好きな漢字
ランキング31位
獲得票なし
嫌いな漢字
ランキング34位
獲得票なし


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

ホンキートンクは、漫才協会および落語協会に所属する漫才師。2003年11月結成。十代目鈴々舎馬風ファミリー。出囃子は『ギザギザハートの子守唄』。

● プロフィール

◇ :本名: :高校ではラグビー部の主将を務めたり、バンド活動を行っていた。 :2015年5月14日、ねづっち、三浦昌朗らと共に漫才協会の理事に就任。
◇ :本名:栗田 雄司、1985年3月6日生まれ(歳) :東京都出身。2019年11月4日より加入した新メンバー。メンバー入りのきっかけは、先輩芸人である笑組・ゆたかの紹介。元々芸人としての活動歴があり、「ゆーじーん」の名前で劇団HALLJACKの一員として活動していた。三遊亭金翁(4代目三遊亭金馬)の孫で、5代目三遊亭金馬の甥。4代目三遊亭金馬のかばん持ちとしてコンビ結成以前より寄席に出入りしていた。本人のTwitterでは時折金翁とのツーショットを披露している。 :

● 概要
2002年、星セント・ルイスの星セントに弟子入り。2003年11月結成し、プロモーション・ススムに所属。同年、漫才協会に入会。その後、2006年に落語協会に入会。2009年、マセキ芸能社へ移籍。主に寄席、都内ライブ等にて活動する。 ロケット団、ナイツ、宮田陽・昇を加えた4組で「漫才協会の四天王」と呼ばれる。 2014年11月、漫才協会の第26代真打ちに昇進。同年11月28日、浅草公会堂で行われた「第45回漫才大会」において真打ち昇進披露を行う。プレゼンターとして落語協会会長の柳亭市馬が駆けつけた。 弟子入り前の2000年4月から6月にかけて『即興・カニクラブ』にIQというコンビ名で参加しており、同年4月13、14日に"陰と陽"(場所:ART GROUND エウロス)という単独ライブ行っている。 2019年7月末日の上野鈴本演芸場での独演会をもって、利が妻の治療のサポートを中心とした生活とするために脱退。弾は「ホンキートンク弾」としてピン及びユニットとして漫才活動を継続し、利は活動は休業するものの、所属する漫才協会および落語協会には籍を残したうえで、故郷の熊本と本名を組み合わせた「天草ヤスミ」に改名する。 その後はそれぞれホンキートンク弾、天草ヤスミとしてそれぞれピン芸人となったが、同年11月4日、弾は遊次を新メンバーとして、コンビとしての「ホンキートンク」を復活させることを発表した。2020年1月11日、浅草東洋館での漫才協会1月中席より弾・遊次のコンビで「ホンキートンク」として出演。同年9月には落語協会の準会員として再入会し、同協会の定席に復帰。1年後の2021年9月21日付で再び落語協会の正会員となった。

● 出演


◎ テレビ

・ 年忘れ漫才競演(NHK、2007年 - 2015年)
・ 年忘れ漫才大行進(NHK)
・ 第34回浅草芸能大賞 新人賞(2017年度)

「ホンキートンク (お笑いコンビ)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月26日2時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

漢字の無作為ピックアップ

好きな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漢字を お選びください。

現在 41回の投票があります!

嫌いな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漢字を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター