好きな景勝地
ランキング21位
獲得票なし
嫌いな景勝地
ランキング4位
獲得票なし
猪苗代湖


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

猪苗代湖(いなわしろこ)は、日本の福島県会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる断層湖。阿賀野川水系所属の一級河川の指定を受けており、福島県のシンボルの一つとされる。湖水が澄んでいることから天鏡湖(てんきょうこ)とも呼ばれる。

● 地理
福島県のほぼ中央に位置する。面積は琵琶湖、霞ケ浦、サロマ湖に次いで日本第4位(「日本の湖沼の面積順の一覧」参照)で、福島県最大。また、湖面の標高514mは、全国でも有数の標高の高い湖であり、磐梯朝日国立公園に属する。 湖面は長く市町境界が未定であったが、境界を画定することで地方交付税を増やすべく、「等距離線主義」で1999年(平成11年)10月に境界線が引かれた。これにより湖面は47%が猪苗代町に、28%が会津若松市に、25%が郡山市に属することとなった。

● 水質
2020年代初頭、湖水の水素イオン指数(pH)は6.8と、中性(pH7)に近くなっており、強い酸性だった30年前(pH5程度)から水質が大きく変化している。猪苗代湖の湖水がかつて強い酸性を示していた要因としては、強酸性の地下水や強酸性の源泉による強酸性の水質が特徴の酸川(すかわ)の水が長瀬川を通じて流入するためである。酸性は、特に河川流入部で顕著であった。これによりプランクトンが少ないため、水中の有機物の量を示すCODは0.5mg/L(2004年時点)と日本で最も少ない湖であり、4年連続で湖沼の中で水質日本一になっている。 福島県環境創造センターによると、流入河川の水に含まれる硫酸の量が減っており、安達太良山の火山活動との関連が考えられるが、詳しい原因は不明であるを制定した。

● 湖の形成
第四紀以降、東側の川桁断層により盆地の形成が始まり。その後、南方からの火砕流による西側山地の発達を経て、磐梯山による9万年前頃の翁島火砕流堆積物と4万2千年前頃の頭無火砕流堆積物によって、盆地排水部がせき止められ、湖盆地形が形成され。 山﨑新太郎博士(当時北見工業大学)らの調査によると、約2万年前に湖底で巨大な地すべりが起きた痕跡があり、津波が起きた可能性が高いという。

● 自然
気候は日本海型気候に属する。 湖水の酸性が強かった頃は水生生物の数が少なかったが、コイ、フナ、ウグイ、ウナギなどの放流と漁獲がある、湖南港があり、主に観光港として機能している。

◎ 湖水を利用した発電所
第二次世界大戦前と戦後まもなく、日本の電力需要のほとんどは水力発電で賄われており、猪苗代湖の湖水を利用した発電所群で生み出される電力は、長らく関東地方の経済、産業の基盤を支えた。満水時の発電量は、関東地方全域はもちろんのこと(実際に行われたかは別として)九州地方にまで送電できるとされ「電気の湖」と呼ばれた。1951年秋に渇水となった際には関東地方が輪番停電、緊急停電に追い込まれたため、猪苗代湖の水位は注目の的となり、わずかな降水量でも新聞記事になった。
・日橋川水系
 ・猪苗代第一発電所 - 1914年完成。完成当時世界第3位、東洋一の出力を誇った。2016年に日本遺産に指定。
 ・猪苗代第二発電所
 ・猪苗代第三発電所
 ・猪苗代第四発電所
 ・日橋川発電所
 ・金川発電所
・戸ノ口堰水系
 ・戸ノ口堰第一発電所
 ・戸ノ口堰第二発電所
 ・戸ノ口堰第三発電所
・安積疏水

◎ 河川法による規制
福島県の条例に基づき遊泳区域で航行した場合のみ罰則の対象となっていたが、2020年(令和2年)9月にプレジャーボートに巻き込まれて遊泳客3人が死傷する事故が発生した。

● 観光
猪苗代湖は、福島県を代表する観光スポットである。日本百景に選定されており、キャンプなど、年間を通して親戚、家族連れなどの観光客が多い。白鳥の飛来地としても知られており、長浜を発着する遊覧船も運行されている。しかし、同社は2020年7月に新型コロナウイルス感染拡大の影響で破産。2隻は廃船になる予定だったが、2021年6月に地元有志で設立された新会社の猪苗代観光船(猪苗代町)に譲渡された、翁島めぐりコース(約35分)に就航している。一方、観光船の「かめ丸」の運航再開は2022年7月26日となり、予約制の船上レストランとして運航されている。 湖北岸には天鏡閣(重要文化財)、野口英世記念館などがある。

● 交通

・ 磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICから国道49号を経由 約6km
・ 東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線猪苗代駅(猪苗代湖畔駅は営業休止中)

● 参考文献


・ 会津若松市史研究会『会津若松市史13 自然編3 地誌 会津の大地』会津若松市、2004年
・「角川日本地名大辞典」編纂委員会(編)『角川日本地名大辞典7 福島県』角川書店、1981年
・ 平凡社地方資料センター(編)『日本歴史地名大系7 福島県の地名』平凡社、1993年
・ 渡辺光、中野尊正、山口恵一郎、武正英(編)『日本地名大辞典6 東北』朝倉書店、1967年

「猪苗代湖」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年2月22日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな景勝地は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな景勝地は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな景勝地は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな景勝地は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな景勝地は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな景勝地を お選びください。

嫌いな景勝地は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

景勝地の無作為ピックアップ

好きな景勝地は どっち?

投票すると景勝地ランキングが閲覧できます!


VS

好きな景勝地を お選びください。

現在 26回の投票があります!

嫌いな景勝地は どっち?

投票すると景勝地ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな景勝地を お選びください。

現在 5回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター