好きな漫才師
ランキング46位
獲得票なし
嫌いな漫才師
ランキング22位
獲得票なし
ハイエナ


  • 50%


  • 50%
なぜ好きなの?
なぜ嫌いなの?

ハイエナ(鬣犬)は、食肉目ハイエナ科(Hyaenidae)に属する動物の総称である。長い鼻面と長い足を持ち、イヌに似た姿をしているが、ジャコウネコ科に近縁である。

● 分布
コンゴ盆地およびサハラ砂漠を除くアフリカ、インド、中東、ネパール南部に分布する。

● 形態
現生の4種のうち、昆虫食のアードウルフを除く3種(真性ハイエナ)は、強力な頭骨と顎、食性に対応した消化器系を持つ、林縁の砂漠・半乾燥地帯にも生息する。イギリスの生態学者 H.Kruuk の研究では、セレンゲティ国立公園のブチハイエナは、10-15頭の群れでヌーやシマウマを狩ることが明らかにされている。他の動物が掘った巣穴に住み、巣穴の回りには動物の骨などが散乱している。 巣穴にある骨は非常食である。ハイエナは前述したように顎の力が強いため、食料が無い時にはこれらの骨で飢えを凌ぐ。ブチハイエナとカッショクハイエナの群れのリーダーはメスであり、メスのリーダーの長女が群れのリーダーを継ぐことが常識的になっている。そのため、オスは群れの中で順位が低い。 匂いによって腐肉などの餌を見つけたり、穴を掘るのが得意である。 ジャコウネコの近縁であるが、イヌ科に近い獲物を走って狩るような行動によって収斂進化した結果、イヌ科に近い形態学的特徴(チーターや犬のように出たままの爪など)を持つようになった。しかし、毛繕い、縄張りのマーキング方法、排便、交配方法などはネコ科の習性を継承している。
◇群れ :ブチハイエナは他のハイエナと違い、高い社会性を備えており、群れで行動する。また、他のハイエナも大きな獲物を相手にするときなどは集団になる。

● 系統と分類
ハイエナ科は、同じ食肉目のジャコウネコ科様の祖先から進化したと考えられる。その出現は比較的新しく、最古の化石はアフリカとヨーロッパの中新世前期のものである。初期のジャコウネコに似た比較的小型の系統(イクティテリウム亜科)は鮮新世前期までに絶滅し、現在の系統(ハイエナ亜科)は、中新世後期に出現して現在に至っている。ハイエナ科のほとんどはアフリカとユーラシアに分布が限られるが、チャスモポーセテス属だけは鮮新世後期に北アメリカまで分布を広げていた。 Koepfli et al. (2006) が発表した分子系統解析では、ハイエナ科はマングース類およびフォッサとの姉妹群を形成するという結果が得られている。(食肉目におけるハイエナ科の系統的位置は食肉目系統を参照。) ハイエナ科の内部系統は以下のとおり。(以下の分岐図はWerdelin & Solounias (1991)による形態形質による系統解析にTurner et al. (2008)によるアップデートを加えたもの。太字は現生種。) {{Clade style=font-size:80%
◇ line-height:85%  label1=ハイエナ科 sublabel1=  1={{clade  1=  2={{clade  1=  2={{clade  1=Tungurictis  2={{clade  1=  7={{clade  1=Tongxinictis  2={{clade  1=  2={{clade  1 =  2={{clade  1=Miohyaenotherium  2={{clade  1=  2={{clade  1=  2={{clade  1=Hyaenictis  2={{clade  1=Lycyaenops  2={{clade  1=  label2= sublabel2=(砕骨性ハイエナ)  2={HYAENINAE} }} }} }} }} }} }} }} }} }} }} }} }} }}  targetA={HYAENINAE}  subcladeA={{clade  1=Metahyaena confector  2=Palinhyaena reperta  3={{clade  1=Hyaenid sp. E Langebaar  2={{clade  1=Belbus beaumonti  2={{clade  1=  2={{clade  1=Pliocrocuta perrieri  2={{clade  1=Pachycrocuta brevirostris ジャイアントハイエナ  2= }} }} }} }} }} }} }} 現生のハイエナ科には、2亜科3–4属4種が含まれる。
◇ Crocuta crocuta ブチハイエナ Spotted hyena : 別名マダラハイエナ。ほか、墓荒らし、魔女の馬などのイメージで語られる。

◎ 両性具有?
ハイエナは肛門腺が発達しており、これがしばしば女性器と見間違えられたため、長らく両性具有であると信じられてきた。古代ローマの博物学者プリニウスは、『博物誌』で「ハイエナは交尾をしなくても出産できる」と記している。このような、性がはっきりしないという迷信から、中世までのキリスト教では神を受け入れたかはっきりしない曖昧な人間の象徴として、ハイエナが用いられた。ただし、アリストテレスは著書『動物誌』で「両性具有は誤りである」と記している。 実際、ブチハイエナのメスの外性器は、外見上はオスのそれとほとんど区別がつかない。メスの外性器の各部分が偽の陰茎や陰嚢を形作っているため、野外で雌雄を明確に見分けるのは困難である。ハイエナが両性具有や、しばしばその性を転換すると考えられたのは、このためである。この現象は、ハイエナの胎児で高いアンドロゲン(雄性ホルモン物質)濃度が維持されるために起こるものであることがわかっている。

◎ 食性から
「死肉を漁る」という生態のイメージから、貪欲の象徴とされる。 ライオンやヒョウなどから数を頼りに横取りを行う(逆に奪われる場合もある)ことから、横取りの代名詞とされる。そういった行動を人間社会にあてはめ、美味しい所だけ持っていく行動として、ハイエナの名が付けられている。
・ 客待ち列の後尾につかずに客を横取りするタクシーを指す業界用語
・ パチンコやパチスロでハイエナ (パチスロ) この形容は同様の理由で、「ハゲタカ」とも言われる。

「ハイエナ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/
2024年7月23日2時(日本時間)現在での最新版を取得

好き嫌い決勝

好きな漫才師は どっち?

1位 vs 2位


VS

好きな漫才師を お選びください。

嫌いな漫才師は どっち?

1位 vs 2位


VS

嫌いな漫才師を お選びください。

好き嫌い準決勝

好きな漫才師は どっち?

3位 vs 4位


VS

好きな漫才師を お選びください。

嫌いな漫才師は どっち?

3位 vs 4位


VS

嫌いな漫才師を お選びください。

好き嫌い準々決勝

好きな漫才師は どっち?

5位 vs 6位


VS

好きな漫才師を お選びください。

嫌いな漫才師は どっち?

5位 vs 6位


VS

嫌いな漫才師を お選びください。

好き嫌い7位決定戦

好きな漫才師は どっち?

7位 vs 8位


VS

好きな漫才師を お選びください。

嫌いな漫才師は どっち?

7位 vs 8位


VS

嫌いな漫才師を お選びください。

好き嫌いTOP10圏内確定戦

好きな漫才師は どっち?

9位 vs 10位


VS

好きな漫才師を お選びください。

嫌いな漫才師は どっち?

9位 vs 10位


VS

嫌いな漫才師を お選びください。

漫才師の無作為ピックアップ

好きな漫才師は どっち?

投票すると漫才師ランキングが閲覧できます!


VS

好きな漫才師を お選びください。

現在 167回の投票があります!

嫌いな漫才師は どっち?

投票すると漫才師ランキングが閲覧できます!


VS

嫌いな漫才師を お選びください。

現在 85回の投票があります!


Powered by イーオンラインサービス   楽天ウェブサービスセンター