好きな漢字
ランキング31位
獲得票なし
嫌いな漢字
ランキング34位
獲得票なし


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

『修羅の門』(しゅらのもん)は、川原正敏による日本の漫画作品。千年に渡り不敗を誇るとされる架空の古武術・陸奥圓明流の継承者である陸奥九十九(むつ つくも)を主人公とし、陸奥圓明流が地上最強である事を証明する為、彼が様々な強敵達と闘う様を描く格闘漫画。 『月刊少年マガジン』(講談社)に於いて1987年5月号から1996年12月号まで連載の後に長期休載。2010年11月号より『修羅の門 第弐門』(しゅらのもん だいにもん)として連載を再開し、2015年7月号を以て完結した。 1990年、第14回講談社漫画賞少年部門受賞作。2010年8月時点で累計発行部数は3000万部を突破している。

● 連載経緯
前作『あした青空』において描かれた格闘シーンが好評を得た事により、連載終了後に改めて格闘漫画を描く事を編集部から打診され、本作が制作される運びとなった。日本を舞台に第一部で実戦空手との対戦、第二部で異種格闘技大会を描いた後、第三部では舞台をアメリカに移しプロボクシングへの挑戦、第四部ではブラジルに舞台を移して世界規模での総合格闘技大会を描いている。 しかし第四部を連載中、ストーリーの展開や描写に読者から否定的な意見が多く寄せられた(後述)。この反応に川原は落胆し、第四部完結をもって無期限の連載休止とする事を発表事によって再び人間対人間のぶつかり合いを描ける様に感じた事から、『海皇紀』終了後に第四部終了から14年を経て連載を再開する事が決定された。

● 初出・収録
初出はいずれも講談社の『月刊少年マガジン』。 第一編となる「修羅の門」は全四部で構成されており、1987年5月号から1996年12月号まで連載された。この間に川原は『週刊少年マガジン』(講談社)で「ヒーロー」の連載を本作と並行して行う等様々な作品を発表しており、1989年以降は本作の外伝「修羅の刻」を、本作との同時掲載や本作を休載しての連載等の形によって同じく『月刊少年マガジン』誌上で並行して断続的に発表している。 第四部終了後、『修羅の門』は再開未定の形で連載を休止し、「修羅の刻 源義経編」の連載を経て13年に及ぶ長期連載となった「海皇紀」の連載が開始される。そして「海皇紀」完結と同年の2010年11月号より、「修羅の門 第弐門」と改題し連載が再開された。「第弐門」開始の翌月からは、川原が原作を担当した本作の異伝サッカー漫画「ふでかげ」が、飛永宏之の作画によって同じく『月刊少年マガジン』誌上で隔月で連載を開始し、本作との同時連載となっている。 単行本は〈講談社コミックス月刊マガジン (KCGM) 〉より『修羅の門』が全31巻、『修羅の門 第弐門』が全18巻発行されている。また『修羅の門』は講談社漫画文庫より文庫版が全15巻刊行されている。(各巻の書誌情報については書誌情報を参照。)

◎ 部別の掲載時期一覧

・ 2011年9月現在。
・ 収録巻はKCGM版単行本への収録を示す
 ・ 壱:『修羅の門』
 ・ 弐:『修羅の門 第弐門』
・ 同時期に発表された作品の内『月刊少年マガジン』に掲載された作品については以下の形で掲載方法を略記する。
 ・ 同時:「修羅の門」と同時掲載
 ・ 休載:「修羅の門」を休載し該当作品を掲載
  修羅の門   第一部   第一話 - 第十話    10    1987年5月号 - 1988年2月号    壱1 - 3     
・ 「エンジェル」『フレッシュマガジン』1988年ニューイヤー増刊号
第二部   第十一話 - 第三十九話    29    1988年3月号 - 1990年7月号    壱3 - 10     
・ 「ヒーロー」『週刊少年マガジン』1988年42号 - 1989年1・2号(並行連載)
・ 「修羅の刻 宮本武蔵編」1989年7月号、1990年1月号・2月号(同時)
   修羅の刻 風雲幕末編(前半)    1990年8月号・9月号    —    「修羅の門」一時休載
第三部   第四十話 - 第七十四話    35    1990年10月号 - 1993年10月号    壱11 - 21     
・「修羅の刻 風雲幕末編」(後半)1991年8月号(同時)・9月号(休載)
・ 「疾風のマウンド」1992年6月号(同時、作画:きむらみつお)
・ 「修羅の刻 アメリカ西部編」1992年10月号(休載)
・ 「夢の球譜」『マガジンGREAT』1992年9月号(作画:きむらみつお)
   修羅の刻 寛永御前試合編    1993年11月号 - 1994年3月号    —     「修羅の門」一時休載
第四部   第七十五話 - 第百五話    31    1994年4月号 - 1996年12月号    壱21 - 31     
   修羅の刻 源義経編    1997年1月号 - 12月号    —     「修羅の門」無期限休載
   海皇紀    1998年3月号 - 2010年8月号(休載期間を含む)    —
   修羅の刻 織田信長編    2001年9月号 - 2002年4月号   —
   修羅の刻 西郷四郎編    2003年10月号 - 2003年11月号   —
   修羅の刻 雷電爲右衞門編    2005年9月号 - 2005年11月号   —
  修羅の門 第弐門   第一話 - 連載完    ー    2010年11月号 - 2015年7月号    弐1 - 18     
・ 「ふでかげ」2010年12月号 - 2014年12月号(隔月同時、作画:飛永宏之)
   修羅の刻 昭和編       —   


● あらすじ


◎ 修羅の門

◇ 第一部 : 千年不敗を誇る古武術・陸奥圓明流の使い手である陸奥九十九は、「神武館をぶっ倒してこい」と断る。アリオスと闘う為、九十九はプロボクサーとしてヘヴィ級のリングへ上がる事を決意する。 : 全日本異種格闘技選手権で知り合ったフランク・クラウザーの紹介でテディ・ビンセントをトレーナーとした九十九はボクシングのルール中で陸奥圓明流を用いて戦績を積み、シューレスニンジャボーイと渾名される様になる。そしてアリオスも参戦するヘヴィ級王座統一トーナメントに参戦する機会を得、決勝でアリオスを倒し日本人初・史上最年少最軽量の統一ヘヴィ級チャンピオンとなる。
◇ 第四部 : ヘヴィ級王座を得た翌日返上した九十九は日本を発つ際の祖父の言葉に従い、コンデ・コマの業を受け継ぐ者との決着を着ける為、先祖の恩を返す為にと九十九に付き従うインディアンのジルコォー・マッイイツォと共にブラジルへと向かう。九十九はコンデ・コマの業を受け継ぐ者の行方を知る人物としてグラシエーロ柔術の長老ビクトル・グラシエーロを訪ねるが、ビクトルはその質問に答えずにグラシエーロ家主催の格闘大会ヴァーリ・トゥードに参戦する事を九十九に求める。 : 九十九はカポエラ使い・元力士・傭兵と様々な相手に勝利を続け、準決勝で神武館南米王者イグナシオ・ダ・シルバを破り決勝へと進む。グラシエーロ家の長男レオンとの死闘に、九十九は両腕が使えない状態となるが、四門の1つ玄武を使い致命傷を与える。玄武を受けてなお勝利を得ようとするレオンに九十九も最後まで死力を尽くし、レオンの息の根を止めて九十九が優勝する。 : 大会後、ビクトルよりコンデ・コマの業を受け継ぐ者がケンシン・マエダである事を聞いた九十九は、ケンシンのいるコロンビアの戦場を目指してブラジルを発つ。

◎ 修羅の門 第弐門
ヴァーリ・トゥードを制覇し、ケンシン・マエダとの一戦の為に九十九がコロンビアの紛争地帯に向かってから3年近い月日が流れた。 あれから九十九は一切の消息を絶ち、周囲も安否すら確かめられないままに月日を過ごしていた。次々と新しい世代の格闘家達や大会が現れ、何時しか九十九の名を知る者も限られる様になっていた。そんな九十九不在の中、日本で開催されていた総合格闘技大会「兵(つわもの)」に圓明流の技を使う覆面格闘家唵が登場、九十九の再来ではないかとの噂が立つ。 同じ頃、街中で九十九と共に消息を絶っていたマッイイツォを見つけた舞子は九十九の行方を尋ね、九十九は既に日本に戻っているが「行方不明となっている」と知らされる。舞子達は唵が九十九ではないと感じながらも確信を持てず、唵とプロレスラー宮本翔馬の試合観戦に向かう。宮本の入場コールにも関わらず、唵に似た覆面の選手が入場してくるが、その正体は宮本ではなく、山田という正体不明の男性の暗躍により現れた九十九であった。 九十九は唵の元々の対戦相手である宮本を下し、続いて唵の正体であった毅波秀明をも破って、陸奥圓明流の不敗神話が今もまだ続いていた事を世に知らしめる。次は「兵」王者ミカエル・ビーゴルストかと思われたが、ビーゴルストは台湾からやって来たルゥ・フォン・シェンに敗れる。ルゥ・フォン・シェンは台湾の暗殺者一族「呂家」の1人であった。呂家のルゥ・フォン・シェンをリング上で、ルゥ・ズ・ミィンをリング外で破った九十九は、アメリカの格闘団体TSFと「兵」とで繰り広げられるトーナメント戦「THE APEX」に参戦する。その初戦でTSF王者ヴォーダン・ファン・デル・ボルトを破り、決勝戦で呂家のジャン・ズ・ヤと闘う。決勝戦でケンシン・マエダとの一戦の記憶が蘇り、自身=陸奥圓明流が未だ不敗である事を思い出した九十九は四門を開き四神・青龍によってジャン・ズ・ヤを打ち倒す。 「THE APEX」終了後、「兵」主宰者・羽生つばさは九十九を別荘で養生させると共に、アメリカで武者修行を続けていた海堂晃を招待。舞子や龍造寺徹心、片山右京、山田らを観戦者として、再戦の約束が果たされる。

● 登場人物


◎ 主要人物

◇ 陸奥 九十九(むつ つくも) : 本作の主人公。千年もの間不敗を誇る古武術・陸奥圓明流の伝承者。年齢は初登場時17歳。祖父の真玄から神武館への道場破りを命じられ訪問するも頓挫。寮に居候するようになり、程なくして格闘技界の風雲児と目される様になる。 : 金や権威などの世俗的な欲望には興味を示さず、周囲の人物を呆れさせる事もしばしば。それにも関わらず表舞台へ姿を現したのは、陸奥圓明流が地上最強である事を証明し、自らの代で「人殺しの技」圓明流を終わらせる為であった。 : 格闘家としては小柄な体格ながら超人的な身体能力を誇り、技量に於いても打投極と全てに於いて専門家を凌駕する実力を持つ。 : 神武館の四鬼竜を倒した後、全日本異種格闘技選手権を制覇。その後は一時行方不明になるが、渡米し、アリオス・キルレインと闘う為にプロボクシング界に挑み、ヘヴィ級の統一王者トーナメントへ出場、優勝を果たす。統一王者の座は即座に返上、前田光世の業を受け継ぐ者と闘う為ブラジルへ渡る。成り行きで参戦したヴァーリ・トゥード大会も強敵達との死闘を勝ち抜き、優勝した。 : ヴァーリ・トゥード大会後、ケンシン・マエダと闘い、生死を彷徨う程の重傷を負い、その記憶を喪失する。その為「陸奥圓明流不敗の伝説」が継続中なのか途絶えたのか判らず、「壊れた」状態になる。3年を経て、九十九を模した者が総合格闘技大会「兵」に参戦する事を聞き、これに参戦。総合格闘技の強者達や、陸奥や不破の様な台湾の暗殺一族「呂家」の精鋭達と闘う。 : 好き嫌い無く何でも食べる健啖家。恋愛には疎く女心への理解に乏しいが、第二部以降は舞子からの想いに対してはある程度配慮している様子が見られる。
◇ 龍造寺 舞子(りゅうぞうじ まいこ) : 本作のヒロインで初登場時は高校生。神武館館長・徹心の孫娘に九十九の前に現れる。当初九十九は里に帰る様諭していたが、やがて道中への同行を許し、第四部以降は付き人として常に行動を共にしている。

◎ 第四部

◇ レオン・グラシエーロ : グラシエーロ柔術の本家・グラシエーロ家の長男。 : かつて無敗の王者としてヴァーリ・トゥードに君臨していたが、試合中に人を殺してしまい引退。以来ファベェーラの神父として子供達に柔術を教えながら、静かに生活を送っていた。しかし九十九との出会いを機に闘志が再燃、優勝賞金でファベェーラの子供達を救う為、現役復帰と大会出場を決意する。
◇ イグナシオ・ダ・シルバ : 神武館ブラジル支部所属の空手家。強くしなやかな巨体にパワーと技術を併せ持つ神武館南米チャンピオン。 : 一度はユースのブラジル代表となる程のサッカー選手だったが、あからさまなレフェリーの不正判定によって負けて悔しさに沈んでいる所を、神武館ブラジル支部長徳光将に空手の試合はレフェリーでは決まらないと勧誘され、空手家に転向する。

◎ 第弐門

◇羽生 つばさ(はにゅう つばさ) :「兵」主宰者。財界の大物を祖父に持つ令嬢で、20代という年齢ながらプロモーターとしての手腕に優れている。 :それとは知らずに、台湾の暗殺者一族である「呂家」の人間を呼び寄せたり、自身の与り知らぬ所での決着を好まないからと海堂晃を帰国させるといった天性のトリックスター体質。
◇山田(やまだ) :羽生つばさの隣で解説等を務める飄々とした中年。唵の師匠もどき。「山田」は偽名で、本名は現(うつつ)。不破一族であり、極めて高い身体能力と格闘技の技術を持つが、不破圓明流の継承者ではないため「不破」の姓を自分で名乗ることはない。本人は陸奥や不破に必要とされる「鬼」を身に棲まわせていないと語る。 :不破北斗の叔父であり、北斗の死をもって不破圓明流は終わったと公言する。実は陸奥九十九の父親でもある。
◇ケンシン・マエダ :第四部の最期で九十九が闘いに向かった人物。 :九十九がその闘いの記憶を失った為、「陸奥圓明流不敗の伝説」が継続しているのか途切れたのか判らず、九十九は「壊れた」状態となっていた。闘いの記憶は「THE APEX」決勝で取り戻される。 :闘いの決着時点では生存しているが、物語の現時点(3年後)の生死は第弐門では描かれていない為不明。

● 作中に登場する流派

◇ 陸奥圓明流 : : 1000年に亘りあらゆる剣豪や格闘者と相対し闘いを重ねてきたが、未だ一度の敗北を知らない一子相伝・門外不出の格闘術。生まれついた瞬間からの修練によってのみ習得可能であり、圓明流の家に生まれぬ者には業を真に用い奥義を使いこなす事は出来ない。 : 本家の陸奥圓明流の他、安土桃山時代に分家した不破圓明流がある。分派して以降は、互いの不敗の歴史が終わる事を恐れ、陸奥九十九と不破北斗が闘うまでの約400年間、両家が激突する事は無かった。
◇ 神武館 : 青年時代に陸奥真玄に敗れた龍造寺徹心が、打倒圓明流を誓って興した実戦空手の流派。現在は世界有数の格闘団体に成長しており、龍造寺巌、徳光将ら創設時からの高弟が世界中で普及に貢献している。 : 一般には投げ・関節技の基礎と、異種格闘技に対抗する為の空手の技しか教えておらず、公式試合においても顔面への攻撃は反則である。しかし徹心と一部の高弟は圓明流を研究しており、圓明流の技を一部使うのみならず、対圓明流用の独自の技も用いる。
◇ 鬼道館 : 神武館と双璧を成す、日本空手界に於ける一大流派。鬼頭撻馬が館長を務める。顔面への打撃だけでなく投げ・関節技も認められており、その分神武館よりも実戦的であると喧伝している。美貌の全日本チャンピオン・片山右京を擁し、女性ファンが多い。
◇ ピーカーブースタイル : エザード・ロスが教えていた独自のボクシングスタイル。両拳を常に顎の前で構えさせるため、防御に優れる。使いこなせるボクサーは限られているが、習得した選手は皆、ボクシング史上に残る名王者となっている。人体の各部に番号を振り、エザードの指示により順序よくそれらの箇所を打つナンバーシステムによって特訓を行う。現実でもピーカブースタイルとして存在する。
◇ グラシエーロ柔術 : ビクトル・グラシエーロがコンデ・コマ(前田光世)から受け継いだ柔術を基に編み出し、ブラジルの地で発展した格闘技。実在するグレイシー柔術がモチーフとなっている。 : マル勝メガドライブ新作ソフト誌上ロケーションテストでは55、80、75、75の285点。レビュアーは良くも悪くも原作に忠実に作られていてストーリーは判りにくく格好良い台詞があっても今一つ感激できず、ファミコンのサッカーゲームのような展開がユーザー層を外してしまった感があり、本来はもっと大容量の向きであればと残念な部分が多い、原作ファンなら楽しめるとした一方で原作を知らなくても面白くコマンドバトルは運も絡むが技が決まると気持ち良く、何度も見ると飽きるがビジュアルを駆使した技に男を感じるとした者もいた、雑誌『ゲーム批評』で「8月29日から作り始めて出来上がった夏休みの宿題よりも酷い出来」と評され、プレイステーションのクソゲーの代名詞的存在となっている。 : 2018年のムックでも、あまりにもカクカクのポリゴンで描かれた人物が現われるオープニングムービー、原作の再現度の低いキャラクターの造形、全く軽快感に欠ける動作、レオンを選択すれば対戦相手が誰であってもマウントからの連続パンチでハメ倒せるゲームバランスの悪さなどから、PlayStation史上有数の駄作という趣旨の評価がされている。その完成度の低さから「テストプレイする時間もなかったのか」「『パラダイス学園』でギャルゲーを作れば、まだ川原正敏ファンにとっても嬉しかったかもしれない」などと書き立てられた。

● 派生作品
本作と世界設定を共有する派生作品が2作執筆されており、主に本編と並行する形で同時期に発表されている。詳細は各記事を参照。
◇ 陸奥圓明流外伝 修羅の刻 : 過去の陸奥圓明流の使い手が歴史の影で活躍する様を描いた歴史物。初期には本編との同時掲載もあったが、主に本編を一時休載してその間に一編を短期集中連載する形で発表された。第四部終了後の本編長期休載後も、同様に『海皇紀』を一時休載する形で断続的に発表が続けられた。 : 『弐門』終了後の『月刊少年マガジン』掲載の著者インタビューで「昭和編」の連載を予告している。 :「昭和編」で本編第一話に繋がるという結末に落ち付いたが、著者はまだまだ描きたいネタあると発言しており、2019年には「東国無双編(狛彦)」および「西国無双編(虎彦)」が発表されている。
◇ 修羅の門異伝 ふでかげ : 川原の出身地広島県を舞台としたサッカー漫画。陸奥九十九と死闘を演じた空手家として、本編第四部にも登場するイグナシオが登場している。川原の原作を飛永宏之が作画しており、『修羅の門 第弐門』と並行して連載されている。
◇ 陸奥圓明流異界伝 修羅の紋 ムツさんはチョー強い? : 川原正敏画業35周年記念作品として『月刊少年マガジン』2020年2月号にプロローグが読切掲載され、同年5月号より隔月連載を開始した。作画は甲斐とうしろう。魔法が存在する異世界に陸奥(記憶喪失の為下の名前は不明)が召喚されたという設定のコメディタッチの内容。2023年3月号から月刊連載化されている。

● 書誌情報


◎ 単行本

・ 川原正敏『修羅の門』講談社〈月刊少年マガジンKC〉、全31巻
・ 1987年10月17日第1刷発行(10月8日発売)、
・ 1988年1月16日第1刷発行(1月13日発売)、
・ 1988年4月16日第1刷発行(4月13日発売)、
・ 1988年8月17日第1刷発行(8月17日発売)、
・ 1988年12月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1989年4月17日第1刷発行(4月13日発売)、
・ 1989年7月17日第1刷発行(7月13日発売)、
・ 1989年11月17日第1刷発行(11月14日発売)、
・ 1990年4月17日第1刷発行(4月9日発売)、
・ 1990年7月17日第1刷発行(7月12日発売)、
・ 1991年3月16日第1刷発行(3月13日発売)、
・ 1991年7月17日第1刷発行(7月12日発売)、
・ 1991年11月16日第1刷発行(11月11日発売)、
・ 1992年2月17日第1刷発行(2月13日発売)、
・ 1992年7月17日第1刷発行(7月9日発売)、
・ 1992年11月17日第1刷発行(11月9日発売)、
・ 1993年3月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1993年7月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1993年11月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1994年2月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1994年7月15日第1刷発行(同日発売)、
・ 1994年12月14日第1刷発行(11月17日発売)、
・ 1995年4月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1995年8月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1995年11月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 1996年1月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1996年5月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 1996年8月12日第1刷発行(同日発売)、
・ 1996年11月15日第1刷発行(同日発売)、
・ 1997年2月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 1997年5月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 川原正敏『修羅の門 第弐門』講談社〈月刊少年マガジンKC〉、全18巻
・ 2011年3月17日第1刷発行(3月19日発売)、
・ 2011年6月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2011年9月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 2011年12月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 2012年3月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 2012年6月15日第1刷発行(同日発売)、
・ 2012年10月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2013年1月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2013年4月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2013年8月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 2014年1月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2014年4月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2014年7月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2014年10月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2015年1月16日第1刷発行(同日発売)、
・ 2015年4月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2015年7月17日第1刷発行(同日発売)、
・ 2015年10月16日第1刷発行(同日発売)、

◎ 文庫版

・ 川原正敏『修羅の門』講談社〈講談社漫画文庫〉、全15巻
・ 2001年1月12日発行(1月9日発売)、
・ 2001年1月12日発行(1月9日発売)、
・ 2001年2月9日発行(2月6日発売)、
・ 2001年2月9日発行(2月6日発売)、
・ 2001年3月9日発行(3月6日発売)、
・ 2001年3月9日発行(3月6日発売)、
・ 2001年4月12日発行(4月9日発売)、
・ 2001年4月12日発行(4月9日発売)、
・ 2001年5月11日発行(5月8日発売)、
・ 2001年5月11日発行(5月8日発売)、
・ 2002年1月11日発行(1月8日発売)、
・ 2002年2月8日発行(2月5日発売)、
・ 2002年2月8日発行(2月5日発売)、
・ 2002年3月12日発行(3月7日発売)、
・ 2002年3月12日発行(3月7日発売)、

「修羅の門」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月24日22時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

漢字の無作為ピックアップ

好きな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漢字を お選びください。

現在 41回の投票があります!

嫌いな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漢字を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター