好きな景勝地
ランキング21位
獲得票なし
嫌いな景勝地
ランキング4位
獲得票なし
北アルプス


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

飛驒山脈(ひださんみゃく)は、富山県、新潟県、岐阜県、長野県に跨って連なる山脈である。通称では北アルプスの呼称で呼ばれている。木曽山脈(中央アルプス)、赤石山脈(南アルプス)と共に日本アルプスと呼ばれることもある。 山脈の主要部分は、中部山岳国立公園に指定されている。山脈の最高峰は、標高3,190mの奥穂高岳で、富士山と北岳に次いで日本で3番目に高い山である。

● 概要
飛驒山脈は、長野県、新潟県、富山県、岐阜県の4県に広がり、最高峰の奥穂高岳(標高3,190m)を筆頭に3000メートル級の山々が連なる山脈である。新生代第四紀に始まった隆起活動は火山のマグマ活動を伴って現在まで続いている。しかし、2012年4月、立山・剱岳の3つの多年性雪渓が氷河と認められ、その後もいくつかの多年性雪渓が氷河として認められている。大正初期には信濃鉄道の開通・延伸に伴い、夏山登山者が急増し、いわゆる大正登山ブームが起きた。昭和になり日中戦争・太平洋戦争期には登山者の姿は少なくなり、旅館の廃業や山小屋の荒廃などもあったが、終戦により登山者が戻りだし山小屋の再整備などが行われた。 鮮新世における現在の飛驒山脈は日本海に突き出た本州の半島で、標高はそれほど高くなかった。この半島はジュラ紀の付加体や花崗岩などから構成される。 第一段階の270万年前~150万年前にかけて、当時伸長~中間応力場であった現在の飛驒山脈付近の地下に大規模な珪長質マグマ溜まりが形成された。このマグマ溜まりの浮力によりアイソスタティックに隆起し、標高1000m程度の高地を形成した。また、この火成活動に関連してカルデラ形成を伴う火砕流堆積物及び広域テフラが形成されており、総量にして約1300 km DREのマグマが火山噴火として噴出した。代表的なイベントとして約225万年前の谷口火砕流、約175万年前の丹生川火砕流,恵比寿峠火砕流、約165万年前の大峰火砕流などがある。 第一段階終了後、地殻変動の穏やかな期間を挟んで、約130万年前から第二段階の急激な隆起が開始した。この第二段階の急激な隆起により、地下で固結した珪長質マグマの一部である約120万年前の滝谷花崗閃緑岩、約80万年前の黒部川花崗岩などが地表に露出している。これらの花崗岩の年代は世界で最も新しい。また、第一段階で形成されたカルデラが座屈変形により東側に傾動し、カルデラ西側の構造が浸食により失われている。 飛驒山脈は南北方向の開析や、崩壊地形が発達している。これは、隆起速度が速いため浸食されやすいこと、花崗岩が断層運動により破砕し真砂化して崩れやすくなっていること、60万年前以降の氷期に氷食作用を反復して受けたなどが原因とされている。

● 植生
飛驒山脈は、赤石山脈に比べて浸食が進んでおり、急峻(きゅうしゅん)な山容の山が多い。そのことは、岩盤が露出して土壌の発達が悪く、植物相が貧弱であるということも意味する。ただし、白馬岳周辺・三俣蓮華岳・北ノ俣岳・双六岳・蝶ヶ岳など比較的なだらかな山容の山では、非常に規模の大きな高山植物の花畑が見られる。特に、積雪量の違いから、赤石山脈には乏しい湿性の花畑が飛驒山脈では豊富である。 南部と北部では積雪量に相当の差があり、比較的雪の少ない南部では亜高山帯針葉樹林がよく発達しているが、日本海に近い北部の白馬岳付近は大量の降雪のため、亜高山帯針葉樹林は貧弱である。代わりに、低木化したミズナラ(ミヤマナラ)やダケカンバなどの偽高山帯と呼ばれる植生が見られる。森林限界は、南部では2,400-2,500m程度だが、北部では積雪のため森林限界が大幅に下がっている地域もある。その森林限界では、ハイマツが見られる。
       
シナノキンバイ
の群生地(笠ヶ岳) コマクサ(燕岳) ハイマツ ミズナラ


● 主な山岳

  align=center 
 飛騨山脈の地形図。
※表示環境によっては文字がずれることがあります。


◎ 主稜線

・蓮華岳 - 北葛岳 - 船窪岳 - 不動岳 - 南沢岳 - 烏帽子岳
・三ツ岳 - 野口五郎岳 - 真砂岳 - ワリモ岳 - 鷲羽岳 (日本百名山)
・三俣蓮華岳 - 丸山 - 双六岳 - 樅沢岳 - 槍ヶ岳 (日本百名山)
・大喰岳 - 中岳 - 南岳-大キレット
・穂高連峰 - 最高峰(奥穂高岳) (日本百名山) - ジャンダルム - 間ノ岳
・焼岳 (日本百名山)
・アカンダナ山
・乗鞍岳 (日本百名山)
・硫黄岳 (硫黄尾根)

◎ 立山連峰

・僧ヶ岳 - 毛勝山 - 剱岳 (日本百名山)
・大日岳 - 奥大日岳 - 別山
・雄山 (日本三名山) - 浄土山 - 五色ヶ原
・薬師岳 (日本百名山) - 北ノ俣岳 - 黒部五郎岳 (日本百名山)

◎ 後立山連峰

・親不知 - 白鳥山 - 犬ヶ岳 - 朝日岳 - 雪倉岳 - 鉢ヶ岳
・白馬乗鞍岳 - 小蓮華山
・白馬岳 (日本百名山) - 杓子岳 - 鑓ヶ岳
・唐松岳 - 白岳 - 五竜岳 (日本百名山) - 鹿島槍ヶ岳 (日本百名山)
・爺ヶ岳 - 鳴沢岳 - 赤沢岳 - スバリ岳 - 針ノ木岳 - 針ノ木峠
・初雪山

◎ 黒部川源流部

・赤牛岳- 水晶岳 (日本百名山) - 祖父岳 - 雲ノ平

◎ 常念山脈

・唐沢岳 - 餓鬼岳 - 有明山
・燕岳 - 大天井岳 - 東天井岳 - 横通岳 - 常念岳 (日本百名山)
・蝶ヶ岳 - 大滝山 - 六百山 - 霞沢岳

◎ 岐阜県側

・弓折岳 - 抜戸岳 - 笠ヶ岳 (日本百名山) - 錫杖岳
・奥丸山
・寺地山 乗鞍岳から南への延長線上にある御嶽山までを含める説もあるが、一般には御嶽山は含めない。 国土地理院の日本の主な山岳標高の一覧では、鎌ヶ峰までが「飛驒山脈南部」とされ、御嶽山は「御嶽山とその周辺」と記されている。(御嶽山系)

● 飛驒山脈の風景

「飛騨山脈」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月23日3時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな景勝地は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな景勝地は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな景勝地は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな景勝地は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな景勝地は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

景勝地の無作為ピックアップ

好きな景勝地は どっち?

投票すると景勝地ランキングが閲覧できます!


VS

好きな景勝地を お選びください。

現在 26回の投票があります!

嫌いな景勝地は どっち?

投票すると景勝地ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

現在 5回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター