好きな漢字
ランキング31位
獲得票なし
嫌いな漢字
ランキング4位
1票獲得


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

『泣くな、はらちゃん』(なくな、はらちゃん)は、2013年1月19日から3月23日まで、日本テレビの『土曜ドラマ』枠(土曜日21:00 - 21:54、JST)で放送された日本のテレビドラマ、もしくは劇中に登場する架空の漫画。主演はTOKIOの長瀬智也で、岡田惠和の脚本によるオリジナル作品でもあった。 ヒロインが描く漫画の主人公が実体化して(ドラマ上の)現実の世界に現れ、創造主でもあるヒロインに恋をするというファンタジー作品である。 本作品は日テレオンデマンドでも放送終了後の日曜日12:00から順次有料で見逃し配信された。

● 企画・制作
本作品の脚本は岡田が長瀬をイメージして書き下ろしたものであり、「はらちゃん」のキャラクター作りには長瀬も積極的に意見を出し、スタッフもそれを取り入れて赤のスタジャンなど放送当時から見れば「時代錯誤」なファッションのキャラクター像を作り上げたという。 また、本作のプロデューサーで『Q10』『妖怪人間ベム』など「人間でないものから人間を見て、人間って何だろうということを考えてきた」というコンセプトのドラマを手がけてきた河野英裕の談話によると、本作においてもそれらを踏襲しつつ、アプローチを変えてラブストーリーを軸に「人間を描く」ことを目的とし、そこから生まれたのが漫画から飛び出すヒーローであると語っている。 ヒロイン役の麻生久美子については、漫画の世界から飛び出したはらちゃんが初めて恋をして追いかける女性にふさわしい「永遠の憧れを演じられる女優」として起用され、麻生にとっては約2年半ぶりの連ドラ出演となった。 クランクインは2012年12月上旬、地域のフィルム・コミッション・みうら映画舎などの協力により、三崎下町商店街周辺を中心とする神奈川県三浦市各所でロケが行われている。ロケ地は昭和の雰囲気を残しており、河野は「この町なら、ドラマのようなファンタジーが起きてもおかしくないんじゃないかと思った」と当地を選んだ理由を語っている。狭い居酒屋の中でストーリーは展開され、登場人物は後述の客6名のみ。越前さんが描く物事が現実の世界の情報すべてであったため、漫画の世界の住民は現実の世界においてのあらゆる物事や常識についてほぼ無知である。この世界の出来事は越前さんの描いた通りに起こるが、執筆中や閲覧中以外は登場人物は各々が意志を持ち自由に動いている。また、ノートの状況が漫画の世界に影響し、ノートに何かしらの衝撃が加わると漫画の世界で地震が起こり、ノートが雨に打たれると漫画の世界にも雨が降る。ただし、これらの事例は漫画自体には反映されない。 ノートに衝撃が加わり漫画の世界で地震が起こると、登場人物は狭間を通じて現実の世界へ行くことが出来るようになるが、ノートが開かれるとその人物は即座に漫画の世界へ戻される(現実の世界へ来た漫画の登場人物がノートを開いても同様である)。また、登場人物が現実の世界で所持していたものは所持者が漫画の世界へ戻る際に一緒に持って行くことが出来る。なお、漫画の世界を抜け出した登場人物はノートに描かれた漫画では中身が空白状態で輪郭だけが残り、その者が現実の世界から戻る際に元に戻る。 漫画の制作は、『シャンハイチャーリー』(IKKI COMIX・『月刊IKKI』連載)などの著作を持つ漫画家・ビブオが担当し、番組公式サイト内では放送に登場する漫画とオリジナル漫画が公開されている。 この起用は前述の河野プロデューサーが以前手がけたドラマ『セクシーボイスアンドロボ』の原作漫画が『月刊IKKI』連載であった縁によるもので、同編集部の紹介による複数の漫画家の中から、ドラマの世界観に合う絵が描けるということで採用となった

◎ 主人公とヒロイン

◇ はらちゃん :演 - 長瀬智也 : 漫画の主人公で、赤のスタジャンとジーパン・スニーカー姿でギターを背負った男性。真面目だが感情の起伏が激しく涙もろい性格で、漫画ではいつも越前さんの愚痴を代弁している。また、常に敬語で話している(一人称は「私」)。所持物のギターは当初弦は3本で旋律を奏でることが出来ず、彼自身も歌い方を知らなかったが、越前さんが弦3本と音符を書き足したことでギターの弦は本来の6本となり、メロディーが生まれて歌えるようになった。 : 現実の世界で越前さんと出会い、当初は漫画の世界を改善するために物事から諦めず立ち向かっていくよう働きかけるが、彼女を好きになり、片想いから両想いになる。その後、越前さんの漫画のノートを開いたことで自分たちの世界の真実に触れ、次第に虚しさを感じるが、それでも彼女のそばにいたいと思うようになる。そのため、漫画の世界の住民らが越前さんに捨てられたと勘違いした時も誤解であると説得する。 : 矢東薫子の漫画の世界ではバーの客という設定である。
◇ 越前さん(えちぜん さん)〈31〉 :演 - 麻生久美子 : かまぼこ工場「ふなまる水産」の生産ラインで正社員として勤める女性で、矢東薫子が描く漫画のファン。勤務態度は真面目だが、容姿は地味で自己主張もできず、職場で理不尽な仕打ちを受けている。普段から感情を表に出さずに作り笑顔を浮かべているが、いつも不平不満を抱え、自らのノートに漫画「泣くな、はらちゃん」を執筆することでストレスを発散している。しかし、はらちゃんと恋をしたことや漫画の世界の住民との出会いをきっかけに自己主張が出来るようになるなど、性格は前向きに変わっていく。 : 現実の世界に現れたはらちゃんに出会った当初は彼を怪訝に感じて突っぱねるが、数々の問題と向き合う中で次第に受け入れて行く。また、はらちゃんが漫画の世界から抜け出したことを知り、真実を受け止めつつも動揺するが、矢口の言葉によって気持ちを改め、はらちゃんと両想いになる。玉田の急逝後は職場の正社員の中で最年長であることから工場長代理を務めることになり、それ以降は工場内では「越前さん」ではなく「工場長代理」と呼ばれるようになる。また、現実の世界は自分がいなくなっても困らないと思い込み、漫画のノートに自分を描き、漫画の世界に入ったこともあるが、はらちゃんに「現実を好きになれない越前さんは嫌い」を叱咤されて現実の世界に戻る。最終話では正式に工場長に昇進する。

◎ 越前さんの漫画の世界
元々は矢東薫子の漫画の世界で生きていたが、矢東が彼らが銃殺されるという結末を描き、一度は死を迎えた。しかし、越前さんが自身の漫画に彼らを描いたことで蘇生され、死亡以前の記憶を残したままこの世界で生を繰り返すことになる。
◇ ユキ姉(ユキねえ) :演 - 奥貫薫 : 居酒屋のカウンターに一人佇む姉御肌の女性客で、漫画の世界の紅一点。漫画ではいつもはらちゃんに殺人行為を煽る言動をするため、本心ではたまには前向きなことを言いたいと思っていた。最終話にて冗談めかして殺人を唆すセリフを吐きながらも前向きなことを言うセリフが描かれる。 : 過去に偶然行った現実の世界で、矢東薫子と出会い、共に楽しい日々を過ごすが、スランプに陥って重圧に耐えられなくなった彼女によって漫画の世界で仲間と共に殺されてしまう。そのため、漫画の世界においての「死」について詳しく知っており、はらちゃんが越前さんに片想いを覚えた時も好きになってはいけないと注意し、越前さんもいつか自分たちを殺すかもしれないと思い込んでいた。誤ってノートを処分されそうになった際は漫画の世界の仲間と共に現実の世界へ出る。その後、百合子(矢東薫子)と再会したことで、過去の経緯と越前さんも含む神様に対する不信を漫画の世界の住民たちに打ち明けるが、越前さんの決意を聞き、今までの考えを改めて百合子を許す。 : 矢東薫子の漫画の世界でははらちゃん行きつけのバー「Y’sバー」のマスターという設定である : 工場内で噂の対象になっていた青年。映画のエキストラなどいろいろな仕事をしていて、最終話ではふなまる水産で田中くんの下で働いている。 : 演者は本作の漫画制作担当。
◇ 不良(ふりょう) : 第9話にて登場したガラの悪い三人組。サッカーをしていたはらちゃんたちに絡んでお金を要求するが、はらちゃんたちの無垢無邪気な言動に激怒して一方的に殴りつける。その後、止めに入った越前さんにまで手を出したことではらちゃんの怒りを買い、そのうちの一人は顔面を何度も殴られる。その後は傷ついた仲間を連れて三人共に去って行った。これがきっかけではらちゃん以外の漫画の住人達は現実世界に嫌気がさし、元の世界へ戻る決断をすることとなる。

● 音楽
本作における音楽は重要なモチーフであり、長瀬作のエンディングテーマ「リリック」(TOKIO)を除く歌曲は、音楽担当の井上鑑が作曲・編曲し、作詞は脚本の岡田惠和が手がけている。中でもオープニングテーマの「私の世界」は、越前さんの心を表現した内容で、挿入歌としても繰り返し重要な場面に登場する。なお、設定上この曲はもともと紺野清美が田中くんへの片思いを歌った挿入歌「初恋は片思い」のメロディをはらちゃんが拝借し、越前さんの漫画に書かれた歌詞を乗せたものである。 バージョンは主人公のはらちゃんたちにより劇中で歌われるものと、オープニングなどでかもめ児童合唱団が歌うものがある。この合唱団は本作の舞台である三浦市で活動しており、もともとはサントラ向けの収録だったものが本編でも使われることになった。放送開始後、着うたでも配信され、配信サイト「オリコンスタイルフル」では、配信開始後1週間のランキングで1位となった。児童合唱団の楽曲が着うたで首位を獲得するのは異例のことである。3月11日発表のレコチョクデイリーランキングでも、スマートフォン・PC向けダウンロードおよび着うたフルのランキングで1位となっている。 岡田惠和のラジオ番組で「私の世界」を“今世紀の名曲”と発言していた薬師丸ひろ子は、2013年10月に開催された自らの35周年記念コンサートのアンコール1曲目に「私の世界」を選んだ。

● 作品の評価
コラムニストの亀和田武は、『週刊文春』の連載コラムで「死と愛、家族と仲間、普遍的で重いテーマが、ポップな映像と物語で展開される奇跡に、私たちは立ち会っている」と評価している。 第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では、劇中歌「私の世界」が「ザテレビジョン特別賞」を受賞したのを始め、作品賞2位、主演男優賞2位(長瀬)、助演女優賞2位(麻生)、脚本賞2位、監督賞2位に選ばれている。「単純だからこそ胸に響く各回のテーマが良かった」など、脚本とキャストの力が評価されており、審査員の漫画家・カトリーヌあやこは、キャラクターの現実世界での実体化というテーマに、「創作というものについていろいろと夢想してしまうドラマでした」という寸評を寄せている。 東京ドラマアウォード2013では、作品賞優秀賞を受賞した。

● スタッフ

・ 脚本 - 岡田惠和
・ 音楽 - 井上鑑
・ 演出 - 菅原伸太郎、狩山俊輔、松山雅則
・ 主題歌 - TOKIO「リリック」(ジェイ・ストーム)
 ・ オープニングテーマ - かもめ児童合唱団「私の世界」
 ・ 挿入歌 - はらちゃん「私の世界」 / 悪魔さん(紺野清美)「初恋は片思い」 / お父さん「地獄の使者」(全曲・作詞:岡田惠和 / 作曲・編曲:井上鑑)
・ 漫画 - ビブオ
・ 漫画協力 - 永田亜裕実、湯浅生史、佐藤祐二、とんだばやしロンゲ
・ 演出補 - 松山雅則、安食大輔
・ 脚本スタッフ - 中村千明
・ タイトルバック / VFX - 熊本直樹(EDP)
・ VFXスーパーバイザー - 木村康次郎、阪本親則
・ サウンドデザイン - 石井和之
・ ギター指導 - 吉川忠英
・ アクションコーディネイト - 出口正義
・ かまぼこ指導・協力 - 鈴廣かまぼこ、神兼智、和田美華、奈良木の実
・ 統括 - 神蔵克
・ チーフプロデューサー - 大平太
・ プロデューサー - 河野英裕、小泉守、萩原真紀
・ プロデューサー補 - 成田有一
・ 制作協力 - トータルメディアコミュニケーション
・ 製作著作 - 日本テレビ
 第1話  1月19日  恋するヒーロー   菅原伸太郎  12.9%
 第2話  1月26日  恋したけど片思い  10.3%
 第3話  2月2日  両思いになる方法   狩山俊輔  9.7%
 第4話  2月9日  涙のバレンタイン  9.3%
 第5話  2月16日  もう会えないの?  菅原伸太郎  9.7%
 第6話  2月23日  家族になりましょ  松山雅則  11.0%
 第7話  3月2日  ずっと一緒  狩山俊輔  9.3%
 第8話  3月9日  神様のナゾの真相  菅原伸太郎  9.9%
 第9話  3月16日  2人が選んだ結末  狩山俊輔  9.3%
 最終話  3月23日  私の世界  菅原伸太郎  10.3%
 平均視聴率 10.2%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)


● 関連商品

◇ホームメディア :
◇泣くな、はらちゃん Blu-ray BOX/DVD BOX ::いずれも2013年7月24日発売。6枚組。 :
◇ サウンドトラック :
◇ 日本テレビ系土曜ドラマ「泣くな、はらちゃん」オリジナルサウンドトラック :: 2013年2月20日、バップより発売。全21曲収録。 :
◇ シナリオ本 :
◇ 月刊『ドラマ』2013年3月号(映人社) :: 1・2・3話のシナリオを掲載。 :
◇ 泣くな、はらちゃん シナリオBOOK(日本テレビ放送網) :: 全10話のシナリオと越前さんの漫画ノートを収録。2013年3月21日発売。ISBN 978-4820301257

「泣くな、はらちゃん」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年6月21日0時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

漢字の無作為ピックアップ

好きな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漢字を お選びください。

現在 41回の投票があります!

嫌いな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漢字を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター