好きなサッカー漫画
ランキング7位
1票獲得
嫌いなサッカー漫画
ランキング9位
獲得票なし
がんばれ!キッカーズ


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

『がんばれキッカーズ』は、ながいのりあきによる日本の漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ作品。『月刊コロコロコミック』、『別冊コロコロコミック』、『小学五年生』、『小学六年生』で連載された。

● 概要
1984年から1989年まで『月刊コロコロコミック』誌を中心に連載された、小学生による「弱小サッカー部」をメインに据え、普通の少年たちが努力してチーム全体が成長していく姿を描いたサッカー漫画である、すがやみつるの下でアシスタントを務めていた、ながいが描くことになった。全日本少年サッカー大会の大会ポスターに起用されるなど、当時のサッカー漫画としては『キャプテン翼』に次ぐ人気作品となった、サッカー少年にアピールすることを目的として。放送開始当初の1986年秋には、先番組『ドリモグだァ』と共に本作が掲載されている番組弘報の下敷きが頒布され、「4 日本テレビ」の版権表示も明記されている。 2002 FIFAワールドカップ開催記念として愛蔵版として再発刊され、2006 FIFAワールドカップの時には開催記念として「株式会社G.B.」より、南陽戦が完全収録された「熱闘編」と西山戦が完全収録された「涙の友情編」が「G.B.ベストコミックス」として出版された。南陽戦や清水が丘戦では相手のレベルの高いプレーに触れるうちにキーパーとして急速な成長を見せ、一目置かれるようになる。また、指導者のいないチーム事情の中で精神的な支柱としてチームを牽引した。
◇ 石井 健太 (いしい けんた) : 声 - つかせのりこ : ポジションはミッドフィールダー。背番号7。小学5年生。直情径行な性格で、キッカーズを侮辱した他チームの選手に暴力を振るったためにチーム全体が対外試合禁止処分を受けたり、ハーフタイムに観客と乱闘を起こし退場処分を受ける などトラブルメーカー的な存在である。キッカーズに入部した理由も、その喧嘩っ早さから本郷に突っかかり、返り討ちにあう形で半ば強引に、というものであった。しかし選手としての技術はその頃から高く、自分を笑った守の顔に腹いせのシュートを命中させ、試合では翔と共にツートップを務めることもある。本郷らの卒業後はキャプテンを務めた。実家は寿司店経営。
◇ 原 たけし (はら たけし) : 声 - 渡辺真砂子 : ポジションはライトウイング。背番号9。双子の兄。小学5年生。きよしとは双子の兄弟であり、息のあったプレーが特徴。健太と一緒にその場にいたというだけで兄弟揃ってキッカーズへと入団させられた。白鳳イレブン戦では後半から弟と共にセンターバックを務めた。実家は玩具店経営。
◇ 原 きよし (はら きよし) : 声 - 大谷育江 : ポジションはレフトウイング。背番号11。双子の弟。小学5年生。きよしとは双子の兄弟で息のあったプレーが特徴だが、半人前と評されることに引け目を感じ、一人でどこまでできるのか試そうと他チームのテストに挑んだこともあった。たけしときよしでは顔のほくろの位置が異なっている。
◇ 小畑 英夫 (おばた ひでお) : 声 - 安達忍 : ポジションはミッドフィールダー。背番号6。通称「デコ」。小学5年生。父親はスポーツ店経営で熱心にキッカーズを支援している。漫画では丸坊主だがアニメ版では短髪。健太に次ぐトラブルメーカーだが、直情径行な性格が元でトラブルを起す健太に対し、小畑はのんびりした性格が元で失敗やトラブルを起すことが多い。西山SSS戦では乱闘に巻き込まれ健太と共に退場処分を受けた。
◇ 野口 学 (のぐち まなぶ) : 声 - 頓宮恭子 : ポジションは左サイドバック。背番号5。眼鏡をかけたインテリキャラ。小学5年生。本郷に代わる新キャプテン選出の際に健太と対立したり、勉強が疎かになったためキッカーズを退団して塾通いを始めたこともあった。またアニメ版でも直情型の健太、理屈家の学という対比的な役どころの立場になることが多い。アニメでは台詞の前に「ワタクシ思いますに」と付けるのが特徴。
◇ 高田 哲也 (たかだ てつや) : 声 - 冨沢美智江 : ポジションはミッドフィールダー。背番号8。小学4年生。実家はカメラ店経営。
◇ 古賀 信介 (こが しんすけ) : 声 - 柿沼紫乃 : ポジションは右サイドバック。背番号2。小学5年生。メンバーの中で唯一、スポットが当たるエピソードが全くない。
◇ 浜本 直人 (はまもと なおと) : 声 - 鈴木三枝 : ポジションはセンターバック。背番号3。チーム一の長身。小学6年生。
◇ 太田 太一 (おおた たいち) : 声 - TARAKO : ポジションはセンターバック。背番号12で本郷らの卒業後は3。小学5年生。肥満体型で食いしん坊のキャラ。気が弱く判断力や動作は鈍いが体を張った守備や、ロングスローやロングシュートを得意としており、怪力を活かして由良崎SCの中島、帝和FCの天堂ら巨漢選手と渡り合った。南陽SCとの練習試合の際には負傷した本郷の代わりにゴールキーパーを務めた。チーム唯一の補欠だったが、本郷の卒業後にレギュラー昇格しセンターバックのポジションを得た。実家は八百屋。
◇ 一之瀬 金時 (いちのせ きんとき) : ポジションはゴールキーパー。翔と同級生。本郷らの卒業後にキッカーズに入団したが、歯に衣着せぬ性格で、初登場時には健太に代わってキャプテンになると意気込んだ。元々は最上イーグルスに所属しており、エースストライカーである海城の練習用キーパーをこなしていく中でその実力を開花させるが、皮肉にもその実力による活躍が原因となって海城との確執が起こり、チームを退団することになってしまう。古巣イーグルスとは練習試合を経て地区予選で再戦し、雪辱を果たす。中学生編でも翔や他の旧キッカーズの面々と共に北原中に進学しており、本郷の控えGKを務めていた。
◇ 栗田 保 (くりた たもつ) : 本郷らの卒業後にキッカーズに入団した、イガグリ頭が特徴の選手。翔や金時より下級生。通称「どんぐり」。実家は「どんぐり亭」というラーメン店を経営している。人通りの中をドリブルしながら出前するという日々の中で身に付けた身軽さやフェイント技術が、後の帝和FCとの対戦で活かされていく。
◇ 石丸強(いしまる つよし) : 2年目新入部員。小学5年生。最初の地区予選での奮闘を受けて2年目のキッカーズには金時、栗田の他にも大量の新入部員がやってきたが、その多くは厳しい練習についていけず退団していった。最終的に残った8名の新入部員たちも練習ばかりの日々に不満を募らせていたが、栗田、翔、金時を相手とした3対3のミニサッカー勝負を通して栗田の努力と実力を、そして自分たちの実力不足を素直に認め、気持ちを新たにチームに残っている。石丸は控え選手らの中心的人物であり、ミニサッカー勝負にも参加した。
◇ 三田寛平(みた かんぺい) : 2年目新入部員。小学4年生。ミニサッカー勝負の控側3人の1人だが、放ったシュートは金時にあっさり止められてしまった。
◇ 野崎しんや(のざき しんや) : 2年目新入部員。小学5年生。ミニサッカー勝負ではキーパーを務めたが栗田のパスをカットすることはできず、翔のシュートを決められていた。
◇ 岸本実(きしもと みのる) : 2年目新入部員の一人。家が洋品店であるため本人も縫物が得意。宮下SSの忠太郎に踏み潰されたボールを修理した。
◇ 小沢はじめ(おざわ はじめ)、中村大介(なかむら だいすけ)、空野つね吉(そらの つねきち)、山崎淳(やまざき じゅん) : 2年目新入部員たち。学年は小沢が4年生、他は全員5年生。

◎ 南陽SC

◇ 上杉 光 (うえすぎ ひかる) : 声 - 山田栄子 : ポジションはゴールキーパー。南陽SCのキャプテン。小学6年生。全国屈指の天才ゴールキーパーと呼ばれ、キッカーズの前に立ちはだかった。全国大会出場を賭けたキッカーズとの決勝戦で肩を痛めたこともありキーパーを断念し、ストライカーに回ることを宣言。同じポジションを務める本郷に中学では同じチームでプレーしないかと勧誘した。書き下ろしの中学生編では翔や本郷達と共に、南陽時代にも成し得なかった全国制覇を達成した。
◇ 池田 みのる (いけだ みのる) : 声 - 片岡富枝 : 南陽三羽ガラスの1人。ポジションはライトウイング。小学6年生。
◇ 岸 祐介 (きし ゆうすけ) : 声 - 羽村京子 : 南陽三羽ガラスの1人。ポジションはセンターフォワード。小学6年生。
◇ 吉田 つよし (よしだ つよし) : 南陽三羽カラスの1人。ポジションはレフトウイング。小学6年生。
◇ 片山 啓吾 (かたやま けいご) : ポジションはディフェンダー。長身でパワーがあり、バナナシュートを蹴ることができる。小学6年生。
◇ 早川 秀人 (はやかわ しゅうと) : ポジションはフォワード。上杉や南陽三羽ガラスの卒業後に南陽SCのエースとなった選手で、高校生のゴールキーパーからも得点できる実力を持つ。しかし地区予選準決勝の西山SSS戦では真行寺に動きを封じられ完敗した。先輩達と違ってキッカーズと直接対戦する機会はなかった。

◎ 西山SSS

◇ 水島 雄 (みずしま ゆう) : 声 - 水島裕 : ポジションはセンターフォワードであり、西山SSSのキャプテン。小学6年生。天才ストライカーと呼ばれ、多種多彩なシュートや回転ヒールシュートを得意としている。病気療養中の弟のために全国大会に出場しようとの思いから、キッカーズとの対戦の際には激しいプレーを挑んだ。
◇ 水島 亮 (みずしま りょう) : 声 - 飛田展男 : 雄の弟。小学5年生。兄を上回る実力の持ち主 であり小学4年時にエースストライカーとしてチームを地区予選の決勝まで導いた。フル出場は難しいと言われていたが、全少予選決勝のキッカーズ戦で先発出場をすると左右のカーブ、ドライブ回転、ブレ球 などの多彩なキックを駆使して相手を翻弄した。
◇ 真行寺 あきら (しんぎょうじ あきら) : ポジションはディフェンダー。翔の清水が丘FC時代の先輩で将来のエースストライカー候補だった。西山SSSではディフェンダーにコンバートされ、俊敏な対敵動作で相手の攻撃を封じた。

◎ 帝和FC

◇ 天童 要 (てんどう かなめ) : ポジションはフォワード。身長181cm、体重100kgという小学生離れした体格の持ち主で、高校生のゴールキーパーから得点を挙げ、鎖のゴールネットを突き破るほどのキック力を持つ重量級の選手である。キッカーズとの対戦時には「お前達が敗れるのは目に見えているから棄権しろ」と見下す態度を採っていたが、試合後は彼らの粘り強さを讃えた。
◇ 高見沢 淳 (たかみざわ じゅん) : ポジションはゴールキーパー。並はずれた運動神経と敏捷性で、帝和の黒ヒョウの異名を持つ。大会前のデモンストレーションでは天童のシュートで負傷した高校生キーパーに代わってゴールに入り、南陽の早川、西山の水島(弟)、翔のシュートをことごとく防いでみせた。最後の天童のシュートもキャッチは成功したがそのままゴールに押し込まれた。

◎ その他

◇ 小畑 栄作 (おばた えいさく) : 声 - 山下啓介 : デコの父親でスポーツ用品店を経営する。禿げ頭が特徴。ユニフォームやボールなど用具の支給、対戦チームのデータ収拾、飲食物の差し入れなどでチームに協力し、合宿や対外試合にも応援に駆けつける。自身もサッカー経験者で初登場時にはデコをセンターフォワードに起用するように懇願するも本郷に断られたため、チームを退団させようとした。
◇ 広沢 (ひろさわ) : 北原小学校野球部キャプテン。当初はキッカーズに批判的な態度を取っていたが、南陽SC戦での直向きな姿に感銘を受けて、練習場所を譲ったり野球部総出で練習相手を申し出るなど好意的な立場を採る。
◇ カルロス : ブラジルチームのエース。激しい接触プレーと個人技を持ち味としている。ブラジルチームは個人プレーを信条としており、チームプレーを信条とするキッカーズと対比して描かれた。2巻から3巻に登場。
◇ 風間 竜一 (かざま りゅういち) : 学校の計らいでキッカーズのコーチになった人物。「鬼コーチ」の異名を持ち、スパルタ指導や他の部活動から選手を勧誘するなどの荒療治でキッカーズを鍛え直そうとするが、乱暴な態度を採った他チームの選手に「サッカーは紳士のスポーツだ」と一喝し制裁を振るったことが問題となりチームを去った。5巻に登場。
◇ 沖田(おきた) : 前年度の全少地区予選3位の白鳳イレブンのキャプテン。ポジションはフォワード。白鳳は沖田と九鬼とのツートップを前線に残しゴール前に鉄壁の守備を敷くチームだが、地区予選1回戦でのキッカーズと対戦時にはFWの原兄弟と長身DFの浜本と大高を入れ替えるという対策 誤解を生み、女子サッカー部「北原ギャルズ」を結成して対戦した。7巻に登場。
◇ 中島 大海 (なかじま たいかい) : 声 - 田中真弓 : 全少地区予選2回戦でキッカーズと対戦した由良崎SCのキャプテン。漁師の息子。由良崎SCは漁と浜辺での特訓で足腰を鍛えるチーム。8巻に登場。
◇ 用務員 : 北原小の用務員を務める老人。地区予選3回戦を控えたキッカーズから、ボールを大切にする気持ちと、それをキープし操る技術が消えかけていることを巧みなリフティング技術によるボールの奪い合いで教えてくれた。翔にバナナシュートの蹴り方を教えたのも彼である。
◇ 西村陽太(にしむら ようた) : 地区予選3回戦の相手、西郷SSの司令塔を務めるMF。西郷は相手の反則を誘い審判の誤審を狙うプレーと、選手たちの連携による全員サッカーが武器。10巻に登場。
◇ 花形 (はながた) : 全国から優秀な生徒を集めるエリート学校「弓が浜学園」のキャプテンであり、ポジションはゴールキーパー。コンピュータを駆使して相手の動きを分析したデータを基に、各選手に綿密なコーチング(指示)を行う。8巻から9巻に登場。
◇ 兵藤 俊 (ひょうどう しゅん) : 声 - 菊池英博 : 小学6年生。一匹狼的な性格で、他チームの試合に助っ人として加わり報酬を得ていることから「汚れたストライカー」と呼ばれている。北原小学校に転校後は、自ら「ジャッカルズ」というチームを結成してキッカーズに勝負を挑んだ。9巻から10巻に登場。アニメ番外編「ひとりぼっちのエースストライカー」に登場。
◇ 石井 健介 (いしい けんすけ) : キッカーズの健太の親戚で清心学園SCの選手。健太を挑発し「負けた方がサッカーを辞める」条件でリフティング対決を挑んだ。11巻に登場。
◇ 山辺 (やまべ) : 清水が丘FCの正ゴールキーパー。6年生。清水が丘FC4年生チームとキッカーズの試合に前半途中から出場した。完全に逆を突かれたシュートに反応するなど敏捷性は高く「おれがゴールを守る限り、そう簡単に得点を許さない」と意気込んだ。12巻から13巻に登場。
◇ 北条 (ほうじょう) : 清水が丘FCのエースストライカー。6年生。当初は清水が丘FC4年生チームとキッカーズの試合に懐疑的だったが、後半途中に自ら試合出場を申し出た。試合後には相対した本郷の実力を高く評価した。12巻から13巻に登場。
◇ マイク : 青風クラブに所属するイギリスからの留学生で、ポジションはゴールキーパー。青風クラブはローラースケートを履いて練習する異色のチーム。15巻に登場。
◇ 海城 真作(かいじょう しんさく) : 最上イーグルスの選手。ポジションはフォワード。6年生。陸上競技短距離出身の俊足ストライカー。キッカーズの金時とはチームメイトだったが、彼の選手としての成長と、自分ではなく彼へと向けられたチームメイトたちの称賛の声を快く思わず、理不尽な練習を課し「ヒーローはチームに二人は必要ない」と圧力をかけ退団に追い込んだ。最上とキッカーズは練習試合と大会地区予選とでそれぞれ対戦しており、練習試合では結成間もなく足並み揃わない新生キッカーズを相手に(後半追い上げられつつも)勝利を収めたが、地区予選ではすっかり成長し勢いに乗ったキッカーズを相手に、手も足も出せず敗北している。16巻、20巻に登場。
◇ 大島 仙一(おおしま せんいち) : 全国大会優勝を目指して結成された選抜チーム「東海FC」の監督。かつて無名のチームを鍛え上げて全国優勝に導いた実績がある。翔も選抜メンバーに選ばれたがキッカーズでのプレーを優先したため辞退。これをきっかけに大島は指導者の存在しないキッカーズに苦言を呈し、練習試合の相手に指名した。16巻から17巻に登場。
◇ 浜野 一角 (はまの いっかく) : 竜王島FCのキャプテン。最初の対戦時にキッカーズに大勝したことから「サッカーをなめている」と再戦の申し込みを断っていたが、翔たちの熱心さを見て考えを改める。17巻から18巻に登場。
◇ 忠太郎 (ちゅうたろう) : 宮下SSのキャプテンで巨漢キーパー。元々はケンカばかりの不良だったが学校側の命令でサッカー部を作らされた。練習試合ではラフなプレーで翔を負傷させ、キッカーズのサッカーボールを根こそぎ取り上げてしまった。 : この話は単行本未収録で、コロコロコミックでの掲載順としては最上イーグルスとの練習試合と2度目の大会地区予選の間に位置する全3回のシリーズであったが、後述の完全版では2度目の地区予選決勝の後(第6巻)に収録されている。
◇ 黒岩 将吾 (くろいわ しょうご) : 北原小の番長。忠太郎からキッカーズの敗戦を聞かされて逆上し、選手たちに対して過剰な活入れを行うが、逆にキッカーズの根性を見せつけられる結果となり、以降は協力的になる。

● 用語

◇ 北原キッカーズ : 主人公の大地翔が所属する北原小学校の単独チーム(学校のクラブ活動とは別のクラブチーム)。公式・非公式戦問わず、毎試合二桁失点で負け続けるという未勝利の弱小チームで、その弱さは他のチームからは練習試合を敬遠されるほどに並外れていた(試合を申し込んだだけで怒り出すチームもあった)。同じ北原小の生徒たちからも学校の恥として扱われる、通称「おんぼろキッカーズ」だったが、翔の入部により努力とチームワークに目覚め、強豪チームとの練習試合を乗り越えながらその実力を着実に伸ばしていった。 : 全日本少年サッカー大会の地区予選では、初戦で強豪の白鳳イレブン、続く二回戦で由良崎SCに勝利して勢いに乗り、決勝戦進出を果たす。本郷らの卒業後も前年度のメンバーが数多く残っており、金時、栗田らを含めた新入部員によって控え層も充実。地区予選では2年連続の決勝進出を果たした。 : キッカーズと南陽、西山はライバル的な関係となっており、作中でも公式、非公式戦合わせてそれぞれが2試合づつ激突している。
◇ 和泉FC : 翔がキッカーズ入団のために訪れたとき、キッカーズと試合をしていたチーム。21対0でキッカーズを降している。
◇ 南陽SC : 南陽小学校の単独チームで、前年度の全日本少年サッカー大会ベスト4の強豪チーム。全国屈指のGK上杉やトライアングル・フォーメーションと呼ばれる連携プレーを持ち味とする南陽三羽ガラスを擁してキッカーズの好敵手となった。翔が4年時のキッカーズを相手に練習試合と地区予選決勝でそれぞれ激突。これを下して全国大会へ出場し2年連続でベスト4に進出したが長崎県の多井良に敗退。上杉達が卒業した翌年は地区予選準決勝で水島亮の率いる西山SSSに大敗した。SCはサッカークラブの略。 :
◇トライアングル・フォーメーション :: 原作ではワンタッチの素早いパス交換によりゴールへ迫るプレーとして描かれている。トライアングル状にパスを回しパススピードも素早いため3人のうち誰がシュートするのか反応することが難しい。翔が4年時のキッカーズとは練習試合を行って引き分け、同年の地区予選では1回戦で南陽SCの前に敗退している。翔が5年時の地区予選では水島雄が卒業した後に弟の亮が復帰、元清水が丘FCの真行寺も加わり、南陽を破って2大会ぶりに決勝戦へと進出、キッカーズと激突した。
◇ 清水が丘FC : 前年度の全日本少年サッカー大会優勝チームであり翔が以前に所属していたチーム。清水が丘FC4年生チームとキッカーズとの間で練習試合を行ったが、思わぬ苦戦に清水が丘は一軍メンバーの山辺や北条をはじめとしたレギュラーを投入しベストメンバーでキッカーズに挑んだ。FCはフットボールクラブの略。
◇ 帝和FC : 天童と高見沢が所属する帝和小学校の単独チーム。翔が5年時の地区予選前は全く話題にならなかったため、大会のアナウンサー兼進行係にも不思議がられていたが、小学生では相手にならないため、中学生チームとばかり練習試合をこなしていたためであった。その対中学生チームとの練習試合の成績は28戦全勝という圧倒的なもので、大会前の天童と高見沢のデモンストレーションの効果もありいきなり優勝候補と目された。帝和の読み方は「ていと」であり、「ていわ」ではない。
◇ 全日本少年サッカー大会 : キッカーズの面々が出場を目指していた小学生年代(第4種)の全国大会。連載当時はよみうりランドのサッカー場が会場となり11人制の大会として実施されていた。47都道府県の代表に前回優勝チームを出した都道府県の1チームを加えた48チームで争われる。なお、この大会は2011年度から8人制の大会へ移行している。

● 派生作品

◇ 特別編 : キッカーズ創設から翔が入部する第1話冒頭までを描いた読み切り編。アニメ化に合わせる形で『別冊コロコロコミック』に掲載されたが単行本には未収録。 : 最初期のメンバーは呼びかけ人でキャプテンの本郷、デコ、学、哲也、信介、直人、太一の7人で、健太、原兄弟、守の4人は本郷にスカウトされる形で後から入団している。 : 連敗続きを原因とした仲間割れで一度は崩壊しかけたキッカーズだが、メンバーたちは本郷の闘志から、本郷は偶然出会った名も知らぬサッカー少年=翔の頑張りから、最後まで諦めない心を学んで再び立ち上がり、次の試合(本編と同じ和泉小(いずみしょう)との練習試合)へと挑んでいった。 : この試合終了後に翔が合流し第1話へと繋がるのだが、本郷も含めたキッカーズの選手全員がサッカーへの情熱をほぼ完全に失っていた第1話に対して、読み切りでは試合に負けた後でも選手たちの闘志はまだまだ失われてはおらず、その意味では本編と若干食い違う流れになっている。
◇ 熱闘編 / 涙の友情編 : 2006年12月、株式会社G.B.から「G.B.ベストコミックス」として対南陽SC戦を完全収録した「熱闘編」と、対西山SSS戦を完全収録した「涙の友情編」が出版された際、中学生編が新たに書き下ろされた、全日本少年サッカー大会地区予選の南陽SC対西山SSS戦で「生きること」をテーマにしたエピソードを掲載したところ読者の大きな反響を呼んだという。一方で播戸の後輩にあたり8歳年下の安田は「バンさん、俺は逆にそれ知らんねん」と発言している。放送時間帯は水曜19:30 - 20:00。

◎ 制作の経緯
前述のように、全日本少年サッカー大会の10周年記念作品という位置付けである。 アニメ化に際しては、1960年代に日本テレビ系で放送された『これが青春だ』に代表される青春ドラマの古典的な演出法が採り入れられた。それぞれの選手にスポットを当てた話も作られた。また水島兄弟が亮が兄で雄が弟という原作とは逆の設定になっている。 アニメ放送開始時の原作は最初の地区予選が佳境に入っていた頃であり、アニメ版も原作にほぼ追いつく形の南陽戦の敗北で締め括られた。 アニメ版を制作したぴえろ(当時の名称はスタジオぴえろ)の公式サイトでは、視聴対象である子供たちが共感できるように配慮した個々のキャラクターの生活風景まで描きこんだドラマ性と、選手の動作を細部まで丁寧に描写したリアルな試合シーンが作品の魅力としている。 1987年3月限りで放送終了となったが、特番の関係で放送されなかった第15話は同年8月26日にスペシャル枠で、打ち切りのために未発表となっていた3話分のエピソードは1988年1月5日に『がんばれキッカーズスペシャル ひとりぼっちのエースストライカー』として放送された。

◎ スタッフ

・ 製作:布川ゆうじ
・ プロデューサー:明峯治彦、岡田圀孝、松本堯一
・ 総監督:鴫野彰
・ シリーズ構成:富田祐弘
・ キャラクターデザイン:大坂竹志
・ 美術監督:三浦智
・ 美術設定:佐藤正治
・ 撮影監督:金子仁
・ 音響監督:浅梨なおこ
・ 音楽:入江純
・ 背景:デザインオフィスメカマン
・ 撮影:東京アニメーションフィルム
・ 編集:坂本雅紀
・ 録音制作:オムニバスプロモーション
・ 音響効果:佐藤一俊
・ 調整:桑原邦男
・ 録音スタジオ:ニュージャパンスタジオ
・ 現像:東京現像所
・ 制作:I&S、スタジオぴえろ

◎ 主題歌

・オープニングテーマ - 「君は流れ星」
・エンディングテーマ - 「銀河の少年」 :2曲とも、歌 - 西村知美 / 作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 中崎英也 / 編曲 - 武部聡志 :上記2曲を収録したシングルレコードは、東芝EMIより発売された。

◎ 各話リスト

話数放送日サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
 1  1986年
10月15日  はらァーほんとにこれがサッカー部?   富田祐弘    鴫野彰   大坂竹志
 2  10月22日  グズの太一がオンボロチームを救った    岩田六
 3  10月29日  デコ、サッカーなんてやめてしまえ    森川滋
 4  11月5日  あの上杉と対決だ南陽戦キックオフ   金子裕  森脇真琴  玉野陽美
 5  11月12日  あきらめないぞ絶対1点とってやる    新林実
 6  11月19日  そんなバカなキャプテンはエッチだ?  富田祐弘  鴫野彰  横田和  中山勝一
 7  11月26日  とどけ空に舞う友情のサッカーボール  静谷伊佐夫    森川滋   大坂竹志
 8  12月3日  はらァー、健太君の幻のスーパーシュート  四十物光男    玉野陽美
 9  12月10日  大ピンチボールのけれないキッカーズ  富田祐弘  金子隆悠季  新林実  林隆文
 10  12月17日  えっ健太とデコ退場ラフプレーに苦戦  四十物光男    岩田六   大坂竹志
 11  1987年
1月7日  結婚反対?守くんがうけたヘンな挑戦状  金子裕    横田和
 12  1月14日  学も明菜も優勝だキッカーズが応援団  富田祐弘  鴫野彰  森川滋
 13  1月21日  コンピューターサッカーをぶっとばせ  四十物光男    新林実  下田正美
 14  1月28日  バカにするな倍速シュートを決めろ  静谷伊佐夫  森川滋  岩田六  大坂竹志
 15  8月26日  ひとりぼっちのエースストライカー  四十物光男
富田祐弘
金子裕     岩田六
横田和
鴫野彰  大坂竹志
進藤満尾



◎ 放送局
※放送系列は放送当時、放送日時は個別に出典が掲示されている局を除き1987年2月中旬 - 3月上旬時点のものとする。
 関東広域圏  日本テレビ   水曜 19:30 - 20:00   日本テレビ系列  制作局
 北海道  札幌テレビ  
 青森県  青森放送  日本テレビ系列
テレビ朝日系列  
 岩手県  テレビ岩手   日本テレビ系列  
 宮城県  ミヤギテレビ  
 秋田県  秋田放送  
 山形県  山形放送  日本テレビ系列
テレビ朝日系列  
 福島県  福島中央テレビ   日本テレビ系列  
 山梨県  山梨放送  
 新潟県  テレビ新潟  
 静岡県  静岡第一テレビ   日本テレビ系列  
 富山県  北日本放送  
 福井県  福井放送  
 中京広域圏  中京テレビ  
 広域放送 近畿広域圏  読売テレビ  
 鳥取県・島根県  日本海テレビ  
 広島県  広島テレビ  
 山口県  山口放送  日本テレビ系列
テレビ朝日系列  
 徳島県  四国放送   日本テレビ系列  
  香川県・岡山県  西日本放送  
 愛媛県  南海放送  
 高知県  高知放送  
 福岡県  福岡放送  
 長崎県  テレビ長崎  フジテレビ系列
日本テレビ系列  
 熊本県  熊本県民テレビ  日本テレビ系列  
 鹿児島県  鹿児島テレビ  フジテレビ系列
日本テレビ系列    日本テレビ系列
テレビ朝日系列  
 大分県  テレビ大分  金曜 16:00 - 16:30   フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列  
 宮崎県  テレビ宮崎  月曜 - 木曜 16:00 - 16:30  
 沖縄県  琉球放送  木曜 17:25 - 17:55  TBS系列  

「がんばれ!キッカーズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年8月9日4時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きなサッカー漫画は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きなサッカー漫画は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きなサッカー漫画は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きなサッカー漫画は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きなサッカー漫画は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

嫌いなサッカー漫画は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

サッカー漫画の無作為ピックアップ

好きなサッカー漫画は どっち?

投票するとサッカー漫画ランキングが閲覧できます!


VS

好きなサッカー漫画を お選びください。

現在 35回の投票があります!

嫌いなサッカー漫画は どっち?

投票するとサッカー漫画ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いなサッカー漫画を お選びください。

現在 17回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター