェンシー広島事務所を担当し、後に退社。
・ 2020年2月15日に結婚。夫はお笑いコンビ『メンバー』の潮圭太。

● グループ名
Perfumeは英語で香水の意味を表す言葉である。グループ名の由来は、結成時のメンバー全員(かしゆか“有香”・あ〜ちゃん“綾香”・かわゆか“佑香”)の名前に「香」を持つことにちなむ。 しかしかわゆかがグループを脱退し、「香」の付かないのっち(彩乃)の加入により、由来を「香りは人の気持ちを和ませたり、楽しい気持ちにさせたりできるので、私たちもそういう存在になりたいという気持ちを込めて、英語で香水を意味するPerfumeという名前にした」と説明するように変わった。 当初は「ぱふゅ〜む」のひらがな表記で。 2002年、アミューズへ所属したことを機に 2003年春、中学3年生進級と同時に上京、表記をアルファベットの「Perfume」へ改められた。かしゆかは「すごいこだわってやってたんだけど、あっさり、事務所の会長(大里洋吉)に英語にされて」。あ〜ちゃんは周りが年上ばかりの中で唯一の同学年だったかしゆかに運命の出会いを感じ、初対面にもかかわらず固い握手を交わしている、アクターズスクール広島(ASH)を開校。最初にのっちを除く、かしゆか・あ〜ちゃん・かわゆかの3人で自発的にスクール内ユニット「ぱふゅ〜む」を結成した。Perfumeと同じくスクール開校と同時にダンス講師となったMIKIKOとは長い付き合いで、Perfumeの以降、ほぼ全ての楽曲の振付けがMIKIKOによるもの。絆も強く。
・ 2001年初夏。のっちは別のユニットで2000年の第24回ひろしまフラワーフェスティバル(FF)で、 かわゆか在籍中のぱふゅ〜むとステージで共演している。当時のスクール生は120人いて。第一次ロコドルブームが興ったのは2003年で、ぱふゅ〜む(Perfume)は2003年に上京したが、当時のPerfumeは新潟のねぎっこ(Negicco)、山形のSHIP、長野のネイチャJr.、岡山と香川のBachicco、同じ広島のサンフラワーなどと共にロコドルの括りに入れられていた。ロコドルは当時はまだ全国に多くはいなかった、結成から2020年で20周年を迎え、ローカルアイドル出身の女性アイドルグループとしても、同一メンバーによる女性アイドルグループとしても長い活動歴で知られる。アジアの音楽圏の中でも、同一メンバーで長くメジャーの第一線で活躍する女性アイドルグループはほとんどいないとされ。
・ 2002年夏、BSフジの音楽番組「club TK」出演(放映は2002年12月23日)。
・ 2002年、テレビ新広島『ぱひゅーむチャンネル』に出演。
・ 11月1日、もみじレーベルから2枚目のインディーズシングル「彼氏募集中」を広島限定で発売。同曲の衣装は、広島にルーツを持つナルミヤから提供されたもの。アミューズとのマネージメント契約締結は2002年、CDショップでのインストアライヴやテレビ・ラジオ番組出演、ショッピングセンターのイベント、ひろしまフラワーフェスティバル、福山ばら祭出演ほか、区民まつり、商店街の盆踊り大会等。広島時代の最後のテレビ出演(ひろしま満点ママ)は、住宅展示場でのハーブの寄せ植えとマグロの解体ショーであった、「東京来るの? 来ないの?」と言われ。傘下の新人女性タレント育成プロジェクトBEE-HIVEの一員となり、全国から集められた先輩アイドルグループらと全員女子寮での共同生活を送る。広島弁を直すよう強要され、グループ名表記を事務所の意向で「ぱふゅ〜む」から「Perfume」へ改められる。
・ 2003年4月1日〜2004年3月10日まで「ぱふゅーむ日記」を継続する形で、広島のファン向けに「ぱふゅ〜むの東京通信」を配信し、東京での活動を報告。
・ 2003年4月28日から2005年11月18日、アミューズ寮の一室に据えられていた『BEE-HIVEカメラ』に生出演した。出演告知はほぼなく、フラッとBEE-HIVEメンバーがカメラの前に現れ、イベント出演の告知や、歌を唄ったり今日の出来事を報告する等のメッセージを送るという画期的なアイデアであった。リリースイベントは同日渋谷TSUTAYA、既存のJ-Pop女性グループ特有のアイドル歌謡に背を向け。あ〜ちゃんは「Perfumeの当時のマネージャー(もっさんこと、山本史朗)。中田ヤスタカは2001年にデビューしたばかりで、無名の若手プロデューサーに全面的にサウンドプロデュースを任せるという、過去にあまり例のない手法での展開を始める。インディーズ期のCDは、全国のTSUTAYAを中心とした流通。
・ 2004年1月3日、SHIBUYA BOXXで初ワンマンライブ「BEE-HIVE New Year Live '04 〜Perfume day〜」開催。2020年現在も使われるPerfumeのロゴは関が本作でデザインしたもの。
・ 2004年5月、初のレギュラーラジオ番組『PerfumeのPerfume Planet』(エフエム福岡)開始(〜2004年12月)。
・ 2004年8月、『Perfumeのドッキ・ドキ・オンエア』(RCC中国放送)が開始(〜2006年3月)。
・ 2004年8月、『Cutie Pop Union '04 〜Summer〜』出演。テルミンやシンセドラム、ヴォコーダーなどの演奏に挑戦した。
・ 2004年9月、シングル「ビタミンドロップ」をリリース。インディーズ時代の3枚のシングルについて、四方宏明は「未だかって、こんなにキックが利いている歌謡曲を歌ったアイドルはいない」と評した、秋葉原での路上ライブや小さなイベント出演などで経験を積んだ。当時はアイドルのイベントそのものが多くはなく。後に急激にメディア露出が増えた際、Perfumeをマスメディアがよく知らず、Perfumeを"アキバ系"と紹介することも多かった。海外のメディアには「秋葉原の執拗なオタクサブカルチャーに受け入れられて名声を得た」と紹介されるケースもある。
・ 2004年12月16日、Shibuya O-EASTでのライブ「〜Play a trick on YOU〜 Dreamy☆World」で共演した掟ポルシェは、ここでPerfumeを初めて観て、「これは秋葉原とかのオタクだけのものにしておくのはもったいないな。オタクじゃない層にも見てもらいたい」と自身主催の新宿ロフト等のイベントにブッキングした。会場に参加した関係者にPerfumeの名前を知る者はおらず、当時「Perfume」とネット検索しても数100件程度のヒットだったといわれる。
・ 2005年8月、クラブイベント『J-POP Union vol.2』では、DJとして登場したのっちが「ジューシーフレグランス」をプレイした(音源未発表)。
・ テクノポップは当時は一部のマニアが支持するジャンルであったため、2008年に再発売。インディーズ時代の「レトロな'80年代風テクノ」路線のカラフルな衣装から一転し。PVは『メトロポリス』がモチーフ。メジャーレーベルに入るのが怖く、また「リニアモーターガール」が風変わりな曲で、当時はもっと感動的な曲を歌いたいと思っていたので、「こんな曲では人気が出るわけない」と思ったという。依然としてセールスは芳しくなく、状況は停滞気味だったが、日本最大のJ-POPクラブイベント「申し訳ないと」のDJ陣である宇多丸や掟ポルシェがPerfumeの活動を後押しする言動を取るようになった。宇多丸は雑誌『BUBKA』の自身の連載「マブ論」でPerfumeを「アイドルポップ最後の希望」などと絶賛。掟ポルシェは月刊『サイゾー』2005年7月号で、Perfumeを「広島産変わり者女子高校生3人組」と紹介した。 :
◇2006年 :
・ 1月11日、2ndシングル「コンピューターシティ」リリース。そのため地味な学園生活を送ったが、メンバーが初めて「いい歌」と感じた楽曲で、初めてポスターを先生に校内に貼ってもらおうと学校に持って行った。 :
・ 4月19日、新宿LOFTのイベント『RHYTHM OF FEAR』にゲスト出演。 :
・ 6月28日、3rdシングル「エレクトロ・ワールド」リリース。 :
・ 8月2日、メジャーデビュー1年後にベストアルバム『Perfume〜Complete Best〜』をリリース。同じBEE-HIVEとして活動していたBuzyが、それまでリリースしたシングルをまとめたベストアルバム『Buzy』をリリースした後、Perfumeのベストアルバム発売直前に解散したため、アルバムで唯一の新曲だった「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」の歌詞が、Perfumeの解散を示唆するような内容であったことから。アミューズ関係者は「Perfumeは毎回、戦略会議で『アイツらどうすんの?』と議題に上がっていた。要はクビ寸前だったんです。いつ辞めさせられても仕方ない状況だったために、"保険"として大学に進学させたんです」。当時の名物マネジャー・山本史郎は「当時、ベスト盤が出ると事実上の契約終了になる前例をいろいろ見ていたので、実は、メンバーも僕も、『終わりが近づいているんじゃないか』と思ってました」と証言している。mora winで5日間連続売り上げ1位を記録した。これによりアイドルファン以外の層にもその魅力が伝わった、ユーザーから“ナタリーきもい”と形容される。この作品には、ネット配信限定でリリースされていた「Twinkle Snow Powdery Snow」が収録された。1か月後のホワイトデーにリリースされたDVD『ファン・サーヴィス[bitter]』のどちらもジャケットにPerfume本人の姿を使用しないアイドルユニットとしては異例のデザイン。 :
・ 2月17、18日、六本木ヒルズ内テレビ朝日1Fイベントスペースumuで「ファン・サーヴィス[sweet]」の発売記念無料イベントを行う。CDがオシャレなお店に置いてもらえるようになる等。 :
・ 3月12日・13日、渋谷に「Perfume CAFE」がオープン。最終日の夜にはシークレットでPerfume本人も登場。 :
・ 木村カエラがPerfumeのファンと公言し。この放送をCMディレクター・友次彰が聴いていたため、CMキャラクターへの起用のきっかけとなった。 :
・ 5月24日、初の完全ワンマンライブ『ひこぼし☆募集中』(代官山UNIT)のチケットは即日完売。追加公演が決定。 :
・ 7月1日、Perfumeのメンバーが出演し、楽曲「ポリリズム」が流れるACジャパン・NHK共同の環境・リサイクルキャンペーンCM「リサイクルマークがECOマーク。」の放映が始まる。視聴者から大反響を呼び、「次世代ガールズ・ユニット」などと騒がれる。オリコンでは圏外から80位、30位とジャンプアップし。 :
・ 8月11日、『サマーソニック07』に当時アイドルとして異例の出演を果たし。当時はロックフェスにアイドルが出るということ自体がなかった時代、Perfumeの出演決定には賛否両論があったが。 :
・ 8月22日、J-WAVEの木村カエラのラジオ番組『OH MY RADIO』にPerfumeがGuest出演し、木村カエラとの初対面が実現する。 :
・ 9月1日、『テレビブロス』でコラム「たちまち、語リンピックせん?」連載始まる。 :
・ 9月17日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で「ポリリズム」の発売記念イベントを開催。この頃までは握手会をやっていた。あ〜ちゃんが「Perfumeは基本的にオール・アウェーなんで!」と名言を残した。広島公演はアクターズスクール広島で、メンバーが散々汗と涙を流したスタジオにステージを組んで行われ、『スクールの発表会のリハーサルみたいじゃん?』とちょっとガッカリした。「ポリリズム」のヒットでCMやテレビ出演のオファーが増え、テクノポップブームの火付け役となり、多くのフォロワーを生んだ。 :
・ 10月12日、ヴィレッジヴァンガード下北沢店で初の女性限定イベントを行った。 :
・ 10月22日、フジテレビ系『HEYHEYHEY MUSIC CHAMP』に初出演。ゴールデンの音楽番組出演は、この時が初めてである。 :
・ 11月8日、全国ワンマンツアー最終日、東京・恵比寿リキッドルームにてワンマンライブ「Perfume 〜SEVENTH HEAVEN イイ気分♪〜」を行なう。オープニングで幕が落ち、超満員の客席を見てあ〜ちゃんが号泣、のっちは「こんな日が来るなんて思っていなかった」と話した。Perfumeのその後の成功により、トップアイドルと地下アイドルの間に位置する1000人規模の集客を持つアイドルを指す「リキッドレベル」という言葉が生まれた・大阪(29日) 両会場に出演。両会場とも入場規制を起す、落選(AKB48、中川翔子、リア・ディゾンの3組がこの枠(日本が誇る最先端 スペシャルメドレー)でいずれも初出場)。このため急遽、カウントダウンライブを決定し、12月31日、Zepp Tokyoにて年越しカウントダウンライブをワンマン開催。同アルバムの初回出荷枚数はわずか3,000枚だったが。2008年に入り、テレビやラジオの露出がさらに増え、検索ワードも急上昇した。 :
・ 2月14日、ファンクラブ「P.T.A.(Perfume TO ANATA)」発足。 :
・ 3月31日、ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK』内「Perfume LOCKS」スタート(〜2021 年3月)。 :
・ 4月4日、初の地上波レギュラーテレビ番組 『HAPPY』スタート(〜9月)。 :
・ 4月10日、森永乳業エスキモーpino「ながらピノ、する?Perfume篇」で商品TV-CMに初出演し、全国でオンエア。 :
・ 4月13日、テレビドラマ『スミレ16歳』で主題歌「セラミックガール」を歌うPerfumeが、エンディングに文化祭のステージ出演という設定でドラマ出演。 :
・ 4月16日、アルバム『GAME』リリース。発売初週のオリコンアルバム週間チャート1位を獲得。テクノアーティストのオリコンアルバム1位は、YMOの1983年『浮気なぼくら』以来24年11か月ぶりで。 :
・ 4月22日、J-WAVEの木村カエラの『OH MY RADIO』に2度目のゲスト出演をしたが、木村がJR東海道新幹線の人身事故のため豊橋駅で足止めとなり、番組の開始に間に合わないため、到着までの30分以上の間、Perfumeの3人でパーソナリティ代打を務めた。 :
・ 4月27日 - 6月1日、『エスキモーpino presents Perfume First Tour「GAME」』を開催。 :
・ 6月21日、HOT STUFF PROMOTIONの設立30周年を記念したイベント『Hot Stuff 30th Anniversary「BLACK AND BLUE」』の2日目にSPECIAL OTHERSと対バン形式で出演した。 :
・ 7月9日、7thシングル「love the world」リリース。7月21日付のオリコンシングルチャートで1位を獲得。グループとしてはもちろん、テクノアーティスト史上初のシングルチャート1位獲得となった。 :
・ 8月2日、『rockin'on presents ROCK IN JAPAN FES.2008』に初出演、2日目のLAKE STAGEのトップバッターを務めた。 :
・ 8月9日・10日、『SUMMER SONIC 08』東京会場(9日)・大阪会場(10日)に出演。ここでも両日入場規制が行われた。 :
・ 8月16日発売『BRUTUS』(マガジンハウス)のJ-POP特集「ニホン語で歌おう」で表紙・歌詞の特集が組まれる。 :
・ 10月11日、初の地上波テレビ冠番組『Perfumeの気になる子ちゃん』スタート(〜2009年3月)。 :
・ :
・ 11月6日・7日、念願の日本武道館で、2daysワンマンライブ『森永乳業 エスキモーpino presents BUDOUKaaaaaaaaaaN』を開催。会場には、Perfumeと親交のある木村カエラをはじめ、数多くの芸能人が足を運んだ。またプロデューサーの中田ヤスタカも来場し、Perfumeのワンマンライブを初観覧した。 :
・ 11月19日、8thシングル「Dream Fighter」を発売。 :
・ 12月1日、『第50回日本レコード大賞』においてアルバム『GAME』で優秀アルバム賞を受賞。 :
・ 12月17日、初のフォトブック『Perfume Portfolio』リリース。 :
・ 12月28日・29日、「rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 08/09」東京会場(28日)・大阪会場(29日) に出演。 :
・ 12月31日、『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場し、「ポリリズム」を歌唱。この年、アイドル枠での出場はPerfumeのみで。 :
・ 4月11日、新冠番組『Perfumeのシャンデリアハウス』スタート。 :
・ 4月22日、ライブDVD『Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN』』発売。日本武道館でのライブの模様が収録されている。 :
・ 5月9日・10日、国立代々木競技場第一体育館で、2daysワンマンライブ『エスキモー pino presents ディスコ ディスコ ディスコ』を開催。 :
・ 7月4日、『HOT STUFF 30th Anniversary Special Live "out of our heads"』で木村カエラと15分間限定ユニット「木村カエラ∞Perfume」(読み: キムラカエラパフューム)でオープニングゲストとして登場し、木村カエラの「Jasper」とPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」の2曲を披露した。 :
・ 7月8日、3rdアルバム『⊿』(トライアングル)をリリース。 :
・ 7月31日、『rockin'on presents ROCK IN JAPAN FES.2009』で念願だった4万人以上収容のメインステージ(GRASS STAGE)でトップバッターを務めた。 :
・ 8月7日 - 10月30日、『Perfume Second Tour 2009 直角二等辺三角形TOUR』を戸田市文化会館を皮切りに全国11都市19公演で開催。 :
・ 9月25日、日本テレビでの冠番組『HAPPY』『Perfumeの気になる子ちゃん』『Perfumeのシャンデリアハウス』の3部作を収録した『Perfume in HAPPYで気になるシャンデリアハウス』を発売。 :
・ 12月17日、『Perfume Second Tour 2009 直角二等辺三角形TOUR』の様子を撮影した写真集『Perfume Livefolio』を発売。 :
・ 12月28日、『rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 09/10』 に出演。 :
・ 12月31日、『第60回NHK紅白歌合戦』に出場し、「ワンルーム・ディスコ」を歌唱。 :
○ 2010年代

◇2010年 :
・ 1月13日、2ndライヴツアーを収録したDVD『Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』』を発売。 :
・ 3月7日 - 4月3日、初のファンクラブ会員限定ライブハウスツアー『P.T.A. presents Perfume 結成10周年『パッと楽しく遊ぼうの会』ライブハウストゥワー』を全10か所12公演で開催。 :
・ 4月14日、10thシングル「不自然なガール/ナチュラルに恋して」をリリース。 :
・ 6月、ペプシネックスのLOVE PEPSI NEXコマーシャルキャンペーンでカーディガンズの「ラヴフール」をカバー。 :
・ 8月11日、11thシングル「VOICE」をリリース。 :
・ 11月3日、東京ドーム公演『Perfume LIVE @東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」』を開催。 :
・ 11月10日、12thシングル「ねぇ」をリリース。 :
・ 11月28日、韓国Mnet主催のアジア最大級の音楽授賞式『2010 Mnet Asian Music Awards (MAMA)』(中国・マカオにて開催)に日本のアーティストとして出演、Best Asia POP Artist(アジアPOPアーティスト賞)を受賞。Perfumeとしては初めての海外でのステージとなる。 :
・ 12月28日、『rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 10/11』 に出演。 :
・ 12月31日、『第61回NHK紅白歌合戦』に出場し、「ねぇ」を歌唱。NHK紅白歌合戦に3年連続での出場となった。 :
◇2011年 :
・ 2月9日、東京ドームライヴを収録したDVD『結成10周年、メジャーデビュー5周年記念Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」』を発売。初週約7万枚売上げ、女性グループ初の4作連続オリコン連続総合1位となる。 :
・ 5月4日、『第35回ひろしまフラワーフェスティバル』にスペシャルゲストとして出演。 :
・ 5月18日、13thシングル「レーザービーム/微かなカオリ」をリリース。発売1週目で約9万4000枚を売上げ、オリコン週間チャート2位を獲得。4作連続で自己最高初動を更新。 :
・ ディズニー/ピクサー制作のアメリカ映画『カーズ2』オリジナルサウンドトラックの挿入歌に「ポリリズム」が起用される。ピクサーのスタッフにPerfumeファンがいて、ジョン・ラセター監督に「ポリリズム」を推薦し、ラセターが気に入り使用を決めた。 :
・ 9月公開された『モテキ』に「Baby cruising Love」が挿入歌として起用され、メンバーも特別ゲストとして映画初出演。 :
・ 10月15日、『2011 Asia Song Festival』 に出演。 :
・ 10月29日、メンバーの発案で、Perfumeの楽曲を課題にしたPerfume初のダンスコンテスト『Perfumeダンスコンテスト〜魅せよ、JPN〜』を東京品川ステラボールで開催。以降も不定期に開催される。 :
・ 11月30日、4thアルバム『JPN』リリース。 :
・ 12月31日、『第62回NHK紅白歌合戦』に出場し、「レーザービーム」を歌唱。NHK紅白歌合戦に4年連続での出場となった。 :
◇2012年 :
・ 1月 - 5月、初の全国アリーナツアーとなるキリンチューハイ 『キリンチューハイ 氷結 Presents Perfume 3rd Tour 「JPN」』を神戸ワールド記念ホールを皮切りに全国13会場・21公演で開催。 :
・ 2月28日、海外進出を視野に入れた活動を本格的にスタートするため、メジャーデビュー以降在籍していた徳間ジャパンからユニバーサルJ(現:Polydor Records)へのレーベル移籍を発表。これに伴い、海外向けのオフィシャルグローバルサイトとPerfumeのYouTubeの公式チャンネルが開設された。 :
・ 3月6日、アルバム『JPN』の収録曲が日本を除く世界50か国のiTunes Storeより同時配信された。このシングルから、専用レーベル『Perfume Records』を設立。 :
・ 同上、『JPN』のアジア各国で現地盤CD発売およびデジタル配信が決定。 :
・ 6月23日、『MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2012』のMCを務める。また、この授賞式で「レーザービーム」が最優秀ダンスビデオ賞・最優秀振付け賞を受賞。 :
・ 8月1日、『Perfume 3rd Tour 「JPN」』の広島グリーンアリーナ公演2日目の模様を収録したDVD『Perfume 3rd Tour 「JPN」』をリリース。発売初週に約7万7000枚売上げ、2012年8月13日付オリコン週間ランキング総合1位となり、女性グループ初の5作連続オリコン週間ランキング連続総合1位となっている。発売第2週に約9,000枚売上げ、2012年8月20日付週間オリコンランキング総合1位となり、女性グループ史上初ライブDVDが2週連続1位獲得した。 :
・ 8月15日、16thシングル「Spending all my time」をリリース。 :
・ 10月26日 - 11月24日、初の海外単独ツアーとなるアジアツアー『Perfume WORLD TOUR 1st』を台湾を皮切りに、香港、韓国、シンガポールの計4都市で開催。 :
・ 11月24日、『Perfume WORLD TOUR 1st』最終公演となるシンガポール公演にて、Perfume初のライブビューイングを日本国内および台湾の映画館で実施。 :
・ 12月31日、『第63回NHK紅白歌合戦』に出場し、「Spring of Life」を歌唱。NHK紅白歌合戦に5年連続での出場となった。 :
◇2013年 :
・ 2月27日、17thシングル「未来のミュージアム」をリリース。 :
・ 5月22日、18thシングル「Magic of Love」、DVD『Perfume WORLD TOUR 1st』同時をリリース。『Perfume WORLD TOUR 1st』は発売初週に4万5000枚を売り上げ、2013年6月3日付オリコン週間ランキング総合首位となり、女性グループ初の6作連続オリコン週間ランキング連続総合首位となる。 :
・ 5月29日 - 6月18日、初の対バンツアー『ずっと好きだったんじゃけぇ〜さすらいの麺カタPerfume FES』を斉藤和義、奥田民生、マキシマムザホルモンと共に開催。 :
・ 6月19日、メジャーデビュー以降の楽曲が全世界116か国のiTunes Storeで順次配信される。バックカタログのほぼすべてがiTunesで世界中で利用できるアーティストは、J-POPグループでは珍しいとされる。 :
・ 6月14日、「Ultra Korea(ULTRA MUSIC FESTIVAL)2013」(韓国・ソウルチャムシル総合運動場)で、初の海外フェス出演。 :
・ 6月20日、フランスのカンヌで6月16日から22日まで開催された世界最大の広告祭「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に日本人アーティストとして初めてゲストとして招待される。Perfumeの海外展開用サイト「Perfume official global website」サイバー部門で銀賞(SILVER LION)を受賞した。プレゼンテーションのステージに立ち、日本の最新のテクノロジーとともに圧倒的なダンスパフォーマンスを披露した。 :
・ 7月3日 - 7日、『Perfume WORLD TOUR 1st』に続く海外ツアー『Perfume WORLD TOUR 2nd』をドイツ、イギリス、フランスの3都市で開催。 :
・ 8月3日、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』で大トリ、ヘッドライナーとして出演。 :
・ 8月14日、過去のライブDVDがブルーレイ化され、6作品を同時リリース。6作品すべてが、8月26日付オリコン週間BDランキングTOP10入り。ももいろクローバーZが同年6月に達成した「ミュージックBD同時TOP10入り」記録の4作を上回り、歴代最多記録となった。 :
・ 10月2日、5thアルバム(ユニバーサルJ移籍第1弾)『LEVEL3』を発売。前作に続き、発売初週のオリコンアルバム週間チャート1位を獲得。5作連続(通算5作)1位。女性グループのアルバム5作連続首位は、女性5人組バンド、プリンセス プリンセス(1989年11月『LOVERS』から1993年2月『BEE-BEEP』までの5作)が記録して以来20年8か月ぶりで、連続首位獲得数で最多タイに並んだ。 :
・ 10月26日、Perfumeの第2回ダンスコンテスト『第2回Perfumeダンスコンテスト 魅せよ、LEVEL3〜』をメルパルク東京イベントホールで開催。今回は世界各国のファンから熱い要望を受けたことから、海外在住者のみが参加できる「インターナショナル部門」を新たに設立。日本のファンと海外のファンが一堂に集まり、コンテストで同じ時間を共有し、メンバーとダンスを通して交流を行った。 :
・ 11月27日、19thシングル「Sweet Refrain」をリリース。 :
・ 12月7日 - 25日、初の2大ドーム(京セラドーム大阪・東京ドーム)ライブ『Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラBB』を開催。 :
・ 12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』に出場し、「Magic of Love」を歌唱。NHK紅白歌合戦に6年連続出場となった。 :
◇2014年 :
・ 2月12日、初のビデオクリップ集『Perfume Clips』をリリース。DVDは約3万4000枚、Blu-ray Disc(BD)は約5万2000枚を売り上げ、2月24日付週間DVD、BDの両ランキングでそれぞれ総合1位に初登場。合算で約8万6000枚を売り上げ、週間総合ミュージックDVD・BDランキングでも首位となり、3冠を達成した。Perfumeの音楽DVD作品が総合首位を獲得したのは、「Perfume First Tour 『GAME』」(2008年10月発売)から7作連続。これまで自身と宇多田ヒカルが持っていた「女性アーティストの音楽DVD作品による連続総合首位獲得記録」の6作を更新し、単独で歴代1位となった。 :
・ 3月15日 - 4月20日、対バンツアー第2弾『Perfume FES 2014』を開催。 :
・ 4月9日、ライブDVD/BD『Perfume 4th Tour in DOME「LEVEL3」』をリリース。 :
・ 5月14日、5thアルバム『LEVEL3』のアナログ盤をリリース。アナログ盤を商品としてリリースするのは今回が初。 :
・ 5月29日、国立競技場最後の音楽イベント「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」の最終日に出演。 :
・ 7月、広島県観光PRキャンペーン「泣ける!広島県」ガイドブック創刊号の表紙、グラビア、里帰りインタビュー。 :
・ 7月16日、20thシングル「Cling Cling」をリリース。 :
・ 7月19日、『BBQ in つま恋 〜僕らのビートを喰らえコラ〜』出演。 :
・ 8月1日 - 9月21日、全国アリーナツアー『Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」supported by チョコラBB』を広島グリーンアリーナ公演を皮切りに7都市で計14公演を開催。 :
・ 8月末、OK Goのミュージックビデオ「I Won't Let You Down」撮影に参加。 :
・ 10月1日、2回目の海外ツアーのライブDVD/BD『Perfume WORLD TOUR 2nd』をリリース。DVD化された初のアジアツアーBD『Perfume WORLD TOUR 1st』も同時発売。10月13日付週間DVD、BDの両ランキングでそれぞれ総合1位に初登場。両盤同時1位獲得作品数は、今年2月以来通算2作目となるが、同一年で複数の作品が両盤同時1位獲得を達成したのは女性アーティストではオリコン史上初。男性を含む全アーティストを通じても、EXILE・嵐とならぶタイ記録となる。DVDが通算8作目、BDが同じく3作目の首位獲得を記録。DVDは宇多田ヒカルと倖田來未、BDはAKB48といずれも肩をならべており、両盤それぞれの1位獲得作品数で女性アーティスト歴代トップタイとなった。 :
・ 10月3日、8月20日に発生した広島土砂災害に対し、ライブ会場に設置した募金箱から集まった約900万円とアミューズからの義援金100万円の計約1000万円を広島市に寄付したと発表。『Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」』8月30日の札幌公演より各会場に募金箱を設置し、公演中にメンバー自身が協力を呼びかけていたもの。 :
・ 10月12日、メンバーとスタッフで検討を重ねた結果、4月20日に開催予定であった韓国・UNIQLO-AX公演を改めて同会場で開催。 :
・ 10月31日 - 11月15日、『Perfume WORLD TOUR 2nd』に続く海外(こちらはアジア、ヨーロッパとアメリカ圏)ツアー『Perfume WORLD TOUR 3rd』を台湾、シンガポール、ロサンゼルス、ロンドン、ニューヨークの5都市で開催。アメリカでワンマンライブを行うのはこれが初となる。なお会場は各都市とも、前回までのツアーと比べてさらにキャパの大きなホールとなる。NHK紅白歌合戦に7年連続出場となった。 :
◇2015年 :
・ 3月10日、ライブDVD/BD『Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」』をリリース。3月23日付オリコン週間DVD・BDの両ランキングで総合1位に初登場。DVD通算首位獲得作品数が通算9作となり、これまで8作で並んでいた宇多田ヒカル、倖田來未を抑えて女性アーティスト歴代1位になる。「BD通算首位獲得作品数」も通算4作に伸ばし、3作で並んでいた安室奈美恵、水樹奈々、AKB48を抑えて同記録でも女性歴代1位となった。「DVD、BD同時首位獲得作品数」も通算3作となり、安室と並んで女性歴代1位タイとなる。 :
・ 3月18日 - アメリカ・テキサス州オースティンで開催されている世界最大規模のフェスティバル「SXSW 2015」で、ヘッドライナーを務めた。 :
・ 3月23日 - Perfumeと伊勢丹による様々なコラボ企画が展開。重要なファッションアイテムであるハイヒールが、メンバー監修のもと「Perfumeダンスヒール」という商品として誕生。 :
・ 7月22日、3回目の海外ツアーのライブDVD/BD『Perfume WORLD TOUR 3rd』をリリース。 :
・ 9月21日 - 10月7日、アニバーサリーライブ&イベント『Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP』をTSUTAYA O-WEST、日本武道館、広島グリーンアリーナを会場に2都市計7公演を開催。初日の9月21日は、TSUTAYA O-WESTでのファンクラブ会員限定ライブ『P.T.A.サミット』を実施。2日目の9月22日は、対バンツアー第3弾『Perfume FES 2015 〜三人祭〜』を開催。3日目の9月23日は、Perfumeの第3回ダンスコンテスト『第3回 Perfumeダンスコンテスト 〜魅せよ、武道館〜』を実施。日本武道館や広島グリーンアリーナ6日間ワンマンライブのタイトルは『LIVE 3:5:6:9』。 :
・ 10月28日、22ndシングル「STAR TRAIN」をリリース。活動当初からライブの定番曲だった「イミテーションワールド」を初収録。発売1週目で約6万6000枚を売上げ、オリコン週間チャート4位を獲得。17作連続(通算17作)TOP5入り。 :
・ 10月31日、2014年の秋行われた世界ツアーを中心に完全密着したドキュメンタリー映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』(監督は佐渡岳利)が公開となる。史上初のドキュメンタリー映画作品の日米同時公開となり、10月22日から開催された第28回東京国際映画祭の「パノラマ部門」に正式招待された。 :
・ 12月31日、『第66回NHK紅白歌合戦』に出場し、「Pick Me Up」を歌唱。NHK紅白歌合戦に8年連続出場となった。 :
◇2016年 :
・ 1月から3月までTOKYO MXで放映された同局開局20周年記念短編テレビアニメ『SUSHI POLICE』の主題歌 「I Don’t Understand You」をOK Goとコラボ。1月25日付オリコン週間BDランキング総合1位を獲得、音楽映像作品通算首位獲得作品数では、関ジャニ∞、嵐と並んで歴代1位タイとなった。 :
・ 2月17日、徳間ジャパン時代に発表されたアルバム5作品のアナログ盤をリリース。 :
・ 2月27日、あ〜ちゃんがパーソナリティを務めるラジオ番組「あ〜ちゃんのただただラジオがスキじゃけん。」の初の公開録音が、徳島グランヴィリオホテルで行われた。 :
・ 3月16日 - 配信限定シングル『FLASH』をリリース。 :
・ 4月5日 - 4月10日、『Perfume「COSMIC EXPLORER」×WIRED CAFE』がWIRED CAFEの10店舗にて期間限定でオープン。 :
・ 4月6日、アルバム『COSMIC EXPLORER』をリリース。前作に続き、発売初週のオリコンアルバム週間チャート1位を獲得した。女性グループのアルバム6作連続首位は、通算アルバム1位獲得作品数でAKB48と並び、女性グループ歴代1位タイとなった。同アルバムは、iTunesのエレクトロニックアルバムチャートでも全米1位を獲得。 :
・ 7月6日 - ドキュメンタリー映画DVD/BD『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』をリリース。発売初週のオリコン週間DVDならびにBDランキングの両映画部門でともに1位を獲得した。 :
・ 8月3日 - アルバム『COSMIC EXPLORER』のアナログ盤をリリース。 :
・ 8月6日 - 8月7日、9月3日 - 9月4日、ロンドン、ニューヨークで『Perfume: A Gallery Experience Supported by Rhizomatiks』を開催。 :
・ 8月26日 - 9月4日、北米ツアーを4都市で5公演を開催した。 :
・ 10月22日 - 11月12日、『Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」Dome Edition』をドーム3会場で5公演を開催。 :
・ 10月22日 - 11月19日、『Perfume☓福岡市地下鉄「Play!Subway」キャンペーン』を実施。 :
・ 12月19日、米「ローリング・ストーン」誌における、年間「ベスト・ポップ・アルバム TOP20」において、アルバム『COSMIC EXPLORER』が“16位”に選出される。 :
・ 12月31日、『第67回NHK紅白歌合戦』に出場し、Dynamic VR Display(ダイナミックVRディスプレイ)を用いて「FLASH」を歌唱。NHK紅白歌合戦に9年連続出場となった。 :
◇2017年 :
・ 2月15日、23rdシングル「TOKYO GIRL」をリリース。発売1週目で約4万9000枚を売上げ、オリコン週間チャート2位を獲得した。 :
・ 3月21日、オリジナル香水「PERFUME OF PERFUME」を発売。 :
・ 3月31日 - 4月1日、地上波ドラマ初主演を務める作品『パンセ』が、テレビ東京で放送された。 :
・ 4月5日、2016年に行ったツアーDVD/BD「Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』」リリース。4月17日付オリコン週間BDランキング総合1位を獲得、音楽映像作品通算首位獲得作品数では、嵐と並んで歴代2位タイとなり、女性アーティスト部門の歴代1位記録を6作に更新した。 :
・ 6月2日 - 6月3日、対バンツアー第4弾『Perfume FES 2017』を開催した。 :
・ 8月30日、24thシングル「If you wanna」をリリース。発売1週目で約4万9000枚を売上げ、オリコン週間チャート2位を獲得した。 :
・ 9月6日 - 9月14日、対バンツアー第4弾『Perfume FES 2017』追加公演を開催した。 :
・ 11月8日、3人が東京、ロンドン、ニューヨークの3都市にある別々のステージに立ち、最先端の通信テクノロジーを駆使して世界3都市を中継でつなぎ、新曲を披露した。17年のキャリアで別々のステージに立つのは今回が初めて。 :
・ 11月29日、ビデオクリップ集『Perfume Clips 2』をリリース。発売1週目で約3万4000枚を売上げ、音楽DVDとBDの売上枚数を合算した12/11付オリコン週間総合ミュージック映像ランキングで1位を獲得した。音楽映像作品通算首位獲得作品数では、関ジャニ∞、嵐、ジャニーズWESTを上回り、アーティスト歴代単独1位となった。 :
・ 12月4日、アパレルライン「Perfume Closet」設立した。「Spring of Life」や「FLASH」の衣装から着想を得たブラウスなどのレディースアイテムやユニセックスで着用できるブルゾン、パーカー、パンツなどを販売。 :
・ 12月31日、『第68回NHK紅白歌合戦』に出場し、渋谷の街を見渡せる地上200メートルのセルリアンタワー屋上のヘリポートから「TOKYO GIRL」を歌唱。NHK紅白歌合戦に10年連続出場となった。 :
 ・ 女性アーティストの非同一楽曲による十年連続出場は1968年第19回NHK紅白歌合戦のザ・ピーナッツに次いでトップタイ記録。 :
◇2018年 :
・ 2月14日 - 5月24日、8年振りのファンクラブ会員限定ライブツアーを全9か所11公演で開催した。 :
・ 3月14日、25thシングル「無限未来」をリリース。オリコン週間チャート4位を獲得した。 :
・ 3月20日 - 3月21日、NHKホールで『This is NIPPON プレミアムシアター「Perfume×TECHNOLOGY」presents "Reframe"』スペシャルライブを開催した。 :
・ 8月15日、アルバム『Future Pop』をリリース。ビルボードのグローバルチャートTOP100初登場4位。 :
・ 8月25日、Perfumeの第4回ダンスコンテスト『第4回 Perfumeダンスコンテスト 〜踊れ!TOKYO GIRL〜』を東京都内で開催した。今回はパナソニックが主催する「AWA DANCE CONTEST」との合同開催した。 :
・ 9月21日 - 12月31日、2年ぶりの全国アリーナツアー『Perfume 7th Tour 2018 「Future Pop」』を全9か所18公演で開催した。追加公演は12月28、29、31日の計3日間実施。12月31日はファンクラブ「P.T.A.」会員限定のカウントダウンライブ。 :
・ 12月31日、『第69回NHK紅白歌合戦』に出場し、横浜アリーナから「Future Pop 紅白SP」を歌唱。NHK紅白歌合戦に11年連続出場となった。2年連続生中継で出演。 :
・ NTTグループが2020年以降を見据えた新しいエンターテインメント体験を模索する「FUTURE-EXPERIMENT」の一環としてディープラーニング技術を使ったNTTドコモとのコラボレーションプロジェクト「docomo×Perfume 「FUTUTRE-EXPERIMENT VOL.04 その瞬間を共有せよ。」に参加。NTTドコモが2020年に実用化を目指していた5Gの実証実験として、2018年12月31日の午後11時45分から、2019年1月1日の0時15分までの30分間の平成最後のカウントダウンの様子を、横浜アリーナから渋谷スクランブル交差点の特設ステージにリアルタイムで伝送した。 :
・ 2月23日 - 4月19日、アジア&北米ツアー「Perfume WORLD TOUR 4th『FUTURE POP』」を開催した。 :
・ 4月3日、2018年に行ったツアーDVD/BD「Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』」リリース。初週売上2.4万枚で初登場1位を獲得。『Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」』以来通算7作目の1位となり、女性アーティスト歴代1位タイとなっていた「音楽BD1位通算獲得作品数」を歴代単独1位とした。また全アーティストでは歴代3位タイとなった。 :
・ 4月14日、21日、アメリカ・カリフォルニア州インディオで行われたアメリカ最大の野外音楽フェス「Coachella Valley Music and Arts Festival」に日本人女性アーティストとして初出演した。ローリングストーン誌が選ぶコーチェラ2019のベストアクト16組に選出される。 :
・ 9月5日 - 9月29日、前作と同じ、アルバムの発売を記念して、同作とのコラボレーションによる「Perfume CAFE」が東京、大阪の2都市にオープン。 :
・ 9月18日 - ベストアルバム「Perfume The Best “P Cubed”」をリリース。初週約10万枚を売り上げ、9/30付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。通算8作目の1位となり、「アルバム通算1位獲得作品数」で、AKB48と並び女性グループ歴代1位タイとなった。なお、メジャーデビュー以降に発表したアルバムとシングルの収録音源の各音楽ストリーミングサービスでの配信がスタート。 :
・ 10月16日 - 27日、渋谷公会堂が建て替え工事を経て再オープンする「LINE CUBE SHIBUYA」のこけら落とし公演「Reframe 2019」を8公演開催。 :
・ 12月31日、『第70回NHK紅白歌合戦』に出場し、「FUSION -紅白 Ver.-」を歌唱。NHK紅白歌合戦に12年連続出場となった。 :
○ 2020年代

◇2020年 :
・ 1月31日 - ディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」で配信される、初のオリジナル音楽ドキュメンタリー番組「Disneyマイ・ミュージック・ストーリー」の第一弾アーティストとしてPerfumeが出演。 :
・ 2月1日 - 26日、初の全国4大ドームツアー「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」を4都市7公演で開催。しかし、26日の東京ドーム公演に関しては同日午後に新型コロナウィルス対策本部にて政府から大規模のイベントの自粛、縮小を要請するとの要請を受け開場1時間半前に、開催中止が決定した。開演直前で中止が決定したのはこれが初めての出来事となった。 :
・ 9月、メジャーデビュー15周年・結成20周年イヤーを締めくくるプロジェクト「Perfume 15th&20th anniv with you all」として様々なイベント・作品リリースを行った。 :
 ・ 2日、2月に行った約6年ぶりとなるドームツアーDVD/BD「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」リリース。初週DVD・BD合計売上3.9万枚で初登場1位を獲得。DVDでの1位は、2015年の「Perfume 5th Tour 2014『ぐるんぐるん』」以来5年6ヵ月ぶり通算10作目。BDでの1位は、「Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』」から2作連続通算8作目となり、歴代3位タイだった「音楽BD通算1位獲得作品数」を歴代単独3位とした。DVDとBDを合計したランキングの「通算1位獲得作品数」を9作に更新し、ジャニーズWEST、嵐、AAAと並ぶ歴代3位タイとなった。なお、女性アーティストによる通算1位獲得作品数は、DVD、BD、ミュージックDVD・BDの各ランキングにおいて、歴代単独1位を自己更新した。 :
 ・ 4日より、2019年に行った「Reframe 2019」を、映画「Reframe THEATER EXPERIENCE with you」として全国の劇場で二週間限定で上映。 :
 ・ 16日、26thシングル「Time Warp」をリリース。このリリースを記念したAmazon Musicとのグローバルキャンペーンの一環として、ニューヨーク、渋谷、道頓堀の国内外3か所でビルボード広告が展開された。ニューヨークのAmazon Music街頭広告に日本人アーティストが登場するのは初めて。 :
 ・ 21日、自身初のオンラインフェス「"P.O.P" (Perfume Online Present) Festival」を開催。オンライン上でフェスティバル特設会場が出現。会場内には自身のヒストリーを観覧できる展示や、グッズ販売、フードコート、体験型のコンテンツなどがあり、そしてメンバー出演のコンテンツ番組など様々なブースが設置され、タイムテーブルに合わせ半日にわたって様々なコンテンツが楽しめる。さらに、「Reframe」に代表とされる、Perfumeとライゾマティクスが様々な形で行ってきた最先端の演出を堪能できるパフォーマンスを、オンラインに特化した形で届ける。来場者はこの特別な1日の時間を同じ場所で体験し、それぞれの感動を共有できる、新しい形のオンライン・フェスティバルになっている。 :
 ・ 22日より、「リアル脱出ゲーム」とコラボしたゲーム・イベント「Perfumeの隣の部屋からの脱出」を東京ミステリーサーカスにて開催。ゲームのストーリーは、プレイヤーがリアル脱出ゲームに参加したら、たまたまPerfumeと同じチームになったというもの。プレイヤーとPerfumeは隣り合う別の部屋にいるという設定で、参加者は部屋をつなぐ大きな窓に見立てた液晶ディスプレイの映像に映されるPerfumeと協力しながら、脱出に挑戦する。 :
・ 10月24日より、2005年のメジャー・デビューから2020年まで、自身の歴史を衣装で振り返ることができる新しい形の衣装本「Perfume COSTUME BOOK 2005-2020」が発売。 :
・ 12月31日、『第71回NHK紅白歌合戦』に出場し、「Perfume Medley 2020」を歌唱。NHK紅白歌合戦に13年連続出場となった。 :
◇2021年 :
・ 3月19日、映画『Reframe THEATER EXPERIENCE with you』がNetflixで独占配信開始。 :
・ 3月22日、TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK』内のPerfumeがパーソナリティを務めるコーナー「Perfume LOCKS」が、この日の放送をもって終了することが発表された。2008年3月31日から13年間にわたってパーソナリティを担当してきた。彼女たちの同番組への出演期間は、歴代レギュラー陣の中で2021年3月時点では最長記録となる。 :
・ 4月2日、Perfumeのファッションプロジェクト「Perfume Closet」の新たなラインナップが発表された。今回、従来のEコマース販売に加え、新しい試みとなる“ファッショントラック”移動店舗の展開も決定。これまでポップアップショップを実施してきた都市だけではなく、なかなか遠方へ外出が出来ない人の近くへ会いに行くというコンセプトのもと、可能な限り日本全国主要都市に向かうとのこと。 :
・ 4月23日、ライブ映像『Perfume Imaginary Museum “Time Warp”』がNetflixで独占配信開始。 :
・ 6月11日、初のNFTアートが販売。メンバーの振り付けを3Dデータ化したデジタルアートのNFT(ノンファジブルトークン)を、NFTアートのオークションサイト「NFT-Experiment」に出品した。 :
・ 7月2日、約1年ぶりの新曲「ポリゴンウェイヴ」を配信リリース。 :
・ 1年延期されて開催された2020年東京オリンピックの開会式では、メインアクトを務めるはずだったとされる。有観客ライブは2020年2月、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ライブ当日に急遽2日目の公演が中止となった東京ドーム以来、1年半ぶりとなった。 :
・ 9月3日からAmazon Prime Videoで配信の番組『ザ・マスクド・シンガー』に、パネリストとして出演。 :
・ 9月22日、初のEP『ポリゴンウェイヴEP』をリリース。初週27,974枚を売り上げて、9月29日公開のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で首位を獲得した。。 :
・ 11月12日 - 12月18日、コンセプトライブ「Reframe」が、ツアーとして5都市で開催されることが決定した。東京以外での開催は初となる今回は、東京、石川、愛知、兵庫、広島、計13公演で開催。 :
・ 12月31日、『第72回NHK紅白歌合戦』に出場し、「ポリゴンウェイヴ」を歌唱。NHK紅白歌合戦に14年連続出場となった。 :
◇2022年 :
・ 1月9日 - 1月16日、「Perfume LIVE 2022 [polygon wave」を開催すると発表した。このライブは、2021年8月に神奈川・ぴあアリーナMMで行われた<Perfume LIVE 2021 [polygon wave>の再演となる公演。同会場で6日間にわたり開催される。 :
・ 3月9日、27thシングル「Flow」をリリース。3/21付オリコン週間シングルランキングで初登場5位を獲得した。22作連続(通算22作)TOP5入り。 :
・ 4月29日、新曲「さよならプラスティックワールド」を配信リリース。 :
・ 6月9日、スペインのバルセロナで行われる音楽フェスティバル「Primavera Festival 2022」への出演することが決定した。しかし、収束しない新型コロナウイルスの状況や、世界情勢などを考慮し、この音楽フェスティバルへの出演をキャンセルした。 :
・ 7月27日、ニューアルバム「PLASMA」をリリース。2018年8月リリースの「Future Pop」以来約4年ぶりにオリジナルアルバムをリリースした。。Billboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、初登場1位を獲得した。 :
・ 8月20日 - 11月6日、全国9都市18公演を巡るアリーナツアー「Perfume 9th Tour 2022 "PLASMA"」を開催すると発表した。 :
・ 12月6日、Perfumeのファッションプロジェクト「Perfume Closet」が、5周年を迎える12月13日から新作アイテムの販売が決定。13日からは東京・ラフォーレ原宿にポップアップショップがオープン。2023年3月まで愛知、広島、九州、京都、大阪、北海道でも開催予定。また、飲食店舗とのコラボレーションも展開され、Perfumeの楽曲の世界観を表現した期間限定メニューが提供される。 :
・ 12月24日、ライブDVD/BD「Perfume LIVE 2021[polygon wave]」をリリース。「週間ミュージックDVD・BDランキング」で初登場3位を獲得。 :
・ 12月31日、『第73回NHK紅白歌合戦』に出場が決定。NHK紅白歌合戦に15年連続出場となる。「紅白 Medley 2022」を歌唱。 :
◇2023年 :
・ 5月31日、ライブDVD/BD「Perfume 9th Tour 2022 "PLASMA"」をリリース。「オリコン週間DVDランキング」と「オリコン週間Blu-ray Discランキング」で共に初登場1位を獲得。音楽作品のDVDとBDを合計した「週間ミュージックDVD・BDランキング」でも1位となり、女性アーティストでこの年度初となる「映像3部門」同時1位を達成した。 :
・ 6月1日 - 6月8日、スペインのバルセロナで行われる音楽フェスティバル「Primavera Festival 2023」への出演することが決定した。6/1にバルセロナで出演したが、6/8に出演を予定していたマドリードが、悪天候の恐れのため出演をキャンセルされた。 :
・ 6月3日、イギリス・ロンドンで単独公演「Perfume LIVE 2023 "CODE OF PERFUME"」が行うことが決定した。ロンドンでの単独公演は2014年開催の海外ツアー「Perfume WORLD TOUR 3rd」以来約9年ぶりとなる。 :
・ 9月6日、28thシングル「Moon」をリリース。9/20付オリコン週間シングルランキングで初登場9位を獲得した。23作連続(通算23作)TOP10入り。 :
・ 9月9日 - 11月26日、初の大規模衣装展「Perfume COSTUME MUSEUM」が兵庫県立美術館で開催されることが決定した。楽曲やライブなどで3人が実際に着用した衣装約150着を展示する。6月6日に発表された詳細で、Perfume初の衣装本『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』を起点とし、書籍掲載の衣装を中心とした170着を展示する。 :
・ 9月21日 - 11月18日、ファンクラブ会員を対象としたツアー「P.T.A.15th&10th Anniversary “Perfumeとあなた”ホールトゥワー2023」が9月から11月にかけて全国10都市で開催されることが決定した。9月21日に開催される北海道・カナモトホール公演を皮切りに、愛知、大阪、広島、東京、神奈川、宮城、福岡、兵庫、沖縄の全10カ所を巡る。 :
・ 11月3日、約2ヶ月ぶりの新曲「すみっコディスコ」を配信リリース。 :
・ 12月30日 - 31日、5年ぶりのファンクラブ会員限定のカウントダウンライブ「Perfume Countdown Live 2023→2024 “COD3 OF P3RFUM3” ZOZ5」が神奈川・ぴあアリーナMMで開催されることが決定した。 :
・ 12月31日、『第74回NHK紅白歌合戦』に16年連続となる出場ザ・ピーナッツの持つ紅組でのグループの最長連続出場記録に並んだ。 :
◇2024年 :
・ 2月13日 - 14日、ファンクラブ会員を対象としたスペシャルライブ「Perfume P.T.A.発足 16周年へのカウントダウン 猛者だけのLIVE ~リキッドルーム あの夜をもう一度 2024~」が東京・LIQUIDROOMで開催されることが決定した。 :
・ 5月22日、ライブDVD/BD「Perfume Countdown Live 2023→2024 "COD3 OF P3RFUM3" ZOZ5」がリリースされることが決定した。 :
・ 5月24日、約7ヶ月ぶりの新曲「The Light」を配信リリースされることが決定した。 :
・ 6月8日 - 7月13日、アジアツアー「Perfume "COD3 OF P3RFUM3 ZOZ5" Asia Tour 2024」を開催することが発表された。香港、台北、バンコク、上海の4都市で行うことが発表となった。7月13日に行われるタイでの公演の模様が、全国の劇場で生中継されることが決定した。 :
・ 6月15日 - 2025年夏、大規模衣装展「Perfume COSTUME MUSEUM」が宮崎をはじめ、北海道、広島、岩手にて全国4会場での巡回が決定した。 :
・ 8月9日 - 10月14日、結成から現在までの25年の軌跡を紐解く体験型展覧会「Perfume Disco-Graphy 25年の軌跡と奇跡」が東京で開催されることが決定した。

● 特徴


◎ サウンド
Perfumeの楽曲は、テクノポップやハウスミュージック、エレクトロ・ポップなどの要素が含まれる。2000年代前半のテクノポップのイメージは、「ピコピコ鳴ってる音楽」ぐらいの認識で。マーティ・フリードマンは「それまではギター無しの音楽って力が無い、ギターの力のあるサウンドは他には出せないって思ってたんですが、『GAME』の武道館ライヴを観て、あまりに印象的で考え方が変わりました。ギターいらん(笑)ライヴのパワー、低音の太さ、存在感がギターが無くてもあった」などと評している。2000年代前半の女性ボーカルの主流が歌い上げるものに対し。中田はライブでの再現可能性を一切考慮せずにヴォーカル処理を行うため、実際に行われるPerfumeのライブにおいても、しばしばリップシンク(口パク)が用いられ、このような中田の処理を保持した状態でヴォーカルが披露される。また、中田が歌詞を考える際には、そのストーリー性よりも、言葉そのものが持つ響きがメロディにいかに調和するかを重要視して制作しており、あくまで「リスナーにどう聞こえるか」に徹底して楽曲を制作している。 中田はヴォーカルのレコーディングの際に、自宅兼スタジオで歌詞が書かれた紙をレコーディング直前に渡し、その場で覚えさせ、3人を電話ボックス大のブースの椅子に座らせて行う。中田から楽曲提供を受けることとなった当初、3人はテクノポップという音楽ジャンルが存在することを知らなかった上に、以前通っていたアクターズスクール広島のレッスンでは"楽曲に対してできる限り自分の感情をこめてDivaのように歌う"ように指導されていたことから。メンバーが中田に意見を言えるようになったのは2008年のアルバム『GAME』制作のときからという。特に、「ポリリズム」には曲中、異なる拍子を同時に演奏することで独特のグルーヴ感を生み出す作曲・演奏の技法が挿入されている部分(ポリループ)があり、事務所側はこの部分の挿入に難色を示していた。Perfumeのマネージャーがアミューズ側の意向を中田に伝えたところ、中田は強く反発し、「僕が行きます。行って説明します」と自らアミューズの事務所に赴き、「今の若い世代はどんどん新しいものを取り入れるから、若い子の音を聴いてそれに合わせるのでは遅い。クリエイター側はそれより先のことを考えて作るくらいでないとダメだ。」などと力説し、『ポリリズム』部分を含めた上での楽曲のリリースを強く求めた。Perfumeのブレイクを受けて中田は、アイドルという環境を逆手に利用した音楽的な挑戦は1つの目的を遂げたとコメントしている。テクノとアイドル、機械と人間の融合を最も体現したと評価される。

◎ ダンス
Perfumeの大きな特徴の2つ目として挙げられるのは、アクターズスクール広島時代から3人のダンス指導にあたった演出振付家 MIKIKOの振り付けによる独創的で高度かつ、緻密なダンスパフォーマンスである。Perfumeのデビュー以来のほぼすべての楽曲の振り付けを担当している。Perfumeのダンスは、パッと見てキャッチーで簡単そうに見えて、実は難しい。なお、「Perfumeの掟」はMIKIKOによる提案企画である。MIKIKOは現在もアクターズスクール広島の常勤講師 であり、メンバーからは「MIKIKO先生」と呼ばれている、「Perfumeって替えが効かないシステムなんですよ。あの三人はダンスをはじめとした様々なものを媒介にして、普通ではありえない何かを呼び出している感覚があって。いわば、Perfumeは巫女なんです。なので、私にとってPerfumeは、すごくホーリーなものだったんですよね。私が出会った当時は、まだアイドルブームが来る前で、歌って踊ることに『(笑)』が付いていた時期だったと思うんです。でも、Perfumeの登場によって『(笑)』は取られたんだっていう実感が私のなかにありました」などと述べている。 竹中夏海は、2011年5月14日放送の『ランク王国』で発表された「アイドル好き振付師の竹中夏海が選ぶアイドル振り付けランキングTOP10」を選ぶ際、「とりあえず考えてみたらベスト10のうち、6曲がPerfumeになった。ダンス自体も上手ですけど、振付けだけで考えてみても、どう考えてみてもすんごいんですもの、Perfumeって」と話している。番組的に自重し3位に「NIGHT FLIGHT」、1位に「チョコレイト・ディスコ」を選んだ。 『ポリリズム』サビ部分は、公共広告機構CMで使用するため香瑠鼓が振り付けた。 ダンスの際に使用する靴のヒールは踊りやすく、キレイに見えるという理由で8cmと長く決めていた、Perfumeのファッションプロジェクトに発展し。OK Goが友情出演した2015年のシングル「Pick Me Up」のPVの一部は伊勢丹新宿店で撮影された。アートディレクションを一貫してコントロールする関の存在により、作品ごとに異なる手法・趣向が導入されながらもアーティストイメージの整合性・統一感が保たれている。関は「三人を使って実験をしているんじゃないかって。でもそういうところから面白いものは生まれますからね」、「3人にはまだまだ可能性を感じる」「もちろん僕自身も彼女たちで試したら面白そうだなってことがいっぱいあるし、やれたらいいなと思います」 と述べている。 関の手がけた作品は以下の通り:
・ 「ビタミンドロップ」
・ 「リニアモーターガール」
・ 「コンピューターシティ」
・ 「エレクトロ・ワールド」
・ 「Twinkle Snow Powdery Snow」
・ 「チョコレイト・ディスコ」
・ 「ポリリズム」
・ 「Baby cruising Love」
・ 「マカロニ」
・ 「love the world」
・ 「Dream Fighter」
・ 「ワンルーム・ディスコ」
・ 「VOICE」
・ 「I still love U」
・ 「レーザービーム」
・ 「GLITTER」
・ 「FAKE IT」
・ 「Magic of Love」
・ 「DISPLAY」
・ 「Relax In The City」
・ 「STAR TRAIN」
・ 「TOKYO GIRL」 なお「エレクトロ・ワールド」、「Twinkle Snow Powdery Snow」、「ポリリズム」、「love the world」、「Dream Fighter」のPVのCGはゴンゾが制作している。自己紹介の広島弁バージョンもあり、「Perfumeです」が「Perfumeよー」となるが、アクションは「定型の自己紹介」と同一である。 あ〜ちゃんのMCは、毒舌や客への説教、自虐ネタ、所属事務所・アミューズの会長や中田ヤスタカの物真似など、奔放とも天然とも評されている。誰がどういう役割でもなく、誰が上でも下でもないと発言している。 また、PerfumeはMCが長いことも特徴である、常に高い目標を掲げるこのロック的手法が上手くいった。 メンバーもPerfumeの特徴として、テレビやラジオなどではなく、ライブに最も自信を持っていると話す。また、Perfumeがテレビやラジオで活動するのはお客さんがPerfumeに少しでも興味を持ってもらい、ライブに来てもらうため、と語っている。Perfumeのライブはしばしばリップシンクが用いられるが、テクノサウンドをライブで完全再現するのは、元々無理である、コレオグラフィーは非常に複雑であるが、あ〜ちゃんは「私たちの個性は、シンクロしているダンスの時にこそ発揮されていると思う」。実験的なプロジェクトは、大勢の観客がいるPerfumeのライブでは絶対に失敗ができないため、最初にイレブンプレイでテストを大量に行い、うまくいったらPerfumeに応用している、YMOならびにキャンディーズ世代の中高年、さらには現役ミュージシャンなど、ファン層がバラエティに富む。 エッセイストの酒井順子は、2007年に「もう間もなく、人気がブレイクするかも!」という予感があり、パフュームをライブハウスで観て、当時は女性アイドルにしては女性ファンが多いという印象を持ったという。『週刊現代』の連載でライブ観戦を報告すると、当時の読者の反響は「実はパフュームが気になっていた」という人と、「パフュームって何ですか?」と人と半分半分だったと話してる。その後、パフュームはテレビに出まくり、雑誌の表紙を飾り、知らない人はいない状態になった。2008年11月の日本武道館2daysでは、圧倒的に男性ファンが多く、男性トイレに行列が出来るという珍しい現象が起きた、2010年代は女性ファンが増え、2010年代後半のファン層の男女比は、女性が少し多いといわれる(RHYMESTER)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)は、Perfumeのメジャーデビュー直後から支援した、山内総一郎(フジファブリック)など。同じローカルアイドル出身としては、新潟のNegiccoが「Perfumeが目標」とよく話す。また2022年3月まで青森のりんご娘に所属していた王林も「熱烈な憧れの対象で、グループの方向性とか方針をずっとお手本にしていた」等と話している。音楽関係以外の著名人のファンとしては、志村けんがPerfumeの大ファンで。2015年10月29日に放送された『アメトーーク!』「祝15周年 Perfumeスゴイぞ芸人」には、Perfumeファンとして、サバンナ・高橋茂雄、ハリセンボン・近藤春菜、栗原類、ダイノジ・大谷ノブ彦、流れ星・ちゅうえい、掟ポルシェが出演した。この他、土田晃之、小籔千豊、ほしの ディスコ、高校の一年先輩・長澤まさみや、徳島えりか、酒井順子らがファン。 きゃりーぱみゅぱみゅは、capsuleやPerfumeなど、中田ヤスタカの作る楽曲のファンで、中田のプロデュースでデビューすることになった。 BABYMETALは、アイドルとテクノを組み合わせたPerfumeの成功例を根拠の一つとして、アイドルとメタルを組み合わせるという発想が生まれ を中心に結成されたもの。

◎ ファンクラブ
「P.T.A.」2008年〜 名称の名付け親はあ〜ちゃんで、"Perfumeとあなた"という意味がある。
◇会員特典 :
・ オリジナル会員証の発行(新規入会時のみ) :
・ 会報誌の発行(年2回。2019年より年1回発行の『P.T.A.BOOK』にリニューアルした。) :
・ 「P.T.A.」会員専用サイトへのアクセス :
 ・ メンバーやスタッフのブログ :
 ・ ライブ写真満載のPHOTOページ :
 ・ 現場でのオフショット満載のMOVIE :
 ・ ダウンロードプレゼント 等 :
・ グリーティングカードの発行(年2回) :
・ DVDの発送(年1回) :
 ・ 会員限定WEBサイト内で公開される映像のダイジェストや、このDVDでしか観られない映像を収録 :
・ 会員限定イベントへの参加(抽選制/不定期) :
・ 会員限定オリジナルグッズの販売 :
・ ライブのお知らせ&チケット先行受付(抽選制) :
・ テレビ、ラジオ等の番組観覧(抽選制/不定期) 日本国外在住者向けファンクラブとして「WORLD P.T.A.」が2013年に開始された。会員特典はP.T.A.とほぼ共通だが、会員証は発行されない。また、会報誌やDVDも送付されないがオリジナルグッズとして別途購入が可能である。

● 総評
Perfumeは日本のアイドルシーンを大きく変えた女性グループである、ブームも下火になり。安室奈美恵やSPEED、モーニング娘。らは売れたが、1990年代から2000年代初めにかけて、女性アイドルシーンは全体でいえば"冬の時代"といわれていた。Perfumeもその内の一つだった2000年代前半の第一次地方アイドルブームは、モーニング娘。人気にあやかったものだったが、2005年前後にモー娘が勢いを失うとメジャーシーンからアイドルが消えた。Perfumeがアイドル再評価の流れを作り出し。 社内の反対を押し切って2007年10月10日発売の『Quick Japan』74号でPerfumeを表紙と特集に取り上げた同紙編集部は、「当時の状況を考えたらPerfumeの表紙は、かなりあり得ないというか、無茶でした。そもそも『ポリリズム』をちゃんと聴けてない状態で始まった企画でしたから。でもPerfumeは2006年頃から明らかに波は来ていたんです。所属事務所も一部では確かに支持されているのは分かっていて『じゃあこれをさらに広げるには何をすればいいのか』を探っている状態だったと思う。ライブにしろネットにしろすごく盛り上がってるにもかかわらず、なかなかマスメディアだとか一般の人たちにまでは届いていかなかった。メディアとファンの温度差がすごかった。だからどうすればライブやネットでの盛り上がりが一般の人たちに届くのか、そのことばっかり考えていました。当時のPerfumeの位置付けは『どうせアイドルオタクが聴いて喜んでる音楽だろう』のようなもので、オタクの人も『自分たちは気持ち悪いオタクだし、アイドルソングなんて世の中に認められない馬鹿な音楽なんだ』みたいに変な開き直り方をしていて、アイドルの価値っていうのを誰もが同じフィールドで語りようがなかった。そういう状況で、どうやってPerfumeを見せていったらいいんだろう、世の中に向けてどういう言葉を作ればいいのかなあと、音がいいのは分かるが活字メディアとして打ち出し方が分からなかった。それで『アイドルっていうのは本来はジャンルじゃなくて、好きなら好きって言える存在のことだと思う』『その存在に今なれるのはPerfumeなんじゃないか』と編集部でコンセプトが打ち出され、アイドルという言葉をもう一回本来の意味で使える存在として"アイドルの意味を回復する3人"というリード文ができた。音がカッコイイとか言っても届かないのは十分に分かってるから、それを受容する側の状況を打ち出しすごくマッチした。あの時はそう打ち出して正解でした」などと話している、「初めて「ポリリズム」を聴いた時はダンスミュージックじゃねえぞ。変拍子ばかりでと面白くてたまらなかった。ライブを見たら、パワフルなビートに面白い振り付け。もうロックンロールは死んじゃった、と思った」と話している。また2008年の近田春夫との対談では 「『ポリリズム』はホントに最高。声にエフェクターをかけるのは何かジョークっぽいけど、音楽がちゃんとしてるから、ジョークにならない。大人っぽいコード進行、ちょっとジャズみたいなヴォイシング、メロディのキレイなメリハリ。J-POPの新しいテイストだと思う。オタク方向に行きそうな声なんだけど、そうならないっていうのがすごい。Perfumeはおしゃれ。サウンドを作るまでに、かなりプロセスがあったと思う。『ポリリズム』の間奏なんて、ものすごい変拍子。僕の友達で信じられないほどマニアックなプログレファンがいるんだけど、その人に聴かせたら『こんな曲がポップ・ソングになってるの? 日本っていい国だね!』って喜んでた(笑)」。2007年春に刊行した自身25年分のアイドル評論をまとめた『アイドルにっぽん』の終章〈3001年、「アイドルにっぽん」の旅〉という未来小説に〈BGMはPerfumeの「コンピュータシティ」〉と記載したのは、「未来のアイドル世界の可能性の調べを、Perfumeの歌声に聴いたから」と述べている。 渋谷陽一は、2008年11月6日のPerfume日本武道館公演を観戦し、「これほど自我が相対化され、ナルシズムが無化されたアイドルはかつて存在した事がない。革命的なアイドルである事を再確認した。桑田佳祐が30年トップを走り続けて到達した境地に、何故19才の女の子が立てたのか分からない。小学生時代から、売れないアイドルとして積み重ねたキャリアが強くしたのだろうか。しかし、普通なら人を歪めてしまうキャリアの中で、健全でいられた事こそが謎である。僕は、彼女達の知性が、こうした奇跡を起こしたのだと思っている」などと論じた。藤田琢己は「当時、アイドルはアーティストとは別の存在みたいなところがあって、そこの垣根があったんですかね。アイドルっぽいからなかなか音楽を聴かないかも、みたいな。けれどロックバンドたちもPerfumeを絶賛しており、彼女たちがアーティストとアイドルの垣根を突破した、草分け的なところがあると思う。そういう意味で、音楽的なテイストや、アイドルなのか、楽曲がどうなのかみたいなところの歴史が変わっていく瞬間。振り返ってみると分かれるポイントがこのへんにあったんじゃないかと思います」などと論じている、Perfume自身は「『一発屋、ラッキー!一発屋になれた!』っていう感覚でやっていた」と話している、Perfumeが一般層に支持された理由については、掟「「客層の入れ替えを意図的に行ったこと。かつては男の子ファンの目線であるかのような『僕』という一人称で歌っていた。けれどある時期から『ワンルームディスコ』のように同世代の女子の気持ちを代弁する歌詞に変わっていった。『Perfumeも恋する女の子でいい』という層に向けての売り出し方になったのが大きい」 吉田「事務所側が覚悟を決めたんでしょうね。このままアイドルでいくとスキャンダルとかも乗り越えられないと」 掟「アイドル的なキラキラ感は希薄になるけど、中田さんの作る曲の質感に魅力を感じる人は必ずついて行きますから。アイドルという切り方を止めたおかげで、アーティストとアイドルの中間というPerfumeの生きる道が出来上がったんじゃないかと思います」などと論じている、2012年のインタビューで「00年代の中盤にバンドやシンガーソングライターの勢いが弱まってきた。そこへPerfumeのような"配信の歌姫"と呼ばれる人が出てきた。Perfumeはアイドルとアーティストの中間を進んでいます。Perfumeはロックフェスにも出ていることが象徴的です。プロデューサーがCAPSULEの中田ヤスタカさんですから、クラブシーンと非常にマッチングもよくて、アイドルファン以外の層でも盛り上がり、東京ドームライブも成功させました」などと評した。 亀田誠治は「FLASH」を2016年上半期1位に選び、「中田ヤスタカさんプロデュースの最先端のダンスミュージックで、日本中を楽しませることができるのがPerfumeの最大の魅力だと思います。海外での活躍も目覚ましいです。最もクールなJ-POPではないでしょうか」と評している。 アーバンギャルド・松永天馬は2018年のインタビューで、「00年代は"テクノポップ"っていう言葉は、言ってしまえば完全に死語だったんですよね。80年代の前半に流行ったYMOを筆頭とする当時のシンセサウンドの歌謡曲、ナツメロだよね。っていう認識を世の中のひとが持ってる中で、Perfumeは"テクノポップ"っていう言葉を打ち出して、"テクノポップ"っていう言葉の纏ってる意味合いを完全に更新したんですよ。それはやっぱり新しいサウンドにボーカルの捉え方を変えるっていうことを発明したからだと思うんですね。今(2018年)聴いても新しく感じるし、当時聴いた時、だれも聴いた事がない音楽を聴いてるなっていう印象がありましたね」などと評している。 読売新聞2018年の元旦特集「J-POP 平成の名盤30」で『GAME』が、宇多田ヒカル『First Love』や、globe『globe』などを抑えて実質1位に選ばれた(選者・マーティ・フリードマン、柴那典、石黒大貴の3人が30枚を選び、全員一致で挙げた唯一のアルバム)
Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"
5th   ポイント   2012年3月14日   Spending all my time
LEVEL3
6th   Hurly Burly   2012年6月6日   Spending all my time
Perfume The Best “P Cubed”
7th   Party Maker   2013年8月6日     LEVEL3
Perfume The Best “P Cubed”
8th   1mm   2013年9月4日(レコチョク)
2013年9月18日(iTunes他)
9th   Hold Your Hand   2014年5月21日   Cling Cling
COSMIC EXPLORER
Perfume The Best “P Cubed”
10th   FLASH   2016年3月16日   COSMIC EXPLORER
無限未来 (ちはやふる盤)
Perfume The Best “P Cubed”
11th   I Don't Understand You   2016年7月20日   未収録
12th   ナナナナナイロ   2019年7月5日   Perfume The Best “P Cubed”
13th   再生   2019年11月28日   Time Warp
PLASMA
14th   ポリゴンウェイヴ   2021年7月2日   ポリゴンウェイヴEP
15th   さよならプラスティックワールド   2022年4月29日     PLASMA
16th   Spinning World   2022年7月15日
17th  すみっコディスコ  2023年11月3日
18th   The Light  2024年5月24日  


◎ EP

 Perfume Records / ユニバーサルJレーベル
 1st    2021年9月22日    ポリゴンウェイヴEP   CD+BD   初回限定盤A   UPCP-9028    2位
  CD+DVD   初回限定盤B   UPCP-9029
  CD   通常盤   UPCP-1008


◎ アルバム

○ オリジナルアルバム

  通算 発売日 タイトル  販売形態 規格品番 最高位
 徳間ジャパンコミュニケーションズレーベル
  1st   2     2008年4月16日     GAME  CD+DVD  初回限定盤  TKCA-73320    1
 CD  通常盤  TKCA-73325
  2nd   3     2009年7月8日    ⊿  CD+DVD  初回限定盤  TKCA-73440
 CD  通常盤  TKCA-73445
  3rd   4     2011年11月30日     JPN  CD+DVD  初回限定盤  TKCA-73730
 CD  通常盤  TKCA-73735
  Perfume Records / ユニバーサルJレーベル
 4th   5    2013年10月2日    LEVEL3 / LEVEL3(Bonus Edition)  CD+DVD  初回限定盤  UPCP-9005    1
   CD    通常盤    UPCP-1001
 2014年10月22日  UPCP-9009    12
  5th   6     2016年4月6日     COSMIC EXPLORER  2CD+BD  初回限定盤A  UPCP-9013    1
 2CD+DVD  初回限定盤B  UPCP-9014
 CD  通常盤  UPCP-1002
  6th   7     2018年8月15日     Future Pop  CD+BD    初回生産限定盤  UPCP-9020
 CD+DVD  UPCP-9021
 CD+BD    通常盤  UPCP-1003
 CD+DVD  UPCP-1004
  7th   8     2022年7月27日     PLASMA  CD+2BD  完全生産限定盤A  UPCP-9032    3
 CD+2DVD  完全生産限定盤B  UPCP-9033
 CD+BD  初回限定盤A  UPCP-9034
 CD+DVD  初回限定盤B  UPCP-9035
 CD  通常盤  UPCP-1009

○ ベストアルバム

  発売日 タイトル  販売形態 規格品番 最高位
 徳間ジャパンコミュニケーションズレーベル
 1st   2006年8月2日    Perfume〜Complete Best〜    CD+DVD  初回生産限定盤  TKCA-73086    66
  2007年2月14日  通常盤  TKCA-73167    24
  Perfume Records / ユニバーサルJレーベル
  2nd     2019年9月18日     Perfume The Best “P Cubed”  3CD+BD  完全生産限定盤A  UPCP-9022    1
 3CD+DVD  完全生産限定盤B  UPCP-9023
 3CD+BD  初回限定盤A  UPCP-9024
 3CD+DVD  初回限定盤B  UPCP-9025
 3CD  通常盤  UPCP-1005~7

○ コンピレーションアルバム

  発売日 タイトル  販売形態 規格品番 最高位
 徳間ジャパンコミュニケーションズレーベル
  1st     2012年9月12日     Perfume Global Compilation
"LOVE THE WORLD"  CD+DVD  初回限定盤  TKCA-73840    1
 CD  通常盤  TKCA-73845


◎ アナログ盤

  発売日 タイトル 最高位
  Perfume Records / ユニバーサルJレーベル
1st   2014年5月14日   LEVEL3    8
 徳間ジャパンコミュニケーションズレーベル
2nd    2016年2月17日   Perfume〜Complete Best〜    
3rd   GAME    
4th   ⊿    
5th   JPN    
6th   Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"    
7th   Perfume Complete "LP" BOX     19
  Perfume Records / ユニバーサルJレーベル
8th   2016年8月3日   COSMIC EXPLORER     24
9th   2019年2月13日   Future Pop     6


◎ 映像作品

    発売日  規格  タイトル  最高位
DVD Blu-ray 総合
 1st   2007年3月14日     DVD   ファン・サーヴィス[bitter] 完全生産限定盤    13    
  2008年2月13日    ファン・サーヴィス[bitter] Normal Edition    3    7    
  2013年8月14日   Blu-ray
 2nd   2008年10月15日   DVD    Perfume First Tour 『GAME』    1    6    
  2013年8月14日   Blu-ray
 3rd   2009年4月22日   DVD    Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN』    1    5    
  2013年8月14日   Blu-ray
  -     2009年9月25日    DVD-BOX
(3枚組)   Perfume in Happyで気になるシャンデリアハウス    12        
  詳細 発売元:アミューズソフトエンタテイメント株式会社
・ 「Perfumeのシャンデリアハウス」本編(disc-1/disc-2)
・ 特典映像(disc-3)
 ・ 「Perfumeのシャンデリアハウス」幻の未公開シーン
 ・ 収録のウラ側
 ・ 「HAPPY」
 ・ 「Perfumeの気になる子ちゃん」傑作集
 4th   2010年1月13日   DVD    Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』    1    4    
  2013年8月14日   Blu-ray
 5th   2011年2月9日   DVD    結成10周年、メジャーデビュー5周年記念
Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」    1    2    
  2013年8月14日   Blu-ray
 6th   2012年8月1日   DVD    Perfume 3rd Tour 「JPN」    1    3    
  2013年8月14日   Blu-ray
 7th   2013年5月22日   DVD    Perfume WORLD TOUR 1st    1    6    
  2014年10月1日   Blu-ray
 8th    2014年2月12日   DVD    Perfume Clips    1    1    1
  Blu-ray
 9th    2014年4月9日   DVD    Perfume 4th Tour in DOME「LEVEL3」    2    1    1
  Blu-ray
 10th    2014年10月1日   DVD    Perfume WORLD TOUR 2nd    1    1    1
  Blu-ray
 11th    2015年3月10日   DVD    Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」    1    1    1
  Blu-ray
 12th    2015年7月22日   DVD    Perfume WORLD TOUR 3rd    3    2    1
  Blu-ray
 13th    2016年1月13日   DVD    Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」    2    1    1
  Blu-ray
  -    2016年7月6日   DVD    WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT    5    3    
  Blu-ray
 14th    2017年4月5日  DVD    Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』    2    1    1
  Blu-ray
 15th    2017年11月29日  DVD    Perfume Clips 2    2    1    1
  Blu-ray
 16th    2019年4月3日  DVD    Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』    2    1    2
  Blu-ray
 17th    2020年9月2日  DVD    Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome    1    1    1
  Blu-ray

 18th    2022年12月24日  DVD    Perfume LIVE 2021[polygon wave]     3     3     3
  Blu-ray

 19th    2023年5月31日  DVD    Perfume 9th Tour 2022 "PLASMA"     1     1     1
  Blu-ray



◎ その他楽曲

・ BEE-HIVE(2003年5月3日:BEHV-0001)
 ・ 『おいしいレシピ』所収。BEE-HIVE『Time to go』にコーラス参加。BEE-HIVEレコードより発売。R・O・N作曲・編曲。
・ チョコレイト・ディスコ -extra mix-(PSRE-2114)
 ・ 雑誌『remix』2007年4月号のプレゼント企画で制作された非売品7インチアナログ盤。中田ヤスタカ編曲。
・ イミテーションワールド
 ・ ライブでは大抵、「カウンターアトラクション」との間を開けず2曲続けて歌われていた。メンバーは、その2曲プラス「ファンデーション」と合わせて3曲で「ションションションメドレー」と呼んでいる。
・ ジューシーフレグランス
 ・ 中田ヤスタカが誤ってデータを消去した(データが入ったパソコンが壊れたとの話もあり)ため、幻となった楽曲。Perfumeのマジカル☆シティ2006.09.06によると「当時のPerfume3人が一番好きな曲(かしゆか)」「たぶん会社のCDにだけ入っている。あ〜ちゃんは鼻歌で歌える(のっち)」。JASRAC未登録。
・ スーパージェットシューズ
 ・ Peachy(奥居香プロデュース)の同名曲のカバーで、広島時代からのレパートリー。「ファン・サーヴィス[bitter]」に収録。
・ 「伝説のスタフィー3」テーマソング
 ・ テレビ東京「おはスタ」エンディングでメンバー出演の映像が放映された(2004年7月26日 - 8月6日)。
・ アキハバラブ(2005年8月29日:NKCM-1006)
 ・ 桃井はるこ作詞作曲プロデュースによるぱふゅーむ×DJ momo-i名義作品。「打ち水大作戦 2005」キャンペーンソング。

◎ ライブ限定曲

・ Kiseki - Visualization
 ・ 「Reframe 2019」で披露された曲。いままでのライブを年代順に振り返るリミックス。ダンスについてもリミックスに合わせ曲ごとの印象的な振りを表現。
  ・ 1 リニアモーターガール (Perfume presents 〜Perfumeがいっぱいサンタ呼んじゃいました♪〜)
  ・ 2 エレクトロ・ワールド
  ・ 3 GAME (Perfume First Tour「GAME」)
  ・ 4 edge (Perfume 〜ソックス フィックス マックス〜)
  ・ 5 Perfumeの掟 (Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」)
  ・ 6 JPNスペシャル (キリンチューハイ 氷結 Presents Perfume 3rd Tour 「JPN」)
  ・ 7 Enter the Sphere (Perfume WORLD TOUR 1st)
  ・ 8 Spending all my time (ずっと好きだったんじゃけぇ〜さすらいの麺カタPerfume FES)
  ・ 9 Cling Cling (Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」supported by チョコラBB)
  ・ 10 STORY (SWSX 2015)
  ・ 11 Cosmic Explorer (Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』)
  ・ 12 If you wanna (Perfume FES 2017 〜前夜祭〜)
  ・ 13 無限未来 (This is Nippon プレミアムシアター 「Perfume×Technology」presents "Reframe")
  ・ 14 Future Pop (Perfume WORLD TOUR 4th 「FUTURE POP」)
  ・ 15 だいじょばない (Coachella 2019)
  ・ 16 VOICE (Reframe 2019)
  ・ 17 Challenger(Perfume 8th Tour 2020 P cubed in Dome)

◎ ゴールドディスク認定作品

◇CD・シングル :
・ love the world (ゴールド) :
・ Dream Fighter (ゴールド) :
・ ワンルーム・ディスコ (ゴールド) :
・ 不自然なガール/ナチュラルに恋して (ゴールド) :
・ VOICE (ゴールド) :
・ ねぇ (ゴールド) :
・ ポリリズム (ゴールド) :
・ レーザービーム/微かなカオリ (ゴールド) :
・ スパイス (ゴールド) :
・ Spring of Life(ゴールド) :
・ Spending all my time (ゴールド) :
・ 未来のミュージアム (ゴールド) :
・ Magic of Love (ゴールド) :
・ Cling Cling (ゴールド) :
・ STAR TRAIN (ゴールド)2015年度年間79位(オリコン) :
◇CD・アルバム :
・ Perfume〜Complete Best〜 (プラチナ) :
・ GAME (ダブル・プラチナ) :
・ ⊿(プラチナ) :
・ JPN (プラチナ) :
・ Compilation "LOVE THE WORLD" (プラチナ) :
・ LEVEL3 (プラチナ) :
・ COSMIC EXPLORER (ゴールド)2016年度年間22位(オリコン) :
・ Future Pop (ゴールド) :
・ Perfume The Best "P Cubed" (ゴールド) :
◇ビデオ (DVD,Blu-ray) :
・ Perfume First Tour 『GAME』 (ゴールド) :
・ Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN』 (ゴールド) :
・ 結成10周年、メジャーデビュー5周年記念 Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」 (ゴールド) :
・ Perfume 3rd Tour 「JPN」 (ゴールド) :
・ Perfume Clips (ゴールド) :
◇着うたフル :
・ ポリリズム(ゴールド) :
・ love the world(ゴールド) :
・ Dream Fighter(ゴールド) :
・ ワンルーム・ディスコ(ゴールド) :
・ VOICE(ゴールド) :
・ 575(ゴールド)

◇シングルトラック :
・ Spring of Life(ゴールド) :
・ FLASH(プラチナ) :
・ TOKYO GIRL(ゴールド)

◎ ファンクラブ限定映像作品
P.T.A. DVDはファンクラブ会員に無料で送付される。
・ Perfume OFFICIAL FANCLUB「P.T.A.」 会員限定特典「P.T.A. DVD Vol.1」(2009年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.2」(2010年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.3」(2011年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.4」(2012年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.5」(2013年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.6」(2014年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.7」(2015年2月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.8」(2016年3月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.9」(2017年3月)
・ 同 「P.T.A. DVD Vol.10」(2018年3月)
・ 同 「P.T.A.DISC」(P.T.A.BOOK 2019とのセット、2019年12月)
・ 外では言えないファンクラブ会員だからこその秘密トークまさかの75分くらいDVD(2010年7月1日)
・ P.T.A.発足10周年 と5周年 “Perfumeとあなた”ホールトゥワー(2018年12月)

● タイアップ

曲名 タイアップ
 モノクロームエフェクト  日本テレビ「AX MUSIC-TV」AX POWER PLAY 052
 おいしいレシピ  テレビ東京「なぜ?謎ごはん。」エンディングテーマ
 アキハバラブ  「打ち水大作戦2005」キャンペーンソング
  リニアモーターガール  テレビ東京「東京爆旅」エンディングテーマ
 ランシステム「自遊空間」 CMソング
 FM鹿児島「SUZUKIライブステーション」1月度エンディングテーマ
  Perfume  関西テレビ「南パラZ」オープニングテーマ
 CBCラジオ「Perfumeのパンパカパーティー」オープニングテーマ
  エレクトロ・ワールド  セガトイズ携帯音楽プレイヤー「サウンドキャリアneo・ストリート篇」CMソング
  プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」(Life is Tech)主題歌
 チョコレイト・ディスコ  トヨタ自動車「アクア」CMソング
  ポリリズム  NHK・公共広告機構2007年度共同キャンペーン『リサイクルマークがECOマーク。』CMソング
 MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
 映画「カーズ2」全世界公開版挿入歌、日本語吹き替え版エンディングテーマ
 SEVENTH HEAVEN  RKB毎日放送 「九州青春銀行」 エンディングテーマ
  Baby cruising Love  日本テレビ系「ロンQハイランド」エンディングテーマ
 日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」2月度POWER PLAY
 MUSIC ON TV 『M-ON RECOMMEND 1月度楽曲』
  マカロニ  日本テレビ系「歌スタ」1月度お題曲
 SONY VAIO×BSフジ CMソング
 シークレットシークレット  森永乳業「エスキモー pino」『ながらピノ、する?』Perfume篇 CMソング
 edge  コーセー「Fasio」『絶世、クジャクまつげ。』篇 CMソング
  ナチュラルに恋して  NATURAL BEAUTY BASIC CMソング
 映画『今日、恋をはじめます』テーマソング
 Lovefool  サントリー「PEPSI NEX」『Perfume』篇 CMソング
  VOICE  日産自動車「日産のお店で キャンペーン」『パフュームカンガルー』篇 CMソング
 レコチョク TV-CFソング
 575  KDDI 『iida LIGHT POOL』篇 CMソング
  ねぇ  NATURAL BEAUTY BASIC CMソング
 テレビ東京系テレビアニメ『こねこのチー』オープニングテーマ曲
 レーザービーム  キリンチューハイ 氷結 CMソング
 微かなカオリ  キリンチューハイ 氷結 やさしい果実の3% CMソング
 GLITTER  キリンチューハイ 氷結 CMソング
  スパイス  TBS系金曜ドラマ『専業主婦探偵〜私はシャドウ』主題歌
 コミュニケーション  カンロ ピュレグミ CMソング
  未来のミュージアム  『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』主題歌
 北日本放送「ちょこミラ」オープニングテーマ
  Magic of Love  カンロ ピュレグミ CMソング
 日本テレビ系 「スッキリ」5月度テーマソング
  1mm  エーザイ チョコラBBプラス CMソング
 YKKショートアニメ「FASTENING DAYS 3」エンディングテーマ
  Hold Your Hand  NHK総合 ドラマ10『サイレント・プア』主題歌
 YKKショートアニメ「FASTENING DAYS 2」エンディングテーマ
 DISPLAY  パナソニック「4K VIERA」店頭プロモーション映像
  Cling Cling  エーザイ チョコラBB ローヤル2 CMソング
 エーザイ チョコラBBプラス CMソング
  Relax In The City  サッポロビール「サッポロ グリーンアロマ」CMソング
 広島県観光連盟 観光プロモーション「やっぱ、広島じゃ。」
 Pick Me Up  Perfume × 伊勢丹 『Pick Me Up』コラボレーションソング
 透明人間  エーザイ チョコラBBプラス CMソング
 STAR TRAIN  ドキュメンタリー映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』主題歌
 Next Stage with YOU  メルセデス・ベンツ A-Class CMソング
 FLASH  映画『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』主題歌
 I Don't Understand You  TOKYO MX開局20周年記念テレビアニメ『SUSHI POLICE』主題歌
 宝石の雨  サンスター・デンタルケアブランド・Ora2 CMソング
 TOKYO GIRL  日本テレビ系水曜ドラマ『東京タラレバ娘』主題歌
 If you wanna   サンスター「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」CMソング 
 Everyday  Perfume×パナソニック AWA DANCEキャンペーンソング
 FUSION  NTTドコモの移動通信システム・5Gプロジェクト「FUTURE EXPERIMENT VOL.1 距離をなくせ。」タイアップソング
 無限未来  映画『ちはやふる -結び-』主題歌
 Future Pop  「Perfume × docomo "Future Pop" Project」
 Tiny Baby  長編アニメ映画『グリンチ』日本版イメージソング
 FAKE IT  RCCテレビ60年特別企画 リリーフドラマ『恋より好きじゃ、ダメですか?』主題歌
 ナナナナナイロ  クラシエホームプロダクツ「肌美精」シートマスクシリーズCMソング
 再生  映画『屍人荘の殺人』主題歌
  Dream Fighter  YKKのショートアニメ「FASTENING DAYS 4」エンディングテーマ
 朝日放送テレビ・テレビ朝日系『これって私だけ?』オープニングテーマ
  Time Warp  プジョー「NEW SUV 2008/SUV e-2008」CMソング
 「Amazon Music HD」CMソング
 NHK BS4K「謎解き!ヒミツの至宝さん」オープニングテーマ
 ポリゴンウェイヴ  Amazon Prime Video『ザ・マスクド・シンガー』テーマソング
 Challenger  サンフレッチェ広島レジーナ公式応援ソング
 Flow  TBS系火曜ドラマ『ファイトソング』主題歌
 さよならプラスティックワールド  NHK「みんなのうた」2022年度4月・5月放送曲
 Spinning World  Technics 完全ワイヤレスイヤホン キャンペーンソング
 アンドロイド&  花王ケープ FOR ACTIVE Web CM 花王 ケープ FOR ACTIVE×Perfume 9th Tour 2022”PLASMA”
 ハテナビト  Wing(ワコール)CMソング
 Moon  フジテレビ系水曜22時枠『ばらかもん』主題歌
 すみっコディスコ  映画『すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ』主題歌


● ライブ
Perfume主催ライブのみ、タイトルにウィキリンクのあるライブは映像作品化されている。
width="4%" 年 width="4%" 日程 width="21%" タイトル width="13%" 場所 width="20%" 備考
   2004年   1月3日   BEE-HIVE New Year Live '04 〜Perfume day〜   SHIBUYA BOXX   ゲスト:喜友名星、名取愛加。
  4月11日   Perfume レコ発 Sing Ravure SPECIAL   Shibuya O-Crest   イベント
  12月16日   〜Play a trick on YOU〜 Dreamy☆World   Shibuya O-Crest   ゲスト:掟ポルシェ、ミッツィー申し訳。
   2005年   2月27日   Perfumeと申し訳のビタミンSUNDAY   宇都宮PLANET   ゲスト:掟ポルシェ、ミッツィー申し訳。Perfumeによってデコレーションされたケーキが販売される。
  7月7日   Play a trick on YOU 〜エレクトリカル♪girls〜   Shibuya O-West   ゲスト:グラインダーマン。メジャーデビューを発表。
  12月21日   PerfumeのPOPpokePiiiii-ないと   原宿ASTRO HALL   ゲスト:掟ポルシェ、P&ART SASANOOOHA。
  2006年   12月21日   Perfume presents 〜Perfumeがいっぱいサンタ呼んじゃいました♪〜   原宿ASTRO HALL   ゲスト:BアストロUZZ、Candy。初の映像作品化。
   2007年   3月25日   Sweet Angel Whispers   表参道FAB(現・表参道GROUND)   ゲスト:ロマンポルシェ。、宍戸留美。
  7月5日
-
7月6日   Perfume ひこぼし☆募集中   代官山UNIT   初のワンマン・ライブ。
  10月31日
-
11月3日   感謝感激ポリ荒らし 〜あらためまして、Perfumeです〜   LIQUIDROOM   2007年11月14日NHK-BS2『WEDNESDAY J-POP』にて放送。
  12月31日   Perfume まさかのカウントダウン? 〜リ○ッドルーム あの夜をもう一度 in Zepp Tokyo〜   Zepp Tokyo   初のカウントダウンライブ。
   2008年   2月12日   Perfume 〜ソックス フィックス マックス〜   SHIBUYA-AX  
  2月13日   P.T.A.発足前夜祭「パッと楽しく遊ぼうの会」   LIQUIDROOM   オフィシャルWEBファンクラブ「P.T.A.」発足記念イベント。
  4月27日
-
6月1日   Perfume First Tour「GAME」    詳細   初の全国ツアー。
  11月6日
-
11月7日   森永 エスキモー pino presents BUDOUKaaaaaaaaaaN   日本武道館   2008年12月19日NHK BShiにて放送。
   2009年   5月9日
-
5月10日   エスキモー pino presents ディスコ ディスコ ディスコ   国立代々木競技場第一体育館   2009年5月16日WOWOWにて放送。
  8月7日
-
10月30日   Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』    詳細   2009年12月26日MUSIC ON TVにて放送。
   2010年   3月7日
-
4月3日   P.T.A. presents Perfume 結成10周年『パッと楽しく遊ぼうの会』ライブハウストゥワー   リスト 横浜BLITZ、Zepp Nagoya、Zepp Osaka、Zepp Tokyo、Zepp Sendai、新潟LOTS、Zepp Sapporo、Zepp Fukuoka、広島CLUB QUATTRO、高知BAY5 SQUARE   ファンクラブ会員限定ライブ。
  11月3日   Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」  東京ドーム   初の東京ドーム単独公演。2010年11月23日WOWOWにて放送。
   2012年   1月14日
-
5月26日   キリンチューハイ 氷結 Presents Perfume 3rd Tour 「JPN」    詳細   初のアリーナツアー。2012年5月27日WOWOWにて放送。
  10月26日
-
11月24日   Perfume WORLD TOUR 1st    詳細   初の単独海外(アジア圏)ツアー。2012年12月31日NHK総合『MJ presents Perfume ドキュメント 今 世界へ』にて放送
   2013年   5月29日
-
6月18日   ずっと好きだったんじゃけぇ〜さすらいの麺カタPerfume FES    詳細   初の対バンツアーで、3年振りの国内ライブハウス公演。2013年6月23日テレビ東京『JAPAN COUNTDOWN』にて放送
  7月3日
-
7月7日   Perfume WORLD TOUR 2nd    詳細   2度目の単独海外(ヨーロッパ圏)ツアー。2013年7月14日テレビ東京『JAPAN COUNTDOWN』にて放送
  12月7日
-
12月25日   Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラBB   京セラドーム大阪、東京ドーム   初のドーム・ツアー。2014年2月1日WOWOWにて放送。
   2014年   3月15日
-
4月11日、10月12日   Perfume FES 2014   東京・NHKホール、広島・上野学園ホール、静岡・静岡市民文化会館、石川・本多の森ボール、香川・アルファあなぶきホール、鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一、韓国・UNIQLO-AX  2度目の対バンツアー。4月20日に予定されていた韓国での公演は4月16日のフェリー転覆事故を受けて10月12日に振替。2014年5月11日テレビ東京『JAPAN COUNTDOWN』にて放送。
  8月1日
-
9月21日   Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」supported by チョコラBB    詳細   最終公演日にメジャーデビュー10年目に突入した。2014年10月25日WOWOWにて放送。
  10月31日
-
11月15日   Perfume WORLD TOUR 3rd   リスト 台湾・台北国際会議中心、シンガポール・リゾート ワールド セントーサ、ロサンゼルス(アメリカ)・HOLLYWOOD PALLADIUM、ロンドン(イギリス)・ハマースミス アポロ、ニューヨーク(アメリカ)・ハマースタイン・ボールルーム   3度目の単独海外(アジア、ヨーロッパ圏、アメリカ)ツアー。11月15日のニューヨーク公演は日本全国の劇場と香港でライブビューイングされた。2014年12月7日WOWOWプライムにて放送。
  2015年   9月21日
-
10月7日   Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP   リスト TSUTAYA O-WEST、日本武道館、広島グリーンアリーナ   初日:『P.T.A.サミット』(TSUTAYA O-WEST)、2日目:『Perfume FES 2015 〜三人祭〜』(日本武道館)、3日目:『第3回 Perfumeダンスコンテスト 〜魅せよ、武道館!〜』(日本武道館)、4日目:『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』の先行プレミアム上映会(全国の劇場)、5日目-10日目:『LIVE 3:5:6:9』(日本武道館、広島グリーンアリーナ)、2015年10月17日WOWOWプライムにて放送、2015年11月3日SPACE SHOWER TVにて放送。
  2016年   5月3日
-
11月12日   Perfume 6th Tour 2016『COSMIC EXPLORER』   リスト 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ、静岡エコパアリーナ、サンドーム福井、アスティとくしま、幕張メッセ、和歌山ビッグホエール、北海きたえーる、The Wiltern(ロザンゼルス)、The Warfield(サンフランシスコ)、The Vic Theatre(シカゴ)、HAMMERSTEIN BALLROOM(ニューヨーク)、京セラドーム大阪、バンテリンドーム ナゴヤ、福岡PayPayドーム  幕張メッセはStanding Edition、京セラドーム大阪、バンテリンドーム ナゴヤ、福岡PayPayドームはDome Edition。京セラドーム大阪は2016年12月29日WOWOWプライムにて放送。
  2017年   6月2日
-
9月14日   Perfume FES 2017  千葉・幕張メッセ国際展示場、愛知県体育館、大阪城ホール  4度目の対バンツアー。
   2018年   2月14日
-
5月24日   P.T.A.発足10周年 と5周年“Perfumeとあなた”ホールトゥワー  千葉・幕張イベントホール、大阪・フェスティバルホール、福岡市民会館、広島文化学園HBGホール、北海道・道新ホール、宮城・東京エレクトロンホール宮城、新潟テルサ、愛知・名古屋国際会議場・センチュリーホール、静岡市清水文化会館マリナート  8年振りのファンクラブ限定ツアー
  3月20日
-
3月21日   This is Nippon プレミアムシアター 「Perfume×Technology」presents "Reframe"  東京・NHKホール  東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に向けて最新テクノロジーを駆使したライブ
  9月21日
-
12月31日   Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』  長野県・ビッグハット、大阪城ホール、青森県・盛運輸アリーナ、静岡県・エコパアリーナ、徳島県・アスティとくしま、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ、愛知県・日本ガイシホール、神奈川県・横浜アリーナ、福岡県・マリンメッセ福岡  2年振りのアリーナツアー。31日には紅白歌合戦と「FUTURE-EXPERIMENT VOL.04 その瞬間を共有せよ。」 の中継を行った。WOWOWにて2019年2月16日に放送。
  2019年   2月23日
-
4月19日  Perfume WORLD TOUR 4th 「FUTURE POP」  国家会展中心(上海)、台湾大学体育館(台湾)、HAMMERSTEIN BALLROOM(ニューヨーク)、QUEEN ELIZABETH THEATRE(トロント)、CHICAGO THEATRE(シカゴ)、THE BOMB FACTORY(ダラス)、PARAMOUNT THEATRE(シアトル)、CITY NATIONAL CIVIC(サンノゼ)、ACE THEATRE(ロスアンゼルス)  過去最大規模の4度目の海外単独ツアー。
  10月16日
-
10月27日  Reframe 2019  東京都・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)  こけら落とし公演となるライブイベント。
  2020年   2月1日
-
2月26日  Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome  大阪府・京セラドーム大阪、福岡県・福岡PayPayドーム、愛知県・バンテリンドーム ナゴヤ、東京都・東京ドーム  6年振り3度目のドームツアー。ツアーファイナルの東京ドーム公演2日目(2020年2月26日)は新型コロナウイルス感染拡大防止のため日本政府が大規模イベントの中止を要請したことから当日中止が決定。
  9月21日  「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」  Web上にオープンした特設会場  オンライン上で開催された「“P.O.P” Festival(Perfume Online Present Festival)」の最後に行われたライヴ。
  2021年   8月14日
-
8月15日  Perfume LIVE 2021 [polygon wave  神奈川県・ぴあアリーナMM  ファンクラブ会員限定ライブ。15日公演は全国の映画館でライブビューイングを開催。
  11月12日
-
12月18日  Reframe Tour 2021  東京都・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)、石川県・金沢歌劇座、愛知県・芸術劇場大ホール、兵庫県・神戸国際会館こくさいホール、広島県・広島文化学園HBGホール  コンセプトライブ「Reframe」が、ツアーとして5都市で開催予定。
  2022年   1月9日
-
1月16日  Perfume LIVE 2022 [polygon wave  神奈川県・ぴあアリーナMM  <Perfume LIVE 2021 [polygon wave>の再演となる公演。
  8月20日
-
11月6日  Perfume 9th Tour 2022 "PLASMA"  東京都・有明アリーナ・、愛知県・日本ガイシホール、大阪府・大阪城ホール、広島県・広島グリーンアリーナ、福岡県・マリンメッセ福岡A館、長野県・長野市多目的スポーツアリーナ ビッグハット、宮城県・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)、埼玉県・さいたまスーパーアリーナ、北海道・北海きたえーる  「固体・液体・気体に次ぐ物質の第4の状態である」と言われている "PLASMA"。この第4形態に入ったPerfumeのアルバムを公演予定。P.T.A.の会員サイトではPerfumeメンバーの第4形態への進化の過程を、写真を中心にリアルタイムでお届けする期間限定の特別企画、【“PLASMA”通信~Road to The Fourth State~】を更新。
  2023年   6月3日  Perfume LIVE 2023 "CODE OF PERFUME"  イギリス・ロンドン  ロンドンでの単独公演は<Perfume WORLD TOUR 3rd>以来約9年ぶりとなる。
  9月21日
-
11月18日  P.T.A.15th&10th Anniversary “Perfumeとあなた”ホールトゥワー2023  北海道 カナモトホール、愛知県・愛知県芸術劇場、大阪府・国際会議場メインホール、広島県・上野学園ホール、東京都・LINE CUBE SHIBUYA、神奈川県・パシフィコ横浜国立大ホール、宮城県・仙台サンプラザホール、福岡県・福岡サンパレス ホテル&ホール、兵庫県・高下国際会館こくさいホール、沖縄県・沖縄市民会館  ファンクラブ「P.T.A.」発足15周年、そして日本国外に在住するファンを対象としたファンクラブ「WORLD P.T.A.」の発足10周年を迎える、Perfumeにとってのアニバーサリーイヤー。これを記念して、現在「15 Special Things To Do」と題された周年企画が進行しており、ファンクラブツアーはその一環として行われる。
  12月30日
-
12月31日  Perfume Countdown Live 2023→2024 “COD3 OF P3RFUM3” ZOZ5  神奈川県横浜市 ぴあアリーナMM  Perfume Countdown Live 2023→2024 “COD3 OF P3RFUM3” ZOZ5では、イギリスのロンドンでの単独ライブのパフォーマンスを、さらにアップデートし日本のファンに向けて披露された。12月31日公演は、ファンクラブ「P.T.A.」「WORLD P.T.A.」会員限定のカウントライブとなった。
  2024年   6月8日
-
7月13日   Perfume "COD3 OF P3RFUM3 ZOZ5" Asia Tour 2024  香港・Asia World Expo、台湾・台北 Taipei Music Center、タイ・バンコク UOB LIVE  



◎ その他イベント

width="4%" 年 width="4%" 日程 width="21%" タイトル width="13%" 場所 width="20%" 備考
  2008年   6月22日   アミューズ 第30期定時株主総会後イベント   両国国技館  



● 受賞歴

・ 2008年 「第50回日本レコード大賞」優秀アルバム賞を『GAME』で受賞。
・ 2009年 「MVA BEST CHOREOGRAPHY VIDEO」(振り付け、ダンス面で最も優れた作品)を「Dream Fighter」で受賞。
・ 2010年 「2010 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」Best Asia POP Artist賞受賞。
・ 2011年 「平成23年度(第15回)文化庁メディア芸術祭」エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品に、出演CM「NATURAL BEAUTY BASIC 2010 秋冬キャンペーン」 と「結成10周年、メジャーデビュー5周年記念Perfume LIVE@東京ドーム『1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11』」(Mikiko+Perfume名義) が選出される。
・ 2012年 「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2012」最優秀ダンスビデオ賞・最優秀振付け賞を「レーザービーム」で受賞。
・ 2012年 「ミュージック・ジャケット大賞2012」準大賞を「スパイス」で受賞。
・ 2012年 「平成24年度(第16回)文化庁メディア芸術祭」エンターテインメント部門大賞をPerfumeのグローバルサイト「"Perfume Global Site Project"」で受賞。
・ 2013年 「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」サイバー部門銀賞をPerfumeのグローバルサイト「"Perfume Global Site Project"」で受賞。
・ 2014年 「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2014」最優秀ダンスビデオ賞を「Magic of Love」で受賞。
・ 2015年 「2015 55th ACC CM FESTIVAL」インタラクティブ部門 総務大臣賞・ACCグランプリを「SXSW 2015」のライブパフォーマンスで受賞。
・ 2016年 米「ローリング・ストーン」誌が選ぶ、年間「ベスト・ポップ・アルバム TOP20」において、アルバム『COSMIC EXPLORER』が“16位”に選出。
・ 2019年 米「ローリング・ストーン」誌が選ぶ、コーチェラ2019のベストアクト16組に選出。
・ 2020年 『SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020』BEST ACTIVE OVERSEAS賞受賞。

● 出演


◎ ラジオ

○ 現在放送中のラジオ番組

・ あ〜ちゃん ちゃあぽんの“West Side Story”(2016年4月 - 、全国FM放送協議会)
・ ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON- Next To You(2021年10月7日 - 、FM802)
○ 過去のラジオ番組(放送開始順)

・ PerfumeのPerfume Planet(2004年5月 - 2004年12月、FM FUKUOKA)
・ Perfumeのドッキ・ドキ・オンエア(2004年8月 - 2006年3月、中国放送)
・ Perfumeのマジカル☆シティ(2006年4月5日 - 2008年9月27日、スカイパーフェクTV スターデジオ)
・ Perfumeのパンパカパーティー(2007年10月1日 - 2008年9月27日、CBCラジオ)
・ Perfume Special "GAME"(2008年4月20日、FM NORTH WAVE)
・ Perfumeのオールナイトニッポン(2011年12月2日、ニッポン放送)
・ あ〜ちゃんのただただラジオがスキじゃけん。(2014年4月 - 2016年4月、スノーバード制作)- FM高知、FM愛媛、FM徳島、FM香川のJFN4局ネット
・ Perfume LOCKS(2008年3月31日 - 2021年3月22日、TOKYO FM)

◎ テレビ(レギュラー番組)
ただし、レギュラー番組以外の音楽番組は除く。
○ 現在放送中のテレビ番組

・ ザ・マスクド・シンガー(2021年9月3日 - 、Amazon Prime Video) - パネリスト
・ 謎解き!ヒミツの至宝さん(2023年3月30日 - 、NHK) - MC
○ 過去のレギュラー番組

・ MTV PeeP(2007年9月、MTV JAPAN)
・ パッパッパッパッパッパッPerfume(2006年7月 - 2007年3月、スカイパーフェクTV エンタ371)
・ スペシャボーイズジャパン(2008年1月 - 3月、スペースシャワーTV)
 ・ 番組内コーナー「POP UP Perfume グラミー賞への道」 - VJ
・ スミレ♡16歳(2008年4月 - 2008年6月、BSフジ)
 ・ 永吉たけるのコミックを原作に作られた実写化ドラマ。本編への出演はないが、エンディングで主題歌「セラミックガール」を歌うライヴシーンに出演。
・ HAPPY(2008年4月5日 - 9月27日、日本テレビ)
・ SPACE SHOWER MUSIC UPDATE(スペースシャワーTV)
 ・ 番組内コーナー「Perfume 20。(にじゅうまる)」(2008年7月3日 - 9月25日) - VJ
・ Perfumeの気になる子ちゃん(2008年10月11日 - 2009年3月28日、日本テレビ)
・ Perfumeのシャンデリアハウス(2009年4月12日 - 6月28日、日本テレビ)
 ・ MJ Presents Perfume 10th Anniversary(2015年10月12日、NHK総合)

◎ ドラマ

・ 24のひとみ(2007年10月31日〈第15話〉・2008年1月15日〈第43話〉、TBS)
・ パンセ(2017年3月31日・4月1日、テレビ東京) - 主演・“どんちゃん:神山あみ”(あ〜ちゃん)、“おかみど:岡本みどり”(かしゆか)、“のりぶう:柳のりこ”(のっち) 役

◎ 映画

・ モテキ(2011年9月23日、東宝) - 本人
・ WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT(2015年10月31日、日活) - ドキュメンタリー映画
 ・ 「ピノエアライン」篇(2009年4月29日 -)(NIGHT FLIGHT)
・ シャープ KDDI(auブランド)向け携帯電話『W62SH』(確かに、シャープだ。「オン / オフ」)篇(2008年7月 - 9月)(love the world)
・ サンエー・インターナショナル NATURAL BEAUTY BASIC(2010年3月 - 10月)
 ・ 「あ〜ちゃんだらけ」篇、「のっちだらけ」篇、「かしゆかだらけ」篇、「パフューム」篇(ねぇ)
 ・ 「RUNWAY DANCE あ〜ちゃん」篇、「RUNWAY DANCE かしゆか」篇、「RUNWAY DANCE のっち」篇(ナチュラルに恋して)
・ サントリー PEPSI NEX(2010年6月12日 - 9月)「Perfume」篇(lovefool)
・ 日産自動車 日産のお店で キャンペーン「パフュームカンガルー」篇(2010年7月14日 - 10月)(VOICE)
・ KDDI・沖縄セルラー電話『iida LIGHT POOL』篇(2010年8月 - 2011年6月)(575)
・ カーズ2(2011年7月30日 -)
・ キリンビール
 ・ 氷結(2011年5月 - 2012年)
  ・ 「氷結ICE MUSIC」篇(2011年5月20日 -)(レーザービーム)
  ・ 「氷結Sparkling」篇(2011年7月13日 -)(GLITTER)
  ・ 「氷結MAGICAL MUSIC」篇(2012年2月29日 -)(Spring of Life)
  ・ 「氷結MAGIC MOMENT」篇(2012年6月6日 -)(Hurly Burly)
 ・ 氷結 やさしい果実の3%(2011年6月 - 2012年)
  ・ 「やさしい氷結、誕生」篇(2011年6月29日 -)(微かなカオリ)
  ・ 「氷結Balloon」篇(2012年3月14日 -)(ポイント)
  ・ 「氷結 Triple Screen」編(2012年5月16日 -(ポイント)
・ カンロ ピュレグミ(2012年4月 - 2013年)
 ・ 「恋の味」篇(コミュニケーション)
 ・ 「『ピュレグミは、恋の味。』2013春」篇(Magic of Love)
・ エーザイ チョコラBBシリーズ(2013年8月 - 2015年)
 ・ チョコラBBスパークリング「キレイ速攻チャージ」篇(2013年8月6日 -)(Party Maker)
 ・ チョコラBBプラス
  ・ 「笑顔になーれ」篇(2013年9月28日 -)(1mm)
  ・「お肌に自信」篇(2014年7月25日 -)(Cling Cling)
  ・「お肌に自信」透明人間 篇(2015年5月 -)(透明人間)
  ・「効いてよチョコラ!」編(2015年7月20日 -)(TOKIMEKI LIGHTS)
 ・ チョコラBBローヤル2
  ・「目覚まし時計」篇(2014年7月16日 -)(Cling Cling)
  ・「GOODチョコラMORNING」編(2015年7月20日 -)(TOKIMEKI LIGHTS)
 ・ チョコラBBシリーズ「Perfume 10th Anniversary TVCM」篇(2015年9月21日)(Dream Fighter)
・ サッポロビール
 ・ サッポログリーンアロマ(2015年3月 -)(Relax In The City)
・ Apple iPhone 6s(2015年)※ プロモーション映像
・ メルセデス・ベンツ日本 A-Class(2015年11月26日 -)(Next Stage with YOU)※CGアニメーションと楽曲での出演
 ・ 「Ora2×Perfume All Day WEEKENDの新習慣」篇(2017年3月 -)(宝石の雨)
 ・ Ora2(2017年 -)(If you wanna)
・ ユニクロ HEATTECH(2016年12月 -)(Atmospheric Entry)
・ NTTドコモ
 ・ 「FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。」(2018年1月1日 -)
 ・ 「FUTURE-EXPERIMENT VOL.04 その瞬間を共有せよ。」(2019年2月16日 -)
・ 伊藤園 TULLY’S COFFEE(タリーズ コーヒー)
 ・ 「Professional Qualityは進化する。」篇(2018年7月30日 -)
 ・ 「毎日は、甘くない。でも、苦くない。」篇(2019年5月27日 -)
・ クラシエホームプロダクツ 肌美精
 ・ 「予告」篇(2019年5月22日 -)
 ・ 「夜市」篇「ランタン」篇「とびこみ」篇(2019年5月24日 -)
・ 花王 ケープ FOR ACTIVE (2020年3月 -) - WEBCM
・ 広島県観光連盟 やっぱ広島じゃ割(2022年6月、中国・四国限定)ナレーション / Perfumeによるポスター広告「広島めぐるなら、今じゃない?」も展開

◎ ネット配信

・ 「BBBEE-HIVE -Perfume Special-」(2004年3月16日)
・ インターネットラジオ「Radio RED HOT」(2004年9月27日)
・ DAX Live No.9 「Perfume&掟ポルシェの3時間」(2006年8月22日)
・ Yahooライブトーク(2007年2月8日、2007年9月13日、2008年4月17日)
・ 「sabra net strictly」(2007年11月1日)
・ DAX Live No.25 「Perfumeと合コン in DAX LIVE」(2007年11月27日)
・ P.T.A.TV(2008年2月14日 -)
・ Paと楽しく遊ぼうライブ
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.1」(2008年4月1日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.2」(2008年12月10日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.3 〜メジャーデビュー5周年記念 みんなで祝わにゃしゃーナイト〜」(2010年9月21日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.4 〜5周年 じゃけぇお祝いじゃ〜」(2013年2月13日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.5」(2013年9月21日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.6」(2014年2月14日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.7」(2015年2月14日)
 ・ 「Paと楽しく遊ぼうライブVol.8」(2016年2月14日)
・ Disneyマイ・ミュージック・ストーリー(2020年1月31日)
・ザ・マスクド・シンガー(2021年9月3日 - 、Amazon Prime Video) - パネリスト

◎ PV出演

・ Candy「Promise」 - ヒップホップ系のダンスを踊るバックダンサーとして出演。
・ ポルノグラフィティ「痛い立ち位置」- PVのみ、楽曲の一部を歌っている。
・ オーケー・ゴー「I Won't Let You Down」 - オープニング部分にカメオ出演している。

◎ NHK紅白歌合戦出場歴

年度放送回回曲目備考
 2008年  第59回  初  ポリリズム  後半トップバッター
 2009年  第60回  2  ワンルーム・ディスコ  
 2010年  第61回  3  ねぇ  
 2011年  第62回  4  レーザービーム  
 2012年  第63回  5  Spring of Life  
 2013年  第64回  6  Magic of Love  
 2014年  第65回  7  Cling Cling  
 2015年  第66回  8  Pick Me Up  
 2016年  第67回  9  FLASH  
 2017年  第68回  10  TOKYO GIRL  セルリアンタワーからの中継
 2018年  第69回  11  Future Pop 紅白SP  横浜アリーナからの中継
 2019年  第70回  12  FUSION -紅白Ver.-  3年ぶりにNHKホールで歌唱
 2020年  第71回  13    Perfume Medley 2020  
 2021年  第72回  14  ポリゴンウェイヴ  
 2022年  第73回  15  紅白 Medley 2022  
 2023年  第74回  16  FAKE IT  


● 書籍

・ Fan Service [TV Bros.(2015年10月1日、東京ニュース通信社)、ISBN 978-4-86336-491-2。

「Perfume」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月20日11時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな音楽グループを お選びください。

嫌いな音楽グループは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

音楽グループの無作為ピックアップ

好きな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

好きな音楽グループを お選びください。

現在 66回の投票があります!

嫌いな音楽グループは どっち?

投票すると音楽グループランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな音楽グループを お選びください。

現在 26回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター