好きなサッカー漫画
ランキング19位
獲得票なし
嫌いなサッカー漫画
ランキング9位
獲得票なし
イレブン


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

イレブンジズは、午前11時頃に行われる喫茶、軽食習慣である。国によって名前や形態は異なる。

● 各国のバリエーション


◎ ヨーロッパ

○ イギリス
名前が示すように11:00に行う「イレブンジズ」は、一般的に、お茶やコーヒーと共にビスケットを食べる。代わりに何か軽いもの(菓子やサンドイッチなどの軽食)をつまんだりする事もある。 紅茶を飲む場合、ほとんどの人がティーカップではなく、マグカップを使ってティーバッグの紅茶を飲んでいる。また紅茶にビスケットを浸して食べるダンキング Dunking もよく行われる。 イングランドに紅茶がもたらされたのは、キャサリン・オブ・ブラガンザが嫁いだ1662年以降だとされているが、お茶の文化が根付いたのは、誰にとってもお茶が手頃な価格となった1800年代になってからだと考えられている。 「イレブンジズ」は、テレグラフの2009年の記事で「私たちの伝統的な生活様式の重要な要素」と言われ、今日の英国文化に深く根付いている事がわかる。
○ アイルランド
アイルランドは一人当たりの紅茶の消費量がトルコに次いでニ位の紅茶消費大国である。お茶の時間として、朝食から「イレブンジズ」「アフターヌーンティー」「ハイティー」などがあるが、朝昼晩、時間を決めずに一日中紅茶を飲む習慣がある。 お茶はポットにティーバッグで淹れられ。「Black Tea (黒いお茶)」と呼ばれるほど、色と味が濃い紅茶にミルクをたっぷり注いで飲む。多くの人が茶葉を使って淹れるよりも、ティーバッグを使っているため、100個入りや200個入りなどのサイズのティーバッグも、一般家庭用に販売されている。 フランスでは労働法によって休憩を取る事が決められていて、労働者の「Pause-café (コーヒーブレイク)」は、職場または会社の近くで行うリラックスするための短い休憩である。休憩時間は、仲間との貴重な情報交換が出来るおしゃべりの場でもある。 午後4時は「ル・グテ le goûter」と呼ばれ、子供のおやつの時間である。幼児語では「カトルール quatre-heures」も使われている。学校が終わる時間が4時頃の為「quatre heures 4時=おやつの時間=おやつ」となった。家族全員が揃う夜8時過ぎに夕食という家が大半なので、昼食から夕食までの間隔が長く、夕食までのおやつとして、ケーキ、ビスケット、パンなどに、ミルクやジュースが添えられたものを子供に与える。バゲットに板チョコをはさんで与える家も多い。 ポテトチップスなどのスナック菓子は、お菓子としてではなく、アペリティフ(食前酒用のおつまみ )として食べられているだったり、職場でも早朝から働いているため、朝食と昼食の間の午前中9時から10時くらいにかけてパンなど軽食を食べる。「Zweites Frühstück (2度目の朝食)」 とか「Zwischenmalzeit (おやつ、軽食)」、バイエルン語圏では 「Brotzeit」とも言う。南ドイツの職場では 「Mahlzeit(食事の時間に使われる挨拶)」とも言われているであり、ハムやサラミを挟んだサンドイッチやフルーツなどである。 シュヴァルツヴァルトでは、シュヴァルツヴェルダー・シュペック(黒い森のベーコン)、シュヴァルツヴルスト(燻製にした血のソーセージ)、ライ麦パンなどのボリュームのある料理が「Znüni」として午前中に食べられる。キルシュなどのフルーツブランデーも時々飲まれる。 北ドイツで「Fofftein」は、主に「morgendliche Brotzeit (朝のおやつ)」を表すが、食べずに休憩するだけの意味も含む。15分の朝食休憩を規定した旧労働時間規則により、低地ドイツ語の数字’15’から由来している。 ドイツでは日常的にはコーヒーが多く飲まれているが、ドイツ北部、オランダと国境を接した場所に位置する東フリースラント地方だけは例外である。人々はコーヒーも楽しんでいるが、お茶の消費量が圧倒的に多い。この地域の人々が飲む紅茶は「オストフリーゼンテー」というオリジナルブレンドの紅茶で、独特の飲み方がある。氷砂糖をカップに入れ、そこに熱いオストフリーゼンテーを注ぎ、カップの淵からそっとクリーム(または牛乳)をスプーン1杯ほど入れて飲むのだが、かき混ぜないで飲む事がポイントである。主なお茶の時間は午後3時頃のアフタヌーンティーであるが「Elfuhrje」という午前11時頃のお茶の時間もある。
○ オーストリア
オーストリアでは、朝・昼・夕の食事間にとる軽食やおやつは「ヤウゼ Jause (スロベニア語の’júžina 昼食’、’mala južina 軽食’からきている)」と呼ばれ、学校で午前中に行われる軽食休憩(バイエルンで「Brotzeit」と呼ばれるもの)などがある。ほとんどの場合「Jause」は食事の合間に取る甘くないものであるが、午後のケーキなどの甘いバリエーションもある。ちなみに「Zvieri」は「午後(4時)のおやつ」である。 「Znüni」はスイス全土の習慣であり、学校、企業、家庭で行われている。一部の企業は、生産性が向上すると思われるため、従業員に午前中の休憩を取り、同僚との会話やコーヒーを楽しむように勧めている。
○ ベルギー
ベルギーのオランダ語圏では「tienuurtje(tien uur ‘10時’+ tje ’指小辞’)10時のおやつ」と呼ばれるものがある。一般的には、クッキーかフルーツで、さらにフルーツジュースやチョコレートミルクを飲む場合もある。ほとんどの親は、午前中の学校の休み時間の食事として 子供たちに持たせている。 西フリースラントでは「konkeltoid(コーヒーブレイク)」をとる。
○ ハンガリー
ハンガリー語の「イレブンジズ」は「tízórai」と呼ばれ「10時(の食事)」を意味する、朝食と昼食の間の軽食であリ、この時の食事を取ることを 「tízoraizni」という 。学校での早めの昼休みは tízórai 休憩 と呼ばれている。 「イレブンジズ」という言葉から「tízórai」はハンガリー系アメリカ人やハンガリー系イギリス人には「テンジーズTenzeez」と呼ばれている。
○ ポーランド
ポーランドでは「ドゥルギ・シニダニエ Drugie śniadanie (2回目の朝食)」を11時頃に行う。昼食の時間が遅いので、バナナやリンゴ、小さめのサンドイッチなど、軽めに食べて昼食に備える。 ポーランド人は、ドイツの' のように、ソーセージなどの重い肉の塊ではなく、アメリカの「コーヒーブレイク」のように、温かい飲み物にデザートのようなペストリーやお菓子を添えるといった軽いものを好む。
○ スペイン
スペインでは、昼食が午後2時〜3時と遅く、朝食から時間があるので、10時半から11時頃に軽食を取る。 ペストリーやボカディージョ(スペイン版バゲットサンド)などの軽食と組み合わせた温かい飲み物から、さらに、スクランブルエッグ、とかスペイン風オムレツ(ピンチョスとも呼ばれている)を取るなど、さまざまである。バルやカフェで軽食と共にビールやワインを飲んで職場に戻る人もいる。卵やベーコン、パンに乗せた塩漬け肉などの高タンパクなものである。
○ イタリア
イタリアの10〜11時頃のコーヒーブレイクは、「スプンティーノ Spuntino」と呼ばれ、チョコやビスケット、ミックスナッツ、パニーニなどの軽食とコーヒーを取る。
○ スウェーデン
スウェーデンで伝統的に行われている「フィーカ Fika」には、スウェーデン語で「お茶をする」といった意味があるが、「フィーカ」の意味は幅広く、スウェーデン人の生活に根付いている。午前11時頃に行われるコーヒーブレイクは「elvakaffe(elva ‘11’+ kaffe ’コーヒー‘)」と呼ばれる。コーヒーと焼き菓子を片手に同僚や上司と一緒に雑談交じりにコミュニケーションをとる職場での休憩や、家族とのお茶の時間、ひとりでリラックスしたお茶の時間を過ごすことも「フィーカ」と呼ばれる。 コーヒーや紅茶、ハーブティーなどさまざまなものが飲まれる。
○ デンマーク
デンマークでは、家庭や職場や知人友人などと、コーヒーと共に「ヒュッゲ Hygge」な時間を過ごす。午前中であればデニッシュペーストリー、午後にはケーキ類をコーヒーと共に楽しむ。
○ ノルウェー
ノルウェーでは、仕事・家事の合間などのコーヒーブレイクを「コーシェリ koselig」という。ワッフルなどと一緒にコーヒーを飲みくつろぐ。

◎ アジア・オセアニア

○ インド
インドでは、午前に1回、午後に1回の「チャイブレイク Chai break」がある
○ オーストラリアとニュージーランド
オーストラリアとニュージーランドでは「イレブンジズ」は「モーニングティー」と呼ばれ、午前10時30分頃に行う。多くの職場では、スタッフが新入社員を迎えたり、誕生日などの特別な機会や、単に定期的なイベントとして「モーニングティー」を行う。食べ物は職場で提供されることもあるが、多くの場合、従業員が食べ物を持ち寄っている。「モーニングティー」は、ケーキやペーストリー、ラミントンやビスケットをつまんだり、コーヒーだけ、など様々である。 オーストラリア海軍などでは「Morno's (モーニングティーの略)」として一般的に知られている。小学校の午前中の休み時間の軽食は「リトルランチ」や「プレイランチ」と呼ばれている。また、仕事や軍の任務中に行われる午前中の短い休憩は「'」と呼ばれている。文字通りタバコ休憩からきたものだが、現在ではタバコを吸う吸わないにかかわらず、お茶やコーヒーを飲むための休憩としても使われている。

◎ 北アメリカ・南アメリカ

○ アメリカ
19世紀の初めの数十年間「イレブンジズ」はウイスキーを飲むものであった。現代では、労働者が午前10 時頃に「コーヒーブレイク」と呼ばれる休憩を取る。多くは休憩室で、たまに軽食をとることもある。 学校に通う子どもたちは「スナックタイム(モーニングスナック)」と呼ばれる、ちょっとした、おやつ休憩をとることが一般的である。これは、午前9時から午前11時の昼食前の午前中に行われる。
○ チリ
多くのスペイン語圏では「イレブンジズ」はスペイン語で’11’という意味である「las once」または「la once」と言われている。しかしチリでは、たまに夕食代わりにもなる午後に行われるものになった。2010〜2011年の全国食品消費調査では、チリ人の約80%が「once」をするが、夕食代わりに「once」をするのは30%だけだと報告されている。ここでいう夕食とは、野菜、肉、魚などを食べるきちんとした食事をのこと。「once」はイギリスのハイティーよりは軽いものである。 語源はいくつかの説があり定まっていないのだが、司祭(一説では、労働者または女性)が日中に飲酒していた事実を隠すため、11文字の'を参照して、tomar las once (スペイン語で drink the eleven ‘11の飲酒’)というフレーズを使用したことからきたという説は多くの人に支持されている。 午前9時から午前11時頃に行う朝の軽食は 「medias nueves」と呼ばれている。 パディントンベアは、友人のグルーバー氏が経営するポートベロ通りのアンティークショップで、パディントンが購入したパンと、グルーバー氏が用意したココア(ホットチョコレート)で「イレブンジズ」を頻繁に行っていた。 指輪物語のJ・R・R・トールキンによる中つ国の物語で、ホビット族のビルボの111歳の誕生日のパーティーは「イレブンジズ」の行われる時間から花火の始まる6時30分まで継続的に食事が提供されたという点で、とりわけ豪勢であったことが読み取れる。また、食事を愛するホビット族の、1日に6回(ピーター・ジャクソンの映画では7回)の食事の中に「イレブンジズ」が入っている。

「イレブンジズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年8月8日15時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きなサッカー漫画は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きなサッカー漫画は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きなサッカー漫画は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きなサッカー漫画は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きなサッカー漫画は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

サッカー漫画の無作為ピックアップ

好きなサッカー漫画は どっち?

投票するとサッカー漫画ランキングが閲覧できます!


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

現在 35回の投票があります!

嫌いなサッカー漫画は どっち?

投票するとサッカー漫画ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

現在 17回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター