好きなカードゲーム
ランキング16位
獲得票なし
嫌いなカードゲーム
ランキング4位
獲得票なし
ライブバトルカード ライブオン


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

『ライブバトルカード ライブオン』は、2008年よりポプラ社から発売されていたトレーディングカードゲームである。

● 概要
モンスターカードとワザカードなどで41枚(または21枚)のデッキを組み対戦を行う。カードのドロー、相手モンスターの攻撃やワザカードの効果によってデッキからカードが減っていき、先に相手のデッキを0枚(ライブオーバー)にした時点で勝ちとなる。 児童向け漫画雑誌『月刊コミックブンブン』を基幹に、漫画・アニメとメディアミックス展開を行った。『コミックブンブン』廃刊後の2010年1月より、タイトルを『ライブオンXZ(- クロスゾーン)』に改めたが同年1月30日にブースターパック第1弾を発売したのを最後に展開がない。 公認大会も開催されており、体験会参加や大会優勝者などに配布される非売品のカードも存在する。 2009年8月20日にアクワイアから本作を題材としたニンテンドーDS用ゲームソフト『ライブオンDS』が発売された。

● ルール詳細


◎ フィールド
互いのフィールドは、それぞれ前列のAライン(アタックライン)と後列のBライン(バックライン)に分かれる。Aラインはモンスター同士で戦闘を行う場となり、Bラインはモンスターのライブ(召喚)、およびトルク(各種カードの効果を発動するためのコスト)発生の場となる。各ラインに置けるカードはそれぞれ5枚(合計10枚)までで、それを越える枚数のカードが存在する状況になった場合は、余剰分を捨て札としなければならない。 この他に、捨て札を置く「捨て山」、デッキ置き場などが別途つくられる。

◎ デッキ構築のルール
同名カードは4枚まで。デッキ枚数は40枚、最初にBラインに置くカードライバーカードも含めて41枚のデッキで構築する。カードライバーカードは最低1枚は入っていることが原則。デッキの枚数は直接ライフになるので、その枚数より過不足がないようにする。大会によっては例外有り。

◎ カードの種類

◇ カードライバーカード : モンスターをライブする存在を示すカード。デッキに最低1枚は必要であり、ゲーム開始時にも場に出ていなければならない。
◇ モンスターカード : プレイヤー(カードライバー)によって召喚(ライブ)され、バトルを行うカード。 : モンスターごとにパワーが存在し、また中には様々な効果を発揮するものがいる。
◇ ワザカード : 手札から発動(ライブ)し、様々な効果をもたらすカード。使い捨てであり、使用後は捨て山に置かれる。
◇ ライブチェンジカード : カードライバーカードに重ねることで、モンスターとしても扱えるようになるカード。 : カードライバーごとに、対応するライブチェンジモンスターは決められている。また、ライブチェンジはBライン上でしか行えない。 :
◇ クロスチェンジカード :: ライブチェンジしたモンスターに重ねて更に強化するカード。 :: ライブチェンジの一種として扱われ、Bライン上でしか行えず、強化できるライブチェンジモンスターは決められている。 これ以外にもカードは色によって、赤は「大地系」、青は「大海系」、白は「大空系」、黒は「大冥界系」という系統に分類される。

◎ ゲームの流れ

○ 開始まで

・ デッキからカードライバーカードを1枚抜き出し、フィールドのBライン上に伏せて置く。
・ デッキをシャッフルした後にじゃんけんなどで先攻・後攻を決定し、最初の手札をデッキの上から6枚引く(ドロー)。引いたカードが気に入らない場合は一度だけデッキに戻し、シャッフルして引き直してもよい(マリガン)。
・ 互いに伏せていたカードライバーカードを表にし、ゲームを開始する。この時、お互いに「ライブオン」と大きな声で言うことが公式ルールで定められている。 以下、先攻・後攻で交互に下記の手順(ターン)を、どちらかのデッキがなくなるまで繰り返す。
○ ターンの流れ

◇ カード表示の修正 : ターン開始時、横向き(ダウン状態)になっているカードがあった場合、すべて縦向き(スタンド状態)にする。
◇ ドロー : ターンの開始時にデッキの上から1枚引き、手札に加える。なお、先攻は最初の第一ターンのみ行わず、次の自分のターンからドローを行う。これ以降の行動は任意。
◇ モンスターの移動 : モンスターがフィールドに存在する場合、A・Bライン間を移動させることができる。ただし、既に5枚のカードで埋まっているラインへは移動できない。
◇ モンスターのライブ、もしくはカードライバーのライブチェンジ : 手札のモンスターカードをBラインに出す(ライブする)。もしくはBラインにいるカードライバーをライブチェンジさせる。 : 一度にライブできるモンスターは2体まで。ライブする時、カード名の先頭に★がついている同名のカードは自分のフィールドに1枚までしか存在できない。(★を持つ同じ名前のカードが自分の場に2枚以上ある場合、そのカードの持ち主は1枚になるように捨てる)
◇ 相手モンスター、またはデッキへの攻撃 : Aラインにいるモンスターで相手Aライン上のモンスター、またはデッキに対し攻撃を行う。 : モンスター同士のバトルではパワーの高い方が勝ち、負けた方は捨て山に置かれる。その場合、勝った方はフィールドに残るが、バトルした相手モンスターのパワー分減退する。引き分けならば両方とも捨て山に置かれる。 : 相手Aライン上にモンスターがいない、いても迎撃をしなかった場合、相手のデッキへ直接攻撃を行うことで、一番上から1枚捨て山へ送ることができる(バースト)。 : その時、バーストされたカードがリアクション効果を持っていた場合、その効果が発動する。

● 用語


◎ カード全般

◇ ライブ : 手札からモンスターカードやカードライバーカードを場に出す、もしくは手札からワザカードの効果を発動すること。
◇ トルク(発生トルク / 必要トルク) : カードをライブする際に必要となるコスト。大地系(赤)、大空系(白)、大海系(青)、大冥界系(黒)の4種類(4色)がある。 : トルクはカード左側のマークの数と色で表され、Bライン上に置かれた時にはそのマーク分のトルクを発生させ(発生トルク)、ライブする時には逆にそのマーク分のトルクが必要となる(必要トルク)。ただし、トルクの下に数字が書かれている場合、必要トルクは「発生トルク分 + その数字分(色の種類は問わない)のトルク」となる。色の種類を問わないことから、この上乗せされる必要トルクは「無色トルク」とも呼ばれる。 : 発生トルクはライブするカードすべてで共有するため、ライブする度に発生トルクが減少する(消費される)ということはない。 : また例外として、発生トルクが1のモンスターやカードライバーのみ、ライブ時の必要トルクは0となる。
◇ スタンド : モンスター、カードライバーのカードが縦向きの状態。相手との戦闘、効果の発動など、何らかの行動ができる状態で、行動後に横向き(ダウン状態)にする。
◇ ダウン : モンスター、カードライバーのカードが横向きの状態。一切の行動をすることができない。 : ダウン状態のカードは、自分のターン開始時に全てスタンド状態に戻る。
◇ ダウンマーク : 矢印の中に "D" と書かれたマーク。カードの効果の中で、スタンド状態からダウンさせることで発動するものについている。
◇ バースト : モンスターで相手のデッキへ攻撃し、捨て山に送ること。 : 送る枚数は攻撃したモンスターのパワーに関係なく基本的に1枚で、複数枚送れるかは特殊能力の有無による(バーストXを参照)。
◇ リアクション : デッキからカードがバーストされたその瞬間に発動する効果。デッキの最後の1枚だった場合は無効。

◎ モンスターの特殊能力

◇ ラッシュ : 通常、Bラインにライブしたモンスターは、次のターンからAラインへ進めるようになるが、この能力を持つモンスターはライブ直後にAラインへ進み、戦闘を行える。
◇ バーストX : 1回のバーストで、デッキのカードを2枚以上捨て山に送る能力。Xに入る数字は枚数を示す。
◇ 突破X : 相手モンスターを撃破した際に、デッキもバーストできる能力。Xに入る数字はバーストする枚数を示す。
◇ ディフェンダー : Aライン上にスタンド状態でいるとき、攻撃対象になった他のモンスターの身代わりに防御モンスターとなることができる。
◇ ステルス : 攻撃時、相手Aライン上のモンスターやそのディフェンダー能力を無視できる。
◇ 先制・攻撃 / 先制・防御 : 相手モンスターとバトルした時に、相手よりも先に攻撃(迎撃)を行うことで、相手のパワー以上であれば一方的に撃破してパワーを減退させずに場に残る能力(パワーが互角の場合でも同様)。撃破できなかった場合は、通常と同じように自分のパワーも減退する。 : 「~攻撃」は自分から攻撃した際、「~防御」は相手から攻撃された際に適用され、「~攻撃」「~防御」同士では普通のバトルになる。
◇ 再生 : モンスターに撃破されたとき、条件を満たせばその撃破を無効にし、ダメージを全て取り除く。
◇ パルトナ : 「ゴールドタイタン族」というモンスターをライブする際にフィールドに出ている必要があるモンスター。

● 特殊ルール

◇ ハーフデッキ : デッキの枚数を通常の半分の21枚にして行うバトル。デッキ枚数以外のルールの違いなどは特になし。
◇ タッグバトル : 互いに2対2のプレイヤー同士で行い、両者のデッキが無くなった方の負け。通常と比べ以下のルールの違いがある。 :
・ デッキの枚数は21枚、最初の手札は4枚となる。最初のターンは双方ともにドローはできず、捨て山は共有しない。 :
・ ライブされたモンスター及び、発生トルクは共有できるが、A・Bライン上に置けるカードは2人合わせて5枚まで。最初のターンにはラッシュ能力持ちのモンスターをライブしてもAラインに進めるだけで攻撃はできない。 :
・ 先攻、後攻には1番目と2番目(先攻の1番・2番、後攻の1番・2番)という制限がかかり、自分のモンスターの攻撃は同じ番号の相手にだけ有効。ワザカードの使用には制限がなく、好きなタイミングで使える。同じ番号の相手のデッキがライブオーバーしている時は違う相手を攻撃できる。 :
・ ターンは先攻の1番→後攻の1番→先攻の2番→後攻の2番、という流れになる。 :
・ ライブオーバーしたプレイヤーは手札を全て自分の捨て山に置き、残っている仲間のプレイヤーがそのターンを引き継ぐ(1ターン中に2回自分のターンを行う)。その時各ライン上にモンスターが存在している場合はそのまま使える。

● カード
日付は発売開始日。
・ スターターセット 2008年10月25日
・ ブースターパック第1弾 2008年10月25日
・ ブースターパック第2弾 種族の絆(しゅぞくのきずな) 2009年1月24日
・ ブースターパック第3弾 彩光の竜(さいこうのドラゴン) 2009年4月25日
・ ブースターパック第4弾 黄金の煌(おうごんのきらめき) 2009年7月25日
・ ブースター特別版 アニメスペシャル 2009年8月29日
・ ブースター特別版 アニメスペシャル2 2009年11月28日
・ ライブオンXZ ブースターパック第1弾 2010年1月30日
・ 構築済みデッキ 暁の双翼(あかつきのそうよく) 2009年6月27日
・ 構築済みデッキ 華麗なる輪舞(かれいなるロンド) 2009年5月23日
・ 構築済みデッキ 紅蓮の咆哮(ぐれんのほうこう) 2009年3月21日
・ 構築済みデッキ 冥界の呪縛(めいかいのじゅばく) 2009年2月21日
・ XZブースターパック第1弾 2010年1月30日

● 関連書籍

・ ライブオン 無敵カードガイド vol.1 2008年11月発売 ISBN 978-4-591-10573-3   ※vol.1とあるがvol.2以降は発売されていない。

「ライブバトルカード ライブオン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年5月22日20時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きなカードゲームは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きなカードゲームを お選びください。

嫌いなカードゲームは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いなカードゲームを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きなカードゲームは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きなカードゲームを お選びください。

嫌いなカードゲームは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いなカードゲームを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きなカードゲームは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きなカードゲームを お選びください。

嫌いなカードゲームは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いなカードゲームを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きなカードゲームは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きなカードゲームを お選びください。

嫌いなカードゲームは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いなカードゲームを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きなカードゲームは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きなカードゲームを お選びください。

嫌いなカードゲームは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いなカードゲームを お選びください。

カードゲームの無作為ピックアップ

好きなカードゲームは どっち?

投票するとカードゲームランキングが閲覧できます!


VS

好きなカードゲームを お選びください。

現在 17回の投票があります!

嫌いなカードゲームは どっち?

投票するとカードゲームランキングが閲覧できます!


VS

嫌いなカードゲームを お選びください。

現在 3回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター