好きなスポーツ
ランキング54位
獲得票なし
嫌いなスポーツ
ランキング20位
獲得票なし
走高跳


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

走高跳(走り高跳び、はしりたかとび)は、陸上競技の跳躍競技に属する種目で、助走をつけて片足で踏み切り、飛び越えるバーの高さを競う競技である。近代陸上競技としては19世紀のイギリスで始まった。「はさみ跳び」「ベリーロール」「背面跳び」などの跳躍方法があり、現在では「背面跳び」が主流となっている。2024年現在の世界記録は、男子は1993年のハビエル・ソトマヨルによる2.45m、女子は2024年のヤロスラワ・マフチフによる2.10mである。

● ルール

◇ シューズ
・ 靴底のスパイクは長さ12㎜以内のものが11本まで取り付け可能で、靴底の厚さは20㎜以内のものが使用できる。
◇ マーカー
・ 助走の目安となるマーカー(目印)を2個まで置くことができる。
・ 主催者側がマーカーを用意していない場合は、選手側が用意した粘着テープなどを使うことができるが、チョークやその類似品、消えないマーカーは使用できない。
◇ 試技時間
・ 試技開始の合図があってから、競技者が4人以上の場合は1分以内、競技者が2-3人の場合は1分30秒以内、競技者が最後の1人の場合は3分以内、競技者が2人以上の場合で同一競技者が同一の高さを連続して試技を行う場合は2分以内に、試技を行わなければならない。
・ 混成競技の場合は、競技者が4人以上の場合は1分以内、競技者が2-3人の場合は1分30秒以内、競技者が最後の1人の場合は2分以内、競技者が2人以上の場合で同一競技者が連続して試技を行う場合(高さが変わっても適用)は2分以内に、試技を行わなければならない。
◇ 試技
・ 審判員より事前告知された高さのうち、競技者は任意の高さから開始してもよい。
・ 跳躍は、片足で踏み切らなければならない。
・ 跳躍中の動作により、バーが落下した場合は無効試技(失敗)となる。
・ バーを越えずに、バーの向こう側に触れたり身体の一部が出た場合は、無効試技(失敗)となる。ただし、跳躍になんら有利でないと審判が判断した場合は無効試技とはならない。
・ 3回続けて失敗すると、次の跳躍をすることが出来ない。。
・ ある高さを跳ばずにパスをして次の高さを試技することができる。
・ ある高さの1回目あるいは2回目を失敗した状態でパスをすることもできるが、次の高さは「3-(前の高さで失敗した回数)」回しか試技が行えない。
・ 最後の1人の試技では、試技者の希望の高さを聞いてバーを上げる。
◇ 順位決定方法
・ 複数の競技者で最後に超えた高さが同一の場合は、順位を以下のように決定する。 最後に超えた高さの試技回数が最も少ない方。 上記1が同一の場合、試技全体(最後に超えた高さおよびそれまでの高さまでを含めた試技数の全体)のうち、無効試技数の少ない方。
・ なおそれでも1位が決定しなかった場合は当事者どうしの決戦試技(ジャンプオフ)がおこなわれる。ただし、競技者は決戦試技を拒否することができ、この場合は同率1位となる。2位以下の場合は同順位となる。

● 跳躍方法

◇ はさみ跳び(英語:Scissors jump) バーに近い脚→バーから遠い脚を交互に振り上げてバーを超す方法。 1874年頃にはすでに用いられており、 ウィリアム・バード・ページ(William Byrd Page)が1874年にバーから遠い脚をやや後方に配置する跳び方に改良した。 バー正面からの直線助走で行う「はさみ跳び」は日本においては「正面跳び」と呼ばれた。
◇ イースタンカットオフ(英語:Eastern Cut-off) バー正面から助走し、脚を交互に広げ、クリアランス時に体がバーと水平になる様に前屈方向に回転させることでお尻をより持ち上げる跳び方。19世紀後半にが編み出した。この頃は「バー正面から助走を行い、膝を曲げて跳び、足から安全に着地する」といった跳び方で、高さを競うとともに跳躍姿勢の美しさも求められるものだった様である、この当時の最も効率的な跳び方として、主流の跳躍方法となった。 「ベリーロール」で、1956年にはが2.15m、翌1957年にはソ連のをが2.16mを記録したほか、1960年にはほぼすべての競技者が「ベリーロール」を使用する様になっていた。1950年代から始まるソ連の指導者・選手による「ベリーロール」の技術改良により、1963年にはワレリー・ブルメルが228cmまで記録を伸ばした。 背面跳びの登場(1968年)後の1970年代も、ベリーロールを用いる選手と、背面跳びを用いる選手が混在し、互いに競っていたが、1978年にが出した室内記録2.35m、屋外での記録2.34mが、「ベリーロール」での最後の世界記録となった。
◇ 背面跳びの登場 1960年代半ばには、着地用マットの整備が進むと、「曲線で助走し、背面を下側にバーを越え肩や背中で着地する」といった新しい跳躍方法「背面跳び」がディック・フォスベリーにより編み出された。

● 記録


◎ 世界記録の変遷

 1850年9月21日  1.675m  フランシス・テンプル(Francis Temple)      
 1860年3月27日  1.70m  ロバート・バートン(Robert Burton)  
 1864年7月9日  1.705m  トーマス・ミッチェル(Thomas Mitchell)  
 1866年3月5日  1.725m  ジョン・ルーペル(John Roupell)  
 1866年3月23日  1.75m  トーマス・リトル(Thomas Little)  
 1866年3月23日  1.75m  ジョン・ルーペル  
 1871年4月3日  1.765m  ロバート・ミッチェル(Robert Mitchell)  
 1873年7月7日  1.785m  トーマス・ダヴィン(Thomas Davin)  
 1874年3月30日  1.80m      
 1876年3月17日  1.83m  「a feet first technique」
 1876年4月7日  1.89m  
 1880年7月5日  1.90m  パトリック・ダヴァン(Patrick Davin)  
 1887年8月15日  1.91m    ウィリアム・バード・ページ(William Byrd Page)      
 1887年10月7日  1.93m  
 1892年10月8日  1.935m    イースタンカットオフ
 1895年8月19日  1.945m  ジェームズ・ライアン(James Ryan)    
 1895年8月28日  1.955m    マイケル・スウィーニー      
 1895年9月2日  1.965m  
 1895年9月21日  1.97m  イースタンカットオフ
 1912年3月29日  1.985m    ジョージ・ホーリン    ウエスタン・ロール
 1912年5月18日  2.00m
 1914年5月2日  2.01m  
 1924年5月27日  2.03m  ハロルド・オズボーン
 1933年5月13日  2.04m  
 1934年4月28日  2.06m  ウォルター・マーティ  
 1936年7月12日  2.07m  コーネリアス・ジョンソン  ウエスタン・ロール
 1936年7月12日  2.07m  デビッド・アルブリットン  ベリーロール
 1937年8月12日  2.09m    ウエスタン・ロール
 1941年4月26日  2.10m        ベリーロール
 1941年5月24日  2.105m
 1941年6月17日  2.11m
 1953年6月27日  2.12m    ウエスタン・ロール
 1956年6月29日  2.15m      ベリーロール
 1957年7月13日  2.16m    
 1960年4月30日  2.17m    ジョン・トーマス    
 1960年6月24日  2.18m
 1960年7月1日  2.22m
 1961年6月18日  2.23m    ワレリー・ブルメル    
 1961年7月16日  2.24m
 1961年8月31日  2.25m
 1962年7月22日  2.26m
 1962年9月29日  2.27m
 1963年7月21日  2.28m
 1970年11月8日  2.29m    
 1973年7月11日  2.30m    ドワイト・ストーンズ        背面跳び
 1976年6月5日  2.31m
 1976年8月4日  2.32m
 1977年7月3日  2.33m          ベリーロール
 1978年6月16日  2.34m  
 1980年5月25日  2.35m  ヤチェク・ウショラ      背面跳び
 1980年8月1日  2.36m  ゲルト・ベッシク  
 1983年6月11日  2.37m    朱建華    
 1983年9月22日  2.38m
 1984年6月10日  2.39m
 1985年8月11日  2.40m  ルドルフ・ポバルニツィン  
 1985年9月4日  2.41m  イゴール・パクリン  
 1987年6月30日  2.42m  パトリック・ショーベリ  
 1988年9月8日  2.43m    ハビエル・ソトマヨル    
 1989年7月29日  2.44m
 1993年7月27日  2.45m

 1911年7月12日  1.27m  エミリー・コンスタブル(Emily Constable)      はさみ跳び
 1918年6月16日  1.32m      
 1918年6月29日  1.335m  
 1918年6月29日  1.335m  
 1919年4月27日  1.40m  テア・バーショウ(Thea Barschow)  
 1920年11月13日  1.42m    エリーゼ・コンスタン(Elise Constant)    
 1921年3月26日  1.472m
 1921年7月17日  1.50m  ヴァルトラウデ・シュミット(Waltraude Schmidt)    
 1923年6月10日  1.51m  ゲルトルード・デューリンク(Gertrude Döring)
 1925年7月11日  1.524m  フィリス・グリーン(Phyllis Green)  
 1926年7月21日  1.536m  ヴィオラ・エドワーズ(Viola Edwards)  
 1926年8月2日  1.552m  フィリス・グリーン  
 1926年9月6日  1.58m  エセル・キャサーウッド  
 1927年3月10日  1.585m        
 1928年6月23日  1.60m
 1929年3月30日  1.603m    
 1929年8月18日  1.605m  リエン・ヒソルフ  
 1930年4月19日  1.612m  ジーン・シャーリー  
 1932年6月12日  1.62m  リエン・ヒソルフ  
 1932年8月7日  1.65m  ジーン・シャーリー    
 1932年8月7日  1.65m  ベーブ・ディドリクソン=ザハリアス  「ダイビング・ロール」
 1939年5月29日  1.66m  ドロシー・オーダム    
 1943年5月30日  1.71m  フランシナ・ブランカース=クン    はさみ跳び
 1951年7月7日  1.72m  シーラ・レーウィル    ベリーロール
 1954年5月22日  1.73m  アレクサンドラ・チュジナ    はさみ跳び
 1956年5月5日  1.74m      ベリーロール
 1956年7月14日  1.75m  ヨランダ・バラシュ    はさみ跳び
 1956年12月1日  1.76m  ミルドレッド・マクダニエル    ベリーロール
 1957年11月17日  1.77m      イースタンカットオフ
 1958年6月7日  1.78m    ヨランダ・バラシュ        はさみ跳び
 1958年6月22日  1.80m
 1958年7月31日  1.81m
 1958年10月4日  1.82m
 1958年10月18日  1.83m
 1959年9月21日  1.84m
 1960年6月6日  1.85m
 1960年7月10日  1.86m
 1961年4月15日  1.87m
 1961年6月18日  1.88m
 1961年7月8日  1.90m
 1961年7月16日  1.91m
 1971年9月4日  1.92m  イローナ・グーゼンバウアー      ベリーロール
 1972年9月24日  1.94m  ヨルダンカ・ブラゴエワ  
 1974年9月8日  1.95m  ローズマリー・ヴィチャス  
 1976年5月8日  1.96m    ローズマリー・アッカーマン(旧姓:ヴィチャス)    
 1977年8月14日  1.97m
 1977年8月26日  2.00m
 1978年8月4日  2.01m  サラ・シメオニ      背面跳び
 1982年9月8日  2.02m    ウルリケ・マイフェルト    
 1983年8月21日  2.03m
 1983年8月21日  2.03m    タマラ・ブイコワ    
 1983年8月25日  2.04m  
 1984年6月22日  2.05m    背面跳び
 1984年7月20日  2.07m  リュドミラ・アンドノワ  
 1986年5月31日  2.08m    ステフカ・コスタディノヴァ    
 1987年8月30日  2.09m    背面跳び
 2024年7月7日  2.10m  ヤロスラワ・マフチフ    


◎ 世界歴代10傑

 1  2.45m  ハビエル・ソトマヨル    1993年7月27日
 2  2.43m  ムタズ・エサ・バルシム    2014年9月5日
   3    2.42m  パトリック・ショーベリ    1987年6月30日
 ボーダン・ボンダレンコ    2014年6月14日
 イワン・ウーホフ    2014年2月15日
 6  2.41m  イゴール・パクリン    1985年9月4日
   7    2.40m  ルドルフ・ポバルニツィン    1985年8月11日
     1990年6月20日
 チャールズ・オースチン    1991年8月7日
     2000年8月5日
     2014年4月25日
     2014年7月3日
     2018年7月21日

 1  2.10m  ヤロスラワ・マフチフ    2024年7月7日
 2  2.09m  ステフカ・コスタディノヴァ    1987年8月30日
   3    2.08m  カイサ・ベリークヴィスト    2006年2月6日
 ブランカ・ブラシッチ    2009年8月31日
   5    2.07m  リュドミラ・アンドノワ    1984年7月20日
 アンナ・チチェロワ    2011年7月22日
   7    2.06m  ヘストリー・クルーテ    2003年8月31日
 エレーナ・スレサレンコ    2004年8月28日
 アリアネ・フリードリヒ    2009年6月14日
 マリア・ラシツケネ    2017年7月6日


◎ 世界各エリア記録

 アフリカ  2.38m  ジャック・フライターク    2005年3月5日
 アジア  2.43m  ムタズ・エサ・バルシム    2014年9月5日
 ヨーロッパ  2.42m  パトリック・ショーベリ    1987年6月30日
 北中米カリブ海  2.45m  ハビエル・ソトマヨル    1993年7月27日
 南アメリカ  2.33m      1994年10月17日
  オセアニア   2.36m  ティム・フォーサイス    1997年3月2日
     2018年8月26日

 アフリカ  2.06m  ヘストリー・クルーテ    2003年8月31日
 アジア  2.00m      2021年6月8日
 ヨーロッパ  2.10m  ヤロスラワ・マフチフ    2024年7月7日
 北中米カリブ海  2.05m      2010年6月26日
 南アメリカ  1.96m      1997年9月8日
 オセアニア  2.03m  ニコラ・マクダーモット    2024年1月27日


◎ U20世界記録

   1    2.37m      1990年8月12日
 スティーブ・スミス    1992年9月20日
 3  2.36m  ハビエル・ソトマヨル    1986年2月23日
 4  2.35m  ディートマー・メーゲンブルク    1980年5月26日
   5    2.34m      1978年6月16日
 ティム・フォーサイス    1992年7月4日
   7    2.33m  朱建華    1982年12月1日
 パトリック・ショーベリ    1983年7月9日
     2017年7月22日
 10  2.32m      2006年8月17日

 1  2.05m  ヤロスラヴァ・マフチフ    2018年10月15日
   2    2.01m      1986年7月7日
     1989年6月18日
   4    2.00m  ステフカ・コスタディノヴァ    1984年8月25日
 アリーナ・アスタフェイ    1988年7月29日
 6  1.99m      2017年6月23日
   7    1.98m      1983年7月11日
 エレーナ・エレシナ    1988年8月13日
 アンジェリーナ・トピッチ    2024年5月19日
   10    1.96m      1981年4月4日
     1986年8月11日
     2000年7月26日
 ブランカ・ブラシッチ    2002年7月20日
     2011年8月21日
     2013年12月7日

 男子  2.33m  ハビエル・ソトマヨル    1984年5月19日
記録名前国籍日付
   女子    1.96m      1981年4月4日
     1984年9月7日
      2013年12月7日
     2015年8月1日
 アンジェリーナ・トピッチ    2022年6月26日


◎ 日本歴代10傑

 1  2.35m  戸邉直人  つくばツインピークス  2019年2月2日
 2  2.33m  醍醐直幸  富士通  2006年7月2日
 3  2.32m  君野貴弘  順天堂大学  1993年9月18日
   4    2.31m  吉田孝久  ミズノ  1993年5月9日
 真野友博  九電工  2020年9月20日
   6    2.30m  阪本孝男  東海スポーツ  1984年5月6日
 衛藤昂  AGF  2017年4月16日
 赤松諒一  アワーズ  2023年7月22日
   9    2.28m  氏野修次  近大和歌山高校教員  1984年7月21日
 井上基史  筑波大学  1987年6月7日
 野中悟  洛北高校教員  1993年6月13日
 宇野雅昭  福岡大学  1993年8月8日
 尾上三知也  スズキ  1997年5月5日
 高張広海  日立ICT  2015年5月10日
 平松祐司  筑波大学  2015年5月16日
 藤田渓太郎  佐竹食品AC  2020年10月24日

 1  1.96m  今井美希  ミズノ  2001年9月15日
   2  1.95m  佐藤恵  福岡大学  1987年5月17日
 1.95m  太田陽子  ミキハウス  2002年7月21日
 4  1.93m  福光久代  大昭和製紙  1981年6月7日
 5  1.92m  青山幸  吹田市立第一中学校教員  2004年7月3日
   6    1.90m  八木たまみ  関東学園大学  1978年10月19日
 貞廣千波  中京女子大学  1994年11月2日
 8  1.88m  髙橋渚  センコー  2024年5月3日
   9    1.86m  松井昌美  京都府立桃山高等学校教員  1988年7月9日
 岩切麻衣湖  プレジャー企画  2001年5月26日


◎ 日本ジュニア記録

 男子  2.29m  君野貴弘  順天堂大学  1992年9月20日
記録名前所属日付
 女子  1.93m  太田陽子  日本体育大学  1993年9月18日

 男子  2.23m  戸邉直人  専大松戸高校  2009年10月5日
記録名前所属日付
 女子  1.90m  佐藤恵  新潟市立沼垂高校  1983年7月10日

 男子  2.10m  境田裕之  旭川市立春光台中学校  1986年11月2日
記録名前所属日付
 女子  1.87m  佐藤恵  新潟市立木戸中学校  1981年10月25日


◎ オリンピック・世界選手権における日本人入賞者

  男子  1928年  第9回オリンピック・アムステルダム大会    木村一夫  6位  1.88m
 1932年  第10回オリンピック・ロサンゼルス大会    木村一夫  6位  1.94m
  1936年   第11回オリンピック・ベルリン大会     矢田喜美雄  5位  1.97m
 朝隈善郎   6位   1.94m
 田中弘
 女子  1992年  第25回オリンピック・バルセロナ大会    佐藤恵  7位  1.91m

「走高跳」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月23日1時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きなスポーツは どっち?

1位 vs 2位


VS

好きなスポーツを お選びください。

嫌いなスポーツは どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いなスポーツを お選びください。

好き嫌い準決勝

好きなスポーツは どっち?

3位 vs 4位


VS

好きなスポーツを お選びください。

嫌いなスポーツは どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いなスポーツを お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きなスポーツは どっち?

5位 vs 6位


VS

好きなスポーツを お選びください。

嫌いなスポーツは どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いなスポーツを お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きなスポーツは どっち?

7位 vs 8位


VS

好きなスポーツを お選びください。

嫌いなスポーツは どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いなスポーツを お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きなスポーツは どっち?

9位 vs 10位


VS

好きなスポーツを お選びください。

嫌いなスポーツは どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いなスポーツを お選びください。

スポーツの無作為ピックアップ

好きなスポーツは どっち?

投票するとスポーツランキングが閲覧できます!


VS

好きなスポーツを お選びください。

現在 126回の投票があります!

嫌いなスポーツは どっち?

投票するとスポーツランキングが閲覧できます!


VS

嫌いなスポーツを お選びください。

現在 62回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター