好きな遊園地
ランキング3位
4票獲得
嫌いな遊園地
ランキング3位
獲得票なし
東京ディズニーシー


  • 100%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

東京ディズニーシー(とうきょうディズニーシー、略称: TDS)は、千葉県浦安市舞浜にある東京ディズニーリゾートを形成する日本のディズニーパークである。 年間来場者数は約1,350万人で、世界のテーマパーク・アミューズメントパークの中では世界5位。 東京ディズニーシーで販売されているキャラクターの著作権や版権ビジネスは、全てウォルト・ディズニー・ジャパンが、アトラクションやショーの企画に関しては、米国ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ及び米国ディズニーの子会社であるウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパンが担当している。 オリエンタルランドは、ウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約のもとパークの実務面の運営のみを担当している。

● 概要
米国ディズニー社及びオリエンタルランド社は、1988年(昭和63年)4月15日に「第二パーク構想」を発表。予定総事業費約400億円、完成予定は5年後を予定していた。計画では、日本で2番目のディズニーパークとして、アメリカ合衆国フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートやフランスのディズニーランド・パリにある映画スタジオ「ディズニーMGMスタジオ・ツアー」(現・ディズニー・ハリウッド・スタジオ)をモデルにした施設「ディズニー・ハリウッド・スタジオ・テーマパーク at 東京ディズニーランド」の建設が決定していたが、「日本では映画文化に馴染みがなく将来性に大きな懸念がある」というオリエンタルランド側の強い希望から、1992年(平成4年)1月に計画を白紙に戻す事となった。 その後、米国ディズニー社及びオリエンタルランド社両社による再協議を経て、1992年(平成4年)10月20日にロサンゼルスのロングビーチにかつて開園が予定されていた「ディズニーシー」(仮称)のコンセプトを流用することになり、1996年(平成8年)5月28日にウォルト・ディズニー社と基本契約を再締結、1997年(平成9年)3月25日には浦安市や千葉県と用地譲渡などについての三者協定を締結、同月末に構想のイメージ図を公表した。 1998年(平成10年)10月22日に着工式が行われ、2001年(平成13年)9月4日に開園したに関するプレゼンテーション実施、第2パーク建設案の浮上。
・ 1988年(昭和63年)
 ・ 2月24日 - 第2パーク「ディズニー・ハリウッド・マジック」に関するプレゼンテーション実施
   ・ 13〜17日 ストックホルダープレビュー(OLC株主)
   ・ 20〜31日 スポンサープレビュー(参加企業関係者)
   ・ 25〜31日 サプライズプレビュー(「ディズニー・サマー・サプライズ」当選ゲスト)
 ・ 8月4日 - 前売りチケットの販売が開始
 ・ 8月21日 - テレビCMの放映が開始
 ・ 9月2日 - 「東京ディズニーシー・グランドオープニング・プレミア・パーティー」開催
 ・ 9月4日 -「東京ディズニーシー」が正式に開園。
・ 2005年(平成17年)
 ・ 3月1日 - 「ホライズンベイ・レストラン」にてディズニーキャラクターダイニングをレギュラーで開始。
 ・ 3月31日 - ガイドツアー「キッズツアー:失われた宝物を探せ!」終了。
  ・ 新ナイトタイム・スペクタキュラー「ファンタズミック」公演開始
  ・ 「テーブル・イズ・ウェイティング」公演開始
  ・ 「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」オープン
 ・ 7月8日 - 「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」オープン
 ・ 7月18日 - 「ジャスミンのフライングカーペット」オープン
 ・ 9月4日〜2012年3月19日 - 東京ディズニーシー10thアニバーサリー「Be Magical」開催
・ 2012年(平成24年)
 ・ 1月4日〜3月16日 - タワー・オブ・テラーで、落下回数の増加と新プログラムを導入した「タワー・オブ・テラー:Level 13 」を期間限定で初開催
 ・ 4月3日〜6月30日 - 「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」初開催
 ・ 5月28日 - 「レイジングスピリッツ」で安全バーが開いたまま動きだし、乗客が2週間程度の怪我を負う転落事故が発生。同事故の影響で6月13日まで「レイジングスピリッツ」は運行休止。
 ・ 7月9日 - 「トイ・ストーリー・マニア」オープン
・ 2013年(平成25年)
 ・ 4月15日〜2014年3月20日 - 東京ディズニーリゾート全体での2度目のアニバーサリーイベントとなる「東京ディズニーリゾート30thアニバーサリー「ザ・ハピネス・イヤー」」開催
 ・ 7月8日〜9月2日 - 「ディスニー・サマーフェスティバル」初開催
 ・ 10月18日 - ハウス食品の100周年を記念して応募者の中から抽選で合計2,500組7,000名を招待して、『ハウス食品 みんなにありがとう スペシャルナイト AKB48 in 東京ディズニーシー』が午後7時30分より開催された。
・ 2014年(平成26年)
 ・ 4月6日 - 「アンダー・ザ・シー」公演終了
 ・ 4月12日 - 「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」を合わせて6億人目のゲストが来園
 ・ 9月7日 - 「レジェンド・オブ・ミシカ」公演終了
 ・ 10月30日 - 「2016中期経営計画」でロストリバーデルタ南側に8つ目の「新テーマポートの開発」を検討していることが発表された。
・ 2015年(平成27年)
 ・ 1月6日〜3月20日 - 「タワー・オブ・テラー:Level 13」が「タワー・オブ・テラー:Level 13 “シャドウ・オブ・シリキ”」にバージョンアップして期間限定で開催。
 ・ 3月1日 - メディテレーニアン・ハーバー可動式ステージ導入
 ・ 4月2日〜6月23日 - 「ディズニー・イースター」初開催
 ・ 4月5日 - 「ミスティックリズム」公演終了
 ・ 4月24日 - 「キングトリトンのコンサート」公演開始
 ・ 4月28日 - 「2016中期経営計画」で8つ目の「新テーマポートの開発」として、一部のエリアをディズニー映画『アナと雪の女王』の世界をテーマとし、全体のテーマを「北欧」とする方向性となった。導入時期は2017年度以降。その後の発表により、計画は延期になったが白紙にはなっていない。
・ 2016年(平成28年)
 ・ 1月12日〜4月10日 - 新グリーティングショー「カムジョイン・ユア・フレンズ」公演
 ・ 4月15日〜2017年3月17日 - 東京ディズニーシー15thアニバーサリー「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」開催
 ・ 5月16日 - 「ストームライダー」クローズ
 ・ 7月9日 - 「ハンガーステージ」での新エンターテイメントプログラム「アウト・オブ・シャドウランド」公演開始
・ 2017年(平成29年)
 ・ 3月17日 - 「テーブル・イズ・ウェイティング」公演終了
 ・ 5月12日 - 「ニモ&フレンズ・シーライダー」オープン、「タートル・トーク」のリニューアルオープン
 ・ 7月11日 - 新グリーティングショー「ステップ・トゥ・シャイン」公演開始
・ 2018年(平成30年)
 ・ 3月19日 - 「ステップ・トゥ・シャイン」公演終了
 ・ 3月31日 - 「セイリングデイ・ブッフェ」クローズ
 ・ 4月15日 - 東京ディズニーリゾート全体での3度目のアニバーサリーイベントとなる「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration”」開催
 ・ 6月14日 - 新たなディズニーホテルを有する8つ目のテーマポートの開発を含む「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」を発表。既存施設への追加投資として過去最高の約2,500億円を投入予定
 ・ 7月5日 - 東京ディズニーリゾート公式スマートフォンアプリが誕生。
 ・ 7月10日 - ドックサイドステージにて、レギュラーショー 「ハロー、ニューヨーク」公演開始
 ・ 7月19日 - 「ベイサイド・テイクアウト」オープン
 ・ 8月20日 - 「ドックサイドダイナー」オープン
 ・ 11月5日 - パーク内の一部ショップ、レストラン、および一部商品を除き、全国の交通系ICカード、QUICPay、iDによる電子マネー決済を導入
・ 2019年(平成31年/令和元年)
 ・ 3月31日 - 「アウト・オブ・シャドウランド」公演終了。
 ・ 5月21日 - 8つ目のテーマポートとなる「ファンタジースプリングス」の起工式実施。
 ・ 7月8日 - 「ホライズンベイ・レストラン」のキャラクターダイニング終了。
 ・ 7月10日 - 「ファストパスリマインダー」サービス開始。
 ・ 7月23日 - 「デジタルファストパス」サービスの運用開始ディズニーリゾート公式アプリでパークイン後にパスポートまたは、年間パスポートをアプリで読み込むとアトラクションのファストパスが取得できるようになった。
 ・ 7月23日 - 「ハンガーステージ」にて新規ショー「ソング・オブ・ミラージュ」が公演開始。新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」をメディテレーニアンハーバーに導入。
 ・ 8月20日 - マーメイドラグーンに「ベビーケアルーム」がオープン。
 ・ 10月12日 - 令和元年東日本台風(台風19号)の影響で東京ディズニーランドと共に終日休園。災害により休園するのは東日本大震災以来となった。
・ 2020年(令和2年)
 ・ 2月29日〜6月30日 - SARSコロナウイルス2感染症の感染拡大防止のため、東京ディズニーランドと共に長期休園。当初は3月15日まで休園の予定だったが、その後休園期間の延長が発表された。そのため3月25日に終了予定だった「ファンタズミック」、3月31日にクローズ予定だった「アリエルのグリーディンググロット」は休園期間中に公演終了となった。
 ・ 6月23日 - 東京ディズニーランドと共に7月1日より営業再開される事が発表された。
 ・ 7月1日 - 東京ディズニーランドと共に営業が再開された。再開に際しては、営業時間を当面の間8時から20時(同年9月1日以降は9時から21時)の短縮営業とし、入園時間の異なる3つの券種をオンラインでのみ販売し、チケットブースは開設しないこととした。また通常キャストにより行われる開園宣言は、この日のみオリエンタルランド会長の加賀美俊夫の言葉により行われた。
 ・ 9月19日 - 「エントリー受付」を導入。
 ・ 9月23日 - 「スタンバイパス」を導入。
 ・ 10月22日 - 有効期限が2020年2月29日以降の年間パスポートについて、有効期限延長は実施せず、すべての保持者に対して払い戻しを実施することを発表。
・ 2021年(令和3年)
 ・ 1月8日 - 新型コロナウイルス感染防止対策や日本政府からの緊急事態宣言発令などを受けて、同日から1月11日までの閉園時間を20時まで、同月12日から3月31日までは19時とする。
 ・ 2月13日 - 緊急事態宣言の延長を受けて、同日から3月31日。
 ・ 3月22日 - 緊急事態宣言の解除を受けて、入園者数の上限緩和(1万人)を実施。
 ・ 4月1日 - 営業時間を9時から21時までの12時間に拡大。入園者数の上限緩和(2万人)を実施。延期されていたディズニーホテル宿泊者向けの「アーリーエントリーチケット」の販売開始。「ビッグバンドビート」を「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」として公演再開。
 ・ 4月20日 - 浦安市にまん延防止等重点措置が適用されることを受けて、同日から5月11日まで、閉園時間を20時までに変更。入園者数も5,000人に制限。
 ・ 4月28日 - まん延防止等重点措置強化を受けて、同日から5月11日まで、アルコール飲料の販売を停止。
 ・ 5月10日 - アルコール飲料の販売停止を5月31日まで延長を決定。
 ・ 5月17日 - まん延防止等重点措置延長を受けて、同日から5月31日まで、営業時間を10時から19時までの9時間に短縮予定。同期間の「アーリーエントリーチケット」の販売を停止。
 ・ 5月29日 - 千葉県によるまん延防止等重点措置の再延長を踏まえ、営業時間の短縮を6月20日まで延長することを発表。同期間の「アーリーエントリーチケット」の販売を停止。アルコールの販売停止も同日まで延長。
 ・ 6月1日 - レストランメニューの価格を一部改定。
 ・ 7月10日 - 千葉県によるまん延防止等重点措置の再延長を踏まえ、営業時間の短縮を8月22日まで延長することを発表。アルコールの販売停止も同日まで延長。
 ・ 7月31日 - 緊急事態宣言再発令を受けて、営業時間の短縮を8月31日まで延長することを発表。アルコールの販売停止も同日まで延長。
 ・ 8月18日 - 緊急事態宣言延長を受けて、営業時間の短縮を9月12日まで延長することを発表。アルコールの販売停止も同日まで延長。
 ・ 9月4日 - 同日から2022年9月3日まで、東京ディズニーシー20周年記念イベント「タイム・トゥ・シャイン」を開催。テーマに合わせた水上グリーティングやグッズ、メニュー、デコレーションなどを予定。東京ディズニーシー・ホテルミラコスタや東京ディズニーセレブレーションホテル、ディズニーリゾートラインでもイベントを展開する。
 ・ 9月10日 - 緊急事態宣言延長を受けて、営業時間の短縮を9月30日まで延長することを発表。アルコールの販売停止も同日まで延長。
 ・ 9月30日 - 同年10月1日に緊急事態宣言が解除されることを受けて、入園者数の上限緩和(1万人)を実施。なお、営業時間短縮は継続する。
 ・ 10月11日 - 千葉県が定めている確認店の認定を取得したことに伴い、一部店舗でのアルコール販売を時間を限定(11時から19時まで)した上で再開。
 ・ 10月25日 - 入園者数の上限緩和を段階的に実施。モバイルバッテリーのレンタルサービスを開始。
 ・ 11月1日 - 営業時間を9時から21時までの12時間に拡大。アーリーエントリーチケットの販売も再開。
・ 2022年(令和4年)
 ・ 1月21日 - 千葉県にまん延防止等重点措置が適用されることを受けて、同日から2月28日まで、入園者数を20,000人以下に制限。
 ・ 3月1日 - 千葉県から入園者数の緩和が認められたことを受けて、同日から入園者数の上限を収容率である50%を超えない範囲で段階的に引き上げる。
 ・ 4月1日 - 「ジャンボリミッキーレッツ・ダンス」公演開始。

● 今後の計画

・ 2022年
 ・ 5月19日 - ソアリン:ファンタスティック・フライトに「ディズニー・プレミアアクセス」を導入予定。
 ・ 年内 - メディテレーニアンハーバーにて、新ナイトタイムエンターテイメント「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜」スタート予定。公演時間は約20分間で、提供はNTTドコモ。
・ 2023年
 ・ 時期未定 - 魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界をテーマとした8番目のテーマポート「ファンタジースプリングス」をオープン予定。

● パークの特徴とテーマポート
園内はコンセプトごとに「テーマポート」と呼ばれる7つのエリアに分かれ、テーマに合わせたアトラクションやレストランが置かれている。また、TDLとは異なり、ビールやワインなどのアルコール飲料の販売があるなど、客層を大人も視野に入れた設定にしている。 ミッキーマウスを始めとする著名なディズニーキャラクターの他、リトル・マーメイドやアラジンなど、TDSのコンセプトに沿ったディズニーキャラクターの出迎え(キャラクターグリーティング)がある。

◎ テーマポート一覧

○ メディテレーニアンハーバー
メディテレーニアンハーバー (Mediterranean Harbor) は南ヨーロッパの港町をテーマとしている。ホテルミラコスタを上から見た形はイタリアのポルトフィーノの港町の建物がモチーフになっている。「ポルト・パラディーゾ」「パラッツォ・カナル」「エクスプローラーズ・ランディング」の3つのサブエリアで構成される。
○ アメリカンウォーターフロント
アメリカンウォーターフロント (American Waterfront) は古き良きアメリカの港をテーマとしている。パーク敷地内と東京湾の間にある、道路や歩道とディズニーリゾートラインの線路などは見えず、東京湾のみが見えるように設計されており、借景の効果を得ている。「ニューヨーク」「ケープコッド」「トイビル・トロリーパーク」の3つのサブエリアで構成される。
○ ポートディスカバリー
ポートディスカバリー (Port Discovery) は20世紀初頭のSF小説世界をモチーフ(レトロフューチャー)にした、時空を超えた未来のマリーナとしている。アメリカンウォーターフロントと同様に東京湾を借景として利用している。ホラインズンベイ・レストランなどの建物はヴィクトリア朝様式を取り入れた建物になっている。
○ ロストリバーデルタ
ロストリバーデルタ (Lost River Delta) は、1930年代の古代文明の遺跡発掘現場をモチーフにした、中央アメリカの熱帯雨林地域をテーマとしている。中央を流れる河(ロストリバー)によって二つに分断されている。そのうち、パークの外側(アトラクション「レイジングスピリッツ」側)はハリケーンによって発見された遺跡、パークの内側(レストラン「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」側)は遺跡の発見をきっかけに、遺跡を研究しに来た冒険家を支える役割を持つようになった、民族の集落である。
○ アラビアンコースト
アラビアンコースト (Arabian Coast) は、映画『アラジン』に登場するランプの魔人ジーニーが作り出したアラビアンナイトの世界をモチーフにした、中世アラビア文明風の都市をテーマとしている。
○ マーメイドラグーン
マーメイドラグーン (Mermaid Lagoon) は、映画『リトル・マーメイド』の世界をモチーフにした、人魚の海底王国をテーマとしている。「アンダー・ザ・シー」と「アバブ・ザ・シー」の2つのサブエリアで構成される。
○ ミステリアスアイランド
ミステリアスアイランド (Mysterious Island) は、フランス名作家ジュール・ヴェルヌのSF小説世界をモチーフにした、1873年の南太平洋の火山島をテーマとしており、スチームパンクをモチーフに使用している。園内のシンボル的存在である「プロメテウス火山」はここに存在しており、そこにある「センター・オブ・ジ・アース」はジュール・ヴェルヌの『地底旅行』を再現しているアトラクションである。その他『海底二万里』に登場する潜水艦・ノーチラス号などが再現されている。
○ ファンタジースプリングス
2023年度完成予定の東京ディズニーシーを拡張し、新規ディズニーホテルを有する8番目のテーマポート。ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)は、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマとし、幅広い世代に愛されているディズニー映画の世界が再現される。ファンタジースプリングスに足を踏み入れたゲストは、魔法の水が流れる滝や池に遭遇し、ディズニーの物語の世界へといざなわれていく。

● 施設とエンターテイメント


◎ アトラクション


◎ エンターテイメント


◎ キャラクターグリーティング


◎ ショップ


◎ レストラン


◎ サービス施設


◎ 駐車場


● 提供サービス
パークをスムーズに楽しめるよう、さまざまなサービスが提供されている。

◎ ディズニー・ファストパス


◎ スタンバイパス


◎ エントリー受付


◎ 交代利用サービス
利用規定に満たないゲストがいる場合に、アトラクションを交代で利用できる。

◎ プライオリティ・シーティング


◎ ショップのオンライン予約
来店に事前予約が必要となる場合がある。

◎ ディズニー・フォト
パーク内各所やキャラクターグリーティング施設でフォトグラファーによる写真撮影ができる。また、一部アトラクションでは乗車中の写真撮影を行っている。

◎ 東京ディズニーリゾート・アプリ
スタンバイパスやエントリー受付、各施設の待ち時間の確認、オンラインショップなど様々な機能を提供している
・ 2019年7月17日 - ディズニー・ファストパス取得機能追加。
・ 2020年2月14日 - フォトキーカード機能追加。

◎ トゥデイとガイドマップ
エンターテイメントスケジュールやグッズ、メニューの情報が記載された「トゥデイ」と、パーク全体のマップである「ガイドマップ」の2種類。 新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年7月1日以降は配布を取りやめている。

● アナウンス
東京ディズニーシーでは、東京ディズニーランドとは異なる声優によって園内の日本語、英語のアナウンスがされている。基本的に男性によるアナウンスとなっている。また、エントランス付近と、ショーなどをアナウンスする声優が日本語、英語共に異なる。 2011年3月に東日本大震災の影響で休園の後の再開時にはショーのアナウンスをする声優が日本語、英語共に変更された。日本語はエントランス付近、閉園時などに聞く男性アナウンスと同じ声優に変更、英語は東京ディズニーランドのショー開始時の男性アナウンスと同じ声優となった。

● オフィシャルスポンサー


◎ 現在のスポンサー
2022年4月現在
・ NTTコミュニケーションズ株式会社
 ・ ジャスミンのフライングカーペット
・ 株式会社NTTドコモ
 ・ ファンタズミック(2011年4月23日 - 2020年3月25日)
 ・ ビリーヴ~シー・オブ・ドリームス~(2020年7月20日 - 、2021年度導入予定)
・ 花王株式会社(2015年7月1日 -)
 ・ トイ・ストーリー・マニア
 ・ トイビル・トロリーパーク
 ・ ハンドウォッシングエリア
・ キッコーマン株式会社
 ・ レストラン櫻
・ キリンビール株式会社
 ・ S.S.コロンビア・ダイニングルーム
 ・ テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ
・ 株式会社講談社
 ・ レジェンド・オブ・ミシカ(- 2014年9月7日)
 ・ タートル・トーク(2014年9月4日 -)
・ 株式会社ジェーシービー
 ・ ストームライダー(- 2016年5月16日)
 ・ ニモ&フレンズ・シーライダー(2017年5月12日 -)
・ ENEOS
 ・ ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
・ J:COM(2017年3月30日 -)
 ・ アブーズ・バザール
・ 新菱冷熱工業株式会社(2019年2月21日 -)
 ・ ソアリン:ファンタスティック・フライト(2019年7月23日 -)
・ 第一生命保険株式会社
 ・ センター・オブ・ジ・アース
 ・ ベビーカー&車イス・レンタル
・ ダイハツ工業株式会社(2017年7月1日 -)
 ・ 東京ディズニーシー・パーキング
 ・ マーメイドラグーンシアター(- 2021年)
・ 大和ハウス工業株式会社(2017年12月1日 -)
 ・ キャラバンカルーセル
・ 株式会社タカラトミー
 ・ ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
・ 日本航空株式会社
 ・ ブロードウェイ・ミュージックシアター
・ 日本コカ・コーラ株式会社
 ・ 海底2万マイル
 ・ ケープコッド・クックオフ
 ・ ケープコッド・コンフェクション
 ・ ドリンクワゴン(アメリカンウォーターフロント/ニューヨーク)
・ 日本通運株式会社
 ・ シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
 ・ 宅配センター
・ 日本ユニシス株式会社→BIPROGY(ビプロジー)株式会社
 ・ フォートレス・エクスプロレーション
・ ハウス食品株式会社
 ・ カスバ・フードコート
・ パナソニック株式会社
 ・ インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
・ 富士フイルム株式会社
 ・ マジックランプシアター
 ・ フォトグラフィカ
・ プリマハム株式会社
 ・ ユカタン・ベースキャンプ・グリル
・ 三井不動産株式会社
 ・ ウォーターフロントパーク
・ 株式会社明治
 ・ ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
 ・ アイスクリームワゴン
 ・ ベビーセンター
・ 山崎製パン株式会社
 ・ セイリングデイ・ブッフェ(- 2018年3月31日)
 ・ ドックサイドダイナー(2018年8月20日 -)
・ UCC上島珈琲株式会社
 ・ カフェ・ポルトフィーノ
 ・ マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー
・ 株式会社ユーハイム
 ・ ヴェネツィアン・ゴンドラ

◎ 過去の主なスポンサー

・ 日産自動車 (2001年9月 - 2006年9月)
 ・ ビッグシティ・ヴィークル
・ 日本ヒルズ・コルゲート株式会社(2001年9月 - 2006年9月)
 ・ ペットクラブ
・ 日本水産株式会社(2001年9月 - 2006年9月)
 ・ ホライズンベイ・レストラン
・ セイコー株式会社(2001年9月 - 2006年9月)
 ・ ロミオ・ウォッチ&ジュエリー
・ 森永製菓株式会社(2001年9月 - 2006年9月)
 ・ キャラバンカルーセル
・ 株式会社そごう(2003年4月12日 - 2008年4月15日)
 ・ ドックサイドステージ
・ 株式会社ブリヂストン(- 2016年4月)
 ・ ハンガーステージ
・ 株式会社ニチレイフーズ(- 2017年(平成29年)8月)
 ・ ニューヨーク・デリ

● 主な建設業者

・ 竹中工務店(駐車場)
・ 鹿島建設(ホテルミラコスタ、ファンタジースプリングス(2023年度完成予定))
・ 清水建設(メディテレーニアンハーバー、アメリカンウォーターフロント)
・ 大成建設(ロストリバーデルタ、ファンタジースプリングス(2023年度完成予定))

● 事件・事故等

・ 2015年10月27日午前5時頃、東京ディズニーシーのアトラクション「ヴェネツィアン・ゴンドラ」の水路で、清掃作業をしていたアルバイトの男性が沈んでいるのを別の男性作業員が発見し、後に搬送された病院で死亡が確認された。
・ 2021年2月21日、東京ディズニーシーの従業員専用エリアに侵入したとして、40歳前後の男と10代の少年が建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された。SNSで知り合った2人は、偽造された社員証を用いて侵入したと見られている。警察による取り調べに対し、「珍しいものを見たかった」と供述している。

「東京ディズニーシー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2022年5月29日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな遊園地は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな遊園地は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな遊園地は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな遊園地は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな遊園地は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな遊園地を お選びください。

嫌いな遊園地は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

遊園地の無作為ピックアップ

好きな遊園地は どっち?

投票すると遊園地ランキングが閲覧できます!


VS

好きな遊園地を お選びください。

現在 37回の投票があります!

嫌いな遊園地は どっち?

投票すると遊園地ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな遊園地を お選びください。

現在 3回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター