好きな遊園地
ランキング6位
1票獲得
嫌いな遊園地
ランキング3位
獲得票なし
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(、通称:USJ)は、日本の大阪市にあるテーマパーク。米国NBCユニバーサル(コムキャスト)のテーマパーク部門ユニバーサル・パークス&リゾーツが展開し、世界に6つあるユニバーサル・スタジオ・テーマパークスの一つで、ユー・エス・ジェイが所有・運営している。2017年からNBCユニバーサルの完全子会社。その後は800万人程度で推移していたが、2011年度は開業10年で相次ぎイベントを仕掛けたこともあり、更なる好調基調に転じ、2011年度の来場者数は880万人に達した。2012年6月には、年間スタジオ・パス所有者70万人達成、2012年度は昨年度を上回り975万人で1,000万人に到達する勢いであった。2012年10月29日に開業時からの累計来場者数が1億人を突破した。2013年度は、2014年3月19日に開園史上2度目の1,000万人を達成し開業以来の1,000万人を上回る1,050万人を記録した。2012年3月にオープンしたファミリー向けのエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」や2017年4月にオープンした「ミニオン・パーク」が多くの家族連れを呼び込んでいる。 近年では世界的に人気を誇るアニメやゲームとのコラボレーションや、イースター・サマー・ハロウィーン・クリスマスなどのシーズンイベントの開催など様々なエンターテインメントも積極的に導入。 2014年7月15日に、「ハリー・ポッター」シリーズをテーマとしたエリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をオープンした。また同年より開業以来初となる公式テーマソングとして、SMAPの「Amazing Discovery」が起用された。そして、2015年2月20日には開業初年度の2001年度に記録したこれまでの年間最多来場者記録1,102万9,000人を年度終了まで39日を残して更新した。

◎ パーク登場映画・作品
パークに登場するキャラクターは、メイン・キャラクターのウッディー・ウッドペッカーの他、セサミストリートやピーナッツ、ハローキティなどが活躍している。開業10周年となった2011年にはセサミストリート™の新しいキャラクター、モッピーが登場した。2014年はウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターのオープンを機にハリーポッターが、2017年にはミニオンズ,2021年にはスーパー・ニンテンドー・ワールドのオープンを機にマリオが登場した。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは「ユニバーサル・ピクチャーズ」が配給している映画をテーマにしたアトラクションが多数導入されている。それ以外にも多数の映画や作品も登場している。また「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」のようにパークオリジナル作品も存在する。 「ユニバーサル・ピクチャーズ」配給の登場映画
・ シュレック(シュレック4-Dアドベンチャー)
・ SING/シング(シング・オン・ツアー)
・ ユニバーサル・モンスターズ(ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー)
・ ターミネーター2(ターミネーター 2:3-D)
・ 「怪盗グルー」シリーズ、ミニオンズ(ミニオン・パーク)
・ バックドラフト(バックドラフト)
・ 「ジュラシック・パーク」シリーズ(ジュラシック・パーク)
・ 「ジュラシック・ワールド」シリーズ(ザ・フライング・ダイナソー)
・ ウォーターワールド(ウォーターワールド)
・ ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ジョーズ2(ジョーズ)
・ ピーナッツ(ユニバーサル・ワンダーランド)
・ E.T.(グッズなどで登場中)
・ バック・トゥ・ザ・フューチャー(グッズなどで登場中) その他の映画や作品
・ セサミストリート(セサミストリート4-Dムービー・マジック、ユニバーサル・ワンダーランド)
・ おさるのジョージ(プレイング・ウィズ・おさるのジョージ)
・ スパイダーマン(アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド)
・ 「ハリー・ポッター」シリーズ(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ ハローキティ(ユニバーサル・ワンダーランド)
・ トランスフォーマー(ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード)

● 沿革


◎ 2000年代以前

・ 1980年代後半:ユニバーサル・パークス&リゾーツが日本進出を検討。千葉県君津市、北九州市の新日本製鐵(現:日本製鉄)の所有地が候補地として挙げられる。北九州市の候補地はスペースワールドとなる。
・ 1990年:堺市にある新日本製鐵の所有地が有力地となるが破談になる。同年、大阪市総合計画21を策定。大阪市が大正区への誘致を行うが決裂。次に、此花区桜島地区(移転予定の日立造船桜島工場とそれに隣接している住友金属工業(現:日本製鉄)製鋼所の敷地の一部)を提案。具体的な検討に入る。
・ 1994年
 ・ 1月:大阪市此花区での進出が正式に決定。
 ・ 12月27日:大阪市が第三セクターの大阪ユニバーサル企画株式会社を設立。基本計画の作成などの業務を開始。
・ 1996年
 ・ 2月:米国法人エムシーエー・インク(現:ユニバーサル・スタジオ・インク)との間にテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の企画、建設及び運営に関する基本契約を締結。
 ・ 3月13日:事業会社として第三セクターの株式会社 ユー・エス・ジェイ設立。大阪ユニバーサル企画株式会社は同社に移行。
・ 1997年
 ・ 4月:本店を大阪市住之江区に移転。
 ・ 9月:日立造船桜島工場が熊本県長洲町の有明工場に移転完了。
・ 1998年
 ・ 3月:米国法人ユニバーサル・スタジオ・インク他ユニバーサルグループ各社との間に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の企画、建設及び運営に関するライセンス契約(最終契約)を締結。
 ・ 10月28日:アーノルド・シュワルツェネッガーも出席して起工式を挙行。
・ 2001年3月31日:グランドオープン。
・ 2002年
 ・ 4月:スタジオインフォメーションボードが、LEDを使用した手動から電光掲示板に移行。
 ・ 4月27日 -:「ハリウッド・プレミア・パレード」導入(2004年8月31日終了)。
・ 2003年
 ・ 4月26日:「セサミストリート 4-D ムービーマジック」を導入。
 ・ 6月20日:「シュレック4-Dアドベンチャー」を導入。
・ 2004年
 ・ 1月23日:「アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」導入。
 ・ 7月31日:GLAYデビュー10周年記念イベント『GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN™ "THE FRUSTRATED"』を開催し1日で10万人を動員。
 ・ 9月8日:ユニバーサル・エクスプレス・パス無料配布終了。
・ 2005年
 ・ 米国のゴールドマンサックスが新株250億円中200億円を取得し、筆頭株主となる。
 ・ 3月19日:「スヌーピー・アクション・ステージ」オープン(2006年1月9日終了)。
 ・ 4月14日:「ハッピー・ハーモニー・セレブレーション」導入(2008年6月29日終了)。
・ 2006年
 ・ 4月20日:「ピーターパンのネバーランド」導入(2010年10月31日終了)。
 ・ 5月7日:「ウエスタン・エリア」クローズ。
 ・ 7月12日:「ランド・オブ・オズ」オープン(2011年2月15日クローズ)。「ウィケッド」(2011年1月10日終了)、「トト&フレンズ」導入。
 ・ 11月7日:入場者数が5,000万人を突破。
・ 2007年
 ・ マザーズに上場。
 ・ 春:「セサミストリートのビッグ・フェイス!」、「ハローキティ - 私の好きなもの」、「フォーエバー ~ザ・キング・オブ・ポップ~」、「ザ・ラフ・メイカーズ」導入。
 ・ 7月14日 - 8月31日:「ワンピース・アドベンチャー ラリー」導入。「ワンピース・プレミアショー 2010」開催。
 ・ 9月7日 - 11月3日:「ユニバーサル・ハロウィーン・カーニバル」開催。「パレード・デ・カーニバル」導入(2015年終了)。
 ・ 10月1日、8日、15日、22日、29日:「ハロウィーン・スペシャル・ナイト」開催。
 ・ 11月9日 - 2011年1月10日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。
・ 2011年
 ・ 3月3日 - 2012年1月9日:「ドリームズ・アー・ユニバーサル」導入。
 ・ 3月3日 - 2012年4月8日:「10周年大使」にベッキーが就任。
 ・ 3月31日:開業10周年。「ウォーター・サプライズ・パーティ」、「ワンピース・プレミア・ツアー」、「サンジの 海賊レストラン」導入。
 ・ 8月2日 - 9月30日:「モンスターハンター・ザ・リアル」導入。
 ・ 9月6日 - 11月3日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「ハロウ ィーン・ホラー・ナイト」導入。
 ・ 10月30日:「モッピーのラッキー・スポット」オープン(2018年10月16日クローズ)。
 ・ 11月8日 - 2012年1月9日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。「フォーエバー・ラブ・クリスマス」導入。
 ・ 11月17日:「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」が、テーマエンターテインメント協会 (The Themed Entertainment Association: TEA) の制定する第18回ティア・アワード、アウトスタンディング・ アチーブメント賞アトラクション部門を受賞。
 ・ 11月28日 - 12月31日:「けいおんin ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」開催。
 ・ 12月31日 - 2012年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2012」開催。
・ 2012年
 ・ 3月16日:「ユニバーサル・ワンダーランド」オープン。
 ・ 4月28日 - 7月8日:ユニバーサル映画100周年記念期間限定アトラクション「ザ・マミー・ミュージアム〜ハムナプトラ 神々の呪い〜」導入。
 ・ 7月7日 - 9月9日:「ハッピー・サプライズ・サマー」、「ワンピース・プレミア・サマー」開催。
 ・ 7月20日 - 9月30日:「モンスターハンター・ザ・リアル 2012」を開催。
 ・ 9月14日 - 11月11日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「バイオハザード」、「13日の金曜日」の「ジェイソン」、「ザ・マミー・ミュージアムII」のアトラクション導入。
 ・ 10月29日:開業当初からの累計入場者数が1億人を突破。
 ・ 11月16日 - 2013年1月7日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。「天使のくれた奇跡II ~The Song of an Angel~」導入。
 ・ 12月31日 - 2013年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2013」開催。
・ 2013年
 ・ 3月15日 - 6月30日:「ユニバーサル・レインボー・サーカス」導入。
 ・ 3月15日 - 9月30日:「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」導入。
 ・ 7月5日:「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D」導入。3Dアトラクション「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」に超高精細映像技術「4KHD」を搭載して、日本唯一の「4KHD×3D」アトラクションにリニューアルした。
 ・ 7月5日 - 9月8日:「ワンピース・プレミア・サマー」開催。
 ・ 7月19日 - 11月10日:「バイオハザード・ザ・リアル」導入。
 ・ 8月1日 - 9月30日:「ATARU in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN」開催。
 ・ 9月8日:「ペパーミント パティのスタント・スライド」がクローズ。
 ・ 9月13日 - 11月10日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「ダークレストラン~恐怖の晩餐会~」導入。
 ・ 10月1日:「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」が、レギュラー・アトラクションとして導入。
 ・ 11月15日 - 2014年1月6日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。
 ・ 12月31日 - 2014年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2014」開催。
・ 2014年
 ・ 2月1日 - 5月11日:「モンスターハンター・ザ・リアル 2014」導入。
 ・ 3月8日:「ユニバーサル・ワンダーランド」内の指定ライド・アトラクションに、予約システム「よやくのり」導入。
 ・ 3月8日 - 5月11日:「ワンピース・プレミアショー」開催。
 ・ 7月4日 - 9月30日:「ワンピース・サマーアドベンチャー」開催。
 ・ 7月15日:「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」がオープンした。
 ・ 8月8日 - 11月9日:「バイオハザード・ザ・リアル2」導入。
 ・ 9月12日 - 11月9日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「チャッキーのホラー・ファクトリー」、「呪怨~呪われたアトラクション~」導入。
 ・ 11月14日 - 2015年1月6日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。
 ・ 12月31日 - 2015年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2015」開催。
・ 2015年
 ・ NBCユニバーサルがUSJの51%の株を取得し、筆頭株主となる。
 ・ 2月20日:開業初年度の2001年度に記録したそれまでの年間最多来場者記録1,102万9000人を更新。
 ・ 3月6日 - 6月30日:「ユニバーサル・イースター・セレブレーション」開催。
 ・ 3月18日:「新『ユニバーサル・ワンダーランド』」オープン。「エルモのゴーゴー・スケートボード」と「モッピーのバルーン・トリップ」導入。
 ・ 7月3日 - 10月12日:「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」、「ウォーター・サプライズ・パーティ」、「ワンピース・プレミア・サマー」、「HERO at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」開催。
 ・ 7月3日 - 11月8日:「バイオハザード・ザ・リアル3」導入。
 ・ 7月18日 - 8月2日:「ドコッチを使って、親子で世界最高の思い出を作ろう!キャンペーン」開催。
 ・ 9月11日 - 11月8日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「エイリアンvs.プレデター」、「エルム街の悪夢」、「学校の怪談」、「トラウマ~最恐実験病棟~」導入。
 ・ 9月28日:米コムキャストが株式会社ユー・エス・ジェイを買収。
 ・ 11月13日 - 2016年1月6日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。「天使のくれた奇跡III~The Voice of an Angel~」導入。
 ・ 11月13日 - 2016年1月13日:「妖怪ウォッチ・ザ・リアル2」導入。
 ・ 12月31日 - 2016年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2016」開催。
・ 2016年
 ・ 1月15日 - 6月26日:「ユニバーサル・クールジャパン 2016」開催。
 ・ 3月18日:開業15周年 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年“RE-BOOOOOOOORN”開幕。
 ・ 3月18日:「ザ・フライング・ダイナソー」導入。
 ・ 4月12日:「ワンド・マジック」、「ワンド・スタディ」導入。前日のオープニング・セレモニーに広瀬アリス、広瀬すず姉妹が登場した。
 ・ 4月29日 - 5月31日:「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド さよならキャンペーン」開催。
 ・ 5月11日:「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」累計タイムトラベラー(アトラクション体験者数)が、6,000万人を突破。
 ・ 5月31日:「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」がクローズした。
 ・ 7月1日 - 9月4日:「ウォーター・RE-BOOOOOOOORN・パーティ」、「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」導入。「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」は、『ドラゴンボール』、『DEATH NOTE(デスノート)』、『ONE PIECE(ワンピース)』の3作品での開催となった。
 ・ 7月16日 - 9月4日:「15周年お子さま無料キャンペーン」開催。
 ・ 7月21日 - 9月4日:「AKB48グループ選抜「やり過ぎサマーシアター」」、「AKB48グループ選抜「やり過ぎサマーLIVE」」開催。
 ・ 7月1日 - 9月4日:「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」導入。
 ・ 9月9日 - 11月6日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「Jホラー・エリア」、「祟TATARI ~生き人形の呪い~」、「トラウマ2 ~最恐実験病棟~」、「エクソシスト ~悪魔祓いの館~」、「“やりすぎ”トリック・オア・トリート」、「デス・イーター™・アタック」、「マジカル・トリック・オア・トリート」導入。
 ・ 9月29日:ヤフー株式会社とインターネット企業としては初となる「マーケティング・パートナーシップ契約」を締結。10月1日以降「Yahooチケット」にて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの一部のチケットが購入可能となった。
 ・ 10月7日 - 2017年1月9日:「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」導入。
 ・ 11月11日 - 2017年1月9日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。「サンタのマジカル・サプライズ」導入。
 ・ 11月18日 - 2017年1月9日:「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」での初のクリスマスイベント開催。
 ・ 12月16日 - 2017年3月12日:「ユニバーサル・クールジャパン2017『戦国・ザ・リアルat大阪城』」開催。
 ・ 12月31日 - 2017年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2017」開催。
・ 2017年
 ・ NBCユニバーサルが2500億円で残りの全株も取得して100%子会社化し、企業価値は8400億円に達する。
 ・ 2月1日 - 3月31日:「ベスト・フレンズ・フォーエバー・キャンペーン」開催。
 ・ 3月17日:2016年度の入場者数が1390万人達成。年間入場者数の過去最高記録を3年連続で更新した。
 ・ 3月17日 - 9月3日:「ドラゴンクエスト・ザ・リアル」導入。
 ・ 4月21日:「ミニオン・パーク」がオープンした。映画『怪盗グルー』シリーズで主人公・グルーの日本語吹き替えを務めた笑福亭鶴瓶がオープニングセレモニーに登場した。
 ・ 6月8日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の建設着工式開催。
 ・ 6月25日:「UNIVERSAL STUDIOS JAPAN DREAM PROJECT 2017」開催。ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド10周年記念「大阪LOVER ~special edition for USJ~」が復活した。
 ・ 6月25日:DREAMS COME TRUEが初のスペシャルライヴを開催。「スペース・ファンタジー・ザ・ライド with DREAMS COME TRUE」の開催を発表した。
 ・ 6月30日 - 10月1日:「ユニバーサル・サマー・フェスティバル」、「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」開催。「ミニオン・ウォーター・サプライズ・パレード」導入。「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」は、『ONE PIECE』、『ドラゴンボール』、『ジョジョの奇妙な冒険』、『銀魂』の4作品での開催となった。
 ・ 9月8日‐ハロウィンイベントに「フェスタ・デ・パレード」を開催。
 ・ 11月10日 - 2018年1月8日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。「ミニオン・ハチャメチャ・クリスマス・パーティ」、「ホグワーツ・マジカル・ナイト ~ウインター・マジック~」導入。
 ・ 11月21日:「天使のくれた奇跡Ⅲ~The Voice of an Angel~」が、「2017 IAAPA Brass Ring Awards: Excellence in Live Entertainment」の「Best Theatrical Production: Annual Attendance over 3 million」(舞台・劇制作部門 年間集客3百万人以上の部)で、最優秀賞を受賞。同時に、「ヴァイオリン・トリオ」も「2017 IAAPA Brass Ring Awards」の「Best Atmosphere/Street Show Performance/Act」(アトモスフィア/ストリートショーパフォーマンス/アクト)部門で最優秀賞を獲得。
 ・ 12月19日:訪日外国人の年間入場者数200万人突破。
 ・ 12月31日 - 2018年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2018」開催。
・ 2018年
 ・ 1月19日 - 6月24日:「ユニバーサル・クールジャパン 2018」開催。
 ・ 2月1日 - 3月31日:「ベスト・フレンズ・フォーエバー・キャンペーン」開催。
 ・ 3月1日 - 6月24日:「ユニバーサル・イースター・セレブレーション」開催。
 ・ 3月16日:「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー 完全版」導入。フレームレート・120fpsが搭載され、3Dゴーグルの装着が不要となった。また、アトラクション内に登場するドラゴンやディメンターの演出もリニューアルした。
 ・ 5月17日:「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ベスト・オブ・ハリウッド~」導入。
 ・ 6月1日:「ウォーターワールド」がリニューアルオープンした。独自の「ダイナミック3D音響」を導入したほか、スタントアクションや特殊効果が強化された。
 ・ 6月21日:大阪府北部地震による被災者の支援のため、500万円の寄付を行った。
 ・ 6月28日:【「ジュラシック・ワールド/炎の王国」スペシャルイベント at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】開催。「ジュラシック・ワールド」シリーズで主人公を演じたクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、監督を務めたJ・A・バヨナ、製作総指揮を務めたコリン・トレボロウが来日した。
 ・ 6月30日:「ミニオン・ハチャメチャ・アイス」、「プレイング・ウィズ・おさるのジョージ」導入。
 ・ 6月30日 - 9月2日:「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー」開催。
 ・ 7月6日 - 2019年1月6日:「エヴァンゲリオン XRライド」導入。
 ・ 7月20日:「ユニバーサル・スタジオ・ストア ユニバーサル・シティウォーク大阪店」オープン。
 ・ 9月7日 - 11月4日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「大人ハロウィーン」、「こわかわハロウィーン」、「絶叫ハロウィーン」の3つの新たな楽しみ方が導入された。「ホテル・アルバート」、「ホテル・アルバート・ラウンジ& フォト・スポット」、「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」、「ブラッド・レジェンド」、「ユニバーサル・ワンダーランド こわかわナイト」、「ゾンビ・デ・ダンス」、「インシディアス~ザ・ラスト・キー~」、「ザ・サバイバル ~デッドマンズ・フォレスト2~」導入。前日の開幕セレモニーには、女優の中条あやみが登場した。
 ・ 10月10日:「ユニバーサル年間パス・ライト」導入。
 ・ 11月9日 - 2019年1月6日:「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」開催。クリスマス・アンバサダーに関ジャニ∞が就任した。
 ・ 12月31日 - 2019年1月1日:「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2019」開催。
・ 2019年
 ・ 1月10日:スタジオ・パス(パーク入場券)チケット体系を刷新。1日券(1デイ・スタジオ・パス)は、段階的価格制を導入。「障がい者向け割引スタジオ・パス」、「1.5デイ・スタジオ・パス」、「2デイ・スタジオ・パス」は、新価格での発売となった。
 ・ 2月1日 - 3月31日:「ユニバーサル・スチューデント・フェスティバル」開催。
 ・ 2月20日:女優の石原さとみがパーク開業以来初となるスプリング・サポーターに就任。
 ・ 3月15日 - 6月23日:「ユニバーサル・イースター・セレブレーション」開催。「ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング ~イースターver.~」導入。
 ・ 3月20日:「ホグワーツ・マジカル・セレブレーション」開催。「ワールド・ストリート・フェスティバル」導入。「セサミストリート・ボリウッド」、「マレヴォ・デ・アルゼンチーナ」、「イースト・ミーツ・ウエスト・カルテット」、「パワー・オブ・ポップ ~リミックス~」、「ミニオン・ハチャメチャ・ワールド」、「ワンダーランド・シーズンズ・ジョイ」、「ワールド・ストリート・マーケット」導入。
 ・ 3月20日 - 5月31日:「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ベスト・オブ・ハリウッド~」の新演出「ミニオン・ナイトパーティ at ザ・パレード」導入。
 ・ 4月18日:「シング・オン・ツアー」導入。
 ・ 5月31日 - 8月25日:「ユニバーサル・クールジャパン 2019」サマー・ターム開催。
 ・ 7月1日:「ユニバーサル・スタジオ・ストア ユニバーサル・シティウォーク大阪店」が拡大オープン。
 ・ 7月2日 - 9月1日:「エクストラ・クール・サマー」、「キッズフリー・キャンペーン」開催。「ミニオン・クール・ファッションショー」導入。
 ・ 9月6日 - 11月4日:「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催。「ゾンビ・デ・ダンス」アンバサダーに三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのNAOTO、山下健二郎(過去にダンサーとして勤務歴あり)が就任。同グループの楽曲「Rat-tat-tat」に合わせてダンスが繰り広げられる。「バイオハザード™・ザ・エクストリーム」、「エリア51~未確認物体との遭遇~」、「スペース・ファンタジー・ザ・ライド ~ブラックホール~」、「パークサイド・グリル ~呪われた薔薇の宴~」、「大人ハロウィーン・エリア~呪われた薔薇園~」、「イタズラ・ストリート」導入。
 ・ 9月18日:「ピーコック・シアター」導入。
 ・ 11月13日:『リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』がオープン。
 ・ 11月14日 - 2020年1月13日:『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』開催。『クリスタルの約束』、『ユニバーサル・クリスタル・ツリー』、『クリスタル・シャイニング・イルミネーション』、『クリスタル・グリーティング with ミニオン』を新規導入した。昨年に引き続き『ミニオン・パークのイエロー・クリスマス』を開催し、クリスマス・アンバサダーに関ジャニ∞が就任した。
 ・ 11月8日:『ホグワーツ・マジカル・ナイト ~ウインター・マジック~』を開催。『ホグワーツ・マジカル・ナイト ~ウインター・マジック~』を新規導入した。
 ・ 12月31日 - 2020年1月1日:『ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2020』を開催。

◎ 2020年代

・ 2020年
 ・ 1月14日:『スーパー・ニンテンドー・ワールド』グローバル・キックオフ・プレゼンテーションが開催された。
 ・ 1月21日 - 6月28日:『ユニバーサル・クールジャパン 2020』を開催。『進撃の巨人 XRライド』、『名探偵コナン×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』、『ルパン三世・ザ・ライブ』を新規導入した。昨年に引き続き『名探偵コナン・ザ・エスケープ』、『名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ』、『名探偵コナン・ミステリー・レストラン』も開催された。
 ・ 2月29日 - 6月7日:新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、来場者および従業員の安全を考慮するため、臨時休園を実施した。
 ・ 6月8日 - 19日:段階的に営業再開した。
  ・ 6月8日 - 14日:大阪府在住の年間パス保持者で「年間パス ソフトオープンご招待パス」を取得したゲスト
  ・ 6月15日 - 18日:大阪府在住で「ソフトオープン・スタジオ・パスポート」を購入したゲスト
  ・ 6月19日 - :関西2府4県在住者ならびに年間パスを取得しているゲスト、各種スタジオ・パスを購入したゲスト(事前購入)
 ・ 6月19日以降:新型コロナウイルス感染拡大防止のため「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード〜ベスト・オブ・ハリウッド〜」「セサミストリート4-Dムービーマジック」「シュレック4-Dアドベンチャー」「セサミのビックドライブ」などのアトラクションをはじめ「ユニバーサル・ワンダーランド」内の遊具や一部フォト・オポチュニティ・サービスが当面の間運休される。マスクの着用が自由なスポット「マスクフリーゾーン」が導入。
 ・ 6月8日 - 6月28日:『ユニバーサル・イースター・セレブレーション』を開催。
 ・ 6月8日 - 7月22日:「『映画ドラえもん のび太の新恐竜』ミーツ ジュラシック・ワールド」を開催。
 ・ 6月8日:パーク初の直営の敷地外飲食店舗「ピンク・クラウド」がユニバーサル・シティウォーク大阪にオープンした。
 ・ 7月1日:パーク内ショップでのレジ袋の無料提供を取りやめた。パークオリジナルのマイバックの販売が順次開始された。
 ・ 7月10日 - :集客対象エリアを拡大した。
  ・ 7月10日 - 19日:大阪府に隣接する東海・北陸・四国・中国地方在住のゲスト
  ・ 7月20日 - :全国に拡大
 ・ 7月23日 - 8月27日:『ユニバーサル・サマー・パレード ~ウィ・アー・ワン~』を開催。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、水を用いた演出を取りやめ、大阪府教育庁と協働し制作した「ソーシャルディスダンス」とフラッグを用いた演出を新規導入した。
 ・ 8月4日 - 2021年1月6日:「『STAND BY ME ドラえもん 2』 XRライド」を導入。
 ・ 9月14日以降:「ターミネーター 2:3-D」「バックドラフト」も当面の間運休される。
 ・ 9月18日 - 11月8日:シーズナル・プログラム「ハロウィーン・イベント2020」を開催。新型コロナウイルスによる国内感染拡大を防止するため、時代に即した、新たなシーズナル・プログラムとして開催された。
 ・ 9月24日:リサイクル啓発イベント「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンxコカ・コーラ リサイクルStudy Togetherイベント」をシアター施設「ステージ33」にて開催。
 ・ 10月1日:「Go To トラベルキャンペーン」の「地域共通クーポン券」の利用対象施設となった。
 ・ 10月7日:『スーパー・ニンテンドー・ワールド』を2021年春に開業、『マリオ・カフェ&ストア』を10月16日にオープンすることを発表した。
 ・ 10月14日 - 2021年3月31日:「Go To Eat キャンペーン」の利用対象施設となった。
 ・ 10月16日:「マリオ・カフェ&ストア」がオープン。
 ・ 11月23日 - 12月27日:「クリスマス・イベント 2020」を開催。
 ・ 11月30日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を2021年2月4日に開業する事を発表。「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のアトラクションの詳細も発表された。
 ・ 12月23日:YouTuber・HIKAKINが公認クリエイターに就任し、自身のYouTubeチャンネルで「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のエリアの中を紹介した動画が公開された。
 ・ 12月23日 - 2021年1月18日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のグランドオープンに先駆け、抽選で当選されたゲストを対象に先行体験キャンペーンが行われた。
・ 2021年
 ・ - 3月17日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のテクニカルリハーサルを開催。
 ・ 1月6日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のスペシャルWebサイトを公開し、新たに8つの施設名を公開した。
 ・ 1月6日 - 2022年1月10日:20周年“NO LIMIT”を開催。
 ・ 1月14日 - :「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の再延期を発表。
 ・ 3月8日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を3月18日にオープンする事を発表。
 ・ 3月12日 - 4月5日:学生応援キャンペーン「ユニ春」を開催。
 ・ 3月12日 - 6月27日:「ユニバーサル・イースター・セレブレーション」を開催。
 ・ 3月12日 - 8月29日:「名探偵コナン・ワールド」を開催。
 ・ 3月12日 - 2022年3月11日:「NO LIMIT・ストリート・フェスティバル」を開催。「セサミストリート NO LIMIT エナジー」「ミニオン NO LIMIT グリーティング」「イースト・ミーツ・ウエスト・セレブレーション(〜2023年1月10日)」「ワンダーランド NO LIMIT イースター・ジョイ」「パワー・オブ・ポップ・アンリミテッド」導入。
 ・ 3月17日:「スヌーピーのグレート・レース」がクローズ。
 ・ 3月18日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」グランドオープン。「マリオカート〜クッパの挑戦状〜」「ヨッシー・アドベンチャー」「パワーアップバンド・キーチャレンジ」「キノピオ・カフェ」「ピットストップ・ポップコーン」「ヨッシー・スナック・アイランド」「マリオ・モーターズ」「ワンナップ・ファクトリー」「マリオ&ルイージ・フォト・オポチュニティ」「プリンセスピーチ・フォト・オポチュニティ」「ヨッシー・アドベンチャー・フォト」導入。
 ・ 3月31日:開業20周年。
 ・ 4月13日 - 2022年1月10日:20周年“NO LIMIT”の一環として、NiziUとコラボしたイベント「NO LIMIT タイム」を開催。
 ・ 4月25日 - 5月31日:大阪府への「緊急事態宣言」発令に伴ってテーマパークでは無観客開催という実質的休業要請が出されることを受け、2度目の臨時休業を実施した。
 ・ 6月1日 - 6月25日:平日のみの営業を再開した。休日の営業は引き続き休園する。
 ・ 6月26日:休日の営業を再開。
 ・ 7月15日 - 9月9日:学生応援キャンペーン「ユニ春アゲイン!」を開催。3月12日 - 4月5日にも「ユニ春」を開催したが、パークの臨時休業により、再び開催となった。
 ・ 8月6月 - 10月31日:「ワンピース・プレミアサマー2021」開催。「ワンピース・プレミアショー2021」「サンジの海賊レストラン」「ワノ国食堂」が登場。
 ・ 9月17日 - 2022年2月13日:「鬼滅の刃」とコラボする。「鬼滅の刃XRライド」「鬼滅の刃×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」「藤の花の食事処」が登場する。
 ・ 9月10日 - 11月7日:「NO LIMIT ハロウィーン」開催。2年ぶりに「ハロウィーンホラーナイト」が復活し、それに伴い「ゾンビ・デ・ダンス」も帰ってくる。「ゲゲゲの鬼太郎」「シャーロックホームズ」のアトラクションが導入。「NO LIMITハロウィーンフェスタ」も同時開催。「NO LIMITタイムハロウィーンフェスタ」「ハロウィーングリーティング」が導入。
 ・ 9月28日:公式より「スーパー・ニンテンドー・ワールド」に、新たに2024年の開業を目指し、「ドンキーコング」をテーマにした世界初の壮大な新エリアをオープンすると発表された。これは「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の第二期エリアの拡張にあたる。
 ・ 10月6日:株式会社ポケモンとの連携を発表。2022年度中に1つ目のコラボレーション・プロジェクトを実行する予定だと発表した。
 ・ 11月5日:クリスタルの約束がIAAPA Brass Ring Awards を受賞
 ・ 11月17日:「スーパー・ニンテンドー・ワールド」と「マリオカート 〜クッパの挑戦状〜」が THEA賞 を受賞。
 ・ 11月26日〜2022年1月10日:「クリスマスイベント2021」開催。20周年限定のクリスマスツリー「NO LIMIT クリスマスツリー」が登場。クリスマスツリーは2年ぶりに設置される。「NO LIMIT タイム〜ハッピー・クリスマス〜」「パワー・オブ・ポップ〜クリスマス・エディション〜」「ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング〜クリスマスver〜」「ユニバーサル・ワンダーランド・シーズンズ・ジョイ〜クリスマスver〜」導入。
 ・ 12月2日:パークへの来場を夢見る難病の子供たちへメイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパンとVRを用いた「夢実現プロジェクト」を始動したことを発表した。
・ 2022年
 ・ 1月21日:「ユニバーサル・クールジャパン2022」の一環として「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」がオープン。
 ・ 1月26日:モバイルバッテリーのレンタルサービスを開始。
 ・ 2月1日 - 4月7日:「ユニ春2022」開催。学生割引年間パス発売や、学生限定アトラクション貸切ナイトなどを展開。
 ・ 3月4日 - 6月26日:「ユニバーサル・イースター・セレブレーション」開催。「ユニバーサル・ワンダーランド・イースター・ダンス・ア・ロング」「ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング〜イースターver.〜」「GO GO イースター・マーチ」導入。
 ・ 3月4日 - 8月28日:「ユニバーサル・クールジャパン2022」開催。「名探偵コナン・ザ・エスケープ〜ハロウィンの幻影〜」「名探偵コナン・ミステリーチャレンジ」「名探偵コナン・ミステリーレストラン」「名探偵コナン×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」「HUNTER×HUNTER・ザ・リアル4D」「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4D〜ムーンパレス編 デラックス〜」「進撃の巨人 XRライド(〜7月22日に繰り上げ終了)」導入。「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」は引き続き開催。
 ・ 3月11日 - 2023年2月12日:「ダンス・ダンス・ダンス ストリートショー」開催。「エボリューション・オブ・ダンス・ウィズ・セサミストリート™(〜2023年2月5日)」「ハローキティ・ハピネス・ブラスバンド」「ミニオンズ・フィーバー・ディスコ・グリーティング(〜2023年1月10日)」導入。
 ・ 4月29日 - :レストラン新サービス「バーチャル・キューライン」導入。
 ・ 7月1日 - 10月2日:「ワンピース・プレミアサマー2022」を開催。「ワンピース・プレミアショー2022」「ワンピース×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜出航!ミニメリー2号〜」「サンジの海賊レストラン」「ワンピース・サマー宴(フェス)・レストラン」導入。
 ・ 7月1日 - 9月4日:「NO LIMIT サマー」開催。「ミニオン・カンフーダンス道場」「ユニバーサル・ワンダーランド・サマー・ダンス・ア・ロング」導入。
 ・ 8月29日〜:大好評につき「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」が期間延長開催される。2023年2月14日〜7月2日は「ユニバーサル・クールジャパン2023」の一環として開催。
 ・ 9月8日 - 11月6日:「NO LIMIT ハロウィーン」開催。「ストリート・ゾンビ」「ゾンビ・デ・ダンス」「バイオハザード・ザ・エクストリーム+」「ユニバーサル・モンスターズ〜レジェンド・オブ・フィアー〜」「カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜」「シャーロックホームズ〜呪われた薔薇の剣〜」「『ラタタ』×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」「マイメロディ&クロミのハッピー・ハロウィーン・グリーティング」「ミニオン・モンスターズ・グリーティング」「ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング〜ハロウィーンver〜」「ユニバーサル・ワンダーランド・ハロウィーン・ダンス・ア・ロング」「トリック・オア・トリート」導入。
 ・ 9月16日 - 2023年7月2日:「呪術廻戦」コラボイベント開催。「呪術廻戦・ザ・リアル 4-D」「呪術廻戦×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜廻廻奇譚〜(〜2023年1月18日)」「呪術廻戦×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜呪術師たちの休日〜(2023年1月28日〜)」「都立呪術高専食堂」「呪術廻戦×ジョーズ・フォト・オポチュニティ」導入。
 ・ 10月11日〜2023年1月31日:全チケットが通常価格より20%オフとなる「イベント割 スタジオ・パス」が期間限定で発売した。
 ・ 11月3日:大阪市内で行われた「御堂筋ランウェイ2022」に参加し、マリオやピカチュウも登場し2023年に開催される「NO LIMIT パレード」の一部が初公開された。
 ・ 11月7日:スタジオインフォメーションボードが大型モニターに移行。
 ・ 11月11日〜2023年1月9日:「NO LIMIT クリスマス」開催。3年ぶりに「NO LIMIT クリスタル・ツリー」が登場。夜は今年初開催の音と光のショー「スペクタクル・オブ・ライツ」が登場。「ハローキティのクリスマス・ハピネス・ウィズ・ハピネス・ブラスバンド」「ユニバーサル・ワンダーランド・クリスマス・ダンス・ア・ロング」「ミニオン・ハッピー・クリスマス・グリーティング」「ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング〜クリスマスver〜」導入。また世界でここだけの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がクリスマス仕様になる。「マリオ&ルイージ雪だるま・フォト・オポチュニティ」導入。特別ゲスト向けに公開していた特別なパーティ「ユニバーサル・パーティ」もこの冬一般公開される。
 ・ 11月14日:年間パスライトから「ユニバーサル・プライム年間パス・スタンダード」に、年間パスVIPから「ユニバーサル・プライム年間パス・グランロイアル」に移行開始。
 ・ 11月25日〜12月4日:「貞子〜禁断のオンライン・パーク・ツアー〜」開催。
 ・ 12月2日:「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」が、AIXR(The Academy of International Extended Reality)が主催する『第6回VR Awards VR ロケーションベース・エンターテイメント・オブ・ザ・イヤー部門』のファイナリストに選出。
 ・ 12月31日〜2023年1月1日:「NO LIMIT カウントダウン2023」開催。3年ぶりにカウントダウン・イベントが復活。今年はアーティストは参加せず、2022年に開催した代表的なシーズナルイベントのショーや、スーパー・ニンテンドー・ワールドをイメージしたショーなどが楽しめる「カウントダウン・スペシャル・ステージ」が登場。
・ 2023年
 ・ 1月1日:2020年の臨時休業明けから導入された「マスクフリーゾーン」がクローズした。
 ・ 1月10日:「マイ・フレンド・ダイナソー」が終了。
 ・ 1月10日〜3月30日:「日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン2022」開催。
 ・ 1月10日〜:シーズン毎に変わる紙製のスタジオ・ガイドの配布を休止した。
 ・ 1月31日:ステージ22、スーパー・ニンテンドー・ワールドのWi-Fiが通信終了。
 ・ 2月1日〜4月6日:学生応援キャンペーン「ユニ春 2023」開催。
 ・ 2月17日〜7月2日:「ユニバーサル・クールジャパン2023」開催。「名探偵コナン・ザ・エスケープ〜黒鉄の序幕(プロローグ)〜」「名探偵コナン・ミステリー・レストラン(〜6月4日)」「名探偵コナン×ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」「SPY×FAMILY シークレット・ミッション」新規導入。「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」は2022年に登場したアトラクションだが、今期も引き続き開催される。
 ・ 2月23日〜9月3日:「ドラえもんXRライド〜のび太と空の理想郷〜」導入。
 ・ 2月23日:新たなVIPツアーとして「ユニバーサル VIP エクスペリエンス・グループ・ツアー【キッズ・アドベンチャー】〜スーパー・ニンテンドー・ワールド〜」導入。
 ・ 3月1日〜:「NO LIMIT パレード」導入。「SING/シング」「マリオカート」「ポケモン」がパレード初登場した。約2年半ぶりのデーパレードとなる。
 ・ 3月11日〜26日:「ユニ春 2023」の一環として「ユニ春!ライブ2023」開催。11日にYOASOBI、12日に櫻坂46、25日にLittle Glee Monster、26日にNiziUが出演。

● 施設構成
これら全ての情報は2023年1月10日現在のものである。

◎ エリア

・ ハリウッド・エリア
・ ニューヨーク・エリア
・ ミニオン・パーク
・ サンフランシスコ・エリア
・ ジュラシック・パーク
・ スーパー・ニンテンドー・ワールド
・ ウォーターワールド
・ アミティ・ビレッジ
・ ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター
・ ユニバーサル・ワンダーランド

◎ レストラン・スナック

・ メルズ・ドライブイン(ハンバーガー/ハリウッド・エリア)
・ ビバリーヒルズ・ブランジェリー(サンドウィッチ、ケーキ/ハリウッド・エリア)
・ スタジオ・スターズ・レストラン(カレーなど/ハリウッド・エリア)
・ パークサイド・グリル(熟成肉ステーキ/ニューヨーク・エリア)
・ アズーラ・ディ・カブリ(ピッツァ、パスタ/ニューヨーク・エリア)
・ フィネガンズ・バー&グリル(洋食、アルコールなど/ニューヨーク・エリア)
・ ルイズ・N.Y.ピザパーラー(ピッツァ/ニューヨーク・エリア)
・ SAIDO(和食/ニューヨーク・エリア)
・ デリシャス・ミー・ザ・クッキー・キッチン(クッキーサンド/ミニオン・パーク)
・ ポパ・ナーナ(ポップコーン/ミニオン・パーク)
・ ハピネス・カフェ(ハンバーガーなど/サンフランシスコ・エリア)
・ ワーフ・カフェ(ドリンク、スナック/サンフランシスコ・エリア)
・ ザ・ドラゴンズ・パール(中華/サンフランシスコ・エリア)
・ フォッシル・フェエルズ(食べ歩きフード/ジュラシック・パーク・エリア)
・ ディスカバリー・レストラン(丼物/ジュラシック・パーク・エリア)
・ ロストワールド・レストラン(サンドウィッチプレートなど/ジュラシック・パーク・エリア)
・ キノピオ・カフェ(ハンバーガーなど/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ピットストップ・ポップコーン(ポップコーン/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ヨッシー・スナック・アイランド(ドリンク、スナック/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ポートウォーク・スナック(ドリンク、スナック/アミティ・ビレッジ)
・ アミティ・ランディング・レストラン(サンドウィッチ、フライドチキン/アミティ・ビレッジ)
・ アミティ・アイスクリーム(アイスクリーム/アミティ・ビレッジ)
・ 三本の箒(ロティサリーチキンなど/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ ホッグズ・ヘッド・パブ(ドリンク/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ マジック・ニープ・カート(ドリンク/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ ハローキティのコーナーカフェ(ドリンク/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ スヌーピー・バックロットカフェ(ハンバーガー、スパゲティ/ユニバーサル・ワンダーランド)

◎ ショップ

・ スタジオギフト・イースト(トータル・スーベニア/ハリウッド・エリア)
・ バックロット・アクセサリー(身につけグッズ/ハリウッド・エリア)
・ ユニバーサル・スタジオ・ストア(トータル・スーベニア/ハリウッド・エリア)
・ スタジオギフト・ウエスト(トータル・スーベニア/ハリウッド・エリア)
・ ビバリーヒルズ・ギフト(トータル・スーベニア/ハリウッド・エリア)
・ ロデオドライブ・スーベニア(トータル・スーベニア/ハリウッド・エリア)
・ カルフォルニア・コンフェクショナリー(お菓子/ハリウッド・エリア)
・ ユニバーサル・スタジオ・セレクト(映画グッズ/ハリウッド・エリア)
・ ハローキティ・デザインスタジオ(ハローキティ・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ スタジオスタイル(ミニオン・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ イッツ・ソー・フラッフィ(フラッフィー(ミニオン)・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ ピーナッツ・コーナーストア(ピーナッツ・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ キャラクターズ・フォー・ユー(セサミストリート・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ シネマ 4-D ストア(シーズナル・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ スペース・ファンタジー・ステーション(シーズナル・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ イルミネーション・シアター・ストア(イルミネーション・グッズ/ハリウッド・エリア)
・ ユニバーサル・スタジオ・スーベニア(トータル・スーベニア/ニューヨーク・エリア)
・ アメージング・スパイダーマン・ストア(スパイダーマン・グッズ/ニューヨーク・エリア)
・ ミニオン・マーケット・プレイス(ミニオン・グッズ/ミニオン・パーク)
・ サンフランシスコ・キャンディーズ(ライフスタイルグッズ/サンフランシスコ・エリア)
・ ジュラシック・アウト・フィッターズ(ジュラシック・パーク・グッズ/ジュラシック・パーク・エリア)
・ マリオ・モーターズ(マリオカート・グッズ/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ワンナップ・ファクトリー(マリオ・グッズ/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ハリウッド・ムービー・メーキャップ(メーキャップキット/アミティ・ビレッジ)
・ アミティ・アイランド・ギフト(ジョーズ・グッズ/アミティ・ビレッジ)
・ ゾンゴの「いたずら専門店」(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ ハニーデェークス(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ オリバンダーの店(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ ウイズエーカー魔法用品店(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ フィルチの没収品店(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ グラトラグス魔法ファッション店(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ ふくろう便ふくろう小屋(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ ダービシュ・アンド・パングズ(ハリーポッター・グッズ/ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)
・ スヌーピー・スタジオ・ストア(ピーナッツ・グッズ/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ セサミストリート・キッズ・ストア(セサミストリート・グッズ/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ ハローキティのリボン・プティック(ハローキティ・グッズ/ユニバーサル・ワンダーランド)

◎ カフェ&ショップ

・ マリオ・カフェ&ストア(マリオ・フード&グッズ/ハリウッド・エリア)

◎ アトラクション

○ アトラクション&エンターテイメント

・ ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード(パレード/ハリウッド・エリア)
・ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド(ライド/ハリウッド・エリア)
・ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜(ライド/ハリウッド・エリア)
・ スペース・ファンタジー・ザ・ライド(ライド/ハリウッド・エリア)
・ セサミストリート4-Dムービーマジック(シアターショー/ハリウッド・エリア)
・ シュレック4-Dアドベンチャー(シアターショー/ハリウッド・エリア)
・ シング・オン・ツアー(シアターショー/ハリウッド・エリア)
・ プレイング・ウィズおさるのジョージ(シアターショー/ハリウッド・エリア)
・ ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー(シアターショー/ハリウッド・エリア)
・ アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D(ライド/ニューヨーク・エリア)
・ ターミネーター 2:3-D(シアターショー/ニューヨーク・エリア)
・ フォーティセカンド・ストリート・スタジオ(グリーティング/ニューヨーク・エリア)
・ ミニオン・ハチャメチャ・ライド(ライド/ミニオン・パーク)
・ ミニオン・ハチャメチャ・アイス(ライド/ミニオン・パーク)
・ バックドラフト(ウォークスルー/サンフランシスコ・エリア)
・ ザ・フライング・ダイナソー(ライド/ジュラシック・パーク・エリア)
・ ジュラシック・パーク・ザ・ライド(ライド/ジュラシック・パーク・エリア)
・ ウォーターワールド(シアターショー/ウォーターワールド)
・ マリオカート 〜クッパの挑戦状〜(ライド/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ヨッシー・アドベンチャー(ライド/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ パワーアップバンド・キーチャレンジ(プレイ・エクスペリエンス/スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ジョーズ(ライド/アミティ・ビレッジ)
・ ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー(ライド/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ(ライド/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ ワンド・スタディ(ストリートショー/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ ブロック・クロイア(ストリートショー/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ トライウィザード・スピリット・ラリー(ストリートショー/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ ワンド・マジック(ワンド・アトラクション/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)
・ フライング・スヌーピー(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ ハローキティのカップケーキ・ドリーム(ライド/ユニバーサル ・ワンダーランド)
・ ハローキティのリボン・コレクション(グリーティング/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ ビッグバードのビックトップサーカス(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ エルモのリトル・ドライブ(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ エルモのゴーゴー・スケートボード(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ モッピーのバルーン・トリップ(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ セサミのビッグ・ドライブ(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ エルモのバブル・バブル(ライド/ユニバーサル・ワンダーランド)
・ モッピーのラッキー・ダンス・パーティー(プレイランド/ユニバーサル・ワンダーランド)
○ ストリート・エンターテイメント

・ ハローキティ・ハピネス・ブラスバンド(ハリウッド・エリア)
・ エボリューション・オブ・ダンス・ウィズ・セサミストリート(ニューヨーク・エリア)
・ ミニオン・ハチャメチャ・グリーティング(ミニオン・パーク)
・ ミート・アンド・グリート(スーパー・ニンテンドー・ワールド)
・ ユニバーサル・ワンダーランド・ダンス・ア・ロング(ユニバーサル・ワンダーランド)

● 年間来場者数とスローガン

 2001年  1,102万人    THE POWER OF HOLLYWOOD
 2002年  764万人
 2003年  989万人    映画の世界に飛びこもう
 2004年  810万人
 2005年  831万人    キャラクターワンダーイヤー
 2006年  870万人    物語は、ここで生まれ変わる
 2007年  864万人    DREAM
 2008年  814万人    FANTASTIC
 2009年  800万人    輝き
 2010年  816万人    SPACE FANTASY
 2011年  880万人    パーク史上最大、最高のハッピー・サプライズ
 2012年  975万人    世界最高を、お届けしたい。
 2013年  1,060万人
 2014年  1,270万人
 2015年  1,390万人
 2016年  1,460万人    RE -BOOOOOOOORN さぁ、やり過ぎよう。生き返ろう。
 2017年  1,493万人    世界最高を、お届けしたい。  やりすぎ限界突破‼︎
 2018年  1,430万人  熱狂スパイラル‼︎
 2019年  1,460万人  
 2020年  490万人    NO LIMIT  
 2021年  550万人  人類を超元気に
 2022年    ぶっとべここは超元気特区

・ 2017年以降から公式からの年間来場者数の発表はない。2017年以降の情報はThemed Entertainment Association(THA)から発表された数を記載している。
・ 2020年度・2021年度の入場者数の急激減少は新型コロナウイルス国内感染によりパークの臨時休業や入場を控えるゲストが増えたことによりこのような記録が出てしまったと思われる。

● チケットの種類


◎ スタジオ・パス(入場券)

○ 1日券

・ 1デイ・スタジオ・パス(1日入場券)
・ GoToUSJ1デイ・パス(1日入場券通常の20%off×グッズ&フード クーポン1500円分付き)
・ 障がい者向け割引スタジオ・パス(1日入場券・パーク指定の障がい者手帳所持者限定)
・ ロイヤル・スタジオ・パス(1デイ・スタジオ・パスにウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター入場確約券など4つの特典がついた入場券)
○ 複数日券

・ 1.5デイ・スタジオ・パス(1日目15時以降+2日目1日の連続した1.5日入場券)
・ 2デイ・スタジオ・パス(連続した2日入場券)チケット

◎ 年間パス
パークに1年間入場可能(除外日や特別営業を除く)。年間パス限定特典として、同伴者のスタジオ・パスの割引、パーキングの代金割引、メールニュースの購読がある。
・ ユニバーサル・プライム年間パス・スタンダード
 ・ 入場除外日は3種類存在する年間パスの中で最も多い(年間約70日)が、最大6000円安く価格設定されている。高校生を除く満18歳以上のみ購入可能。価格は、各種年間パスの価格とクレジット年会費となっている。 年間スタジオ・パス・プラス所有者の特典として、1年間のショッピング利用額に応じてステージボーナスがある。内容は、カード利用者だけが参加できるパーク貸し切りイベントや、普段入ることのできないイベント会場でのスペシャルパーティなどがある。
・ 年間スタジオ・パス・プラス ユニバーサル・プライム年間パス・スタンダード
・ 年間スタジオ・パス・プラス ユニバーサル年間パス
・ 年間スタジオ・パス・プラス ユニバーサル・プライム年間パス・グランロイアル

◎ ユニバーサル・エクスプレス・パス
アトラクションの待ち時間を短縮したり、パレードの鑑賞エリアを確保するチケット。通年販売のものから、期間限定販売のものもある。当日パークで購入するか事前にウェブなどで購入できる。
○ 通年販売

・ ユニバーサル・エクスプレス・パス~プレミアム~
・ ユニバーサル・エクスプレス・パス 7
・ ユニバーサル・エクスプレス・パス 4 指定のアトラクションを短い待ち時間で体験できる。プレミアムは全てのアトラクションを1回ずつ、パス7は7種類、パス4は4種類のアトラクションを利用できる。一部のアトラクションは、選択肢から1つを選んで利用するシステム。

◎ その他チケット

◇ ユニバーサル VIP ツアー 専属のツアーガイドがパークの秘密や豆知識等を交えながら、人気アトラクションへ優先案内。1日入場券とは別途購入が必要。当日空きがあればスタジオ・ツアー受付にて当日購入が可能。
◇ 特典
・ ツアー参加者専用の特別入口からのパーク入場
・ ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™内の下記3つへ優先案内
 ・ ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™
 ・ フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ™
 ・ オリバンダーの店™
・ 人気アトラクションの中から3つを優先案内
 ・ アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
 ・ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
 ・ ジュラシック・パーク・ザ・ライド
 ・ ジョーズ
・ パーク内レストランでの食事代が10%割引
・ 参加証、ペットボトルドリンク、ライド・ポンチョの配布
○ ユニバーサル VIP ツアー~スーパー・ニンテンドー・ワールド™~
専属のツアーガイドがパークの秘密や豆知識等を交えながら、スーパー・ニンテンドー・ワールド™への案内や人気アトラクションへ優先案内。1日入場券とは別途購入が必要。当日空きがあればスタジオ・ツアー受付にて当日購入が可能。
◇ 特典
・ ツアー参加者専用の特別入口からのパーク入場
・ スーパー・ニンテンドー・ワールド™内の下記2つへ優先案内
 ・ マリオカート~クッパの挑戦状~
 ・ ヨッシー・アドベンチャー
・ 人気アトラクションの中から5つを優先案内
 ・ ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™
 ・ フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ™
 ・ スペース・ファンタジー・ザ・ライド
 ・ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
 ・ アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
 ・ ミニオン・ハチャメチャ・ライド
 ・ ジュラシック・パーク・ザ・ライド
 ・ ザ・フライング・ダイナソー
 ・ ジョーズ
・ パーク内レストランでの食事代が10%割引
・ 参加証、ペットボトルドリンク、ライド・ポンチョの配布
○ ユニバーサル VIP エクスペリエンス
専任ガイドが要望を伺い、完全カスタマイズ・プランでのパーク内の案内に加え、希望のアトラクション体験、レストランの用意までされている。 受付後、VIPエクスペリエンス参加者専用の個室にて専任ガイドとツアーの打ち合わせを行い、ガイドがいる間はアトラクションやショーなど、最短のルートで体験することができる。
◇ 特典
・ ツアー参加者専用の特別入口からのパーク入場
・ 専任ガイドが要望に合わせて、パーク体験をカスタマイズ
・ 最短ルートでアトラクションやショーへ案内
・ 以下の中から1つ選んで体験(フォトもしくはゲームの体験)
 ・ フォーティセカンド・ストリート・スタジオ~グリーティングギャラリー~
 ・ ライド・フォト
 ・ フォトオポチュニティ
・ ツアー中の昼食、夕食のレストラン優先案内(利用可能なレストランは季節により変更あり。食事料金もツアー料金に含まれている。)
 ・ フィネガンズ・バー&グリル
 ・ アズーラ・ディ・カプリ
 ・ SAIDO
 ・ パークサイド・グリル
 ・ スタジオ・スターズ・レストラン ※季節により
 ・ 三本の箒 ※季節により
・ シーズナルアトラクションやパレードへの案内
 ・ ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード特別鑑賞エリアへの案内
 ・ ユニバーサル・クールジャパンやハロウィーン・ホラーナイトなどの特別仕様のアトラクションやショーへの案内
・ パーキング1台分無料
・ ツアー中の荷物預かり
・ ツアー後のエクスプレス・パスルートでのアトラクションの優先体験
○ ユニバーサル VIP エクスペリエンス・グループ・ツアー【キッズ・アドベンチャー】〜スーパー・ニンテンドー・ワールド〜
ユニバーサル VIP エクスペリエンスと同様に専任ガイドが要望を伺い、子供も十分に楽しめる完全カスタマイズ・プランでのパーク内の案内に加え、希望のアトラクション体験、レストランの用意までされている。 このツアーはファミリー限定となっており、このツアー参加者しか体験することができない特典付き謎解きラリー「キッズ・アドベンチャー ~怪盗グルーのひみつのプレゼントをさがせ~」も楽しむことができる。 特典
・ ツアー参加者専用の特別入口からのパーク入場
・ 専任ガイドが要望に合わせて、パーク体験をカスタマイズ
・ 最短ルートでアトラクションやショーへ案内
・ 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」入場確約
・ 以下のアトラクションを優先案内
 ・ マリオカート〜クッパの挑戦状〜
 ・ ヨッシー・アドベンチャー
 ・ ミニオン・ハチャメチャ・アイス
 ・ シング・オン・ツアー or プレイング・ウィズおさるのジョージ
・ 以下の中から1人1つ選んで体験(フォトもしくはゲームの体験)
 ・ マリオ&ルイージ・フォト・オポチュニティ
 ・ プリンセスピーチ・フォト・オポチュニティ
 ・ フォーティセカンド・ストリート・スタジオ〜グリーティング・ギャラリー〜
 ・ カーニバルゲーム 2プレイ
 ・ パークグッズ3,000円分のスペシャル・クーポン
・ 「キノピオ・カフェ」優先案内
・ 特典付き謎解きクイズラリー体験
・ VIPラウンジ利用
○ その他

・ ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード特別鑑賞エリア入場券 「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード」を特別鑑賞エリアで鑑賞できるチケット。パレード開始20分前までに特別鑑賞エリア入口へ向かう必要がある。
・ グリーティング・フォト時間予約券 ミニオン、スヌーピーと写真が撮れる施設「フォーティセカンド・ストリート・スタジオ」の事前予約ができるチケット。当日撮影した画像は、オリジナルホルダーに入れて写真データと共に持ち帰りができる。予約券がない場合は当日空き枠がある場合利用可能。

◎ 再入場
原則として不可能。1.5デイ以上の連続した複数日に入園可能なスタジオパスの場合も、退園した場合には翌日まで入園できなくなる。 年間パスでは、再入場が可能。ただし、ユニバーサル年間パスは入場除外日に購入した場合、再入場はできない。

● 主なサービス


◎ シングルライダー
シングルライダーとは、1人ずつライドの空席に搭乗することで待ち時間を短縮することができるサービス。時間帯や混雑状況によっては実施していない場合もある。
◇ 利用可能なアトラクション
・ マリオカート~クッパの挑戦状~(2021年3月18日開始)
・ ミニオン・ハチャメチャ・ライド(2019年12月21日開始)
・ エルモのゴーゴー・スケートボード
・ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド(バックドロップは利用不可)
・ スペース・ファンタジー・ザ・ライド
・ アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
・ ザ・フライング・ダイナソー
・ ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™
・ ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・ ジョーズ

◎ チャイルドスイッチ
身長制限等でアトラクションが利用できない連れと一緒の場合、1回分の待ち時間で、付き添い者が、順番で交互にアトラクションを利用できるシステム。疾患や年齢等事情がある場合は大人同士でも利用できる。
◇ 利用可能なアトラクション
・ マリオカート~クッパの挑戦状~
・ ヨッシー・アドベンチャー
・ ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™
・ フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ™
・ ミニオン・ハチャメチャ・ライド
・ ミニオン・ハチャメチャ・アイス
・ フライング・スヌーピー
・ ハローキティのカップケーキ・ドリーム
・ エルモのゴーゴー・スケートボード
・ モッピーのバルーン・トリップ
・ ビッグバードのビッグトップ・サーカス
・ エルモのバブル・バブル
・ ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド(バックドロップも利用可)
・ スペース・ファンタジー・ザ・ライド
・ シュレック 4-D アドベンチャー
・ セサミストリート 4-D ムービーマジック™
・ アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
・ ターミネーター 2:3-D®
・ バックドラフト
・ ザ・フライング・ダイナソー
・ ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・ ジョーズ

◎ よやくのり
ユニバーサル・ワンダーランド内の指定のアトラクションの乗車時間を指定予約することができるシステム。元々は2013年7月下旬から9月上旬に「ユニバーサル・ワンダーランド予約システム」として期間限定で導入されたものが、好評により2014年3月より正式に導入された。
・ 対象アトラクションの入り口付近に予約発券機が設置されており、手持ちのスタジオ・パスを認証させ、発券する。スタジオ・パスの無い3歳以下の子供は、発券の際に3歳以下の利用人数を入力する必要がある。
◇ 利用可能なアトラクション
・ フライング・スヌーピー
・ エルモのゴーゴー・スケートボード
・ モッピーのバルーン・トリップ
・ エルモのバブル・バブル

◎ フォト・オポチュニティ
アトラクション乗車中のどこかで自動的に写真が撮られたり、キャラクターとの記念撮影時にクルーが撮ってくれるサービス。アトラクションの場合は写真購入をしなくても良いが、グリーティングでの場合は写真購入をする前提で進めるためキャンセルは基本できない(●)。
○ 利用可能なアトラクション・グリーティング・フォトスポット

・ ヨッシー・アドベンチャー
・ マリオ&ルイージ・フォト・オポチュニティ●
・ プリンセス・ピーチ・フォト・オポチュニティ●
・ ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー
・ デリシャス・ミー・フォト・オポチュニティ●
・ ハローキティのリボン・コレクション
・ スペース・ファンタジー・ザ・ライド(XRライドも対応)
・ アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D
・ アメージング・スパイダーマン・フォト・オポチュニティ●
・ フォーティ・セカンド・ストリート・スタジオ〜グリーティング・ギャラリー〜●
・ ザ・フライング・ダイナソー
・ ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・ ジュラシック・パーク・フォト・オポチュニティ●
・ ジョーズ・フォト・オポチュニティ●

◎ レストラン優先案内サービス
レストラン優先案内サービスは、あらかじめ来店時間を指定すると、少ない待ち時間で優先的に席に案内されるシステム。2016年4月1日より、レストラン優先案内のWEB受付が開始され、電話受付は2016年3月31日で終了した。
◇ 利用可能なレストラン
・ パークサイド・グリル
・ アズーラ・ディ・カプリ
・ フィネガンズ・バー&グリル
・ SAIDO

◎ ゲストサポート・パス
身体的障害でアトラクションの待ち列に並ぶことができない場合等、障害者手帳を持っている場合に限り発行できるパス。アトラクションの待ち時間を、待ち列以外の場所で過ごすことができる。アトラクションによっては、他客よりも先に移動する関係上、映像説明などを最後まで見られない場合もある。予約中はアトラクションで待機中と扱うため、他のアトラクションを利用することはできない。

◎ ライドリストリクションズカード
身体および宗教上の都合により、帽子やウィッグなどを外すことができないゲストが、着用が制限されているアトラクションを利用する際に発行されるカード。フードやクリップを利用してアトラクションを利用することができる。

● 公式アプリ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの公式アプリが存在する。公式アプリではマップや待ち時間表示、整理券発行等ができパーク側もアプリの使用を推奨している。iOS・Androidどちらの端末でもインストールができる。公式アプリでできることは下記に記載する。
・ パークマップを表示
 ・ パークマップはアトラクション、レストラン、グッズショップ、サービス、化粧室などのの場所が表示されるる他、自分の現在地も一目で知ることができる。
・ アトラクション待ち時間・ショースケジュール表示
 ・ 全てのアトラクションの待ち時間、ショーの公演時間がリアルタイムで更新され、スタジオインフォメーションボードまで行って確認する必要がないため非常に便利。
・ アトラクション整理券・エリア入場整理券・エリア入場抽選券の発行(e整理券)
 ・ パーク内にある整理券発券所に行かなくても公式アプリで簡単に取得することができる。パークに入場後に取得することができる。ただし、整理券を取得するためには事前にチケットを登録する必要がある。
・ スーパー・ニンテンドー・ワールドの記録・エリアマップの表示
 ・ スーパー・ニンテンドー・ワールドでできる「パワーアップバンド・キー・チャレンジ」や、コイン・スタンプの枚個数、マリオカートのスコアなどのの記録を確認することができる。その他にエリアマップやスコアなどを他のゲストと競うことができるランキング機能がある。

● エリア
パークはエントランスを含む10のエリアに分かれて構成されており、それぞれのエリアでアメリカ各地の街並や映画の舞台となった場所の風景などが再現されている。

◎ ハリウッド・エリア
パークのエントランスを入ってすぐのエリア。1930〜1940年代のスターたちが行き交った華やかなハリウッド大通りの街並みを再現。エリア内には映画『プリティ・ウーマン』などの撮影セットを再現した建物が建ち並ぶ。

◎ ニューヨーク・エリア
1930年代のニューヨークの街並がイメージ。華やかな5番街から庶民的なデランシーストリートまで、当時の街並みが楽しめる。

◎ サンフランシスコ・エリア
アメリカ随一の港町、フィッシャーマンズワーフやチャイナタウンを再現したエリア。

◎ ジュラシック・パーク
映画『ジュラシック・パーク』の世界観を再現した熱帯の樹木が生い茂るエリア。

◎ アミティ・ビレッジ
映画『ジョーズ』の舞台となった漁村アミティを再現したエリア。

◎ ウォーターワールド
映画『ウォーターワールド』に登場する海上に浮かぶ近未来浮遊都市を再現したエリア。潮風でさびれたような作りになっている。

◎ ユニバーサル・ワンダーランド
2012年3月16日にオープンした、エルモ、スヌーピー、ハローキティなど、世界的に人気のキャラクターたちが住む街をコンセプトにしたファミリーエリア。開業当初の「ウエスタンエリア」から「ランド・オブ・オズ」を経て、リニューアルされた。

◎ ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター
2014年7月15日にオープンした、『ハリー・ポッター』の物語の世界を、圧倒的なスケールと徹底した細部へのこだわりで再現した壮大なエリア。映画と同様の美術スタッフが監修と設計を行い、映画に登場するホグワーツ城、ホグズミード村などが忠実に再現されている。

◎ ミニオン・パーク
2017年4月21日にオープンした、映画『怪盗グルー』シリーズに登場する「ミニオン」がテーマのエリア。世界にあるミニオン・パークの中では最大の敷地面積を誇る。

◎ スーパー・ニンテンドー・ワールド
2021年3月18日にオープンした、『スーパーマリオ』を中心とする任天堂のコンピュータゲームの世界観を忠実に再現した世界で初めてのエリア。投資額は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」を超える600億円以上。

● 期間限定アトラクション


◎ ウォークスルー型アトラクション
建物内を歩きコラボ作品の世界観を味わうことができるアトラクション。ウォークスルー型アトラクションは初期のコラボイベント開催時から登場している。「ステージ18」「ステージ22」「パレスシアター」の施設で行うことが多い。最近は「名探偵コナン・ザ・エスケープ」「モンスターハンター・ザ・リアル」「進撃の巨人・ザ・リアル」などのユニバーサル・クールジャパンの開催時や、「カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜」「バイオハザード・ザ・エクストリーム」「ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル〜祟られた廃村〜」「ユニバーサル・モンスターズ〜レジェンド・オブ・フィアー〜」などのハロウィーン・ホラー・ナイトの開催時などに登場することが多い。

◎ XRライド
2016年から開催された新感覚アトラクション。専用のVRゴーグルを装着しジェットコースターに乗ることでコラボ作品の世界観を体全体で感じることできる。開催時は「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」を使い運営する。XRライドはユニバーサル・クールジャパンの開催などに登場することが多い。最近は単独コラボ開催時にも登場されるようになった。2020年からVRゴーグルが一新し、映像がクリアになり一部メガネのまま装着ができるようになった。
 1  2016年  きゃりーぱみゅぱみゅXRライド
 2  2017年  新世紀エヴァンゲリオンXRライド
 3    2018年  ファイルファンタジーXRライド
 4  新世紀エヴァンゲリオンXRライド
 5  2019年  ルパン三世カーチェイスXRライド
 6    2020年  進撃の巨人XRライド
 7  『STAND BY ME ドラえもん2』XRライド
 8  2021年  鬼滅の刃XRライド
 9  2022年  進撃の巨人XRライド
 10  2023年  ドラえもん XRライド〜のび太と空の理想郷〜


◎ XR WALK
2022年から開催された新施設。VRゴーグルなどの機材を体に取り付け施設内を自由に歩き回りコラボ作品の世界観を味わうことができる。開催場所は「ステージ18」で行われる。「モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK」は大好評につき約1年間期間を延長し開催したほどの大人気アトラクションである。
   1  2022年    モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK
 2023年


◎ ショーアトラクション
シアター施設や屋外ステージでリアルキャストによるコラボ作品の世界観を再現した限定ショー。過去には「ピーターパンのネパーランド」「進撃の巨人・ザ・リアル」「ルパン三世・ザ・ライブ」「ワンピース・プレミアショー」「シャーロック・ホームズ〜呪われた薔薇の剣〜」などが開催されていた。

◎ 4-Dアトラクション
3D映像と座席の振動や水飛沫などの特殊効果などによってコラボ作品の世界観を味わうことができるシアターショーアトラクション。場所は「シネマ4Dシアター」で開催するが、常設アトラクションの「セサミストリート・4D・ムービー・マジック」「シュレック・4D・アドベンチャー」は上映せずに開催することが多い。「進撃の巨人・ザ・リアル4D」「ゴジラVSエヴァンゲリオン・ザ・リアル4D」「美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4D」「ハンター×ハンター・ザ・リアル4D」などのユニバーサル・クールジャパン開催時によく登場する。過去には「ジュジュの奇妙な冒険・ザ・リアル4D」「ドラゴンボール超・ザ、リアル4D」などのジャンプ・サマー開催時によく登場していた。最近は「ブラッドレジェンド」などのハロウィーン・ホラー・ナイト開催時や「呪術廻戦・ザ・リアル4D」などの単独コラボ開催時によく登場している。

◎ エンターテイメント・レストラン
コラボ作品の世界観を味わうことができるショーと食事が楽しめる限定レストラン。レストランを楽しむには事前に別途有料チケットを買わないといけない。最近は「名探偵コナン・ミステリーレストラン」「サンジの海賊レストラン」を開催している。場所は「ロンバーズ・ランディング」で行われる。コラボレストラン開店以外の日は「ロンバーズ・ランディング」は営業していない。

◎ テーマ・レストラン(コラボレストラン)
コラボ作品の世界観・料理を楽しむことができるコラボレストラン。エンターテイメント・レストランのように別途チケットを購入する必要はない。パーク内にある常設レストランのような形式で座席に座り注文し食事が終わったらお支払いとなる。「鬼滅の刃 藤の花の食事処」「呪術廻戦 都立呪術高専食堂」など注文する前にキャラクターのクロノイドと写真を撮るフォト・オポチュニティ・サービスがある場合もある。

◎ ウォークラリー・クイズラリー
パーク内を歩き回りミッションを達成するアトラクション。「名探偵コナン・ミステリーチャレンジ」「SPY×FAMILY シークレット・ミッション」のように無料で楽しめるものもあれば「鬼滅の刃 鬼殺隊特別訓練ラリー」のように有料な場合もある。

● シーズナルイベント


◎ ユニバーサル・クールジャパン
毎年冬〜夏にかけて行うイベント。2015年から開始され、数多くの日本発祥の人気ゲームやアニメとコラボレーションし、期間限定アトラクションやレストラン、エンターテイメントが一度に多数登場する。コラボ作品や内容は毎年変更される。2021年は諸事情のため中止されたが「名探偵コナン・ワールド」を規模を縮小して単独開催された。

◎ ユニバーサル・イースター・セレブレーション
毎年春に行うシーズナルイベント。「ユニバーサル・ワンダーランド」「ミニオン・パーク」がイースター装飾になり、イースターの衣装を着たキャラクターと触れ合ったり「たまご探しラリー」をして遊ぶことができるエンターテイメントが登場する。

◎ サマーイベント
毎年夏(ワンピース・プレミア・サマーは夏〜秋)に行うシーズナル・期間限定イベント。毎年水でずぶ濡れになり楽しむデイパレードが開催される。他にも期間限定ショーやグリーティングが行われる。また「ワンピース・プレミア・サマー」も開催され「ワンピース・プレミアショー」「ワンピース・ウォーター・バトル」などの期間限定ショーなどが行われる。

◎ ハロウィーンイベント
毎年秋に行うシーズナルイベント。昼はハロウィーン衣装を着たキャラクターとグリーティングや「トリック・オア・トリート」などが開催されハロウィーン気分を味わうことができる。夜はパークのあちこちからゾンビが出現する「ハロウィーン・ホラー・ナイト」が開催される。また期間限定で多数のホラーアトラクションも導入される。

◎ クリスマスイベント
毎年冬〜翌年の成人の日までに行うシーズナルイベント。毎年ニューヨーク・エリアの奥にギネス世界記録™️を持つ巨大クリスマスツリーが設置される。また「ユニバーサル・ワンダーランド」「ミニオン・パーク」「ウェザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がクリスマス仕様になる。昼はクリスマス衣装を着たキャラクターとグリーティングやクリスマスショーなどが開催され、夜はイルミネーションやナイトショー(「天使のくれた奇跡」シリーズや、「クリスタルの約束」など)が開催されている。

◎ カウントダウン・パーティ
毎年大晦日〜正月にオールナイトで行うシーズナルイベント。年越し前はグラマシーパークにてアーティストのショーやシーズナルイベントのスペシャルショーが開催される。グラマシーパークとラグーンでカウントダウンを行う「カウントダウン・モーメント」では壮大な花火が打ち上げられる。また大晦日の夜〜正月の夜までアトラクションを楽しめる「アトラクション・オールナイト」も開催される。なお大晦日の夜〜正月の早朝までは「パーティ・パス」を持ったゲストしか入場することができない。

● 終了したエリア、アトラクション


◎ 終了したエリア

◇ ウエスタンエリア : 2006年5月7日終了 : 開業当初、ユニバーサル・ワンダーランドの位置にあった西部劇映画をテーマとしたエリア。『駅馬車』や『シェーン』などのセットがそのまま情景となっていた。ランド・オブ・オズを経て、ユニバーサル・ワンダーランドへとリニューアルされた。 : 後述する「ザ・ワイルド・ワイルド・ワイルド・ウエスト・スタント・ショー」「アニマル・アクターズ・ステージ」などがあった。
◇ ランド・オブ・オズ : 2011年2月15日終了 : 2006年7月12日から2011年2月15日まで存在したオズの魔法使いをテーマとしたエリア。エメラルド・シティをイメージした緑の外観に黄色いレンガの道が通っていた。当初2011年2月14日終了予定だったが、ファンから熱い要望があった為に急遽2月15日のみ延長して運営を行った。 : スヌーピースタジオを吸収する形で、2012年3月16日、ユニバーサル・ワンダーランドへとリニューアルされた。 : 後述する「ウィケッド」「トト&フレンズ」「マジカル・オズ・ゴーラウンド」があった。

◎ 終了したアトラクション

◇ ステージ22 : 2002年8月31日終了 : 映画「フリントストーン」で使ったセットや小道具、衣装などを展示していた。建物の外壁には、様々な有名人の手形が現在も飾られている。終了後は建物を残して「E.T.アドベンチャー・ザ・レジェンド」「マミー・ミュージアム」「チャッキーのホラー・ファクトリー」「ドラゴンクエスト・ザ・リアル」「ユニバーサル・モンスターズ〜レジェンド・オブ・フィアー〜」などの期間限定アトラクションやアトラクション整理券発券所として使われている。また、地盤沈下のため一度解体し、再建設した。
◇ ユニバーサル・スタジオ・モーション・ピクチャーマジック : 2002年11月4日終了 : ユニバーサル映画がどのように作られているのかをスティーヴン・スピルバーグ監督とともに3面スクリーンで上映していた。「ユニバーサル・スタジオ・シネマ4-D」にリニューアル。 : 座席を一新したほか、特殊効果の装置を増設した。3面スクリーンは中央の1面のみを使用して上演している。2011年2月28日(月)から2011年7月6日(水)までシネマ4-Dシアターで期間限定で復活した(3面スクリーンではなく中央の1面のみを使用した)。
◇ ハリウッド・プレミア・パレード : 2004年8月31日終了 : ユニバーサル映画に関連したフロートに乗って、キャラクターやダンサーがパフォーマンスを繰り広げるパレード。
◇ テレビ・プロダクション・ツアー : 2004年8月31日終了 : 閉鎖中。「スパイダーマン3ムービーフェスティバル」等、期間限定イベントで運営。アトラクション終了後も2014年3月末までは実際に毎日放送 (MBS) の番組収録が非公開で運営されていた。
◇ モンスター・メーキャップ : 2004年8月31日終了 : おっちょこちょいな博士とその助手の実験を見に来たゲストはその奇怪な実験の渦に巻き込まれる。一時期は吉本新喜劇で有名な吉田裕も助手役で出演していた。アトラクション終了後、「ステージ18」と称され年間パスの引換所等をしていたが現在は、施設自体はステージ14と呼称され「セサミストリートのハッピーサプライズ」等、期間限定イベントで運営されていた。現在は「シング・オン・ツアー」の施設になっている。
◇ ザ・ワイルド・ワイルド・ワイルド・ウエスト・スタント・ショー : 2005年1月9日終了 : ウエスタンエリアで開催されていた西部劇のスタントショー。「スヌーピー・アクション・ステージ」(2006年1月9日終了)にリニューアル。セットがカラフルなものに変更され、撮影用クレーンが追加された。
◇ ハリウッド・マジック : 2005年10月23日終了 : ユニバーサル映画の数々の歴史を様々な特殊効果を使用したショー毎夜開催されていた。ラグーンに浮かぶ3つのステージで行われていたショー。
◇ スヌーピー・アクション・ステージ : 2006年1月9日終了 : ウエスタンエリアで開催されていたショー。スヌーピーたちが西部劇映画を撮る設定。ランド・オブ・オズの「ウィキッド」にリニューアル。シアターの壁面が暗幕に覆われたほか、吸音設備が設置された。
◇ アニマル・アクターズ・ステージ : 2006年5月7日終了 : ウエスタンエリアで開催されていた動物ショー。ランド・オブ・オズの「トト&フレンズ」にリニューアル。配色が変更され、フルーツツリー(喋る木)などが設置された。
◇ ハッピー・ハーモニー・セレブレーション : 2008年6月29日終了 : 巨大なフロートにキャラクター達が乗って現れるパレードショー。
◇ E.T. アドベンチャー® : 2009年5月10日終了 : 跡地には2010年3月19日に新規アトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」が導入された。
◇ E.T. アドベンチャー ザ・レジェンド : 2010年2月28日終了 : 2009年7月18日オープン。2009年5月10日にクローズした「E.T.アドベンチャー®」を追体験できるウォークスルータイプのアトラクション。参加者はE.T.の先生ボタニカスの指令により森の中からE.T.を探し出し、E.T.と一緒にグリーンプラネットへと出発する設定となっている。ステージ22™の会場内にはモニターが複数設置されメイキング映像と、このアトラクションのために撮り下ろしたスティーヴン・スピルバーグ監督の解説を見ることができた。
◇ ピーターパンのネバーランド : 2010年10月31日終了 : ラグーンで行われていたショー。
◇ ウィケッド : 2011年1月10日終了 : ランド・オブ・オズのエメラルドシアターで行われていた短縮版ミュージカル。
◇ トト&フレンズ : 2011年2月15日終了 : ランド・オブ・オズで行われていた動物ショー。
◇ マジカル・オズ・ゴーラウンド : 2011年2月15日終了
◇ 10周年記念ショー「Dreams Are Universal」 : 2012年1月9日終了
◇ ペパーミント パティのスタント・スライド™ : 2013年9月8日終了 : 跡地は、ハリーポッターエリアへ通じる通路に吸収された。
◇ バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド : 2016年5月31日終了 : 跡地には「怪盗グルー」に登場するキャラクター『ミニオン』をモチーフにしたアトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」が2017年にオープン。
◇ マジカル・スターライト・パレード : 2016年6月26日終了
◇ アニメ・セレブレーション : 2017年12月21日(2016年6月1日)終了。 : 現在は「プレイング・ウィズ・おさるのジョージ」の施設になっている。
◇ スヌーピーのグレート・レース : 2021年3月17日終了。

● 受賞歴

◇ アニメ・セレブレーション : 2002 THEAアウトスタンディング・アチーブメント賞アトラクション部門
◇ アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド : 2004 世界最高ダークライド ゴールデン・チケット賞
◇ ピーターパンのネバーランド : 2007 THEAアウトスタンディング・アチーブメント賞Event Spectacular部門
◇ 天使のくれた奇跡 : 2009 IAAPA主催 Big E Awards(ビッグEアワード)」の「総合プロダクション(予算2百万ドル以上)」部門最優秀賞
◇ マジカル・スターライト・パレード : 2009 IAAPA主催 Big E Awards(ビッグEアワード)」の「総合プロダクション(予算2百万ドル以上)」部門特別賞
◇ スペース・ファンタジー・ザ・ライド : 2011 THEA アウトスタンディング・アチーブメント賞
◇ マリオカート 〜クッパの挑戦状〜 : 2021 THEA アウトスタンディング・アチーブメント部門 : モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK 第6回VR Awards VR ロケーションベース・エンターテイメント・オブ・ザ・イヤー部門

● コーポレート・マーケティング・パートナーズ
企業がユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや施設に協賛し、相互にマーケティング活動を行っている。具体的にはパートナー企業の商品を使用、アトラクション内外での看板の設置、キューラインにモニターを設置しているアトラクションでは企業ロゴやビジョンが映されるなどであ

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2023年2月6日13時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな遊園地は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな遊園地は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな遊園地は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな遊園地は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな遊園地は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

遊園地の無作為ピックアップ

好きな遊園地は どっち?

投票すると遊園地ランキングが閲覧できます!


VS

好きな遊園地を お選びください。

現在 37回の投票があります!

嫌いな遊園地は どっち?

投票すると遊園地ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

現在 3回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター