好きな漢字
ランキング31位
獲得票なし
嫌いな漢字
ランキング34位
獲得票なし


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

『返校』(へんこう、')は、台湾(中華民国)の赤燭遊戲が開発したホラーゲーム。2017年1月13日に、パソコンゲームとしてSteamで配信された。日本語版は、同年10月27日にPLAYISMにより『返校 -Detention-』としてSteam及びPLAYISMにて配信された。 Steamの売り上げランキングで一時世界第3位となり、大きな注目を集めた。

● 作品内容
戒厳令下で中国国民党が強権政治を敷いていた1960年代の台湾の学校が舞台。また同じく1960年代の台湾を舞台にした映画『牯嶺街少年殺人事件』などの台湾ニューシネマから多くのインスピレーションを受けたという。 劇中音楽として鄧雨賢の作曲した曲が使用されている(望春風、雨夜花など)。

● イントロダクション
ある日、翠華中学(高級中学は日本における高等学校に相当する)の男子学生ウェイは歴史の授業中に居眠りしてしまう。目が覚めると周りには誰もおらず、黒板に台風警報とのみ書かれていた。講堂を抜けて帰宅しようとしたウェイは、壇上で眠る女子生徒レイを発見する。二人で山を降りようとするも、唯一街へつながる橋は崩れており、川の水はまるで血のような赤い濁流に変わっていた。仕方なく学校で一夜を明かすことにした二人。ウェイは電話で外部に助けを呼べるか確かめるために校長室へ向かったが、異変に巻き込まれ消えてしまう。レイが意識を取り戻すとなぜか講堂で椅子に腰掛けており、壇上には手と足首を縛られたウェイが逆さ吊りにされていた…。

● 登場人物

◇ウェイ(魏仲廷/ウェイ・チャンティン) :翠華中学二年生の男子生徒。授業中に寝てしまって教室で一人目覚め、校内に誰もいなくなっていることに気づく。 :公式サイトでは「あなた」とプレイヤーの分身の様に書かれているが、実際にはゲームのほんの序盤部分でしか操作しない。 :理知的な性格で、読書会の参加者でもあった。バイ教官のことを陰ではグオフォンと呼び捨てにしている。
◇レイ(方芮欣/ファン・レイシン) :ウェイが講堂で出会った三年生の少女。ゲーム本編での操作キャラクターである実際の主人公。 :気付いた時は壇上で椅子に腰掛け眠っており、なぜ自分がそこにいたのかを覚えていなかった。白鹿を象った翡翠のペンダントを大切にしている。学校から脱出しようと進むうちに、自らの秘密を思い出していく。 :実は既にこの世の住人ではなく、かつて犯した過ちからこの世を彷徨う地縛霊。生前は普通の学生だったが、元は仲睦まじかった両親が激しい喧嘩を繰り返すようになり、その悩みを紙飛行機に書いてチャン先生の元へ飛ばした。だが相談に乗ってくれた彼は補導の名目で様々なことをレイに教え、やがて恋愛関係になってしまう。家庭の問題を忘れ、つかの間の幸福に酔いしれたものの、突然チャン先生に補導の終わりを告げられ、関係を打ち切られる。家庭でも母が父の収賄疑惑を密告し、父が政府に連行されてしまう。そんな時にチャン先生とイン先生が自分のことで口論しているのを聞き、二人の関係を疑ってイン先生を恋敵と逆恨みする。二人が政府の禁じた本を密かに勉強する読書会を開いていることを知っていたレイは、読書リストをバイ教官に渡すことでそれを密告する。その結果、チャン先生やウェイ、その他の生徒も捕まり、チャン先生は死刑、友人であるウェイや他の生徒には懲役十五年の判決が下り、イン先生は海外に亡命するという結果を招いてしまう。国からは密告の功績を讃えられるも、同級生からは「チクリ魔」とイジメを受けるようになり、罪の意識に耐えきれなくなったことで屋上から飛び降りて自ら命を絶つ。死後も自責の念から学校を彷徨い、記憶を取り戻す度に表彰台の上で首を吊るが、死者である為に死ぬことも出来ず、記憶を無くしては取り戻すことを繰り返していた。 :モデルは(1932年9月3日-1956年1月13日)とされる。
◇イン先生(殷翠涵/イン・ツイハン) :歴史担当の女教師でレイの担任。読書会のリストが流出した後は協力者がいたためか、国外脱出に成功した。その後も海外から表現の自由や人権を訴える活動を続けたが、肺癌のため50歳で病没する。その最後の希望は故郷に帰ることだったが、戒厳令撤廃によって実現する。
◇チャン先生(張明暉/チャン・ミンホイ) :カウンセリングを担当した男性教師。悩みを抱えるレイの相談に乗るが、大通りの映画館へ連れて行くなど検閲されていない知識や世界を彼女に見せ、さらには恋仲になってしまう。レイと同じ年頃には留学していたらしく、彼女は十分に成熟しているとの主張で成人のように扱うが、結果的には彼女を傷つけ、自身の破滅をも招いた。ゲーム序盤からイメージとして挿入される、麻袋を頭に被せられた男の正体は彼である。
◇バイ教官(白國峰/バイ・グオフォン) :教師ではなく学校の指導教官。元軍人で、生徒から恐れられている。戦争で山ほど人を殺したという噂があるらしい。

● メディアミックス


◎ 書籍版

・ 2017年2月6日に、外伝にあたる小説『返校 悪夢再続』が台湾で発売された。原著:赤燭遊戲、小説:笭菁。
・ 2021年7月16日に、ゲームの30年後の世界を描いたドラマ版の小説『返校 影集小説』が日本で発売された。小説:李則攸・巫尚益、監修:公共電視、訳:七海有紀。この小説の漫画版『返校 -DETENTION-』が2022年2月28日から電子書籍で作画:OGAにて配信。

◎ 映画版
2019年9月20日に封切られ、観客動員数が公開24日間で100万人を突破する大ヒットとなった。台湾においてゲームが原作の映画が製作されるのは、本作品が初めてであり、台湾の行政機関である文化部の鄭麗君文化部長(文化相)は、政府として支持していく考えを示している。 2021年には日本国内でも『返校 言葉が消えた日』の邦題で上映され、DVDとしても販売された(日本語での字幕・吹替あり)。
○ あらすじ
1962年、台湾は中国国民党による戒厳令下にあり、学校も軍隊のように統制されていた。翠華高校の2年男子であるウェイ・ジョンティンは反乱を計画したとして逮捕され、計画の全容を吐かせる為に過酷な拷問を受けていた。牢で眠る度に悪夢を見るウェイ。 同校3年生の女生徒ファン・レイシンは、真夜中の無人の校舎で目を覚ました。2年生の男子学生ウェイと出会い、共に用務員の幽霊に追われるファン。 「読書会」の仲間の身を案じるウェイ。「読書会」とは国民党によって閲覧禁止とされた本を密かに読み、書き写す学生組織で、創設者はチャン教師だった。数人の教師も同士だったが一人が憲兵に逮捕され、隠していた禁書を安全の為に処分するメンバーの女教師イン。チャン教師がまだ本を隠し持っていると聞いた学生たちは、憲兵がうろつく中、一人づつ順番を決めて受け取りに行く事になった。 憲兵隊の公告が貼られ荒れ果てた校舎を見て、「読書会」の仲間は逮捕されたと絶望するウェイ。防空壕に隠れているかもと見に行く途中に、メンバーの学生・ウェンションが現れ、仲間の一人が裏切り密告したとウェイに告げた。官憲の制服を着た化け物に殺されるウェンション。 防空壕で「読書会」のメンバーやイン教師を見つけるウェイとファン。だがそれは幻(まぼろし)で、イン教師はファンこそが密告者だとウェイに告げて消えた。 夜の学校に来る以前の生活を思い出すファン。ファンとチャン教師はプラトニック・ラブの関係にあった。チャン教師と女教師インの親しげな様子を見て嫉妬したファンは、イン教師が読書会と関わっている事を知り、ウェイから禁書を借りて官憲に渡したのだ。それが愛するチャン教師の逮捕に繋がる行為だったと知った時、現実世界のファンは首を吊って死んだ。 悪夢の中では生きており、ウェイを助けて校門の外に出すファン。だが、ファン自身は後に残り、崩れ落ちる校舎の中に消えて行った。 逮捕され、拷問されている現実世界のウェイ。ウェイは牢内で、刑死する直前のチャン教師から「生き延びろ」と遺言されていた。生きる為に読書会について白状し、釈放されたウェイは後年、解体される直前の高校を訪れ、隠されたままだったチャン教師の禁書を取り出して、挟まれていた愛のメッセージをファンの霊に捧げた。
○ キャスト

・ ワン・ジン - ファン・レイシン(方芮欣)
・ ツォン・ジンファ - ウェイ・ジョンティン(魏仲廷)
・ フー・モンボー - チャン・ミンホイ(張明暉)
・ チョイ・シーワン - イン・ツイハン(殷翠涵)
・ リー・グァンイー - ホアン・ウェンション(黄文雄)
・ パン・チンユー - ヨウ・ションジエ(游聖傑)
・ チュウ・ホンジャン - バイ教官(白國鋒)
・ 雲中岳 - ウェイ・ジョンティン(魏仲廷・中年)
・ 李沐 - 周欣
・ 劉士民 - 高雨新
・ 夏靖庭 - 方道勤
・ 張本渝 - 李妙子
・ 王可元 - 黄又新
○ スタッフ

・監督・脚本:ジョン・スー
・製作総指揮:劉宜佳
・プロデューサー:リー・リエ、アイリーン・リー
・撮影:チョウ・イーシェン
・編集:ライ・シュウション
・音楽監修:盧律銘

◎ ドラマ版
2020年12月5日、Netflixオリジナルの実写ドラマとして全8話が配信開始された。原作ゲームから30年後の後日談として描かれており、李登輝政権末期・民主化直後の1999年10月頃の台湾の片田舎が舞台。舞台は同じ翠華高校となっている。主人公ユンシアン(劉芸香/リウ・ユンシアン)を李玲葦が演じており、レイ(方芮欣)、ウェイ(魏仲廷)、バイ教官(白國峰)が30年後の姿として出演している。ノベライズ版の邦訳が『返校 影集小説』のタイトルで角川ホラー文庫から刊行されている。
○ あらすじ

○ 登場人物・キャスト

・ 李玲葦 - 劉芸香 - とある理由で台北から片田舎の翠華高級中学に転校してきた。
・ 韓寧 - 方芮欣 - 翠華高級中学の旧校舎を彷徨う亡霊。
・ 黄冠智 - 程文亮 - 劉芸香の同級生。寺生まれ。
・ 姚淳耀 - 沈華 - 翠華高級中学の教師。校長の息子。
・ 趙正平 - 白國峰 - 翠華高級中学の教官。
・ 羅光旭 - 沈敬 - 翠華高級中学の校長。
・ 鄭家楡 - 鄧馨予 - 劉芸香の母親。
・ 張翰 - 劉俊賢 - 劉芸香の父親。
・ 蔡瑞雪 - 蘇婕妤 - 二年忠組の班長。
・ 吳昆達 - 魏仲廷 - 廃医院に住む世捨て人。

「返校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月24日20時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

漢字の無作為ピックアップ

好きな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漢字を お選びください。

現在 41回の投票があります!

嫌いな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漢字を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター