好きな漢字
ランキング31位
獲得票なし
嫌いな漢字
ランキング34位
獲得票なし


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

代(しろ)は代理の意。
・ 代価・代金。お代(おだい)。
・ 材料。
・ あることのために要する部分。「縫い代」「糊代」など。
・ 田。またそれを測る単位。稲一束を得る田の面積とされ、律令制においては一段の1/50。⇒代 (単位) 代(だい)は代わる・代理ですることを意味する。
・ 家督や地位を継いで、その身分である期間。
 ・ 家や地位の継いだ順位を指す助数詞。
  ・代を重ねることを「代々」という。また、それぞれの代を「歴代」という。
 ・ 年齢や番号などのおおよその範囲を指す接尾辞。年齢や年代の場合「50代」「1980年代」など10未満切捨ての満年齢に代を付ける。⇒世代
 ・ 地質時代の区分。かつては最大の区分であったが、2004年以降は上に累代(Eon)が設けられた。⇒代 (地質学)
・ 代わりとなる物や人。
 ・ 転じて商品やサービスの代価として支払う料金。代金。
  ・ 掛軸の大きさの単位。浄土真宗各派では、仏壇用の本尊として本山寺院から掛軸を受けるが、昔は30文で頂ける掛軸を「30代」、50文で頂ける掛軸を「50代」…と言ったことから。浄土真宗以外の掛軸の大きさにも使用される。
   ・ 転じてその大きさの掛軸が3幅入る内のりがある金仏壇の大きさの単位。例:50代の金仏壇 …50代の掛軸が3幅掛かるだけの内のりがある。
 ・人名や役職名の後に付けて、その代理であることを示す。例:師範代
 ・手紙などで差出人の後に付けて代筆であることを示す。
・ 河北省北西部から山西省北東部にかけての古代中国の国名。現河北省蔚県を中心とする。
 ・ 代国
  ・ 春秋時代の国名。紀元前475年、晋の趙襄子によって滅ぼされた。⇒代 (春秋)
  ・ 戦国時代の国名。紀元前228年、趙が秦によって滅ぼされると、趙の公子嘉は代の地に至り、代王を名乗った。6年後に秦により滅亡。⇒代 (戦国)を参照。
  ・ 漢初同姓九国の一つで、かつて文帝が支配していた国。武帝の元鼎3年(前114年)に廃止された。
  ・ 五胡十六国時代の国名。⇒代 (五胡十六国)
 ・ 代郡
  ・ 戦国時代、趙の武霊王によって設けられた郡。秦・漢代、現在の河北省蔚県に代県を置いて治とした。内外の長城の間に置かれ、異民族防衛の要衝の地であった。五胡十六国時代、後燕の建興3年(388年)に廃止された。
  ・ 北魏の時、現在の山西省大同市を中心に代郡が置かれた。
 ・ 代州 - 古代中国の州。隋の開皇5年(585年)、肆州を改めて設置した。広武(後に雁門と改名。現在の山西省代県)を治とした。清の雍正以後は直隷州となった。1912年に廃止された。
 ・ 代県 - 中華人民共和国の県名。現在、山西省忻州市に属する。
・ 埼玉県熊谷市代
・ 電話帳などの記号で代表取扱い電話。(代)などと表記される。

「代」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月16日2時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漢字を お選びください。

嫌いな漢字は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漢字を お選びください。

漢字の無作為ピックアップ

好きな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漢字を お選びください。

現在 41回の投票があります!

嫌いな漢字は どっち?

投票すると漢字ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漢字を お選びください。

現在 37回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター