好きな漢字
ランキング31位
獲得票なし
嫌いな漢字
ランキング34位
獲得票なし


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

技術(ぎじゅつ)は、物事に関する取り扱いや処理の方法・手段、巧みに行う技・技巧・技芸。または科学の研究成果を人間の生活に役立たせる方法。技術史観にとって思想・文化・社会制度は普遍的でなく栄枯盛衰を繰り返すが、技術は普遍的であり進歩・発展し続けている。 中国や日本では「技術」という言葉は古くから登場していたが、今日とは意味が異なっており、江戸中期には当時の知識人が身に着けておくべき教養(マナー、弓術、馬術、音楽、文字、算数など)を意味していたことが文献からうかがえる。明治3年(1870年)に西周がMechanical artの訳としては「技術」を使い、これが現在の意味での技術の最初の例であると考えられている。明治4年に欧米の技術を取り入れる工部省という役所が公文書で同様の意味で技術を使い、明治16年には福沢諭吉が論説の中で技術という言葉を多く使用した。科学、技術が現在の意味で使われるようになった当初、科学技術という言葉は用いられず、大淀昇一によると、使われるようになったのは日中戦争が泥沼化していた昭和15年ごろである。当時の技術官僚の間で使われるようになったもので、「技術は科学に基づいていなければならないという課題と、また科学は純学術的なものでもなく、また人文科学でもなく技術への応用を目指したものでなければならぬという課題、この二つの課題をまとめて「科学技術」という」という当時の技術官僚の発言が残されている。昭和15年に有力技術者団体が政府に提出した意見書で、「科学技術」は「科学および技術」の意味で使われた。昭和15年時点では「科学乃技術」の方が一般的だったが、緊迫した戦時下の状況で科学技術を振興しようという機運が高まって急速に普及し、昭和16年には広く受け入れられたと考えられている。平野千博は、「科学技術」普及の背景には、「科学技術の振興により国家に貢献しようという技術官僚の運動があったことがうかがわれる」と述べている。

● 技法と技能(スキル)
創作活動等において技・技術を屈指して用いるさまざまな手法を技法(ぎほう)という。技術を用いる能力は技能(ぎのう)と呼ぶこともある。希少価値のある高度な技能は一般に高く評価され、保護の対象となる。 身体技法は、文化人類学者マルセル・モースによって、「人間がそれぞれの社会で伝統的な態度でその身体を用いる仕方」と定義された。伝達方法は、「信頼し、また自分に対して権威をもつ人が成功した行為、また、成功するのを目のあたりにした行為を模倣する」威光模倣(l'imitation prestigieuse)、そして口頭によるものとされる。口頭によるもので、特徴的な比喩的言語表現をわざ言語(Languages of Craft)という。

◎ 技と術

○ 技の一覧

○ 術の一覧


● 編み出す技術(エンジニアリング)
エンジニアリング(engineering)とは、産業革命時代のイギリスでのエンジンに由来し、当時は蒸気機関をさした。蒸気機関を製作・操作・修繕維持改良する人をエンジニアと呼ぶようになった。現在の意味は、自然界の現象を現実的な人間の手段として利用するため、道具(ツール)や体系(システム)をつくる(設計(デザイン)・構築(ビルド)する)という目標(ゴール)があり、そのなかでの「設計や構築の方法」をエンジニアリングという。現代ではエンジニアとは、自然法と社会の必要性の制限の中でテクノロジーを創り出す人のことをいう。また、エンジニアリングの学問として工学がある。

◎ 技術の伝承
先人の編み出した技術は修行や模倣により伝承されるが、職人芸(技能)と言われるような個性的・独創的な技を継承することは困難である。ただ、作品に込められた技の痕跡を確認することによってその業績を知ることができる。

◎ 技術と道具
技術と道具は協調して発展してきた。技術の必要を満たすために道具が開発され、新たな道具の出現により技術が進歩してきた。さらに科学的発見による科学理論の深化発展が応用(科学技術)され、画期的な発明が数々なされることにより、地球環境を大きく変動させるまでにいたっている。

● 編み出された技術(テクノロジー)
人間が産みだした技術は、長い歴史の中で蓄積されて利用されており、文明社会を支えている。人間が社会の機械化・情報化を推し進めたことで、技術は人間に欠けている機能を補完し、人間の意思決定の影響を巨大化させた。更には、特定の用途のみでは有るが、人間に代わって膨大なデータを利活用して高度な意思決定を行う人工知能技術が社会インフラとして機能するようになってきている。この結果、人間の役割は技術自体の開発から利用に比重が移りつつあり、少数の人間の意思決定により地球環境を激変させることも可能となった。

◎ 科学技術
mechanical artとはテクノロジー(technology)のことである。mechanical artの訳としての「技術」は日本的視点におけるいわゆる西洋的な概念である。この意味でのテクノロジーとはサイエンスとエンジニアリングによって生み出されたものをさす(詳細は以下のテクノロジー)。 日本語としての技術という語は技能や技の意味も含み、(スキル)がその対訳となる。英語でのテクノロジーとスキルは明確に異なるが、日本語を使う上で技術は文脈によって使い分けられる。たとえば、「ものづくり日本」という中で使用される技術という言葉にはテクノロジーもスキルの意味も含まれることがある。
○ テクノロジー
サイエンス(science)とは、自然界の現象を探求する公式な方法のことであり、サイエンスにより世界についての情報と知識を得るが、テクノロジーは、このサイエンス及びエンジニアリングという2つの方法に、社会の要請があって生み出されたものをいう。一般的にはテクノロジーといえば、(サイエンスの結果はどうあれ)「エンジニアリングによって生み出された(結果の)もの」をさす名称として用いられることが多い (:en:TechnologyDefinitions)。 日本語として、サイエンスが科学と訳されるのは一定しているが、エンジニアリングとテクノロジーについては、おのおの工学および技術と当てはめられることもあるが、一般には文脈によってそれぞれともに技術と訳されたり工学と訳されたりする場合も多い。そのため、エンジニアリングとテクノロジー双方を含む概念として使用されていることも多い。技術がテクノロジーの対訳となる場合、上記にあげたようにエンジニアリングの結果生み出されたものをさす。 つまり、日本語の技術とは文脈によってエンジニアリング(編み出す技術)、テクノロジー(編み出された技術)、スキル(技法と技能)のどれかひとつをさすこともあれば、いずれか二つの意味を持つ場合や、さらには、それらが一体となった意味としても使用されることもある。 以下にあげるカテゴリーはエンジニアリング、テクノロジー、スキルいずれのカテゴリーでもある。
・ 機械技術
 ・ 原動機・エネルギー
 ・ 機械・装置
・ 電気・電子技術
 ・ コンピュータ・電算機・電子制御
 ・ 通信・コンピュータネットワーク
 ・ エレクトロニクス

● 技術の発祥国・開発者と他国・他地域への伝播・普及の事例
技術は人々が個人・法人・国家・世界に有益と判断すれば、世界の諸国・諸地域に伝播・普及し、他国・他地域に伝播・普及した結果として、伝播先・普及先の国・地域の技術と融合して新たな技術を創造する。下記はその具体的事例である。技術と社会の関係に関する認識・思考はグローバリゼーション歴史を参照。

◎ 交通機器

・ 鉄道システムはイギリスでジョージ・スチーブンソンらが開発した。
・ ガソリンエンジンはドイツでニコラス・オットーが開発した。
・ ガソリンエンジンで駆動する自動車はドイツでゴットリープ・ダイムラー、カール・ベンツが開発した。
・ 電気モーターで駆動する電気自動車はイギリスが開発した。
・ 電気モーターとガソリンエンジンで駆動するハイブリッドカーはドイツでフェルディナント・ポルシェが開発した。
・ 流れ作業による自動車の大量生産方式はアメリカ合衆国でヘンリー・フォードが開始した。
・ 飛行機はアメリカでライト兄弟が開発した。
・ ジェットエンジンを搭載した飛行機はアメリカでノースアメリカンが開発した。

◎ エネルギー・宇宙開発

・ 内燃機関はフランスでジャン=ジョゼフ・エティエンヌ・ルノアールが開発した。
・ ジェットエンジンはイギリスで防衛省とフランク・ホイットルが開発した。
・ 原子炉はアメリカ合衆国でシカゴ大学が開発した。
・ 人工衛星はソビエト連邦でコロリョフ設計局が開発した。

◎ 記録技術

・ 映画はフランスでリュミエール兄弟が開発した。
・ オフセット印刷はアメリカでルーベルが開発した。
・ 磁気テープはドイツでAEGとイーゲー・ファルベン社が開発した。
・ ハードディスクドライブはアメリカでIBMが開発した。
・ フラッシュメモリは日本の東芝で舛岡富士雄が開発した。

◎ 電気電子・通信

・ 電気モーター・発電機はイギリスでマイケル・ファラデーが開発した。
・ 電話はアメリカでグレアム・ベルが開発した。
・ 太陽電池はフランスのアレクサンドル・エドモン・ベクレルによって原理が発見され、アメリカでCharles Frittsにより発電できるものが開発された。
・ テレビ放送の受像機は日本で高柳健次郎が開発した。
・ LEDは、イリノイ大学のニック・ホロニアック(Nick Holonyak)によって開発された。
・ トランジスタはアメリカAT&Tベル研究所のウォルター・ブラッテン、ジョン・バーディーン、ウィリアム・ショックレーらが開発した。
・ 集積回路はアメリカでテキサス・インスツルメンツのジャック・キルビーが開発した。
・ 電卓はイギリスのBell Punch and Sumlock-Comptometerが開発した。
・ インターネット、グローバル・ポジショニング・システムはアメリカで国防総省が開発した。

◎ コンピュータ

・ プログラム内蔵方式ノイマン型のコンピュータはアメリカでジョン・プレスパー・エッカート、ジョン・モークリーが開発した。(ジョン・フォン・ノイマンは開発に直接関わっていない)
・ マイクロプロセッサはアメリカでインテルが開発した。
・ 関係データベースはアメリカでIBMとエドガー・F・コッドが開発した。
・ World Wide Webはスイスにある欧州原子核研究機構(CERN)でティム・バーナーズ=リーとロバート・カイリューが開発した。
・ UNIXはアメリカでAT&Tのベル研究所とケン・トンプソン、デニス・リッチーが開発した。
・ フリーソフトウェア運動、フリーソフトウェア、コピーレフトという開発形態・ライセンスはアメリカでリチャード・ストールマン、フリーソフトウェア財団が提唱し開始した。
・ オープンソースという開発形態・ライセンスはアメリカでネットスケープブラウザの再建プロジェクトがソースコードを公開形態を模索する過程でエリック・レイモンド、ブルース・ペレンズが提唱し開始した。
・ Linuxカーネルはフィンランドでリーナス・トーバルズが開発した。

◎ 医療

・ 画像診断は、ドイツでヴィルヘルム・レントゲンが最初に開発した。
・ 抗生物質は、アメリカでアレクサンダー・フレミングが最初に開発した。
・ コンピュータ断層撮影(CT)はイギリスでゴッドフリー・ハウンズフィールドが開発した。
・ 核磁気共鳴画像法(MRI)はアメリカとイギリスでポール・ラウターバー、ピーター・マンスフィールドが開発した。
・ 脳低温療法はアメリカでマイアミ大学が考案・試行し、日本で日本大学板橋病院の林成之が患者の救命・社会復帰可能な水準に開発した。

● 技術と技能(スキル)の違い
「技術」と「技能」という言葉は、違いを理解せずに混同して会話などで使用されがちであるが、以下のように明確な違いがある。 例えば、自動車の運転の仕方を知識として習得しただけでは、自動車を正確に運転できる確率は低い。訓練を行い、運転の技能を上げることにより、より正確に運転できるようになる。

「技術」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月26日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

漢字の無作為ピックアップ

好きな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漢字を お選びください。

現在 41回の投票があります!

嫌いな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漢字を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター